仲間と共同でぶどうづくりから一貫してのワインづくりができないだろうかと、まだ漠然とですが考えています(商売ではなくて、趣味として)。その関係で、まずワイン醸造に関する日本の法制度について、諸外国との比較も含めて確かめたいのですが、その辺りの状況についてご存知の方がおられましたら、よろしくお願いいたします。それと、参考になりそうな本、ホームページ、メイリングリストなどがありましたら、併せてよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

酒税法では、「酒類を製造しようとする者は、制令で定める手続きにより、製造しようとする酒類の種類別に、製造場の所在地の所轄税務署長の免許を受けなければならない(第7条1項)」となっていて、趣味(自家消費用)としても作ることは禁じられています。


「免許を受けないで酒類を製造した者は、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する(第54条1項)」とも。
免許取得のための年間最低製造量は発泡酒(種類別では雑酒に分類される)と同じ6000リットル。これはちょっと個人や仲間で気軽にやれる量じゃないですよね。

自家醸造推進活動家の方にいわせれば「自家醸造を禁じているのは日本だけだ」そうですが、海外の状況については詳しくありませんので確認していません。あしからず。

独り言としては、黙って作っちゃってもめったにはバレないから作っちゃえ、「自家醸造」で検索すればホームページもいくつもあるし、本屋には本もありますよ、と言うところですが、mayapapaさんにすればそれは不本意かも。

参考に示したURLは、製造免許を持つ業者のタンクで個人サイズのビール、ワインを作るというもので、これなら法に触れることはありません。通常は原料も業者のものを使って、どんなタイプのビール(ワイン)を作るか選択し、作業のみをするのですが、ここで業者と交渉し、自分で原料の持ち込みもできないか相談してみるというのはいかがでしょう。このURLは北海道の業者ですが、自ビールでは浦安橋ブルワリー
www.bop.co.jp
など首都圏のものもあり、山梨・長野あたりならワインでそういうことやってる業者もあるかもしれません。見つけたらまたお教えします。

ぶどう作りからワインまで仲間でやるなんて、とても楽しそうですね。ご検討を祈ります。

参考URL:http://www.niseko-beer.com/bop/whatbop/index.htm

この回答への補足

いろいろ情報をありがとうございます。
『 自家醸造推進活動家の方にいわせれば「自家醸造を禁じているのは日本だけだそうですが、 』の関係ですが、以前にカナダにしばらく滞在していて、趣味でワインづくりをやっている人と話していた時に、「日本じゃそういうのは認められなくて」と言ったら、相手は目を丸くして、「日本の皆さんは、よくそんなことで革命も起こさずに我慢しているのものだね。」と言われたことがあります。
そういった関係のテーマなんかも議論をしているようなサイトとかは御存知ないでしょうか?

補足日時:2000/12/10 23:47
    • good
    • 1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もし、「このサイトがぴったり」というようなことを御存知でしたらということでおたずねしたんですが、手数をお掛けしてしまったようですいませんでした。
教えていただいたリストについて、後で順次に当たってみようと思います。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

下記のURLをご覧下さい。


参考にならないかもしれませんが。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/reeferwine-Kikuya/hant …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「赤ワイン醸造の技法」などが紹介されていて、そちらの関係では参考になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワインのラベルはがし

ワインやシャンパンなどのラベルをはがす道具のことを何ていうのでしょうか?
購入したいのですが、商品名がわからず・・・(^_^;
教えてください☆

Aベストアンサー

以前、
http://www.wine-selects.com/goods.htm
で見つけたときはワインラベル・レコーダーという名前でした。

その直後にデパ地下のワインショップでワインラベルコレクターという商品名のが売っていたのをたまたまみつけたのででそちらを買いました。
http://www.globalwine.co.jp

どちらも12枚、千円程度で購入できます。

Q安い純米酒・本醸造・特別本醸造は?

安い純米酒・本醸造・特別本醸造を探しています。

料理酒といわれる日本酒は安いけど三倍増酒。
試したことがある人なら判ると思いますが、純米酒・吟醸酒で煮物をを煮ると他の調味料を変えるより大変美味しくなります。

飲んで美味しいお酒を煮物に使うのもあまり意味がないと思われるので最低限として純米酒・本醸造・特別本醸造を使ってみたいと思います。

どなたか良いお酒を教えてください。

Aベストアンサー

こちらの料理酒は旨いですよ。値段も手頃。
https://www.hakusenshuzou.jp/cgi-bin/goods.cgi?category=2

Qラベルのはがし方

旅行に行くたび、地酒を購入します。
せっかくなので、今までにどんなお酒を飲んだか記録しようと考え、
ラベルを保存したいと思っています。

ラベルの上手なはがし方、保存方法などご存じの方ご教授下さい。
道具、薬剤等使う方法でも構いません。

Aベストアンサー

ギリギリ間に合いましたでしょうか??

