痔になりやすい生活習慣とは?

大学受験生の父兄ですが、前期入試と後期入試の違いがよく判りません。どなたかご教示をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前期と後期ということですので、国公立大学志望でしょうか?



国公立志望でしたら、みなさんのお答えにありますように
センター試験→受験校へ出願→前期試験となります。前期試験が不合格だった場合は、中期・後期日程の試験をうけるという形になります。前期試験の試験日が終わって比較的すぐに中期・後期の出願〆切がありますので、試験結果を見る前に出願しなくてはなりません。前期の結果は後期試験の前にはわかるはずですので(中期についてはちょっとわかりません、ごめんなさい)前期に合格していれば、後期は試験を受ける必要はありません。(もちろん後期試験の出願料等はかえってきません…)

試験の内容は、前期はいわゆる学力テスト、後期は面接・小論文を重視する学校が多かったと思います。そして、どちらにしてもセンター試験の配点というものが結構重要だったはずです。前期後期ともに、センター試験の得点(カウントされる科目は学校・学部等によって異なります)と合計して最終点数とされ、それによって合否が決定されます。

センター試験の得点次第では、前期の学力試験を捨てて後期の面接・小論文対策に走ることも可能ではあります(オススメはできませんが)
基本的に前期に本命を受け、後期は比較的安全圏内の学校に出願するのが一般的でしょうか。

これからまだ寒くなるでしょうから、お子様、ご家族ともに風邪などひかれぬようくれぐれもご注意下さい。合格されるといいですね。
    • good
    • 5

2年前に大学受験を経験した者です。

まず、国公立大学を受験するためには『大学センター入試』を受けなくてはなりません。その後、予備校や教育関連業者が行う『センターリサーチ』でセンター入試での自己採点結果を提出します。そして、約1週間後に返却される『センターリサーチ』の結果(A~Eの判定)をもとに受験する大学を決定する事になります。最初に前期試験ですが、基本的には『実力相応』または『挑戦』する大学を受ける事になります。判定で言えば、B~Cくらいが妥当だと思います。(受ける大学によって傾斜配点が異なるので一概には言えないのですが・・・)次に後期試験ですが、前期試験で不合格だった場合のみ受験する事になります。後期はもう後がないので、『安全校』を受ける事になりますね。判定で言えば、A~Bくらいが目安です。要するに国公立大学を受験するには最低2度試験を受けなければならず、チャンスが2回ある事になりますね。しかし、2年前は中期日程(旧C日程)といって前期日程(旧A日程)でも後期日程(旧B日程)でもない入試日程があったのですが、今はどうなのでしょう?当時は中期で受けられる大学はあんまりなく、学部を絞ればほとんど大学を選ぶことができなかったのですが・・・。もし、今も中期日程があるのならチャンスは3回になりますね。
お子様が希望に副う大学に合格される事を陰ながら応援してます。
    • good
    • 1

 既にpetuniaさんのご回答がありますので、補足する形で回答致します。



 日程については、下記のURLに図にしたものがありますので、ご覧になってください。

 注意していただきたいのは、petuniaさんもおっしゃっていますが、前期日程で合格し、3月15日までの入学手続きの締め切り(この締め切りは大学によって違いますので、各大学の募集要項などでご確認ください)までに入学手続きを取った場合、3月8日からの中期日程試験、3月12日からの後期日程試験を受験していて、合格点に達していたとしても、中期後期の合格者からはずされてしまうということです。これは、前期と中期後期を、別の大学を受験していたとしても、手続きを完了したということが情報として伝わるので、同じです。ですから、前期に志望順位の高いところを受けなければ、前期で合格した時に、入学手続きを取るかどうか悩まなければならなくなります。したがって、普通は、前期日程で第一志望のところを受験し、後期で第二志望のところを受験します。

 それから、試験内容の違いという点ですが、前期は一般的な学力試験を2、3教科(これも、大学によって違います)、後期は、小論文や面接など、普通の筆記試験でははかれない人間性や表現力などを検査しようとする試験が多くなっています。

