今年初めてボーナスを支給することになりました。
源泉徴収税額表を見たら¥65000未満は¥0となっていたので計上したのですが、前月の所得なども関連してくるようなのですが・・・

毎月所得15万  扶養なし 保険料などの控除もありません

このような場合5万円の賞与の税率は0でいいのでしょうか?

初歩的な質問ですいません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

前月の社会保険控除後の金額が65000円未満なら0ですね。

%は前月の給与額で決定されます。

今回の場合扶養がなので8%だと思います

この回答への補足

ありがとうございます。そこが気になっていました。
8%で¥4000の税金がかかるのであれば、今回【来月】給与を20万にすると合計の税金が少しですが安くなるのですが、それだと問題はあるのでしょうか?一応この人の最高支給額が20万で届け出ています

補足日時:2005/07/30 17:49
    • good
    • 2

5です



前月給与の額が85000~371000の場合は同じ%ですね
    • good
    • 2

#2です。



そういえば、賞与の税率表は、毎月の給与の表とは違いますよね。源泉徴収税額表(冊子になっているもの)の後ろのほうのページにあります。その表で見て税率が0なら間違いないと思いますよ。今私は事務所じゃないので手元になくて確認できませんが・・・。

それを見ればいくらまでの範囲で税金がかかるか良くわかると思います。表の外の説明文も読んでください。
    • good
    • 1

もらう方の立場なので法律はわからないんですが、


5万円もらったときは、所得税などは引かれておらず
封筒には「賞与」ではなく「寸志」と書かれていました。 なさけない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

支払う立場なので出る金額が同じなのでこちらはいいのですが、もらう立場を考えると、賞与という額ではないのですが、手取りが少しでも多い方がうれしいと思うのでこのような質問をしました。
賞与と渡すより寸志の方がふさわしいですね

お礼日時:2005/07/31 19:30

>前月の所得なども関連してくるようなのです


そうでしたっけ?その都度、表に従って徴収すればいいと思いますが。

それに、源泉徴収額は表のとおりに徴収しても、年末に計算し直せば多少の過不足が出るものです。そのときにちゃんと計算と還付などをすればいいので、どこかの月で多少計算間違いしたとしても、問題にはならないはずです。給与明細と、実際の支払額に差があっては困りますが、そういうことじゃないですよね。

この回答への補足

年末に調整すればいいというのは分かっているのですが・・・
今後の参考のためにもこの場合賞与の税率がいくつなのか確認したかったので・・・8/1に支給予定なので、まだ修正可能なので税率が分かればうれしいのですが。。。
もし何%か税金が引かれるのでしたら、賞与額を増やそうかとも思ってまして・・

補足日時:2005/07/30 16:59
    • good
    • 0

これは、支給する方、もらう方、どっちの立場なのですか?



「毎月所得15万  扶養なし 保険料などの控除もありません」っていうのは一個人のもらう方の話をしているようにも思えますが。

どっちみち、年末調整すれば同じなんですがね。

この回答への補足

支給すると書きましたが・・・

補足日時:2005/07/30 16:13
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーナスが5万円支給のときの…

ボーナスとして5万円支給したときの
厚生年金保険料と健康保険料などの
かかる税金すべてを教えてください・

Aベストアンサー

・介護保険未加入(40歳未満)
・政府管掌健康保険加入
・平成19年4月以降支給賞与
・賞与の前月分課税額が所得税率10%の範囲
という仮定条件では、
・健康保険料 2,050円
・厚生年金保険料 3,660円
・雇用保険料 300円
・所得税 4,399円
ぐらいでしょうか。
条件が違えば各金額も違ってきます。

Qボーナスが10万円だった場合に引かれる税金

ボーナスが10万円だった場合に引かれる税金は
おいくらでしょうか?

20万円だった場合も合わせて教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

その人の年収の税率を使います。
195万円以下   5%
195~330  10%
330~695  20%
695~900  23%
900~1,80033%
1,800超   40%

Q寸志に所得税等かかりますか?

