最終利回りrの債券の価格P、デュレーションD、コンベクシティーBCとして
利回りが△r変化したときの債券価格の変化△Pの式は次のどちらでしょうか?
△P/P=-D*(△r/(1+r))+(1/2)*BC*(△r)^2
△P/P=-D*(△r/(1+r))+(1/2)*BC*(△r/(1+r))^2
(本当はコンベクシティーBCの定義式がいちばん聞きたいのですが、表記するのがだるいので、こちらの式で表記させていただきます^^;)
つまり、(1+r)^2で割るのを、コンベクシティーの値を求めるときに割るのか、それとも債券価格の変化を求めるときに割るのかを教えて下さい。
証券アナリストのテキストだと上の式が書かれているのですが、アクチュアリー試験の解答は下の式で書かれてたりします。
#思うに、アクチュアリー試験の解答は、経済の専門家でないアクチュアリー自身が解答作成、採点するので、その解答が間違っているだけで、正しい定義は証券アナリストのテキストにある上の式で良いのだと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結論を申し上げると両方正しいと思います。



証券アナリスト試験においてはデュレーションとした場合は、マコーレのデュレーション(以下、Dmac)となりますが、一般的には修正デュレーション(以下、Dmod)を使用しています(Excelの中にも両方の関数が用意されていますが、Dmodを使用した方がシートが軽いので)。
Dmod = Dmac/(1+r)

コンベクシティ(以下、BC)も修正コンベクシティ(以下、BCmod)があります。
BCmod = BC/(1+r)^2

△P/P=-Dmac*(△r/(1+r))+(1/2)*BCmod*(△r)^2
△P/P=-Dmac*(△r/(1+r))+(1/2)*BC*(△r/(1+r))^2
マコーレのデュレーションと修正コンベクシティの組合せは覚えにくいので
アクチュアリーの式の方が強いて言えば正しい気がします。

ちなみに
△P/P=-Dmod*(△r)+(1/2)*BCmod*(△r)^2
が私がExcel上で使用している形式です。

※△P/Pの後ろの=は、近似を意味するニアリーイコールが正しい

これ以外に、金額デュレーションと金額コンベクシティーと言われるものもあります。何れも近年の試験問題では出されていたと思いますから、それぞれの計算式と相互の関係を頭に入れておく必要があります。

ちなみにこれは経済の問題ではなく、数学的な問題です。
利回りから単価を求める式を微分したものがデュレーション
利回りから単価を求める式を2回微分したものがコンベクシティ
です。
距離と速度と加速度の関係と同じです。
この場合、距離=単価、速度=デュレーション、加速度=コンベクシティです。

頑張って勉強してください。私は1次試験(3教科一度)も2次試験も年明けから
土日各5時間ずつ勉強して合格しました。ここまでやる必要もないと思いますが。

(管理者殿)当該質問は、マネー→投資→債券の方が適切だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なご回答ありがとうございます。
私もデュレーション、コンベクシティーの式を覚えるのはいやなので、利回りr+drのときの債券価格P(r+dr)をテーラー展開して考えています。
私はアクチュアリー試験の受験生なのですが(試験まであと1ヶ月!)、もし今年出題されたら、マコーレのコンベクシティと修正コンベクシティの両方を答えておこうと思います。

最後に、質問してから、質問のページがよくないなぁと感じておりました。申し訳ございませんでした。

お礼日時:2001/11/25 13:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「財務アナリスト」について

初心者的な質問でまことに申し訳ないのですが、
もしわかり易く説明ができる方がいたら教えていただけますと幸いです。


1.現在「企業分析」の書籍を読んでいますが、
その中で「財務アナリスト」という職業が出てきます。

検索すると「財務アナリスト」ではなく、
「証券アナリスト」という名前の方が多く検索結果に表示され、
「財務アナリスト」という職業の詳細はあまりよくわかりませんでした。
この職業をご存知の方がいたら教えてくださいますと幸いです。


2.企業分析として以下4ステップがありますが、
企業価値評価という側面からは、すべてが密接に絡み合っていると思います。(経営戦略分析、会計分析、財務分析、将来性分析)これらは相互にどのような関連性をもっているのでしょうか?

Aベストアンサー

証券アナリストというのは、「公益社団法人 日本証券アナリスト協会」の通信教育を受け、所定の検定試験に合格して資格を取得した人のことをいいます。略称はCMA。この資格の元祖は金融大国の米国で、略称はCFA。世界的に証券アナリストといえば、米国のCFAを指します。米国CFAの試験はとても難しいです。また、米国以外の主要国の証券アナリスト協会が連合して創設した資格が国際公認投資アナリスト、略称CIIAです。

