出産前後の痔にはご注意!

最近、ワイルドスワンという小説を読んで、疑問に思ったんですが、中国人は歴史的に見て、毛沢東という指導者についてどういう評価をしているんでしょう?私は彼が行ったあまたの政策のあまりのひどさになんていう政治家だったのだろう、と、ただただびっくりしているのですが、いまだに天安門広場には毛沢東の肖像画が掲げられてあったり、建国の父として、一応中国では尊敬される人物なのですか?また彼の妻の江青についてはどう評価されているのでしょう?
文革などあまりにひどいと思うのですが、、、まだいまだに毛沢東批判などはタブーなのでしょうか。

中国の歴史には初心者なので、どなたか分かりやすく説明して頂けるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

中華人民共和国は毛沢東が率いる中国共産党が建国し、支配する国です。

中国共産党が毛沢東を否定することは、自らを否定することですのでそれはできません。

中国共産党は、毛沢東が犯した過ちについては「全て無視する」ことで対応しているようです。即ち、毛沢東の過ちについては学校で教えられることもマスコミで取り上げられることも本に書かれる事もありません。

中国に言論の自由はありません。新聞も出版社もインターネットも全て政府が統制しています。政府に都合の良い情報しか、エリートでない一般国民には伝えられません。毛沢東時代を経験していない中国の若い世代は、毛沢東が何をしたのか、毛沢東時代の中国がどうだったのか正確なことは知らないでしょう。

日本人などの外国人は毛沢東の過ちを知っていますから質問者様のような疑問を持ち得ますが、毛沢東の過ちを知らなければ、素直に「毛沢東主席は建国の父なんだ」と考えるでしょう。

中国でどのような歴史が教えられているかについては、下記のような本があります。

逆検定 中国国定教科書
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31584528
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答有難うございます。中国は毛沢東が建国し、いまだにその共産党が実権を握っている国だというのを忘れていました!目からうろこです。これでは、確かに毛批判などしませんよね。それゆえ、国民にも悪いことは知らされない、とはある意味、本当に怖いですね。でもこれだけ世界で中国人が活躍している時代、外から自分の国を見れる時代なわけですから、中国人の認識も変わってきているのかもしれませんね。
とっても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/06 04:15

(毛と周の)死去から五年後(中略)十一期六中全会がひらかれ『建国以来の党の若干の歴史問題についての決議』を採択した。

毛沢東の功罪はこう書かれた「毛沢東同志は偉大なマルクス主義者であった。文革において重大な誤りを犯したが、功績のほうが誤りより大きい。功績第一、誤り第二である」

その後、改革開放が進むにつれて、中国のたちおくれが人々によく理解されるようになり、毛沢東評価はますます厳しくなる方向へ傾いた。しかし87年はじめに胡耀邦が失脚し、ついで89年に趙紫陽が失脚するというゆれ戻しのなかで、毛沢東評価はいくらか回復している。

これは中国国内政治を見るバロメーターになっている。改革派が優勢のときは毛沢東株が落ちて、保守派が優勢になると毛沢東株が上がる形である。

以上は、「毛沢東と周恩来」(矢吹晋、講談社現代新書、1991)p.181からの引用です。

また長期的には毛沢東株と周恩来株は同時に下がり、これが民主化・近代化のメルクマークとなるだろうと矢吹は述べています。もちろん一般大衆が毛をどのように評価されているか知るのは単純な作業ではないと思いますが、少なくとも文革時代の誤りについては批判の対象となっています。もっとも言論に制限のある国ですから、毛沢東に関してもプライベートに関するゴシップなどは共産党が良い顔をしないかもしれません。実際、毛沢東の女性関係は謎が多いです。

華国鋒は軍長老の勧めもあり、毛沢東の死後いち早く行動を起こし、四人組を逮捕ました。しかし彼は毛の後継者としてしか政治的基盤を持たなかったため、毛を批判することはなく、文革の責任を四人組に押し付けてしまいました。そのため実際のところ、江青をはじめ四人組の実態や毛沢東の意思など文革末期はどのような状況であったか、については不明な点が多いです。

ついでにNO.4さんの回答に事実誤認がありますので指摘しておきます。

>毛沢東が死ぬと、更に江青の嫌がらせは度を増します。

周恩来の死去は76年1月8日、毛沢東の死去は76年9月9日です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自国民で互いに疑うようにしむけ、暴行を許していた(ように私には見える)、恐怖の時代を作っておきながら(それも10年!)、誤り第二、とはおそろしいですね。周恩来については良いうわさも聞くのですが、やはり中国では毛沢東をペアに見られるんでしょうか?

お礼日時:2005/09/06 04:03

江青ほかの「四人組」は死刑などの判決を受けましたが、実際に処刑された者はいません。



参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E4%BA%BA% …(%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%8F%B2)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速ホームページ見てみました。江青は恐ろしいですね。私怨をはらすために、文革を利用するなんて!

