仲間と共同でぶどうづくりから一貫してのワインづくりができないだろうかと、まだ漠然とですが考えています(商売ではなくて、趣味として)。その関係で、まずワイン醸造に関する日本の法制度について、諸外国との比較も含めて確かめたいのですが、その辺りの状況についてご存知の方がおられましたら、よろしくお願いいたします。それと、参考になりそうな本、ホームページ、メイリングリストなどがありましたら、併せてよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

酒税法では、「酒類を製造しようとする者は、制令で定める手続きにより、製造しようとする酒類の種類別に、製造場の所在地の所轄税務署長の免許を受けなければならない(第7条1項)」となっていて、趣味(自家消費用)としても作ることは禁じられています。


「免許を受けないで酒類を製造した者は、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する(第54条1項)」とも。
免許取得のための年間最低製造量は発泡酒(種類別では雑酒に分類される)と同じ6000リットル。これはちょっと個人や仲間で気軽にやれる量じゃないですよね。

自家醸造推進活動家の方にいわせれば「自家醸造を禁じているのは日本だけだ」そうですが、海外の状況については詳しくありませんので確認していません。あしからず。

独り言としては、黙って作っちゃってもめったにはバレないから作っちゃえ、「自家醸造」で検索すればホームページもいくつもあるし、本屋には本もありますよ、と言うところですが、mayapapaさんにすればそれは不本意かも。

参考に示したURLは、製造免許を持つ業者のタンクで個人サイズのビール、ワインを作るというもので、これなら法に触れることはありません。通常は原料も業者のものを使って、どんなタイプのビール(ワイン)を作るか選択し、作業のみをするのですが、ここで業者と交渉し、自分で原料の持ち込みもできないか相談してみるというのはいかがでしょう。このURLは北海道の業者ですが、自ビールでは浦安橋ブルワリー
www.bop.co.jp
など首都圏のものもあり、山梨・長野あたりならワインでそういうことやってる業者もあるかもしれません。見つけたらまたお教えします。

ぶどう作りからワインまで仲間でやるなんて、とても楽しそうですね。ご検討を祈ります。

参考URL:http://www.niseko-beer.com/bop/whatbop/index.htm

この回答への補足

いろいろ情報をありがとうございます。
『 自家醸造推進活動家の方にいわせれば「自家醸造を禁じているのは日本だけだそうですが、 』の関係ですが、以前にカナダにしばらく滞在していて、趣味でワインづくりをやっている人と話していた時に、「日本じゃそういうのは認められなくて」と言ったら、相手は目を丸くして、「日本の皆さんは、よくそんなことで革命も起こさずに我慢しているのものだね。」と言われたことがあります。
そういった関係のテーマなんかも議論をしているようなサイトとかは御存知ないでしょうか?

補足日時:2000/12/10 23:47
    • good
    • 1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もし、「このサイトがぴったり」というようなことを御存知でしたらということでおたずねしたんですが、手数をお掛けしてしまったようですいませんでした。
教えていただいたリストについて、後で順次に当たってみようと思います。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

下記のURLをご覧下さい。


参考にならないかもしれませんが。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/reeferwine-Kikuya/hant …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「赤ワイン醸造の技法」などが紹介されていて、そちらの関係では参考になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワインのラベルはがし

ワインやシャンパンなどのラベルをはがす道具のことを何ていうのでしょうか?
購入したいのですが、商品名がわからず・・・(^_^;
教えてください☆

Aベストアンサー

以前、
http://www.wine-selects.com/goods.htm
で見つけたときはワインラベル・レコーダーという名前でした。

その直後にデパ地下のワインショップでワインラベルコレクターという商品名のが売っていたのをたまたまみつけたのででそちらを買いました。
http://www.globalwine.co.jp

どちらも12枚、千円程度で購入できます。

Q安い純米酒・本醸造・特別本醸造は?

