というテーマで卒業論文を書こうと思っています。小泉人気で多少の回復はあるものの、国民が誠治への希望を失っている現代と、幕末の経済状態は似たところがあるのではと考え、視点をを庶民の生活状況の変化などに絞り、現代人の考えと比較したりしようと、漠然と考えているのですが、それは経済学の範疇に入るのでしょうか?どうも分野が違う気がして、どうすれば経済学的にまとめられるのかわからなくて困っています。歴史をテーマにすると、どうしても事実の羅列が多くなってしまいがちになりそうで、それも危惧しています。わかりにくい質問ですみません。アドバイスをお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

考え方を少し転換してみては如何ですか…


例えば、事例(事件)によって経済がいかなる変化をもたらすかなどという形で的を絞り込んでみては如何でしょう…
規模は異なりますが、今日の同時テロにより世界経済は混乱をきたしています。
幕末における伊井大老の暗殺による経済の変化もかなりの影響が出ました。
比較文献としてテーマを思想的でなく事実と検証的な内容に転換すれば十分通用する内容となるのではないでしょうか。
思想的経済観念と情報的経済観念の違い等を論じてみるのも一つの手段と言えるでしょうし…
貨幣経済として捉えた場合の現在と過去との世界観的価値等も良い材料になるかと思います。
現在の価値基準では日本円は110~120円=1ドルですが、過去においての日本の取引は小判等が主流でしたから、貨幣としての価値観を比較してみるのも一つの選択肢でしょう。
十分経済関連のレポートとして成立すると思います。
頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございました。なるほど、そうすれば思想的な内容に走ることがなく歴史と経済を絡めることができますね。確かに桜田門外の変が経済や諸事にかなりの影響を及ぼしたことは聞いたことがあります。貨幣のことは当初やろうと思っていてなんとなく忘れていましたが、そちらも再検討してみます。ほんとうにありがとうございました!

お礼日時:2001/10/27 08:47

貨幣のことに触れるのであれば、


幕末の経済状況について触れた小説に
佐藤雅美「大君の通貨」というものがあります。
昨年ぐらいに改定されて再出版されているはずですので
ぜひ一読をお勧めします。確か何か受賞した作品です。
幕末に発生したインフレについての
面白い仮説が提示されています。

小説だからといってあなどれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。その本が、私の学校の図書館にありました。今、別の本を延滞してしまったせいで本が借りられないので今度借りて読みます。貨幣のことは詳しくないのでなおさら読まないと!

お礼日時:2001/12/18 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代の経済学の主流は?

現在主流とされている経済学、学派は何でしょうか。
その理由、変遷なども解説いただきたいと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

だいたいの流れ。図が描けないのでちょっとわかりにくいかな・・。

重商主義→重農主義→アダム・スミス→リカードとマルサス→リカードからJSミル(スミスからミルまでが古典派)→限界革命(ワルラス・ジェヴォンズ・メンガー)→マーシャル(英国新古典派)・オーストリア学派・北欧学派→ケインズ(マーシャルおよび北欧学派およびマルサスから→マクロ経済学)・ピグー(マーシャルから→厚生経済学)→ヒックス・アロー・ドブリュー(一般均衡論)、サミュエルソン(ケインズおよび新古典派から→新古典派総合)・フリードマン・ルーカス(マネタリズム→合理的期待)

その後の主な流れは以下のものが共存
・ゲーム理論、契約理論(1970年代~ミクロ経済学の革新)
・新しい古典派、新しいケインズ派(1980年代~マクロ経済学の革新)
・行動経済学、神経経済学(心理学や社会学、神経科学との融合)
その他
・経済物理学、進化経済学(まだマイナーながら成長しつつある)
                      
上記の主流派の流れとは別の流れ↓
(共産主義・社会主義経済学)
リカード・マルサス→マルクス→ヒルファーディング→レーニン→講座派・労農派(日本の共産主義経済学)

(歴史学派)
リスト→ドイツ歴史学派経済学→制度派経済学・レギュラシオン(フランス)

もっと知りたければ根井雅弘氏とかの経済学史の本でもみてください。

だいたいの流れ。図が描けないのでちょっとわかりにくいかな・・。

重商主義→重農主義→アダム・スミス→リカードとマルサス→リカードからJSミル(スミスからミルまでが古典派)→限界革命(ワルラス・ジェヴォンズ・メンガー)→マーシャル(英国新古典派)・オーストリア学派・北欧学派→ケインズ(マーシャルおよび北欧学派およびマルサスから→マクロ経済学)・ピグー(マーシャルから→厚生経済学)→ヒックス・アロー・ドブリュー(一般均衡論)、サミュエルソン(ケインズおよび新古典派から→新古典派総合)・...続きを読む

Qマルクスが現代の経済学と合わない点を教えてもらえませんか?

