タイトルそのままです。お願いします。

A 回答 (1件)

身近なものに例えて言うならば、自動車のエンジンとギアの関係で説明できます。

まず、ドライブ側に対して負荷が小さい場合は、低すぎるギアーで走っている状態で表現します。この状態では負荷が軽すぎる(インピーダンスが大きい)ため、エンジンの持っているエネルギーを十分にスピードに変換でき無い状態で、エンジンの回転ばかり上がってスピードは一向に上がりません。ちょうど良いギアで走っている状態ではエンジンの回転は有効に使われて、快調に(インピーダンスのマッチングが取れている)走れます。高すぎるギア(負荷のインピーダンスが低すぎる)では、いくらアクセルを踏んでも加速することが出来ず、エンジンはノッキングをして悲鳴をあげるでしょう。さらに酷くなればエンジンは止まってしまいます。これと同じことが電気回路でも言えるのです。例えば真空管で構成されたアンプは出力電圧は高いのですが、電流はわずかしか取れません。これではとてもスピーカを鳴らすことなど出来ないので、出力にトランスを用いて振幅(電圧の変化)は小さくなる代わりに電流を十分取れるように、インピーダンス変換をするわけです。トランスの効率が100%ならトランスの前後で電力の値は同じになります。

また、インピーダンスが高いセンサーやマイクなどの機器を、入力インピーダンスの低い回路につないだ場合など、センサーやマイクなどをショートしたような状態になり十分な出力電圧を得られないばかりか、信号の歪や非直線性の原因、酷いときにはセンサーなどを破壊してしまう場合もあります。そこで、FETなどを用いた十分に高い入力インピーダンスの回路を間にいれて整合を取ります。

高周波ではインピーダンスのマッチングが取れていないと回路の終端からの反射の影響が大きいので、非常に大きなロスを生んだり思いもしない信号が出てしまったりします。

インピーダンスの整合を取るということは正しい波形の伝送や電力の有効利用のために非常に重要な要素です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございます。大変助かりました。機会があったらまたお願いします。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半二重通信の伝送路のインピーダンス整合について

半二重通信は1つの伝送路で上りと下りの通信を行うので、

信号源と伝送路の間にR、L、Cを用いてインピーダンス整合すると、

上りと下りでインピーダンスが変わってしまうと思います。

実際どのようにしてインピーダンス整合を行っているのでしょうか。

どなたか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>伝送路に入力する信号の帯域のことでしょうか?
伝送路を通過できる信号の帯域です。
パルス信号には色々な周波数が含まれています。
帯域の狭い伝送路にパルス信号が流れるといくつかの周波数が欠落する為、元の信号と波形が異なって来ます。
波形の変化が大きくなるとまともな通信が出来なくなります。
L、Cを入れる事による帯域の変化が問題にならない場合はL、Cを使う事も有ります。
しかし、このL、Cはインピーダンス整合の目的では有りません。
直流を阻止する、又は直流だけを通過させるためです。

>ハイインピーダンスだとなぜ、線路への影響が少なくなるのでしょうか?
ハイインピーダンスと言うのはオープン状態に近くなるという事です。
オープンであるなら、何もつながないのと同じ事です。
それでは、ドライバのハイインピーダンスと言うのはどういう事かと言うと、
この場合のドライバの出力は定電流回路になっています。
線路を流れてきた信号は定電流回路には流れ込まないので流れてきた信号にとってはオープンと同じ事です。
理想的な定電流回路では線路の電圧の影響を受けずに希望の電流を流す事が出来ます。
終端された線路には「1/2×線路のインピーダンス×電流」の電圧が発生します。


RS485の様な多対多の通信の場合、終端抵抗は線路のもっとも端の2か所に接続します。
こちらを参考に
http://www.tij.co.jp/jp/lit/an/jaja179/jaja179.pdf

>伝送路に入力する信号の帯域のことでしょうか?
伝送路を通過できる信号の帯域です。
パルス信号には色々な周波数が含まれています。
帯域の狭い伝送路にパルス信号が流れるといくつかの周波数が欠落する為、元の信号と波形が異なって来ます。
波形の変化が大きくなるとまともな通信が出来なくなります。
L、Cを入れる事による帯域の変化が問題にならない場合はL、Cを使う事も有ります。
しかし、このL、Cはインピーダンス整合の目的では有りません。
直流を阻止する、又は直流だけを通過させるためです。

