姉夫婦が数年前コーポに入居するにあたり、私の(姉のでもある)父親が保証人になりました。姉夫婦はその後離婚し、姉は自分で部屋を借り、オヤジ保証人の部屋には義兄が子供の親権と共に残りました。
その後、義兄は家賃を滞納し、大家さん、不動産屋さんの督促も無視し続け、結局保証人である親父も元に請求がきました。
オヤジの支払い義務は当然で、払う用意はできてますが、支払ったお金は義兄に請求できるんでしょうか?
また、以前義兄の兄の借金返済の為数十万貸しています。そのときは離婚前の為借用書なるものはありません。これも回収可能でしょうか?
よろしくおねがいします。

A 回答 (1件)

 保証人は本人に当然請求できます(民法459条)。

また、以前に義兄に貸していれば、請求はできますが、本人が「借りた覚えがない」と言ったりすれば、裁判を起こせば水掛け論になりますので、証拠(証言など)が必要です。また、今後の問題として、コーポの賃貸人に現在の契約の更新後は保証人にならないということを告げてください。そうでないといつまでも保証人としての義務が残ります。途中解約は原則として認められません(判例では賃貸人が保証人が払ってくれるので、いくら延滞しても本人に解約を請求しなかったケースに認めている例がありますが、あくまでも例外です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2001/10/31 12:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両親の住む家が上の家は両親の名義土地は父の姉の名義であり姉がなくなり姉の子供が相続しています もとも

両親の住む家が上の家は両親の名義土地は父の姉の名義であり姉がなくなり姉の子供が相続しています
もともと土地は姉の名義でしたが私の祖父が購入し姉名義にしていただけで固定資産税も父がずっと支払ってきていて
姉の子供がもういらないし返してもらうつもりもないのであげたいと言ってくれています
ただ父が高齢で贈与となると贈与税が高額で払うことができそうになく
寄贈という形があるとちらっと聞いたのですが
それが可能なのか
どういう手続きをすればよいのか
など、専門的にご存知の方詳しく教えて下さい
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

う~ん。
贈与としない方法としては、
『遺贈』ですね。

『遺贈』とは遺言で
(特に法定相続人以外の人に)
相続することを言います。

つまり、姉の子から父へ
相続する旨の遺言書を
作成し、姉の子が死亡した
場合に実際に相続する。
という方法です。

息の長い話です。
時間の流れからすれば、
相続人が何代も変わることも
十分ありえます。
そのたびに遺言書は書き換える
必要はあると思われます。

しかし、そのぐらいしか方法が
ないです。

相続時に姉の子にどれだけの
財産があるかで相続税は決まる
でしょうが、贈与税より少ない
可能性は高いです。

しかし時が経つと過去の経緯が
薄れたり、周辺の人達が既得権
を主張しかねない可能性もあり、
難しいところです。

分割の贈与など、不動産屋や
そのあたりに詳しい税理士など
に節税の知恵はあるかもしれません。

いかがでしょう?

Q夫婦の収入は夫婦の財産。 嫁は夫婦で働いた財産は夫婦の共有財産といいます。嫁は会社員です。年収300

夫婦の収入は夫婦の財産。
嫁は夫婦で働いた財産は夫婦の共有財産といいます。嫁は会社員です。年収300位。
私は個人事業主で工事現場で働き、従業員が1人、常時下請けの個人事業主が1人の三人で
事業を行っています。そして事業の売り上げは手間賃が殆どで1600位です。
手間賃といえども電動工具や車、購入した倉庫や駐車場のローンなどの経費がかかります。下請けですから接待経費もかかります。勿論人件費もかかります。
しかし、嫁に言わせれば税務上は個人の収入だから夫婦の財産といいます。
昨年の生活費は800位かかりました。嫁の年収合わせたら1100かかった計算です。
事業の利益は余り残りませんでした。私としては、事業資金としても貯蓄し、次なる事業の資本金や設備投資につなげたいのです。確かに嫁を信用し通帳管理を任せています。また、一昨年までは帳簿管理と経理も嫁にしてもらってました。
私自身は、現場で体を動かすのを心情にし働いてきましたが、昨年より経理と帳簿を行うようになり、始めて気がつきました。基本的には月々生活費として決まった額を引き出すように伝えています。が、足りないからと、追加して下ろしていたのです。
ここで質問します。
事業の売り上げは夫婦の共有財産ですか。
決算してしまえば残った利益は個人の収入です。しかし事業資金を横領しているとは言えないのでしょうか。
また、嫁を納得させる方法はないでしょうか。
そしてもう一つ、生活費として650位(各種税金や住宅ローン含む)は少ないでしょうか。
私としてはこの金額を分度としてやりくりして欲しいのですが。
ちなみに家族構成は子供三人、高校、中学、小学生です。九州です。持ち家のローンは完済、別に新たに購入した住宅用地のローンが
月々8位、固定資産税は年50位です。
嫁を納得させたいだけです。責めようとは思ってません。常識的にはどうなのかが知りたかったのと、事業資金を管理したいのが趣旨です。