お礼日時:2005/09/06 04:05

毛沢東が政権を握った時、大失政をした為に彼は政権を後継者に譲ります。

(実際は、復権を狙っていた)

尻拭いをさせられた後継者は、あまりの財政難から一部資本主義導入を試みました。
これが文化大革命の始まりです。

毛沢東は、赤い本を見せ、後継者を徹底的に批判。
あっと言う間に中国全土にこれが広がります。
皆、赤い手帳を降り資本主義弾圧に乗り出します。

資本主義を導入した指導者グループは逮捕。再教育と称して労働者になり下がりました。
(若き日の鄧小平など)
その子供は学校の2階から落とされ、下半身不随になります。(鄧小平の息子)
鄧小平は、献身的に息子の世話を続けます。
わずかな賃金で労働者として生活を続けます。

その後、毛沢東は、絶対的な権力を握ります。
学校では、「毛主席万歳」
こう書いてから授業に入ります。

政治は、周恩来に全て任せていました。
江青は、この座を狙い、周恩来を徹底的にけ落としにかかり、
4人組を組んで徹底的に攻撃を繰り返します。

周恩来は、1日3時間程度の睡眠で公務に没頭します。1日も休みません。誰にも任せません。
絶対に江青に隙を見せない為です。

毛沢東が死ぬと、更に江青の嫌がらせは度を増します。

激務と嫌がらせが原因で、周恩来は大病を患います。
それでも公務を休まず職務を遂行します。
ここぞとばかりに江青と4人組の暗躍が始まります。

死ぬ間際まで職務を続け、病床で、後継者に、労働者
の鄧小平を指名します。

江青と4人組は、周恩来が死ぬ所を確認すると、笑い、ののしりながら病院を去りました。

周恩来の国葬の時、国民の誰もが
「私たちは貴方の子供でした」こう言い、泣きました。
「江青と4人組から私たちを命がけで守ってくれました。」こう言ったそうです。

その直後、江青と4人組は逮捕されます。
国民の誰もが死刑を望んでいました。
江青は処刑。4人組も似たような刑になったそうです。

流れはざっとこんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます!周恩来は毛沢東派だったとはいえ、まともな政治家だったようですね。建国の父として、崇められてるとはいえ、毛沢東がいなかったら、中国の歴史はだいぶ違っていたでしょうね。こんなに中国からの移民が世界中にあふれていなかったかもしれないですね。もっと中国の歴史、勉強してみようと思います。

お礼日時:2005/09/06 04:09

鄧小平がいいことも悪いこともしたと言った事があるはずです


 毛沢東のしたことを否定すると中国共産党にまで責任がおよぶので体制が崩れるまで批判をされるということはないでしょう。
ある博物館では周恩来は座っているが毛沢東は立って展示されていたそうです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございました。たしかに、毛批判は、現体制を批判することですよね。それにしても一党独裁体制というのは本当に怖いですね。

お礼日時:2005/09/06 04:11

まあ、ロシアにたとえれば、レーニンとスターリンを合わせたような人物と考えるといいのではないでしょうかね。


ちょっと強引なたとえですが。
スターリンの評価はさんざんですが、まあ、レーニンの部分は認めないわけにはいきませんね。
でもレーニン像も撤去されたりしてるなぁ。^^;;)

四人組については、スターリン部分だけでしょうし。

「批判」はタブーかどうか、詳しくはわかりませんが、「再評価」はされていますね。^^;)
もちろん革命世代で熱狂的に崇拝した人、冷めていた人、文革で影響を受けた人、それ以降の世代の人、いろいろいらっしゃると思います。
以上、レーニン、スターリンの捕らえ方にも難はあるとは思いますが、参考意見として。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。社会主義が崩壊した国では、歴史上の人物像も変わって来ているんですね。一人の人間を崇拝しすぎる政策、というのは怖いですよね。絶対に無理がありますよね。

お礼日時:2005/09/06 04:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ中国の国民は毛沢東のしたことに非難の声を上げないのか?

 毛沢東は生涯に7000万人もの自国民を死なせたと言います。(“マオ”を読みました)
 それも、昔の話ではなく、多くは日中戦争の後の話です。つまり、最近と言える時代に行われているのですから、それを体験し見てきた人が今も沢山いるということです。
 南京の30万の殺戮←事実だったと認めてもいいです。しかし、同胞を殺したのは70万人でも、700万人でもありません、7000万人です!日本軍がやった悪事の比ではない。
 それもヒットラーやスターリンがやったような秘密裏の粛清はなく、公開で見せしめに行われてきた。(「人が死ぬのはけっこうなことだ、土地が肥えるから、その上に植物を植えなさい」毛沢東語録より)
 共産政権の触れられたくない部分ですから、言論の自由が規制されていることは知っています。そのガス抜きでのために反日教育や抗日記念館の拡張・新設も進めていることも知っています。
 しかし、それにしても-----日本軍の悪事を非難するなら、同時に同胞の指導者がしたことにたいして、どうして中国民自身が非難の声を上げないのか不思議でなりません。
 民意が低いということなのか?有史以来、民主主義を経験したことのない国民だからですか?

 毛沢東は生涯に7000万人もの自国民を死なせたと言います。(“マオ”を読みました)
 それも、昔の話ではなく、多くは日中戦争の後の話です。つまり、最近と言える時代に行われているのですから、それを体験し見てきた人が今も沢山いるということです。
 南京の30万の殺戮←事実だったと認めてもいいです。しかし、同胞を殺したのは70万人でも、700万人でもありません、7000万人です!日本軍がやった悪事の比ではない。
 それもヒットラーやスターリンがやったような秘密裏の粛清はなく、公開で見せしめに行...続きを読む

Aベストアンサー

中国で起きている事が、グローバルスタンダードです。多分!
ソ連・中国・北朝鮮と社会主義国の末路はあんなものです。
何処も独裁や専制国家になっています。
言論の自由はなく、情報の統制も行われています。
反勢力はすべて粛清されています。
アメリカや日本のように指導者に文句を言えない国なのです。
言えば、確実に死が待つのみです。

反日教育により、民意を操作し、大虐殺をでっち上げ(ゲリラに対しての虐殺は在ったのかも知れません)いまだに、ODAの支援対象国!
そのお金でミサイルや兵器を作ったり買ったりしています。

