「企業として右肩上がりの成長は見込めず、賃金のパイの大きさも変わらない。よってパイの配分方法を年功序列方式から成果主義方式に改訂する。」

上のような文脈で使われるパイの意味って何なんでしょうか?ずっとアップルパイとかの食べ物のパイのことだと思い込み、使用していたのですが、最近ふとしたことで、分母のことをπ(パイ)と表すことに気がつきました。

思い込みでとてもお恥ずかしい話なのですが、やっぱり分母のパイのことなんですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

いや、食べ物のパイのことだと思いますよ。


パイにナイフを入れて各々に分けることを
シェアを分け合うことに例えているのだと思いますが・・
    • good
    • 7
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
食べ物のパイのことであってたんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/07 13:21

すいません。

NO.8です。補足です。

「パイ」は円グラフの全体の形から「総量」のことというのは、みなさん御指摘のとおりだと思いますが・・・、
「パイ」⇒「食べ物・おいしいもの」⇒「利益または利益のもと」⇒「お金・市場など」という言外の意味があると思われます。ですので、あまり費用面やマイナスのイメージのものには使われないようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足説明まで頂いて本当にありがとうございます。
とっても大きな勘違いをしていました。
以後気をつけさせていただきます。

お礼日時:2005/09/07 13:37

こんにちは。


食べ物の「パイ」です。
NO.3さんのおっしゃるとおりです。

ただ「賃金のパイ」という言い方はあまり耳にしませんね。
よく聞くのは、市場規模などの例えで使っているように思います。例えば、「パイがこれ以上大きくならないから、各社ともシェアの食い合いになる」=「市場の成長が見込めないので、各社の競争が厳しくなる」とか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
皆様がご指摘の通り食べ物のパイでした。
ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/07 13:35

ええと…?



ピザパイとかの食べるパイの事だと思いますが…
円グラフをピザに例え、それぞれの割合をカットピザの大きさと捉えるようなイメージでいたのですが…
パイ自体が大きければ、配分率が同じでも実数は大きくなるような。

分母=π?
πって円周率じゃなかったでしたっけ???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なにか2重、3重の勘違いをしていたようで失礼致しました。食べ物のパイでした。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/07 13:33

ミートパイ、アップルパイの「パイ」ですよ。


円形のパイをカットする事を想像して下さい。
円グラフに似ているでしょう?
「大きなパイ」というのは割合が大きい事を意味します。質問文の場合は、会社の収益が今後横ばいとなる事が予想され、その収益全体に対して賃金に割り当てられるパーセンテージは変わらない、つまり総賃金は変化しないと言う事です。
与えられたパイ(総賃金)をさらに個々の従業員に配分しなければならないが、年功序列方式では対応しきれないので成果主義方式に変更する、となるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
食べ物のパイのことであってたんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/07 13:32

パイを円グラフ(の100%)に模した表現なのではないですか?


私も食べるパイのことだと思っていたのですが・・・。

パイの大きさ=パイの半径=円グラフ100%が表す「総量」
パイの配分 =パイの角度=「総量」の何%を占めるか

ではないでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもご丁寧にありがとうございます。
食べ物のパイのことであってました。

お礼日時:2005/09/07 13:31

いえいえ、「食べ物のパイ」です。


言葉の意味としては「総額」を示すのですが、その語源は「パイを切り分ける時の元の大きさ」を示しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
パイにも総額みたいな意味合いがあるんですね。
大変勉強になりました。

お礼日時:2005/09/07 13:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。パイは食べ物のパイのことだったんですね。安心しました。

お礼日時:2005/09/07 13:19

麻雀牌の事だと思いますが。


麻雀は、今は、昔ほど盛んじゃないですが、今のゴルフのように社交族の必須のアイテムでした。
その麻雀に使う牌(パイ)は、全部で何枚と決まっていますので、そのような言い方が生まれたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
食べ物のパイのことでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/07 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ふとした」があるなら、「つとした」もOKですか?

ふと[副]
1 はっきりした理由や意識もないままに事が起こるさま。思いがけず。不意に。ふっと。「―立ち止まる」
つと[副]
1 ある動作をすばやく、または、いきなりするさま。さっと。急に。不意に。「―立ち止まる」

「ふと」と「つと」を国語辞典で比べると品詞や用例まで同じなのですが、それなら「ふとした」はよく言いますが、「つとした」も言えますでしょうか?(使う・使わないよりも、日本語として可能かどうかが知りたいです)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2にも述べましたが、「つと」は「つと前に出る」とか「つと立ち止まる」という風に、「行動・様子」を修飾して使えますが、それ単独で意味を成しません。
ですから、「つとした出来事」としても、どんな意味なのかわからないのです。「突然の出来事」とか「急な出来事」といった意味にもなりません。
そうですね、例えば「どんどん突き進む」と言うと意味はわかりますが「どんどんした」と言われてもどういう状態かわかりませんし、そういう使い方もしません。「つと」もこの用法に似ているかもしれませんね。

Q捻創を社是にという文脈で使用される捻創とは?