マルクス経済学が現代のスタンダードな経済学とそぐわない点、あるいは実態経済とそぐわない点を色々教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

ピーター・ドラッカーによるとマルクス経済学は一分の隙もない完璧すぎるもので、あまりに完璧すぎて以後の発見を組み込むと矛盾が発生してしまう。それによりあらかじめ決められたドグマに絶対服従させるしかなく、自由を喪失したとあります。

まずそのあとにきた限界革命というものをマルクス経済学はうまく呑み込めませんでした。
需要と供給のバランスによって価格が決定されるという例の理屈です。

マルクス経済学ではなんとこれがありません。

限界革命以前には、価格は供給側の事情によって決定されると考えられてきました。
マルクス経済学では労働価値が商品の価格を決定していると考えています。
それが本来の価格より搾取されているというわけです。
またマルクスは経済と政治歴史を一体化させて動的なものと考えたのが革新的だったのですが、当たり前ですがその結論としてひとつの社会しか提起しませんでした。この辺りは研究不足ですが、研究すると矛盾が発生してしまうのであんまり研究しなかったのだと思います。

ただマルクスの着想点は、使い方を変えれば再利用できるかもしれません。ゼロから作り直すのです。最初のアイデアだけはそのままで。
前ほど完璧にはできないかもしれませんが、そうしないとマルクス経済学には何の価値もないんじゃないかと思います。
廃品利用です。

ピケティという人が、まったく別のルートをたどって、現代経済学の基盤から似ているニュアンスの状況分析を作り出しています。
ピーター・ドラッカーもつまるところ、経済は社会に従属すると言いたいわけです。社会が存続できなければ経済もまた存続できない。経済は社会が存続するためにこそ存在していると。
とりあえずこの辺で。
私も勉強不足で知らないことが多いです。

ピーター・ドラッカーによるとマルクス経済学は一分の隙もない完璧すぎるもので、あまりに完璧すぎて以後の発見を組み込むと矛盾が発生してしまう。それによりあらかじめ決められたドグマに絶対服従させるしかなく、自由を喪失したとあります。

まずそのあとにきた限界革命というものをマルクス経済学はうまく呑み込めませんでした。
需要と供給のバランスによって価格が決定されるという例の理屈です。

マルクス経済学ではなんとこれがありません。

限界革命以前には、価格は供給側の事情によって決定されると...続きを読む

Q九州大学経済学部経済工学科

九州に住む理系の高2です。4月から高3になります。

今進路に悩んでいてどの学部にしようか考えています。
エネルギーに関心はあるのですが、工学部は実験が多く忙しいと聞きます。

九州大学経済学部経済工学科はどうかなと最近考え始めました。
経済工学科について質問です。

(1)経済工学科ではどのようなことを学ぶのか
(2)どんな人が向いているか
(3)学部卒での就職はどこか
(4)経済学を学ぶうえでのメリット・面白さ
(5)その他アドバイス


全てでなくても良いので回答お願いします。

Aベストアンサー

回答がないようなので、部外者の想像としてコメントさせてもらいます。

九大経済工学科のサイトを見ると2年までに基本科目として計量経済学を学ぶことになっています。入試で数学に強い学生を選抜し、鍛えてやろうという教授たちの意思の表れのように思います。ちなみに私が昔学んだ大学の経済学部では計量経済学は3・4年生の選択科目でした。

経済学は、統計データを扱うというだけでなく、その根幹となる理論が数式で表さるような学問ですから、理数系に強い学生を集めるというのは理にかなっています。数学のセンスがあり、同時に経済や社会のことに関心を持つ人に向いているでしょう。

ただし学部卒で就職しようとすると、一般の企業では「事務系」として扱われるでしょうから、面接中心、かなりの可能性で成績不問、専門知識よりも人物本位で採用・不採用が決まる、ということになると思います。

なお、「経済工学科」で検索すると、私の答より参考になる過去のQAが見つかりますよ。

Qマクロ経済(近代経済学)で、わかりやすい本ありますか?

私は、今年大学に入ったばかりです。マクロ経済学に関しては、まだ初心者です。
問題の解き方がわかりやすく説明されている・解説が丁寧なマクロ経済の本がありましたら、教えてください。教科書として使っているとかでも構わないので、どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「公務員試験 選択肢で覚える経済学」実務教育出版 細江守紀 編著
をお勧めします。公務員試験対策の本なのですが、これ一冊で、ミクロとマクロの経済学の概要がつかめます。僕は経済学部出身ですが、大学を出てもうすぐ10年になりますが、未だにこの本は職場に置いていて、たまに活用しています。(私の仕事は経済分析みたいなことをしています。)
他にも色んな本を読みましたが、結局この本を手元に置いています。

