今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

ISバランス式について教えて下さい。

(1)GDP=消費+投資+政府支出+輸出-輸入
   
(2)GDP=消費+税金+貯蓄

(1)-(2)を移項して
貯蓄-投資=政府の財政赤字+経常収支

と進んでいく式がありますが、
(1)の式は支出面から見た国内総支出であるということは分かるのですが、(2)は何を説明している式なのでしょうか?分配面から見た分配国民所得であるとの説明を見たことがありますが、国民経済計算を見ると何か違う気がします。
また、三面等価の原則と関係があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

少し単純化しますが、SNAでは、



「貯蓄」=可処分所得から経常的支出を差し引いた残差

として定義されています。ここで経常的支出というのは、資産(金融資産でも実物資産でも)蓄積の原資とならない支出のことです。具体的には消費支出等です。

> 可処分所得を消費した残りが貯蓄とのことですが、投資した分はどうなるのでしょうか?

という質問からすると、「貯蓄」=預金等、「投資」=設備投資というように貯蓄と投資を捉え、企業の所得が両方に使われていると考えているのかもしれませんが、SNAではどっちの支出も資産蓄積のための支出ですので貯蓄です。特に「非金融法人企業」の場合には最終消費支出がないので、可処分所得は全て貯蓄にまわされることになっています。

上のように定義されるので民間部門全体でみて

貯蓄=国民可処分所得-消費=国民所得-税金-消費=GDP-税金-消費

が成り立ち(厳密に言えば、国民所得=GDPではないですが)、これを書き換えると(2)式となります。

なお、No.2 の解答で「貯蓄=投資」という関係がでてきますが、ここで考えているような政府部門、海外部門がある状況では普通は「貯蓄=投資」とはならないと思います。実際の統計でも一致してませんし。

SNA について以下のページの解説が詳しいです。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/h15-nenpou/mate …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

まさに「貯蓄」=預金等、「投資」=設備投資と勘違いしていました。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/10 21:59

#1です。

補足します。

まず。
> (2)の分配面から見たGDPは、家計・企業・政府のいずれかに分配されて所得になり
とありますが、(2)式は家計の消費の式です。別に分配の式ではありません。

> 可処分所得を消費した残りが貯蓄とのことですが、投資した分はどうなるのでしょうか?
とありますが、一言で言えば、貯蓄=投資になります。
ちょっとわかりにくいのですが、企業の所得は投資するか家計に還流するかの何れかに分けられますが、後者が家計に還流し尽くすため、企業の残りは0です。分配されない部分は投資になります。
したがって、家計の使わなかった分以上に企業が投資することは出来ませんし、余すことも出来ません(余すと家計に還流するため)。ここから貯蓄=投資になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/10 22:01

三面等価の原則から、生産=所得=消費です。

ここから、(2)式のGDPは所得だと理解できます。

所得から税金でとられた残りは可処分所得です。可処分所得を消費した残りが貯蓄になるので、結局、
所得-税金=消費+貯蓄
が成り立ちます。したがって(2)式が成り立ちます。

この回答への補足

ありがとうございます。
やはり三面等価の原則からきているんですね。

もう少し詳しくお聞きしたいのですが、
(2)の分配面から見たGDPは、家計・企業・政府のいずれかに分配されて所得になり、政府分の所得は税金ということになり、家計・企業分の所得は消費又は貯蓄されるということですよね。

そこで疑問なんですが可処分所得を消費した残りが貯蓄とのことですが、投資した分はどうなるのでしょうか?

補足日時:2005/10/06 22:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QISバランス?の計算式について…

なぜ式がなりたつかがよくわかりません。

民間貯蓄=民間投資+政府財政赤字+海外での赤字……民間供給資金の使われ方

とあるのですが、なにに使われるのですか??
どうして赤字ばかりを足すと貯金になるのですか?

