”差別と言うものは区別から生まれるものであり、ゆえに区別と言うこと自体
もいけないもので、区別と言うのは状況的には最悪のものである。”
はっきりと覚えていないので申し訳ないんですが、意訳するとこんな感じの言
葉が哲学の言葉にあるらしいのですが、その出典を教えていただけませんか?
反論はしないつもりでいますので、できれば独断に満ちた見解なり批判なりで
かまわないので一筆残していってくれると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

差別は、簡潔にいうと選択の余地がついています。


区別は、違いを認識するものです。
例えば、国産小麦100%!って書いて、何故か外国産と比べて品質が上かの様に消費者は錯覚させられていることがある。実際はフランス産のほうがやすくておいしい!アメリカ産もそこそこおいしい!日本産?別に・・って感じです。高いし、、、。こういった表現による区別は差別とすりかえられているように思います。日本の米でパエリアは作れません。
別に何もかも国産がいいワケじゃないでしょう。だのに国産=上品かのように宣伝するのはおかしい!日本産とか書いて欲しいですね。生産物の善し悪しに自国、他国は関係ないです。単純にもっとおいしいもの食わせろ!って思います。
上か下かの判断は場合によって異なるのに、違いによる区別に一律的な立場で価値をすぐに与えてしまう。個人の選択肢を排除しているように思います。
ねずみ色と灰褐色、これだけじゃ上とか下ってつけようない。白と黒も、邦人も外国人も、高価も安価も、上か下かや好き嫌いなんて、場合によるでしょう?
 ですから、区別がないと差別どころか、机といすが別のものともわからない。差別はさらにそこから場合によって生じるもので、差別=区別ではない。
>差別と言うものは区別から生まれるものであり、ゆえに区別と言うこと自体
もいけないもので、区別と言うのは状況的には最悪のものである。
なにが最悪なんでしょうか?ひよこが黄色いのはタマゴが黄色いせいなのか?
差別がないと選択の仕様が無いです。機械の性能にだって差をつけるでしょう。合理的判断のための手法の一つだと思います。違いだけでは数字も5,4,8,9,60,3,1、バラバラに見えます。差をつけるから1,3,4,5,8,9,60になり、規模がわかる。足の比べて遅い人、世界で一番速い人、オリンピックの「場合」は後者を選択しますよね。差をつけるゲームだから。クマから走って逃げるなら、クマからにげれたらそれでいい。一番も何も無いです。人でなくてもいいです。別に亀が足の速度においてウサギより劣っているわけではないです。温度に優劣も何も無いでしょう。足がある、目が見えない、問題が解ける、
できないより出来たほうがいいワケじゃない。あるほうがいいワケじゃない。
 金で買えるものは少ないけれども、同じものなら高いより安いほうがいいのか?お金は多いほどいい?そんなワケない。少ないのは困るが、、。使った分だけあればいい。たくさん使えばいいワケじゃない。節約したからってだから何?ってかんじです。
その言葉を語った所に、差別、区別のいかな哲学があんたんでしょうね。

 
    • good
    • 0

確かに、区別というものは差別の温床です。

しかし、区別なしには人間の生活は成り立たないでしょう。実際、われわれがこうして言葉を使っている時でさえ、言語と非言語の区別を行っています。また単語同士の区別なしには文章を作ることはかないません。言葉を抜きに考えても、目の前のライオンと猫の区別がつかないようであったら、たちまちわれわれの祖先はかみ殺されていたでしょう。

従って区別とは本能に根づく人間の認知能力であり、それ自体は否定も肯定もできない「ただあるだけのもの」です。

問題は区別が一人歩きし出すことです。一度ライオンを「恐いもの」とレッテルはりしてしまうと、ライオン全てを、恐いものと人間は判断して行動します。そしてそのうち、その個々のライオンを観察することなしに、ライオン=恐怖と即断し、すべてのライオンを殺害したり、監禁することを当然視することになります。

ここでライオンをユダヤ人や黒人、朝鮮人と置き換えれば、その結末の恐ろしさを考えることができるでしょう。

このレッテル張り(ステレオタイピングといいます)が差別の直接の原因です。つまり、おそらく、出題者さんの引いた言説は「差別はステレオタイピングから産まれる」というものだと思います。
    • good
    • 0

特定の哲学者の特定の言葉でなくても、本質的に同じ言葉と状況は日々のメディアにしばしば見つけられるのではないでしょうか?


