吸引濾過装置(アスピレーター)の原理(減圧される理由など)を教えてください。お願いします。

A 回答 (1件)

 これはどちらかと言えば物理の問題ですね。

でもお答えします。気体でも液体でも流体が流れていると、周囲にある流体(アスピレーターの場合、空気)が、その粘性により流体の流れ方向に引っ張られます。ここまで言えば判りますよね。空気が引っ張られる訳ですから、減圧されるわけですね。
 この方法はアスピレーター以外にも、10^3Torr位までの真空にするための油拡散ポンプにも応用されています。
 もっと身近な例は飛行機です。飛行機はジェットの勢いで空を飛んでいるわけではありません。飛行機の翼は上側は出っ張っていて、下側は真っ直ぐですね。上側は出っ張っている分、流速が速くなり、翼は上に引っ張られて飛んでいるんだそうです。ちょっと蛇足でしたね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答いただいてありがとうございました。アスピレーターの場合は水を流す事によってその方向にひっぱる力を利用して真空状態を作っているということですね??具体的にいうとスイッチを入れると空気がぼこぼこしてますが、これはどの部分に起因しますか?

お礼日時:2001/10/18 00:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減圧留去(減圧蒸留)の仕組みについて

減圧留去の仕組みがいまいち分からないので教えてください。
実験で、アニリンをエーテルに溶かしたもの、トランススチルベンをエーテルに溶かしたものそれぞれをロータリーエバポレーターを使って減圧留去しました。
この時蒸発しているのはエーテルのみだと思うのですが、エーテルは減圧しなくても沸点がもともと低いのに、なぜ減圧する必要があるのか?
アニリン、トランススチルベンはこの時どのような挙動をしているのか?
この2点が分からないため、ロータリーエバポレーターの仕組みもいまいち分からなくなってしまいました。
お答えよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ロータリーエバポレーターとは減圧して溶媒の沸点を下げることで、溶媒の留去をすばやく行うための装置です。
エーテルは沸点が低いとはいえ、室温では飛ばしきるのに時間がかかります。だから減圧して飛ばします。

アニリン、トランススチルベンの挙動ですが特に何も起きません。沸点に達していないはずなので、殆ど蒸発しないからです。

突沸自体がデメリットの塊です。突沸するとトラップからモノを回収して減圧留去をやり直す必要があります。その過程で欲しいモノをロスしたり、トラップについている汚れが混ざる可能性などがあります。

突沸を防いでいるのはフラスコの回転です。減圧で突沸が防げるわけがありません。
モノが濃縮されるのは溶媒だけが留去されるからです。

あと、蒸留と留去は別の操作です。混同してはいけません。

Qある液体培地を作り その中にコウジカビを入れ 3日間培養させます。 その培地を吸引濾過し、 そのろ液

ある液体培地を作り
その中にコウジカビを入れ
3日間培養させます。
その培地を吸引濾過し、
そのろ液に澱粉を入れて
100℃で反応させます。
コウジカビが作った
アミラーゼなどの酵素が
働いて、ブドウ糖とかになります

そのあと、その溶液に
蒸留水を加えて希釈した後
紫外可視分光光度計で
吸光度を測定するのですが

間違って、実験書に書いてある
量よりも多く蒸留水を
加えてしまいました。

このことによって
測定結果(吸光度)には
どんな影響がありますか?

Aベストアンサー

単純に薄くなるので、濃度に比例して吸光度も変わります。・・・・当たり前ですが
ランベルト・ベールの法則

Qはんだから出る煙の吸引装置が白い粉まみれになります。

パート6人ではんだ付けをしているのになぜか私がしている作業台の煙の吸引装置だけ白い粉がびっしりと付着します。
吸引装置もヤニ入り糸半田もコテも温度設定も6人同じです。
違うのはワーク。私は針金2本の先端にそろばん玉みたいなはんだを作るのですが、他の5人は2ミリ程の穴のあいたプレートに半田をうめるような作業です。
「コテのあて方が悪いんじゃないの?」なんて嫌味を言う人がいて困っています。
また2、3日おきに吸引装置から粉を取り除く掃除をしていますが、マスクも何もつけずにやるのでとても体に悪い気がします。
あの粉は何なのでしょうか?なぜ私のところだけ発生するのでしょうか?