>ハ...続きを読む

Qお願いします!世界史に関する質問です!受験勉強ですので、正確な知識のご教示をお願いします。いつもお世

お願いします!世界史に関する質問です!受験勉強ですので、正確な知識のご教示をお願いします。いつもお世話になり、ありがとうございます☺︎

甘粛、烏孫、烏垣について詳しく教えてください。教科書も拝見しましたが、あまり書いてありませんでした。年代や系統、特徴等、知っている範囲で詳しくお願いしたいです

Aベストアンサー

甘粛はモンゴル・西域に接する重要な場所であり、
漢代には涼州と呼ばれ、北宋代に甘州と粛州がありました。
西夏王国がこれらを併せて「甘粛軍司」を設置したのが、甘粛の起源様ですね。
元代には「甘粛行省」が設置され、省級レベルの行政区となり、清代には現在の甘粛省が成立しています。
因みに黄河が省中央部を横断し、省域は西北に向かって長く延びている為、河西回廊と呼ばれているようです。

烏孫は、紀元前161年から5世紀にかけて、イシク湖辺り(今のキルギス辺り)に存在した遊牧国家ですね。
5世紀から6世紀にかけて烏孫族は姿を消したと言われています。
秦の末年、匈奴が冒頓単于のもとでモンゴル高原を統一、
前漢の孝文帝の時代になり、その周辺国であった烏孫を含めたタリム盆地の26国は匈奴に征服されますが、
その際、烏孫王であった難兜靡は殺され、子の昆莫が匈奴のもとで育てられたと言われています。
後に昆莫は匈奴で手柄を立てるようになり、老上単于から烏孫の民を返され、西城を鎮守しながらも、次第に勢力を増していきます。
以降は後漢の時代・北魏の時代と移り変わりますが、烏孫はたびたび柔然に侵され、西の葱嶺山中に移り、
最終的には姿を消していきます。

烏桓は、紀元前1世紀から紀元後3世紀にかけて中国北部…現在の内モンゴル自治区に存在していた民族ですね。
(三国志等では烏丸と表記されています)
こちらについては色々と歴史や習慣・風俗が有るので、
教科書等や他にも資料をお持ちなら「烏丸」の方で記載されているかもしれないので少し見直してみると良いかもしれないですね。

甘粛はモンゴル・西域に接する重要な場所であり、
漢代には涼州と呼ばれ、北宋代に甘州と粛州がありました。
西夏王国がこれらを併せて「甘粛軍司」を設置したのが、甘粛の起源様ですね。
元代には「甘粛行省」が設置され、省級レベルの行政区となり、清代には現在の甘粛省が成立しています。
因みに黄河が省中央部を横断し、省域は西北に向かって長く延びている為、河西回廊と呼ばれているようです。

烏孫は、紀元前161年から5世紀にかけて、イシク湖辺り(今のキルギス辺り)に存在した遊牧国家ですね。
5世紀...続きを読む

Qインピーダンス整合に関して

今、インピーダンス整合について調べています。

ある物体(RとCの並列抵抗)に対して、ある装置から渦電流を発生させることについて考えています。

装置の出力にはコイルとコンデンサが含まれていると考えると、装置のコイルの容量を変化させれば、生体とのインピーダンス整合があうというものなのですが、考え方としては、物体側のインピーダンスと装置の出力側のインピーダンスがあっていれば、最大電力を得られる。そのために装置のコンデンサの容量を変化させて、装置の出力インピーダンスを物体のインピーダンスに合わせているということでよろしいのでしょうか。

どなたかお願いします。

Aベストアンサー

ふーむ。どうやら
生体に渦電流を発生させる。生体の電気特性はRとCで模擬される。ある装置というのはコイルに高周波電流を流して高周波磁場を発生させるものだ。「装置のコイルの容量を変化させれば」とあるのは、コイルとコンデンサが共振回路を形成していてコンデンサを変化させるという意味だ。ということだと推測します。
そうだとして、

この場合、コンデンサでインピーダンス整合を取っているのは、高周波電流出力回路(通常はRFアンプ?)の出力インピーダンス(通常は同軸ケーブルを含めて50オーム)に共振回路のインピーダンスを合わせていることになります。(共振回路だと無限大とか0とか思われそうですが、共振回路にはロス抵抗があり、このために共振回路インピーダンスは有限の実数になります。50オームに整合させることは可能です。)
この直接の目的は、高周波なので#1様の言われる反射の問題を避けるためです。

直接的には反射回避のために整合をとっているわけではありますが、
電力伝達効率という点で考えてみると、もし十分に出来の良いコイルであれば、上記共振回路のロス抵抗はコイル自身の抵抗の他に実は生体に流れる渦電流によるジュール損の抵抗表現も足されたものです(ここはかなり高度の話です)。反射最小の条件というのは、ロス抵抗に最大効率で電力が供給されるということを意味し、従って効率よく生体に渦電流でエネルギーをぶちこんでいる状況ともなっている。

というように考えられます。


なお、インピーダンス整合を、「負荷に最大の電力を供給するために装置側の出力インピーダンスを負荷インピーダンスに整合させる」と理解するのは誤りです。なぜって、負荷インピーダンスが決まっていれば、装置側の出力インピーダンスが低ければ低いほどが負荷にたくさんの電力を供給できます。
そうではなくて、「装置側の出力インピーダンスが決まっているときに、最大の電力を負荷に取り出すためには、負荷インピーダンスは出力インピーダンスに整合させる」と解釈すべきです。