証券アナリストの仕事は、上場企業の決算や事業内容、経営戦略を分析し、株価が割安か割高かをレポートすることです。セルサイドアナリストとバイサイドアナリストの2種類に分かれます。セルサイドとは、主として証券会社や投資銀行に在籍し、機関投資家(生命保険や投資ファンド、事業会社)などに対して株式投資の戦略の基礎となる情報を伝達します。特に先行き「買い」なのか「売り」なのかを指南する「買い推奨」「売り推奨」の判断を示すことが重要です。この見通しが当たれば人気アナリストとして注目されますし、外してばかりいるとクビになります。一方、バイサイドアナリストとは、機関投資家に在籍して、自社の投資方針の決定について助言するのが仕事となります。

スキルとしては、決算書や基礎的な簿記の原理が分かっていないといけない点では会計士や中小企業診断士と似ていますが、根本的な仕事は違っていて、上場株式やポートフォリオの投資戦略を助言することが業務です。

証券アナリストというのは、「公益社団法人 日本証券アナリスト協会」の通信教育を受け、所定の検定試験に合格して資格を取得した人のことをいいます。略称はCMA。この資格の元祖は金融大国の米国で、略称はCFA。世界的に証券アナリストといえば、米国のCFAを指します。米国CFAの試験はとても難しいです。また、米国以外の主要国の証券アナリスト協会が連合して創設した資格が国際公認投資アナリスト、略称CIIAです。

証券アナリストの仕事は、上場企業の決算や事業内容、経営戦略を分析し、株価が割安か割高か...続きを読む

QX財に対する国内の総需要曲線はD=120-P、国内の総供給曲線はS=2Pである。

個人で調べてみたものの理解できないので投稿させて頂きます。
経済学経済原論(ミクロ経済)の問題ですが、
下記の問の答えと考え方をできたら詳しく教えていただけたら嬉しいです。

X財に対する国内の総需要曲線はD=120-P、国内の総供給曲線はS=2Pである。この財の海外市場における価格が20のとき、国内の生産量と輸入量はいくつになるか。
また、この財に1単位あたり10の関税が課せられた時の政府の関税収入、
右関税が課せられた場合の生産者余剰の変動額、右完全によって生じる社会的損失額もそれぞれ求めよ。

Aベストアンサー

生産者余剰の増加は合っています(私の計算と同じということ)が、死荷重は合っていませんね!三角形が2箇所あるので、二つの面積の和(合計)となるはず。あなたのは何を計算したんでしょうか?
DWL=左側の三角形の面積+右側の三角形の面積=[(60-40)×10÷2 ] + [(100-90)×10÷2 ]= 100 + 50 = 150
となりませんか?ただし、DWL=死荷重を指し、三角形の面積=底辺×高さ÷2で求められる。

Q働く人へのインタビュー 中1女の合気冬です(*´ω`*)仕事の愚痴でもいいです!大体の年齢と性別と職

働く人へのインタビュー                中1女の合気冬です(*´ω`*)仕事の愚痴でもいいです!大体の年齢と性別と職業を教えて下さい!このあとの質問に答えられるものだけでいいので回答お願いします。                Q1,どんな仕事をしているのですか?       Q2,この仕事を選ぶにあたって考えたことは何ですか?              Q3,この仕事をしていて嬉しいと思うこと、やりがいは何ですか?        Q4,仕事をしていてつらいことは何ですか?                   Q5,この職業に就くにはどんな資格や免許が必要ですか?               Q6,何のために働いているのですか?   Q7,職業や進路について、中学生への助言をお願いします                 Q8,《頭がいい人》とはどういう人のことをいうと思いますか?

Aベストアンサー

50代、女性です。
1 高校教師でしたが、体を壊して現在は、塾講師
2 母が教師だったから教師はなんとなくなってしまった。教師になってから仕事の面白さにハマった。
3 高校教師にせよ、塾講師にせよ、
生徒さんから、「先生に教わってよかった」と言って貰えると最高に嬉しい。
4 仕事量が多すぎて、残業が多いのに、残業代がでない。
5 教員免許
6 単純に仕事が楽しいから。
7何が本当に自分の天職かなんて、
わからないです。私みたいに教員になんとなくなってしまったら、その職にハマってしまった、なんて言う偶然もあります。できるだけ、どんな職にもつけるよう、自分の職業選択の幅を広げておくのがよいと思います。
ちなみに、私は、本も書いています。
こちらも合わせてめちゃ時間に追われる日々ですが、充実感は満点です。
8 人の気持ちがわかる人。

Q証券アナリスト 実務経験

■「証券アナリスト」資格取得を考えています。

■私は現在学生なのですが、仮に一次、二次合格しても、「証券分析の実務経験を3年以上有すると認定された方は、日本証券アナリスト協会の検定会員として入会の資格が付与」とあるので、実質、学生には「証券アナリスト」資格を取得できないのでしょうか?

■具体的に実務経験とはどのようなものでしょうか?

