最新閲覧日:

 ベンゼン環は安定した化合物なのになぜ生物に対し有毒な性質をもつのでしょうか?どのようなメカニズムで影響をあたえるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ベンゼンは.「安定した化合物」ではないようです。


ちょっとしたエネルギーを与えると.容易にラジカルを形成しします。
ラジカルが曲者で.ビタミンeが豊富にあれば分解されますが.不足していると分解されず.連鎖的にらじかるが広がって行きます。この時に遺伝子が攻撃貸与ぅになれば.癌化します。

また.燐脂質に溶けた場合に.細胞膜の間にベンゼンがいすわりますから.本来の膜としての機能がなくなります。膜に溶けてしまえば.攻撃を受けずらく.安定した特性が出て.膜破壊の原因になるでしょう。
    • good
    • 3

下記サイトを参考にしてください。



参考URL:http://www.nihs.go.jp/DCBI/PUBLIST/ehchsg/ehctra …
    • good
    • 1

直接の回答ではありませんが。



ベンゼンよりさらに安定な化合物のヘキサンも、体内では2,5-ヘキサンジオンまで酸化されるのです。37℃ぐらいでこんな反応をやってのけるなんて、酵素ってすごいですよね。

参考URL:http://www.nihs.go.jp/DCBI/PUBLIST/ehchsg/ehctra …
    • good
    • 0

PCB等がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ベンゼン」
この中で特に
・体内動態および代謝
・ヒトへの影響
が参考になります。

ベンゼンも一部代謝されるのですね!

さらに詳細なメカはPubMed等(別のデータベースの方が良いかも?)で文献検索されることをお勧めします。

補足お願いします。

参考URL:http://www.nihs.go.jp/DCBI/PUBLIST/ehchsg/ehctra …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報