他にも「あなたの半田は黄色くて汚い」なんてことも言われます。
上司は「黄色はかまわんよ」といいますが半田に黄色(ヤニ)が残るのは本当はよくないのでしょうか?爪で簡単に取れるのですが...。

長くなりましたが専門の方からご回答いただけると有難いです。

Aベストアンサー

>違うのはワーク。

これが原因ですね。

熱容量の少ない針金2本、対、熱容量の大きなプレート
ハンダ付け部分の温度は、chaburinさんのほうがかなり高くなっているはずです。
その結果ロジン(ヤニ)が多く蒸発し、白い粉となって吸引装置に溜まる。

>半田に黄色(ヤニ)が残るのは本当はよくないのでしょうか?

場合によります。こう絶縁を要するところにまたがっていれば、洗浄して取り除く必要がありますが、そうでなければ見栄えの問題だけです。

Q「土壌のトリクロロエチレンを減圧にして吸出し」の「減圧」が知りたいです!

「土壌のトリクロロエチレンを減圧にして吸出し、これをバイオリアクターに通して分解する方法もあります。」
これはエコに関するある本からの引用ですが、トリクロロエチレンが発がん性など有害物質であることはわかるのですが、「減圧にして吸出し」のところのメカニズムがよくわかりません。私のイメージでは圧力を加えたら押されて噴出するというものですが、このイメージと逆のようです。解説をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

減圧して揮発させるのであれば、「吸出し」という表現には結びつかないと思います。
「普通に」この文章を読めば、固形物中の液体成分を効率的に絞り出す、「吸引ろ過」のことではないかと思います。
ただし、これを行うのであれば、ある程度の量のトリクロロエチレンが含まれていることが前提になります。微量のものに対して吸引ろ過を行うのは効率面で問題があり、それならば、文章的に違和感がありますが、これまでの回答のとおりの理解と言うことになるかも知れません。
いずれにせよ、想定しているトリクロロエチレンの量が不明ですし、記述が曖昧ですので断定は出来ません。文脈もわかりませんしね。

参考URL:http://www.chem.zenkyo.h.kyoto-u.ac.jp/operation/frame/frame_13_wmv.html

Q210.6℃の標準沸点をもつニトロベンゼン(NO2-C6H5)を、35.0mmHgでの減圧蒸留によっ

210.6℃の標準沸点をもつニトロベンゼン(NO2-C6H5)を、35.0mmHgでの減圧蒸留によって精製したい。この減圧下で予想される沸点(℃)を求めよ。ただし、ニトロベンゼンのモル蒸発エンタルピーは47.7kJ/molとする。

この問題の解答(解説付きで)をお願い致します。

Aベストアンサー

クラウジウス-クラペイロンの式を使うと、標準沸点Tbとモル蒸発エンタルピーΔHから減圧下での沸点を予想できます。


クラウジウス-クラペイロンの式

 ln(P/Po) = ΔH/R(1/Tb - 1/T)

を沸点(K)の逆数について解くと

 1/T = 1/Tb - (R/ΔH)ln(P/Po)

となるので、沸点(℃)は

 1/(1/Tb - (R/ΔH)ln(P/Po)) - 273.15

で与えられます。この式に

 標準沸点 Tb = 483.75 K
 気体定数 R = 8.314 J/(K・mol)
 モル蒸発エンタルピー ΔH = 47700 J/mol
 圧力 P = 35.0mmHg
 標準圧力 Po = 760mmHg または 750mmHg

を代入すると、35.0mmHgでの沸点(℃)は

 110.9 ℃ (Po = 760mmHgのとき)
 111.3 ℃ (Po = 750mmHgのとき)

と予想できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報