夫婦の収入は夫婦の財産。
嫁は夫婦で働いた財産は夫婦の共有財産といいます。嫁は会社員です。年収300位。
私は個人事業主で工事現場で働き、従業員が1人、常時下請けの個人事業主が1人の三人で
事業を行っています。そして事業の売り上げは手間賃が殆どで1600位です。
手間賃といえども電動工具や車、購入した倉庫や駐車場のローンなどの経費がかかります。下請けですから接待経費もかかります。勿論人件費もかかります。
しかし、嫁に言わせれば税務上は個人の収入だから夫婦の財産といいます。
昨年の生活...続きを読む

Aベストアンサー

個人事業主ですよね。
会社になっていないんですよね。
もちろん、「収入」から経費を引いた額が「所得」というところが、給与所得者の「収入」とは違います。
それを除けば、給与所得と同じでしょう。

>事業の売り上げは夫婦の共有財産ですか。
前に書いたとおりです。
婚姻後に築いた財産は、夫婦共有の財産として「財産分与」の対象です。
ただし、税法的には貴方の財産です。

>生活費として650位(各種税金や住宅ローン含む)は少ないでしょうか。
いいえ。
月の生活費が50万円なら、決して少なくありません。
多い方でしょう。

参考
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/asset/1.html

Q友人に店舗を借りる為の保証人を頼まれました

仲の良い信用できる友達が近々店舗を借りて飲食業を始めようとしています。そこで、私に店舗を借りる為の保証人になってくれないかという頼みがありました。なってあげたい気持ちはあるのですが、私も結婚していて住宅ローンがあったりするので何かあったらとても困ります。でも「何か」が何か見当がつきません。具体的にどんなことが起こりうるのでしょうか?詳しい方がいらっしゃったら教えてください。友人同士で保証人は受けないほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

家賃の滞納分の肩代わり

+店舗の渡しがあります。

これは借りた時の状態に戻して、大家さんに返さなければなりません。
つまり、店内の造作物の後始末をしなくてはなりません。
100万単位です。

そうすると、EWT12BEさんは住宅を手放すだけでなく+さらに借金も
残ります。

こういうのは
友人を信じるかor信じないかではなく
EWT12BEさんが上記の責任を負えるかどうかで判断すべきです。

Q連帯保証人は事前求償権を請求できるか

夫はAさんの連帯保証人になっています。夫はAさんから借入があり(証書無)、Aさんに事業不振のため返済を求られ返済しないなら民事再生もやむを得ない、と言われました。
夫は返済はするがAさんの不動産に抵当権設定を求めました。しかしAさんは承知しません。設定もしないし、返さないなら連帯保証している残債を払うことになるだけだと。
不動産価値は抵当権設定されている残債とほぼ同額、連帯保証している債務はその2/3。抵当権設定請求ができるのか、できても無意味なのか。他の方法など。
教えてください!! 

Aベストアンサー

ご質問の後半が良くわからないので、勝手に解釈します。

・Aさんは債務aの主債務者であり連帯保証人として夫がなっている。
・夫はAさんに債務bがある。
・Aさんは不動産を所持しているが、それには抵当権が設定されている。
 その抵当権設定された債務をcとする。
・不動産の価値は債務cとほぼ同等。

ここで不明なのは債務aとcの関係で、債務cの一部がaなのか、それとも全く関係がないのかがわかりません。
以下はとりあえず債務a,cは全く違うものとして話をします。

さて、夫は債務bを返済したいのだが、連帯保証している債務aの行方がわからないので、万一債務aが焦げ付いた場合に、手持ちの債務bと相殺できれはと考えている。
あるいは手持ち債務bは返済するけど、代りに何か担保が欲しいと思っている。

