英文を読んでいて、次の単語に出くわしましたが意味がわからず普通の英和辞書にも載っていません。内容から考えて“植物名”です。“aeroids”、“eiphytes”の2つです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


  そうです。検索したサイトのHTMLファイル名が、epiphyte になっています。
  この言葉なら、エピファイト「着生植物」(他の植物の上に生育しているが、その養分を吸い取らない植物)です。epiphytic orchid 着生ラン です。
  aeroid も aroid とすると、エロイド「サトイモ科の植物の総称」「アルム属の、サトイモ属の」です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々調べていただきありがとうございます。実は、英語の授業で使う文の一節なんんです。plants;aeroids ,eiphytes,orchids,bromeliads.となっていまして、後半の2つはランとアイナス類だとわかったのですが、前半の単語の意味が全くわかりません。この文章はイギリスの方が書いたものらしいんです。

お礼日時:2001/11/24 22:13

学名だとしたら、植物の場合、一般に属名と種小名を書きます。


頭文字が小文字だとすると、“aeroids”と“eiphytes”は
それぞれ種小名だと思いますが、
その前に、属名(頭文字は大文字)はつきませんか?
それとも、「Aeroids」、「Eiphytes」で、それぞれ属名でしょうか?

出来れば、大文字、小文字の区別をつけて、
属名と種小名を教えていただきたいのですが。

この回答への補足

ありがとうございます。No4の方の補足に文章をそのまま書き出しました。文章の途中なあるので全て小文字なんです。

補足日時:2001/11/24 22:17
    • good
    • 0

MiJunです。



「aeroids」に関しても「aroid(s)」ではないでしょうか・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

ありがとうございます。No4の方へ補足した通りの文章なんですよ。ただ、ミスプリは考えられますネ、、、。

補足日時:2001/11/24 22:14
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「A BOTANICAL GLOSSARY OF TAXONOMIC TERMINOLOGY」
この中に「epiphyte」「epiphytic」があります。

スペル確認して下さい。

補足お願いします。

参考URL:http://www.orchidlady.com/glossary.html
    • good
    • 0

 


  日本語ではわかりません。PDFファイルが読めるなら、Google で検索すると、aeroidsが他のサイトにもあります。以下の一番目のサイトでは、aeroidsの写真が見えます。二番目のURLは英文で、内容は読んでいません。唯一、eiphyteを含むサイトです(わたしの検索では)。両方とも、「風」か「空気」に関係ありますね。
 
  http://www.arches.uga.edu/~hbyers/costarica/aero …
 
  http://www.newswise.com/articles/2001/8/EPIPHYTE …
 
  これらの植物は日本語名がまだない可能性があります。
  aeroid は、ギリシア語 aeoros(空気)の語幹に、-oid が付いたものです。
  eiphte は、中型ギリシア語辞典では出てきません。大辞典で引けばあるかも。後で引いてみます。しかし、これは綴りミスしていませんか?
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qある単語の一部と同じ音がある単語を取り出せる(検索できる)辞書サイト

タイトルをうまく書けずすみません。
例えば、
1.「フライパン」を思いつく
2.「フライパン」の「パン」と同じ音がある単語を抽出する
→「アンパン」「パンケーキ」「パンプキン」・・・
といったような、「パン」と入力すれば「パン」がつく単語が羅列されるサイトを探しています。ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご希望通りか試してください。検索方法は「部分一致」で。

http://www.sanseido.net/

Q種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい あとそれぞれの植物で代表的

種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい
あとそれぞれの植物で代表的な植物ってなにがありますか?

Aベストアンサー

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イチョウなどです。

被子植物は、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に存在する植物です。他の動物を利用して受粉する種が多く、めしべの先端についた花粉が受粉管を延ばして受精します。果実を作って種を運ばせることもします。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
広葉樹、草などの多くの種。

さらに光合成のタイプによってC3、C4、CAM植物といった分類があります。

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イ...続きを読む

Q究極の農法?糖分密度を高めるために「生かさず殺さず」農法、植物が放散する物質とは?

生物のカテと重複するかもしれませんが、先日、NHKの科学の番組で面白いナレーションがありました。

恐竜が急速な地球温暖化を経験した結果に遭遇した事実です。温暖化により植物の成長は著しく速まりますが、その分、葉などに蓄積される栄養分の密度が落ちたそうです。その結果、恐竜は大型化していったとか。

興味を引いたのは(1)「温暖化」が「蓄える栄養の密度を下げる」ことです。

緑化で有名な遠山先生の著書によれば、(2)水は一気にたくさん与えるよりも、少しずつ何度も与えたほうが、いい結果がでるそうです。

ワインはアイスワインやシュペートレーゼなどは、(3)等分濃度が高い葡萄だから人気があるそうです。

(3)を目指すなら、作物を育てる段階でいかに栄養密度を高めるかを目指すか、ということを考えます。(2)の理由は、厳しい環境のほうが栄養を蓄えようとする適応が働く、ということでしょうか。
(3)を目指している以上、(2)の状態を恒常的に作物に与えるのが目指す農法だと考えました。そこで質問です。そうするためには、作物のメッセージに注目すべきでしょう。作物の栄養濃度を高めるには秀吉のことばを借りるなら「生かさず殺さず」の厳しい状態を維持するべきでしょう。でも調整が難しいかもしれません。人間なら弱音を吐くのですが、植物は何かの成分を発散しているのでしょうか?エチレンは果実が熟すときに発散すると聞きました。

もし、植物が出すそういったシグナルをキャッチし、「生かさず殺さず」の状態を維持できれば、栄養密度の濃い作物の収穫が望めると思うのです。そういった研究はなされていますか?{(1)に関する質問は生物のカテでさせていただくことにしました。}

生物のカテと重複するかもしれませんが、先日、NHKの科学の番組で面白いナレーションがありました。

恐竜が急速な地球温暖化を経験した結果に遭遇した事実です。温暖化により植物の成長は著しく速まりますが、その分、葉などに蓄積される栄養分の密度が落ちたそうです。その結果、恐竜は大型化していったとか。

興味を引いたのは(1)「温暖化」が「蓄える栄養の密度を下げる」ことです。

緑化で有名な遠山先生の著書によれば、(2)水は一気にたくさん与えるよりも、少しずつ何度も与えたほうが、いい...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。小生も以前この手の農法や砂漠緑化に興味を持ち独学で調べたり大学の先生に会いに行ったりしました。恐らく、質問者さんにとって植物生理学の本を読まれてみると面白いと思います。小生が生理学の本を読んだときに書かれていたのですが、植物は乾燥や塩分、低温などのストレスに遭遇すると体内成分を高めて対処しようとするそうです。例えばほうれん草などの葉物であれば冬に凍らないように糖分を蓄えるようです。
恐らく、植物に関しても体内伝達物質のような物がありストレスなどを感じるとそれが作用し防御態勢に入るのではないかと小生は考えています。こういう点では植物のアレロパシーに関する本なども読まれてみると面白いと思います。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4540922254/250-2888119-1473858?v=glance&n=465392&s=gateway
http://www.ox-tv.co.jp/yoji/yoji-2/joho040331.html

Q差し木が可能な植物と、そうでない植物の違い

表題どおりなのですが、何か見分ける方法はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 通りすがりで済みません。
 #3様に済みませんが、針葉樹も大抵挿し木できます。
活着のしやすさは 樹種のみならず、品種ででも異なりますが、
「不可」のレッテルを貼られた物は 特にお聞きしていません。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140205/201402050912_21906.shtml
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11100392511
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1359326303
 身勝手ですが、小花粉樹種のクローン(挿し木苗)に期待します・・・

QC3植物とC4植物について

何故,C4植物に比べ,C3植物のほうが最大光合成能力が低いのですか?
教えてください。 お願いします。

Aベストアンサー

C3植物ではカルビンベンソンサイクルに大気中から直接炭酸を取り入れます。しかし光をいくら強くしても二酸化炭素濃度は一定なので光合成速度は上がりません。
C4植物では炭酸を取り込んだ後、炭素数4の化合物にしてからカルビンベンソンサイクルに送ります。それによりカルビンベンソンサイクルに導入する物質の濃度をあげることが出来、直接炭酸を取り込んだときよりも、効率的に炭酸を利用できるのです。これにより光飽和点が大きくなり、光合成速度が上がります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報