5月下旬に生まれて初めて胃痛により夜目が覚めてから最寄の町医者にかかった所「胃潰瘍のけがある」と投薬。1ヶ月続けたが回復の兆しが無いので県病院に。母は6年前に子宮体癌を克服しており、1ヶ月に1度は薬と血液検査をするため通院していました。
が、その検査では発見されず(転移ではないので見つけてもらえなかった)、
8月中旬に行った生検で「胃癌」(スキルスタイプでした)と診断され、9月上旬に全摘出を行いました。
術後、医師から「転移はしていない様子。目に見える播種は見られなかったが、お腹を洗浄したら陽性だったので”腹膜播種”に掛かっています。セージ4です。何もしなければ1年。胃癌の場合、抗がん剤が効きにくいのですが、今後は抗がん剤治療にて腹膜播種の進行を止める・若しくは最悪進行を遅める方向の治療になります。」と、言われました。
今年母は58歳。今後、抗がん剤治療していって、どの位の延命が図れるのでしょうか。
又、進行を止める事に成功すれば普通の人のように腹膜播種を気にせず生活できるのでしょうか?
最悪”遅らせる”とはどの位延命できるのでしょうか?
それとも、今後ずっと入院生活が待っているのでしょうか?
医師は「カプセル・点滴・カプセル」の3回の抗がん剤治療を考えているそうですが。。
13年前に父を大腸・肝臓癌で亡くし、今は母と2人暮らしです。
何としても生き長らえてもらいたいのですが、この不透明な点を担当医に聞きたいのですが、なかなか逢えずに質問できずにいます。専門家の方がこの質問を見られたら可能な限り応えていただけませんか?お願いします。

A 回答 (4件)

お母様のことですので、ご心配でしょう。



残念ながら、目に見える転移がなくても腹水の細胞から癌がでたのなら、お腹の中にがん細胞が散らばっている状態でかなり癌は進行しています。
主治医が言われたとおり、多くの人は1年以内になくなられます。腹膜播種はいまの医学では治癒は難しいのです。

ただ、希望はあります。抗がん剤が著効する場合もあるのです。どの人に抗がん剤が効くのか、それはわかりませんが、お母様の癌に効くかもしれません。ステージ4でも5%ほどの人が5年生存されています。その5%にお母様が入らない理由はないのです。
しかし、医師でもいまの時点では予測は難しいです。

また、腹膜播種も症状がでてくるまでには時間がかかります。症状(腹水や腸閉塞)がでるまでは普通の人と変わらない生活ができます。抗がん剤治療の種類にもよりますが、入院が必要な抗がん剤をするより、なにもせずに外来で余命を精一杯生きたいと望まれる患者様もいます。もちろん、外来通院でできる抗がん剤もあります。この選択は家族ではなく、がん患者本人の選択が重要です。質の良い人生を送るためにはお母様の希望をできるだけかなえてあげられるようにしてください。

専門家のサイトになりますが、癌性腹膜炎のサイトを紹介しておきます。
http://www.cancertherapy.jp/stomach/cnt05s/cnt05 …

また、一般的な情報ですが、下に示すがんセンターのホームページに癌の治療や生存率がのっていますので、参考にしてください。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/01023 …

この回答への補足

cirujanoさま、包み隠さず応えてくださって有り難うございます。
今、読んで心臓の鼓動が強くなりました。
5%~ですか。。結構ショックです。
しかし、ちょっとcirujanoさまの回答で私の最初のコメントが上手く表現できていなかったのかな?と思う点が1つありましたので、あえて補足で。。cirujanoさまは「腹水の細胞から癌がでた・・」と表現されてみえますが、私が医師から聞いたのは「手術をした過程でお腹の中を洗浄します。その洗浄した水は骨盤のあたりから出てくるのですが、その洗浄した水を顕微鏡検査したら癌細胞の陽反応が出た」と言うのです。これも”腹水”なのでしょうか。。腹水って癌の末期の方が体の中で生成されるものだと思っていたので、担当医の言う洗浄した水を腹水とは受け取っていませんでした。。

補足日時:2005/09/13 09:10
    • good
    • 31

ステージ4に軽い重いと区別をつけるのは難しいのですが、たしかに腹水が溜まっていないほうが患者様の苦痛は少ないですし、もしかしたら、抗癌剤が効きやすいかもしれません。


腹水が溜まっていない時期だと、普通の人と変わらない行動ができますので、いまの時期にしておきたいことなどがあればやっておくのもいいと思います。

がんばって5年が限度か、というのはなんともいえないというのが答えです。
だめだと思っていても、長く生きられるかたもいらっしゃいます。5年生存率5%というのは5年生きる人が100人のうち5人いるということです。