「眼の見えない人のことを日本語ではメクラと言う。メクラという言葉を使うのは差別である。よってメクラという日本語は使わないようにしよう。眼の不自由な人あるいは視力障害者と言おう。しかし、実態があって、それを指す言葉があり、差別する状況が変わらなければ、やがて同じように言い換えた言葉を使うこと自体が差別になる。したがって(?)差別を生むのは実態を指し示すこと(区別)に起因しているので(?)、差別をなくすには区別もしないことが最も良いことである。」この論理の途中までで思考停止して「差別用語」を慎重に避けているのが新聞や雑誌の凡人記者であり、最後まで突詰めて無責任な言説を公にしているのが一部の「哲学者」と呼ばれている人達ではないかと思います。「出典」探しなどという大袈裟な問題でもないように思いますが、質問された方は、やはり有名な哲学者先生の文章の引用が必要なのでしょうか?すみません、役立たずで。でも、もう良い回答が出ているみたいですね。
    • good
    • 0

孫引きで申し訳ないですが、遥洋子『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』筑摩書房の177ページに、



「<区別>は<差別>とは別なものではなく、最も悪質な差別」
(駒沢喜美・小西綾『魔女の審判』エポナ出版)

という引用があるので一応お知らせしておきます。
ジェンダー・フェミニズム(社会学)関係の文脈です。

私としては、「そんなこと言っても男と女を区別しないわけにいかないじゃんか、実際に違いがあるんだからさー。」という感想を持ちました。
    • good
    • 0

出典はわかりませんが、一筆残してみます。



区別、というのは「くべつ」以外の読み方もあります。
「けじめ」という読みが。

けじめをつける時の判断基準は人間ですから、不確定なことがあります。
したがって、差別が起こるのではないでしょうか。

区別・・・悪くない
人間・・・時に悪い
区別から踏み外れて起こった差別・・・人間が悪い

簡単に言っちゃうとこんな感じでしょうか。
本当はもっと複雑なんですが、一筆なので、手短に。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学の辞書か概説書 英語と日本語

あまり哲学に詳しくはないのですが、最近、英語の哲学関連の文献を読む機会があり、そもそもの用語の使い方からして、閉口しています。文献自体は、古代、中世哲学ではなく、近代、現代哲学に関わるものだと思うのですが、その分野もカバーしている英語の哲学の辞書(分厚い物である必要はありません)か、英語の概略書のようなものがあれば、教えて頂きたいと思います。
多少、古い辞書や文献でも構いません。
できれば、邦訳されているものであれば、両言語を確認できるので、なおよいですし、日本語の辞書、文献でも、英語での用語が載っているものであれば、意味があると思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

廣松 渉 (編集)『 岩波哲学・思想事典』、岩波書店(http://www.amazon.co.jp/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%83%BB%E6%80%9D%E6%83%B3%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E5%BB%A3%E6%9D%BE-%E6%B8%89/dp/4000800892/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1415798992&sr=8-1&keywords=%E5%93%B2%E5%AD%A6%E6%80%9D%E6%83%B3%E8%BE%9E%E5%85%B8)
古いですが、各語句に対応する英語を含めた外国語も載っています。


Ernest Sosa,(編集)“A Companion to Epistemology”,Blackwell Publishers(http://www.amazon.com/Companion-Epistemology-Blackwell-Companions-Philosophy/dp/0631192581/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1415798674&sr=8-1&keywords=A+Companion+to+Epistemology)
認識論中心ですが、辞書形式です。古いです。

山崎 正一(編集)『現代哲学事典』、講談社現代新書(http://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%93%B2%E5%AD%A6%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-225-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E6%AD%A3%E4%B8%80/dp/406115625X/ref=sr_1_fkmr1_2?ie=UTF8&qid=1415798208&sr=8-2-fkmr1&keywords=%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%93%B2%E5%AD%A6%E8%BE%9E%E5%85%B8%E3%80%80%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%80%80%E6%96%87%E5%BA%AB)
もっと古いです。外国語が載っていたか覚えていません。ただ、安価です。

