僕の友達が高安病にかかって入院しています。
とても心配です。
でも、高安病についてどんな病気か全然分からないので、誰か教えてください。
どんなささいな情報でも結構です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

kobbitさんこんにちは。


同じ病気を持つものが家族におります。
病気の始まりは、風邪と同じ症状でした。
微熱(37.2~37.5℃)体がだるい、動悸がする、疲れやすい、偏頭痛がする
脈拍が120/分。(発病年齢22歳・女)
大学病院を含む病院を数件回りましたが、貧血がある以外は
分からず、風邪と貧血の治療を相当期間しました。そのうち極端に痩せて(-10キロ)きましたので、これはただの病気ではないと思い、循環器専門病院に行ったところ
たまたま脳血管専門の医師が来ており、普通は測らない両腕の血圧を測ったところ、相当な相違があり、入院し、詳しい血液検査をしましたら、自己免疫の異常が原因ではないかと言われている大動脈炎症候群でした。
血管の雑音が聞こえる部位のカテーテル検査をしたところ、足の付け根、腎臓、心臓、頚部の血管に炎症のための狭窄が認められました。
それからは、副腎皮質ホルモン剤の投与が唯一炎症を抑える薬ということで
しばらく飲みました。炎症は治まりましたが、狭窄部位は治らないと言われました。それでも新しい炎症が起きなければそのままの状態でうまく病気と付き合うことができると思い、定期的な検査(血液検査や心臓のエコー検査等)をしながら生活しております。
生活上の注意点は無理な運動は心臓や脳血管に負担を与えるので注意すること。
直射日光は炎症を新たに発症させるので気をつけること。塩分は控えること(血圧の上昇を防ぐ)精製塩は使わない、塩は自然塩(カリウムの入ったもの)。
ストレスはなるべく受けないよう。リラックスした生活が大切で、時には性格を自己改造するくらいの努力が必要。
いろんな方から情報を得て、ご自分の体に一番合った治療方法で一生を過ごすことが大切です。今の医学では根治する治療方法はまだないと思いますので、病気を持ちながらうまく生きぬくことができるよう回りの人も協力してあげてください。
私の家族は現在発症19年目に入っていますが、副腎皮質ホルモン剤は飲まずに
過ごしております。いろいろ健康食品は試しましたが、椎茸エキスは効いたように思います。
何か参考になれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ebisu50さん、どうもありがとうございます。
たいへん参考になりました。
僕の友達の子も、最初はカゼと同じ症状で、でもなかなか熱が下がらなかったそうです。
それで、2週間ほど経ってから病院に行ったところ、入院しました。
検査してみた所、その病院では手に負えない病気らしく、今は医学部付属病院に移っています。
まぁ、周りの人間として、彼女をサポートできるようにがんばってみるつもりです。

お礼日時:2001/10/25 19:58

MiJunです。


追加情報です。

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「大動脈炎症候群」

ご参考まで。

参考URL:http://www.nanbyo.or.jp/zaidan/nanbyo/tokuteisik …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

MiJunさん、質問に答えていただき、どうもありがとうございます。
参考URLは、とても参考になりました。
ただ気になるのは、10年生存率が80%である事・・・。
彼女が20%の方に入らなければいいな、と思ってます。
勘違いかもしれないので、自分でももう少し調べてみます。

お礼日時:2001/10/25 20:02

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「高安動脈炎(大動脈炎症候群)」
難病の一つのようです。

ご参考まで。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/tokuteisikkan/k/ko11.html
    • good
    • 0

高安動脈炎のことですネ。

大動脈炎症候群で脈なし病などと呼ばれることもあります。
症状としては疲れやすい、めまい、食欲不振、血圧上昇‥といった不調や失神、そして親指の下のところの脈拍が片側か両側で触れなくなったりします。
原因は大動脈やその分岐した血管の炎症による閉塞(詰まり)ですネ。ところが、何故、そこに炎症が起きるのかは不明なのです。
そして‥難病の一つです。
炎症や血栓を防ぐ薬物療法や、場合によっては外科的手法が用いられます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kawakawaさん、どうもありがとうございます。
少しでも彼女を助けられるように、がんばってみようと思います。

お礼日時:2001/10/25 20:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎臓病の 長期入院透析の費用

 母(75歳)が腎臓病のため人工透析が必要になったのですが過疎地に住んでるため、通院が難しいので、入院透析をしたいのですが長期に入院した場合毎月の費用はどのくらいになるのか教えてください、現在群馬県に住んでます。
   kom

Aベストアンサー

透析は障害者1級になりますので、医療費は無料になります。
(実際は月に1万支払いますが、後で請求すれば市から戻ってきます)
また、障害者基礎年金も受けられるようになりますので、申請をしたほうがいいでしょう。

Qオスグッドシュラッダー病ってどんな病気ですか?