合同会社の代表者です。

1.会社の事務を無給で手伝いしてくれてた妻と、3年程前に性格の不一致が積もり積もりで協議熟年離婚しました。

2.妻は旧姓になり、年金生活の両親の住所へ戻りました。

3.妻の両親は、2人共年金暮らしです。

4.妻は両親とは別に戸籍を作り、両親と同居はしているが、扶養家族には互いにしてません。

5.妻は再婚もせず、扶養家族0人で申請をしています。

6.妻は現在パートにて、月に手取り18万円くらいの収入があり、会社が所得税とか市民県民税とかの支払いをしてくれてます。

以上の妻の状況です。

で、肝心な教えて欲しい事ですが

イ.合同会社の仕事は私個人1名で全てこなし、全国へ出張が多く、留守がちです。

ロ.そこで妻にパート時間以外空いてる時間に事務所にて留守番等掃除等の雑用を不定期的に
手伝いをして貰ってます。

ハ.無料では申し訳ないのですが、パートとしてもあまりにも不定期なので給与としては
支払ってません。

ニ.そこで不定期ですが、年間支払いが20万円を超えない範囲で不定期的に何回かに分けて
【寸志】として渡してます。(友人に聞いた所20万円を超えない事が大切と…)

ホ.これからも最低5年間はこの様な状況で寸志は支払うと思います。


※そこでご質問ですが、この様な状況下で、妻は税務申告の必要はありますか?

宜しく教えて下さい。

合同会社の代表者です。

1.会社の事務を無給で手伝いしてくれてた妻と、3年程前に性格の不一致が積もり積もりで協議熟年離婚しました。

2.妻は旧姓になり、年金生活の両親の住所へ戻りました。

3.妻の両親は、2人共年金暮らしです。

4.妻は両親とは別に戸籍を作り、両親と同居はしているが、扶養家族には互いにしてません。

5.妻は再婚もせず、扶養家族0人で申請をしています。

6.妻は現在パートにて、月に手取り18万円くらいの収入があり、会社が所得税とか市民県民税とかの支...続きを読む

Aベストアンサー

寸志は贈与か労働対価か?。不定期でも実態は労働でありその対価と考えるのが合理的。継続性もある。労働の対価として認定されれば彼女の所得となる。確定申告が必要。

友人でなく税理士に聞くべき。直接国税局に聞くのもいいでしょう。僅かな税金です。どんなもんでしょう。

Q五万円以下の報酬に対する源泉徴収

私はSOHOでインターネット関係の仕事をしています。それで、今回1回5万円の仕事をもらいました。
一括で月末に支払われるのですが、相手が「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきました。
私はわからないので、そういうと相手側のほうから「こちらで源泉徴収しときますから」といって差し引いて47500円の支払いという事になりました。これはどういうことですか。金額によってする・しないがあるものなんでしょうか。もしくは相手ではなく、とりあえず5万もらって、私のほうから源泉徴収するというのはできないですか。この方がお得のような気がするのですが・・・どうでしょうか?

Aベストアンサー

司法書士さんなどの場合には1万円、プロボクサーなら5万、保険外交員やホステスの場合などは一定の算式で計算した金額以下の場合には源泉徴収の必要がありません。しかし、SOHOでインターネット関係の仕事という事ですから「デザイン料」に関する源泉徴収でしょうか?。「デザイン料」の場合には金額によって源泉徴収をするしないという事はありません。

「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきたというのは、相手側の方の勘違いで、年間取引金額が5万円以下の場合には毎年1月末日に税務署に提出する「法定調書合計表」に「支払調書」を添付する必要がないというだけの事で、報酬を受取る側には関係のない事です。

で、47,500円というのは5万円+消費税-5千円で47,500円ですね。ですから、支払者側の計算は間違っていません。正しい取引です。

源泉徴収をしてもらわずに自分で納めるという事はできません。あくまでも源泉徴収義務は支払者側にあるのです。
 でも、実際には全額を貰ってしまうケースもあるでしょう。この様な場合には源泉徴収分を支払者側に返却するか、或いは自分でその会社の名義で翌月10日までにその会社の所轄税務署宛で納付をする(もちろん、その会社に説明・了承を得て、尚且つ領収書を会社に返却する事は勿論です。)必要があります。税務署にこちらから代わりに納付するというのは納期限が間近とか既に過ぎてしまっている場合で、最後の手段ですね。
 もし、源泉徴収が行われていない場合に税務署の調査などでひっかかってしまった場合には、税務署は「支払額」を基準に考えるケースがあります。支払額(例えば銀行振込額)が52,500円だとすると0.9で除して総額を58,333円と割り出して5,333円の源泉所得税の未納があると判断されるケースもあるので注意が必要です。