あの軍事費の1割でも国民に還元すればよいのに!
ともあれ、国民をマインドコントロールしている国です。

マルクス主義を唱えた指導者、スターリン・毛沢東(の妻、江青)・金日成など大粛清を行った、独裁者ばかりです。
共産主義とは人間が強い理性を持っていることが、前提となっている思想です。

現在、共産国の歴史家はすべてプロパガンダであり、遠い将来に歴史家がどのように判断するか?というう事ぐらいしか私たちはいえないのです。
多分、最悪の独裁者ということに、なると私は思います。
毛沢東については、とりあえず政治能力は皆無、優秀な人間は追放か粛清となったため馬鹿な方策ばかりで失敗続き。

こんなことが言えるの日本に住めてよかったとつくづく感じます。
日本は、唯一、民間技術が軍事技術の上を行く国です。
各国は、軍事転用を狙い輸入したくてたまらないようです。

中国で起きている事が、グローバルスタンダードです。多分!
ソ連・中国・北朝鮮と社会主義国の末路はあんなものです。
何処も独裁や専制国家になっています。
言論の自由はなく、情報の統制も行われています。
反勢力はすべて粛清されています。
アメリカや日本のように指導者に文句を言えない国なのです。
言えば、確実に死が待つのみです。

反日教育により、民意を操作し、大虐殺をでっち上げ(ゲリラに対しての虐殺は在ったのかも知れません)いまだに、ODAの支援対象国!
そのお金でミサイルや兵器...続きを読む

Q中国人による毛沢東の評価を教えて下さい

毛沢東は50万人を失脚・投獄させた他、政策失敗で5000万人が飢餓に陥ったことが
あるようですが、今でも天安門広場には毛沢東の肖像画がありますが、中国人の殆どは
今でも彼を賛美・支持しているのでしょうか。
歴史に詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

文面からすると、ある部分についての知識はお持ちのようですね。
「中国人の殆どは今でも彼を賛美・支持しているのでしょうか。」とお尋ねですが、毛沢東についてのご自身の評価は如何ですか。どのような観点で発したご質問か分からないので、的確な回答になるか否か。

中国人は毛沢東に関しては、表面的には敬意を払います。腹の中は個人個人異なりますが、世代による色合いはあるようです。
尊敬でなく敬意と書いたのは、尊敬していることを積極的、具体的に表明した人に会ったことがないからです。尊敬しているならば、表明するほうが現体制から歓迎される筈なのですが、複雑なものがあるのかも知れません。
念のため述べておきますが、私の付きあった範囲は、都会の自社の社員、取引関係の会社員、経営者、大学教授、彼らの家族、大学生、中央官庁の役人(含む管理職)、地方農村の裕福な農家や自営業主です。中には、共産党の組織員もいます。従って、市井の庶民や農村の高齢者がどうかは直接は体験していません。

そこで肝要なのは、「彼らが知る毛沢東とは?」です。
独立宣言以前は国民党と、共産党と日本軍、再び国民党と共産党の戦の中で、人民は巻き込まれつつもただ平和を待ち望むばかりでした。ここまでは、軍閥としての毛沢東であって、崇拝の対象ではありません。
1949年--中国共産党人民政府独立宣言
 毛沢東の無知による大躍進政策失敗で5千万人?餓死.
 勢力衰退を恐れて有力政治家・軍人を粛清.
 勢力挽回のため文革発動、封建皇帝と同じ発想.
1966年--文化大革命発動
 人民を以って人民を制す、やり口は非人道的.
 人民の生活改善や、科学的思考法は排除、情念のみ.
 政治感覚は秀でており、帝王の地位を確保するも小心翼翼.
 自分に不都合な実力者は次々に粛清.自分の手は汚さない. 
1976年--毛沢東死去
1976年--文化大革命終結
1978年--改革開放政策
1981年--四人組死刑判決

ということは、世代により毛沢東や共産党への思いが異なります。
1956年生れが小学校中頃から大学中途まで文革の真っ只中、
                 現在55歳位。
1961年生れが小学校から高校入学頃まで文革、
                 現在50歳位。
1970年頃以降の生れは、文革とも毛沢東とも実質的に時代を別にしています、
                 現在40歳以下。
現在70歳の世代は、少年期から壮年期の入り口に、
現在80歳の世代は、10代の終に独立を体験し、青年期から壮年期真っ只中に、
  毛沢東の大躍進、文革を体験しました。

彼らは人生の潮流の中で、喜びも悲しみも体験してきました。とりわけ、文革で非難の対象とされ謂れなき体罰や迫害や財産没収や肉親の死を体験した人たちも多くいます。
また、毛沢東が共産党の名のもとに行った数々の身勝手なことは、未だに人民にその実態は知らされていません。文革は失敗とされたものの、四人組に罪を負わせて毛沢東は実質免責、今や国家のシンボルです。

このような環境で人が何を思うか、どう行動するかおよその見当が付くでしょう。

現在も、毛沢東バッジや赤本(毛沢東語録)や写真など売っていますが、一部の人の崇拝はともかく、コレクションの対象だったりしています。
一般の人が、それらを飾るのは、「毛沢東は運が強かったからあやかりたい」からと言います。周恩来の写真を持つ人は「彼は毛沢東にいじめられ続けたが、最後まで儒教の精神を枉げなかった、子供が周恩来に倣って親孝行になるように」と言います。・・・この程度のことです。

