税金のこと、まったくわからないので教えて下さい。
8月末に結婚退社をし、なにもわからぬまま扶養に入る手続きを夫の会社でしてもらいました。私はその手続きが終わってから市役所に行き、その後、失業保険の手続きに行こうと思っていました。ようやく夫の会社での手続きが終わり、私の名前の入った健康保険証と年金手帳を持って市役所に行くと、「会社の方でこの書類に記入してもらって下さい」と第3号被保険者該当届書を渡され、「扶養に入ると失業保険はもらえませんよ」と言われました。
今、このような現状のまま、どうしたらよいものかストップしています。そこで質問なのですが、
1.扶養に入るのと、扶養に入らないで失業保険をもらうのとはどっちがいいのでしょうか?(友達の話では逆に扶養に入れず自分で税金を払ったと言ってました)
2.失業保険をもらう方がよい、という場合、また夫の会社にお願いして扶養をはずしてもらう、ということになるのでしょうか?またそれは可能ですか?
3.今現在、私が払わなければいけない税金はあるのでしょうか?夫の会社の手続きが終わるまでもかなりの日数がありましたし、第3号被保険者該当届書もまだ提出していませんので、心配しています。
私なりに調べていたつもりなのですが、こんなことになって自分の知識のなさを痛感しています。どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

<大まかな仕組み>


「扶養」には2種類あります。
1)所得税/住民税の扶養
 年間にもらう収入が103万円以下でないと扶養に入れない。
2)健康保険/年金の扶養
 年換算で130万円(つまり1日の収入×365日が130万円を越える)場合には扶養になれない。

で、失業保険は収入と見なされてしまいます。
chibitaroさんは8月まで働いていたので、1は今年は該当しないと思います。
(住民税は一年送れて支払うので、来年になると元の住所の役所から払えという請求が来ます。
所得税は今年の年末調整が実施され、戻ってくることになると思います。)

2の健康保険、年金の扶養に関してだけ問題となります。

<2)の扶養に入るべきかどうか。>
正確にどちらの方が安くあがるのかは、chibitaroさんのもらう失業保険の日額が問題になります。
大ざっぱに簡単に計算するには、
月にもらう失業保険の金額>国民健康保険、国民年金の月の支払額
ならば失業保険をもらった方がお得。
月にもらう失業保険の金額<国民健康保険、国民年金の月の支払額
ならば失業保険はあきらめた方がお得。
となります。
(夫の会社で独自に出る扶養家族手当があり、その基準が健康保険の扶養で判断されてしまう場合は、その金額も右辺の金額に加える必要があります)
国民健康保険の金額はそれまでの所得で変わってきますから役所で確かめて下さい。

なお、事故都合退職は3ヶ月の欠格期間があるので、その間は失業保険が受けられませんから扶養に入ることが出来ます。
なので、国民年金の3号の届け出はすぐに出して下さい。
つまり、退職後3ヶ月は無条件で扶養に入ります。

もし、失業保険をもらう選択をする場合は、
失業保険をもらえる月になったら、夫の健康保険の方に扶養をはずしてもらい、同時に国民年金の1号、国民健康保険に加入します。
また、失業保険の給付が終わったら、また扶養に戻します。同時に国民健康保険からははずれ、国民年金は3号の届け出をします。

厳密ではありませんが、大まかにはこんなところです。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

詳しく、またわかりやすく書いてくださって、ありがとうございます。お礼が遅くなってすみません。

お礼日時:2001/12/10 17:19

専門家として、厳しい意見を申し上げます。



「失業保険」は、「就職の意思と能力があるにもかかわらず職に就けない人」が受給できます。
chibitaro015さんは、就職するつもりがあるのですか?
もし、単なる臨時収入程度の考えで失業給付を受けようとしているなら、それは雇用保険制度の悪用と言わざるを得ません。