ふーむ。どうやら
生体に渦電流を発生させる。生体の電気特性はRとCで模擬される。ある装置というのはコイルに高周波電流を流して高周波磁場を発生させるものだ。「装置のコイルの容量を変化させれば」とあるのは、コイルとコンデンサが共振回路を形成していてコンデンサを変化させるという意味だ。ということだと推測します。
そうだとして、

この場合、コンデンサでインピーダンス整合を取っているのは、高周波電流出力回路(通常はRFアンプ?)の出力インピーダンス(通常は同軸ケーブルを含めて50オー...続きを読む

Q至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします! を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致

至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします!
を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

Please take care again from today.でどうでしょう?

Qプラズマとインピーダンス整合

マイクロ波放電において、電力線路のインピーダンス整合を行わないと、
プラズマが生成できないのでしょうか?そしてなぜ、インピーダンス整合を
とらないといけないのですか?困っています、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 マイクロ波はふつう2.45HZのISM帯を使うため波長が12cmと短く、チャンバ内で定在波を生じ、磁場との結合場所によっては着火しにくいためです。また、着火後は急速にチャンバ内の電磁波のモードが変化しプラズマが発生したところは、ほとんど吸収体になります。このとき外部から見たインピーダンスをそれにあわせて変化させる必要があります。さらに、これはよくないことですが、プラズマが一定の場所にとどまらず移動してしまう場合もあります。この場合も吸収体が移動したことになり、外部から見るとインピーダンスが代わったように見えます。
マイクロ波は波長が短く、一方のプラズマはマクロサイズであるため、電源系から見るとインピーダンスは極端に変化するように見えます。
これはかならずしもマイクロ波プラズマに限りません。RFプラズマでも整合には苦労しています。

Q校閲お願いします。 長さ、重さの単位変換です 数字に誤りがないか確認してください お願いします 左

校閲お願いします。
長さ、重さの単位変換です
数字に誤りがないか確認してください
お願いします

左下は関係ありません

Aベストアンサー

重量で、「1分」が正式に単位として用いられていたかどうか知りませんが、1分 = 1/10 匁 とすると
 1分 = 0.375 g = 0.000378 kg
です。kg の数値が違っています。同様に
 1匁 = 3.75 g = 0.00378 kg

 尺貫法の「375 g 」の単位が何なのか読めませんが、あまり聞いたことがないような。

 あとは、目的が不明ですが、ヤードポンド法の重量「1ポンド」には
 1 lb = 453.59237 g = 0.45359237 kg
と kg を追加した方がよいと思います。

 それから、ヤードポンド法の ton は非常に紛らわしいので、何らかの「英トン」「米トン」「メートル法のトン」を区別する表記が必要かと思います。ここに書かれているのは「英トン」のようですが。
 「1 ship」と書かれているのが「米トン」のようですが、「ship」という単位表記は見たことがありません。

Q圧電素子(ピエゾ素子)のインピーダンス整合について

今回、初めて質問をさせていただきます。

現在、研究で圧電素子を駆動させて超音波を発生させようとしています。
しかしながら、私は電気回路や素子に関する知識が全く無いので、手当たり次第に情報を集めていたのですが、先日今更ながらに素子を効率的に駆動させる為には、インピーダンス整合(マッチング)を行わなければならないと知りました。

そこで、圧電素子と交流駆動電源間にインピーダンス整合を行う装置やコネクタを取り付けたいと考えているのですが、インピーダンス整合やインピーダンスマッチングで検索をしても、回路の造り方や理論の説明をしてくださっているサイトはあるのですが、装置そのものを製造、販売されているサイトを見つけることが出来ませんでした。

インピーダンス整合の機能を有した装置、コネクタ等をご存知の方、型番や販売メーカー、もしくはその調べ方などを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>インピーダンス整合の機能を有した装置、コネクタ等をご存知の方、型番や販売メーカー
おそらく市販品は見つからないと思いますよ。
こういったものは目的に合わせてその都度設計するものです。

ご存知のように、インピーダンスは複素数で表されます。
汎用の整合装置を作ろうとすると複素平面上の各点に対応する必要が有ります。
また、インピーダンスは周波数によって変化するので、周波数変化にも対応しなければなりません。
通過可能な電力によっても変化します。
という訳で、既製品を用意しようとすると極めて多数の製品を用意する事になり、現実的な対応は不可能です。

ここで相談するよりも、「技術の森」で相談する方が良いでしょう。
http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?lang=ja&site=default&event=TE0001