5年生存すれば10年生存する率は格段に上がります。お母様がそのなかに入るかもしれないのです。
あきらめないで、お母様をサポートしてあげてください。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

昨日、食事が始まりました。加え、縫合不正のチェックのために右わき腹から入れていたチューブを抜きました。
とたん、発熱し一時は8.8度まで上がりました。
抗生物質点滴をして今は平熱に戻りましたが、今朝造影剤を飲んで検査したところ、縫合不正による食事の漏れではなかった模様です。チューブを抜く際に雑菌が入ったかも、、と。
体力と傷が回復したら抗がん剤治療が待っています。どうか、抗がん剤が効きますようにと、願うばかりです。
私も、心持ちを強くし、母の治療をバックアップしていきます!
何回も回答いただき、本当に有り難うございます。

お礼日時:2005/09/16 10:27

No.1です。


回答がダイレクトな書き方でショックをあたえたのなら、申し訳ありませんでした。
補足に「洗浄した水からの細胞で陽性であった」とありますが、これは十分な腹水がなかった場合に細胞がお腹のなかにあるか調べる方法です。
「細胞診陽性」として、腹膜播種と同等だと判断します。陽性であれば胃癌取り扱い規約の決まりでステージ4となります。
腹水はすぐには溜まってこないこともあります。

この回答への補足

きっと、どのように説明いただいても、良い結果でなければショックな事なので、気になさらないでください。むしろありがとうございます。
腹水は(たまって)無いと言われました。
腹腔洗浄細胞診については調べましたし、担当医からも説明されたのでわかります。
ステージ4にも色々有りますとも言われました。腹膜播種に軽い、重いって言う表現が有るならば、確認できる転移も、腹水も溜まっていない母の場合はまだ軽い方なんですよね?それともやはり頑張って5年の延命が精一杯なのでしょうか。しつこくて、本当にスミマセン。

補足日時:2005/09/13 18:00
    • good
    • 23

No.1です。

補足です。
私の示した生存率は施設や治療によって違いがありますので、すこし幅があります。5%と述べましたが、もう少し高いという報告も沢山あります。
    • good
    • 21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後腹膜繊維症について

後腹膜繊維症と診断され、その為に左右の尿管の一部分が圧迫されて腎臓も
腫れています。現在左右の尿管に、「WJ」がはいってますが(今年の二月頃入れました)今月末に入れ替えます。ずっとWJを入れ続けなくてはいけないので
しょうか?管を入れるときの苦痛と、入っている感覚が何とも言えません。
繊維質になっている部分を手術で取り除くという話もあったのですが、それほどでも無いことが先日のCTの結果で分かりました。
ちなみに、繊維症の原因も胃カメラやったりしましたが、結局原因不明のようです。

Aベストアンサー

後腹膜繊維症の原因検索もされて原因不明なんですね…。
特発性と呼ばれる良性の範疇に現在分類されていると思うのですが、そうした場合主治医は「ステロイド(パルス)」など薬物的な治療も想定しているはずです。外科的な治療もそうですが現状が改善されれば尿管の圧排閉塞が解除されればダブルジェイ(本当はDなんだが何故だかW使うよな)は必要なくなります。DJカテの使用はあくまでも腎臓保護の目的ですから…
現在それを行わないのは原因検索の途上か一時的な留置によって(原因も解決の理由もわからないけれど)自然に治るかな?と考えているのだと思います。臨床経験からいうとこうした一時凌ぎだけで治ってしまう例もあるからです。次回の交換のときに尿管の通過性を再評価しその上で次の診療方法を検討されるはずです。今は正直我慢の時だと思います。

続発性後腹膜繊維症の原因となる疾患は、内臓の悪性腫瘍(これはCTで否定済みだと思います)、膠原病など多岐にわたります。検査もそれだけ多岐にわたります。

Q自宅での抗がん剤治療の介護について。

来月、父が抗がん剤治療を受けることになりました。80歳です。
1クール目は副作用の状態を見るために入院できるのですが、2クール目からは通院で行うと説明がありました。
どこの病院でも原則は通院なのでしょうか?
同居はしているのですが、フルタイムで仕事をしているので、通院での抗がん剤治療だと昼間12時間は一人になってしまうので、食事や嘔吐などで気管を詰まらせたら…などとても不安です。
普段は自立しているので介護保険は利用しておりませんし、病気では受けられず、どうしようかとても困っています。
仕事を辞めるにしても期間が短く2週間位は一人きりになってしまいます。
経験者の方、良い方法があれば是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1クールは何週ですか?
毎週なのか3~4週間に1回なのかで話が違うと思います。

病院によっては毎回(3週に1回くらい)1泊2日と言う話も聞きます。
1クール目だけでは様子は掴みきれないと思いますが、必ず吐くわけでもないです。
私も抗がん剤治療中ですが吐いたことはありません。薬によると思いますが、私が使っている薬では「吐き気は出ても吐いたという人は聞いたことがない」そうです。
それに 人によって違いますから。1クール目の症状によっては薬の量を減らすなり、毎回泊まりにしてもらうなり、吐き気止めの薬を処方してもらうなり、対策はできると思います。

Q腹膜って何??