こんにちは。バスケットをしている12歳の娘が、「オスグッドシュラッダー病」だといわれました。どんな病気ですか?直るのでしょうか?どんな治療法がありますか?教えてください。ちなみに、箇所は膝で、現在まったく痛みはありません。別件で診察を受けた時に偶然みつかりました。これから痛みがでるのでしょうか?バスケットはやめた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

オスグッドで検索すると色々出てきましたよ~。

ひざの骨が一部遊離する障害だそうです。
治療法など詳しいことは私ではわからないので、スポーツ関係のお医者様と相談されてはいかがでしょうか。
参考までに・・・。

参考URL:http://www.kanazawaseikei.or.jp/advice/4-22.html

Q川崎病経験者です。どんなことに気をつければいいのでしょうか。

二歳で川崎病を発症し、冠状脈瘤が残ったものの、
幸運なことに、健康上全く何の問題もないまま成人しました。
最後にカテーテル検査を受けたのは12歳の時で、
その時は経過を見ましょう・・・ということになり、
血をサラサラにするために小児用バファリンを飲み続けるように言われました。
(現在でも、飲み続けています。)
その後、引越しや、担当の先生の退職などで、診察を受ける機会を見逃し、
何も問題がなかったため、全く気にすることなく、のほほんと生きてきました。

親元にいる限りは、全て親任せにしており、
この病気について自分で進んで知ろうともしなかったのですが、
さすがにもう自分の健康管理は自分でしなくてはならないと思い、
少しずつですが川崎病について調べています。

しかし、成人してから、川崎病経験者(静脈瘤のある)がどんなことに気を遣って生活すればいいのか、いまいちわかりません。
一般的に、子供がかかる病気と認識されているからなのか、
見えない後遺症があるものの、何事もなく大きくなったその後について触れられていることが少ないのです。

川崎病経験者の方、生活する上で、何か注意していることはありますか?

定期的に診察を受けていらっしゃる方は、
どのくらいの頻度で受けていらっしゃるのですか。それはどのような診察なのでしょうか。

また、成人後、川崎病に起因する何かしらの疾病を経験された方がいらっしゃったら、その疾病について教えていただけませんか。

一度に欲張って質問してしまってすみません。
どうぞよろしくおねがいいたします。

二歳で川崎病を発症し、冠状脈瘤が残ったものの、
幸運なことに、健康上全く何の問題もないまま成人しました。
最後にカテーテル検査を受けたのは12歳の時で、
その時は経過を見ましょう・・・ということになり、
血をサラサラにするために小児用バファリンを飲み続けるように言われました。
(現在でも、飲み続けています。)
その後、引越しや、担当の先生の退職などで、診察を受ける機会を見逃し、
何も問題がなかったため、全く気にすることなく、のほほんと生きてきました。

親元にいる限りは、...続きを読む

Aベストアンサー

川崎病を長期でフォローするのは小児循環器内科の先生が多いでしょうから一般人の自信無しの話しですが・・・。
先ず薬の話から・・・。ちょっと前まで医療用のバファリンは大人に使う「バファリン」という330mgのアスピリン製剤と「小児用バファリン」という81mgのアスピリン製剤の二つが有りました。両方とも当初解熱剤として保険適応が通っていましたがアスピリンが少量投与で優れた抗血小板作用を示す事が分かってから大人に「小児用バファリン」を1~2錠出すとちょうど良い量のアスピリンとなったため保険適応が正式に通る前から抗血小板薬として循環器領域で使われてきました(現在でもアスピリンを超える抗血小板薬は無いと言われている)。当時は安い薬がレセプトに名前が出なかったので使いやすかったという側面もあったかと思います。
医療機関は良かったのですがこの会社が一般の薬屋さんで「小児用バファリン」という名前でアセトアミノフェンの配合薬を市販していたため一般の方が同じ薬だと勘違いして勝手に自分で薬局から買って代わりに飲んだりした人が出たため紛らわしいと言う事で医療用の「小児用バファリン」は「バファリン81mg錠」という名前に変更になりました(確か去年位です)。従って医療機関では今でも「小児用バファリン」と言えばアスピリン製剤として通用する所が多いです。
さて、話は川崎病の長期フォローについてになります。
いろいろなやり方があると思いますが要は心筋梗塞による突然死をいかに防ぐか?という点に尽きるでしょう(逆に言うと冠動脈病変以外特に心配な長期合併症はありません)。これはかかった時の冠動脈瘤の大きさによってある程度リスクレベルを分けて考えていると思います。
僕の知っている物ではレベル1~5に分けて考える物で