■学生の時から「証券アナリスト」を目指していた人、社会人になってから取得を考えた人、取得者のみなさん、ぜひその経験をお聞かせください。

Aベストアンサー

日本証券アナリスト協会検定会員です。
社会人になって、当該資格を取得しました。
○実務経験がない場合であっても「検定会員」としてアナリスト協会に入会できないだけで、資格取得自体はできますのでご心配なく。

○実務経験についてですが、次のとおりです。(アナリスト協会HP参照)
 ● 金融機関等における証券投資相談業務(個人顧客、法人顧客とも含む)
 ● 法人向け投融資、ならびに与信審査業務
 ● 債券、株式、不動産等への投資業務
 ● 債券、株式等発行による資金調達業務
 ● 事業会社における財務業務
 ● IR業務
 ● 監査法人における監査業務
 ● 経済、産業、金融に関する調査・分析業務

○経験について
はっきりといいますと、「証券アナリスト」は単なる自己啓発になりますが、それ以上でも以下でもありません。現在、多少仕事に役に立っていますが、それほどでもありませんし。問題は、資格をとってからどのような仕事をしたいかです。自分にとって何がしたいか?そして何が向いているか?。わくわくどきどきさせてくれる仕事ってなんだろうって?日ごろから「楽しい」って思えることを大切にしてあげて、それを仕事に生かせればすっごい幸せなことだとおもいますよ。
とりあえず、勉強のために取得するのであれば、いいんじゃないかと思います。そのほか、FPとかもあれば、実務としても良いのだと思いますがね。

参考URL:http://www.saa.or.jp/aboutsaa/jitsumukeiken.html

日本証券アナリスト協会検定会員です。
社会人になって、当該資格を取得しました。
○実務経験がない場合であっても「検定会員」としてアナリスト協会に入会できないだけで、資格取得自体はできますのでご心配なく。

○実務経験についてですが、次のとおりです。(アナリスト協会HP参照)
 ● 金融機関等における証券投資相談業務(個人顧客、法人顧客とも含む)
 ● 法人向け投融資、ならびに与信審査業務
 ● 債券、株式、不動産等への投資業務
 ● 債券、株式等発行による資金調達業務
 ● 事業会社...続きを読む

Q経済学部からのアクチュアリーへの挑戦

高校三年生の理系の私は経済学部に地方国立の経済学部にいこうと思ってます。
そこでリスク分析をしたいです。かつては理工学部にいこうと思いましたが模試で受けた
理科科目の悲惨さに理工学部への挑戦は無謀でしかないと考え諦めました。
私はアクチュアリーという夢を抱えていきてきました。
アクチュアリーの出身者の学部は数学科が多く経済学部はあまり目立ちません

経済学部からアクチュアリーへの挑戦は大変なのでしょうかご教授お願いします

Aベストアンサー

経済学部からアクチュアリーやクォンツを目指すのは、ご質問の通りで、かなり無理があります。不可能に近いと思います。もしも、叶うとすれば、東大・一橋レベルと推察します。

理由は簡単で希望される職種で要求される「数学のレベル」が、大学・大学院で数学を専攻した人でも、到達がするのが、かなり難しいレベルだからです。

でも、ちょっと抜け道があります。

「社会工学部」へ進み、そこで「金融工学」を専攻することです。

どこの数学科にも、将来、金融工学のプロを目指す学生のための専攻コースが準備されているわけではありません。一方、経済学部になると、将来、金融工学のプロを目指す学生を指導できるレベルの数学の先生が在籍しているとは限りません。

ケース・バイ・ケースですが、証券アナリスト試験や国家公務員(上級・一種)試験レベルは指導できても、年金数理アクチュアリー試験合格レベルになると指導できない教員が多いのが、フツーの経済学部です。

ですが、社会工学部の教員達は違います。
経済・経営に関する(ほぼ)全ての問題を数学的手法を駆使して研究・解決する分野のプロですから、数学も熟知して、かつ、(学問・理論上とはなりますが)経済・金融問題にも非常に強いです。

さらに、社会工学部の一・二年生レベルの必須科目では、理学部の学生と、ほぼ同等の「線形代数」・「微分積分」・「統計学」・「計算機実習(シミュレーション・プログラミング等)」が組み込まれています。


一度、「社会工学部」を御検討されることをおすすめします。
来春にサクラ咲き、希望と誇りに満ち溢れた日々になることを祈念しています。



余談:以下が年金数理アクチュアリーの関するYOUTUBE動画です。

2011/12/19 アクチュアリー試験「数学」第1問(2)解説
https://www.youtube.com/watch?v=8zFn4NpVpm8

経済学部からアクチュアリーやクォンツを目指すのは、ご質問の通りで、かなり無理があります。不可能に近いと思います。もしも、叶うとすれば、東大・一橋レベルと推察します。

理由は簡単で希望される職種で要求される「数学のレベル」が、大学・大学院で数学を専攻した人でも、到達がするのが、かなり難しいレベルだからです。

でも、ちょっと抜け道があります。

「社会工学部」へ進み、そこで「金融工学」を専攻することです。

どこの数学科にも、将来、金融工学のプロを目指す学生のための専攻コースが準...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報