民間貯蓄超過=政府財政赤字+海外での赤字……民間過剰資金の使われ方

これも同じく、なににつかわれるのかわかりません。
式の成り立つ意味もわかりません…

経常収支黒字=民間貯蓄超過-政府財政赤字

がなりたつ理由も教えてください。

Aベストアンサー

#1です。申し訳ないです。質問の意図を読み取れていませんでした。

改めてなぜ先述した式が成り立つのかと申しますと
国民所得は三面等価の原則により、生産面からみたGDP=支出面からみたGDP=分配面からみたGDPとなります。

支出面からみたGDPは民間最終消費支出+政府最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+純輸出ですので
GDP=C+I+G+NX・・・(1)となります。(C:消費 I:投資 G:政府支出 NX:経常収支)
(1)のようになるのは以下の式を参考にしてください。
国内総固定資本形成=民間住宅投資+民間企業設備投資+公的固定資本形成
在庫品増加=民間在庫品増加+公的在庫品増加
投資(I)=民間住宅投資+民間企業設備投資+民間在庫品増加
政府支出(G)=政府最終消費支出+公的固定資本形成+公的在庫品増加

次に分配面からみたGDPですが、所得というのは最終的に消費にまわされるか、貯蓄にまわされるか、税金として徴収されるかのいずれかですので
GDP=C+S+T・・・(2)となります。(C:消費 S:貯蓄 T:租税)

そして三面等価の原則により(1)と(2)を連立させると
C+I+G+NX=C+S+T
NX=S-I+T-G・・・(3)となります。
S-Iは貯蓄超過でT-Gは財政収支の黒字を表しています。

(3)式はNX=S-I-(G-T)とも書き換えることができます。
G-Tとは財政収支の赤字のことなので経常収支黒字=貯蓄超過-財政赤字も成り立ちます。

分かりにくかったらごめんなさい。

#1です。申し訳ないです。質問の意図を読み取れていませんでした。

改めてなぜ先述した式が成り立つのかと申しますと
国民所得は三面等価の原則により、生産面からみたGDP=支出面からみたGDP=分配面からみたGDPとなります。

支出面からみたGDPは民間最終消費支出+政府最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+純輸出ですので
GDP=C+I+G+NX・・・(1)となります。(C:消費 I:投資 G:政府支出 NX:経常収支)
(1)のようになるのは以下の式を参考にし...続きを読む

QGDPの計算方法

 GDPを求める際に出てくる数値ってたくさんありますよね。民間では最終消費支出や住宅投資、企業設備投資、在庫品増加などとありますし。他にも、政府最終消費支出や、公的固定資本形成、公的在庫品増加。さらに、財・サービスの輸出入。GDPを計算する際に、これらの数値のどれをどうすれば良いのか混乱してしまい、わからなくなってしまいました。
 それから、例えば企業が在庫から商品を売ったり、海外に工場を拡張することや、道路公団が道路を補修することはGDPのどの項目に影響を与えるのでしょうか?
 加えて、GNPや国民純生産(NNP)の求め方も教えていただけると助かります。
 よろしくお願いします。  

Aベストアンサー

GDPとは、簡単にいえば「期間内に作られた財・サービスの価値の総和」です。

例として次のようなものを考えましょう。
 製粉所とパン屋がある経済を考えます。製粉所では小麦を買って小麦粉を作り、パン屋では小麦粉を買ってパンを作っています。機械屋では製粉所とパン屋に製造機械を作っています。
 この場合の「作り出された価値」は、製粉所で(小麦粉-小麦)、パン屋で(パン-小麦粉)ですので、トータルでみれば(パン-小麦)になります。ところでパンは誰かが買って食べているわけですから、最終消費支出になります。一般家庭が普通に買う分は民間最終消費支出、互助会のようなものを考えて、働けない人にパンを与える、などを考えれば、政府最終消費支出になるでしょう。この場合、政府か民間かは問題ではありません。この事情は投資(住宅投資、設備投資、公的固定資本形成)にも言えることです。
 さらにパンの一部が輸出されていたとしましょう。すると(パン=民間最終消費支出+政府最終消費支出+輸出)になることが分かります。また、小麦は輸入していたとしましょう。すると「作り出された価値」は(パン-小麦)でしたので、輸入分は引かなければなりません。
 次に生産設備を作る機械屋がいると考えましょう。話を簡単にするために、この生産設備は壊れないものとします。すると、パン屋や製粉所がこの生産設備を買うとその分新たな価値が増えます。これが設備投資です。生産設備が壊れないので、パンから引く必要もありません。
 最後に、製粉所で手違いがあり、小麦粉を作りすぎてパン屋に売り切れなかったとしましょう。そうすると在庫として計上されます。つまり、在庫品が増えた分も「作り出された価値」になります。
 以上をまとめると、次のようになります。
GDP=最終消費支出+投資+在庫増加+輸出-輸入

