通常屋外で舞っている埃の粒度分布はどれくらいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大気中に浮遊する粒子状物質にはミスト(気体中に含まれる液体の粒子の総称)、


ばいじん、ダスト、ヒューム、粉じん、エーロゾル(空気中に固体または液体の
微細な粒子が散在している状態.エアロゾルともいう)などがあり、10μm
(1μmは1000分の1mm)以下の粒子をいう。多成分で広い粒度分布を持っている。
発生源はボイラー,溶鉱炉,自動車排ガスなどである。都市のビルの外壁の付着物
の粉じんを分析してみると、鉛、亜鉛、カドミウム、鉄が多く、これら金属の発
生源として自動車と工場からの排煙が考えられている。工場からの排ガス規制後
は粉じん中の金属量は減少したので、現在の都市の粉じんの発生源は、主として
自動車であるといわれている。
    • good
    • 0

こんばんは


粒子を構成する物質の比重にもよりますが、空気中に飛散する粒子の径は概ね10ミクロン以下です。我が国では、10ミクロン以下の粒子径の物質を浮遊粒子状物質として定義して環境基準として定めています。
一方、労働安全衛生法では、作業場の粉じんの作業環境の基準値をもう少し小さい径(7.07ミクロン)に対して定めています。
最近、アメリカでは2,5ミクロン以下の粒子を環境基準として定め、日本でも導入の動きがあります。
空気中のちりと言っても、季節や地域によって違います。
質問の趣旨がよく分かりませんが補足して下さい。

この回答への補足

埃に対する汚染性試験を行うのにどのくらいの粒度の粉体を使ったらよいか調べています。

補足日時:2001/11/12 17:43
    • good
    • 0

20年前か30年前に読んだないようなので.記憶があいまいです。


空気りゅうけい換算(比重が一定していないので.比重1の球体に換算して)で
0.1umから5um程度だったと思います。

図書館で下記本を探して読んでください。
東京化学同人発行
環境汚染物質の生体への影響.
気中粒子状物質
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフローリングに白い粉が出現してしまう・・

今住んでるマンションのフローリング床が、すぐ掃除しても白い粉みたいなものが出るんです。住んで5年になりますが最初の3年位はまったく無かったんですがここ2年位からです。スリッパのせいかなと思い買い換えても一緒でした。掃除機かけてスリッパで歩くと歩いた側から白い粉みたいなものが出るです。いったい何なんでしょうか・・?近所の工事の埃かなとも思うんですが窓を閉め切っていてもだめでした。交通量の多い場所ではありません。いったい何なんでしょうか・?ちなみにその粉みたいなものと一緒に紙の切り屑?みたいなものも混じっています。同じマンションの住民の方には聞いていませんが・・どなたかこの現象教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

普段の拭き掃除はどうされていますか?
ワックスはかけ直しましたか?
長い期間でワックスが剥がれ落ち、静電気でチリが溜まるのかもしれません。
ワックスがけをするか、フローリング専用の洗剤で拭くかしても改善しないようでしたら別の理由かもしれません。

紙の切り屑は何処からくるのか、わかりませんが、まさかネズミでもいるなんて事はないですよね。
それとペットは飼っていませんよね?

Q埃はどこから

どのカテゴリーかよくわからなかったのですが、周りの環境に関係ありそうなのでここで質問させていただきます。カテ違いの指摘もよろしくお願いします。

よく小説などで「屋敷の中にはほこりが積もり」なんてありますが、埃はもともとどこから来るのでしょうか。衣料などの繊維が主と聞いたこともあるのですが本当でしょうか。もしそうだとすると屋敷にどこにも隙間がなければ埃はいつまでも積もり続けず、ある程度日数がたったらもう積もらなくなる気がするのですがどうでしょうか。どれくらいの日数で積もらなくなるのでしょうか。何センチくらいならあり得そうなのでしょうか。実際、古屋敷なら当然隙間があるでしょうからいくらでも積もり続けるのかもしれませんが。

Aベストアンサー

屋敷にどこにも隙間がなければ~とおっしゃられていまうすが、密閉した空間でなければ、それは難しいのでは?それこそ、ビンに栓をするように。
人の目に見えないほどの隙間や、開口部などは普通あるものです。