いずれにしろ、下記のような条件をハッキリさせない事には話が進みません。
最終的な目的(手段について質問する人が多いのですが、目的を達成するための手段が複数ある事も多いのです。手段を限定してしまうと間違った方向に行く事も有ります。)
使用する素子の型名とインピーダンス特性、
使用周波数、連続波かパルス波か
投入電力
予算とスケジュール等

>効率的に駆動させる為には
効率的でなくともよいのであればインピーダンスマッチングを厳密にする必要は無いですね。

高周波回路をきちんと設計しようとすると信号発生器や、ネットワークアナライザ等の高価な測定器が必要となります。

自信が無いのであれば専門家に相談した方が良いでしょう。
「高周波回路 コンサルタント」で検索した時の一例です。
http://www.analog-technology.or.jp/member.html

>インピーダンス整合の機能を有した装置、コネクタ等をご存知の方、型番や販売メーカー
おそらく市販品は見つからないと思いますよ。
こういったものは目的に合わせてその都度設計するものです。

ご存知のように、インピーダンスは複素数で表されます。
汎用の整合装置を作ろうとすると複素平面上の各点に対応する必要が有ります。
また、インピーダンスは周波数によって変化するので、周波数変化にも対応しなければなりません。
通過可能な電力によっても変化します。
という訳で、既製品を用意しようとすると...続きを読む

Q高校生です。至急お願いします。 学校行事のルール改訂のお願いを文章にして学校側に提出しようと思ってい

高校生です。至急お願いします。
学校行事のルール改訂のお願いを文章にして学校側に提出しようと思っています。
その行事がうちの部活と関わっていて、毎年審判などを任されるのですが、部員数が少なく、上手く回すことが出来ない上、運営は学校側であるはずなのに上手く回らないのを部活のせいにされるためとても困ってます。
部員の負担を減らすためにも、なるべく早めに陳情書(請願書)として提出しようと考えているんですが、初めてなので、どういう形式にしたら良いのかわかりません。
教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

文書で学校側に提出となると、事を荒立てることになり、
部活の顧問や、部活動自体に影響が出る可能性がありますよ。

まずは、部員の意見を確認し、顧問の先生、生徒会等に相談し、
口頭で、顧問を通して、学校側に
「要望・お願い」の意思を伝達するのがベターでしょう。

また、野球か卓球か分かりませんが、生徒の中には
現在は部に所属していなくても経験がある生徒もいるはずです。
協力者を生徒会等を通じて募集してみては如何ですか。

それら全てが通らなかった場合に限り、書面での学校長に対する
「要望書
(例えば、球技大会運営時の〇〇部が審判及び運営する件に関して)」を
提出するようにすることですね。

球技大会の運営は、部活動の延長で、生徒会主体の自主的活動と、
学校側が考えているのではないですか。
少なくとも、授業の一環ではありませんし、保護者が関係してくれば
PTAが主体となりますよね。

責める前に、次善の策を検討し、対応できる範囲で努力するのが
一番宜しいかと考える次第です。

参考までに。

Qインピーダンスの整合について

インピーダンスの異なる信号源と負荷の整合回路についてお伺いします。
整合回路(Z)から見た信号源を Zi=Ri+jXi
整合回路から見た負荷を Zo=Ro+jXo
とした時 整合回路は Z=Ri+Ro-j(Xi+Xo) と考えていいのでしょうか?
間違っている場合 この場合の整合回路の求め方を教えて下さい。

Aベストアンサー

信号源インピーダンスと負荷インピーダンスが複素共役の関係にある時、信号電力は最も効率的に負荷に流入します。従って、負荷インピーダンスに整合回路を接続した合成インピーダンスが信号源インピーダンスの複素共役になるように、整合回路を決めます。

複素共役の関係というのは、z1=a+jb,z2=a-bjのように、実数部が同じで虚数部の大きさが同じで符号が反対の関係のことです。このような場合z1とz2は複素共役の関係にあると言い、数式ではz1=z2*と書きます。

さて、問題についてですが、負荷インピーダンスzoに整合回路を加えた時に信号源インピーダンスziの複素共役になればいいのですから、整合回路のインピーダンスをz=R+jXとおくと

zo+z=zi*
Ro+jXo+R+jX=Ri-jXi
となります。これをR,Xについて解けば答えを得られます。

Q関係代名詞whatについて教えてください、お願いします。わかりやすくお願いします。

関係代名詞whatについて教えてください、お願いします。わかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

きついことを言わせてもらうけど, こんな質問で何を教えてくれというんだ?

例えば「どこそこではこんな風に説明されていて, そのうちこの部分は理解できるけどここのところはわからない」という前提があれば, それに応じて説明のしようもあるかもしれない. でも, こんな聞き方ではどうしようもない.

「普通の人には『わかりやすい』はずの説明」をされているにもかかわらずあなたがわからないだけかもしれんし.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報