私の義父が結核を患いました。義母曰くお願いだから貴方の(私)親などなど言わないでとのことです。その理由は恥ずかしいなどなど、私自身は結核イコール死ぬ病気ではない、ましてや隠す病気でないと思っております。義母の考え方が全く理解できません。

結核を軽視てるのではありません。

ご意見ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

結核は古くから難治性の感染症と知られていて、小さな子供への感染など怖がられていました。

治療についても抗生物質が登場するまでは郊外の『療養所』というところに集めたりなど不遇な扱いを受けてきたこともまた事実です。
現在はそのような考え方は時代遅れとひと言で片付けられてしまいますが、その時代を知っている人にとっては忘れられない事実なのだと思います。

kuaainaさんのお考えは確かに正論ではありますが、実際の患者・家族の方々の気持を一番に考えるという立場にたたれれば、理由のあるなしに関わらずできるだけ気持を尊重してあげた方が良いのではと感じます。というのも、親の世代の考え方というものは、子供の世代の感覚では推し量れないことが沢山あるからです。

表題に対する答えは『NO』ですが、義母さまの言われる気持もわかるような気がいたします。

この回答への補足

補足ではありませんがshu s さんの回答に感銘しました。ありがとうございます。ウロ系の質問の際は宜しくお願いします。

補足日時:2001/11/25 18:33
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど....深いですね。理解できました。

お礼日時:2001/11/25 18:19

kuaainaさんのお考えが正しいです。



私の父は2年前に結核で入院しました。
1年後に治癒して退院しましたよ!
1年のあいだに高熱を出したりいろいろありましたが。

今は結核は治る病気です。また、簡単に感染する病気ではありません。
母は入院中、毎日毎日病院に行きましたが、
感染しませんでした。

最近、お年よりの結核感染がかなり多いようです。
体力がなければ、確かに、亡くなったかたもいましたが、
ほとんどのかたは、治癒して退院するようです。

安心して看病してあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もちろん私も結核イコールふじの病なんて思っていません。ただの感染症のひとつと思っています。ただ義理親の感じ方が全く納得いきませんので質問しました

お礼日時:2001/11/25 18:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結核だと会社の人に知られますか?

よろしくお願いいたします。

いやな咳が止まらないので結核かなと疑っています。
病院に検査に行こうと思っているのですが、もし結核だと
診断された場合、周囲の人も結核の検査をうけることになる
と聞きました。

家族はいいとして、同じフロアで働いている仕事場の人にも
結核だということをしられ、そして検査をうけさせなくては
いけないのでしょうか?

治さなきゃいけないと思いつつも、会社の人に迷惑を
かけるのがいやで(もちろんこのまま結核菌をまきちらす
方が迷惑ですが)なかなか病院に行けません。

Aベストアンサー

私は高校時代と会社員時代の2回、友人が結核を発症して検査(強制)を受けましたが、両方とも迷惑をかけられたとは思いませんでしたよ aki16さんの会社がどうかはわからないのでなんともいえませんが、私の友人は退院後、元の職場に復帰して今でも働いています
aki16さんも回りを気にせず早目に受診してくださいね

Qレントゲンだけで肺結核や肺炎はわかるのですか?

風邪をひいて一週間です。
風邪薬等もまったく効かず、症状が、あまりにも肺結核ににているので、心配で呼吸器科のある病院に行きました。
わたしが「結核じゃないでしょうか」ときくと、レントゲンをササっと撮られて、「白い陰などは写ってないので、結核ではない」と医者はいいました。
しかし病名もなにもいわず、診断もしない医者でした。
その医者が、「抗生物質と痰きりと、咳止めの薬をだします」と言いましたが、わたしが「咳は出すほうが身体にはいいのではないのですか?薬等でおさえてしまうとよくないと、ネットで見たのですが」と言うと、「じゃあ咳止めはやめます」とおっしゃいまして、咳止めはいただかないことになりました。
患者の言うことを素直にきくというよりは、いい加減で、信用できない医者なのではないかと思ってしまいました。。。。。。

そもそも、結核は「結核菌」という菌によるといいますのに、レントゲンだけでわかるのでしょうか?
レントゲンでなにも写らなかったのは、まだ発症途中であって、これから肺などに症状がでるという可能性はありませんか?

お尋ねしたいのは、レントゲンだけで「結核などではない」と断定できるのかどうか?できないのか?ということです。
ついでがあれば、他の病院に行くべきかどうか、この医者をどう思うかも、おきかせ頂ければうれしいです。

風邪をひいて一週間です。
風邪薬等もまったく効かず、症状が、あまりにも肺結核ににているので、心配で呼吸器科のある病院に行きました。
わたしが「結核じゃないでしょうか」ときくと、レントゲンをササっと撮られて、「白い陰などは写ってないので、結核ではない」と医者はいいました。
しかし病名もなにもいわず、診断もしない医者でした。
その医者が、「抗生物質と痰きりと、咳止めの薬をだします」と言いましたが、わたしが「咳は出すほうが身体にはいいのではないのですか?薬等でおさえてしまうとよ...続きを読む

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。

「結核菌が存在する」ことと「肺結核」であることは別です。
結核菌は日本中の空気中にうようよいます。ただ感染して発病するかどうかです。その判断はレントゲンで行います。
レントゲンで影がなければ現時点では何もすることはありません。
結核を疑うような影が見つかった時にはじめて喀痰検査を行い菌の存在を確認することになります。

咳止めについては問診で「咳があります」とおっしゃったのではないですか?ならば咳止めを出す医師は多いと思います。咳は出した方がいいのは質問者様のおっしゃるとおりです。病院で処方される一般の咳止めは「その程度」にしか押さえないようになっています。むしろ去痰効果のあるものもあるので服用されたほうがいい場合もあります。
素直にやめた理由は質問者様の意見は間違っていないので、素直に希望通りにされたんだと思います。

ちなみに質問者様は本当に風邪に効く風邪薬ってあると思いますか?

Q結核って完治するんですか?

嫁が結核に感染しました。夫の私、4歳、2歳は検査の結果、
今現在は感染は?ですが発症は確認されませんでした。
今は嫁は隔離入院で化学療法で回復して来ているとの事です。
テレビ、ネットでは今日の結核は不治の病では無く治ると書いてありますが、知合いの医師は完治は難しいと聞きました。
何が正しいかも分らないのですごく不安です。再発の可能性や、肺の病気に罹りやすくなる等、本当の肺結核の実態を知りたいので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

他のご家族には感染されていないようで良かったですね。

重い症状ではないですよね? 
ちきんと決められた薬を服用し続け菌を完全に排除できれば、発症中の結核菌は退治できます。
完治しても肺には傷跡のように影がうっすら残ってしまう(レントゲンに写る)こともありますが、病気自体は治ります。
入院中は薬の副作用がなければ、贅沢病なんて言われるぐらい元気に過ごすことが出来ますし。

隔離されていると気分も滅入ってきますし、体力も落ちてしまう(運動不足)ので奥様のお体を気遣ってさしあげて下さい。

Q結核で入院して、完全に治して退院した患者さんの、他の人への感染力、、

結核で入院して、完全に治して(排菌有り~5ヶ月入院で、退院時はすべて3回の喀痰検査合格で退院)退院した患者さんの、他の人への感染力の強さはどの程度なんでしょうか?例えば、家族なら、退院の当日から接するわけですよね、、退院者から、家族感染なんてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
NO2のお礼欄にて、「感染力は弱いのですね」とあったので、書かせていただきました。

「感染力は弱い」・・・のではなく、感染力は、ありません。
入院して、排菌が完全に認められなくなって退院するわけです。一口に、「結核」と言っても、排菌している患者と、していない患者がいるのですよね。現に、発病(せきや、たんなど症状が出る)していても、排菌していなければ、普通に風邪の時に、抗生物質を飲むような感じで薬を飲み、入院せずに通院で治療する事も可能です。
家族においても、検査は十分に行い、場合によっては予防薬を服用します。(発病の可能性が高い抵抗力のない者、高齢者、子供など)

そんなわけで、きちんと入院して治療を終えた方については、退院後に人に移してしまうと言う事はないはずです。
参考までに、たとえ結核に感染したとしても、発病するのは5%、つまり、100人のうち5人。どんな人が、発病しやすいかといえば、体の抵抗力が非常におちてる人・・・だそうです。
治療を終えて退院してきた方よりも、結核と知らず、長引くセキを、風邪だと思って普通に生活している人のほうが恐いと思います。(本人も、気の毒ですが・・・。まあ、めったにいないと思いますが(^_^;)
普段から、菌に負けないからだ造りをしなくちゃ。ですね!
結核病棟に勤務した事がある者として、患者さんの名誉の為に書き込ませていただきました。
おじゃましました(^^)

こんばんは
NO2のお礼欄にて、「感染力は弱いのですね」とあったので、書かせていただきました。

「感染力は弱い」・・・のではなく、感染力は、ありません。
入院して、排菌が完全に認められなくなって退院するわけです。一口に、「結核」と言っても、排菌している患者と、していない患者がいるのですよね。現に、発病(せきや、たんなど症状が出る)していても、排菌していなければ、普通に風邪の時に、抗生物質を飲むような感じで薬を飲み、入院せずに通院で治療する事も可能です。
家族においても、検...続きを読む

Q結核をうつされてしまいました

『結核をうつされたのですが損害請求はできるのでしょうか』
 上司が結核を発病しました。そいつは以前から結核に感染したことを知っていましたが、そのまま7ヶ月間も会社に来ていました。
 健康診断で結核菌をまき散らしていたことが発覚。社員全員の健康診断が行われ、私も結核に感染していることが判明しました。医者の話によると、今回の件で感染させられた可能性が大とのこと。それで私は結核が発症しないように半年間医者の治療(予防内服)を受けました。
 私は、上司に対して、かかった医療費や慰謝料の請求をできるのでしょうか。

Aベストアンサー

お返事が遅れました。法的な問題を含んでいるので、回答が大変難しいのです。
予防内服だけで、損害の発生といえるかどうかについてですが、損害というのは、費用の問題、病院への受診で仕事に出た影響、精神的な苦痛、もし薬の副作用が出ればその問題、などに分けられると思います。感染が、まったくなければこのような問題は生じなかったわけですから、損害といえなくはないと思いますが、法律的な問題として損害の発生といえるかどうかについては、私には回答できません。
次に、感染を受けたかどうかを立証できるかどうかという問題ですが、まず感染源となる人が近くにいて、排菌している期間に、接触があったことが前提条件です。個人のレベルで、その期間に感染が成立したかどうかを調べるのは実は大変難しいと思います。仮に、排菌していた相手と接触があった前後で、ツベルクリン反応検査を実施していて、それが陽転したとか、非常に強い反応になったということが確認できたとしても、その特定の相手からの感染であるとは断言できないわけです。前回もお書きしましたが、感染を受けたと思われる集団で、明らかなツベルクリン反応の正方向への変位が認められれば、近くに他の感染源がいないという条件で、その人から感染を受けたということを強く疑うことはできます。
相手の故意または過失を証明できるかという問題ですが、もっとも問題にされるのは、相手が自分の病気をどのように認識していたかということだと思います。再燃し排菌が証明されていれば、病院や保健所からそれなりの指導を受けると思いますので、咳が続いている状態でその感染性を認識できなかったことが、故意や過失といえるかどうかは難しい問題です。ただの風邪が長引いているだけという認識なら、少なくとも故意ではないわけですから、今まで結核の再燃を繰り返してきたことで、どの程度の注意義務を求めることができるのか、という問題になります。残念ながら、これも私には回答できません。

お返事が遅れました。法的な問題を含んでいるので、回答が大変難しいのです。
予防内服だけで、損害の発生といえるかどうかについてですが、損害というのは、費用の問題、病院への受診で仕事に出た影響、精神的な苦痛、もし薬の副作用が出ればその問題、などに分けられると思います。感染が、まったくなければこのような問題は生じなかったわけですから、損害といえなくはないと思いますが、法律的な問題として損害の発生といえるかどうかについては、私には回答できません。
次に、感染を受けたかどうかを立証...続きを読む

Q結核の疑いが・・・ 教えてください

はじめまして。よろしく御願いします
タイトルのままなのですが、2ヶ月前から、風邪というわけでも、
ないのに痰の絡む、咳をしていました。
その前にも何度か頻繁に咳こんでいたりしましたが、ほっておけば
しずまったていたので、そのままにしておきました。
たまたま、3週間ほど前に自律神経の乱れがひどく、総合病院を紹介されて受診しましたのでついでに、咳が続いているといいましたら、レントゲンの撮影をしました。
その前にごく一般の採血もしましたが、とくに、炎症反応もなく問題ありませんでしたが、レントゲンで影があるといわれ、後日CTで撮影。
やはり影があり、結核の疑いで念のため痰の検査を1度しました。
後に呼吸器の先生の診察に移りまして、痰の検査も陰性でしたが、
採血が結核の検査がはいっていなかったので、再度、採血しましたところ、陽性反応がでておりました。
それで本日帰宅したのですが・・・
1週間後の診察までに2回 痰の検査をして、何もでなければ、内視鏡で
検査するといわれました。
そこでお聞きしたいのですが、
痰でなにもでなければ、排菌者ではないかもと安心していればいいのでしょうか?
何を基準にしているのか よくらからず、パニックになっています。
本当に結核であれば本日の採血の結果で即入院とかなるのでは?と勝手に思ってしまったりで、結果がでるまで時間をかけているので、
案外大丈夫なのかもと 思いきかせています。
パニック障害をもっているため、とにかく不安でしかたありません。
結果がでるまでの間 どうしていいのかわかりません。
どうか アドバイスいただけたらと思います。よろしく御願いします。
ちなみに咳を鎮めるために、咳止めを現在処方していただいています。

はじめまして。よろしく御願いします
タイトルのままなのですが、2ヶ月前から、風邪というわけでも、
ないのに痰の絡む、咳をしていました。
その前にも何度か頻繁に咳こんでいたりしましたが、ほっておけば
しずまったていたので、そのままにしておきました。
たまたま、3週間ほど前に自律神経の乱れがひどく、総合病院を紹介されて受診しましたのでついでに、咳が続いているといいましたら、レントゲンの撮影をしました。
その前にごく一般の採血もしましたが、とくに、炎症反応もなく問題ありませんでし...続きを読む

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。

排菌しているかどうかの判断は喀痰検査で判断しますが、何回か繰り返さないと擬陰性なってしまうことがあります。
そのため、結核であるかどうかは血液検査やレントゲン、CTなどから総合的に判断していきます。しかし実際に排菌者として隔離入院するのは喀痰の塗抹で抗酸菌が陽性となった場合のみです。そのため血液検査だけで入院とはならないのです。喀痰で陽性となるまで何度も検査を繰り返します。

結核の血液検査では、クオンティフェロンという検査が平成18年から保険で行えるようになっています。比較的精度のよい検査のため、もし質問者さまの受けた検査がこのクオンティフェロンであった場合は、主治医の先生は結核であることを強く疑っていると思われます。

実際の臨床現場では、結核であるかどうかは非常に重要なのですが、結核が疑わしいが喀痰で陽性にならず、なかなか診断が難しいことが多いです。
今後の検査期間の予定or見通しと、排菌していた場合にどこへ入院することになるか(結核病棟のある病院への入院が必要です)を主治医の先生に伺ってみるといいと思います。

呼吸器内科医です。

排菌しているかどうかの判断は喀痰検査で判断しますが、何回か繰り返さないと擬陰性なってしまうことがあります。
そのため、結核であるかどうかは血液検査やレントゲン、CTなどから総合的に判断していきます。しかし実際に排菌者として隔離入院するのは喀痰の塗抹で抗酸菌が陽性となった場合のみです。そのため血液検査だけで入院とはならないのです。喀痰で陽性となるまで何度も検査を繰り返します。

結核の血液検査では、クオンティフェロンという検査が平成18年から保険で行えるよ...続きを読む

Q潜伏中の結核、感染するのでしょうか?

こんにちは。突然思いもかけない問題に直面してしまったので、質問させていただきたいと思いました。

つい最近付き合い始めた彼氏と、血液提供の話をしていたときに、
「自分は血液の病気があるからできない。」と言われてドキっとして話をよくよく聞いてみると、1年以上前ほどに肺結核になったということでした。(それも10年ほどまえに感染していたものが発病しかけたそうです。)

今は結核菌は眠っていて、(血液中にあるといっていました。)日常生活にもなにも支障はないのですが、感染の危険性はあるのでしょうか?

HIVと同じように、血をさわったり性行為をしてうつるということはあるのでしょうか?


どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは.

まずご質問さまの内容について感想を述べると,
「情報が不足・不正確で回答できない」と感じました.

それでも『拡大している結核の予防の啓蒙』のためと,
少しでもご質問者さまの参考になればと,
「浅学な説明を試みよう」と記述を始めました.

結核菌による人体への影響は,
他の病原菌による病気とは違う点があります.

病原菌が体内に侵入する事を『感染』と言いますが,
感染期には当然身体内外の症状は見られません.
他の感染症の場合,
一般的には菌が侵入すると1~2時間から数日の潜伏期間があり,
その後にほぼ感染者全員が発症しますが,
結核の場合は『感染即発病』とならない所が『結核の特徴』です.
結核では,感染しても一生発病せず過ごす人も多数居るのです.
結核の発症は感染後の経過年数とともに低下しますが,
「20~30年経過しても発症の危険はなくならない」と言われています.

ちなみに60年ほど昔は,日本人のほぼ全員が結核に感染していました.
最近は結核が一時少なくなったので,自然に感染することが少なく,
感染しないために抗体保有者事態が少なくなって,
それゆえの新しい患者の発症例が増加しているそうです.

さらに昔と比較し発症例が少なくなったために,
「医師自体に結核に対する認識が低くなっている」と
啓蒙の必要性を含め自戒している状況を専門医にうかがっています.

結核発症は感染者の体力が落ち,
菌に対する抵抗力が弱くなった場合に,
初めて眠っていた菌が増殖をはじめ,
ようやく身体に症状が現れることによって,
発病が表面化するのです.

『結核の感染は,ほぼ100%呼吸による吸入感染』と言われています.
つまり,結核患者の咳で飛散した菌を,
呼吸で肺に取り入れることで感染(伝染)が行われるのです.
1992年の新規登録患者の52%が菌を排出しているのが,
研究機関によって確認・報告されています.

結核菌による病気の発症部位は全身に及びます.
病名は肺結核・脊髄カリエス・結核性髄膜炎などで,他にも多数あります.

ご質問にある「>血液に結核菌が存在する」に関しては,
既にNo2の回答者さんがご指摘の
『粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)』と言われるもので,
『血管内に結核菌が存在すると非常に重篤になる危険な発症例』です.

No2の回答者さんのご説明のように,
冷静になって,もう少し相手の方と,詳しくお話し合いをされることが,
ご心配の事実解明・解決つながるものと思います.

結核治療は55年まえの昔と比較すると,格段の進歩があり,
症状が初期段階であれば,通院治療で完全回復できる現状です.
ご質問者さまも「結核」で検索されて,
結核予防会などから“正確な情報”を得られる事を願います.

この後も気になるので覗いて見ますので,必ずご返事をくださいね.
彼との幸せな人生が送れることを祈っています.

なお回答者は幼い頃,24歳の母を肺結核で亡くしたので,
自分で結核に関する書物を読み漁り知識を得ています.
参考になれば幸いです.

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E6%A0%B8

こんばんは.

まずご質問さまの内容について感想を述べると,
「情報が不足・不正確で回答できない」と感じました.

それでも『拡大している結核の予防の啓蒙』のためと,
少しでもご質問者さまの参考になればと,
「浅学な説明を試みよう」と記述を始めました.

結核菌による人体への影響は,
他の病原菌による病気とは違う点があります.

病原菌が体内に侵入する事を『感染』と言いますが,
感染期には当然身体内外の症状は見られません.
他の感染症の場合,
一般的には菌が侵入すると1~2...続きを読む

Q肺結核の治療後のレントゲン検査について

結核治療が終了しても、レントゲンを取ると肺に影が残ると聞きました。
この場合、再発してもレントゲンでは再発の影かどうか判断できないと思うのですが、
再発した場合どうやって判断するのでしょうか?
前の写真と見比べるのでしょうか?
レントゲンで再発を発見するのは、初回よりも難しくなるように思うのですが、再発した場合に症状が出る前に発見する方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

医師ではないので、踏み込んだ話が出来ないのですが。

結核治癒後も肺に陰が残ります。
再発した場合は、確か、古いものと新しいものの見分けがつくと聞いたような気がします。すみません、結核患者さんに関わったのがもう10年以上前のことで、ネット検索したのですが思うような資料が見つからなかったので。

再発した場合は、レントゲンだけで判断するのではなく、おそらく経験済みと思いますが採血や喀痰の検査なども総合しますので、すぐに判断がつきます。

>再発した場合に症状が出る前に発見する方法
どんな病気でも、定期的な検査をしていくしかないのではないかと思います。どんな人も、何かおかしいと思って初めて、または少々先延ばしにしながらいよいよで受診しますから。
心配であれば、結核の治療をした病院またはお近くの病院に、定期的に呼吸機能のチェックに行っても良さそうです。

一説には、最後まで治療を完全に受けた場合の再発率は5%だそうです。むしろ、後遺症としてほかの呼吸器疾患にかかる可能性もある(呼吸機能が弱くなっている)ので、栄養・運動(体力)・環境などできる範囲で心がけていくと良いかと思います。
聞きたい事から逸れているかと思いますが・・・

医師ではないので、踏み込んだ話が出来ないのですが。

結核治癒後も肺に陰が残ります。
再発した場合は、確か、古いものと新しいものの見分けがつくと聞いたような気がします。すみません、結核患者さんに関わったのがもう10年以上前のことで、ネット検索したのですが思うような資料が見つからなかったので。

再発した場合は、レントゲンだけで判断するのではなく、おそらく経験済みと思いますが採血や喀痰の検査なども総合しますので、すぐに判断がつきます。

>再発した場合に症状が出る前に発見す...続きを読む

Q入社時に病気を隠すか言うか。(どうかアドバイスお願いします)

代理質問です。

私の友人(女性20代前半)の事についてです。
彼女は1年半前に血液疾患になり移植を受けました。学歴は良い学校を出ていて、大学卒です。ちょうど大卒と同時に病気になったそうで今はアルバイトをして体を慣らしています。(もう普通の方と変わらないシフトで)

正社員・契約社員で就職を考えているそうですが、既往症(血液疾患)を書けば(言えば)ほぼ100%に近い割合で落とされるそうです。(ハローワーク等で聞いたそうです)それは癌系の患者に限らず、恐らく大きな病気をした人は検診があると思うのでまだまだ先まで病院とは切っても切れない関係なので、「通院中・薬服用中」という状態になってしまいます。会社側も「また病気されたら・・」と思うので採らないんでしょう。でも薬が最大2か月まで出せるそうで、二か月位までなら通院の間隔は空けられないそうです。

前科などは書かないのが普通というのを聞いたのですが、健康面でも書かない事は偽造文書等にはならないのでしょうか(聞かれて「健康問題無いです」と答えることも含め)?彼女の場合、外見的にも健康で、二か月に一度の検診なので仕事で一日休みを取るだけで済むので目立ったことはないと思います。不妊治療をしている等、悪く思われない嘘をつけば休みは取れるだろうと。
彼女自身はもう確実に不妊なのですが、"不妊治療"と言うのは仕事に影響が無いのでマイナスではないと不妊治療をしている人から聞いたそうです。

彼女はまだ若いし、もう普通の人と同じように働きたい気持ちが伝わってきます。なので、働かせてあげたいと強く思いますが、ウソをつかない限り大きな会社や普通の仕事をすることは難しいです。多分普通の方の何倍も。
健康診断書などの提出があっても、他の内科などで診察してもらえば今は"
正常"と出るそうです。ただ、通っている病院では既往症を書かざるを得ないから、法的に違法じゃないなら他で書いてもらえばいいと言われたそうです。

どうかアドバイスなどお願いします。

代理質問です。

私の友人(女性20代前半)の事についてです。
彼女は1年半前に血液疾患になり移植を受けました。学歴は良い学校を出ていて、大学卒です。ちょうど大卒と同時に病気になったそうで今はアルバイトをして体を慣らしています。(もう普通の方と変わらないシフトで)

正社員・契約社員で就職を考えているそうですが、既往症(血液疾患)を書けば(言えば)ほぼ100%に近い割合で落とされるそうです。(ハローワーク等で聞いたそうです)それは癌系の患者に限らず、恐らく大きな病気をした人...続きを読む

Aベストアンサー

こういう場合は仕方がないです。
病気の事は伏せていくしかありません。
2ヶ月に1度なら仕事に支障が出るとまで言えません。
私が上司で彼女が戦力になると判断すれば、2ヶ月に1日休むことなど気にしません。
むしろ、身体をいたわり残業などさせないようにします。
上司、同僚、先輩を味方につける仕事ぶりで乗り越えられると思います。

Q結核保菌者との接触について

年明け早々義理の姉(旦那の兄の嫁)の母が結核で入院しました。数ヶ月入院後いまは退院しています。義理の姉や兄、生後半年の甥っ子の母が結核とは知らずほぼ毎日一緒にいました。入院にあたり保健所より検査を依頼されたらしく検査をした結果義理の姉が保菌者と判明しました。今のところ発症はしていないようです。
そこで質問です。
我が家に12月に長女が生まれました。そのお祝と持って4月に義理夫婦が家に来ました。
その時は保菌者とは本人も知らなかったのです。
この状況で家の子達に結核がうつってる可能性は大丈夫なのでしょうか?
あと、今はまだ発症していないから大丈夫というのですが発症したというのは何を目処にわかるのでしょうか?

心配で心配で夜も寝れません。
旦那は実家で仕事をしています。義理の兄は違いますが
旦那の実家に遊びにきた時に菌をおいていきやしないか気がきじゃないです。
実家で仕事をしてる旦那は当然病原菌を持ってる姉と接触するだろうし・・・とか心配がつきないです。
予防の方法、発症したとわかる方法などどんな情報でもいいので教えてください・・・
よろしくお願いいたします

年明け早々義理の姉(旦那の兄の嫁)の母が結核で入院しました。数ヶ月入院後いまは退院しています。義理の姉や兄、生後半年の甥っ子の母が結核とは知らずほぼ毎日一緒にいました。入院にあたり保健所より検査を依頼されたらしく検査をした結果義理の姉が保菌者と判明しました。今のところ発症はしていないようです。
そこで質問です。
我が家に12月に長女が生まれました。そのお祝と持って4月に義理夫婦が家に来ました。
その時は保菌者とは本人も知らなかったのです。
この状況で家の子達に結核がうつっ...続きを読む

Aベストアンサー

保菌者でもガフキー(+)でなければ感染力は無いのですが、ツベルクリン反応検査で、結核菌が体に入っているのかどうかがわかります。生後3ヶ月でBCGを受ける事が出来ます。今ははじめてのBCGはツベルクリン反応を調べずにBCGを受けますが、以前は初めてのBCGでもツベルクリン反応をしてから、ツベルクリン反応が(-)の子どもにのみ接種していました。つまり、結核菌を体に入れるわけです。まずはツベルクリン反応で(+)か(-)かを調べて、強陽性ならレントゲンで結核に罹患しているか検査でしょう。実際に症状が出ているわけではないので、自費になるかもしれませんが、現在結核患者は増えているので、生後3ヶ月過ぎたらまずBCGを受けるように呼びかけていると思います。12月に出産で4月に来られたのであれば、BCGを受けていれば感染していない可能性のほうが高いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報