司法書士さんなどの場合には1万円、プロボクサーなら5万、保険外交員やホステスの場合などは一定の算式で計算した金額以下の場合には源泉徴収の必要がありません。しかし、SOHOでインターネット関係の仕事という事ですから「デザイン料」に関する源泉徴収でしょうか?。「デザイン料」の場合には金額によって源泉徴収をするしないという事はありません。

「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきたというのは、相手側の方の勘違いで、年間取引金額が5万円以下の場合には毎年1...続きを読む

Q給与月額5万円の源泉徴収

お世話になります。
ままごとのような有限会社をしています。
従業員2名(内1名は代表取締役)です。月額5万円づつの給与をもらっていますが、5万×12ヶ月=60万円ですから、月々源泉しても、確定申告(年調含む)を行えば所得税は無税ということになりますので源泉徴収税の納付しておりません。
今日税務署から、今年の1月から以降一切源泉の納付がないので報告書を出せという手紙が来たのですが、そうなると今までの事務処理が本当にあっていたのかと不安になっています。給与月額5万円場合の源泉徴収義務はあるのでしょうか?また、あればその算定額はいくらなのでしょうか?
一応かつかつながらまじめに経営して、収めるべきものは収めていこうと思ってますので、「自信なし」回答は勘弁してください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

主人が自営業なので簡単な経理をやっている者です。

おっしゃる通り月額87,000円未満は源泉徴収税が発生しません。しかし、0円の報告を税務署にしなければなりません。
税務署はそのことを言っているのではないでしょうか?

納期の特例の承認を受けていない場合は給料を支払った月の翌月の10日まで
納期の特例の承認を受けている場合は7月と翌年の1月。
に提出する事になっています。

うちの場合は国庫金の納付書(給与所得・退職所得の所得税徴収高計算書 3枚複写)に0円で記入し年に2回税務署に提出しています。

税理士さんにお世話になっていないのであれば
青色申告会などに入って方が色々な事を教えてもらえますよ。

自信なしにしたら、失礼かと思い「あり」にしましたがもっと失礼だったこも・・・・

Q大入り袋は社会保険を払わなくてよいらしいですが税金

は払わなくてはならないというのはわかりますが
その場合大入り袋の費目は何になりますか?

今月寸志を大入り袋で渡したいと思うのですが
それだと社会保険を払わなくてよいと聞きました。
ただ、税金はかかる。それはよいのですが
それだと普通に給与になりますか?
であれば結局算定基準の基礎になり
結果的に年間の社会保険が高くなります。

社会保険に全く影響なく課税は致し方ない・・
このような考えを持っていますが処理可能でしょうか?

無理なら賞与にしようと思います(金額は3万円程度です)

Aベストアンサー

>普通にその月の給料とあわせた額に対しの源泉か、その寸志だけにの源泉か・・

このような給料以外の臨時的な収入は、通常の給与計算いは入れないで月次の源泉税も控除をせず、年末調整の際に年間収入に加算して源泉税をとるということでよいと思います。
いずれにしても税金を納付するので、これで問題ありません。
賞与と仕訳する必要もなく、福利厚生費とでもしておけばよいでしょう。


法人税と源泉税の上では、支給時の科目に係わらず、年末調整で結果的に個人の課税所得にいれる処理をすれば、それ以上の問題とすることはありません。

Q寸志について

今月アルバイト従業員に寸志1万円を支給する事になりました。
18年度の源泉徴収税額表に記載されているのは、例えば扶養人数が0人の場合は6万4千円までは源泉徴収されないと書かれていると思うのですが、友人の旦那さん(社員)は寸志5万でも何かしら引かれていると聞きました。この金額からでも源泉徴収額を差し引いて支給することになるのでしょうか?もしそのような場合はどのような計算方法になるのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

賞与の支給対象者以外の者に対して、他の社員との感情のバランスを考量し寸志として一時金を支給することがあります。

この支給は賞与に該当するので、源泉税の計算は賞与の表を使用します。

この表を利用するときの注意点はその寸志の支給額でなく、前月給与で控除率が決定されることです。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2523.htm
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/3052/01.htm

Q賞与(寸志)を特別手当として給与で支払う

会社の経営兼経理をしている者です。どなたか税法や会計処理に詳しい方のアドバイスがいただければと思い投稿しました。

当社の経営状態が苦しく夏の賞与は寸志程度になる予定です(10万~1万円程です)。少しでも従業員の手取りが多くなるようにと会社の社会保険料負担を軽くしたいのとでなにか抜け道がないかと思案していたんですが、8月に支給する通常の給与に特別手当として寸志を支給できないかと考えました。給与と賞与の所得税率が違うのは知っているのですがこうすれば従業員、会社双方にメリットがあります。多額ではないので(前述したとおり10万~1万円程です)このような経理処理したいのですがダメでしょうか?