埃は、
・服やじゅうたん、布団などからでる繊維。
・外からの土ぼこりほか。
・人間や動物の髪の毛や皮脂。
このあたりが主なものだと思われます。

ですので人が生活している限りは、掃除をしなければ埃はたまっていくものでしょう。

また誰も住んでいない屋敷ということでも、わずかながら空気が流れる隙間はあるものです。それは人が感じない、ごくわずかなものだと思われます。
そうであれば、外で舞っているチリが少しずつでも部屋の中にたまっていくでしょう。その環境次第でしょうが、積もらなくなるということはなく、時間を置けばドンドンつもっていくものかと。もちろん‘チリ’ですから、何十年経ったとしても、わずかな積もり方しかしないでしょうけどね。

古屋敷でなく、昨今の密閉式に近いマンションなどなら、放置していてもそうは積もらないとは思いますけどね。ただし人がいなくなる直前の空気に浮遊しているチリは、積もる形にはなるでしょう。

あくまで素人判断ながら、進言してみました。

屋敷にどこにも隙間がなければ~とおっしゃられていまうすが、密閉した空間でなければ、それは難しいのでは?それこそ、ビンに栓をするように。
人の目に見えないほどの隙間や、開口部などは普通あるものです。

埃は、
・服やじゅうたん、布団などからでる繊維。
・外からの土ぼこりほか。
・人間や動物の髪の毛や皮脂。
このあたりが主なものだと思われます。

ですので人が生活している限りは、掃除をしなければ埃はたまっていくものでしょう。

また誰も住んでいない屋敷ということでも、わずかな...続きを読む

Q電池の長期保管と白い粉

電池を安い時に買いだめして、普通に保管していたところ、表面に白い粉をふいていました。(アルカリ電池)

表面に白い粉をふいている電池でも、白い粉をティッシュなどで拭き取れば、利用して差し支えないのでしょうか。また、この白い粉に手が触れてしまっても、特に問題はないですか?

Aベストアンサー

それは「漏液」では無いでしょうか。
説明は下記をご覧下さい。
アルカリ性が強いらしいので皮膚に直接着けない方が良さそうですね。

-----------------------記-----------------------
 漏液とは電池内部から電解液が漏れ出す現象のことです。
漏液の原因の主なものには、過放電、逆挿入、ショート、誤った充電等があります。
アルカリ系電池(電解液に強アルカリの液体を使用する電池)の場合、漏液について一般的にはソルティング(salting)、 クリープ(creepage)、リーク(leakage)の3段階に区別しています。
 ソルティングとは電池封口部分にわずかに白い粉が認められ、布で軽く拭くことによって容易に除去できる程度のものをいい、 実用にはほとんど支障が無く、電気特性的には全く影響の無いものです。

 クリープとは封口部分から電解液の這い上がり現象が認められ、 そのときの外囲条件によって湿っていたり乾いていたりするもので、時には相手端子を腐食したり接触不良を 起こしたりすることがあります。

 内部抵抗は、通電電流、周囲温度、電極構造に依存します。
一般的に通電電流が大きくなるほど、周囲温度が低くなるほど内部抵抗は大きくなります。
構造的には極間距離(正極と負極の電極間距離)が大きくなるほど、 電極面積が小さくなるほど内部抵抗は大きくなります。

 リークとは封口不良部分などから電解液が漏れているもので、明らかに不良とされるものです。

それは「漏液」では無いでしょうか。
説明は下記をご覧下さい。
アルカリ性が強いらしいので皮膚に直接着けない方が良さそうですね。

-----------------------記-----------------------
 漏液とは電池内部から電解液が漏れ出す現象のことです。
漏液の原因の主なものには、過放電、逆挿入、ショート、誤った充電等があります。
アルカリ系電池(電解液に強アルカリの液体を使用する電池)の場合、漏液について一般的にはソルティング(salting)、 クリープ(creepage)、リーク(leakage)の3段階に区別してい...続きを読む

Q日本人は毎年、どれくらいの木を消費しているのですか?

