アンネの日記というのは全くの嘘で、誰かが勝手に書いた話なのでしょうか?
 といいますのは、だいぶ前に、アンネフランクの隠れ家になった博物館を訪問したことがあります。この時、実際、私が現地で購入したパンフレットには、この件で随分長く裁判があったようだと書いてありました。私の知り合いも似たことをいってるのを聞いたことがあります。
 どなたか、「アンネの日記は偽物!?」に関して詳しく知っておられる方、教えて頂けますか? もちろん、「偽物説の反対論」でも結構です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんなページもあります。



偽物ではなく確かに彼女が書いたのですよ。ただ、#1さんのご指摘の通り出版に際して父親が削除した部分がありますけどね(あまりにも赤裸々な記述があったそうで→少女らしくない、という理由でです。しかし、それがアンネ・フランクが書かなかったという理屈にはなりませんね。)

尚、アンネ・フランクの死因は#2さんのご指摘の通りらしいです、ただし収容所内での感染による、ようですが。

#2さんのサイトも拝見しました、があの葉書の出どころの方が疑わしい気がします。日記の実物はオランダ政府が保管してますから、その気になればアンネの指紋などの照合が可能です。もちろん、我々一般人がどうこうできるレベルではありませんがね。
しかし、面白いのは1951年以前にはボールペンは無かった、1945年に死んだアンネがボールペンを使ったハズはない、と書いてありましたが、トンボのホームページによると「 実用的な物としての開発は、1943年にハンガリーで考案されたのが始まりです。翌年1944年にはエバーシャープ社(米)が特許を買い、内容を改良したものを発売しました。(油性ボールペンの歴史より抜粋)」との事です(笑)

#2さんも書いてますが、ネットの意見は一面だけ見てスグ判断するのは危険ですね。大抵は自分に都合の悪い事は書かないものですから、検証が大事です。

参考URL:http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/study/ohko …
    • good
    • 0

『軍事板常見問題』より


http://mltr.e-city.tv/index02.html
「欧州方面FAQ」から
http://mltr.e-city.tv/faq08.html

≪【珍説】アンネの日記は捏造です。あの時代にボールペンはありません≫
http://mltr.e-city.tv/faq08a03.html#アンネの日記

≪【事実】(レス1) 1981年、オランダ国立戦時資料館は、アンネ・フランク自筆の日記を、真贋鑑定のために法務省所属のオランダ国立法科学研究所に提出した。
 国立法科学研究所は使用されている物質-インク、紙、糊など-と筆跡を調査して、270ページの報告書を発行した。
 国立法科学研究所の報告は、アンネ・フランクの日記の両バージョンが、共にアンネ自身によって1942年から1944年の間に書かれたということを、異論の余地無く論証した。
 日記が他の誰かによる(戦後もしくは戦前の)作品だという申し立ては、ゆえに最終的に反駁される。
 さらに、校正と省略にもかかわらず、「アンネ・フランクの日記」(すなわち日記の出版されたバージョン)は、事実アンネの著作の「本質」を含有している。
 この本の編集者や出版者の仕事に関して「偽造」という用語が適用される余地はまったく存在しない。
 アンネの日記に対する一番ありふれた難癖は、日記にはボールペンによる記述が含まれており、ボールペンが一般的に使用されるようになったのは、アンネの死後だというものだ。これは、偽瞞ながらも、しつこく持続している神話である。日記中の唯一のボールペン・インクは、アンネ以外の人間によって挿入されたと分かる紙片に記されたものだ。
 言うまでもなく、アンネ自身の記述はボールペンを使ったものではない。 http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/nizkor/66qa56. …
 (レス2)
http://www.annefrank.nl/eng/articles/authenticit …
 ここによると、1970年代にBundeskriminalamtが「ボールペンインクっすよ、これ」と言いたれたのが始まりらしい。
 ところが1986年?の裁判では、Bundeskriminalamtの言う「ボールペンインクが見つからない」というトホホな結果に。
 で、1993年3月19日に完全に決着がついた、とある≫