臓器は腹膜に包まれているといいますが、おなかの皮の内側も腹膜ですよね??一体どうなっているのでしょうか!?また横隔膜も腹膜に覆われてるのですがもっとわからなくなりました・・どなたか説明お願いします!
腹膜と横隔膜の厚さもよろしければ教えてください。
あと、横隔膜下腹膜とはどこなのかも教えてください
よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

まずこの図を見てください赤い部分が腹膜です

http://www.fresenius.co.jp/dialysis/dialysis2.html
人のおなかには胃腸、膵臓、肝臓、腎臓、濃厚、脾臓、子宮などさまざまな臓器が入っています。それぞれの臓器を区分し、互いに絡まないようにしているのが腹膜です。
  腹膜は厚さ1mmにも満たない非常に薄い枚の膜です。小腸や肝臓などを包んでいる臓器側の膜と、壁側の腹膜で全体としてはつながっていて袋のようになっています。2枚の腹膜の間の空間を「腹腔」と呼びます。
これは本来のご質問とは少し外れますが...
腎不全の患者さんのほとんどは 血液を機械で体外循環させて透析を行う血液透析をメインの治療法としていますが 数%の患者さんは 腹腔内に透析液を入れたり出したりする事で血液浄化をするCAPD(腹膜透析法)と呼ばれる方法で生命維持しています
1.5-2.0平方メートルの表面積をもつ腹膜が腎不全患者さんの血液浄化に一役買っているのです

http://www.fuso-pharm.co.jp/toseki/capd.html

まずこの図を見てください赤い部分が腹膜です

http://www.fresenius.co.jp/dialysis/dialysis2.html
人のおなかには胃腸、膵臓、肝臓、腎臓、濃厚、脾臓、子宮などさまざまな臓器が入っています。それぞれの臓器を区分し、互いに絡まないようにしているのが腹膜です。
  腹膜は厚さ1mmにも満たない非常に薄い枚の膜です。小腸や肝臓などを包んでいる臓器側の膜と、壁側の腹膜で全体としてはつながっていて袋のようになっています。2枚の腹膜の間の空間を「腹腔」と呼びます。
これは本来のご質問とは少し...続きを読む

Q漢方抗がん剤治療 がん免疫治療

娘の同級生が脳幹に腫瘍ができ、1年後の生存率が50%と言われたそうです。脳幹部腫瘍は手術できないらしいですが、可能性は低くても何か有効な治療はないしょうか?自分でインターネットで調べたところ、漢方抗がん剤治療と免疫治療が目に留まりました。このような治療は、有効な場合があるのでしょうか?

Aベストアンサー

「免疫療法」および「サプリメント」に関して私が記載させて頂いた下記のANo.3を参考下さい。この中に記載のハスミワクチンは保険は使えませんが費用は「30万円/年」程度です。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、同じく私が記載させて頂いた下記のANo.2も参考下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1459999

Q腹膜と後腹膜の違い

腹膜と後腹膜はどのような違いがあるのですか?
まったく違う場所の事なんですか?

Aベストアンサー

ここら辺は医療関係の学生にとっても絵や写真・現物を見てみないとぴんと来ない、分りずらいところではあります。(笑)

>後腹膜は膜ではないんですか・・

そうなんです。後腹膜と言うよりも腹膜後といった方が分りやすいかもしれませんが、そう呼ばれています。膜ではなくて、スペースのことを指します。

>袋みたいに臓器を覆っているものだと想像していました。
>では後腹膜とは、どこの場所なのでしょうか。

(ちょっと乱暴な説明です。正確ではないかもしれませんが)腹壁の内側を覆うのが腹膜(漿膜)ですが、腹壁の内側全てをびっちり覆っているのではなく少し空気の抜けた風船のように、場所によっては腹壁と少し間が空いたところがあります。風船の中の空間が腹膜腔、この風船の皮(腹膜)と腹壁との隙間を後腹膜と呼びます。

 plaza.umin.ac.jp/~histsite/kanmaku.pdf (こちらも参考になるかもしれません)

