ウチは、祖父母の代に建てられたらしい、古い家です。
決して、「古民家」なんて感じの良い古さでなく「ぼろ屋」ですが・・・。
ですから、使い勝手の悪い所が多いのです。
特に、水まわりが・・・。
水道が台所と、その隣にある風呂場とさらにその隣の洗濯場にと、
集中しているのです。
もっと、家の裏側やら、トイレのそばなどにもほしい所です。
誰かに、「配管工事は高いよ」とか聞いた事があるのですが、
どんなモンなのでしょうか?
安いコストで出来る方法とかはないでしょうか?

A 回答 (3件)

配管工事が高いと決め付けてしまえば、あとは自分でやるしかないですね。


だって工事が高いか安いかは比較になるものが必要ですけど、「配管工事」とすべて一括りにしては比べる術がありませんから・・・。

自分でやる場合の注意点を。
水道工事業者は資格者でないと作業できませんが、個人で行う場合は良かったはず。(ずいぶん前に資格試験を受けたので忘れました、だから「自信なし」です)

1.凍結しない地域ですか?
凍結する可能性のあるところでは、凍結深度より下に配管をを埋め込まねばならず、掘削が大変です。
この場合は、高くても配管工事をお願いしましょう。

2.止水栓の位置がわかりますか?
水道管の大元のバルブです。これを締められないと工事ができません。

3.水道管が埋まっている経路がわかりますか?
水道管は敷地内の土中に埋まっているので、掘り出して見つけなければ作業できません。

4.DIYの自信はありますか
自信があり、上記の項目をクリアできる時は補足してください。やり方を回答しますので。

折衷案として、配管工事だけは工事業者にやってもらい、洗面台や蛇口などの器具をリサイクル品を見つけてきて自分でつけると、かなり節約できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やっぱり、専門の方の意見は、シロウトでは全く
考えてもいなかった事がわかり、参考になります。
DIYは、図工に毛が生えた程度のレベルなので
やっぱり、生活に関わる事は専門家に頼むのが吉ですね・・・。
リサイクル品と言うのは、盲点でした。活用してみます。

お礼日時:2001/11/13 19:31

高いか.やすいか.人それぞれですので.



私の場合には.
蛇口1つ新規に増設 公営水道指定業者工事2万円(当時の大卒初任給7-8万円)
蛇口1つ新規に自宅前ほんかんから工事 同10万円

私が自家水道(水圧が2気圧なのでエンビ管工事が可能です)蛇口新規に増設5千円(材料費だけ.蛇口2000円.パイプとLボとチーズと断熱材で3000円)

流しを一つ増設 洗面ユニットの一番やすいもの2万円+配水管など5000円+断熱材(配水管の断熱工事はけちらないこと.冷たい水の関係で配管表面が結露したら数年で柱が腐る。空気の流入がないように徹底して気密にすること)

井戸を掘って.井戸ホンぷを取り付けて.配管工事(ハウス園芸用配管を含む.全部で100-200Mは穴を掘り配管を埋めました)して.工期3年.支払代金が大体高卒年収程度でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

具体的に金額がわかって、参考になりました。
必要な所なら、やはり、コストだけでなく、
その後を考えて、ヘタにケチらない方がいいですね。

お礼日時:2001/11/13 19:48

「高い」って云うのが どの位なのか判りませんが、人に頼むなら それなりになるのは 当たり前です。



で、時間と技術と機材が有るなら自分でやる。

金属管にしなくても済む地域なら 塩ビとバーナーがあれば かなり出来ます。
又、数年に一度 取り替える覚悟 又は 将来的に家屋を含めて 作り直す気があるなら、ビニルホースで しのぐ手もあります。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

短い距離の所なら、ビニルホース案、いいですね。
考えてみます。

お礼日時:2001/11/13 19:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古民家の移築について

私の祖母の家(築100年くらいです)を移築もしくは一部を使用して家を建てたいと考えています。古い建材を利用するにあたってのデメリットはありますか?何度かこちらでも、古民家についての質問があり参考にさせていただいております。情報をお持ちの方、よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

丁寧なお礼をありがとうございます。
ご想像のとおり、解体された構造材や造作材を使って家具に仕立てています。
大黒柱や床柱、床の間の板、玄関の上がり框材などの付加価値の高いものを中心に使用しています。
柱を数十本使って居酒屋のテーブル一式を設えたこともあります。
100年ほど昔の材は、特別良いものが少ない代わりに悪い材料も少ないので安心して使えます。
先日も知り合いの結婚祝にと有志の方が資金を出し合って、ケヤキをふんだんに使った丸テーブルを製作しました。(玄関の上がり框の古材)
ケヤキの木目の光沢の変化を生かし、見る方向によって輝きが変化する「玉虫色仕上げ」(私の命名)のものです。
枯れた古材の味わいがなければかもし出せなかった逸品となりました。
でも私は個人経営なので、資材調達に要する実費と製作にかかる日当以外はもらいません。
だから想像している以上に安価です。
日本中を探せば同様の活動をしている方が何人かはいるはずです。
検索サイトで探してみてください。
参考URLにMSNサーチを紹介しておきます。
ここで
木工屋 家具 こだわり
と入力して検索すると、
森の窓 木工のリンク集 木材を活かす木工に関連したリンク集。
などがあり、地域の木からつくる家具屋さんが紹介されています。
いろいろな方法で検索していると、もしかすると私を見つけてしまうかもしれませんが、間違ってもお礼にそんなことを書かないで下さい。
個人情報の伝達はできない決まりになっていますので、偶然見つけたとしても公にすることは良くありませんので。