個人的なことですが細江先生は今は九州大学の経済学部長をなさっておられます。私のゼミの先生であり、当時は教授になったばかりでした。

Qミクロ経済学の環境利用水準と経済的手法について

横軸に環境利用水準を、縦軸に円/環境利用をそれぞれとり、これに環境利用に関する限界便益曲線と限界費用曲線を示した図があるのですが(例えば、 http://sakura.hpc.ese.yamanashi.ac.jp/~yosihiko/kankyoukachihyouka.pdf の6/12ページ)、この図では一般に「受益者は、規制がない限り、限界便益曲が0になるまで環境利用を進めようとする」とされます(例えば、上記ページの下から12行目に「受益者は、規制がない限り、A点まで環境利用を進めようとする」とあります)。

これに関して、次の(1)~(3)についてお教えいただけないでしょうか。
(1)「受益者」とは、(a)財の生産をする者でしょうか、(b)消費をするものでしょうか。(a)は環境負荷を生じつつ何らかの財を生産する者のことで、(b)は(a)のようにして生産された財を購入する者のことだとお考えください。

(2)A点と純便益が0となる点(例えば、上記ページの5/12ページの便益曲線と費用曲線が交差する点)との位置関係が分からないのですが、A点の環境利用水準と純便益が0となる点の環境利用水準とは、一般的には異なると考えてよいのでしょうか。

(3)上記(2)の御回答とも関連しますが、A点より手前(つまり、消費量が少ない側)に純便益が0となる点(例えば、上記ページの5/12ページの便益曲線と費用曲線が交差する点)があると思うのですが、そうであれば財の生産をする者は純便益が0となる点で生産を打ち切るので、環境利用はA点までは進まずA点より手前(それも、費用はかなり多額だと思うので、おそらく多分かなり手前)で終わると思うのですが、なぜA点まで進むと考えられるのでしょうか。

横軸に環境利用水準を、縦軸に円/環境利用をそれぞれとり、これに環境利用に関する限界便益曲線と限界費用曲線を示した図があるのですが(例えば、 http://sakura.hpc.ese.yamanashi.ac.jp/~yosihiko/kankyoukachihyouka.pdf の6/12ページ)、この図では一般に「受益者は、規制がない限り、限界便益曲が0になるまで環境利用を進めようとする」とされます(例えば、上記ページの下から12行目に「受益者は、規制がない限り、A点まで環境利用を進めようとする」とあります)。

これに関して、次の(1)~(3)につい...続きを読む

Aベストアンサー

これは外部効果の問題です。つまり費用(コスト)は受益者以外が負担するわけです。
それを踏まえて説明します。

(1)
これは消費者でも生産者でもどちらでもいいです。
欲望を満たす為に消費しようが、利潤を生み出すために生産をしようがどちらでも事例に当てはまります。
車を飛ばすことに快楽を感じる人間は地球温暖化の事を考えないでしょう。ガソリン代は払うにしてもCO2の事までは考えないわけです。(便益曲線からはガソリン代は既に引いてあります)つまりA点とはドライブ好きの人間が『疲れたし飽きたこれ以上はガソリン代が勿体無い』と思う地点です。しかしガソリン代は『原油を掘り精製するコスト+原油の希少性分』しか価格に反映されておらず、実際にはそれ+『環境への負担』があるわけです。それが本人の負担と結びついていない為、消費者は支払っている対価(ガソリン代)以上の負担を社会にかけている事になります。これは望ましい事では有りません。ですからガソリンに炭素税をかければ、環境に負担をかけた分だけ消費者は税金を払うわけですから、消費者も税を通して環境の事を考えざるを得ないわけですし、それでも車を運転する人は負担分の費用を税という形で支払えば、あとは国がその税で環境の保全に勤めれば良いわけです。
生産者の場合もC02や工場設立における環境破壊などを考えればよいかと。


(2)
おそらく6Pグラフは0地点は対応しておりません。

(3)
1で説明したとおりです。あの費用曲線は廻りへの負担ですので、本人はそんなことを気にしないわけです。
例え地球温暖化でニューオリンズが沈もうとも中国人は気にしないでしょうし、アメリカ人自身も気にしていない人が多数派のようです。
それが最終的に自分に降りかかってくるとしても、目の前の欲望とその費用だけを気にするのは人間として当たり前の事だと思います。

外部効果は今回は、マイナス(環境問題)に作用しましたが、実はプラス(鉄道開通による地価上昇等)に作用する事もあります。そういうのは税とは逆に補助金などで促進してあげると社会の総余剰は大きくなります。

これは外部効果の問題です。つまり費用(コスト)は受益者以外が負担するわけです。
それを踏まえて説明します。

(1)
これは消費者でも生産者でもどちらでもいいです。
欲望を満たす為に消費しようが、利潤を生み出すために生産をしようがどちらでも事例に当てはまります。
車を飛ばすことに快楽を感じる人間は地球温暖化の事を考えないでしょう。ガソリン代は払うにしてもCO2の事までは考えないわけです。(便益曲線からはガソリン代は既に引いてあります)つまりA点とはドライブ好きの人間が『疲れたし飽き...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報