 おわかりになりにくい点があれば、補足をお願いいたします。

参考URL:http://www.keinet.ne.jp/keinet/doc/keinet/2002ga …
    • good
    • 2

こんにちは。


国公立大学の、センター試験後に行われる、個別試験のことですね。
個別試験は、「分離・分割方式」という入試日程で行われます。
一つの学部・学科の入学定員を前期・後期日程に振り分けて、2回試験を行うわけです。受験生は、前期日程から1校、後期日程から1校出願することができます。チャンスが2回与えられるということです。
募集人員は全体として前期日程のほうが多く、また、前期日程で合格した場合、後期日程の合格発表の前に入学手続きの締め切りがあるので、第一志望は前期日程にもってくるのが普通のようです。前期日程に合格されて、入学手続きを行うと、後期日程の合格資格は失うようです。
また、一部公立校の中には、中期日程というのもあるようです。
入試時期の違いということですが、問題の難度の違いなどはわかりません。ごめんなさい。専門家の方のお答えがあるでしょうから、ご参考にされてください。
高校1年生の子供をもつ者です。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国立大学入試の前期と後期の違い、利点・欠点等教えて下さい。また、両方受

国立大学入試の前期と後期の違い、利点・欠点等教えて下さい。また、両方受けることはできるのですか?

Aベストアンサー

簡単に言うと前期がメイン,後期はセカンドチャンス。
利点,欠点について。
大学によりますが,後期の方がやや特殊な点数の付け方をしているところが多いです。
後期だけ面接,小論文があったり,その二つの配点が高かったり,センターの配点が低かったり。単に2軍を取るのでなく,何かちょっとトップ層と違う点で秀でている人を取ろうとしている感じがします。後期の方が募集人数が少ないから受かるのは難しく,問題も難しい傾向にあります。
センターとのバランスで前期・後期をたいていの受験者は決めます。
センター失敗した。前期は志望校の中で○○大学がセンターの配点が低いから○○大学にしよう,後期は××大学がなんとセンターは足切にしか使わないから××大学にしよう,など。

よくある始めの想定パターンは,
前期:第一志望 後期:第一志望 ←私大でも良い人に多い
前期:第一志望 後期:第二志望 ←第一志望にとにかく挑戦したい人
前期:第一志望 後期:絶対受かる滑りどめ ←国立しか親が許さない
こんなかんじ。

前期は挑戦しに行く人が多いので,ここであえて自分の実力対等より下を受けると後期で受けるのより簡単に通ります。・・・いきたければの話ですが(笑)。
後期最大の欠点,それは,春休みほとんど遊べず,あわただしく入学を迎えること。

余談ですが,まれに後期のあとに定員割れ,受験者のレベルが低いという理由で3次募集が国立でもかかることがあります。S大の理学部とか。

簡単に言うと前期がメイン,後期はセカンドチャンス。
利点,欠点について。
大学によりますが,後期の方がやや特殊な点数の付け方をしているところが多いです。
後期だけ面接,小論文があったり,その二つの配点が高かったり,センターの配点が低かったり。単に2軍を取るのでなく,何かちょっとトップ層と違う点で秀でている人を取ろうとしている感じがします。後期の方が募集人数が少ないから受かるのは難しく,問題も難しい傾向にあります。
センターとのバランスで前期・後期をたいていの受験者は決めま...続きを読む

Q私立大学 後期日程は難易度が上がるの?

私立大学の後期日程は難易度があがるのでしょうか?
私は次のようなわけで、難易度が上がると思うのですが、実際はどうなんですか?
(1)一般後期を受ける人は、
 ・前期で落ちたが実力では受かるはずと再度チャレンジの人
 ・前期難易度の高いところに落ちてこの大学にレベルを落とした人
 と考えるとその募集人数の少なさも合せて 前期より難易度UP
 ではないかと思いますが、「後期はねらい目」いう意見もあります
 後期はどんな人が受けて、どうなるんでしょう?

(2)後期をセンター利用で受ける場合(センター試験後の志願)
 ・もし前期にセンター5教科で受けて落ちたなら 後期も5教科なら
  当然落ちる
 ・後期が高得点3教科など自分に有利な場合は可能性がある。
 
と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを
志望しなくては結果がでないのでは・・・・

どなたか教えてください

Aベストアンサー

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しましたが)

センター試験利用に関しては、
前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの?
と思うような点数を取る人達が利用していたので
うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。
合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。

質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが
赤本等に後期試験の問題も載っていませんか?
載っていたらその問題を見てみて、
前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。
もちろん、他の回答者の方も仰っているように
前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、
第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。
また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、
前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。

逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば
ランクを落とすのがベターかと思いますが…。
HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。
あくまで目安程度ですが、それも参考になります。

ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、
後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、
受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか)
も視野に入れて考える必要があるでしょう。

つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、
あくまで参考程度に。

一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが
頑張って乗り越えて下さいね。

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しまし...続きを読む

Q私立大学の前期後期について。

私立大学の後期を受けてきたものです。

前期に比べて後期の募集人数が極端に少なかったのですが、会場の人数で倍率を計算してみたところ、前期とはあまり変わりませんでした。


そこで質問なのですが、この場合、どのようなタイプの方が多く集まってくるのでしょうか。
やはり、有名な国立に失敗したなど、レベルの高い方ばかり集まるものなのでしょうか?

すべり止めにしては時期が遅いような気もしたのですが…。


(大学のレベルは偏差値50前後と考えてください。)

Aベストアンサー

元塾講師です。

 国立とは違い、偏差値50程度の私立大学の後期受験者は「一般入試で大学に合格しなかった人」になります。国立の場合、どんなに優秀でもセンター・2次のいずれかでミスをすれば不合格になるために後期受験者の中にはかなり優秀な人もいます。私立に関しては、複数受験できるにも関わらず後期に回るというのはかなりの学力不足な人が多いです。そもそも、後期受験を実施している学校に名門校といえるものはないので、ほとんどの受験生は「上のレベルばかり受験した現状・現実をわきまえない人」になります。有名な国立にたまたま失敗した人は大抵、上位私立大学の滑り止めに合格しているはずで、私立後期を受験しないですし、国立名門校に受験・不合格で難関私立に合格していな人はそもそもレベルは高くないです。

 ただ、募集人数が極めて少ないことが多いので、合格するには学力が必要です。そのために、受験生の中で会心の出来の人だけが合格なんて場合もあります(受験生の学力にそれほど差がないために出来栄えがそのまま結果につながります)。
 私立後期はそんなに簡単ではないので、今後の進路を真剣に考えていた方がいいです。後期が落ちてからでは予備校にするか、専門家等は考える時間はないですし、予備校もどれにするか真剣に考えないとまた同じ過ちを繰り返します。
ご参考までに。

元塾講師です。

 国立とは違い、偏差値50程度の私立大学の後期受験者は「一般入試で大学に合格しなかった人」になります。国立の場合、どんなに優秀でもセンター・2次のいずれかでミスをすれば不合格になるために後期受験者の中にはかなり優秀な人もいます。私立に関しては、複数受験できるにも関わらず後期に回るというのはかなりの学力不足な人が多いです。そもそも、後期受験を実施している学校に名門校といえるものはないので、ほとんどの受験生は「上のレベルばかり受験した現状・現実をわきまえない人」に...続きを読む

Q大学受験の前期と後期の違いは?

宜しくお願いします。
私は現在37歳で中学校を卒業してすぐに働いた為「今はもう結婚して働いていません」
学歴は中卒です、そしてもう一度勉強したい!そう思い今年高認「旧大検」
を取得し、大学へ行こうと思っています。

そこで昨日合格してすぐに行きたい大学の願書を貰ってきて
読んでいたのですが、大学って前期と後期があるんですね
夫は高卒で両方全くわからないのですが

前期と後期の違いって何が違うのでしょうか?

後期は受験科目が少なくて後期にしようかな?と思っているのですが
後期は試験が難しくなる等何か違いはありますか?
本当に無知で申し訳御座いませんが全くわかりません
ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい、宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

センター試験の願書受付けはすでに締め切られていると思うので、私立大学を受験されるんですよね?

前期、後期と言うのは、試験日を前期日程、後期日程と分けています。
試験の難易度は大学によって違うと思いますが、後期日程の方がやや、高くなります。
と言うのは、例えば、前期日程で第一志望の大学を受験して失敗した受験生が、後期日程で滑り止めでワンランク下の大学を受験することが多いからです。
また、受験科目が少なくなる場合、受験生は得意な科目に絞りますから、ますます合格点が上がります。

Q大学入試(前期、後期の違い)について

大学受験に関する話題が身近な周りに出たのですが、一般入試の[前期]と[後期]ってどのような違いがあるのですか?
推薦やAO入試は大体わかったのですがこの2つはいまいち理解できませんでした。一般的にはどちらが難しいとされているのでしょうか?
質問が漠然としててすみません。