もちろん税務署、社会保険事務所両方に対してリスクがあるのはわかっています。経営状態はとても賞与をだせるものではないのですが数少ない管理者等にはなんとか支払いたいと思っています。どなたか参考意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

給与の一部として、特別手当てや一時金の項目を設けて支払いすれば問題ないと思います。
一時金なので、社保にも掛かりません。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q月給からもボーナスからも健康保険や社会保険、雇用保険がひかれるの?

カテゴリ違いでしたらすみません。

今日、名前ばかりのボーナスをもらいました。
今日は給料日ではないし、封筒にも「賞与」とかいてあるので金額は月給ほどなのですが、ボーナスかなにかのようです。
ところが、月給とそっくりの明細が入っていて、基本給とされた額から「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」がいつもの給料と同じだけ、引かれています。
そこでうかがいたいのですが、ボーナスからもそれらのものって引かれるのですか?
このあと、25日にはいつものように月給がもらえるはずです。(恐ろしくケチな会社なのでないのでは?と不安ですが)恐らく、その月給にもおなじ明細がはいっていて、「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」が差し引かれると思います。

ですが、「所得税」とかはわかるのですが、健康保険や雇用保険などは今月はいつもの2倍支払うわけですよね。それって払い過ぎじゃないですいか?
ボーナスってこんなにいろいろ引かれるものなのですか?

実は私は、経理担当の鬼のお局様にとても嫌われていて卑劣な嫌がらせ等を受けています。
給料関係などはすべてお局様が仕切っていて、こんな簡単なことを教えてもらうことさえ、もちろんできません。
それどころか、お局様はものすごくお金に汚い(数百円のものをだまって盗むような)人なのでだまされているのではないかと不安なので、どうか経理関係に詳しい方、よろしくお願いします。

カテゴリ違いでしたらすみません。

今日、名前ばかりのボーナスをもらいました。
今日は給料日ではないし、封筒にも「賞与」とかいてあるので金額は月給ほどなのですが、ボーナスかなにかのようです。
ところが、月給とそっくりの明細が入っていて、基本給とされた額から「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」がいつもの給料と同じだけ、引かれています。
そこでうかがいたいのですが、ボーナスからもそれらのものって引かれるのですか?
このあと、25日にはいつものように月給が...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
現在勤め先で社会保険の事務手続きを担当している者です。
今年の4月から、「総報酬制」というものが導入されることになり、賞与からも月々の保険料と同じ%で保険料が徴収されることになりました。(いままでは賞与の時の保険料は、月々のものより低い%で徴収されていたのです。)
保険料の計算方法は、
賞与の総支給額から1000円未満の金額を切り捨てた額×保険料率
です。
具体例を挙げて説明します。
<例>
政管健保の被保険者に、359,250円の賞与が支給された場合
◎健康保険料(個人負担額)
359,000円×1000分の41=14,719円
◎年金保険料(個人負担額)
359,000円×1000分の67.9=24,376円
となります。
なお、今まで賞与支払時の保険料は、年金の計算対象外でしたが、今回の改正により、年金の計算対象に含まれることになりました。
また、なぜ同月内に2回も払わなければならないかということは、支払う側についてはもっともなご意見ですが、法律で定められていますので、仕方がないですね(^^;)

その他、わからないことがあれば、わかる限りで再回答いたします。
ご参考になれば幸いです。

こんにちは。
現在勤め先で社会保険の事務手続きを担当している者です。
今年の4月から、「総報酬制」というものが導入されることになり、賞与からも月々の保険料と同じ%で保険料が徴収されることになりました。(いままでは賞与の時の保険料は、月々のものより低い%で徴収されていたのです。)
保険料の計算方法は、
賞与の総支給額から1000円未満の金額を切り捨てた額×保険料率
です。
具体例を挙げて説明します。
<例>
政管健保の被保険者に、359,250円の賞与が支給された場合
◎健康...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報