毛沢東の利己主義、我欲、人民無視などの悪行は、中国を出た人たちによって多くの本が書かれています。中国で発禁になりますが、多くの中国人が海外でそれらを知ります。とりわけインテリ層には伝わるのも早く、知って知らぬ顔の中国人が益々増えるでしょう。
そもそも彼らは、聞かれなければ、毛沢東について話題にしませんし、仲間内でも今更話題になることはないと言っています(確認不可ですが)。

60歳位の某氏、「学生時代天安門広場で赤本片手に毛主席万歳を連呼して文革に夢中だったが、他人にかけた迷惑も沢山、今となって自省する」「共産党の良さは公平な配分だけだったはずなんだが、・・・・・」と。

また、日本に居る中国人某氏がワイルドスワンを読んだ後の会話・・・「自分の体験と重なる、ひどいことが沢山あった」けれども「自分の青春は毛沢東抜きには考えられない、何につけ毛主席万歳のなかで育ったのだから」「今や自ら崇拝することはないが、他人から否定されると、自分の青春時代を否定されるようで悲しい」と。
他にも、文革のおぞましさをそれとなく語る人はいます。

理屈とはまた別に、各世代の思いがあるようです。

過去問で類似の質問に回答しました。
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5386090.htmlのANo.3です。ぜひご一読下さい。
ここにも書いておきましたが、読み物をご紹介します。
小説なので読みやすく、文革と重なる時期の毛沢東がしてきたことが分かります。
『毛沢東の私生活』李志綏:毛沢東の主治医,米国へ移住し書いた.
『ワイルドスワン』張戎:文革体験記,英国留学後帰国せず書いた.
 他にもあり
上記は小説ですし、細部は誤りや誇張が指摘される面もありますが、当時の状況を伝える重要な資料の一部として認知されています。
『周恩来秘録』高文謙:元共産党中央文献室,米国移住し書いた.
  周恩来を軸に書いていますが、毛沢東の記録でもあります。
  著者が当時党及び重要人物の個人/公式記録を扱う
  担当官であり、情報の質の評価は高い。
  この書は長征前からの共産党の軍閥、内部抗争、毛沢東の
  性格、どうやって頭角を現し実権を獲ったかなども分かります。
  読むのに、ちょいと辛抱とエネルギーが必要です。

*そもそものご質問にもどるならば、まだまだ統制された共産党独裁国家ですから、表面で見えるものは見かけにすぎない。いくらかでも真実を知るには、その社会の歴史と内情を知り、本音を推測することです。良い情報を入手できれば判断につながります。

文面からすると、ある部分についての知識はお持ちのようですね。
「中国人の殆どは今でも彼を賛美・支持しているのでしょうか。」とお尋ねですが、毛沢東についてのご自身の評価は如何ですか。どのような観点で発したご質問か分からないので、的確な回答になるか否か。

中国人は毛沢東に関しては、表面的には敬意を払います。腹の中は個人個人異なりますが、世代による色合いはあるようです。
尊敬でなく敬意と書いたのは、尊敬していることを積極的、具体的に表明した人に会ったことがないからです。尊敬してい...続きを読む

Q在日韓国・朝鮮人はなぜ帰化したくないの?

仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。

ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。

漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。

本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。  つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌクと生活していた。 それに本国政府に税金などビタ一文も納めず全く国家に貢献していない。 何が僑胞か」 ともらしていました。

また在日の人で、韓国語を話せる人は本当に数少ないようです。  そのうえ在日の人が本国を旅行すると日本人と同じような態度で接するとか言っていました。  結構、感情のギャップを第三者として感じました。

そこで質問なのですが、外国に居住して本国には永遠に戻るつもりがなければ、その国の国籍を取得するのが普通ですよね。  いわゆる移民というものになると思います。  選挙権も取得できますよね。

ところが日本国内で在日韓国・朝鮮人の人口は65万人にもなるのに、依然として本国の国籍にこだわるそうですが、なぜでしょうか?  帰化しない事に何かメリットはあるのでしょうか?  

ただ素行不良などで帰化が許可されない人は別ですが ・・・

アイデンティティーが大事と言うのであれば、本名を名乗り、最低、本国の言葉くらいは話せて、日韓の架け橋になるくらいの意気込みがあって当然と思いますが、どうも違うような気がします。 

何となく在日である事は隠しながら生活しているのに、逆に韓国・朝鮮籍にこだわっているような矛盾と言うか、感じます。

あと、本名を名乗ると何か 「法的・公的」 な差別がまだあるのでしょうか?

仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。

ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。

漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。

本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。  つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌク...続きを読む

Aベストアンサー

まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。

また、生活環境も理由の一つです。そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワークを利用しながら様々なビジネスの機会が開かれています。日本人に帰化しない事により、日本人社会のサービスと朝鮮人特有のネットワークの双方がストレス無く利用できるわけです。それであまり、わざわざ日本国籍を取得するメリットは無いかもしれません。

また、在日朝鮮人は歴史的経緯のために今でも他の外国人に比べると特権的な待遇がなされており、今後、強力に働きかけている民族学校の日本の学制上の小・中・高校への認定や選挙権が認められればなおさら帰化する理由は少なくなります。

在日韓国系は日本においては余り韓国人ネットワークが朝鮮系ほど強力ではなかったのでメリットが少なく、帰化するケースは比較的に多いと聞いています。

確かに在日韓国人は祖国へ兵役の免除や納税の免除と言う特権を受けているので、ladybegoodさんの言うような非難的感情を持っている人はいるようです。在日朝鮮人の場合は北朝鮮を財政的に支えるなくてはならない立場にいるので、少し状況は異なるかもしれません。

まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。

また、生活環境も理由の一つです。そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワーク...続きを読む

Q中国人は、中国政府に対してどう思っているのですか?