参考URL:http://www.microsoft.com/isapi/redir.dll?prd=ie&pver=5.0&ar=IStart

丁寧なお礼をありがとうございます。
ご想像のとおり、解体された構造材や造作材を使って家具に仕立てています。
大黒柱や床柱、床の間の板、玄関の上がり框材などの付加価値の高いものを中心に使用しています。
柱を数十本使って居酒屋のテーブル一式を設えたこともあります。
100年ほど昔の材は、特別良いものが少ない代わりに悪い材料も少ないので安心して使えます。
先日も知り合いの結婚祝にと有志の方が資金を出し合って、ケヤキをふんだんに使った丸テーブルを製作しました。(玄関の上がり框の古...続きを読む

Q古民家の資産価値を見てもらうにはお金がかかりますか?それと誰に頼んだらいいですか?

今年の四月から地方に移住します。

そして古民家が安いのでそこにすむ予定です。


そしてセルフリノベーションをして暮らしたいと考えています。


そして古民家はセンチュリー21の営業の方に聞いたんですが。DIYや回収をすると資産価値が上がるということを聞きました。


その際にDIYをする前に古民家の資産価値を見てもらうには不動産鑑定士の人に依頼する方がいいのでしょうか?

そのときにいくらか見積もりの料金は係るのでしょうか?


それかうさんくさいですが、古民家鑑定しという人たちもいます。民間の資格なのであんまり宛にならなさそうですが、古民家は古民家鑑定しに依頼した方がいいのでしょうか?


それとしさんかちをあげるDIYは何が基準でどのような改修がいいのでしょうか?ご存じの方がおられればご回答していただけないでしょうか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

DIYで資産価値が上がるなら、貴方にデザインのセンスと職人並みの工事能力がある場合だけです。不動産の営業マンに、建築のデザインや品質の良し悪しを判断できるとは思えません。建築士資格をもった営業マン(まずいない)ならともかく(笑)。
公的な資格でもその人の能力によりますし、民間資格は論外です。

まず貴方が、ある古民家を気に入ったなら、そこでどのような生活を夢見ているかを家族と相談することが重要です。

古民家は現在の建築法規に対応していないはず(特に耐震性)なので、その地域の役所に行って合法なのか、耐震診断及び耐震補強の制度がどのようになっているかを調べてください。耐震性以外が合法なら、まず診断を受けて(補助金を出している行政が多いです)、その結果で補強工事を行うことになります。診断が終わったら、できれば古民家改修の上手な建築家を探してください。

営業マンや無資格者に相談することは、とてもお勧めできません。安易に頼んで、トラブルになった例が数多くあります。大企業だからといって、担当するのは個人だということに気を付けてください。

不動産鑑定士は、土地の環境や利便性など総合的に判断してデータから算出するので、建築の良さ(価値)が判るかどうか疑問があります。

なお、一級建築士でも設計・監理をする人は2割程度で、設計が上手な人はその2割以下かも。デザインのセンスはテストできませんから、貴方の眼でHPや過去の作品写真、設計図の質と量を見て判断してくださいね。

DIYで資産価値が上がるなら、貴方にデザインのセンスと職人並みの工事能力がある場合だけです。不動産の営業マンに、建築のデザインや品質の良し悪しを判断できるとは思えません。建築士資格をもった営業マン(まずいない)ならともかく(笑)。
公的な資格でもその人の能力によりますし、民間資格は論外です。

まず貴方が、ある古民家を気に入ったなら、そこでどのような生活を夢見ているかを家族と相談することが重要です。

古民家は現在の建築法規に対応していないはず(特に耐震性)なので、その地域の役所に行っ...続きを読む

Q古民家について

娘婿が古民家にとても興味が有り、東京でそれなりのものがないか
探しています。HOME`Sで中古住宅を検索して見ていますが、古民家みたいのは出てきません。やはり、東京で探すのは無理なのでしょうか?
もし、東京で探すには不動産屋に聞いてみたほうが早いのでしょうか?