わたしも,主に日本酒のラベルを収集しています。

最初は水に漬けたり,薬品を使ったりしてましたが,どうしても糊が溶ける前に紙がふやけてしまい
見てくれが悪くなり困ってたところ,ある方から教わった方法がバッチリでした。

前置きしますが,糊の材質により稀に失敗する場合(化学糊??)がありますが
非常にきれいにはがれます。

方法
飲み終わったラベル付のビンを夜寝る前に,浴室の洗い場に置いておきます。
この際湯船には残り湯が溜まっている事と,少し風呂蓋をあけておく事がポイント(空けすぎるとベタベタになり,少ないとはげません)

明朝になるとあら不思議,スルッ!!とはげます。
この際,皺がよりますが,一旦乾かしたから再度表面を濡らしてから,鏡やガラスなどに今度はラベル面を下向きにして貼り付け,渇いたら再度霧吹きでシュッ!!
すると,新品のラベルのようになります。
アイロンの手もありますが,破れる心配と,熱で変色の可能性があるため臨機応変で・・・

糊は通常全面ではなく,条状に塗ってあるのが多いのでこのポイントを剥ぐ場合にだけ注意下さい。

先日,ビンの中に氷水を入れてから部屋の常温で試してみましたが,結露がまばら・・(上下で違いが出る)で結果的には思わしくありませんでした。

いずれにしても,ビン表面の結露を使う事がこのポイントです。

保存は,できれば糊を使用しないアルバムがべすと。
かといって,通気性が良すぎると,先の糊が化学変化(?)し変色しますので注意してください。

とても良い趣味だと思います
気長に楽しんでください・・・

ギリギリ間に合いましたでしょうか??

わたしも,主に日本酒のラベルを収集しています。

最初は水に漬けたり,薬品を使ったりしてましたが,どうしても糊が溶ける前に紙がふやけてしまい
見てくれが悪くなり困ってたところ,ある方から教わった方法がバッチリでした。

前置きしますが,糊の材質により稀に失敗する場合(化学糊??)がありますが
非常にきれいにはがれます。

方法
飲み終わったラベル付のビンを夜寝る前に,浴室の洗い場に置いておきます。
この際湯船には残り湯が溜まっている事...続きを読む

Qワイン好きの友人にワイングラスとワインをプレゼント

ワイン好きの友人のお誕生日にワイングラスをプレゼントしたいと思っています。
彼女はワインが大好きで、よく一人で海外ドラマを観ながら赤ワインを飲むのが大好きなのです。
以前お店で飲んだときに、タニックのグラスでワインが出てきたときに、こういうのが欲しいと言っていました。http://item.rakuten.co.jp/aben/10005188/
値段が2千円とお手頃ですが、せっかくなので自分では購入しないもう少し高価なグラスのほうがいいのかなとおも思います。
予算は1万円です。
グラスだけでは味気ないので、赤ワインと一緒に送りたいなと思いますが、どういうグラスとワインがいいのか全然わからないので、アドバイスお願いします。
エノテカのグラスはどうなのでしょうか?
飲み口がいいグラスが希望です。
ワインも軽すぎない赤ワインを希望です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はグラスはリーデルと決めています。
今も、飲みながら書いてます。
ショップへ行けば飲むワインに応じたグラスをアドバイスしてくれますよ。
http://www.riedel.co.jp/

私は業務用の安価判で丈夫なのを普段は使ってます。
特別なワインを開ける時のためにハンドメイドのグラスも用意してます。

で、今飲んでるのはこれ。
http://club.coneco.net/user/22544/review/100136/
リーズナブルだけど間違いなく美味しいです。
ブログでもリーデルのグラス使用とありますね。
重めの赤が好きな女性ならきっと気に入るでしょう。
高いワインが美味しいわけでもないですからね。

ご参考まで。

Qワインのラベルについて

ボルドー産のワインのラベルでは、年号がラベル内に一緒に書かれていますが、ブルゴーニュ産の多くのワインのラベルでは年号の部分だけは別になっています。これはどうしてですか?小規模生産者がラベル経費を安く上げるためなのでしょうか。それにしては大きなドメーヌも同じように年号を別にしたラベルにしているように思うのですが。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
これはいくつか理由があります。
ひとつはnori1121さんが書いているように、ブルは小規模のドメーヌが多いため、このようにラベルと別々にしてコストダウンも考えられます。
あるHPで見かけましたが、瓶熟成を自分のところでするため、出荷時まではラベルを貼らず、出荷時に改めてラベルを貼り出荷しているとのこと。(例えばアンリ・ジャイエとか)なので、多分ドメーヌそれぞれの考え方があると思いますが。
う~ん、回答になっていない(笑)