廣松 渉 (編集)『 岩波哲学・思想事典』、岩波書店(http://www.amazon.co.jp/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%83%BB%E6%80%9D%E6%83%B3%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E5%BB%A3%E6%9D%BE-%E6%B8%89/dp/4000800892/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1415798992&sr=8-1&keywords=%E5%93%B2%E5%AD%A6%E6%80%9D%E6%83%B3%E8%BE%9E%E5%85%B8)
古いですが、各語句に対応する英語を含めた外国語も載っています。


Ernest Sosa,(編集)“A Companion to Epistemology”,Blackwell Publishers(http://www.amazon.com/Companion-Epistem...続きを読む

Qあなたが生きていくゆえで、大切にしたいものを教えてください。

あなたが生きていくゆえで、大切にしたいものを教えてください。

まだ、人生経験が乏しい私ですが、今現在の私が、大切にしてゆきたいものは、「家族」「穏やかな暮らし」です。

今は、未婚なので、親元で暮らしています。

いつかは、結婚し、愛する人と家庭を築き、その人の子供を宿し、生み育て、一緒に親業をつみたいです。
つつましい暮らしでも良いので、家族仲良く、元気で、笑いがあり、温かく穏やかな暮らしをしながら、双方の両親を大事にして、暮らしてゆきたいです。

まだ、発展途上の未熟な私です。
人生経験豊富な皆様、ご意見、他にも大切にした方が良いもののアドバイス、お考えを教えてください。

Aベストアンサー

自分自身です。
傲慢なように聞こえるかもしれませんが、
意外に大事にしていない人が多いように思います。
自分を大事にすることは他人を大事にすることと同じことだと思っています。
自分を大事にできない人は結局環境や他人に依存しすぎるため、
周りに迷惑をかけてしまいます。

例えば、自分を押し殺してまで他人に合わせて、
はたして合わせてもらった相手は貴方が合わせていたことを知って喜ぶか。
私だったらどんなに相手が好きでも無理しているなら言ってほしい、
またはそんな付き合いだったらいりません。
自己犠牲する人は見せかけは良い人のようですが、結局は自分が嫌われたくない、
自己保身が根底にあることが多いです。
悪いことは悪いと相手に言ってあげることが本当の優しさでもあるのに。

家族を大事にするということもしかり、
人とかかわっていく上で、重要なことだと思います。
自分を大事にせず、他の人ばかりを大事に扱う人は、
結局のところ他人も大事にしていないことと同じなんです。
深い人間関係を構築していくには自分を持ち、
相手と同じだけ自分を尊重することが必要だと思います。
その上で初めて他人の気持ちを推し量ることができるのだと・・。

本当に自分自身を尊重し、大事にし、見つめている人は、
真摯で周囲との調和を気にし客観性を持つ性根が優しい人が多いです。
なので「自分」を大切にすることで
その「自分」と関わったすべての人や物事を大事にしたいです。

自分自身です。
傲慢なように聞こえるかもしれませんが、
意外に大事にしていない人が多いように思います。
自分を大事にすることは他人を大事にすることと同じことだと思っています。
自分を大事にできない人は結局環境や他人に依存しすぎるため、
周りに迷惑をかけてしまいます。

例えば、自分を押し殺してまで他人に合わせて、
はたして合わせてもらった相手は貴方が合わせていたことを知って喜ぶか。
私だったらどんなに相手が好きでも無理しているなら言ってほしい、
またはそんな付き合いだった...続きを読む

Q英語での哲学問答サイト

 このOKウエブの哲学サイトのような問答を英語で出来る
 国際的なサイトをご存知の方教えていただけないでしょうか?
 たとえば、ハイデッガーやデカルトなど、訳本そのものが難解で
 日本語の問答では意味不明のものになっている過去の哲学者について
 なるべく原典に近い言語でQアンドAをしたいと思います。
 
 もしご存知の方おられたらよろしくご教示ください。
 

Aベストアンサー

初歩の哲学から難解な哲学まであって…
最初に確かレジスターで登録作業があるんです。

私には難解過ぎた部分があったのでチラ見でしか
なかったですが。(人物の名前すら一苦労)

英語に自信がおありなら覗く価値はあるかと
思います。よ。

参考URL:http://www.ilovephilosophy.com/phpbb/index.php

Q性質と言うものはどんなものでしょうか?