今は、本当に就職したいのに就職できない人が大勢います。
就職する意思のない人への給付のために、そういう本当に困っている人への給付が充実できないことをどう思いますか。
職に就いている人(と雇い主)が負担する雇用保険料は、どうやら来年4月からアップするようです。
“結婚退職”したchibitaro015さんが、失業給付を受けることを、雇用保険料を納める人はどう感じるでしょう。

再就職の意思があって努力しているもののなかなか就職先が決まらない状態なら、失業保険は遠慮なくもらいなさい。
でも、専業主婦するおつもりなら、失業保険の受給を考えるべきではありません。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

ごもっともなご意見だと思います。私も悪用するつもりはありません。ただ制度そのものをよく知らないので教えていただきたかったのです。再就職もするつもりです。どうもありがとうございました。お礼が遅くなってすみません。

お礼日時:2001/12/10 17:23

では,今までの回答の捕捉とまとめをいたします。



以下,税ではなく「健保・年金の扶養」ということでお答えします。
まず,「扶養にはいると失業保険をもらえない」のではなくて,「失業保険をもらうと扶養には入れない」のです。
現に扶養に入られてますから,さっさと第3号の手続きを済ませましょう。
余談ですが,多くの健保組合では「失業保険を受けない証拠に」と離職票を預かったりするみたいです。その点,チビタローさんの旦那さんの会社は扶養に関しておおらかですね。これは,ラッキーなことだと思います。

あとは,No.3の回答の通り,いざ失業保険をもらうかどうかは,「失業保険を受ける期間中,支払義務が生じる“国民健康保険料+国民年金保険料”の額以上の失業保険がもらえるかどうか」この1点に尽きます。つまり,失業保険を受けても足が出ちゃったら意味がないということですね。

誤字訂正ですが,「事故都合退職」は「自己都合退職」のことです。念のため。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。お礼が遅くなってすみません。

お礼日時:2001/12/10 17:20

回答者1の方が詳しく説明されてるので、その点は省かせていただいて・・・。


まず、結婚を理由に退職されたのなら、もし失業保険の手続きをされても、
すぐにはもらえません。
私の頃で言えば(5年程前)最初の3ケ月はもらえませんでした。
その時はけっこう早く仕事が見つかったので、失業保険をもらうことなく
再就職手当のみいただきました。20万程度だったと思います。(人によって違います)

そこで質問ですが、働く意志がおありですか?パートで少し・・・くらいに思って
いるのなら、このまま扶養家族の方がいいかもしれません。キチンと働くなら、
就職先探しのこともありますし、職安で手続きされても良いかと思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。ともかく職安に行ってみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 17:18

 扶養にはいるか入らないかの選択ですが、どちらかを選ぶというより、失業保険の給付額を年額に換算して130万円を超える額の場合は、扶養には入れないことになります。

失業保険の額で、判断をすることになります。

 扶養に入れない額の失業保険給付を受ける場合は、御主人の健康保険から離脱(抜ける)ことになりますので、御主人の会社を経由して保険者(社会保険事務所とか健康保険組合)に届け出を出して、奥さんの名前を消してもらって下さい。

 この場合は、奥さんは無保険ににりますので、役所で国民健康保険と国民年金に加入する手続きをして下さい。印鑑と、会社を退職した年月日や保険の種類が確認できる書類(健康保険資格喪失証明書)を前の会社で作ってもらうか、離職証明書が必要になります。8月末の退職日の翌日から、失業保険の給付が終わるまで、国民健康保険と国民年金に加入しますので、国保税と国民年金保険料を役所に納めることになります。役所では厚生年金から、国民年金への変更手続きも同時に行って下さい。

 現在納める税金は、今年の都道府県民税と市町村民税が給料から引かれていたのなら、退職によって引くことが出来なくなるため、9月から来年5月までの給料から差し引かれる税額を、役所から送付される納付書によって納めることになります。これは、会社から役所の税務課に連絡が行きますので、手続きをする必要はありません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

詳しく説明して下さってありがとうございます。お返事遅くなってすみません。

お礼日時:2001/12/10 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養枠103万円と130万円の違いについて

