フランス語にはsavoirとconnai^tre で、日本語でいうところの
「知っている」を経験を伴うものかどうか(?)ということとかで
使い分けているとききました。

他にもこんなふうに日本語ではあまり使い分けは
しないけれど○○語ではこんなふうに使い分けをする、
というものがあったら是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ポーランド語の「行く」も、chodzicとjezdzic(例によってcの上に')です。

区別はドイツ語と同じです。

さて、質問されたznacとwiedziecの区別ですが、
znacは、何か物や人を知っている場合。
wiedziecは、事実を知っている場合。
というのが簡単な区別だといえます。

言語学の分野では、意味論(semantics)という分類に入る話だと思うので(このへん自信がありません)、それで探してみてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

意味論ですか・・。英語のやつを大学でちょっとかじっただけで、記憶は遠ーいはるか向こうです(-_-;)教科書・参考書探して見てみます。どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/10/19 01:42

  スペイン語では saber と conocer があり、きっとフランス語の savoir と connaitre に該当すると思います。

私の専門はスペイン語なのでスペイン語のニュアンスについての説明になってしまいますがスペイン王立アカデミーのスペイン語辞典によりますと。

saber 1.ある事柄について知る、またはそれについての知らせを手に入れる
     2.ある事柄について博識になる
     3.あることに関して能力がある、またはある技能や能力について訓練を受けている、うまくできる。
     4.鋭い、抜け目のない性格をしている

     などです。一方 conocer は

 conocer 1.知的能力によって物事の本質、特性、関連について調べる、確かめる
     2.理解する、解る、気付く
     3.ある物体を自分ではないものとして知覚する
     4.誰かと関係または意思疎通を図る
     5.経験する、感じる

  というように分けています。お役に立ったらうれしいと思っています。
  それでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。スペイン語とか、ポーランド語のものは全部初めて聞きました。もしや、savoirやsaberなどは、受身的に情報を得たもので、connaitreやconocerは能動的に得た結果のもの・・・なんて綺麗に分かれたりはしませんよね(^_^;)?

お礼日時:2001/10/19 01:40

私は ポーランド語は 全く知らないのですが、nabayoshさんの説明のよると znacがフランス語のconnaitre、ドイツ語のkennen、 wiedziecが フランス語の savoir、ドイツ語の wissenに相当するようですね。



ちなみに、フランス語では connaitreは que節を目的語に出来ません。
    • good
    • 0

ドイツ語の gehenとfahrenですね。

どちらも「行く」という意味なのですが、前者が 徒歩の場合で、後者は乗り物を利用する場合です。
    • good
    • 0

ドイツ語の知っているの場合も、kennenとwissenという2つがあります。


前者が体験によって、後者が知識として知っているという区別です。

ポーランド語の知っているにも2種類、znacとwiedziec(両方の最後のcの上に'をつけます)があります。
この場合、多少区別が複雑なので、ここでは語れません。

こういう感じですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん、どうもありがとうございます。
そのポーランド語の区別はどのようなものなのですか?
よろしかったら教えてください。
あと、このような内容について書かれた本などあれば
お教えいただけますでしょうか。

お礼日時:2001/10/17 21:05

単純にこんなのどうでしょう


英語で

know 直接知っている
know of 間接的に(人から聞いたりして)知っている

hear 直接耳に入る
hear of 間接的に(噂などで)聞く
    • good
    • 0

日本語の「打つ」。

英語だとhitとstrikeでニュアンスが違いますね。hitの方が明るい・・・いや、軽い使われ方をします。
    • good
    • 0

そういう例は結構ありますが、ここで英語で分けるものを一つ。


「賢い」
clever・・・頭の回転は早いが(しばしば)深さに欠ける」ことも意味し,「ずる賢い」という意味を伴うことがある
wise・・・知識・経験が豊かで物事を正しく判断し対処する能力がある

bright・・・子供などが頭がいい

smart・・・抜け目がない、油断のならない

意味の方は的確かどうかは疑問ですが、こんな物もあるということを知っていても損はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確か昔の高校英語の問題で、
She is more bright than wise. か
She is more clever than wise.
だったか?が出てきて、「?」と思った記憶があります。
ちゃんと辞書引いてみないとピンと来ないです・・(^_^;)
色々あるんですね!!