中国では中国共産党の独裁体制で、日本では当たり前に認められているような人権が、政府によって規制されているという事を知りました。(メディア規制、インターネット規制など)

反日教育が行われデモなども起こっていますが、全ての中国人がそのように思っているとは思えません。

実際のところ、中国人は中国政府に対してどのように思い、感じているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ(/は)。

>実際のところ、中国人は中国政府に対してどのように思い、感じているのでしょうか?

簡単に言うと、ほとんど全てに近い中国人民(除く文盲と乳幼児と学齢期の子ども)は、北京中央政府または国家政府に対して良い感情は抱いていません。
はっきり言うと、"信用"しておりません。(残念ながら国民自身が中国国内では公言できませんが)。公言すると即刻密告されて公安警察のお世話になる可能性が十分に有ります、現在でも。これは今に始まったことではなく、中国(以下便宜上こう呼称しておきます)の歴史が始まったと同時にすでに存在している史実です。どっかでも書きましたが、数千年の間、中国の人民民衆は為政者に騙され続けたという事実が存在します。船で移動できる時代になると大勢の人民は安楽を求めて国を捨てて山を越えて或いは海を越えて出国しました。この頃は為政者に不満が在るというよりも恐ろしいほどの貧困から逃れるのが主目的でしたが。その数数千万といわれています。

その貧困の原因は、時の体制による徹底した階級社会制度と圧制と搾取と愚民政策によるものです。近代では共産党統治の後、ある者は台湾へ、ある者は香港へまたは先人を頼って他の地域に逃亡しました。まあ目的地は東南アジアが主ですが。こちらは、為政者に不満を持った人民が主です。その数数百万人です。出国できた人民、逃亡できた人民はまだ恵まれていたほうです。ご存知のように彼らの多くは苦労は有ったにせよ自由という幸せを掴み取り財産を造った人も大勢います。いわゆる華僑と呼ばれる人たちです。

こんな現象が生じる国家が他に有るんでしょうか。有るとすれば、一昔前の東欧の一部とかロシアとか、アフリカの独裁国家くらいなものです。これでお解りかと思いますが、中国の人民がその時代時代の体制によって苦しめられ虐められていた歴史はそう簡単には払拭されません。先祖代々の不信や恨みの感情は簡単には変えることは不可能です。近代になって中国解放後ですら人民は体制から何度も騙され搾取され続けています。毛さんが始めた文化大革命、その後の紅衛兵運動、四人組裁判、天安門事件、江沢民時代から始まった故意による愛国(反日)教育などで悪く言えば騙され続けています。ほとんどの人民自身が騙されていることは薄々でも感づいている筈です。
毎日のように発覚する政府関係機関・政府関係者直々の賄賂授受・公金横領・密輸・製品横流しなどその醜さは日本の非ではありません。(日本では故意に、報道されていないと思いますが)毎年政府関係の大物が何人も死刑執行されている事実は隠蔽しても隠しとおせない時代です。この事実を知りながら更に中国の政府を信じろと言うほうが無理です。いつかは暴動が起こってもおかしくないはずです。その兆しは既に発生し始めました。各地で起きる人民対地方政府または官僚との衝突です(これも日本では詳しく報道していないと思いますが、無論中国国内ではご法度です)。政府批判をした人の不法逮捕監禁や人権蹂躙は世界中から批判を浴びています。国連での発言力が無に等しいのはこれが主原因ですね。

国がでかいからひとたび暴動が発生すると大規模になることは天安門の時でも実証済みです。政府はそれを恐れて厳しい言論統制と人民の目を国外に向けることに躍起となるのは自然の成り行きです。

あの文革がまともな行為だったと認める中国人はまずいないと思います。紅衛兵騒動は"禁句"にすらなっています。この間に自分たちの手で自分たちの親や親族や仲間(同胞を)を粛清・殺戮し街の中を引き廻しました(史実です)。それらのドタバタ騒動で亡くなった人の数数百万とも数千万とも言われています。運良く生き延びた被害者の数数千万人はまだ生存しているでしょう。

中国人が中国政府を信用していないという解りやすい物語が有ります。香港中国返還当時、最もがっかりして他国へ逃亡したのは香港人自身です。一時は大物が不在になりもぬけの殻の状態が続いたのは記憶に新しいですね。

どうですか、これでも政府を信じられますか?^^♪。

こんにちわ(/は)。

>実際のところ、中国人は中国政府に対してどのように思い、感じているのでしょうか?

簡単に言うと、ほとんど全てに近い中国人民(除く文盲と乳幼児と学齢期の子ども)は、北京中央政府または国家政府に対して良い感情は抱いていません。
はっきり言うと、"信用"しておりません。(残念ながら国民自身が中国国内では公言できませんが)。公言すると即刻密告されて公安警察のお世話になる可能性が十分に有ります、現在でも。これは今に始まったことではなく、中国(以下便宜上こう呼称...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q私は中国人の方に聴きたい。毛沢東の文化大革命と天安門事件についてどう思ってますか?

私は中国人の方に聴きたい。毛沢東の文化大革命と天安門事件についてどう思ってますか?