性質と言うものはどんなものでしょうか?

物質にも性質が在ると思いますが どうでしょうか

人間にも性質が在ると思います

エネルギーの態・状態によって違った性質が在ると思うのですが

私の考えでは人間の脳は様々な性質を情報として持っていて

その性質を活かして生存や人間存在を実現していると思うのですが

性質とは何か 辞書にもWikiにもあまり十分な説明がありません

性質って 本当に在るのでしょうか?在るとすればどんなものでしょうか?

Aベストアンサー

エネルギーの影響の出方、でいいんじゃないですか。
仕事の発動のしかた。
振動、波動の感受の度合い。
関わり合う体系を前提にして区別する指標。
たぶん、場の境界づけ。

Q院試対策として英語か仏語で哲学史の勉強がしたい!おすすめの本を教えてください!

こんにちは。大学院進学志望の大学三年生です。
私は将来、フランス哲学の研究者になりたいと思っています。
大学1、2年の頃はなんとなく興味があり、趣味として哲学を勉強していたのですが、今から半年前の大学3年の夏頃から、真剣に哲学を勉強したいと思うようになりました。
それからの半年間は、所属している大学に哲学科がないので、所属しているゼミ(応用倫理学)の先生に他大学の授業を紹介して頂いたり、自分で研究書を読んだりして勉強してきました。
しかし、半年前までは研究者になることを真剣に考えていなかったこともあり、私は語学をほとんど勉強してきませんでした。
英語は大学に入学して以来ペーパーバックを二冊読んだ程度で、おそらく高卒の直後から実力はまったく伸びていません(2005年4月に受験したTOEFL IBTで520点程度)。
フランス語の勉強を始めたのは三ヶ月前の12月からで、もう少しで基礎文法が一通り終わるくらいの実力です(コレクションフランス語の入門編、初級編、文法編を一通り学習した程度)。
また、専門的な哲学の講義を受けたことがほとんどなく、哲学史全体の流れなどがまったくわかりません。

そのような私ですが、2008年9月末から行われる東大文学部の学士入学試験、2009年1月末から行われる東大大学院人文社会系研究科の修士課程入学試験を受験することを考えています。
前者については哲学あるいは倫理学の専修過程、後者については哲学研究室あるいは倫理学研究室を志望するつもりです(来年度、直接に研究室を訪問して決めたいと思っています)。

入学試験対策として、語学の勉強と哲学(史)の勉強を並行して進めていきたいと考えています。
フランス語に関しては、さしあたり、渡辺諒『フランス現代思想を読む』『20世紀フランス思想を読む』を購入しました。仏語の原文と日本語訳、加えて丁寧な解説が載っていることから、目的に適っていると考えたためです。
しかし、英語に関しては、適当なものが見つけられずにいます。「自分が院試の勉強をしたときにはこれを使った」、あるいは「おそらく、これはいいと思う」というものがありましたら、教えて頂けますでしょうか。仏語のものも、なにか他に良いものがあれば教えて頂けると幸いです。
ご回答のほど、どうぞよろしくお願い致します。

こんにちは。大学院進学志望の大学三年生です。
私は将来、フランス哲学の研究者になりたいと思っています。
大学1、2年の頃はなんとなく興味があり、趣味として哲学を勉強していたのですが、今から半年前の大学3年の夏頃から、真剣に哲学を勉強したいと思うようになりました。
それからの半年間は、所属している大学に哲学科がないので、所属しているゼミ(応用倫理学)の先生に他大学の授業を紹介して頂いたり、自分で研究書を読んだりして勉強してきました。
しかし、半年前までは研究者になることを真...続きを読む

Aベストアンサー

んー回答つかないね。笑
哲学の質問じゃないからだろうけど。
東大の院試、文系はどこも変わらないし
コンセプトはずっと今もかわらないと思うから書きますが、
英語もフランス語も、文法レベルは通り越していて、
正しい意味を汲み取り、思うところを正確に伝えられるか。
だから気を大きく持って取り組めばいいんです。
英語でペーパーバックが誤解なく読めて、あらすじや感想がまあなんとか書けるくらいなら大丈夫。
フランス語もそのくらい。文法だけなら準一級程度で十分。
とはいえ、インテリジェンスを示すだけの意思疎通をこなすには、
半年や一年の学習ではスパイの訓練でも受けない限りまず無理だと思う。

