去年出産し、今年10月1日から常勤で仕事に復帰しました。
今年中の収入は、3ヶ月分とボーナスが少し、ということになりそうですが、
去年までと比べると、3ヶ月しか働かないぶん少ないのです。
そこで、もしかしたら主人の方で配偶者特別控除の枠にはいるかも、と思い
計算してみたところ、収入の見積もりが114万ほどになりました。
扶養に入る枠は103万と聞きましたが、扶養に入れなくても配偶者特別控除の
範囲には入っているようです。

そこで、なんとか収入を103万までに抑えるようにして、今年は扶養に入り、
主人の扶養手当とかをもらうのと、ただ配偶者特別控除で申請するのとでは、
一般にどちらがいいのでしょうか?

今年は扶養家族になることで、どういうメリット・デメリットがあるのでしょうか?
また、今年の収入額で来年に影響する税金などはどういうものがありますか?

面倒な質問ですみません。
ご存知の方、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この場合は、今年の収入を103万円以内に調整しないで、ご主人が配偶者控除は駄目でも、配偶者特別控除を適用された方が有利になります。



貴方の収入が103万円に抑えると、配偶者控除38万円で、配偶者特別控除の0になります。
114万円だと配偶者控除は0で、配偶者特別控除が31万円になります。

その結果で、
貴方の収入が114万円になると、貴方の所得税が約11000円、住民税が約10000円ほど課税されます。
一方、ご主人は配偶者控除と配偶種特別控除の差額7万円に対して、所得税が(税率を20%として)14000円と、住民税が4000円ほど増えますから、お二人で約4万円ほど税金が増えます。
収入が11万円多いのですから、差し引き7万円ほど有利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な数字で、ご回答ありがとうございました。
主人に話して、配偶者特別控除という形で申請しようと思います。
やっぱりトクするほうがいいですものね。

お礼日時:2001/11/22 17:13

 今年10月から勤務を再開して、10月から来年の9月までの1年間の収入が103万円を越えるでしょうから、御主人の扶養にはなれませんので扶養手当をもらうことは出来ませんし、130万円も超えるでしょうから御主人の医療保険に扶養家族としても加入することは出来ません。



 税法上の今年の1月から12月までの処理だけが、検討を要する事項ですが、給与収入を114万円とした場合、御主人の控除は配偶者特別控除の31万円だけで所得税が約11,000円、住民税が約8,000円となり、103万円とした場合は御主人の配偶者控除が38万円だけで所得税はゼロ、住民税が約2,500円となります。

 御主人の控除の差額による、所得税と住民税は約17,500円ですので、お二人分の増減を合計すると、調整をしないで114万円の給与収入を選択したほうが、約71,000円得をすることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
114万の給与収入を選ぼうとおもいます。

お礼日時:2001/11/22 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養控除と配偶者特別控除を色々呼んでも難しいです。

扶養控除と配偶者特別控除を色々呼んでも難しいです。

何なのか本当に簡単にご説明いただけるとありがたいです。
また、妻を扶養に入れるのと配偶者特別控除にするのと、ガンガン働いて扶養に入れないと、月の税金はどのくらい替わってきますか?
私の年収が500万円に仮定します。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他回答様の回答で充分ですが、違う言い方で。

扶養控除
妻以外の家族を控除する表現

配偶者控除
妻を控除する表現

配偶者特別控除
配偶者控除は所得制限があります。
所得制限が一万円超えただけで、38万円の配偶者控除が受けられなくなるのは変ではないかというクレームに政府が対応したのが、これです。
38万円を超えた額から特別控除額を算出します。
ですから、所得金額によって控除額が違います。
そのため、この控除を受けるには「妻の所得額」を申告する必要があります。

妻がガンガン働いて稼いだ場合。

妻自体の所得税、住民税、健康保険組合等への支払いの増額
夫が受けてた配偶者控除が受けられないので、夫の所得税、住民税の増
夫が会社から貰ってる扶養手当(会社によって違う、ない会社もある)がなくなる。