Qワインのぶどう品種の特徴

 ワインの勉強をしている最中ですが、カベルネやピノなどの、ワインの全ぶどう品種の特徴をそれぞれ簡単に教えてください。

 できればそれぞれの代表的なワインを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

<ワインの全ぶどう品種の特徴をそれぞれ簡単に教えてください。

そりゃあ無理ってもんですよ。それを勉強する事がワインを勉強するというものではないでしょうか。
カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールはフランスの代表品種で全てのワインの基本とされる品種ですが他にも前述にもあるガメイ(ボジョレー・ヌーボーの品種です)、メルロー、シラー、グルナッシュ、白まで含めればシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデ、リースリング、セミヨン(貴腐ワイン)…。
イタリアワインに至ってはプロでも全種類を網羅する事は難しいはずです。

好みもあるでしょうがジャンシス・ロビンソンの入門書はなかなかわかりやすく面白いと思いますのでおすすめします。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105378015/249-1509814-3245161

Qワインのラベルを綺麗にはがす方法

先日とても美味しいワインをいただきました。

銘柄を忘れないようにラベルを剥がして取っておきたいのですが、
上手く取る方法はあるのでしょうか(・・)?

Aベストアンサー

水につける、湯煎する。
もしくはシールはがし。これで取れないものは苦戦苦闘します。
ワインのラベルは私も集めていますが、上の方法で取れないものは、先の方が紹介しているように、ワインラベル保存シートしかないみたいです。でも高いんですね。
安いワインには勿体無いと私も思います。
でも、方法は未だに見つかってません。

QEUでのワイン製造時のぶどう糖制限について

ワインを製造する時に糖度調整で糖類を使用しています。
ワインをEUに輸出する場合は糖類でぶどう糖が使用できないと
聞きました。もし使用できない理由をご存知でしたら
お教えいただけないでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ワインビジネスに従事しております。

補糖に関して、EUで果糖、およびブドウ糖が認められていないというのはその通りです。何故認められないのかという理由はregulationに明記されておりません。補糖はショ糖に限るというのが、regulationに明記されているだけです。これはEUだけに限ったことではなく、アメリカでも日本でも規則というのは、OKなものだけを明記し、何故ダメなのかという理由は個別に問い合わせると答えてくれる場合とくれない場合があるものです。またEUの補糖に関する規則は、OIV(国際ブドウ・ワイン機構)の規則とは違ったりもしています。OIVではショ糖での補糖も認めていないのです。ですからダメな理由というのはなかなか造り手にはわかりづらいものです。

EU向け輸出ワインについて、およびEUのregulation本体については下記をご参照ください。尚補糖に関する規則については3ページ目のQ9に記載されています。
http://www.nrib.go.jp/bun/eu_wine/pdf/euwine_qa.pdf

Qワインラベルに表示されているReserveの意味。

ワインラベルにReserveって表示されているものを時々見かけますが、その意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

RISERVA(E) リザーブ、リゼルバ、レゼルバ  これを名乗るためには規定があり、クリアーできたワインだけがラベルに記載することができます
美味しい、不味いとは直接関係なく、スタンダード物よりもやや高級品といったイメージですね

フランスワインの場合:あいにくと詳細は判りませんでしたが、やや良質のシャンパンに多い表記です

イタリアワインの場合:その地域で定めるアルコール度数、最低の熟成期間の規定を越えたもの

スペインワインの場合: 赤    樽熟1年以上  瓶熟3年以上(樽熟含め)  出荷は4年目以降
            白ロゼ  樽熟6ヶ月   瓶熟2年以上(樽熟含め)  出荷は3年目以降
            グラン・レゼルバの場合はさらに規定が厳しくなります

ハンガリー、ブルガリアにも似たように規定があります

Qチーズのミモレットに合うワインは、どんな感じのワインでしょうか?ワイン

チーズのミモレットに合うワインは、どんな感じのワインでしょうか?ワインの銘柄ズバリでもいいですし、これこれこんな感じのワイン、といった回答でも結構です。アドバイスいただけましたら嬉しいです。

Aベストアンサー

某ホテルのソムリエです。
あまり専門的に細かく言うとキリがないですし、余計に分からなくなるかも知れないので
お約束程度の範囲でお答えします。

ミモレットもそうですしチーズ全般にいえるのですが、日本酒なら心配ありません。
また、ミモレットは比較的幅広く合わせられるので、重厚なタイプや軽いタイプの赤ワインも
問題ないです。白はややボリューム感のあるタイプが良いでしょう。

僕の個人的なイメージでは、ルビーポートが一番合います。
それと、ロゼのシャンパーニュも良いと思います。
ロゼシャンパーニュの泡の感じとミモレットの固くなった感じは面白い口当たりになり、
ミモレットにある軽い苦味と炭酸ガスやロゼシャンパーニュに含まれる黒ブドウからくる
微妙な渋みはお互いを活かします。

ミモレットの熟成期間によって合わせるものも変わりますが、上記のお酒なら
うまくカバーしてくれます。


人気Q&Aランキング