Aベストアンサー

不動産屋でも 守備範囲が有りますから 一概には言えません。
包丁を新調しようとして八百屋に行くような事をしては。
まず そっち方面に強い店を紹介して下さい と近場の店に 聞いてみて下さい。
商工会議所で 全国の会議所メンバーを検索して… 都会の忙しい所だと やってくれるか?保証出来ませんが。
 あと 本屋に「田舎暮らしの本」と言うのが出てます。 偶に 農地込みで幾らで”と言う売り物も出てます。

Q古民家売却時の税金について

古民家の売却を考えています。

親族から土地・建物を相続し6年がたちました。

建物は、古民家から梁などを移築し、30年ほどたちます。

当時かなりお金をかけて仕上げていたため、現在でも十分住居可能な家ですが、
この先居住する可能性も無く、売却を検討中です。

価格は500~1000万の間ですが、居住していない不動産を売却する時はかなりの
税金が来ると聞いています。

最終的にいったいいくら残るものかあらかじめ知っておきたいと思いますので教えていただけませんか。

又、不動産会社を通す予定ですが、仲介してもらう場合と、買取してもらう場合でも、違いはあるのでしょうか、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

買った値段がわかれば、売れた値段から買った値段を引いてその差額に対して税金がかかります。買った値段より安くしか売れなければ税金はかかりません。(建物については減価償却費を買った値段から引かなければなりませんが)
買った値段がわからなければ売れた値段から5%だけ引けます。つまり売れた値段の95%に対して税金がかかります。その他に売却に要した仲介手数料などの費用は控除できます。
税率は長期譲渡とすれば国税、地方税合わせて20%です。

不動産屋に仲介してもらった場合は仲介手数料がかかります。売却代金の3%+6万円です。1000万で売れたとしたら36万円です(これに消費税がかかります)
不動産屋に買い取ってもらう場合は、不動産は買って売るだけでも登記費用、仲介手数料、不動産取得税、固定資産税など様々な費用がかかりますし、リスクのある事ですから利益が見込める値段でないと買わないし、値下がりのリスクも考えなければなりませんので、相場が1000万で売れそうな物件でも買い取り価格は良くて700万くらいでしょうか。
価格が500万~1000万という事は、はっきり言ってあまり売れない難しい物件という事だと思います。値段を付けるとしたら1000万くらいかもしれないが、なかなか難しいので500万くらいでしか売れないかもしれない、とうニュアンスでそういう言い方になっているのではないかと思います。だとしたら買い取るとしてもかなり安くしか無理でしょうし、そんな物件ならなかなか買い取る業者はいないと思います。

買った値段がわかれば、売れた値段から買った値段を引いてその差額に対して税金がかかります。買った値段より安くしか売れなければ税金はかかりません。(建物については減価償却費を買った値段から引かなければなりませんが)
買った値段がわからなければ売れた値段から5%だけ引けます。つまり売れた値段の95%に対して税金がかかります。その他に売却に要した仲介手数料などの費用は控除できます。
税率は長期譲渡とすれば国税、地方税合わせて20%です。

不動産屋に仲介してもらった場合は仲介手数料が...続きを読む

Q古民家相当の木材

古民家の梁などに使われる木材はとてもよいと聞きます。
何十年経過してもよいものと言われます。
素朴な疑問ですが、現代ではその品質の木材は手に入らないものなのでしょうか?
最近は自産自消といって国産の木を推奨しているようですが、それでもなお難しいものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 築100年の農家つき宅地を入手し、古材をリサイクルした新居を建てました。総2階で屋根裏なし、大きな吹き抜けがあるので、梁に使った古材はなかなかの迫力です。

 古民家の梁にはほとんど欠損がないので、強度的には問題ありません。切断すると、まだ強い松脂の匂いが残っています。少々の曲りは、経験豊富な棟梁は問題にしません。太い梁は直径50センチ、細い梁でも30センチ近い寸法でした。

 問題は柱材です。欅の八寸と六寸の大黒柱をリサイクルしましたが、縁の下の部分は湿気にやられ、敷居や鴨居の部分は欠損が大きく、設計者も大工もいろいろ工夫したようです。

 個人住宅に使う程度の木材は、古材より新しい材の方が安いでしょう。わが家は棟梁、設計者と一緒に新材を吉野まで探しにいきましたが、そこまでする必要はありません。しかし、天然乾燥した長さ10メートル、三面節なしの八寸柱材がすぐに入手できる市場は近場にはありません。

 このほか、柱には杉とヒノキ、横架材には米松(輸入材)をつかいました。適材適所というわけです。

 地産地消がいいかどうか判断できませんが、自治体の補助金あってのことですね。やはり伝統的な林産地の商品には品質や価格面で強い競争力があります。

 築100年の農家つき宅地を入手し、古材をリサイクルした新居を建てました。総2階で屋根裏なし、大きな吹き抜けがあるので、梁に使った古材はなかなかの迫力です。

 古民家の梁にはほとんど欠損がないので、強度的には問題ありません。切断すると、まだ強い松脂の匂いが残っています。少々の曲りは、経験豊富な棟梁は問題にしません。太い梁は直径50センチ、細い梁でも30センチ近い寸法でした。

 問題は柱材です。欅の八寸と六寸の大黒柱をリサイクルしましたが、縁の下の部分は湿気にやられ、敷居や...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報