最新閲覧日:

いつ世界のどこでお菓子が食べられるようになったんですか?教えてください!!

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

 日本のお菓子の歴史


http://www.mars.dti.ne.jp/~zenkaren/history/reki …
http://www.meikatanbou.com/chi_/chi_r/chi_r.htm
http://www5b.biglobe.ne.jp/~okasiya/rekisi.htm
 世界
http://www.kurata-net.co.jp/faq2/faq.html
によりますと、パンと菓子の区別がされたのはギリシャ・ローマ時代になってからです。記録によれば紀元前200年頃には72種類の菓子が作られており結婚式にはゴマと蜂蜜で作った婚礼の菓子あったそうです。
    • good
    • 0

「菓子」の定義をどうするか.で別れますが.


たとえば.乳酸菌発酵食品を全部ひっくるめて.チーズといえば.日本では平安時代から食べられています。自分自身で.「チーズ天皇」と名乗った人もいました(普通.天皇の呼び方は死後つけられるのが普通ですが.このチース天皇はみずからをチーズ天皇と呼ばせました)。

古くからある和菓子一つは.ようかんでしょう。漢字の「羊羹」のとおり.これは羊の肝臓を模倣した食品で.禅寺で開発された(中国からの輸入かもしれません)ものです。
    • good
    • 0

ko-ko-seiさんが先ほど質問された内容と重複しているものと考えてお答えします。



主食、副食、菓子、と、食事が分類される前から、人間は、今で言う「お菓子」への願望が強かったのではないかと思われます。

お菓子の元祖は、その漢字から想像されるとおり、果物です。日本でいえば、柿が、長い間果物の王様として君臨してきたようです。やはりその甘味。糖分が今のように簡単に取ることができなかった頃、果物は、手軽に採取できる糖分として、重宝されてきたはずです。干し柿など、そのおいしさを保存しておきたい人間の知恵の産物だと思います。それこそが、お菓子へのスタートだったのでは?

ただ、やはりこういうものはほとんどが保存食ではないし、日常の食事とは性格の違うもの。そんなわけで、主に間食のもの、臨時のものとして位置づいたのではないでしょうか。

今でこそ、辛いもの、化学調味料もののスナック菓子が主流となっていますが、もともとは人間が、果物を取って食べたものを、菓子の源流と考えるのがよいと思います。
    • good
    • 0

ここでお菓子の歴史を書くつもりはないのですが終戦後、昭和21年頃何もない時は[お菓子]まで手が廻らなかった人々も多く


食べるのがやっとだったという事は、人類の歴史でも余裕がない内はそこまで考えられなかったと思います。

小林亞星氏が何かに書いていましたが、集団疎開の頃お腹がひもじくて先生の目を盗んで[わかもと]や[EBIOS]をオヤツ代わりに
盗み食いをしたら、消化がよくなって余計腹がすいた困ったと言うのです。。。(私も経験ありですが・・・!)

何か一工夫するという意味では主食以外の歴史は古く、奥が深いとは思いますが発掘遺跡の栗や胡桃がお菓子の始まりに繋がるか
どうかは今後の研究を待たなければ、いつ頃何処で始まったかという[菓子の歴史]は解明されないでしょう。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