具体的には変化するでしょうが、130万円を超えて働くなら、いっそ160万円を超えないと家計全体ではマイナスになると試算がされてます。

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/gc/12076/3/

Q確定申告 配偶者特別控除と老人控除対象配偶者

両親の確定申告に関しての質問です。

父(84歳)は不動産収入があるため青色申告をしております。
母(75歳)は公的年金とその他の年金のみの収入があり所得は57万円弱です。

この際父の申告時の配偶者控除は配偶者特別控除の55万~60万未満の範囲で控除金額は
21万円となるのでしょうか?
それとも母の年齢で老人控除対象配偶者となり 48万円の控除金額となるのでしょうか?

国税庁のh.p.で申告書を作成した際「配偶者特別控除」の欄に

(1) 配偶者の給与等の収入金額
(2) 配偶者の公的年金等の雑所得の収入金額
(3) 配偶者の上記以外の所得金額

とあり、 <公的ではなく民間の年金(かんぽ)>の雑所得が57万円でそれは上記3つのどれに
あたるのでしょうか?
(2)に入れると老人控除対象者で48万円控除されるように自動的にインプットされます。
(3)だと21万円の控除になります。

どちらが正しいのでしょうか?
今まで両親が自身で申告していた際には配偶者特別控除で申請していましたが
今回私がやってみて疑問に思いました。

長々とわかりにくいかもしれませんが、どうかご回答よろしくお願いいたします。

両親の確定申告に関しての質問です。

父(84歳)は不動産収入があるため青色申告をしております。
母(75歳)は公的年金とその他の年金のみの収入があり所得は57万円弱です。

この際父の申告時の配偶者控除は配偶者特別控除の55万~60万未満の範囲で控除金額は
21万円となるのでしょうか?
それとも母の年齢で老人控除対象配偶者となり 48万円の控除金額となるのでしょうか?

国税庁のh.p.で申告書を作成した際「配偶者特別控除」の欄に

(1) 配偶者の給与等の収入金額
(2) 配偶者の公的年金等の雑所得の収...続きを読む

Aベストアンサー

>それとも母の年齢で老人控除対象配偶者となり 48万円の控除金額となるのでしょうか?
いいえ。
「所得」が38万円を越えていますから、控除対象配偶者にはなりません。

><公的ではなく民間の年金(かんぽ)>の雑所得が57万円でそれは上記3つのどれに
あたるのでしょうか?
(3)ですね。

>この際父の申告時の配偶者控除は配偶者特別控除の55万~60万未満の範囲で控除金額は21万円となるのでしょうか?
払い込んだ保険料があるはずです。
収入57万円から、その額に対する保険料を引いた残りが「所得」です。
その「所得」がわからないと何とも言えません。

それとも、57万円は年金収入から払いこんであった保険料を引いた額なのでしょうか。
もしそうなら、お見込みのとおりです。

Q配偶者がパートでなく、正社員の場合の配偶者控除・特別控除

会社勤めの夫です。年末調整について質問します。
配偶者(妻)も会社勤めの正職員なのですが、休職明けで所得が少ない(100万円前後)ため、配偶者控除・配偶者特別控除(制度改正でどちらか片方になりました)を考えています。

そこで、私の「給与所得者の配偶者特別控除申告書」に、記入して提出しようとしたところ、経理担当に
「配偶者はパートでなく正職員なので、
 配偶者控除・特別控除は私の側では申請できない。
 配偶者の年末調整でやってくれ」
と言われました。

確かに、妻にも年末調整の紙は来ているのですが、
配偶者控除はその名の通り、収入が少ない配偶者(妻)を持つ給与所得者(夫)が出すものだと思います。

以上のような状況です。ですので、

Q1.配偶者(妻)がパートでなく、正職員の場合でも、配偶者控除・特別控除が申告できるかどうか?

Q2.その場合、申告は夫の側、妻の側、どちらがするべきか?