Aベストアンサー

ワタシには知り合いの中国人が沢山おりまして
こういう問題については普段から話をして
おります。



毛沢東の文化大革命と天安門事件についてどう思ってますか?
   ↑
文革については、一般的見解
としては、マイナス評価が多いです。
あれで10年遅れたとかですね。
おもしろいのは、中共政府ですら、マイナス
評価をしていることです。
ただ、毛沢東については言及していません。
総て、江青等四人組が悪いことになっています。


天安門事件については、若い人はその存在を知り
ません。
芥川賞作家の中国人「楊逸」さんは、来日して
初めてその存在を知ったそうです。

年配の中国人は知っていますが、その評価に
ついてはマイナスが多いようです。



それとも中国人であることが恥ずかしいのか?
   ↑
中国人であることが恥ずかしい、という
中国人は少なくありません。
知人の在米中国人は、国籍を聞かれると日本人と
答えます。
中国人では恥ずかしいからです。
また、台湾、香港では若者を中心に、中国人では
恥ずかしい、という感情が広がっています。
台湾人だ、香港人だ、中国人じゃない。


仮想敵国とみざるを得ません
   ↑
中国は仮想敵国としか評価できませんが
在日中国人には親日が多いですよ。
大宅壮一賞作家「野村進」氏によりますと
在日中国人の80%は親日だそうです。
彼らは、母国と日本を比較できますので、
どうしても親日になってしまうそうです。
ワタシの知人の中国人はおおむね親日です。

ワタシには知り合いの中国人が沢山おりまして
こういう問題については普段から話をして
おります。



毛沢東の文化大革命と天安門事件についてどう思ってますか?
   ↑
文革については、一般的見解
としては、マイナス評価が多いです。
あれで10年遅れたとかですね。
おもしろいのは、中共政府ですら、マイナス
評価をしていることです。
ただ、毛沢東については言及していません。
総て、江青等四人組が悪いことになっています。


天安門事件については、若い人はその存在を知り
ません。
芥川賞作家の中...続きを読む

Q周恩来はなぜ反毛沢東に変身したか?

周恩来は中国の知識層中に尊崇に近い思いを持つ人が多いように思われます。
傑出した戦略眼を有し長期政略に優れた特徴があったと思うのですが、第一次天安門事件も彼の追悼作業から端を発した位です。

彼はNO2に徹し、毛沢東に軍事権を譲り、支え続けて来たと思うのですが、その後反毛沢東に変わりました。
なぜ周恩来の毛沢東観が変わっていったのでしょう?

Aベストアンサー

何となく分かってきたような気がします。
私は今まで、彼に対して、完全に認識不足であったようです。

ちょっと、周恩来礼賛の伝記作家のような文章になってしまいますが、どうやら、彼は本当に偉大な政治家であったようです。

実は、周恩来は、最初から、毛沢東派などでは無かったのです。
しかし、彼は、毛沢東に、その卓越した実務能力を評価され、毛沢東の右腕とまで見なされるようになっていましたが、実は、彼の心中にあった、政治に対する基本姿勢は、民集こそ政治の基本というものだったのです。

それは、彼が若い頃留学していた、日本で培われたもののようです。
彼は、一高から、東大入学を目指しておりました。
その時に、彼が感銘を受けたのは、大正デモクラシーの旗手、東大教授吉野作造氏の唱える民本主義でした。
彼は、吉野作造氏の言う、民集こそが政治の基本という思想に触れ、その後、民集の為の実務中心の政治家となることを目指したのです。

そんな彼の卓越した実務能力は、毛沢東でさえも評価せざるを得ず、常に彼の右腕として行動しておりましたが、毛沢東の進める文化大革命においても、常にその、運動、闘争の勢い、慣性を見さだめ、路線偏向の極端化を内部から制御し、円滑な転換を用意していくことが彼の内実であったのです。
実際、文化大革命に際しては、暴走の抑制と収拾、被迫害幹部の保護に全力をあげました。

彼は1976年に亡くなるまで、毛沢東の信任のもとに執務を続け、国務院総理在職のままその生涯を終えました。
しかし、その間も、毛沢東の威光を傘にして中国全土の制覇までをも目論んでいた、毛沢東の妻である江青は、ことごとく彼を失脚させようと画策しておりましたが、彼の余りに卓越した実務能力の前には、さすがの江青でさえも、手が出せませんでした。

当時、抑圧統制されていたと思われている中国人民でさえも、周恩来の偉大さは、周知のことだったのです。
そして、彼の葬儀の際、多くの人民が涙を流す中、一人帽子を取らず、死者に敬意さえ表さない江青の不遜な様子が全国放送されました。

人民の江青への怒りは一気に爆発しました。
周恩来追悼のため天安門に集まった民衆は、江青打倒のデモ隊と化し、その後の解放運動へのきっかけとなったのです。

う~ん、何だか、私は急に、周恩来シンパの伝記作家にでもなってしまったようですねぇ。
いやー、それにしても、世の中、知ってるようで知らない事って、まだまだいっぱいあるようです・・・。

何となく分かってきたような気がします。
私は今まで、彼に対して、完全に認識不足であったようです。

ちょっと、周恩来礼賛の伝記作家のような文章になってしまいますが、どうやら、彼は本当に偉大な政治家であったようです。

実は、周恩来は、最初から、毛沢東派などでは無かったのです。
しかし、彼は、毛沢東に、その卓越した実務能力を評価され、毛沢東の右腕とまで見なされるようになっていましたが、実は、彼の心中にあった、政治に対する基本姿勢は、民集こそ政治の基本というものだったのです。
...続きを読む

Q日本は社会主義国家なのになぜ発展できたのでしょう?

