実験で、アニリンを氷酢酸、無水酢酸でアセチル化し、アセトアニリドの合成を行いました。
 ここで、副生成物のジアセチル誘導体ができるはずなのですが…この副生成物はなんなのでしょうか。他のホームページではわかりにくかったので、詳しい方、ご指導をお願いします

A 回答 (2件)

この条件で、「ジアセチル誘導体ができるという仮定」の下での話と思って下さい。



アセチル基というのは酢酸からOHを除いた原子団であり、CH3C(=O)-と表されます。
アセトアニリドというのは、アニリンの窒素上のHの内の1個がアセチル基で置き換わったものです。
ジアセチル誘導体というのは、このアセチル基が2個導入されたものです。
すなわち、アセトアニリドの窒素上のHが2個ともアセチル基で置き換わったものということになります。
これが先ほど示した式の意味です。

表現を変えれば、無水酢酸によるアニリンのアセチル化が2回起こって、窒素上に2個のアセチル基が導入されたとも言えます。
ただし、2回目の反応は1回目に比べてかなり進みにくいはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明してくださりありがとうございました。

お礼日時:2005/11/04 20:14

この条件で、副生成物としてジアセチル誘導体ができるというのは聞いたことがありませんが、できるとすれば下記のようなものでしょう。



C6H5-N(C(=O)CH3)2

この回答への補足

すみません、知識不足で…。もう一度ご指導お願いします。

どのような副生成物ができるのでしょうか???

補足日時:2005/11/04 08:34
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエステルの酸加水分解

単純な質問で申し訳ありません、いろいろ調べたのですがわかりませんでした。
エステルの酸加水分解とはなんでしょうか?エステルの加水分解は理解しているのですが、酸加水分解というものを突然目にして戸惑っています。普通のエステルの加水分解とは何か違うのでしょうか。

Aベストアンサー

酸を触媒として使うものだと思います。

Q無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。

無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。
実験中に無水酢酸をアニリンの入った試験管に入れたところ発熱反応(?)が起きたのですがこれを反応式に表すとどのようになるかが解りません。

C6H5NH2+(CH3CO)2O →C6H5NHCOCH3 + CH3COOH

この式のどこに熱の発生を書けば良いのかということとどうして発熱するのかをできるだけ解りやすく教えていただけると助かります。
あとこの実験で蒸留水の中にアセトアニリドを溶液の状態で混合させたところ刺激臭が発生しました。ニオイの感じではアンモニアだった気がするのですが・・・アニリンのアミノ基と蒸留水が反応してアンモニアが生成されたという事で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

発熱云々の件ですが、もちろん、結合エネルギーから説明することはできますし、全体の結合エネルギーの変化が反応熱に関与していることも確かです。しかし、それならばなぜ結合エネルギーが変化するのかという新たな疑問が生じます。個々の結合の標準的な値から見積もることもできるでしょうが、それならばなぜ標準的な結合エネルギーの値がそうなるのかという話になります。なので、いずれにしても結果論的な説明になるという意味です。

Qたんぱく質の加水分解について~

化学初心者です。 たんぱく質の加水分解について教えて下さい。

1、タンパク質は、加水分解するようですが、もともと、水に弱い、と言う事でしょうか?

2、工業的には、塩酸を使って加水分解させるようですが、塩酸を使っているのに
  加水分解と言う言い方が、わかりにくいのですが・・。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 タンパク質のペプチド結合(アミド結合)、エステル結合はとても強い結合で、酸や塩基がないと加水分解しません。
 酸が触媒として働いていると考えて良いでしょう。
 詳しい反応機構は、将来学びます。

下記にエステルの生成機構があります。この逆が加水分解で多アミド結合も同じです。
 ⇒フィッシャーエステル合成反応 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E5%90%88%E6%88%90%E5%8F%8D%E5%BF%9C )
 この図の一番下の部分は平衡反応になっていて、一方には水分子がありますから、水を継続的に取り除けばエステルが出来る方向に、水が豊富に存在すると分離することになります。

Q塩化アセチルと酢酸ナトリウムから無水酢酸

塩化アセチルと酢酸ナトリウムから無水酢酸を作る反応原理を教えて下さい

Aベストアンサー

「反応原理」が指すところがよくわからないのですが、求めている回答と違っていたらすみません。


塩化アセチルの示性式はCH3COCl、酢酸ナトリウムはCH3COONa、無水酢酸は(CH3CO)2O です。
構造式は教科書や資料集に載っていると思うのでそちらで確認してください。
(ない場合:塩化アセチルhttp://www.tcichemicals.com/eshop/ja/jp/commodity/A0082/)

まずそれぞれの物質は次のように分かれイオンになります。
(電荷と式の+が紛らわしいのでイオンをカッコでくくりました)
CH3COCl → (CH3CO+) + (Cl-)
CH3COONa → (CH3COO-) + (Na+)

この4個のイオンが再び組み合わさって無水酢酸になるので、
反応式は次のようになります。
CH3COCl + CH3COONa → (CH3CO)2O + NaCl


このように、それぞれの物質の示性式・構造式を書く→どのようなイオンに分かれるのか書く→組み合わせを考えて反応式を書く、とすると反応式が書けます。
構造式を使って反応式を書くと分かれる場所やまとまり(官能基)がわかりやすいので、ぜひ自分で書いてみてください。
カラーペンなどで分かれる場所などを書き込んでみるといいと思います。

「反応原理」が指すところがよくわからないのですが、求めている回答と違っていたらすみません。


塩化アセチルの示性式はCH3COCl、酢酸ナトリウムはCH3COONa、無水酢酸は(CH3CO)2O です。
構造式は教科書や資料集に載っていると思うのでそちらで確認してください。
(ない場合:塩化アセチルhttp://www.tcichemicals.com/eshop/ja/jp/commodity/A0082/)

まずそれぞれの物質は次のように分かれイオンになります。
(電荷と式の+が紛らわしいのでイオンをカッコでくくりました)
CH3COCl → (CH3CO+) + (Cl-)
CH...続きを読む

Q加水分解って?

こんにちは。よく化粧品の成分で「加水分解○○」と
いうものが表示されていますが、そもそも「加水分解」って
どういう意味なんでしょうか?

Aベストアンサー

高校の有機化学の知識ですね。

有機化合物で、ヒドロキシル基(-OH基)を末端に持っている分子は、同じく水素原子(-H)を末端に持っている化合物と一緒に加熱されると、このヒドロキシル基と水素原子を手放して「切り口」ができ、2つの分子が結合しやすい性質があります。

この時、放出されたヒドロキシル基と水素原子が結合して水分子ができますので、見かけ上は2つの分子が結合して、余った水を放出することになります。これを「脱水縮合」と呼びます。このような成り立ちの高分子は生体内にたくさん含まれています。

脱水縮合の逆が加水分解です。水を加えて加熱すると、結合していた部分が外れて分子が2つに分かれ、新たにヒドロキシル基と水素原子が「切り口」をふさぎます。

化粧品などには天然素材が多く含まれています。この中の大きな分子を分解して小さな分子に変えたいときに、この加水分解の操作が利用されます。

食物のデンプンが体内で分解されて吸収しやすい糖になるのも、フライパンの焦げ付きに水を入れて加熱すると分解して落ちやすくなるのも、加水分解の作用ですよ。

高校の有機化学の知識ですね。

有機化合物で、ヒドロキシル基(-OH基)を末端に持っている分子は、同じく水素原子(-H)を末端に持っている化合物と一緒に加熱されると、このヒドロキシル基と水素原子を手放して「切り口」ができ、2つの分子が結合しやすい性質があります。

この時、放出されたヒドロキシル基と水素原子が結合して水分子ができますので、見かけ上は2つの分子が結合して、余った水を放出することになります。これを「脱水縮合」と呼びます。このような成り立ちの高分子は生体内にたくさん含ま...続きを読む

Q氷酢酸と無水酢酸の違い

氷酢酸と無水酢酸の違いについて知りたいです。
構造の違いや、食品添加物として使用する際の違いなど教えてください。

Aベストアンサー

氷酢酸とは純粋な酢酸で、一般の「お酢」のように水溶液ではありません。
酢酸 = 氷酢酸 です。
いわゆる CH3-CO-OH です。

無水酢酸とは、酢酸の無水物です。
これは、酢酸が脱水縮合したもので、酢酸とは異なります。
CH3-CO-O-CO-CH3
という物質で、酢酸2分子より、H2個、O1個分つまり水1分子
だけ、少ないのです。


氷酢酸は、酢酸ですから、水で薄めて食酢のように使う事もできますが、
無水酢酸は、水や水酸基、アミンなどと反応しやすく、
無水酢酸の状態では、通常安定に存在しません。
実際には、化学の合成実験で官能基と呼ばれる特定の部位をCH3-CO-で
修飾して、保護するために使われます。

食品添加物には、お酢として氷酢酸が使われる事はあるでしょうけれど
無水酢酸は使われないと思います。

Q酵素による加水分解と塩基による加水分解

酵素による加水分解と塩基による加水分解の違いとはどのような点でしょうか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 酵素は、タンパク質からできていて、高温では、変性してしまい、働かなくなります。(=最適温度が存在する。)また、酵素が作用する物質(基質)は、各酵素によって決まっています。(=基質特異性)それから、酵素には、反応に適するpHが存在します。酵素は、生体内で機能するので、その酵素が働く体内の環境下で、働きやすくなっているようです。

Q無水酢酸と氷酢酸について

(1)希酢酸を冷却したとき生じる結晶が、氷酢酸である。
(2)無水酢酸は、水分を含まない酢酸のことである。

両方とも×なのですが、
(1)では、「濃酢酸を~」に変えたら○なのでしょうか?
(2)では、解答は「無水酢酸の無水は酸無水物である。また無水アルコールの無水は水分を含まないこと、無水硫酸銅の無水は水和水を含まないこと」
と書いてありますが、無水酢酸は酢酸2分子から脱水したのだから「水分を含まない」であっているのではないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 日本の冬場、気温が下がったときに結晶になるような濃度の酢酸を氷酢酸というのでしょう。だから、夏場、気温の高いとき結晶になっていなくても氷酢酸です。
(2) 分子中にH2Oがないのと、そのものに水が混じっていないのとでは違います。
無水酢酸(CH3CO)2Oに水を含ませれば無水酢酸の水溶液になります。
にわかに酢酸2分子になるわけではありません。
グルコースは、C6H12O6で、C6・(6H2O)とも書けて、含水炭素といわれることがありますが、これは分子中にH2Oの組成を含んでいるだけであって、でんぷん水溶液やそれが固化した(結晶水を含む)ものではありません。

Qエステルの加水分解についての質問なのですが、エステルの加水分解と云えば

エステルの加水分解についての質問なのですが、エステルの加水分解と云えばカルボン酸とアルコールに分解されると思うのですが、以下のような問題に出会しました :

【問題】
> 図1に示す構造のエステルを完全に加水分解すると化合物Aを生じ、それ以外の有機化合物は生じない。図2はそのとき加水分解したエステルの質量と、生成したAの質量の関係を表したグラフである。Aの分子量を求めよ。

図1 :
HO-■-COO-■-COO-■-COO-■-COO-■-COO-■-COOH
(■はいずれも同じ炭化水素基)

図2 :
比例のグラフで、加水分解したエステルの質量 : 生成したAの質量 = 5:6と読み取れる。
【問題終了】

ここで質問なのですが、

1. エステルを加水分解すると必ず2つのカルボン酸とアルコールに分解される訳ではないのですか?
2. 1がそうだとしたら、どのような条件でこのように1種類のみしか生成しないのですか?

解説を読めば確かに数値は求まりますが教科書にも書いていない状況だったので質問させて頂きました。どうかご教授願います。

Aベストアンサー

1: 必ずしも「エステルを加水分解すると必ず2つのカルボン酸とアルコールに分解される」ということはない. 1個の「エステル結合」を加水分解すると 1個のカルボキシ基と 1個のヒドロキシ基ができる, というだけ.
例えば「フマル酸ジメチル」は 2価カルボン酸であるフマル酸と 1価アルコールであるメタノールからなるエステルだが, 加水分解すれば 1個のフマル酸と 2個のメタノールになる.
あるいは, ヒドロキシカルボン酸では自身のヒドロキシ基とカルボキシ基がエステルをなす結果, ラクトンになることがある. この場合, ラクトン部分のエステルを加水分解しても 1個の物質にしか戻らない.
2: 「どのような条件」といわれても困る.... 1個のヒドロキシ基を持つ 1価カルボン酸をモノマーにして重合すれば, 当然「加水分解して得られる物質は 1種類」となる.

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E4%B9%B3%E9%85%B8

Q無水酢酸と塩化アセチル

一般的にアセトアニリドはアニリンと無水酢酸、あるいは塩化アセチルよって合成されるはずですが、多くの学生実験では無水酢酸が使われているようです。
無水酢酸と塩化アセチルでは危険性に差があるのかと思ったのですが、調べてみるとむしろ無水酢酸の方が危険なようにさえ感じました。
アセトアニリドの合成で無水酢酸を使用することのメリット、あるいは塩化アセチルを使用することのデメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

無水酢酸の方がはるかに扱いやすいです。
塩化アセチルは揮発性であり、刺激臭もあります。
また、無水酢酸よりも分解しやすいので、長期の保存を必要とするのであれば、試薬の管理も面倒です。
塩化アセチルでなければ無理という場合は仕方がないですが、無水酢酸を用いる方が楽ですし、安全です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報