環境問題をもっと身近に考えるために、日本は毎年どのくらいの森林を伐採しているのか、具体的に教えていただきたいのですが…。例えば、日本の面積の約半分とか、韓国と同じくらいの面積の森林伐採をしているとか。後何年したら、森林は消えてしまうのか、紙を一年にどれくらい無駄に消費しているのか。もしこれをしなかったら、何本分の森林が伐採されなくて済む…などというような、回答をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記URL参照

●http://www.ecology.or.jp/practice/0001.html
●http://www.cfqlcs.go.jp/technical_information/tree_and_life/wl20.htm

Q大福餅にまぶしてある白い粉は何?

大福餅を包むように塗している白い粉は一般に何と呼べばよろしいのでしょうか?
菓子パンの中にも白い粉をふりかけたものがありますが、それは何と呼べばよろしいですか?

小麦粉とか片栗粉とかの表現を期待しています。

Aベストアンサー

> 小麦粉とか大福餅を包むように塗している白い粉は一般に何と呼べばよろしいのでしょうか?
> 片栗粉とかの表現を期待しています。

片栗粉(馬鈴薯でんぷん)です。

> 菓子パンの中にも白い粉をふりかけたものがありますが、それは何と呼べばよろしいですか?

粉砂糖です。

参考URL
いちご大福の作り方
http://www.sueki.jp/R01.html

参考URL:http://www.sueki.jp/R01.html

Q気体の分布

気体には留まりやすい層があるとおもいますが、どう判断するのでしょうか?
たとえば一酸化炭素は下層に留まりやすいなどあると思うのですが・・・

Aベストアンサー

「同じ温度で」「ゆっくりと混ざりにくい状態で」流れてきた場合は、

空気(酸素20%:窒素80%)の分子量より大きい化学物質(重い分子)なら空気より重くて下に回りこみ、分子量が小さい(軽い)分子なら空気より軽くて上に回りこみます。

空気は、
- 酸素(の気体)はO2、つまり酸素原子Oの原子量16が2つつながっているので、酸素分子の分子量が32
- 窒素(の気体)はN2、つまり窒素原子Nの原子量14が2つつながっているので、窒素分子の分子量が28

これらが、20:80で混ざっているので、空気という混合物としてみると分子量はおよそ28.8になります。

さて、一酸化炭素は CO 、つまり、炭素原子Cの原子量12に酸素Oの16が加わって28となります。ですから、空気より少し軽いくらいで、上に行きやすい傾向があります。下にためようとすると、一酸化炭素は空気より冷たくないと密度が上がらないので、もぐりこんでくれないでしょうし、温度が一定になるとともに、空気の上に行こうとしはじめてグチャグチャに混ざるでしょう。

一方、二酸化炭素は CO2 、つまり、炭素原子Cの原子量12に酸素Oの16が2つ加わって44となります。ですから、空気よりかなり重く、下に行きやすい傾向があります。よくドライアイスを使う実験室や作業場で起こりますが、ドライアイスが気体の二酸化炭素になったとき、空気よりはるかに冷たく密度がさらに上がった状態で部屋の下にもぐりこむように広がるので、寝ていたらすぐに、座っていても、知らないうちに二酸化炭素の洪水の中に埋まってしまい、窒息死する危険があります。

これと同じような事故は、液体窒素でも起きます。窒素分子の分子量は28ですから、先の一酸化炭素と同じで、空気より軽い気体です。しかし、液体窒素が気体の窒素になったとき、空気よりはるかに冷たく密度が上がることで、部屋の下にもぐりこむように広がるのです。これで、換気の悪い実験室で、窒素で満たされてしまって酸欠による窒息でなくなる学生さんもいらっしゃったくらいです。

一家に1枚|科学技術週間 SCIENCE & TECHNOLOGY WEEK
http://stw.mext.go.jp/series.html

「同じ温度で」「ゆっくりと混ざりにくい状態で」流れてきた場合は、

空気(酸素20%:窒素80%)の分子量より大きい化学物質(重い分子)なら空気より重くて下に回りこみ、分子量が小さい(軽い)分子なら空気より軽くて上に回りこみます。

空気は、
- 酸素(の気体)はO2、つまり酸素原子Oの原子量16が2つつながっているので、酸素分子の分子量が32
- 窒素(の気体)はN2、つまり窒素原子Nの原子量14が2つつながっているので、窒素分子の分子量が28

これらが、20:80で混ざっているの...続きを読む

Qバッテリーターミナルの白い粉は何ですか?