Aベストアンサー

国公立大学の前期と後期でしょうか。
受験日程の違いです。

一般的に、国公立大学は2回入試をします。
2月下旬と3月上旬~中旬です。
受験生から見ると、2回チャンスがあることになります。
ちなみに、ごく一部の公立大学では中期日程というのもあります。
数えるほどしかないですが。

最近は変わったかもしれませんが、一般的には、前期の方が募集人数が多く、後期は若干少ないか、大学によってはほとんどとりません。
ただし、逆に前期はほとんどとらず、後期に多くとる場合もあります。

また、前期と後期では問題の出題傾向も全く異なることがあり、例えば前期ではごく普通の英語や数学が出題されるのに、後期では論文を書くだけという大学もあります。
従って、どちらが難易度が高いというのは一概に言えません。
1つ言えるのは、学校や予備校で問題集を解くだけでは対処できない問題というのは、後期試験の方が出やすいです。

あえてどちらが難しいかというならば、後期の方が難しいといえるでしょう。
3月に入試がある私立大学は限られます。
そのため、希望の大学の合格を得ていない受験生や国公立を第一志望にして前期で落ちた受験生は後期に賭けざるを得ない場合が少なくなく、競争率があがるからです。

国公立大学の前期と後期でしょうか。
受験日程の違いです。

一般的に、国公立大学は2回入試をします。
2月下旬と3月上旬~中旬です。
受験生から見ると、2回チャンスがあることになります。
ちなみに、ごく一部の公立大学では中期日程というのもあります。
数えるほどしかないですが。

最近は変わったかもしれませんが、一般的には、前期の方が募集人数が多く、後期は若干少ないか、大学によってはほとんどとりません。
ただし、逆に前期はほとんどとらず、後期に多くとる場合もあります。

また、...続きを読む

Q理解に苦しんでます!国立大学後期試験?

受験生の娘をもつ無知な母です。今年娘は大学受験中です。私はセンター試験がなかった世代でこの制度がいま一つ理解できません。私立ならともかく国立についてはお手上げです。今頃こんな事を質問するのはどうかとは思うんですが、まわりの人に聞くに聞けずgooのコーナーにおじゃましました。
質問ですが、娘は某国立大を受験し、前期が終わったところです。3月中ごろに結果が来るそうです。で、心配なのはその後のことです。むすめはその某大学(1校のみ)に前期と後期の受験申し込みをしています。前期が合格していればなんら問題はないのですが、問題は不合格の時なんです。娘は、前期が落ちたら後期(同じ大学です。面接のみだそうです。)に受験しに行くと言ってます・・・が。普通前期が落ちたら後期(面接のみ)は受験資格がないように思うのですが・・・これって有りですか? あるとすればなにを基準に選考するんでしょうか? 普通同じ大学に前期と後期は出さない?とも聞き、大丈夫なんだろうか?と心配です。ここの大学にしか行かないから・・・と言う娘の言葉です。ちなみに、センター試験での某大学での娘の点数はボーダーより1点下にいると言うような事を言っておりました。お母さんに話してもどうせ分からないからと詳しく教えてもらえません。すっきりしなくて困っています。参考書などを読んでも分かりません。教えてください宜しくお願いします。

受験生の娘をもつ無知な母です。今年娘は大学受験中です。私はセンター試験がなかった世代でこの制度がいま一つ理解できません。私立ならともかく国立についてはお手上げです。今頃こんな事を質問するのはどうかとは思うんですが、まわりの人に聞くに聞けずgooのコーナーにおじゃましました。
質問ですが、娘は某国立大を受験し、前期が終わったところです。3月中ごろに結果が来るそうです。で、心配なのはその後のことです。むすめはその某大学(1校のみ)に前期と後期の受験申し込みをしています。前期が...続きを読む

Aベストアンサー

 まず、前期試験と後期試験についてですが、これは同じ大学が簡単に言ってしまえば、2回の入学試験のチャンスを受験生に与えているということです。
ですから、1回で合格できそうなら前期、後期のどちらかを選べば良いですし、その大学にどうしても入学したいのであれば、前期と後期の2回とも受験すれば良いわけです。