お礼日時:2001/10/19 01:45

いや、むしろ私こそ、知りたいほうの立場なんですが。



「恥」「恥ずかしい」ということを表す英語では、
shy と、shameがありますよね。shy は、単なる内気、shameは、社会的に否定される恥、と。もう一つ、別の意味での「恥」があるというのです…。私は以前、この3つの「恥」という英語を学んで、アメリカ人の持つ基本的なモラルはこうやって作られていくんだ、と大変に感心した記憶があるのです。でも、3つ目を忘れてしまいました。

他にも、「自由」を表す英語として、freeとlibertyがありますが、自分の力で掴み取るものかどうか、で意味が違うようですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語 (ce n'est pas [tres]~)の強調形について

例えば、
ce n'est pas tres poli de votre part de vous'asseoir sans y etre invitee.
(まぬかれてもいないのに座るなんて、とてもお行儀よいとは言えない)
という文がありますね。
で、こういう文章に決まってtresがつきますよね。
これはどういうことなのでしょうか。

単純に考えると
すごく~というわけではない→ほどほどに~だ
ということになりそうですが、そうすると上の文章では
(とてもお行儀よいとは言えない→ほどほどにはお行儀がよい)
という変な解釈になってしまいます。
本来(すごく行儀が悪い)ということを表現したいのですよね?

こういうのは一種の反語皮肉的表現と考えてよいのでしょうか?
pas malが「かなりいい」というのと同じようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

2CHっぽいやりとりがありますが・・・

ce n'est pas poliですと、親から子ですと怒ってることになりますが、大人同士ですと、場合によっては喧嘩になります。
で、<あまりorそれはどうかと?>と語気緩和の忠告。
tres tres tres とたくさん付けると、忠告度が増す。

尚、一行レスには折角一番に答えてくれたのですから
c'est pas tres sympa 位にしておきましょう
poliじゃないは c'est un peu trop fort  

Q(フランス語) dont と duquel の使い分け

いま、大学でフランス語の関係代名詞を勉強しているのですが、dont と duquel の使い分けのしかたがどうしてもわかりません。どういうときにdontを用い、またどういうときにduquelを使うのか、どなたかわかる方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

明確な回答では無くて恐縮なのですが、一般のフランス人にとっても、dontとduquelの使い分けは困難な事らしいです。
以下のフランスの文学、文法等に関してのQ&Aサイトで、dontやduquel等の関係代名詞の使い分けについて、フランス人同士(その他の外国の方も参加されていますが...)で質問回答をされていますので、良かったらご参考下さい。
かなり詳しく説明してあるのですが、結局のところ、そのサイトで質問していたフランス人の男の子にとっても複雑で、完全に理解するのは困難な事のようです。
http://www.etudes-litteraires.com/forum/sujet-986.html

参考URL:http://www.etudes-litteraires.com/forum/sujet-986.html

Qフランス語:enとle・la・lesの使い分けについて

中性代名詞enは不定冠詞や部分冠詞がついた直接目的語を置き換えます。それと逆に、直接目的語人称代名詞le/la/lesは特定のもの、つまり定冠詞がついた直接目的語を指します。

では以下のような場合はなぜ大丈夫なのでしょうか?
(教科書のディアローグにありました)

A:Tu l'as trouve, ta voiture?
B:J'en ai vu une super, avant-hier.
A:Tu vas la prendre?
B:Je n'ai pas encore decide...

Bが「une super」と言っているのに、
どうしてAは「la prendre」と「la」に置き換えているのでしょうか?
ここで「en prendre」とはならないとなんとなくはわかりますが、
文法的な理由はあるのでしょうか?

ここでは「その車」という意が会話でわかるので、
「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問:
<ここでは「その車」という意が会話でわかるので、「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?>

ご想像の通りです。

1.ご質問にある疑問は、une superと不定冠詞uneが使われているから、enでなく定冠詞?と疑問を持たれたのだと思います。

しかし、前出の名詞に不定冠詞が使われていてもそれが「特定の1台の車」を指しているのであれば、定冠詞に置き換えられることができるのです。何故ならそれは特定のたった1台の車だからです。

2.これは英語などでも同様で、不定冠詞が使われていても、話題がその名詞を指しているのが明らかであれば、人称代名詞itが使われます。
例:
I have an apple.
It is big and red.
「りんごを一つ持っている。それは大きくて赤い」

3.Bは、車の中でも特にかっこいい車1台について言及しています。その特定の1台を受けてAはla「それ」=「君がかっこいいと思う1台」と、特定の直接補語を表すlaを使っているのです。