”捻創を社是にして”という文脈で使用される捻創とはどんな意味なのでしょう?

Aベストアンサー

直接先ほどゼナシステムの社長さんにお伺いしましたところ
やはり社長さんが作られた言葉だそうです。
頭の中で、「用途は、動きは、デザインは、費用は、技術的には?」と
いろいろな角度で捻って捻って新しいものを創造すること
とおっしゃっていました。
?の意味だともいっておられました。

Q文脈依存とは?

2007 - 全国17政令指定都市の評価コメント一覧という下記のHP
 http://www.u-works.co.jp/jichitai/seirei/index.php
の中のさいたま市のところで「トップページのカテゴリごとに示される『一覧』というリンクラベルは、文脈に依存したものなのでやめましょう。」とありますが、これはどういう意味なのでしょうか?
文によって意味が変わってしまうということかとも思ったのですが、リンクラベルで?とわからなくなってしまいました。

Aベストアンサー

質問文のサイトで言及されている「文脈」というのは、
いわゆる「context」というやつで、"状況"といった程度の意味合いだと思われます。
大雑把に言うと、"状況を考慮しないと意味が決まらない"状態を"文脈に依存している"といいます。

実際にさいたま市のウェブサイトを見ますと、
トップページに「→一覧」というリンクが7つも存在して、それぞれリンク先が違っています。
例えば、口頭で「市のホームページの「一覧」というリンクをクリックして下さい」
と説明しても、それだけでは「7つあるうちのどの「一覧」のことなのか」判りません。

「閲覧者の関心・目的」や「リンクが表示されている位置」といった状況(=文脈)を考慮しないと、
「→一覧」という字面だけでは、そのリンクをクリックしたとき何が表示されるのか判断できないということです。

「リンクラベルは、同じ字面でリンク先が違ったりせず、その字面だけでリンク先が判断できるような一意な表現にするべき」
というのが質問文のサイトの主張だと思われます。

参考
 文脈:比喩的に、筋道・背景などの意にも使う (広辞苑)
 context: ある事柄の 状況,環境 (研究社 新英和中辞典)

質問文のサイトで言及されている「文脈」というのは、
いわゆる「context」というやつで、"状況"といった程度の意味合いだと思われます。
大雑把に言うと、"状況を考慮しないと意味が決まらない"状態を"文脈に依存している"といいます。

実際にさいたま市のウェブサイトを見ますと、
トップページに「→一覧」というリンクが7つも存在して、それぞれリンク先が違っています。
例えば、口頭で「市のホームページの「一覧」というリンクをクリックして下さい」
と説明しても、それだけでは「7つあるうちの...続きを読む

Q多重文脈性とは…?

「関与シールドとしてのケータイの利用が、多重文脈性をまとう」というのはどういう意味ですか? 多重文脈性の意味だけでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/conf/2007/data/paper-193.html

近年,blogなどに見られる時間情報付き文書が増大し,それらは、途中でいろいろと枝分かれする構造となっており、その状態を指して「多重文脈性」と呼ぶようです。最初から順番に読んでいったのでは、その文脈構造を理解することはできず、時系列というものも合せて理解しないと内容を的確にとらえきれないということをいった言葉です。教えてGOO!の質問→回答→補足→お礼といったものの構造も、複数の回答者がいる場合などかなり複雑な多重文脈性を持つものになります。

Q”文脈’の使い方に教えていただけませんか?

みなさん、はじめまして^^

”文脈’という単語は、辞書そう書いてありますが:
ぶん-みゃく [0] 【文脈】
(1)文における個々の語または個々の文の間の論理的な関係・続き具合。文の脈絡。コンテクスト。「前後の―から意味を判断する」
(2)一般に,すじみち・脈絡。また,ある事柄の背景や周辺の状況。

私はある友達と下記ような対話をしましたが。。。。
友達:”うまい”の意味は何ですか?
私:”delicious"です。
友達:そうですか、でもそんな翻訳は私の場合にはふさわしくないと思いますが。
私:文脈は?
友達:”文脈”?どういう意味?
。。。。。。。。。

私は”文脈は”と言ったのは、つまり文脈を見てから、その場合にふさわしい翻訳をできるということですが、どうして友達はわからないですか。私はどこか間違えていたのか?

教えてください、どうも^^

Aベストアンサー

「その"うまい"はどのような文脈で使いますか?」

と訊けばわかったかもしれません。
私は「文脈は?」だけでも十分理解できますよ。

ただ、「用例は?」と訊いたほうが適切かもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報