かつてソ連のゴルバチョフ大統領が‘日本は世界で一番成功した社会主義国だ‘と発言したそうですが、確かに日本は表向きは資本主義国家ですが社会主義的要素が強いように思います。税金の累進性は欧米より強く高額所得者は税金をたくさんとられます。貧困層は福祉や公的補助、医療制度など優遇され高額所得者から巻き上げた税金が還元されます。サラリーマンは年功序列で能力で関係なく昇給しました。(以前は)
経済格差は‘悪‘と公言する政治家までいます。ソ連、旧東ドイツ、北朝鮮など社会主義国家はどこも貧困に喘ぎ崩壊しました。日本だけなぜこんなに発展できたのでしょう?またこれからも発展できますか?自分は経済学、政治学には疎いのでどなたかお教えください。

Aベストアンサー

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないので、市場に任せず、政府が責任をもって経済を運営すべきだ」との、社会主義と資本主義の折衷政策「混合経済」政策をとった。このため多くの企業が国有化された。フランス石炭公社、フランス電力会社、フランスガス会社、鉄道部門、エール・フランス、フランス銀行 と四大預金銀行 クレディ・リヨネ、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行+全国商工銀行⇒パリ国立銀行、保険会社、ルノー公社、航空機エンジン開発製造公社が国有企業として活動し始めた。
 石炭・鉄鋼に関してはドイツとの国境周辺地域に「欧州石炭鉄鋼共同体」を設立し、ドイツなど欧州6ヶ国で、アメリカ政府の援助資金であるマーシャル資金によって運営された。これは一国社会主義ではなくインターナショナル社会主義であった。1983年、フランス企業の売り上げ上位20社の内13社が国有企業であった。
 政治を見れば、ドゴール派の保守政権と社会党とが政権交代を繰り返した。日本に置き換えてみれば、石炭・鉄鋼がアメリカ政府資金による韓国との合弁、トヨタ自動車が国有、自民党と社会党が政権交代を繰り返す、といった状況だ。フランスから見れば日本は「市場原理主義」「自由放任主義」であった。
 イギリス──労働党の「ベヴァリッジ報告」による「ゆりかごから墓場まで」の社会主義政策を戦後の経済方針としていた。鉄鋼は、国有⇒民営⇒国有⇒民営と政権交代毎に弄ばれた。石炭はアーサー・スカーギルが率いる全国鉱山労組が仕切っていた。つまりアナルコ・サンディカリズムをやっていた。戦前アメリカに次ぐ自動車産業国であったが、中小企業が多く、このため国有企業に集約したが成果が上がらずホンダの支援を受けたがダメだった。政権は保守党と労働党が競い合い、その勢力は均衡していた。イギリスから見れば日本は「自由奔放経済」で「保守党独裁の反社会主義国家」であった。
 西ドイツ──アメリカ政府のマーシャル・プランによる援助資金をもとに戦後復興政策を進めた。戦後復興の基幹産業である石炭・鉄鋼は「欧州石炭鉄鋼共同体」という多国家管理による非民間企業に頼った。エアハルトは社会主義と資本主義の良いところをとった「社会的市場経済」を目指した。フォルクスワーゲンは戦後再出発にあたり、その株式20%を連邦政府が、さらに20%を地方政府が保有した。こうした石炭・鉄鋼・自動車産業を日本に当てはめるとどうなるか?それに比べれば日本経済は民間主導の自由経済であった。
 仏・英・独とも戦後何度も左翼政党が政権を担当した。現在英・独が保守政党を破っている。それに比べいかに日本の左翼・社会主義が信頼されていないか、よくわかる。

 日本では行政指導という政府の関与が話題になる。しかしそれ以上に「官に逆らった経営者」がいた。
 (1)天皇とまで言われた日銀一万田総裁に「川崎製鉄が千葉工場建設を強行するならば、ペンペン草を生やしてみせる」とまで言われた、西山弥太郎の大胆な設備投資、それに刺激され他社も追従した。戦争で古い設備が使えなくなったのは仏・英・独も同じ。しかし欧州の官僚にはあれほど大胆な発想は出来なかった。
 (2)「井深さんはトランジスタを使って補聴器を作るのですか?」と皮肉られ、特許導入を1年間遅らされた東京通信工業(後のソニー)。その1年の間に世界初のトランジスタ・ラジオはアメリカにやられた。大宅壮一に「ソニー・モルモット論」と皮肉られたが、今日の電子産業、官に逆らってトランジスタ特許を導入したソニーに始まると言って良い。
 (3)政府が成長産業を育成しようとした特定産業振興法、それに逆らって通産省で大型政務次官と言われた佐橋滋と喧嘩した、本田宗一郎は1983年のテレビインタビューで、佐橋滋と会った時を振り返り、次のように語っている。 「どうにも納得できないということで、僕は暴れたわけで、特振法とは何事だ。おれはやる(自動車を作る)権利がある。既存のメーカーだけが自動車を作って、われわれがやってはいけないという法律をつくるとは何事だ。自由である。大きな物を、永久に大きいとだれが断言できる。歴史を見なさい。新興勢力が伸びるにに決まっている。そんなに合同(合併)させたかったら、通産省が株主になって、株主総会でものを言え!と怒ったのです。うちは株式会社であり、政府の命令で、おれは動かない」(1995年2月5日、NHKテレビ「戦後経済を築いた男たち」から)
 (4)「官と闘った経営者」ヤマト運輸社長・小倉昌男が始めた「宅急便」、この普及は日本の流通業を大きく変えた。郵政民営化が問題になるのも宅急便の普及があったからだ。
 日本が「官民一体」ならば、仏・英・独は「民なしの、官のみ」だ。官に逆らった経営者たちのハイリスクな事業計画、前例を尊ぶ官僚にはとてもできない。戦後の荒廃はどの国も同じ、日本は度胸のある経営者が力を発揮できる自由な経済体制だった。進化論に例えれば、突然変異が出やすく、育ちやすい環境だったと言える。
 はしょって書きました。「官に逆らった経営者たち」「戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義」をキーワードに検索してください。詳しく書かれたサイトがあります。

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないの...続きを読む

Q北朝鮮って結局何がしたいのか??