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収税額は返還されない
・会社の健康保険、年金には加入できる
(会社によるのでしょうか?私の知っている範囲ではOKのようですが。)

そこで私がはっきりと理解できないのが、この103万円と130万円の差で何が違うのかという損得の部分です。
例えば、103万円と130万円の27万円の差で、保険や年金の加入ができなければ、年間数十万円違ってきますので、かえってマイナスになります。
でも、保険や年金は130万円まで加入できるようですので、その他上記に書いた通り、年末調整での控除と税金の還付以外にどのようなデメリットがあるのでしょうか?
例えば
・住民税(130万円まで働くと、翌年いくらかかるのでしょうか?)
・その他の収支の差額

上記の条件で130万円までの枠の方が得なのでしょうか、損なのでしょうか?
おわかりになる方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安くなります。

又、配偶者や親が会社で家族手当を支給されている場合、扶養家族の年収が103万円を超えて、所得税の扶養家族に認定されないと家族手当の支給を停止される場合があります(会社の規定によって違います)

又、配偶者の場合は、年収の額によっては配偶者特別控除(最高38万円)を適用されます。
この制度は今年一杯で、来年から廃止されます。

所得税の場合、高額所得者以外は、勤務先で年末調整を受けるのが原則で、年末調整でも確定申告でも、所得税の額に違いがありません。

つまり、所得税は、毎月の給料から所得税の概算を源泉徴収という制度で控除して、その年の最後の給料や賞与の支払時に、年末調整という手続きをして1年間の所得税の精算を行なうのです。

ただし、年末調整で控除出来ない医療費控除などがある場合に、確定申告をすることになり、年末調整での税金から医療費控除の分が還付されます。

社会保険(健康保険・厚生年金)。
勤務先が社会保険の適用事業所であれば、勤務先で社会保険に加入するのが基本で、この場合、親や配偶者の扶養者にはなりません。
ただし、パートなどで一週間の勤務時間や出勤日数が、正社員の4分の3以下であれば、勤務先で社会保険に加入できません。

勤務先で社会保険に加入出来ない場合は次のようになります。
社会保険の扶養(健康保険の被扶養者と、配偶者の場合の年金の3号被保険者)になれるのは、判定するとき以降の12ケ月間の収入見込額が130万円(月収で約108千円)以下の場合です。
親や配偶者の扶養になっても、親や配偶者の社会保険料が増えることは有りません。

収入見込額が130万円を超えると、ご自分で市の国保に加入し、国民年金に切り替える必要があります。

103万円を超えて130万円以下の場合、社会保険料の負担には変化がありません。
所得税や住民税では、親や配偶者と本人の所得税の負担が増えることになりますが、本人の手取額も増えますからそれ程の影響がありません。

ただし、先に書いたように、親や配偶者の勤務先からの家族手当が停止になると、その金額によっては影響が大きくなります。
家族手当が月額15000円として、それかが無くなると年間18万円になります。
年収が103万円から130万円まで27万円増えても、税金の増える分と家族手当の減少分で、27万円は消えてしまいます。

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安...続きを読む

Q年末調整の保険料控除について。扶養に入っている配偶者の保険は…

私は無職(専業主婦)で、税法上の控除対象配偶者です。
ダンナが年末調整の書類をもらってきて、記入しようとして少し疑問に思ったというか
今ひとつ自信がないのですが、私(妻)名義で加入している保険についても
保険料控除の対象として、保険料控除申告書に記載しても良いのでしょうか?
主人名義の保険料は10万円より少ないです。

申告書の裏面を見ると、受取人については本人または配偶者その他親族…と書いてあるのですが
保険の契約者が妻名義のものについては控除の対象になるのでしょうか?
保険料は私でなく主人が払っているものなので、対象になるという理解で良いのでしょうか。

何年か前に年末調整の仕方、みたいな解説本で配偶者名義の保険も控除対象になる
…と書いてあるのを見たような気もするのですが、記憶が定かではありません。
検索して過去質問をざっと読みましたが、同じような質問はないようで
質問させてもらいました。
(見落としていたらすみません…!)
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

契約者が誰であるかは関係無く、基本的に保険料負担者が控除出来ます。あなたに収入がないので、正にこの条件に当たるでしょう。

Q扶養103万円~130万円の差額

扶養でいる場合、103万円と130万円と2種類の金額があるかと思います。

130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、

103万円~130万までの金額だと、どのくらいの差額が発生するのでしょうか?