安い純米酒・本醸造・特別本醸造を探しています。

料理酒といわれる日本酒は安いけど三倍増酒。
試したことがある人なら判ると思いますが、純米酒・吟醸酒で煮物をを煮ると他の調味料を変えるより大変美味しくなります。

飲んで美味しいお酒を煮物に使うのもあまり意味がないと思われるので最低限として純米酒・本醸造・特別本醸造を使ってみたいと思います。

どなたか良いお酒を教えてください。

Aベストアンサー

こちらの料理酒は旨いですよ。値段も手頃。
https://www.hakusenshuzou.jp/cgi-bin/goods.cgi?category=2

Qコルクではないワインのキャップの開け方を教えて下さい

お土産でもらったカナダのワインですが(CANADIAN MAPLE WINE)、キャップがコルクではなく、しかし、コルクのような形で4cm位の長さでボトルに入っています。
多分プラスティックだと思います。
通常のワインオープナーでは硬くて刺さりません(開けられません)。

方法をご存知の方、お願いします!

Aベストアンサー

プラスティック製だとしたら、中へ押し込んでしまうのではないでしょうか?
コルクの栓もそうしてしまう人を見たことがあります。

Qワイン好きの友人にワイングラスとワインをプレゼント

ワイン好きの友人のお誕生日にワイングラスをプレゼントしたいと思っています。
彼女はワインが大好きで、よく一人で海外ドラマを観ながら赤ワインを飲むのが大好きなのです。
以前お店で飲んだときに、タニックのグラスでワインが出てきたときに、こういうのが欲しいと言っていました。http://item.rakuten.co.jp/aben/10005188/
値段が2千円とお手頃ですが、せっかくなので自分では購入しないもう少し高価なグラスのほうがいいのかなとおも思います。
予算は1万円です。
グラスだけでは味気ないので、赤ワインと一緒に送りたいなと思いますが、どういうグラスとワインがいいのか全然わからないので、アドバイスお願いします。
エノテカのグラスはどうなのでしょうか?
飲み口がいいグラスが希望です。
ワインも軽すぎない赤ワインを希望です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はグラスはリーデルと決めています。
今も、飲みながら書いてます。
ショップへ行けば飲むワインに応じたグラスをアドバイスしてくれますよ。
http://www.riedel.co.jp/

私は業務用の安価判で丈夫なのを普段は使ってます。
特別なワインを開ける時のためにハンドメイドのグラスも用意してます。

で、今飲んでるのはこれ。
http://club.coneco.net/user/22544/review/100136/
リーズナブルだけど間違いなく美味しいです。
ブログでもリーデルのグラス使用とありますね。
重めの赤が好きな女性ならきっと気に入るでしょう。
高いワインが美味しいわけでもないですからね。

ご参考まで。

Qこたつでゆるゆる書いたアルパカです。 眠いのに何か書きたくなりました。 下手でも好きなのっていいです

こたつでゆるゆる書いたアルパカです。

眠いのに何か書きたくなりました。
下手でも好きなのっていいですね。
アルパカ可愛くないですか?

Aベストアンサー

可愛いですよね。ちょっとゆるキャラっぽくて。
特に向かって右側が、雰囲気出てます。アルパカって、わかります。ほのぼのしたタッチです。

ところでアルパカって、お行儀良くて、トイレのしつけもちゃんとできるから、動物園でも、お掃除が楽だそうですね。
さらに、縄張り意識が強く、七面鳥とも仲良くできるので、七面鳥を野放しにしても、アルパカがキツネから七面鳥を守ってくれるそうですよ。
人に役に立つこともしてくれるんですね。

Qワインのぶどう品種の特徴

 ワインの勉強をしている最中ですが、カベルネやピノなどの、ワインの全ぶどう品種の特徴をそれぞれ簡単に教えてください。

 できればそれぞれの代表的なワインを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

<ワインの全ぶどう品種の特徴をそれぞれ簡単に教えてください。

そりゃあ無理ってもんですよ。それを勉強する事がワインを勉強するというものではないでしょうか。
カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールはフランスの代表品種で全てのワインの基本とされる品種ですが他にも前述にもあるガメイ(ボジョレー・ヌーボーの品種です)、メルロー、シラー、グルナッシュ、白まで含めればシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデ、リースリング、セミヨン(貴腐ワイン)…。
イタリアワインに至ってはプロでも全種類を網羅する事は難しいはずです。

好みもあるでしょうがジャンシス・ロビンソンの入門書はなかなかわかりやすく面白いと思いますのでおすすめします。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105378015/249-1509814-3245161