> 企業が在庫から商品を売った
上の例でいえば作りすぎた小麦粉が売れたので、在庫が減って消費が増えます。
> 海外に工場を拡張する
設備を日本から輸出する場合、輸出が増える、などありますが、基本的に影響ないです。
> 道路公団が道路を補修する
道路公団が政府かどうかが微妙ですね。今はどっちになっているんだか知りませんが、政府だとして、小さなものを別にすれば、補修費も設備投資に入ります。したがって公的固定資本形成になります。

GNPとGDPは、上の例では全く同じものです。なにが違うかといえば、外国人の扱いです。GNPは例えば日本人なら日本人が作り出した価値なのですが、GDPは日本内部で作り出された価値です。ですので、例えば国内にアメリカ人が働いていたとすれば、GDPから彼らの給料を引いた分がGNPになります。一般には、GDPから海外からの要素所得を加え海外への要素所得を引いたものがGNPになります。

NNPは、上の例では生産設備は壊れませんでしたが、年に5%が壊れるとしましょう。するとその分だけパンの製造に使われたのだと考えれば、パンから引かなければなりません。この考え方にたったのがNNPです。したがって、GNPから固定資産減耗を引いたものになります。

GDPとは、簡単にいえば「期間内に作られた財・サービスの価値の総和」です。

例として次のようなものを考えましょう。
 製粉所とパン屋がある経済を考えます。製粉所では小麦を買って小麦粉を作り、パン屋では小麦粉を買ってパンを作っています。機械屋では製粉所とパン屋に製造機械を作っています。
 この場合の「作り出された価値」は、製粉所で(小麦粉-小麦)、パン屋で(パン-小麦粉)ですので、トータルでみれば(パン-小麦)になります。ところでパンは誰かが買って食べているわけですから、...続きを読む

Q経済学では投資=貯蓄といういわゆる S=Iという数式がY=C+I(S)

経済学では投資=貯蓄といういわゆる S=Iという数式がY=C+I(S)から説明されています。 この理屈自体は理解できるのですが、実際の社会概念で貯蓄が全て投資に回るというという現実があるかと言えばありませんよね。 この経済学でいうS=Iの概念と現実社会との違いを教えてください。

一部の経済学者ではS=Iだから乗数理論はなりたたないとか、
国会議員でもS=Iだから公共投資は不要だみたいな言い方をされた人もいました。

私の様な浅学な者にも判るようにどなたか教えてもらえないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下では簡単化のため、政府や海外部門を無視して説明します。

> 実際の社会概念で貯蓄が全て投資に回るというという現実があるかと言えばありませんよね。

簡単にいえば、経済学でいうところの投資と、一般的な投資とは少し(というか大分)異なっていることに原因があります。まぁ、専門用語は得てしてそんなものですが。

経済学でいうところの投資は、簡単にいえば「生産されたもののうち消費されなかった部分」です。なので生産物=付加価値の総和は、消費されたものとされなかったもの(=投資)に分けることができます。
例えば、売れ残りは在庫投資と言う名前で「投資」の一項目として扱われます。

一方で貯蓄は、所得のうち消費に使われなかった部分です。
ここで所得は、生産されたものを分配したものなので、全員を足し合わせると全体の生産額に等しくなります。消費に使われた部分は、消費された財と同額です。消費に使われた部分と消費された財が同額となるのは、国民経済計算では生産を市場価値ベース、すなわち取引価格をベースとして計上しているためです。