この間だと損はしないのでしょうか?


また、103万まででも何かしらの税金はかかりますか?

98万?かぐらいから住民税がかかるように聞いたのですが…?

所得税?住民税?

子供なしでの意見をお願いします。

Aベストアンサー

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

>130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、
そのとおりです。
通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

>103万まででも何かしらの税金はかかりますか?
住民税がかかります。
住民税は93万円~100万円(市町村によって違います)を超えればかかります。

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3...続きを読む

Q主人の扶養に入る手続きについて。

結婚を機に会社を退職し、失業保険を受給していたのですが、失業保険受給中に再就職することが決まりました。失業保険受給中は主人の扶養に入れないということで自分で国民年金・国民健康保険に加入していましたが、再就職先は年間収入が103万以下になるので扶養に入る手続きをしようと考えています。この場合、必要な手続きや書類がどういったものか教えていただけませんか?分かりにくい文章ですみません。どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

扶養といっても税金の面と健康保険の面があります。
税金の面ですと質問者の方の年間の収入が103万以下ですと夫は配偶者控除を受けられます、また103万を超えても141万以下ならば配偶者特別控除を受けられます。いずれも年末調整のときに提出する2枚の書類に書き込めばよいのです。
配偶者控除は「扶養控除等(異動)申告書」の用紙の控除対象配偶者の欄、配偶者特別控除は「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の用紙の配偶者特別控除の欄です。
また健康保険の場合は月収が約108300円以下ですと扶養になれます、夫の会社に申し出てください。
会社を通じて「健康保険被扶養者異動届」を健保組合または社会保険事務所に提出することになります。
また同時に国民年金の第3号被保険者についても会社に申し出てください。
やはり会社を通じて「国民年金第3号被保険者資格取得届」を社会保険事務所に提出することになります。
そして市区町村の役場には国民健康保険の脱退届けを出さねばなりません。
以上が扶養についてので続き及び提出書類です。

Q103万で家族手当。迷ってます。 今年から扶養に入ります。 最初は130万で働こうと思ってましたが

103万で家族手当。迷ってます。

今年から扶養に入ります。
最初は130万で働こうと思ってましたが
103万までなら旦那の家族手当が1万出るみたいで今迷ってます。

手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の税金)
120000円-15000円=102000円(手当の手取り)

130万円の場合(ご主人の所得税の税率5%とした場合)
130000円-1030000円=270000円(貴方の年収の増)
270000円×15%=40500円(貴方にかかる所得税・住民税)
11000円(所得税)+17000円(住民税)=28000円(ご主人が配偶者控除を受けられないことによる所得税・住民税の増税)
270000円-(40500円+28000円)=201500円(貴方の収入増分から税金を引いた額)

復興特別所得税もかかりますが大した額ではないので省きます。

103万円で働くより、130万円ぎりぎりで働くほうが、約10万円世帯の手取り収入は増えます。
これをどう考えるかでしょう。
なお、ご主人の所得が多いと、ご主人の所得税の増税分が変わって(増える)きます。

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の...続きを読む

Q失業保険が切れるので、主人の扶養に入るのですが…

過去ログで、似たような質問を探したのですが、
自分のケースに当てはめるとどうなのか、比較が出来ず
良くわからなくなってしまいましたので、教えて下さい。
今年1月~6月まで契約社員として働き、総支給額は110万でした。
今年6月に結婚をし、退職と同時に主人の扶養に入りました。
しかし、8月から失業保険を受給したため、扶養から外れ
現在は自分で国民年金・国保に加入しています。
今月末で失業保険の給付が切れるので、再度主人の扶養に入ろうと思うのですが…
●給与所得が103万を超えていますので、年末調整は配偶者控除を受けられない…という事でしょうか?
●その場合、年末調整は主人とは別に、私も手続きする必要があるのですか?
●それとも、今年は扶養に入らず、来年から入るべきなんでしょうか?
●今更ですが、退職~失業保険の受給までの約1ヶ月間、主人の扶養に入ったのは、問題なかったんでしょうか?
わからなくなってしまいました…(T_T)

