吸引濾過装置(アスピレーター)の原理(減圧される理由など)を教えてください。お願いします。

A 回答 (1件)

 これはどちらかと言えば物理の問題ですね。

でもお答えします。気体でも液体でも流体が流れていると、周囲にある流体(アスピレーターの場合、空気)が、その粘性により流体の流れ方向に引っ張られます。ここまで言えば判りますよね。空気が引っ張られる訳ですから、減圧されるわけですね。
 この方法はアスピレーター以外にも、10^3Torr位までの真空にするための油拡散ポンプにも応用されています。
 もっと身近な例は飛行機です。飛行機はジェットの勢いで空を飛んでいるわけではありません。飛行機の翼は上側は出っ張っていて、下側は真っ直ぐですね。上側は出っ張っている分、流速が速くなり、翼は上に引っ張られて飛んでいるんだそうです。ちょっと蛇足でしたね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答いただいてありがとうございました。アスピレーターの場合は水を流す事によってその方向にひっぱる力を利用して真空状態を作っているということですね??具体的にいうとスイッチを入れると空気がぼこぼこしてますが、これはどの部分に起因しますか?

お礼日時:2001/10/18 00:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか

MRIとCTは原理に違いがあるとのことですが、
両者の原理で共通なのは何でしょうか。
MRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか。

Aベストアンサー

コンピューターで信号を処理する以外はほとんど同じところがありません。同じように輪の中に入って検査するので勘違いされがちですが、CTは放射線を体に当てて検査をします。あくまでもレントゲンの3次元版といったところです。MRIは輪から数テラバイトの磁気が発生しておりその磁気で原子核にエネルギーを与えて磁場を与えその磁場の変化を見て検査をします。

Q減圧留去(減圧蒸留)の仕組みについて

減圧留去の仕組みがいまいち分からないので教えてください。
実験で、アニリンをエーテルに溶かしたもの、トランススチルベンをエーテルに溶かしたものそれぞれをロータリーエバポレーターを使って減圧留去しました。
この時蒸発しているのはエーテルのみだと思うのですが、エーテルは減圧しなくても沸点がもともと低いのに、なぜ減圧する必要があるのか?
アニリン、トランススチルベンはこの時どのような挙動をしているのか?
この2点が分からないため、ロータリーエバポレーターの仕組みもいまいち分からなくなってしまいました。
お答えよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ロータリーエバポレーターとは減圧して溶媒の沸点を下げることで、溶媒の留去をすばやく行うための装置です。
エーテルは沸点が低いとはいえ、室温では飛ばしきるのに時間がかかります。だから減圧して飛ばします。

アニリン、トランススチルベンの挙動ですが特に何も起きません。沸点に達していないはずなので、殆ど蒸発しないからです。

突沸自体がデメリットの塊です。突沸するとトラップからモノを回収して減圧留去をやり直す必要があります。その過程で欲しいモノをロスしたり、トラップについている汚れが混ざる可能性などがあります。

突沸を防いでいるのはフラスコの回転です。減圧で突沸が防げるわけがありません。
モノが濃縮されるのは溶媒だけが留去されるからです。

あと、蒸留と留去は別の操作です。混同してはいけません。

QMRIでのRFパルスについて

MRIでの原理的なことなんですが,均一な磁場でRFパルス(90度パルス)をかけると磁化方向が90度傾くのはなぜなんですか。

Aベストアンサー

RFパルスというのは(短時間だけ)回転する磁場と同じです。その回転周波数がスピンのラーモア歳差周波数と同じ場合(これが共鳴条件)、回転磁場とスピンは互いに止まっていることになります。この時スピンは、静磁場中の場合と同様に、この”回転磁場にも”ラーモア歳差運動します。これにより、スピンを自在に傾けることが可能となります。つまり、適当な時間でパルスを止めると90°傾いた状態にも、45°や180°傾いた状態にもできます。

スピンの状態は、α状態(低エネルギー;s=1/2)とβ状態(高エネルギー;s=-1/2)の波動関数の線形結合で表されるので、スピンの向きの変化にはエネルギー変化を伴っています。変化したエネルギー状態が、再び熱平衡状態に戻る過程が、緩和過程(T1)です。