 “事実ではない””存在しない”などの「ないこと」を証明するのは「悪魔の証明」といわれて、はなはだ不利なものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94% …
よって“事実である”など「あるということ」を証言する側こそが、その証明義務が生じます。ただし、今のところ「『アンネの日記』は捏造である」という明確な証拠は存在しないため、そのような主張は事実無根と認識した方がよろしいでしょう。
 また、前述の事実を踏まえた上で「ホロコースト」に関する態度として真っ当な意見は、
≪アンネの日記の問題に限らず、ホロコーストの問題全般に渡り、細かい部分での異論は色々出ているようだが、そういうものは専門家の議論に任せたほうがよろしい。
 今後、細かいところで定説が覆った部分が出てきたにせよ、「アンネの日記は、概ね本人が書いているだろう」「何らかの計画的大量殺戮はあっただろう」という大枠が崩れることはまずあるまいし、素人が適当に議論の端っこだけつかまえて、討議しようったって、水掛け論の信仰告白にしかなりゃしない。
 もし専門的に討議したいのだったら、BBSで不毛の論争を繰り返すよりも、大学の史学科に入るなど、相応しい場を求めた方がよろしい。
 まあ、人それぞれの人生だが…≫
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
私としては、情報や多くの方の意見を伺いたく投稿させてもらいました。
頂いた資料をよく読んで、自分なりの考えをまとめてきたいとは考えております。

お礼日時:2005/08/09 20:49

 こういうサイトがありました。


 もちろん一方だけの論理なので、これで結論づけることは早計だと思います。
 ただ、この中で触れているボールペンで書かれている部分のことや、筆跡の違いについて、明確な反論が出ていないらしい、というのはどうかと思いますね。

 又、今ではアンネ・フランクは腸チフスが原因で死亡したというのが定説だそうです。

参考URL:http://www.marino.ne.jp/~rendaico/daitoasenso/ta …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい資料をありがとうございます。
私自身、余計にわからなくなってきました。確かに、ボールペンの件については怪しいきがします。
それに、新たに友人にだした手紙が発見されたことにより問題がさらにややこしくなりました。

お礼日時:2005/08/09 20:44

本当のことは知りませんが、流布している「アンネの日記」は父親がかなり削除していて、実物とはかなり違うという話を前に読みました。

削除された部分は清純な少女というイメージを損なうところだというのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歴史が都合よく書き換えられるというのはよくありますね。与謝野晶子の「反戦歌人」というのも、後の人がつくったイメージだったりします。ありがとうございます

お礼日時:2005/08/09 20:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンネの日記って最後どうなるの?。

 アンネの日記って最後どうなるんでしょうか?。
 ユダヤ人のアンネがドイツ兵の捜査から隠れる日々をつづった日記だと思うんですが、最後まで隠れきれたんですか?。

Aベストアンサー

本として出版されているものはアンネの「日記」に誰かが手を加えたものでしょう。arekoreさんのいう矛盾が生じてしまうのはそのせいだと思います。

アンネは結局ナチスに囚われてしまいます。
そして収容所に行き、水を飲めずに死んでしまったと
聞いています。

嘘でも何でも、こんなことは繰り返してはいけない、
ということでしょうね…

Qアンネの日記の真偽論争。今更ですが

教えてください。
僕はアンネの日記を勿論本物だと信じ、読み終えました。
それは人生や幸せについて非常に考えさせてくれるものでした。
また、この本がきっかけでヨーロッパ旅も敢行しました。
しかし未だに、アンネの日記は偽物だ!と決めつけている人がいるようです。
確かスイス連邦裁判所(みたいな感じの機関)で、本物と証明されたんですよね?
なのに何故未だに偽物だと決めつける人がいるのでしょうか?
また、本物である!ことの決め手になったのはどういう物的証拠だったんでしょうか?