Q3.もし今回、経理が認めなかった場合に、後から私個人が税務署で確定申告できるかどうか?

を教えていただければ幸いです。経理を説得するために、もし参考になるURLなどあれば添付していただければ、大変ありがたいです。

会社勤めの夫です。年末調整について質問します。
配偶者(妻)も会社勤めの正職員なのですが、休職明けで所得が少ない(100万円前後)ため、配偶者控除・配偶者特別控除(制度改正でどちらか片方になりました)を考えています。

そこで、私の「給与所得者の配偶者特別控除申告書」に、記入して提出しようとしたところ、経理担当に
「配偶者はパートでなく正職員なので、
 配偶者控除・特別控除は私の側では申請できない。
 配偶者の年末調整でやってくれ」
と言われました。

確かに、妻にも年末...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問者様の認識の通りで、担当の方が何か大きな勘違いをしているものと思います。

Q1.奥様がパートであろうと正社員であろうと、配偶者控除又は配偶者特別控除は、ご主人の会社の年末調整でしか控除できません。
もちろん奥様が正社員であっても、所得金額の要件を満たしていれば、これらの控除は受けられます。

配偶者の会社の年末調整では、その配偶者自身の所得税の精算しかできません。

Q2.奥様を対象とした配偶者控除・配偶者特別控除については、ご主人の年末調整での控除項目ですので、夫の側でしかできません。

Q3.もちろん、当然ご質問者様の会社の年末調整でされるべきものですが、仮に年末調整で控除されなかった場合は、会社からもらう源泉徴収票、認め印、還付口座となる預金通帳をお持ちになって、来年の1月以降に税務署に行けば確定申告できますので、それに対応する分の還付が受けられます。
それと、その際に、奥様の所得を確認するため、提出の必要はありませんが、奥様の源泉徴収票もご持参された方が良いとは思います。

僭越ながら#1さんの回答の補足というか訂正になりますが、所得税と健康保険の扶養は全く別物で、別々で考えられるべきものですし、配偶者控除等は、途中で扶養に入っていなかったとしても、年末時点の現況で判断して控除できますので、奥様がその会社の社会保険に入っていたとしてもそれには関係なく、配偶者控除・配偶者特別控除を受けることができます。

ご質問者様の認識の通りで、担当の方が何か大きな勘違いをしているものと思います。

Q1.奥様がパートであろうと正社員であろうと、配偶者控除又は配偶者特別控除は、ご主人の会社の年末調整でしか控除できません。
もちろん奥様が正社員であっても、所得金額の要件を満たしていれば、これらの控除は受けられます。

配偶者の会社の年末調整では、その配偶者自身の所得税の精算しかできません。

Q2.奥様を対象とした配偶者控除・配偶者特別控除については、ご主人の年末調整での控除項目ですので、...続きを読む

Q夫は年末調整申告時扶養控除したが、妻の収入103万を超えてしまった場合どうすればよいか?

夫は、年末調整で扶養控除をし、会社に扶養ありで提出したようですが、派遣で複数勤務している妻(私)は、収入106万円でした。
え!3万オーバー??あと少しで扶養内だったのに。。
とちょっとショックでしたが、実際働くと103万未満で調整できず、130万未満で収まれば、社会保険等はなんとかなると思っているところです。

私はそのまま確定申告しますが、実際我が家は、訂正申告(提出)する必要がありますか?

Aベストアンサー

>収入106万円でした。
>え!3万オーバー??あと少しで扶養内だったのに。
ぎ主人は「配偶者控除」は受けられませんが、「配偶者特別控除」を受けられます。
「配偶者特別控除」は配偶者の給与年収に応じて控除額が変わります。
106万円なら36万円の控除で、配偶者控除と2万円しか違いません。

>実際働くと103万未満で調整できず、130万未満で収まれば、社会保険等はなんとかなると思っているところです。
健康保険の扶養は大丈夫です。
130万円以上でなければ、扶養は外れません。