こんなところでしょうか。

まず所有の不動産に対する抵当権設定ですが、Aさんに強制することは無理です。
やりたいのであれば、連帯保証人になるときにその条件にすべきでした。
仮にAさんの同意が得られても、ご質問では既に第一位の抵当権が設定されていますので、全く無意味というわけではないものの、それで返済が保障されるわけではありません。

手持ちの債務bの返済を求められたら基本的には返済しなければなりません。
もちろん連帯債務保証を実行した場合には、求債権をもつので、相殺は可能ですけど、代位弁済していない現時点では出来ません。

で、ちなみに債務bと債務aの金額関係はどうなっているのでしょうか。
いま債務a<=債務bなのであれば、債権者に話をして直接連帯保証人である夫が債務者Aの代りに弁済してしまい、法定代位してしまうやり方が考えられます。
つまりこれにより夫は求債権を獲得しますので、今度は自身の債務bとの相殺を行うことが出来ます。

もちろんこれはb<aでも可能ですけど、この場合には差額は一度自腹を切らないといけません。

ご質問の後半が良くわからないので、勝手に解釈します。

・Aさんは債務aの主債務者であり連帯保証人として夫がなっている。
・夫はAさんに債務bがある。
・Aさんは不動産を所持しているが、それには抵当権が設定されている。
 その抵当権設定された債務をcとする。
・不動産の価値は債務cとほぼ同等。

ここで不明なのは債務aとcの関係で、債務cの一部がaなのか、それとも全く関係がないのかがわかりません。
以下はとりあえず債務a,cは全く違うものとして話をします。

さて、夫は債...続きを読む

Q連帯保証人への請求について質問です

連帯保証人への請求について質問です

商業ビルのテナントを、借主(以下、Aさん)、連帯保証人(以下、Bさん)との間に
賃貸借契約を締結し、連帯保証人承諾書(更新時も引き続き連帯保証をする旨の書類)を
Aさん、Bさん共に署名捺印してもらってます。

3年前の更新時にAさんから新借主(以下、Cさん)に名義変更し、契約を継続させていたのですが
1年前からCさんが賃料滞納するようになり、契約更新もされないままになっていましたが
最近になってCさんから解約をしたいと申し出てきたため
解約時に滞納分賃料を分割で支払う旨の確約書にCさんの署名捺印をしてもらい解約となりました。

ですが、1回目の支払期日になっても連絡がなく、こちらから連絡をしても電源が切られている為繋がりません。

そこでBさんに連絡をして滞納分賃料を請求したのですが
「3年前の更新時に私は署名捺印をしていないから、私には関係ない」
「連帯保証人承諾書も借主がAさんからCさんに変わってるから無効だ」と言われます。

3年前更新時の契約書を見ると連帯保証人欄の筆跡がBさん以外の人が書いている事がわかり
捺印されてる判子も三文判でした。

1年前に契約が切れており、連帯保証人欄の第三者による代筆、連帯保証人承諾書の借主変更
この場合、連帯保証人のBさんに滞納分賃料を請求する事は出来るのでしょうか?

分かりにくいところがあれば補足しますので、回答を宜しくお願い致します。

連帯保証人への請求について質問です

商業ビルのテナントを、借主(以下、Aさん)、連帯保証人(以下、Bさん)との間に
賃貸借契約を締結し、連帯保証人承諾書(更新時も引き続き連帯保証をする旨の書類)を
Aさん、Bさん共に署名捺印してもらってます。

3年前の更新時にAさんから新借主(以下、Cさん)に名義変更し、契約を継続させていたのですが
1年前からCさんが賃料滞納するようになり、契約更新もされないままになっていましたが
最近になってCさんから解約をしたいと申し出てきたため
解約時に滞納分賃料...続きを読む

Aベストアンサー

連帯保証人とは、保証する相手を特定して、その保証人本人が署名捺印(行政に登録された実印)することが必要です。
でなければ、債務代理弁済することを拒否された場合に、その強制力を発揮できません。

今回の場合「3年前の更新時に私は署名捺印をしていないから、私には関係ない」と言うBさんの言われることはもっともなことです。
Cさんの連帯保証を承諾していないBさんに、滞納分賃料を請求する事は的はずれと言われても仕方ないでしょう。

(更新時も引き続き連帯保証をする旨の書類)に付いては、あくまでもAさんに対してであり、「3年前の更新時にAさんから新借主(以下、Cさん)に名義変更」したこの時点で、BさんのAさんに対する保証義務は終了して居り、改めてCさんに対する連帯保証人を選定すべきでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報