Qある液体培地を作り その中にコウジカビを入れ 3日間培養させます。 その培地を吸引濾過し、 そのろ液

ある液体培地を作り
その中にコウジカビを入れ
3日間培養させます。
その培地を吸引濾過し、
そのろ液に澱粉を入れて
100℃で反応させます。
コウジカビが作った
アミラーゼなどの酵素が
働いて、ブドウ糖とかになります

そのあと、その溶液に
蒸留水を加えて希釈した後
紫外可視分光光度計で
吸光度を測定するのですが

間違って、実験書に書いてある
量よりも多く蒸留水を
加えてしまいました。

このことによって
測定結果(吸光度)には
どんな影響がありますか?

Aベストアンサー

単純に薄くなるので、濃度に比例して吸光度も変わります。・・・・当たり前ですが
ランベルト・ベールの法則

QMRIを受ける時の注意

母親が右半身をしびれを訴えて、病院に行きました。
大事には至りませんですが、医者よりMRI検査を勧められましたが、数年前に肩に金属が入っているためにこの病院のMRIはできないと言われました。

MRIの性質上、金属があると、磁界の影響を受けるというのは分かりますが、今の医学の進歩を考えれば、体内に入った金属に影響を受けないようなMRI装置はあると思います。

今回は単に、受診した病院のMRIが古いだけなのでしょうか?それともMRIの性質上どこの病院でも同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

MRIというのは、「核磁気共鳴」という、主として水素に特有の物理現象を利用する「測定」の原理です。
つまり、
「水素が沢山あるところ」とそうでないところとを見分けるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

X線(CTも含む)は、固いところ(高密度)と柔らかいところ。

超音波エコーは、音波の反射や透過。

をそれぞれ見分けます。

核磁気共鳴を起こさせるためには、強い電磁波を当てることになります。
それは、電子レンジのようなものです。

電子レンジに金属を入れてしまうと、火花が出たり、その付近の食物が焼け焦げたりします。
http://www.chemistryquestion.jp/situmon/shitumon_kurashi_kagaku28_microwave_metal.html

下記リンクを読みますと
「体内に金属がある人は検査ができない可能性があります。医師に申し出てください。」
とか
「体内に金属クリップがある場合でも、最近使われている非磁性体のクリップであれば検査を受けられます。」
という、ソフトな書き方がされていますが、

私が思うに、
電子レンジに比べてエネルギーの大小はあるものの、電磁波を使っている点は似ていますから、
お母様の体において、金属に熱が発生し、その付近の細胞が火傷のような状態になってしまうような予感がします。

つまり、
その部位に殆ど電磁波を当てないような検査をするしかなさそうです。

http://www.fureaihosp.or.jp/minano/comedical%20folda/X-RAY/mrigif.html

http://www.yhanet.jp/hitachi-totsuka/mri.html

http://www.hitachi-medical.co.jp/gen/5.html

http://www.hosp.niigata.niigata.jp/shimin_hosp/bumon/x_ray_gijyutu.htm

http://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp/deprad/MRI.html

http://www.hosp.go.jp/~skyoto/bumon/mri.htm

http://www.okamoto-hp.or.jp/oka2/XP/xp/mr/mr3.HTM


下記サイトには、
「(CTは)MRIと違って、検査のスピードが速く、体内に金属があっても問題がない」
という書き方がされています。
http://www.rr.iij4u.or.jp/~kanchan/lungca.htm


残念ながら、
「金属が入っていても大丈夫(である可能性があります)」
という肯定的な書き方をしているサイトは、1個も見つけられませんでしたし、装置構成も全て似たり寄ったりです。

MRIというのは、「核磁気共鳴」という、主として水素に特有の物理現象を利用する「測定」の原理です。
つまり、
「水素が沢山あるところ」とそうでないところとを見分けるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