Qピーロート・ジャパンのドイツ産白ワインについて

 先日、父にもらいものの白ワインを譲ってもらい飲んだのですが、甘口で飲みやすく、とにかくすごくおいしかったのです。どうやらドイツ産らしく、ピーロート・ジャパンという会社が輸入していました。銘柄はドイツ語で書いてあって、なんて読むのかも、これが果たして銘柄なのかも不安ですが、ボトルに「1998er Bretzenheimer Vogelsang」と書いてありました。ちなみに、ボトルはきれいなブルーで細長く平べったい形をしてて、表一面に花の絵が描いてあります。
 何とかして、自分で購入したいと思うので、このワインの名前の読み方と、買えるところ、値段を教えてください。よろしくお願いします☆ 

Aベストアンサー

ピーロートジャパンのブルーボトルは私も好きで
2度ほど買って飲んだことがあるのですが
freesiaさんの書かれている通り、イベントまたは
通販のみでしか売ってくれません。

電話をして、通販のカタログを請求すれば送ってくれるはずです。

通販よりイベントの時が安いのですが、イベントの時はダース(お願いすれば半ダース)売りしかありません。
(私は友人と一緒に買って分けました)

んで、値段ですがちょっと高いですよ。
多分、お飲みになったのはギフト用の2本セットのものだと思われますが2本で5~6000円のものだと思われます。
ブルーボトルのものは1本、2000円位から5000円位のものまであります。
イベントのときは飲み比べをさせてくれるのですが高いのはやっぱりうまかったです。

最近カタログを捨てたので正確な値段がわかりませんm(__)m

QEUでのワイン製造時のぶどう糖制限について

ワインを製造する時に糖度調整で糖類を使用しています。
ワインをEUに輸出する場合は糖類でぶどう糖が使用できないと
聞きました。もし使用できない理由をご存知でしたら
お教えいただけないでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ワインビジネスに従事しております。

補糖に関して、EUで果糖、およびブドウ糖が認められていないというのはその通りです。何故認められないのかという理由はregulationに明記されておりません。補糖はショ糖に限るというのが、regulationに明記されているだけです。これはEUだけに限ったことではなく、アメリカでも日本でも規則というのは、OKなものだけを明記し、何故ダメなのかという理由は個別に問い合わせると答えてくれる場合とくれない場合があるものです。またEUの補糖に関する規則は、OIV(国際ブドウ・ワイン機構)の規則とは違ったりもしています。OIVではショ糖での補糖も認めていないのです。ですからダメな理由というのはなかなか造り手にはわかりづらいものです。

EU向け輸出ワインについて、およびEUのregulation本体については下記をご参照ください。尚補糖に関する規則については3ページ目のQ9に記載されています。
http://www.nrib.go.jp/bun/eu_wine/pdf/euwine_qa.pdf

Q赤ワイン・フルボディで枯葉や土のフレーバーのする安価で良質なお勧め

以前、知人に年代物のアルゼンチン産赤ワイン・フルボディを頂いて以来、赤ワインの虜になりました。あの泥臭くて枯葉のようなフレーバーがたまらなく好きです。ある程度の金額を出せば美味しい物が見つかるのですが、デイリーで飲める¥1,000前後で赤ワイン・フルボディ・土、枯葉の様なフレーバーで濃厚な物、若しくはできるだけそれに近い良質な赤ワインを探しています。その道に精通した方、条件に見合ったオススメの物を教えて頂けますでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

イタリアはトスカーナ州のワインはいかがでしょうか?値段は¥600位から?万円まで様々ですが、土のニュアンスがあります。モンテプルチアーノは、安価で赤ワインらしいですが濃厚さにかけるかも・・・。
スペインはリオハもお勧めしたいですねっ!セパージュ(葡萄品種)がカリニャンのものは、タバコの葉のようなニュアンスがあります。

Qワイン用のぶどうは食べても美味しいのですか?

(1)日本酒の酒造好適米は食用には向かないと言いますが、ワインに使われるぶどうは、普通に食べても美味しいのでしょうか?
(2)逆に、普段食べているぶどうでもワインは作れますか。
酒税法上の問題を抜きに、味覚的に美味しいものが作れるかどうかお教え下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは
参考になるかわかりませんが。
1)美味しいです。普通のものより甘みがあります。ただ、葡萄の皮が厚くて、日本で生食しているような感じではありません。
2)作ろうと思えばできます。ただ、生食用は水分が多く、あまり適してはいないと思います。

要は葡萄の糖分が酵母によりアルコール発酵するので、糖分さえあればワインにはなります。

ではでは


人気Q&Aランキング

おすすめ情報