で、哲学書つまり第一次資料の原書は、学部では数ページの短いものや抜粋しか読まない。
サルトルやバルト、フーコー、ミッシェル・セールやルイ・アルチュセールくらいは一冊二冊読んでみましたと言ってすむけれど、
デリタやクリステヴァ、ドゥルーズ、ガタリを一冊読むように学部生に期待している人は誰もいない。。。

それよりも、学部生は、レポートや論文を書くために、自分で探した研究者の論文を読むわけだ。
自分で探すことで勉強になっているのと、
日本語だけでなく英語やフランス語で書かれている二次資料をはじめから終わりまで読みきることで、
難解ではなく理路整然とした使える外国語を勉強する。
つまり、研究発表や論文執筆に役立つ語学力が、院に入るときの問題なのであって、
何冊も原書で一次資料にあたる語学力は、もっとあとでドクトラを取るにあたっての課題となるわけです。

渡辺さんの本は、Passageなどの東大現行の語学テキストと並行して、語学書として読み、
哲学史と哲学書は、日本語ですばやくしっかりとお勉強なさるほうがよろしいです。
そして、大学の図書館に海外の論文がたくさん置いてありますから、
興味のあるもの10本くらいコピーを取って挑戦してみられるとよいです。
アメリカではフランス現代哲学の研究は非常にさかんですから、英語の紀要論文がたくさんあります。

んー回答つかないね。笑
哲学の質問じゃないからだろうけど。
東大の院試、文系はどこも変わらないし
コンセプトはずっと今もかわらないと思うから書きますが、
英語もフランス語も、文法レベルは通り越していて、
正しい意味を汲み取り、思うところを正確に伝えられるか。
だから気を大きく持って取り組めばいいんです。
英語でペーパーバックが誤解なく読めて、あらすじや感想がまあなんとか書けるくらいなら大丈夫。
フランス語もそのくらい。文法だけなら準一級程度で十分。
とはいえ、インテリジェ...続きを読む

Q皆さんは何ゆえ、ここに来る?

私は、素朴に疑問に思う。
「皆さんは何ゆえ、ここに来る?」と。

正しい方向性としては「精神性の向上のため」だと思うが、
実際は「自己顕示のため」を散見する。
皆さんは、どうあるべき?と思うか?「哲学カテ」を。

Aベストアンサー

どちらの効果も有りうるなら
どちらかしか得られないより
およそ優れたカテだなと思う

独力で考え出せない問や答を
頻覧できるココは楽しいよね

私答は~質問者さんのような
貴才が多数いそうだからです

とりあえず白猫の絵は覚えた

Q哲学者ゲーテの言葉 この言葉を英語で知っている方

ゲーテの言葉で気になった言葉があったのですが、英語だとどのように訳されているのか知りたいです。

日本語では、
ただ、ひたすら自分が正しいと思う、道を歩けばいい。
他人がどのような道を歩こうと、気にしてはいけない。
と書かれています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゲーテの言葉で有名なのは、以下のものです。
自分自身の道を迷って歩いている子供や青年の方が、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。

一方、ダンテの言葉で以下のものがあります。
お前の道を進め。人には勝手なことを言わせておけ。
Go your own way and let the people talk.
又は Go your own way; let others talk.
ネットの例
http://www.meigennavi.net/pc/word/026/026339.htmhttp://matome.naver.jp/odai/2124529995468747114/2124530021991150065
http://ameblo.jp/salesjapan/entry-10150318612.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012408690
http://topquotescollection.com/go-your-own-way-let-others-talk/
http://lee-byungkyu.jugem.jp/?eid=11

ゲーテの言葉の方がひねくれています。
ダンテの言葉の方が御質問の言葉に近いように思います。

ゲーテの言葉で有名なのは、以下のものです。
自分自身の道を迷って歩いている子供や青年の方が、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。

一方、ダンテの言葉で以下のものがあります。
お前の道を進め。人には勝手なことを言わせておけ。
Go your own way and let the people talk.
又は Go your own way; let others talk.
ネットの例
http://www.meigennavi.net/pc/word/026/026339.htmhttp://matome.naver.jp/odai/2124529995468747114/2124530021991150065
http://ameblo.jp/salesjapan/en...続きを読む

Qカント 独断のまどろみ

カントの言う「まどろみ」とはどういう状態のことを述べているのでしょうか?