X線(CTも含む)は、固いところ(高密度)と柔らかいところ。

超音波エコーは、音波の反射や透過。

をそれぞれ見分けます。

核磁気共鳴を起こさせるためには、強い電磁波を当てることになります。
それは、電子レンジのような...続きを読む

Qはんだから出る煙の吸引装置が白い粉まみれになります。

パート6人ではんだ付けをしているのになぜか私がしている作業台の煙の吸引装置だけ白い粉がびっしりと付着します。
吸引装置もヤニ入り糸半田もコテも温度設定も6人同じです。
違うのはワーク。私は針金2本の先端にそろばん玉みたいなはんだを作るのですが、他の5人は2ミリ程の穴のあいたプレートに半田をうめるような作業です。
「コテのあて方が悪いんじゃないの?」なんて嫌味を言う人がいて困っています。
また2、3日おきに吸引装置から粉を取り除く掃除をしていますが、マスクも何もつけずにやるのでとても体に悪い気がします。
あの粉は何なのでしょうか?なぜ私のところだけ発生するのでしょうか?

他にも「あなたの半田は黄色くて汚い」なんてことも言われます。
上司は「黄色はかまわんよ」といいますが半田に黄色(ヤニ)が残るのは本当はよくないのでしょうか?爪で簡単に取れるのですが...。

長くなりましたが専門の方からご回答いただけると有難いです。

Aベストアンサー

>違うのはワーク。

これが原因ですね。

熱容量の少ない針金2本、対、熱容量の大きなプレート
ハンダ付け部分の温度は、chaburinさんのほうがかなり高くなっているはずです。
その結果ロジン(ヤニ)が多く蒸発し、白い粉となって吸引装置に溜まる。

>半田に黄色(ヤニ)が残るのは本当はよくないのでしょうか?

場合によります。こう絶縁を要するところにまたがっていれば、洗浄して取り除く必要がありますが、そうでなければ見栄えの問題だけです。

QMRIを借りたい

この3ヶ月間に4つの病院を利用しました。

A整形外科
B整形外科
J病院(A整形外科の紹介でMRI撮影をした病院。MRI;背骨→フィルム;A整形外科にある)
N病院(MRI;子宮→CDデータ取得済)

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?
    もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?
質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?


現在の状況;腰の治療(腰椎椎間板ヘルニアになる一歩手前)のためB整形外科に通っています。

A整形外科には何も言わず、B整形外科を受診し、今もお世話になっています。
B整形外科に通いだしてからはA整形外科を利用しておりません。
B整形外科には背骨のMRI画像があるのを伝えておりません。
B整形外科から子宮のMRI画像の提出をいわれています。

私が思っているのは、
腰の治療のためにA整形外科にある背骨のMRI画像を借りたほうがいいのか?
腰の治療のために子宮のMRI画像は有効なのか?
子宮のMRI画像を頼まれているのに背骨のMRI画像を提出したら顰蹙を買ってしまうのか?

どうか、ひとつでもいいので、回答いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

この3ヶ月間に4つの病院を利用しました。

A整形外科
B整形外科
J病院(A整形外科の紹介でMRI撮影をした病院。MRI;背骨→フィルム;A整形外科にある)
N病院(MRI;子宮→CDデータ取得済)

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?
    もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?
質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?


現在の状況;腰の治療(腰椎椎間板ヘルニアになる一歩手前)のためB整形外科に通っています。

A整形外科には何も言わず、...続きを読む

Aベストアンサー

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?

ドクター同士のやりとりであれば、可能です。
他の回答にあるようにB整形外科から紹介状を書いてもらう必要があります。
子宮のMRIが必要ならN病院宛に、背骨のMRIが必要ならA病院宛に書いてもらう必要があります。

質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?
それを判断するのはB整形外科医です。
その医師が有用であるといえば、それは意味のある行為です。
少なくとも質問者さんが整形外科医に見せても意味がないと判断するのはいかがなものかと思います。


>腰の治療のためにA整形外科にある背骨のMRI画像を借りたほうがいいのか?
これもB整形外科医が判断することです。質問者さんが「A整形外科に**年前撮影した背骨のMRIがある」ことを申し出て判断してもらってください。

>腰の治療のために子宮のMRI画像は有効なのか?
それはB整形外科医が判断することです。子宮のMRIでも骨盤部の骨はうつっており、それで判断することも出来るかもしれません。

>子宮のMRI画像を頼まれているのに背骨のMRI画像を提出したら顰蹙を買ってしまうのか?
質問者さんが信頼を失うことになるだけでしょう。「この人は嘘をつく、隠し事をする」という先入観を植え付けることになるでしょうね。

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?