 問題は、前期と後期の難易度の違いなのです。そこで、前期が主で、後期がその補足と考えると分かりやすいのではないかと思います。前期の合格者で足りない分を後期で補充するわけです。ですから、当然前期の方が合格者は多くなり、後期はその補充ですから合格者は少なくなります。要は定員が後期よりも前期の方が多いわけですね。そうなると、もちろん後期の方が少ない残りの空席をみんなで争うのですから、前期より難易度が高くなるわけです。前期が落ちたら後期は他の大学にするというのは、後期の方が前期よりも難易度が高くなるからでしょう。どこの大学でも良い人は前期よりもレベルを下げて合格しそうな大学を受けるのです。しかし、娘さんの様に他に行きたいところがないのであれば、もう1度のチャンスをいかすべきではないでしょうか?確かに、難易度は後期の方が高いです。しかし、前期で自分の持っている力を充分に発揮できなかった可能性もあるわけです。会場の雰囲気等ですね。2回目は多少その辺は慣れてくると思いますので、場合によっては前期が落ちても後期で合格することがありえます。

 では、センター試験とは何なのかというとセンター試験は個々の大学が行っている試験ではなく、他の機関が試験を主催しています。多くの大学はその試験の結果を利用しているのです。国立大学では、センター試験+前期試験、またはセンター試験+後期試験というように合計点で合格者を決めています。レベルの高い大学になりますと、センター試験の結果によっては前期、後期が受けられない場合があります。センター試験は基本的な問題を試すように作られていますので、個々の大学が主催する前期、後期の方がセンター試験よりも難易度が高くなります。よって、センター試験である程度点数を取れない学生はどうせ大学が行う試験を受けても不合格になるだけでしょうから門前払いをしておくということですね。

 ボーダーとはおそらくセンター試験でこれくらいの点数をとれていれば、まあ合格するでしょう。。といった予想点数のようなものです。センター試験のボーダーより1点下にいるとは、前述の通り、国立大学はセンター試験+個々の大学の試験(前期または後期)の合計点で合格者を決定しますので、センター試験がボーダーより1点下にいる分、後に行われる個々の大学の試験(前期または後期)で巻き返さないといけないわけです。

 まず、前期試験と後期試験についてですが、これは同じ大学が簡単に言ってしまえば、2回の入学試験のチャンスを受験生に与えているということです。
ですから、1回で合格できそうなら前期、後期のどちらかを選べば良いですし、その大学にどうしても入学したいのであれば、前期と後期の2回とも受験すれば良いわけです。

 問題は、前期と後期の難易度の違いなのです。そこで、前期が主で、後期がその補足と考えると分かりやすいのではないかと思います。前期の合格者で足りない分を後期で補充するわけです...続きを読む

Qセンター試験の前期と後期

大学受験生を持つ親ですが、
受験の基本的知識がありませんので、教えて頂きたいです。
初歩的な質問ですが、よろしくお願いします。

学研の「大学受験案内」という本を見ているのですが、
センター試験に前期日程用と後期日程用という記述(説明)が
あります。ここが理解できませんので教えてください。

センター試験は1回だけ(前期センター試験と後期センター試験が
あるわけではないですよね)なのに、
なぜ、前期日程用と後期日程用というのがあるのでしょうか?

これは、センター試験自体は1回だけど、
その結果の使われ方が、前期試験と後期試験で違うという
意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

現在の国立大大学入試は、分離・分割方式という方法で行われています。
各大学、学部、学科で、定員を2つにわけ、前期日程、後期日程の2回、受験の機会を与える方式です。(2つの分け方は自由。片方に全ての定員を配するのもあり)
また、試験は、センター試験と個別試験を課しますが、この個別試験が、前期、後期の2回あります。合否は、センター試験と個別試験の総点で決めますが、その配点は、前期、後期で別々で構いません。
ということで、おそらくその本には、配点と入試科目が、前期日程と後期日程の各々について記載されているんじゃありませんか?
配点の振り方も、入試科目も、前期日程と後期日程では各々別々に決めることができます。