>私はそのまま確定申告しますが、実際我が家は、訂正申告(提出)する必要がありますか?
あります。
「訂正」(訂正申告ということばはありません)ではなく、貴方のご主人は年末調整をしていますが確定申告はしていませんので、通常の確定申告です。
「配偶者控除」を「配偶者特別控除」に代える確定申告をしなければいけません。
源泉徴収票(ご主人と貴方の)、印鑑を持って税務署で確定申告をしてください。
貴方が確定申告するなら、同時にご主人も確定申告すればいいでしょう。

>収入106万円でした。
>え!3万オーバー??あと少しで扶養内だったのに。
ぎ主人は「配偶者控除」は受けられませんが、「配偶者特別控除」を受けられます。
「配偶者特別控除」は配偶者の給与年収に応じて控除額が変わります。
106万円なら36万円の控除で、配偶者控除と2万円しか違いません。

>実際働くと103万未満で調整できず、130万未満で収まれば、社会保険等はなんとかなると思っているところです。
健康保険の扶養は大丈夫です。
130万円以上でなければ、扶養は外れません...続きを読む

Q配偶者特別控除、社会保険に関する扶養範囲について

お世話になります。

現在私は無職で、夫の扶養に入っています。
更に、私は精神障害者2級ですので、確定申告の時に、障害者手帳のコピーも提出しますし、その分も控除対象になっているかと思うのですが・・・

近々、夫の職場で(自営ではありません)仕事をしようと思っています。
他の質問も拝見したのですが、税金に対する配偶者特別控除を受けるには、年収38万未満?でしたでしょうか?

社会保険に関する扶養については、年収130万未満でしたでしょうか?

精神疾患を持っている事もあり、そんなにきっちり働く事は出来ません。夫の給料では生活はあまりに苦しい状態です。
出来れば配偶者特別控除も受けたいのですが、私はいくらまでの年収に抑えれば安心なのでしょうか?

また、どこに問い合わせれば詳しく教えてくれるか(市役所・保健所・税務署など)教えて頂けませんでしょうか?
しっかりと納得いくまでお話しを聞いておきたいので。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>私は精神障害者2級ですので、確定申告の時に、障害者手帳のコピーも提出しますし、その分も控除対象になっているかと思うのですが・・・
そのとおりです。

>他の質問も拝見したのですが、税金に対する配偶者特別控除を受けるには、年収38万未満?でしたでしょうか?
いいえ。
「配偶者特別控除」ではなく「配偶者控除」のことですね。
給与年収なら103万円以下なら受けられます。
38万円というのは、「所得」です。
給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります。103万円なら65万円)」を引いた額を「所得」といいます。

>社会保険に関する扶養については、年収130万未満でしたでしょうか?
そのとおりです。

>出来れば配偶者特別控除も受けたいのですが、私はいくらまでの年収に抑えれば安心なのでしょうか?
「配偶者控除」は前に書いたとおりです。
なお、「配偶者特別控除」という控除もありますが、それは103万円を越えて141万円未満の場合に受けられる控除で、貴方の年収が増えると控除額が減っていきます。
また、貴方の年収が103万円以下なら、ご主人が「障害者控除」を受けられますが、それを越えると受けられません。

>どこに問い合わせれば詳しく教えてくれるか(市役所・保健所・税務署など)教えて頂けませんでしょうか?
税金(所得税)は税務署、税金(住民税)は役所、社会保険の扶養はご主人の会社もしくは加入している健康保険の事務局ですね。

>私は精神障害者2級ですので、確定申告の時に、障害者手帳のコピーも提出しますし、その分も控除対象になっているかと思うのですが・・・
そのとおりです。

>他の質問も拝見したのですが、税金に対する配偶者特別控除を受けるには、年収38万未満?でしたでしょうか?
いいえ。
「配偶者特別控除」ではなく「配偶者控除」のことですね。
給与年収なら103万円以下なら受けられます。
38万円というのは、「所得」です。
給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります。103万円...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報