Aベストアンサー

『プロレゴーメナ』の序言のなかで、カントは「デヴィッド・ヒュームのうながしこそが……独断のまどろみを破り」と言っていますが、ここで言われている「独断のまどろみ」とは、当時のドイツで主流であり、カントも学んだライプニッツ=ヴォルフ学派の形而上学のことです。ヒュームの因果律批判を受け、従来の形而上学を捨てた上で、あらたに哲学思考の基礎を打ち立てることにした、それが『純粋理性批判』であり、その入門書としての『プロレゴーメナ』である、と言っているのです。

もう少し具体的に説明します。
形而上学、言い換えれば日常的経験を超えた、神や人間の自由、霊魂の不死やイデアについて考察する学問は、ギリシャ時代から連綿と続いていました。

近世に入り、数学や自然科学が発展していくと、デカルトやライプニッツらは、自分たちが専門とする自然学や数学が、こうした形而上学と矛盾しないことを証明しようとします。たとえばニュートンは絶対空間に「神の感覚器官」という位置づけを与えています。

このような流れを受けて、ドイツではライプニッツ=ヴォルフ学派が成立します。おおざっぱに言ってしまうと、一切のものごとは根本原理から論理的必然性によって演繹をおこなっていく合理的認識によって認識しうる、という考え方です。つまり、数学的観念と同様に、神であるとか、世界(存在するものの全体)であるとか、イデアといった観念も、理性的観念であるから、普遍性と客観的妥当性を持つことができる、と考えたのです。

カントも大学時代、このライプニッツ=ヴォルフ学派を学び、そののち大学で数学や自然学、やがて論理学と形而上学を教えるようになります。

それに対して、ヒュームに代表されるイギリスの経験主義は、経験に寄らない「理性的観念」を否定します。そうしてカントは「ヒュームのうながし」によって、「独断のまどろみ」から目覚めた。目覚めて何をしたかというと、ヴォルフ学派を批判したのです。従来の形而上学が合理的に論証し得たと思い込んでいるのは、理性の自己欺瞞にすぎない、と。

ただ、ヒュームは因果律そのものを否定しますから、そこでは自然科学も成立しません。2+3=5という数学的認識さえも、蓋然的真理にすぎないことになる。けれどもカントは自然科学は確実性を持つと考えたし、一方で敬虔なキリスト教徒でもあったために、形而上学的な要求も強くありました。その上で書かれたのが『純粋理性批判』だったのです。

『プロレゴーメナ』の序言のなかで、カントは「デヴィッド・ヒュームのうながしこそが……独断のまどろみを破り」と言っていますが、ここで言われている「独断のまどろみ」とは、当時のドイツで主流であり、カントも学んだライプニッツ=ヴォルフ学派の形而上学のことです。ヒュームの因果律批判を受け、従来の形而上学を捨てた上で、あらたに哲学思考の基礎を打ち立てることにした、それが『純粋理性批判』であり、その入門書としての『プロレゴーメナ』である、と言っているのです。

もう少し具体的に説明します...続きを読む

Q英語の哲学てきな質問です。質問も理解できてない・・

質問はis world government necessary to overcome the negative consequence of anarchy?です。
自分の質問の日本語訳は「世界政府は無政府状態の否定的な結果を克服する必要性があるか?」
だと思うのですが、世界政府があるのに無政府状態とはどんな場面なのでしょうか?
それと訳が間違っていれば直してもらえると助かります。。。是非お手伝いおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。

哲学はよく分かりませんが・・・^^;
Is world government necessary ...?といっているので、
普通に訳せば「無政府状態の否定的な結果を克服するために、世界政府は
必要なのか?」というのが質問の内容だと思います。

英語でエッセイ(レポート)を書いていらっしゃるんでしょうか。
私だったら・・・まずそのthe negative consequence of anarchy とは
何かを文献を元に示して、世界政府によってそれが克服できるかどうかを議論する
と思います。

あんまりお役に立てなくてすみません。
ご参考まで。

Q社会はうらみに満ちているのだろうか?