 ミサイル発射で様々な波紋が広がっていますけど、結局北朝鮮は何がしたいのでしょうか?

 北朝鮮国内では、一部の特権階級を除いて飢えに苦しみ、日本を初め多くの国々に援助されてやっと成り立っているというのに、ミサイルを発射して威圧したり、あの挑発的な外交は一体何なんでしょうか?

 つまり、ミサイルで脅してこれまでと同様かそれ以上の援助を外国に催促しつつ、しかし立場的には上位にいさせろ、ということでしょうか?

 みなさんはどう思いますか??

Aベストアンサー

>ミサイルで脅してこれまでと同様かそれ以上の援助を外国に催促しつつ、
>しかし立場的には上位にいさせろ、ということでしょうか?

今までの北朝鮮ならそうでしょうが、今回はちょっと違うようです。
こんなことを繰り返しても日米には通用しなくなってきていることは
北朝鮮政府も分かり切っているからです。

でも、発射しなければならないのは
下からの突き上げが激しくなっているからです。

特に事情を知らない血気盛んな20代~30代の青年将校、
それを焚き付けて権力を掌握しようという軍部上層部という構図がみえます。
先軍政治のツケがまわってきたといえるでしょう。

北朝鮮の悲劇は周りが日米中露といずれも世界を代表する大国であること。
軍事侵攻で打開できる場所はどこにもありません。

ここに私の回答がありますから、併せて参考にして下さい。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2263753

Q台湾:蒋介石はなぜ崇められているのか

今度台湾に行くので、台湾の歴史をかじっています。
中正紀念堂など、台湾には蒋介石を記念する建物などがあります。彼は、二二八事件で多くの台湾人を殺害を容認したのに、現在ではどうして彼が未だ崇められている(?)のでしょうか?
反蒋介石とか、そういう立場で質問したわけではありません。どうしてなのかな?という小さな疑問です。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、お願いいたします。

Aベストアンサー

台湾のことは台湾人に聞けば判ると思いますが、台湾には本省人、と外省人が住んでいます。外省人とは蒋介石が中国内戦で現政権の中共軍に敗れて台湾に逃げ込んで来た人々でその武力で日本統治時代に生活していた多数の住民を反抗出来なくしただけです。その証拠に最近まで戒厳令が敷かれていました。普通選挙が実施されたのも李登記総統が誕生してからでしょう。現政権の中にはまだ外省人が多数いるでしょうから蒋介石を擁護する勢力は強いはずです。台湾の高地住民の高砂族が日本軍として出征して戦死した人々を慰霊する慰霊碑の再建するため産経新聞が寄付金を集め再建したところ一部銘版を削除するよう圧力をかけられたり、まだまだ外省人勢力は強いようです。
今の経済を発展させたのは蒋介石の功績だなど本省人でそのように言った人は私は知りません。むしろ中国共産党政権が国連に加盟する時蒋介石は中国本土復帰など諦めて台湾独立を宣言しておれば現在の不安定な
状況は避けられたはずです。蒋介石が台湾人のためにどのような良い事
をしたかしりませんが、彼の政党の国民党資金源は全て日本統治時代の
政府施設、日本人私有財産等で莫大な財産が日本敗戦で転がり込んだため日本に戦後賠償を請求しなかったそうです。
最近台湾人が書いた本に日本統治時代は犯罪がない平和な世の中で夜中
でも戸締りせずに生活できる街であったが外省人が入ってきてからは犯罪が多発する街に変化したと書いてありました。台湾も韓国も植民地統治したとされていますが日本は現地人を日本人にしようとした政策をとっていました勿論日本人が有利な政策もあり差別があったのはのは事実ですが、台湾が日本統治後約10年で日本の税金を投入しなくとも自立経済を確立出来たそうですが、韓国は日本敗戦まで日本の税金を投入しつずけなければならなかったそうです。その国が一番の反日国で自立出来ていた所が一番の親日国とは皮肉なことです。台湾国内には日本人を顕彰する史跡などあり昔の日本精神が生きているのが台湾です。決して蒋介石を称える台湾人などいないはずです、彼自身が日本との戦争をやっていなければ今の中国共産党政権にならず彼の国民党政権になっていたはず、と後悔していたようです、彼の仲間の汪兆銘はこのまま日本と戦争していれば中国は共産党政権になると言って日本に協力したのですから。蒋介石が日本との戦争拡大がなければ日本の戦争突入も防げたし、台湾人虐殺も無かったでしょう。蒋介石を顕彰する中正祈念堂以外には何もないはずです。日本の広島の原爆記念碑に原爆を日本人が原爆投下したような記念碑があるようなものでしょう。彼等も過去のことはとやかく言っても仕方ないと、おおらかな精神の民族なのでしょう。

台湾のことは台湾人に聞けば判ると思いますが、台湾には本省人、と外省人が住んでいます。外省人とは蒋介石が中国内戦で現政権の中共軍に敗れて台湾に逃げ込んで来た人々でその武力で日本統治時代に生活していた多数の住民を反抗出来なくしただけです。その証拠に最近まで戒厳令が敷かれていました。普通選挙が実施されたのも李登記総統が誕生してからでしょう。現政権の中にはまだ外省人が多数いるでしょうから蒋介石を擁護する勢力は強いはずです。台湾の高地住民の高砂族が日本軍として出征して戦死した人々を...続きを読む


人気Q&Aランキング