レベル1:全経過中、冠動脈に変化の無いもの。
レベル2:一過性に冠動脈拡張を認めるが1~2ヶ月で退縮したもの。
レベル3:8mm以下の冠動脈瘤が一つ
レベル4:8mm以上の冠動脈瘤もしくは多発性冠動脈瘤であるが狭窄や閉塞の無いもの
レベル5:心臓カテーテル検査で閉塞などを認めるもの

としてフォローの方法もそれぞれ

レベル1:6~8週間の抗血小板薬投与の他は運動制限などなしで1年後心エコーでフォローするだけ。
レベル2:抗血小板薬を一過性冠動脈拡張が退縮するまで続けるが戻れば必要なしで運動制限なし。10歳以上になった時、負荷試験などを行い異常が無ければ心臓カテーテル検査は省いてもいい。
レベル3:冠動脈瘤が完全に戻るまでは抗血小板薬を継続(ただしフォロー中にインフルエンザなどにかかった時はライ症候群防止のためアスピリンを2週間休薬しその間はジピリダモールに切り替える)。
10歳までは運動制限無し。10歳~20歳の間に負荷試験を行って運動量をどの程度許すかきめる。一般にはレクレーションのスポーツはよいが競技種目などの過激なスポーツは避けるよう指導し1年に1回は心エコーや心電図でフォローして変化が有れば心臓カテーテル検査。
レベル4:抗血小板薬をレベル3と同様に投与するがワーファリンも併用する。10歳までは特別な運動制限はしないがそれ以降は1年一回は負荷試験をやって虚血が無ければレクレーションスポーツは許可する程度、過激な運動は禁止。小児期は半年に1回、心エコーや心電図で評価し負荷試験も適度に行い虚血の所見が有れば心臓カテーテル検査。
レベル5:長期に抗血小板薬は続け、巨大な冠動脈瘤がある場合はレベル4と同じくワーファリンを併用。負荷試験の結果で種々の運動制限。過激な運動は禁止(レスリング、ウエイトリフティング程度もダメ)。半年に1回は心エコー、心電図でフォロー。適時、ホルター心電図や負荷試験を行い虚血に進行が有れば心臓カテーテル検査をして手術の必要性の有無を確認する。

と、言った感じのものですが・・・。循環器疾患の専門書などには書いてあると思いますが一般向けの物には初期の診断と治療についてしか書いて無い物が殆どだと思います。さがす場合はそう言った方面の書物をあたってみて下さい。
冠動脈瘤の大きさや退縮の程度などがわからないのでなんとも言えないのですが取りあえず以前からフォローしてくれていた病院で紹介状を書いてもらってお近くの循環器内科で定期的に心エコーなどをなされた方が安心できると思いますがいかがでしょうか?

疑問点解消の一助になれば幸いです。
御自愛下さい。

川崎病を長期でフォローするのは小児循環器内科の先生が多いでしょうから一般人の自信無しの話しですが・・・。
先ず薬の話から・・・。ちょっと前まで医療用のバファリンは大人に使う「バファリン」という330mgのアスピリン製剤と「小児用バファリン」という81mgのアスピリン製剤の二つが有りました。両方とも当初解熱剤として保険適応が通っていましたがアスピリンが少量投与で優れた抗血小板作用を示す事が分かってから大人に「小児用バファリン」を1~2錠出すとちょうど良い量のアスピリンとなったた...続きを読む

Qカバサール病ってどんな病気?

カバサール病?(もしかしたら発音が間違えてるかも知れませんが・・・)って、どんな病気で原因・治療法何でもいいです、知っていることが有ったら教えてください。

Aベストアンサー

 「カバサール病」というのは聞いたことがありませんが、「カバサール」という薬はありますので、病名と薬剤名を聞き間違えたのではないでしょうか?

 「カバサール」は、パーキンソン病(ふるえ、動作が鈍くなるなどの症状)の薬です。

Q腎臓病の患者でも泊まれる旅館

腎臓病の患者は食事にいろいろ制約があります。タンパク質・カリュウム・リンなどを多く含む食品はなるべく取らないことが大事です。このような食事を用意してくれる温泉旅館は北陸・中国にあるでしょうか

Aベストアンサー

腎臓病患者が食べられる料理の提供を公言している旅館は無いと思います。
公言すれば補償の義務が発生するからです。

大抵の温泉旅館は事前に食べられない物を伝えれば配慮してくれます。
ただカリウム、リンのように物質名で伝えられても困るでしょう。
旅館に医師や栄養士はいませんからね。
使える食材を伝えて、調理方法は旅館にお任せするのが無難だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報