Aベストアンサー

日本のWikiには
<オットー・フランク(アンネの父)の死後、原本はオランダ国立戦時
資料研究所に寄付され、そこで科学的調査が行われた。その結果、原本に
使われている紙・インク・糊は当時のオランダで入手可能なものであり、
原本自体はアンネ自身によって書かれたものであると最終報告された。
また1990年、ハンブルク地方裁判所は原本の筆跡がアンネ本人のもの
であると結論づけた。>
とまとめられています。

ドイツ語のWikiと比べると、かなり不正確です。以下はドイツWikiからの
経時的なまとめです。

1)1947年に日記が出版(オランダ語)され1950年にドイツ語へ翻訳
 (英訳は1952年)されると、暫くしてその信憑性を疑う人々が出た。
2)1950年代後半にヨーロッパ諸国で、その様な主張宣伝を行う事を戦争
  犠牲者に対する冒涜・侮辱として禁止する法律が制定された。
3)1959年、それにも拘わらず日記を偽物と宣伝する北ドイツ・リューベックの
  教師 Lothar Stielauに対しオットー・フランクが最初の訴訟を起こした。
  被告は偽物との主張を撤回し、裁判は停止に。
4)しかし、偽物との主張はナチ信奉者の間で引き継がれて来た。
5)1976年、Heinz Rothの「アンネの日記―偽物」のビラを使った街宣活動に
  対し、オットー・フランクがフランクフルト地方裁判所に提訴。
6)1978年、裁判所から日記に使われた紙とインクの調査依頼を受けたドイツ
  連邦刑事庁(BKA)の 結論
 a) 紙とインク共に1950年以前の物で、1941~1944年に使用されたもの。
b)「本文用紙に差込まれたメモ用紙に黒、緑、青ボールペンによる書込みあり。
  使われたボールペンは1951年以降に作られたもの。」と云う4行の附記あり。
7)1979年7月Heinz Rothの上告は却下され、有罪が確定。
8) BAKの附記は偽物説の拠り所と成り、ドイツの高級紙Der Spiegelでも
  取上げられる。
9)1980年にオットー・フランクが亡くなり、その原本を譲り受けたオランダの
  オランダ戦争記録文書研究所(NIOD)が国立司法科学研究所に原本の文書記録
  技術的官邸と筆跡鑑定を依頼した。その結果、アンネ自身の手による物と
  断定された。
  国立司法科学研究所はBAKにも協力を依頼し、BAKは本紙では無く、差込
  メモ用紙に26ヶ所のボールペンを使った同一人物*による書込みを見出し、
  その殆どがオリジナル文書の綴りミスや文法ミスを訂正したもので、1文字や
  1単語に限定されていると断定。*後日、初期の調査作業を手伝った婦人による
  ものと判明。
10)2006年、相変わらず続く偽物主張に対し、BAKは1980年の科学技術的
  調査は日記が本物である事に何等の疑義を挿むものでは無い事を改めて
  公に言明。ネオナチによるアンネの日記焼却事件に関連して。

要約すると、本物との根拠は
1)ドイツ連邦刑事庁(BAK)による1978年の紙とインクの鑑定と1980年の
  再鑑定、
2) 1980年のオランダ国立司法科学研究所による文書記録的鑑定と筆跡鑑定、
3) ボールペン書込みに対する婦人Dorothea Ockelmannの証言
   (偽物説の拠り所への反証として)、
の3点でしょうか。

偽物説の拠り所はボールペン書き込み以外は、少女らしくない、でき過ぎている等の
客観性に欠けるものばかりです。

日本のWikiには
<オットー・フランク(アンネの父)の死後、原本はオランダ国立戦時
資料研究所に寄付され、そこで科学的調査が行われた。その結果、原本に
使われている紙・インク・糊は当時のオランダで入手可能なものであり、
原本自体はアンネ自身によって書かれたものであると最終報告された。
また1990年、ハンブルク地方裁判所は原本の筆跡がアンネ本人のもの
であると結論づけた。>
とまとめられています。

ドイツ語のWikiと比べると、かなり不正確です。以下はドイツWikiからの
経時的なまとめです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報