バッテリーターミナルの白い粉は何ですか?
漏電の原因を調べていたら老朽化した電動フォークリフトが充電中の時でした。バッテリターミナル部に白い粉ば積もり積もって筐体に接触してましたが これ導電性は有りますか原因は他みたいで未だ解決してません。

Aベストアンサー

1)鉛ーバッテリーの充電時には、次の反応 が左から右におこり、放電時は 右から左に、
  2PbSO4(s) + 6 H2O = Pb(s) + PbO2(s) + 2SO4^-- + 4H3O^+
2)充電前は白い粉はなかったですか? この反応で (s) は個体を意味しています。
3)古い鉛ーバッテリーは密封されてなく、蒸留水の供給などがあり、充電、放電 が盛んであって、コントロールされた、充電でなければ、(s) と なる PbSO4 (硫酸鉛)、Pb(鉛) PbO2(酸化鉛)がすきまから飛び出してきます。
4)白い粉は多分PbSO4 でしょうが、Pbの可能性もあります。PbSO4 は導電性は非常に少ない(純粋なPbSO4でないので)、バッテリーを扱う時は、厚いゴム製の手袋、眼鏡を使用。
5)充電はコントロールしないと、水の電解も起こり、ガス(水素、酸素)の発生もあり、バッテリーの寿命が短くなります。

Q針葉樹林の分布について

調べてみましたが資料を見つけることができませんでした。
よろしくお願いします。

(1)針葉樹林からなる森林は、アフリカに分布していますか。
(2)針葉樹林帯は北半球のユーラシア、北米の亜寒帯域のみと考えるのでしょうか。
(3)針葉樹林帯において、カラマツは点在しかしていないのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)針葉樹が生育出来る場所や条件さえあれば、樹林帯となりえますので存在します。
但しアフリカでは生育条件の劣化により縮小傾向にある様です。
(2)そんな事はありません。天然に植わっている物以外でも人間が人為的に植えた物もありますし、(1)の理由同様に地球全体に元々様々な分布の形で存在しています。
(3)(1)の理由同様に生育条件さえあれば纏まっている場合もあれば、人間が人為的に植えた樹林帯に
纏まって植わっている場合もあります。

Qサボテンのフーケリーの表面についている白い粉のようなものについて

いつもお世話になっております。
家にサボテン(たぶんフーケリー)があるのですが、葉の表面に、白い粉のようなものが、全体に付いていると思います。葉を手でふくと取れて、つやつやした緑色の表面がでてきます。
この白い粉のようなものは、どういったものなのでしょうか。フーケリーにとって、何か役に立つものなのでしょうか。
この白い粉のようなものについて、何か詳しい情報がございましたら、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

多肉植物とは関係ないですが、
果物の表面の白い粉「果粉」は、ロウ状の物質で、
病気や虫を防ぐ効果があるそうです。

フーケリーも、無駄に粉を吹いているわけではないと思うので、
そういった効果があるのではないでしょうか。

拭き取ってしまうと元に戻りませんので、指で触れないようにしたほうが良いです。

ちなみに・・・
パキフィツム属 ベンケイソウ科 フーケリーですね。
サボテンとはまったく無縁の、多肉植物、です。
よくある誤解なのですが、これは、
ユリと薔薇をまとめて「薔薇」と呼んでしまうようなモノです。

Q水は一日にどれくらいの割合で消滅しているか

水という資源も限りがあって、いつかはこの地球上から消滅してしまうと言いますよね。

ふと思ったのですが、実際には一日にどれくらいの割合で無くなっていっているのでしょうか?何万トン?

Aベストアンサー

水は海水や淡水や氷河や水蒸気など様々な形で天然に存在していますが、かなり複雑に循環し続けているので簡単にはなくならないと思います。結局気化させるにせよ生物が飲用しようとも形が変わるだけで地球上には存在しているわけですから・・・。太陽光による蒸発だけにしてみてもおよそ4000年程度かかります。
ただ水という資源に関してはその状態(汚れ具合など)が問題なのだと思いますよ。


人気Q&Aランキング