Q抗がん剤で視力低下、涙目

胃がんで昨年10月よりTS-1を服用です、12月1日時点で左右視力1.2でした。
目が見え難くなり、また涙目で3月1日にまた近所の眼科に行ったら右0.2 左0.5でした。
明日大学病院の眼科に受診に行きます、抗がん剤中止は転移の心配もあり、悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

悩ましい気持ちは分かりますが質問になっていません。何をどうしたいのか自分の気持ちをはっきりさせるように整理することが重要です。
「悩んでいます」では「はぁそうですか」としか回答できないですよ。

TS-1の副作用が出ているのでしょう。問題は投与を中止しなきゃいけないほど角膜や涙道に起きている障害が重いかどうか。
しっかり医師に話して、場合によっては癌の方の主治医と連絡を取り合ってもらって別の抗がん剤に変えてもらうなどの対応をお願いするしかないと思います。

Q飼い猫を助けたいのです 腹膜炎&リンパ腫

うちの猫(ノラ猫なので年齢は定かではありませんが、6、7歳くらい)のことで相談です。
歯の痛みが激しく、手で引っかくようなしぐさをすることから、病院にいったのが、5年前くらいからです。
そのとき、FIVと診断されました。その後下記のような診断で現在に至ります。

2004年 FIV(猫免疫不全ウイルス感染症)が判明する。
2006年 歯の痛みが激しくなり、2度抜歯
2008年 CT検査にて、腸管リンパ腫 腹膜炎をおこしている可能性があると診断

同年
3/5 
【症状】20回以上の嘔吐。(白い唾液のようなもの)その後つばをためて、泡を吹く。部屋の隅に行き、じっとしている。食欲なし。水もほとんど飲まず。
3/6 病院に連れて行き、脱水症状を起こしているとのことで、皮下点滴と抗生物質打ってもらう。熱があり、解熱剤を使う。39.0度近くある。 
3/10 同じく症状が変わらない為、血液検査と、皮下点滴と抗生物質打ってもらう。WBCの数値が倍になっている。熱は38.7度

<2008年3月>
HCB 29.9% HGB 9.5g/dl MCHC 31.8g/dl WBC 24.9 GRANS 18.7 %GRANTS 75% L/M 6.2 %L/M 25%
★過去の記録★
<2008年2月>
HCB 34.9% HGB 11.4g/dl MCHC 32.7g/dl WBC 10.61 GRANS 5.9 %GRANTS 56% L/M 4.7 %L/M 44%
<2007年5月>
HCB 38.6% HGB 12.5g/dl MCHC 32.4g/dl WBC 11.1 GRANS 5.9 %GRANTS 53% L/M 5.2 %L/M 47% 

3/12 状態は変わらず。嘔吐はなくなったものの、食欲はなく、ふらつくため、病院へ。

レントゲンが真っ白で内臓が写らないため、CTをおこなったところ、腸管型リンパ腫(FIVにより)、
腹膜炎をおこしている疑い。抗生剤と皮下点滴 熱は平熱

3/13~現在 毎日、皮下点滴と抗生物質打ってもらう。

腹膜炎の疑いがあるため、ステロイドの使用の危険もあるとのことで、
様子を見ています。抗がん剤による副作用とリスクがあることも心配ですが、このまま衰弱してしまうのも怖いです。

出来る限りのことをしたいのですが、猫の負担になることは無理にはしたくありません。
どなたか同じ病気の猫ちゃんを飼っている方、アドバイスをください。宜しくお願いします。

うちの猫(ノラ猫なので年齢は定かではありませんが、6、7歳くらい)のことで相談です。
歯の痛みが激しく、手で引っかくようなしぐさをすることから、病院にいったのが、5年前くらいからです。
そのとき、FIVと診断されました。その後下記のような診断で現在に至ります。

2004年 FIV(猫免疫不全ウイルス感染症)が判明する。
2006年 歯の痛みが激しくなり、2度抜歯
2008年 CT検査にて、腸管リンパ腫 腹膜炎をおこしている可能性があると診断

同年
3/5 
【症状】20回以上の嘔吐。(白い唾液のよ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
猫ちゃん、本当に大変ですね。
質問ですが、腹膜炎は猫伝染性腹膜炎ではなく、
腸のリンパ腫からのものですか?

http://sinryou.gozaru.jp/A3_1.htm
こちらの病院では
この猫ちゃんのような症例の猫ちゃんたちを
よく診て下さっていい成果を挙げてらっしゃるみたいです。
もしお近くにお住まいならと思って一応お教えさせて頂きました。
あまり知られていない(うちの担当の先生も動物に有効とは
ご存知無かったです)
セファランチンと言う薬も積極的に使われているみたいです。