Aベストアンサー

●給与所得が103万を超えていますので、年末調整は配偶者控除を受けられない…という事でしょうか?

その通りです、但し、配偶者控除は受けられませんが、配偶者特別控除の方は、給与収入ベースで141万円(所得で言えば141万円-65万円ですので76万円)未満までは控除が受けられますので、もし110万円ちょうどであれば、所得で言えば110万円-65万円=45万円で、31万円の控除が受けられます。
詳しくは下記サイトをご覧下さい。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1195.htm

65万円というのを説明しておきますと、所得税においては収入金額から必要経費を引いて所得金額を算出しますが、給与所得の場合は、原則として必要経費が認められない代わりに、給与所得控除額が収入金額に応じて必要経費代わりに引けるもので、この最低金額が65万円ですので、配偶者特別控除額を受けられるぐらいの収入であれば、控除額が65万円となるためです。
下記サイトも参考にされて下さい。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1410.htm

ですから、年末調整の際に「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」というのが会社から渡されるはずですので、そこにna-yuyuさんの所得金額を記入(会社によっては源泉徴収票等の提出を求められる場合もあります)すれば控除が受けられます。

●その場合、年末調整は主人とは別に、私も手続きする必要があるのですか?

そうですね、na-yuyuさん自身が、年末にどこかの会社に在職していれば、その会社に契約社員として働いていた会社の源泉徴収票を提出すれば、合算して年末調整してもらえますが、就職していない場合は、ご自分で確定申告するしかなく、但し、それにより還付が受けられると思います。

確定申告の際に必要なものは、源泉徴収票、1月~12月までにご自分で支払われた国民年金・国保の支払った金額がわかる書類、生命保険料・損害保険料の控除証明書があれば証明書、認め印、還付口座の通帳が基本的なものです。
還付申告の場合は、年明け早々から税務署で受け付けていますので、早めに行かれた方が、混んでいなくて良いと思います。
(確定申告義務のある個人事業者等の確定申告は2/16~3/15ですので、その期間はかなり混雑しますので。)

●それとも、今年は扶養に入らず、来年から入るべきなんでしょうか?

健康保険の扶養は、所得税の扶養とは別物と考えますので、失業保険が切れた時点で入られて問題ありません。
所得税の方も、扶養の状態にはありますが、結果的に今年については所得がオーバーしているので控除は受けられませんが、届けは出しつつ、状況を会社に伝えれば、年明けから所得税の扶養として処理してもらえるものと思います。

●今更ですが、退職~失業保険の受給までの約1ヶ月間、主人の扶養に入ったのは、問題なかったんでしょうか?
わからなくなってしまいました…(T_T)

健康保険に関しては問題ありません。
所得税についても、結果的には扶養から外れていたとしても、年末調整により調整されるわけですので大丈夫です。

●給与所得が103万を超えていますので、年末調整は配偶者控除を受けられない…という事でしょうか?

その通りです、但し、配偶者控除は受けられませんが、配偶者特別控除の方は、給与収入ベースで141万円(所得で言えば141万円-65万円ですので76万円)未満までは控除が受けられますので、もし110万円ちょうどであれば、所得で言えば110万円-65万円=45万円で、31万円の控除が受けられます。
詳しくは下記サイトをご覧下さい。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1195.htm

65万円...続きを読む

Q扶養についての質問です。 学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万

扶養についての質問です。


学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万1000円程)
親の年収が1100万ほどならどのようなデメリットがありますか?