個別的体験から一般則を帰納しようとするのはやや乱暴だと思います。しかし、前々から感じていることが折に触れて沸き起こります。今日の体験からなのですが、ある音楽教室に講座を探しに行ったのですが、そのトイレで、楽器を習っている、年のころ定年後の老後趣味といった風の男が入ってきまして、並んで小用を足していたのです。で、私が先にすんで、ひとつしか洗面台がなかったのですが、ちょっと手を洗うついでにのどがおかしかったのでうがいをした。で、とくに汚したわけでもないので、別に洗い清めもせずに男に譲ったのですが、その男が私が手や顔を拭いている間、じっと恨みを含んだような視線をこちらに投げている(と感じた)それが真実とすれば、この趣味を愉しむための場所で、この男、ちっとも幸せじゃないんだなと思いました。人生先が知れていてもう大して楽器も永久にうまくなれずに終わる。おれの人生なんだったんだという恨みとも悔恨とも付かない気持ちが、一種凶暴な怨嗟となって吹き上がるときがあるのではないか。その音楽教室のパンフレットなどには、初老やら若者やら子供やらが、さもうれしそうに「笑顔」で「趣味は楽しい!」なんていう風で写っているので、その現実との落差に改めて、「すさまじい」という感覚を抱きました。「笑顔」の商業ポーズっておそろしいですよね。他にも笑顔のポスターと実像があまりにも落差があって、空恐ろしくなった体験がありました(ある趣味サークル的宣伝なのが宗教的活動だったとか)帰りの人々の中で、「ああ世の中ってのは、結局どうでもいい他人がいて、仕方なくてマナーもどきがあって、でも実際は殺してもたいしたことないって思っているのが普通なのかもナ」なんていうすさまじい気持ちになりました。

そんな感覚って正しいんでしょうか。

個別的体験から一般則を帰納しようとするのはやや乱暴だと思います。しかし、前々から感じていることが折に触れて沸き起こります。今日の体験からなのですが、ある音楽教室に講座を探しに行ったのですが、そのトイレで、楽器を習っている、年のころ定年後の老後趣味といった風の男が入ってきまして、並んで小用を足していたのです。で、私が先にすんで、ひとつしか洗面台がなかったのですが、ちょっと手を洗うついでにのどがおかしかったのでうがいをした。で、とくに汚したわけでもないので、別に洗い清めもせず...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

若輩の意見です、どうかお許しください。

>社会はうらみに満ちているのだろうか?
自分はそうは思いません。

世の中色んな人間がいる、同じ人間でも色んな面がある、と思います。

>その男が私が手や顔を拭いている間、じっと恨みを含んだような視線をこちらに投げている(と感じた)
もし、自分がそこにいたとしたら、「このじいさんいい年してホント未熟な人間だなぁ」とだけ思い、後は忘れると思います。
もしも、もっとひどい事をされた(又は言われた)上に今後も教室でずっと付き合っていかなければならないのなら、「どうやって仕返しをしてやろうか」と密かな楽しみにするかもしれません。(←ちょっと悪魔的な発想ですね)

でも、自分はどんな人間でも完全な「悪人」というのはいないと本気で思っています。
(逆に完全な「善人」も絶対にいないと思います)

トイレで一緒になったじいさんも、家には小さな孫がいて孫に対しては優しいおじいちゃんかもしれない、なかなか嫁の来なかった息子にやっと嫁が来てくれて自分の事のように喜んでいるかもしれない、経済面も含め老後は子供を頼らずに自立しようとしているのかもしれない。
全部「かもしれない」ですが。

そのじいさんには別の場所では良い面もあるの「かもしれない」事を思えば、気持ちも楽になると思います。

「社会はうらみに満ちている」と思うよりも、「人間には意地悪な面もあるが親切な面もある」と思った方が幸せに生きれると思います。

こんにちは。

若輩の意見です、どうかお許しください。

>社会はうらみに満ちているのだろうか?
自分はそうは思いません。

世の中色んな人間がいる、同じ人間でも色んな面がある、と思います。

>その男が私が手や顔を拭いている間、じっと恨みを含んだような視線をこちらに投げている(と感じた)
もし、自分がそこにいたとしたら、「このじいさんいい年してホント未熟な人間だなぁ」とだけ思い、後は忘れると思います。
もしも、もっとひどい事をされた(又は言われた)上に今後も教室でずっと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報