Qメニエール病の進行による難聴の進行について教えてください。

メニエール病の進行による難聴の進行について教えてください。
一般的にメニエール病は激しい回転性めまいを繰り返しながら、何年かかかり、めまいの度に、難聴をきたしてゆくケースが多いと、記載されているのをみますが、私のケースでは、最初は、良性発作性頭位めまいを起こして、以後、1年半、一度も、回転性めまいはありません(但し、浮動性めまいはあります)、ところが、最近、ほとんど毎日、耳が張った感じとともに、聞こえにくい感じがしています。
こんな感じで、回転性めまいを起こさないままで、フワフワめまいのみで、数年を経過しながら、序序に難聴が進行してゆくケースってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

良性発作性頭位目眩は耳石が原因。メニエールは内リンパ水腫が原因。このように認識していますが?

耳鳴り、難聴、耳閉感を伴う物には、突発性難聴、急性低音障害型感音難聴などもあります。急性低音障害型感音難聴はメニエールの初期症状と考えられる事も多いようです。メニエールには目眩の伴わない物も有ると医師に聞きました。

耳鼻科にかかっておられますか?投薬治療受けておられますか?

Q腹膜の癌に対するラジオ波焼灼について

 私の父の事ですが、4年前に大腸癌が発覚し摘出手術をしました。
その後、肝臓や肺への転移が確認されましたが、幸運にも、良い先生に診ていただけ、ラジオ波焼灼と抗がん剤の併用で今まで来ています。
今回、腹膜へ転移した癌(腹膜播種?)の一つが大きくなり、腸閉塞の危険性が高くなったということで、腹膜癌に対するラジオ波焼灼をする事になりました。父は、主治医の先生の技術はとても信頼しているので、これまでやってきた肝臓へのラジオ波焼灼よりもリスクが高いと説明されましたが、手術を受けるつもりでいます。反面、どんな事も、自分でも情報を収集して理解しておきたいという性格の父なので、これまでもインターネットで情報を集めてきました。
ですが、今回の腹膜癌へのラジオ波焼灼に関しては、中々情報が見つけられません。
「ここの病院で実績があるよ」とか、「腹膜癌の治療について相談するならここ」など、どんな事でも構いません。腹膜癌に対するラジオ波焼灼について知ることの出来るサイトなど、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

腹膜へ転移した腫瘍に対してのRFA(ラジオ波焼灼術)は……、(1)腹膜自体が薄い膜なので超音波ガイド下でも穿孔させる恐れがある。(2)腹膜転移では微小な腫瘍がばらまかれたように転移している症例が多いので、RFAで全ての腫瘍を焼灼することが不可能に近く、再発を繰り返す。(3)腹膜転移では腹腔内に播種して癌性腹水を引き起こしている症例が多く、RFAは癌性腹水に対して無効である。腹膜転移(癌性腹水)に対する治療には、通常は抗がん剤の腹腔内注入が施行される場合が多い。

上記の理由などから主治医はリスクが高いと説明されたと思われます。
尚、RFA治療に関しては……、岡山大学医学部放射線科の金沢教授が日本におけるRFAのパイオニア的存在です。

Q抗うつ剤について

最近、ネット上で、抗うつ剤は、太るというような情報を
チラッとみたのですが、私が使用しているものもそうなのか心配に
なり相談してみることにしました。
 私は、まだ使用開始して1ヶ月弱です。
”MS-25”という薬です。
どなたか、この薬について 副作用含め、おしえてもらえませんか。

医者には、頭痛や吐き気、眠気があることは きいています。

Aベストアンサー

MS-25は成分名をフルボキサミンといい、SSRIという範疇に属する抗うつ薬ですね。抗うつ薬の中には三環系やMAO阻害剤と呼ばれる強い効果を持つ(その分副作用も強く使い方が難しい)がありますが、それに対してフルボキサミンのようなSSRIは作用がマイルドで、主に比較的軽いうつに使用される薬剤です。さて太るかどうかなのですが、これは多分そういうことはないと思います。SSRIの中には、強迫神経症やパニック障害など、うつ以外の適応症を海外で認められているものもありますし、なにより過食症の治療薬として用いられているものもあったと記憶しています。過食症に使用される薬剤を服用して逆に太ってしまう(この場合太る=食べる量が増す=食欲中枢を刺激する・・を意味していると思いますが、SSRIは逆に中枢作用で食欲を抑制する)のでは、話が逆です。ですのであまり心配することはないかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報