ドクター同士のやりとりであれば、可能です。
他の回答にあるようにB整形外科から紹介状を書いてもらう必要があります。
子宮のMRIが必要ならN病院宛に、背骨のMRIが必要ならA病院宛に書いてもらう必要があります。

質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?
それを判断するのはB整形外科医です。
その医師が有用であるといえば、それは意味のある行為です。
少な...続きを読む

Q「土壌のトリクロロエチレンを減圧にして吸出し」の「減圧」が知りたいです!

「土壌のトリクロロエチレンを減圧にして吸出し、これをバイオリアクターに通して分解する方法もあります。」
これはエコに関するある本からの引用ですが、トリクロロエチレンが発がん性など有害物質であることはわかるのですが、「減圧にして吸出し」のところのメカニズムがよくわかりません。私のイメージでは圧力を加えたら押されて噴出するというものですが、このイメージと逆のようです。解説をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

減圧して揮発させるのであれば、「吸出し」という表現には結びつかないと思います。
「普通に」この文章を読めば、固形物中の液体成分を効率的に絞り出す、「吸引ろ過」のことではないかと思います。
ただし、これを行うのであれば、ある程度の量のトリクロロエチレンが含まれていることが前提になります。微量のものに対して吸引ろ過を行うのは効率面で問題があり、それならば、文章的に違和感がありますが、これまでの回答のとおりの理解と言うことになるかも知れません。
いずれにせよ、想定しているトリクロロエチレンの量が不明ですし、記述が曖昧ですので断定は出来ません。文脈もわかりませんしね。

参考URL:http://www.chem.zenkyo.h.kyoto-u.ac.jp/operation/frame/frame_13_wmv.html

Q肩にMRI

3月の事だったと思われますが3回目の膝をやってからMRIを今度こそ撮らねばと強く思いました
そして3月に決行したのですが一番安いところでしょうと思い問い合わせをしている中でふと肩の事がかすめたので膝にMRIなら肩にMRIでわ?と思いついでに聞いたところ『肩にMRIする人なんて聞いたことないです』と普通は、しないよって感じで言われてしまいました
以前肩のレントゲンを撮ったのですがわからなかったのでMRIを撮ればと思ったのですが
おかしい人のレッテルを貼られた感じです
肩にMRIを撮るのは、おかしいですか?
レントゲンで写らないならMRIでわ?
無知なので教えてください

Aベストアンサー

>肩にMRIを撮るのは、おかしいですか?

いいえおかしくありませんよ。例えば腱板損傷と言われるものでは、MRIが非常に有効な診断ツールになります。他には超音波なども使うことがあります。


ご参考になれば幸いです。

Q210.6℃の標準沸点をもつニトロベンゼン(NO2-C6H5)を、35.0mmHgでの減圧蒸留によっ

210.6℃の標準沸点をもつニトロベンゼン(NO2-C6H5)を、35.0mmHgでの減圧蒸留によって精製したい。この減圧下で予想される沸点(℃)を求めよ。ただし、ニトロベンゼンのモル蒸発エンタルピーは47.7kJ/molとする。

この問題の解答(解説付きで)をお願い致します。

Aベストアンサー

クラウジウス-クラペイロンの式を使うと、標準沸点Tbとモル蒸発エンタルピーΔHから減圧下での沸点を予想できます。


クラウジウス-クラペイロンの式

 ln(P/Po) = ΔH/R(1/Tb - 1/T)

を沸点(K)の逆数について解くと

 1/T = 1/Tb - (R/ΔH)ln(P/Po)

となるので、沸点(℃)は

 1/(1/Tb - (R/ΔH)ln(P/Po)) - 273.15

で与えられます。この式に

 標準沸点 Tb = 483.75 K
 気体定数 R = 8.314 J/(K・mol)
 モル蒸発エンタルピー ΔH = 47700 J/mol
 圧力 P = 35.0mmHg
 標準圧力 Po = 760mmHg または 750mmHg

を代入すると、35.0mmHgでの沸点(℃)は

 110.9 ℃ (Po = 760mmHgのとき)
 111.3 ℃ (Po = 750mmHgのとき)

と予想できます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング