痔になりやすい生活習慣とは?

夫(56歳)のことで質問があります。
夫は、去年4月に脳梗塞で倒れ、今年10月に障害厚生年金2級の裁定が下りました。

それまで夫は事業経営をしておりましたが、倒れたため続けられず、破産手続きを進めております。
しかし、個人破産は簡単に出来るようですが、法人破産の手続きは複雑で、あと、1年ぐらいはかかるようです。

そこで質問があります。
夫の障害年金は、差し押さえの対象となるのでしょうか?
法律的には年金の差し押さえは出来ないこととなっていますが、実際にはどうなんでしょう?
一応、社会保険事務所では「郵便局なら大丈夫でしょう。」と言われたため、専用の口座を作りましたが、やはり不安です。
詳しい方や専門家の方がいらっしゃったら、お教えいただけないでしょうか?
お願いいたします。

A 回答 (5件)

追記。



裁判所が「差し押さえ禁止範囲の拡張」を認めるかどうかの審査は、けっこう厳しいです。

例えば「年金を受け取る本人と生計を共にする家族に、それなりの貯蓄や収入がある場合」には、認められない場合があります。

つまり「今回破産しない奥さん(質問者さん)が、それなりにお金を持ってたり、収入があったいすると、認めてもらえない」のです。

なので、今のうちに、現金などの動産や資産を、奥さん(質問者さん)の名義に変えてから、離婚、別居をして「本人とは生計を共にしていない、赤の他人」になりましょう。

ある程度のお金を持ったまま配偶者として一緒に住んでると「差し押さえ禁止範囲の拡張」を認めてもらうのが難しくなるかも知れません。
    • good
    • 3

振り込み前の年金が差し押さえ禁止になっているのは、他の回答の通り。



>一応、社会保険事務所では「郵便局なら大丈夫でしょう。」と言われたため、専用の口座を作りましたが、やはり不安です。

年金受取専用の口座を作って、その口座に年金を振り込んで貰いましょう。

そして、その口座は「受け取った年金だけを預けておいて、お金を入れない、出すだけ」にします。

多分、債権者は、その「年金受取専用口座」を差し押さえて来るでしょうけど、心配は要りません。

差し押さえの通知が来たら、裁判所に「差し押さえ禁止範囲の変更の申し立て」をします(申し立ては、通知から一定期間だけなので、迅速に行動しましょう)

申し立てをして、裁判所が「年金を受け取る専用の口座である」と認めれば、差し押さえが禁止されます。

「年金は差し押さえ禁止」と決まっているのに、年金を受け取った後の口座が差し押さえされてしまうと、差し押さえ禁止にしている意味が無くなってしまいます。

なので「差し押さえ禁止範囲の変更の申し立て」により、受け取った後も禁止を続けさせる方法が用意されています。

なお、この「受け取り専用口座」には、貯金や貯蓄や、タンス預金の預け入れ、現金の預け入れはしてはいけません。

年金以外に入ってくるお金があると「差し押さえ可能な他の資産と区別できなくなる」ので、差し押さえ禁止範囲の変更を裁判所に認めて貰えなくなります。

当然ですが「年金以外に入ってくるお金は無い」ってのがちゃんと証拠に残るように、通帳の記帳はこまめに行いましょう(記帳をサボって「1行にまとめ記帳」されちゃうと、まとめて1行に記帳された部分の詳細を請求するなど、面倒な手続きが必要になっちゃいます)
    • good
    • 1

>夫の障害年金は、差し押さえの対象となるのでしょうか?


振り込まれる前は差押できません。振り込まれたあとであれば差し押さえられる可能性はあります。

>一応、社会保険事務所では「郵便局なら大丈夫でしょう。」と言われたため、専用の口座を作りました
専用口座を作っては意味がありません。
社会保険事務所で言ったのは郵便局での現金受取の方法です。窓口までいけない場合には年金郵便サービスもあります。

つまりこういうことです。一度口座に入金されるとその後は差押の可能性があります。
しかし現金受取では口座に入金されませんので差押は事実上出来ません。

現金受取時に郵便局で待ち構えて受け取った直後に差押できれば理屈上は可能ですけど、実際はそのような執行は無理な相談なので差し押さえられないということです。

現金受取については下記URLをご覧下さい。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/sj000400 …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しいご説明、ありがとうございます。

現金受取という方法があるんですね。
知りませんでした。
先程、上記のURLを拝見しました。
一度、郵便局で事情を話して、相談に乗ってもらおうと思います。

お礼日時:2005/11/09 20:20

年金は国(行政機関)に対して直接差押えは出来ませんが、本人名義の口座へ入ると差し押さえが可能です。



従って、他の口座とは全く異なる口座で推定されにくい口座への振込が必要です。銀行、郵便局の少し離れた支店です。

その口座は入金予定日には必ず記帳して、他の安全な口座(妻名義)へ移すとベストです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

推定されにくい口座は、今まで使っていたものじゃない方がよさそうですね。
他県で郵便局の口座を作ろうと思います。

お礼日時:2005/11/09 20:15

年金に関しては門外漢ですが、回答がないので。

。。

1、公的年金は差し押さえはできません。自己破産しても受給権は残ります。

2、ただし、銀行や郵便局の口座に入ったあとは、通常の預金・貯金なので、差し押さえできます。
 給与差し押さえのように「借り主のAさんに払うかわりに、私(貸主)に払え」という要求ができないだけです。

 ですから、どこの口座に入っているかが貸し手にわかり、貸し手がその気になれば、差し押さえは可能です。

 しかし、貸し手はそんなことはしないと思いますよ。
 生活に必要な最低額以上しか差し押さえできません。労力の割に、得られる金額が小さいし、実行すれば社会的に非難されるでしょう。
 

 念のため、入金直後に引き出してしまいましょう。
 私の回答ではご心配なら、法律のカテで再質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明してくださって、どうもありがとうございます。

差し押さえられる可能性のほうが少ないようなので、ほっとしています。
やはり年金支給日当日に引き出すことが重要なんですね。
債権者の方には申し訳ないですが、生きていくためにはどうしても年金が必要なので。

お礼日時:2005/11/09 20:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金を郵便局の窓口で現金で受け取りたいのですがその受け取り方法にするには特別な条件がいりますか?

今までは銀行振込の受け取りをしていましたが、いろいろ考えまして現金で受け取る方法があると聞いてそれに変更したいのですが簡単に変更できますか教えてください。

Aベストアンサー

年金事務所へ足を運ぶ必要なんかは有りません、
電話一本で、変更手続きの一件書類を送ってきます、
後は必要事項を記入して返送するだけです、
此れで手続きは終了です、後貴方がされる事は何も有りません、

受け取りの郵便局の名称を確実に記入する必要が有ります、何処ででも受け取れる訳では有りません、

最近知人のジー樣も変更されました、数字の並びだけで受け取るよりも現金の方が有難味が違うそうです、此れ理由に成りませんかね?、理由が必要と言うので有れば、
そもそも年金の受け取り方法は受取人の自由です、
対応した窓口担当は未だに役人根性が消えてないのでは?、

但し、今から手続きしても12月分の支給には間に合いません、2月分からに成らざるを得ません、

以上はジー様の受け売りですので。

Q年金の差し押さえ

82歳の父に、商売の借り入れの連帯保証人になってもらっています。取引先の倒産で、私の自宅や父の不動産等を全部処分しましたが完済には足りません。父母は年金収入のみで生活しており、それを差し押さえられると生活に困ってしまいます。そんな時知人から「年金は差し押さえられない」と聞きましたが本当でしょうか?私はアルバイトでも何とか生活はしていきますが、これ以上田舎の父母に迷惑をかける事が心配です。教えて下さい。

Aベストアンサー

>「年金は差し押さえられない」と聞きましたが本当でしょうか?

本当でもありウソでもあります。
と云いますのは、こうなのです。
年金が差押できるとすれば、国を第三債務者として、父に支払うお金を「支払わないで、私に下さい」と裁判所に申立します。
これが認められれば、その債権者は国から直接もらうことができます。
そこで法律では、国を第三債務者とすることを禁止しているのです。
その意味で「差押できない。」と云うことができます。
ところが、国は父にお金を直接持ってくるのではなく、銀行口座に振り込みします。
そうしますと、その時点で、そのお金は父のものになり、そのお金は年金かどうかわからなくなります。
そうすれば債権者はその銀行を第三債務者として差し押さえることができます。そうすれば、債権者は銀行から直接もらうことができます。
その意味では「年金でも差押ができます。」と云うことになります。
おわかりでしようか。

Q障害年金で無職なのに国民健康保険を支払うこと。

私は現在、精神障害者2級で無職で自立支援で病院に2500円を基本として支払っています。

無職で年金額は年間79万円ぐらいです。

でも区役所の調査書類に、昨年、「家族に食べさせてもらっていた」と書類に書いたところ、
毎月、国民健康保険料が、2300円か2800円引かれています。
びっくりします。医療費は3割負担で、ほかの病院にも通院しているので、年金だけでは赤字で苦しいです。

ときどき、母親が70歳で年金を受給していますが、私の医療費が足りないので、私のために借金をして、それが膨らんでいっています。とても不安です。

なぜ収入がないのに、障害年金から、国民健康保険料が、月に2300円か2800円も引かれなければならないのですか。区役所に抗議したほうがいいですか。

こんなに夜遅くなっても、将来が不安で眠くなりません。

ご存知の方、教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってないということ)の人だったら、障害年金をもらえるようになったときから、障害年金を受けられることを役所に届けるだけで、免除されます。
質問者さんは、そうやって法定免除になってはいませんか?

一方、国民年金保険料というのは、質問者さんの所得だけじゃなくて、家族全体(世帯)の所得を見て決まります。
市区町村によって計算式は違うものの、ざっくり言って、(1)所得割(世帯の所得に応じて計算する)、(2)資産割(世帯の資産[持ち家とか土地とか]に応じて計算する)、(3)均等割(その国民健康保険に入っている人1人あたりいくら、として平等に負担する額)、(4)平等割(1世帯あたりいくら、として平等に負担する額)という4つの部分の合計で成ってます。
要は、質問者さんの障害年金は非課税所得だけれども、ほかの家族の課税所得とか資産があったりすれば国民健康保険料は生じるし、みんなで平等に負担するしくみだからやっぱり国民健康保険料はどうしても生じてしまう、っていうしくみになっています。

こういうしくみになってますけれど、でも、質問者さんが障害年金を受けてて無職なんだ、っていうことはちゃんと反映して、その結果で国民健康保険料を計算してますよ。
なので、正直、障害年金を受けてない人なんかとくらべたら、ずっと保険料は低くなってます。
均等割と平等割の部分を「減額」する、っていうしくみで、全国共通のしくみ。国民年金保険料でいう法定免除に相当するものです。
なお、それでも生活がしんどい、というときは、市区町村によって基準がばらばらなんですけれど、さらに減らしてもらえることもあります。こっちは「減免」といいます。
いろいろ心配なら、「減額」や「減免」のことを市区町村に確認したほうがいいでしょう。
ただ、どっちにしても、ちゃんとしくみを理解しないでぎゃあぎゃあ抗議しても、はっきり言ってお門違いになってくるので、そこは勘違いしないでくださいね。

そのほか、市区町村に重度障害者の医療費減免制度はないですか?
自立支援医療(精神通院)とはまた別で、障害者手帳(身体、精神、知的のどれか)を持ってれば、どの科・病院でも医療費自己負担分が軽減される、っていうしくみです。
もしこれが利用できれば、精神科以外の通院の医療費が軽くなると思います。
これまた市区町村によって基準はばらばらですけれど、精神の人も利用できることが多いので、ちゃんと問い合わせて説明をしてもらって、もし利用できるなら利用したほうがいいと思います。

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってない...続きを読む

Q障害(厚生)年金の窓口手渡しで受給は出来ないでしょうか。

銀行口座、ゆうちょ銀行口座が差し押さえられました(自動車ローンの未払い)。
生活保護受給中で生活保護は窓口支給にしてもらいました。
障害(厚生)年金はまだ銀行口座振り込みになっていて、支給日に差し押さえられると生活できません。

このため、年金機構窓口等で直接給付(直接給付であれば年金は差押え禁止なので)等は出来ないものでしょうか。

初心者質問で申し訳ありませんが、ご教授願いたいと思いますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

障害年金の窓口(郵便局限定です)受け取りは可能です、

現在の口座振込みから窓口渡しに切り替える事務手続きに凡そ6週間あまり(或いはそれ以上)掛かります、

書類は年金事務所に一件書類が有ります、連絡すれば郵送もしてくれます、
書類には受け取り窓口となる近くの郵便局(正式な名称で)を指定してやる必要が有ります、
手続きが済めば支給日の1週間から10日前くらいには「年金送金通知書」が送られて来ます、受領者は必要事項の記入・押印して身分証(免許証など)を持参して局の営業時間内に行けば金額分が支払われます、

なお、差し止めの法的な事は知りません。

Q障害者年金の、初回支給日について

今日(3月20日)に「年金決定通知書」が届きました。

通知の証書の日付が「平成27年3月12日」、支払開始年月が「平成27年2月」と
記載されているのですが、支払開始年月の欄が空白になっています。

この場合、初回振込日はいつになるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示しています。
両方とも支給される場合は、どちらの部分にも支給開始年月が印字されています。
一方、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらか一方しか支給されないときは、一方の部分が空白になっています。その点を再度確認していただき、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらが支給されるのか、その障害等級は何級何号なのかを調べて下さい。

支給開始年月とは、「◯年◯月分の年金から支給されますよ」ということを示していますが、実際の初回支給日とは直接の関係がありません。
障害認定日請求が通ったときは、一般に、受給権を取得した年月の翌月になっています。
障害認定日請求であっても、遡及請求として請求が行なわれて、時効のために5年よりも過去の部分が支給されないときは、ここは翌月にはなっていません(時効の計算によって、まちまちになります)。時効に到達していない部分については、遡及して支給されます。
一方、事後重症請求で通ったときは、請求日[窓口受理日](事後重症請求のときは、この日がある月が「受給権を獲得した年月」になります。)の翌月になっています。遡及しての支給はありません。

ポイントは、証書発行日付です。
この日から数えて、おおむね50日後に、実際の初回支給が行なわれることになっています。
したがって、5月15日には初めての振込が行なわれる、と考えて良いでしょう。
なお、年金の振込は各偶数月の15日が基本で、前々月分・前月分の2か月分が振り込まれますが、初回に限っては偶数月以外でも振込が行なわれ、次回以降の分よりも前の分が一括で振り込まれます。
質問者さんの場合には、平成27年2月分・3月分が振り込まれるとお考え下さい。
その上で、6月15日以降は通常の偶数月振込となるはずで、6月には4月分・5月分が振り込まれることとなります。

初回振込の直前(通常は、年金証書・年金決定通知書が到着した翌月)には、別途に、「 初回支払額のお知らせ・年金振込通知書」が届けられます。
その書類こそ、確定した初回支給日を示すもので、初回支給日に実際に振り込まれる額も示されています。そちらの書類の到着をお待ち下さい。

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示し...続きを読む

Q障害年金の更新は何年置きですか?

うつ病で障害年金2級を受けて6年になります。
2年に1回診断書を提出して更新していますが、
5年に1回という人もいます。この違いは
どのような理由から来る物なのですか?

Aベストアンサー

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。
つまりその病気と程度によるということです。
この二つが主な原因として考えられるとの話だったのですが。

鬱病だとして5年に一回の更新は現実的にあったとしたらかなりずさんなんだそうです。
ここら辺をここに書くべきかどうか迷いました。
というのも、医者との信頼関係や、治療の妨げになる可能性があるからなんですけど。
三つ目の可能性です。
つまり彼女の話では、5年に一度の申請で済んでいる人は、医者の治療方針で鬱病と説明しているが、実際には別の病気なのではないかと思われる。という話でした。
例えば鬱病でも株で大もうけすることは現実的にできなくもない話です。
5年というスパンだと長すぎるので、その間に株で大もうけして長者番付に載ったとしましょう。
そうしたら年金は不正受給にあたります。
あくまで障害者年金は障害が理由で健常者のように働けない人を助けるものですし、来年から若干法律が変わるのですが、(障害者自立支援法というものです)障害者の自立支援には繋がらないからです。
5年のスパンだということは例えば(あくまで例えばですが)重度の統合失調症で予後は悪化もしくは現状維持と診断書に書かれているような場合はありえない話ではない。とのことでした。
この三つ目に関してですが、社会福祉士を目指している友人からお願いがあるそうです。
治療の妨げになる場合があるので、絶対にその5年に一回の更新者にはこのことを黙っていて欲しいということでした。
騙されていると知れば、当然医者との信頼関係は悪くなり、よくなるものもよくならない可能性が高いからです。
私からもどうぞ宜しくお願いいたします。

それではお互い寛解状態に入ることができますように。ご回復を祈って・・・・。

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。...続きを読む

Q生活保護受給中での障害年金について

生活保護を受給しています。
自立支援受給者証あり、精神障害者手帳3級です。
保護課から、初診から1年半たっていて障害年金の対象なので、障害年金の申請をしてくださいと言われました。
いろいろサイトを見てみたのですが、いまいちよくわからなかったのでわかりやすく教えていただける方がいましたら回答よろしくお願い致します。

1.障害年金(精神)とは何でしょうか?

2.過去の分(さかのぼった分?)が振り込まれますが、振り込み用紙を送付するので、振り込まれた分の全額を振り込んでくださいと言われました。
これはどういう意味なのでしょうか?

3.障害年金を受給すると、生活保護費+障害年金が毎月支給されるということでしょうか?
生活保護費+障害年金であるとするならば、+の金額はいくらなのでしょうか?

以上ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.障害年金は、初診日が、20歳以上のときは、一定の年金の納付要件(免除でも可能)を満たすとき、初診日が20歳未満の時は20歳から、一定の障害(身体・精神)を持つ人に支給される年金です。
身体の場合は、一度通常1,2級になると軽快することはない。(切断した足が生えてきて治ったり、心臓ペースメーカーを入れた人が取って暮らせるようになることは今のところない)ので一度年金や手帳をもらうと一生モノですが、精神の場合は軽くなると年金が停止になることがあります。
ちなみに精神の場合は今、精神福祉手帳といいます。

手帳の級と年金の級はかならずしも一致しません。
障害基礎年金は2級までですが、障害厚生年金は3級まであります。
また、精神は身体と違い、手帳は3級までしかありません。
生活保護では、1,2級は障害者加算が付きますよね。

3.保護費(支給額)は、基本は最低生活費と収入認定額の差です。
最低生活費が月15万で年金が月10万なら月5万が保護費です。
ただし、3級だったのが2級になれば、障害者加算がつくので、その分は増えます。
実際の額がいくらになるのかは、厚生年金ですので、人によって違うのでわかりません。
障害基礎年金の場合は1級、2級で額が決まっているのでわかりますが。

なお、通常は年金は2ヶ月に1度に振込ですので、例えば、上記の例でいうと、10月は5万の保護費と年金が20万、計25万入りますが、11月は5万しか入らないので、注意が必要です。

2.これは63条の返還金のことですね。
本来、障害年金をもらって、収入があったのなら、支給する必要のなかった保護費を返してもらいますよということです。どの程度遡るのか分かりませんが、選択肢としては、例えば、120万遡って振り込まれるなら、8ヶ月程度、保護停止という方法もあるかとは思いますが、それは福祉事務所と相談してください。

1.障害年金は、初診日が、20歳以上のときは、一定の年金の納付要件(免除でも可能)を満たすとき、初診日が20歳未満の時は20歳から、一定の障害(身体・精神)を持つ人に支給される年金です。
身体の場合は、一度通常1,2級になると軽快することはない。(切断した足が生えてきて治ったり、心臓ペースメーカーを入れた人が取って暮らせるようになることは今のところない)ので一度年金や手帳をもらうと一生モノですが、精神の場合は軽くなると年金が停止になることがあります。
ちなみに精神の場合は今、精神福...続きを読む

Q障害年金の初回振込み日について

11月18日に年金証書と裁定通知書が届きました。
そこで初回の振込み日はいつになるのか教えていただけないでしょうか?
色々と調べると原則15日に振り込まれるとなっておりました。
12月15日には通知が来なかったということは1月15日になってしまうのでしょうか?
それとも今月中に振り込まれる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。)。
つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。)。
なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます。

初回振込の直前には、年金振込通知書および年金初回支払額通知書が送られてきます。
そちらに記されるのが、実際の振込額です。
言い替えると、年金証書を見ただけではわかりませんし、誤解も招きやすくなります。時効や支給停止になる場合であっても、年金証書には金額が記されることがあるからです。

ちなみに、私が経験した例では、以下のような流れになりました。

7月31日 年金証書(兼 裁定通知書)が到着 ‥‥ 支給決定(含 遡及分)
9月9日 年金振込通知書および年金初回支払額通知書が到着 ‥‥ 初回振込額(含 遡及分)が示される
9月15日 初回振込(7月分まで)
10月15日 通常振込開始(8月分・9月分から)

ちなみに、年金額は、物価の動向に応じて毎年度変わるしくみになっています(来年4月分からは下がる見込みとなっています。)。
したがって、年金初回支払額通知書と年金証書とを突き合わせて、初めて、どのように年金が計算され、どのように実際に振り込まれるのかがわかります。
 

年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。)。
つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。)。
なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます...続きを読む

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q障害年金は所得としてみられるんですか?所得税を払わなくてはいけないんで

障害年金は所得としてみられるんですか?所得税を払わなくてはいけないんでしょうか?
あと、障害年金もらえるようになると国民年金が全額免除となりますが、60才になって、年金をもらえるようになると、免除になった期間、半額しか年金もらえない というのは本当ですか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

障害年金も所得です。働かずに得られる不労所得です。
但し、福祉的な観点から非課税なので、所得税はかかりません。
非課税所得といいます。

年金は、障害年金と遺族年金が非課税所得になります。
老齢年金は課税されます(課税所得)。

障害年金(1・2級のときだけ)をもらってる人は、国民年金保険料が全額免除です。
法定免除といいます。法定免除を受ける・受けないは任意です。
国民年金第1号被保険者(第2号・第3号以外の人)だけが対象です。
厚生年金保険に入っている国民年金第2号被保険者の人や、配偶者から扶養されている国民年金第3号被保険者の人は、障害年金をもらってても対象外です。

全額免除を受けた期間は、あとから追納で保険料を納めないと、その期間の分は2分の1(平成21年3月までは3分の1)しか保険料を納めていないことになるので、その分だけ将来の老齢年金(厳密には老齢基礎年金。60歳からではなくて、65歳からです。)が減ります(免除を受けた期間に相当する部分の額が、2分の1または3分の1になってしまう。老齢年金全体が2分の1や3分の1になるのではない。)。

以上は、基本中の基本です。
障害年金ははっきり言って永遠に受けられるように保証されたものではなくて、更新時の診断書次第では支給停止です。
老後のことを考えたら、老齢年金を受けられるように、法定免除なぞを受けずにちゃんと国民年金保険料を納めたほうがいいと思います。

障害年金も所得です。働かずに得られる不労所得です。
但し、福祉的な観点から非課税なので、所得税はかかりません。
非課税所得といいます。

年金は、障害年金と遺族年金が非課税所得になります。
老齢年金は課税されます(課税所得)。

障害年金(1・2級のときだけ)をもらってる人は、国民年金保険料が全額免除です。
法定免除といいます。法定免除を受ける・受けないは任意です。
国民年金第1号被保険者(第2号・第3号以外の人)だけが対象です。
厚生年金保険に入っている国民年金第2号被...続きを読む


人気Q&Aランキング