Q私立センター利用・前期・後期

私立大学を受験しようと思います。
そこで第一志望を一般入試で受け、滑り止めはセンター試験で受かっておこうと思います。
そこで質問なのですが、センター試験利用にも前期日程・後期日程がありますよね?
前期日程で滑り止めを確保した場合、その入学手続き締切(2/20)が第一志望の合格発表(2/24)より早いです。
それでは滑り止めの意味がなく、こういうった場合にはセンター利用後期日程にするべきなのでしょうか?
後期日程は募集人数があまりに少なく不安です。
それか、とりあえず前期日程の入学手続きをし、第一志望が合格していいると分かったらキャンセルなどできるのでしょうか?
(その場合入学金やキャンセル料などはどうなるのでしょうか;)
試験の受け方がたくさんありすぎてよく分かりません。
どうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

後期日程はかなり多くの人が受験するので、難易度があがって滑り止めにならないかもしれません。
その学校のボーダーラインを調べてみたほうがいいですよ!
もし後期日程のセンター利用でも合格できそうなら、後期利用でもいいです。

前期日程で滑り止めを確保した場合、入学金を支払わないと受かった意味がないですね・・・。
もちろん第一志望が受かっていた場合に、滑り止め校に支払った入学金は戻ってきませんので、最初からその覚悟をするしかありません。
学校によっては(滑り止めとして使う人が多いので)入学金を分割で支払えたりするところもあるので、よく願書を読んで確認してください。
キャンセル料は特に無いはずですが・・・これも確認してください。

お金がムダにならないようにするには、入学手続き締切が2/24より後の学校を滑り止めにするしかないです。
そもそもセンター利用は前期でも、「とりあえず出願しておく人」が多く、
たとえ一般入試だと偏差値の低い学校でもレベルがあがります。
滑り止め校は一般で受けたほうが、より自分の実力に近い学校に受かることができると思うので、少し調べてみてはどうでしょうか??

参考URLに河合塾のサイトを貼っておきますね。
私が去年、受験校を決めるときに参考にしたので^^

参考URL:http://www.keinet.ne.jp/doc/index.html

後期日程はかなり多くの人が受験するので、難易度があがって滑り止めにならないかもしれません。
その学校のボーダーラインを調べてみたほうがいいですよ!
もし後期日程のセンター利用でも合格できそうなら、後期利用でもいいです。

前期日程で滑り止めを確保した場合、入学金を支払わないと受かった意味がないですね・・・。
もちろん第一志望が受かっていた場合に、滑り止め校に支払った入学金は戻ってきませんので、最初からその覚悟をするしかありません。
学校によっては(滑り止めとして使う人が多...続きを読む

Q偏差値40というと、どの程度のレベルですか?

知人が偏差値40の大学を受けると言っています。ゼミナール?の偏差値分布で調べたそうですが、私は高校中退なもので、この40というのがどれくらいなのか分かりません。

英語・国語・数学でいうとどれくらいのレベルの問題が出るのですか?

また、大学全入時代ですが、偏差値40の大学を受けまくっても、落とされることもありえますか?

というのは、私の親戚ですごく頭の気転が利く人がいるのですが(たぶん頭はいいです)、試験場に行くと極度に緊張して実力が出せない、ということで、偏差値45くらいの大学に入って、不本意そうだったので、そういうこともあるんだな、と心配に思いました。

Aベストアンサー

偏差値は50で、全体のちょうど中間のレベルになります。
偏差値は45で、全体が100人いた場合の下から31%、下から31人目にあたります。
ですから、偏差値40ということは、それ以下で、成績は下から30%以下ということになり、かなり低いレベルになりますね。

せめて、偏差値50を目指してもらいたいものです。
今、偏差値40でも悲観する必要はないでしょう。
偏差値なんて、55ぐらいまでは簡単に上がりますから.
ただ、65を超えていくのは非常に大変です。
偏差値65で上位7%になります。

Q前期と後期では、後期の方が難しいんですか。

友人の子が、岩手大の後期を受験します。

岩手大に限らず、前期と後期とでは後期の方が募集人数も少なく競争率は高いようです。
後期だと、かなり難しいと考えていいのでしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

前期の合否、滑り止め私大などを経て国立後期は、最後のチャンスですよね。
出願者の多くが、前期や、私大に流れてしまうので、
後期の実質倍率は、当初の志願者よりぐっと減ります。

http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/data/08/nyushikekka_k/index.html
昨年は、2倍未満も目立ちます。

学科がある場合は、学科で勝負出来るのですが、
面接や小論文などは対策が立てにくいです。
センター試験の素点が高いと有利です。


人気Q&Aランキング