したがって、少なくとも短期的には、貯蓄と投資も等しくなります。


一般的には「投資」は株に代表される金融投資や工場などの企業投資を指して使う場合が多いですが、このうち、例えば株などの金融投資の一部のように、経済学的に言って投資ではないものも含まれますし、逆に例えば「売れ残り」のように、経済学的に投資であるにもかかわらず投資として扱われているものもあります。

> 一部の経済学者ではS=Iだから乗数理論はなりたたないとか、国会議員でもS=Iだから公共投資は不要だみたいな言い方をされた人もいました。

国会議員の方は単に不勉強なのでしょう。

経済学者の方と言うのは、多分小野教授らのことでしょうけれども、S=Iだから乗数理論が成り立たないのではなくて、瞬間的なものだけに終わってしまうために、所得を恒常的に増加させることにつながるように公共事業を行うときな慎重に議論しなければならない、というような論調であったと記憶しています。
公共投資=悪、ではなくて、どのような公共投資でも良いからとにかくばらまくという姿勢が悪であり、例えば小野教授は菅首相のブレーンの一人でありながら子ども手当には反対しています。

以下では簡単化のため、政府や海外部門を無視して説明します。

> 実際の社会概念で貯蓄が全て投資に回るというという現実があるかと言えばありませんよね。

簡単にいえば、経済学でいうところの投資と、一般的な投資とは少し(というか大分)異なっていることに原因があります。まぁ、専門用語は得てしてそんなものですが。

経済学でいうところの投資は、簡単にいえば「生産されたもののうち消費されなかった部分」です。なので生産物=付加価値の総和は、消費されたものとされなかったもの(=投資)に分ける...続きを読む

Q三面等価について

マクロ経済学に出てくる三面等価についての質問です。
三面等価の原則とは、[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]=[支出面から見たGDP] のことですが、

[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]
となるのは分かります。
生産によって得られた所得は必ず誰かの所得になっているということですね。

また、

[生産面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]
になるのも分かります。誰かの所得は誰かの支出になっているということですよね。在庫投資を投資に入れているので成り立つはずです。

じゃあ、何が分からないのかと思われるかもしれませんが、

[分配面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]

が成り立つことが直接的に理解できないのです。
もちろん、

[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]
かつ
[生産面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]
なのですから、式を見れば
[分配面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]
が成り立つことは明らかです。
しかし、分配された所得が必ず何かに支出されていなければならないというのが良く理解できないのです。
すなわち、貯蓄というのはどういう扱いになっているのでしょうか?
この辺が疑問なのですが、うまく説明していただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

マクロ経済学に出てくる三面等価についての質問です。
三面等価の原則とは、[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]=[支出面から見たGDP] のことですが、

[生産面から見たGDP]=[分配面から見たGDP]
となるのは分かります。
生産によって得られた所得は必ず誰かの所得になっているということですね。

また、

[生産面から見たGDP]=[支出面から見たGDP]
になるのも分かります。誰かの所得は誰かの支出になっているということですよね。在庫投資を投資に入れているので成り立つはずです。

じゃ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です

そんなに、分かり辛いかな…

財市場において、
消費者が支払う金額のことを
支出面での消費といい、

消費者が
財市場に対して支払う金額のことを
分配面での消費という

ってことです。

経済における
市場は4つ定義されていますよね。
財、金融、貨幣、労働。

消費者は、労働以外の
三つの市場に対して、
対価を支払うのが常識です。
これをどのように割り振るかが、
分配です。

また、財市場において、
政府、企業、消費者が、
どのくらいの割合で需要があるのか
見比べるのが、支出面です。

財市場の供給側であるのが、
生産となります。

ですから、
3面等価とはあくまでも、
財市場についての分析です。
だからこそ、
IS曲線が書けるのです。

って教科書には載っていませんでしたか?


人気Q&Aランキング