4.ご質問のように、形容詞などで特定されると、それが「限定用法」となり、かかる名詞を「特定化」する働きがあります。

5.このenは任意の複数の自動車を指してdes voitures「複数の車の中の」=d’elles「そのうちの」という意味で使われています。訳では他の複数の車については触れていません。

6.Bの会話の代名詞enを名詞に置き換えて文を書き換えると以下のようになります。

J'en ai vu une super, avant-hier.
「一昨日、かっこいいのを見たよ」
→J' ai vu une voiture super (des voitures), avant-hier.
「一昨日、(車の中でも)かっこいい車を見たよ」

voitureという単語は既出のため、反復をさけ代名詞を使っています。ここではdes voituresは任意の複数の車になりますから、わざわざ訳出されていないのです。

以上ご参考までに。

こんにちは。

ご質問:
<ここでは「その車」という意が会話でわかるので、「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?>

ご想像の通りです。

1.ご質問にある疑問は、une superと不定冠詞uneが使われているから、enでなく定冠詞?と疑問を持たれたのだと思います。

しかし、前出の名詞に不定冠詞が使われていてもそれが「特定の1台の車」を指しているのであれば、定冠詞に置き換えられることができるのです。何故ならそれは特定のたった1台の車だからです。

2.これは英...続きを読む

Qラテン語ができる方、是非教えて下さい!

ラテン語ができる方、是非教えて下さい!

オリジナル創作小説を書いています。

ふと、検索をかけて調べたラテン語に興味を持ち、
色々調べたり、知恵袋もラテン語関係は全部
拝読させていただきました!

とはいえ、ラテン語は習った事がないので、
文章がうまく作れません
翻訳ツールを使っても検索しても
支離滅裂で不安なので、ご質問をさせて下さい!


1・「(秩序や理を)見守る者」という言葉をラテン語に
したらどういう風になるのでしょうか。

2・「銀よ、交われ!」はdecussatio argenteaで合ってますか?

3・ある登場人物(男性)が死んでしまうのですが、
親友(同じく男性)に最期のメモを遺して行くシーンが
あるのですが・・・・


たった1人の理解者に捧ぐ Haec uni soli accipienti dedico.
キミに出逢えて本当に良かった
今までありがとう

最後の2行が作れないでいます;


是非、お力を貸していただけたらと思います!
よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

まず読み方から

spectator スペクタートル

haec (uni) soli amico meo dedico. ハエク・(ウーニー・)ソーリー・アミーコー・メオー・デーディコー
(hoc はホーク)

gratias habeo. beatus sum quod te conveni. グラーティアース・ハベオー。ベアートゥス・スム・クォッド・テー・コンウェーニー
(beatus sum は話し手が一人で男性、また「よかった」のがあくまで自分一人の場合です)


「交わる・クロスする」というのは次のように表します。

線Aが線Bと交わる linea A secat lineam B.
線Aと線Bは交わる linea A et linea B inter se secant.

secat/secant とは「切る」ということで、一方がもう一方を「切る」、二者が「お互いに inter se 切る」となります。

道路など細長い形のものであれば上記のように言うことはできますが(secate inter se, radii! 光(たち)よ、(互いに)交われ)、銀は物質であり形がなく、また物質名詞で複数にならないためこのような言い方ができません。

そこで一案ですが、銀杯から出た「あるもの」が一点に集まるのなら

converge, あるもの!(あるもの が一種類)
convergite, あるもの!(あるもの が多種類)
(converge/gite(コンウェルゲ/ギテ)convergere「一点に集中するの命令法単数および複数)

このように言うことができます。

まず読み方から

spectator スペクタートル

haec (uni) soli amico meo dedico. ハエク・(ウーニー・)ソーリー・アミーコー・メオー・デーディコー
(hoc はホーク)

gratias habeo. beatus sum quod te conveni. グラーティアース・ハベオー。ベアートゥス・スム・クォッド・テー・コンウェーニー
(beatus sum は話し手が一人で男性、また「よかった」のがあくまで自分一人の場合です)


「交わる・クロスする」というのは次のように表します。

線Aが線Bと交わる linea A secat lineam B.
線Aと線Bは交わ...続きを読む

QJe ne suis pas tres occupe

初めまして!
“Je ne suis pas tres occupe”と友人からのメールに書いてあったのですが、意味が良く分かりません。
フランス語の辞書も手元に無いし、ネットでも調べたけどわかりませんでした。
フランス語に詳しい方、どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私はあまり忙しくないです  だと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報