Aベストアンサー

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

>正確には103万1000円程…

去年 1~12月の給与合計という意味なら、「扶養が外れる」のではなく、【親は去年分所得税および今年分住民税において扶養控除を取れない】です。

>親の年収が1100万ほど…

年収で税金は決まりません。
「課税所得」はいくらほどですか。

>どのようなデメリットがありますか…

メリット、デメリットの話ではありません。
税法の定めにしたがった粛々と納税するだけです。

もし親がサラリーマン等で去年の年末調整で扶養控除を“先取り”していたのなら、取らぬ狸の皮算用が皮算用どおりに狸は捕れなかったということです。
親は狩りの成果に合うよう 3/15 までに確定申告をして扶養控除の返納をしないといけません。

扶養控除の返納による追納額は、あなたが去年の大晦日現在で 19歳以上23歳未満だとして、
・親の課税所得が 695万以下なら 63万 × 20.42% = 128,600円
・親の課税所得が 695万超過なら 63万 × 23.783% = 149,800円
です。
3/15 までに親が確定申告をして扶養控除を取り消す限り、脱税にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

親が自営業等なら確定申告はこれからですので何も問題ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということ...続きを読む

Q扶養に入ると、扶養している人はいくらくらいトクになりますか?

こんにちは。
私は同棲中で、籍は入っていません。収入はなく彼のお金で生活させてもらっています。おこづかいは自分の貯金からです。

先日、彼の会社の健康保険に入れてもらうことができました。
これは扶養に入ったことになりますか?

また、結婚したりして扶養に入ると彼はどれくらいトクになるのでしょうか?
彼は年収いまのところ、700万少しだそうです。

だいたいで、結構なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 国民年金の第3号被保険者になったら、
> 彼に支払ってもらうことになるのでしょうか?
彼が追加で支払うということはありません。
彼の厚生年金の金額は変わりありません。

彼が1人で1人のためにかけていたのが
彼が1人で2人のためにかけていること
に変わります。

これは、手続きが必要です。
国民年金手帳などを彼の会社に提出します。
彼の会社に聞いてください。

>所得税、住民税の配偶者控除はどのように
>手続きをしたらよいのでしょか?
手続きは、彼が年末調整を行うときに、
配偶者の欄を記入すればいいだけです。

> 税率とは何のでしょうか?
所得税、住民税の税率です。

> 73000円は年にトクする額ですよね?
はい。残念ながら月ではありません。

Q今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでし

今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでしょうか?

自分でも調べてみたのですが混乱してきたので、どなたかご回答お願いします。

Aベストアンサー

年金のカテゴリで質問されていますが、年金と扶養が関係あるのは、結婚して配偶者の扶養に入る人だけです。

フリーターになるに当たって、親が会社等で加入している健保から保険証をもらう(=親の社会保険の被扶養者になる)なら、130万円は関係あります。
親が国保の場合や、親が会社で健保に加入していても自分で国保に加入するつもりなら、130万円は関係ありません。

103万円については、あなたの今年の収入がそれ以下の場合に親(=あなたの扶養者)の税金がちょっと安くなるというものなので、必要かどうかは親と相談してください。
昨年まであなたの年収が103万円以上だったのなら、親としては昨年と変わりないだけなので、稼げるなら103万円を無視して稼いでも構わないと思いますが。

Q死亡保険金について質問します。 夫の死亡保険金にかかる相続税はいくらぐらいですか? 保険金は2千万円

死亡保険金について質問します。
夫の死亡保険金にかかる相続税はいくらぐらいですか?

保険金は2千万円で受取人は妻です。
相続人は妻と子二人です。

夫名義の不動産は無しで預金等は100万円程度です

Aベストアンサー

ご主人の財産がここに記載されたもの意外無く、負債も無いというのであれば、相続財産の合計が2100万円ですね。
相続税の基礎控除額は、3000万円+600万円x相続人数です。
※平成27年1月1日以降に相続が開始となった場合)
従って、ご質問内容での相続税は、掛からないと言うことになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング