初期型と思われる昭和60年式のFZを直したいのですが、おそらくキャブレター周辺の不具合によりエンジンがかかりません.
セルは回ります.セルを回すとマフラーからちょっと煙(ガス)が出ます.
その他に、キャブから地面の方に出ているホースからガソリンが漏れます.
キャブの内部(上部)はキレイでした.
キャブの途中かそれまでが詰まっているのかもしれませんが、解明できなくって困っています.やはりキャブを外すべきなのでしょうか?
どなたか詳しい方に助けていただきたいです.よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

懐かしいバイクの名前を見て、少しでも力になろうと思います。


一度にすべての解説は無理なので、問題点を絞って質問を立ち上げて何回かに分けて回答してゆきましょう。
まずは「キャブ」ですね。
質問にある症状からわかることといえば、
>セルを回すとマフラーからちょっと煙(ガス)が出ます.
多少なりとも混合ガスがシリンダーへ吸い込まれているようです。
>キャブから地面の方に出ているホースからガソリンが漏れます.
フロートの調整が不良なためオーバーフロー状態になっています。
> キャブの内部(上部)はキレイでした
どこのことを指しているのかよく判りません。タンクをはずしてキャブのヘッドの部分を取り外してキャブのシリンダーもはずした状態で内部を見たということでしょうか。

以上の様子から考えると、オーバーフローするために、キャブのフロート室内で液面が定まらず適切な濃度の混合気を送り込めない状態のようです。
キャブをはずして、フロートバルブ回りを洗浄する必要があります。
はずしたならば、ついでにすべての燃料通路、空気の通路にキャブクリーナーを吹き付けて洗浄してください。
エアコンプレッサーが使える状況ならば、すべてエアガンで汚れやゴミを吹き飛ばしてください。
ジェットやニードルの類もすべてはずして同様に洗浄してください。
細かな取り外し方や、洗浄の方法は次の質問を立ち上げていただければ、その場で回答できると思います。
一回の質問で同じ回答者が質問者と問答を重ねるよりも、テーマを限って質問に答えたほうが、後に検索して参考にする人が分かりやすくするためです。
次の質問(新しい質問)では、今回の回答でわかったこと、他の回答者の回答でわかったことをベースにして絞り込むようにしてください。
ではまた・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!早速次の質問を立ち上げさせていただきます!!

お礼日時:2001/12/03 18:58

おそらくキャブレターオーバーフローでしょう。

キャブレターの下の部分のガソリンがたまるところ(フロートチャンバーといいます)には、フロートという浮とニードルバルブという弁がついていて、キャブレター内部にたまるガソリンの量が常に一定になるように調整されています。ガソリンがタンクから流れ込んでくると浮が浮き上がり、浮につながっているニードルバルブを押し上げます。浮がある程度浮き上がるとニードルバルブが閉じガソリンの流れを止めます。エンジンがガソリンを吸い込みキャブレター内部のガソリンが減ると浮が下がりニードルバルブが開き、また一定の量になるまでガソリンが流れ込むということを繰り返し、いつでも一定の量がキャブレターの中にあるように調整しているのです。

キャブレターではエンジンが空気を吸い込む時に発生する空気の流れを利用し、ベンチュリーと呼ばれるキャブレター内部を一部細く絞った部分に発生する負圧(大気圧より低い圧力)を利用して、空気の量に見合ったガソリンを空気と混合しています。ここで大切なのがキャブレター内部のガソリンの出口(ジェットといいます)が、ガソリンのたまっている部分の液面(油面といいます)が出口よりも常に低い位置で一定であることが必要なのです。これを行っているのが最初に書いたフロートとニードルバルブなのです。

さて、オーバーフローを起こす原因ですが、フロートのパンクまたは、ニードルバルブの密着不良でしょう。キャブレターをご自分で分解・組み立てなさるのであれば、この部分を重点的に点検しましょう。フロートは樹脂または金属製の浮きで、フロートチャンバー内部にあります。キャブレター下部のフロートチャンバーをはずすとキャブレターのボディーに一本のシャフトで固定されているのが見えるはずです。取り外すにはシャフトを抜き取ればよいので、シャフトを横にスライドさせて抜き取ります。このときニードルバルブのニードルがフロートについて外れる場合があるのでなくさない様に注意しましょう。フロートがパンクしていないかどうかは軽く振ってみて、内部に液体が入っていないかどうか確認します。また、水に沈めて見て泡が出ないかどうかで確認できます。フロートのニードルとの接合部は金属製のフロートの場合無理な力を加えると簡単に曲がってしまい、油面を狂わせる原因になるので十分な注意を必要としますので気をつけてください。
次にフロートからニードルを取り外し、ニードルの先端に傷や磨耗がないかルーペなどで丹念に点検します。ここで傷などがある場合は、後述するバルブボディーと組で交換(腕に覚えがあれば、#1000程度のサンドペーパーで研磨してもいいですが)します。次にニードルにスプリングが組み込まれたタイプではスプリングの動作も確認します。次にニードルが差し込まれていたバルブボディー内部のニードルの先端とあたる部分を点検して傷や異物がないか確認してください。異物がある場合はキャブクリーナー(ホームセンターやカーショップで入手可能)で洗浄します。このときついでに目に付いた穴をすべて洗浄しておくことをお勧めします。

ここまでで、フロートのパンクやニードルバルブの傷などがなければ、元通りに組み立てフロートやニードルがスムーズに動くか確認し、フロートチャンバーを組み付けキャブレターを取り付け、キャブレターに燃料を送りオーバーフローがおきないかどうか点検します。

さて、以上がおおよその作業内容ですが、このような機械のメンテナンス作業を行う時のコツをいくつか書いておきます。

1)分解するときは必ず分解する前の状態をよく見ておくこと、覚えきれないようであればメモをとること、デジカメなどがあれば撮影しておくのもよい。

2)分解作業をする場所は余分なものをおかず、整理しておくことダンボールや新聞紙などを敷き、その中だけで作業をし、その外に部品を決して持って出ないこと、小さな器(たとえばカッブ麺の器など)を用意し部品やねじを分類し入れておくこと。

3)可燃性のものを扱うときは火気厳禁を守ること。

4)工具はかからず使用法を守り合わないねじを回したり、斜めに掛けて使用したりしないこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

や、やってみます.本当にありがとうございます.

お礼日時:2001/12/03 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Q発進がっ......................................................

今日愛車の原付のスマートDioのエンジンをかけて発進しようとしたら全然進まなかったんですよ。何回かスロットル回してたらやっと動いたんですけど、なんで発進しなかったんでしょうか?しかも出だしがすごい遅くなってた。ちなみに今日は雨が降ってました。でも昼間は普通にうごいたんですけどね。オイルが関係してるんでしょうか?オイル交換は1万キロいってからしてないです。今は1万2千です。

Aベストアンサー

追伸
#3のnecokenです。もう1つ、いまのシーズンならではの原因で突然なることがあるのを思い出しました。
それは、マフラーの中にハチが巣を作り、穴をふさいでしまうことがあります。ただ、スマートDioでは今のところ事例はありませんが、念のためマフラーの出口の所を針金のようなもので、突付いて試してみてください。
それとも、もう1日経ってるから解決済みかな?

もう1つ。#3でエアクリーナーエレメントの清掃のことを書きましたが、jyannudaruku君のお住まいは首都圏寄りですか?そうでしたら1万キロ走っていますので、エレメントは清掃より交換がいいかもわかりません。首都圏(都市部)と、そこからうんと離れた地区では、エレメントの汚れ方は驚くほど違います。これも念のために点検してみてくださいね。

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

QFZのキャブレターを直したいです!

FZ400のキャブレターを外そうと思ったのですが、先にエアクリーナーボックスを外さないといけないようでした.ところが、エアクリボックスの一部がシートレールに引っかかって外せません.シートレールも外さないといけないのでしょうか?
さらに、キャブを外した事がないのでどの辺をどうしたらいいのか分りません.
気をつけることも含めて教えてください.よろしくお願いします.

Aベストアンサー

まず始めに、このサイトの使い方をよく読みましょう。
質問を再度立ち上げる際には、これまでの質問を締め切って回答者に御礼をしたうえで、感謝の気持ちとして20と10のポイントを発行することがマナーです。二人以上回答者がいる場合はポイントの発行はできませんが、お礼は書き込みましょう。
すなわち、締め切れる状態でない時は次の質問は立ち上げられないと持ってください。
また、次の質問を立ち上げたということは、以前の質問は締め切ったと解釈されますので、使い分けに気をつけましょう。

バイクの整備に関してあまり詳しくないようですから、まずは「サービスマニュアル」を入手して、その手順に従った方が良さそうですね。
初期型FZのサービスマニュアルは現在発行されていないでしょうから、ヤマハのディーラーへ行ってキャブの整備に必要なところだけを「有料」でコピーさせてもらうと良いでしょう。
良心的なところなら無料ということもありますが、今後も各部位ごとに必要になりますから気兼ねがなくなるように経費は支払った方が良いと思います。
運良くFZのサービスマニュアルが見つかればそれに越したことはありません。
大型のパーツショップなどでは在庫している場合もありますから、いろいろなところを探してみましょう。
サービスマニュアルが来る前にやるとすれば、作業の原則は「はずせられるものはすべてはずしてみる」です。
ただし、不用意にはずしてはいけないものがあります。
キャブの調整ネジ類です。
これは、現状の位置が非常に重要な意味を持っていますので、安易に回転させてはいけません。
はずす必要が生じた時は必ず「締めこむ」が原則です。
なぜはずすのに締めこむかと思うでしょうが、締め込むまでの回転数が大事だからです。
締めこんだ状態を0(ゼロ)として、何回転と何分の一回転戻したところに元のネジの回転位置があったかをすべて記録しておかなければなりません。
これを忘れると原状への復帰は不可能です。(マニュアルがあれば可)
このことに気をつけて、後はとにかくはずしてみましょう、バイクの整備の基本ははずせるだけはずして一つひとつの部品を清掃することから始める、です。
何事も無駄にはなりませんので、面倒くさがらずに取り組んでください。
めったやたらにはずしても、パーツさえなくならなければ必ず組みあがりますから、パーツを入れる容器は工具を入れる容器とは別にしっかりとしたものを用意して作業してください。
なるべくならはずす手順を覚えていましょうね。その方が汲み上げる時に楽ですから。
そのためにもじっくりと観察しながら分解していきましょう。
キャブが外れたら、また次のステップに行きましょう。

まず始めに、このサイトの使い方をよく読みましょう。
質問を再度立ち上げる際には、これまでの質問を締め切って回答者に御礼をしたうえで、感謝の気持ちとして20と10のポイントを発行することがマナーです。二人以上回答者がいる場合はポイントの発行はできませんが、お礼は書き込みましょう。
すなわち、締め切れる状態でない時は次の質問は立ち上げられないと持ってください。
また、次の質問を立ち上げたということは、以前の質問は締め切ったと解釈されますので、使い分けに気をつけましょう。

バ...続きを読む

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Qセルが回らない。セルモーターが回らない。

セルが回らない。セルモーターが回らない。
ZZR1200ですが、先週エンジンを始動させようとしたら、いきなりヒューズが飛びその時はヒューズの交換でエンジンが始動しましたが、今日、ツーリング先(自宅から約1000キロ)でいきなりセルが回らなくなりました。
症状は、セルに何か負荷が掛かった感じで回らなく、二回ほどセルスイッチを押し続けるとヒューズが飛びます。
エンジンが温まっている間は押しがけで対応していますが、朝の始動は厳しいもの物があります。
適切なアドバイスを緊急にお願いします、

Aベストアンサー

常識的に考えれば、セルモーター本体が壊れた、もしくは配線のショートですね。
セルモーター本体が壊れた場合は応急処置もへったくれもないと思います。
ただ、車でセルモーターが壊れて回らなくなった場合、モーター本体をハンマー等でコンコンと叩いて衝撃を与えてやると、一時的に使えるようになることはあります。
(燃料ポンプなどでも、この方法は使えたりします)

配線ショートの場合、まずはどこか配線がフレーム等にこすれて削れていないか、どこかにはさまっていたりしないか、端子等がゆるんでいないか、そのへんを目視でチェックします。
あとは、とりあえず配線を手でゆすってみます。
バッテリーからセルスイッチ、セルモーターに至る部分の配線を、(可能ならタンクやカウル、シート等も外して)なるべく全ての部分を手でつかんでゴソゴソとゆすって動かしてみます。
配線カバーのビニールチューブの中でショートしている場合でも、これで位置がズレて一時的に正常に戻る場合があります。

また、セルモーターはリレーを使っているでしょうか?
リレーを使っているなら、ヒューズはリレーを作動させるスイッチ線側なのか、モーターを駆動する電流が流れる側なのか、どっちが飛ぶのかでかなり対応が変わります。
スイッチ線側であれば、セルモーター本体の可能性は極めて低くなります。
どこか配線ショートを疑うべきでしょう。
逆に駆動電流側であれば、モーター本体の可能性がかなり増えます。
ショートのチェックも、スイッチ線側、駆動電流側、どちらかヒューズが飛ぶ側のチェックだけでよくなります。

もちろん、最終的には、ツーリング先から戻ったらちゃんと修理に出してくださいね。
配線チェックしていて、明らかに「ここだ」という場所が見つかれば、自分でショートした部分を修正してしまうのもアリですけれど。

常識的に考えれば、セルモーター本体が壊れた、もしくは配線のショートですね。
セルモーター本体が壊れた場合は応急処置もへったくれもないと思います。
ただ、車でセルモーターが壊れて回らなくなった場合、モーター本体をハンマー等でコンコンと叩いて衝撃を与えてやると、一時的に使えるようになることはあります。
(燃料ポンプなどでも、この方法は使えたりします)

配線ショートの場合、まずはどこか配線がフレーム等にこすれて削れていないか、どこかにはさまっていたりしないか、端子等がゆるんでいない...続きを読む

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Qスティードのキャブレター故障 & キャブ修理の工賃

いつもお世話になっております。

スティードのキャブが故障し1年ほど放置してしまっています。修理に出すとしてバッテリー等他に交換、調整等しておいた方がいいところはありますか?

また、キャブレターの清掃、調整の工賃の相場は大体お幾ら位が基本でしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

キャブが故障して1年間乗ってたのですか?それとも置きっぱなしですか?
置きっぱなしならバッテリーは交換した方がいいと思います。

キャブレターの清掃、調整等の工賃はわかりませんが、総取替えなら3万円(工賃込み)位だった気がします。(雫型を横にした形の物)

私がスティードに乗っていたのはもう10年位前なので今はどうだか・・・

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Q進まなくなりました........................

さきほど仕事に行く途中にいつも通りリード50で走ってたら「ブチッ!!」と何かが切れた音がしました。その瞬間全く進まなくなりました。しかも場所は千葉の357沿いのららぽーとあたりでした。たぶんベルトが切れたんだと思います。前にも前兆みたいのがあってフルスロットルで走ってる時に急にクラッチが落ちたみたいにスピードが遅くなって、スロットルを戻してまたひねるとスピードが元にもどるんです。ヤフオクで買って距離も22500くらいありましたから、なってもおかしくないですよね?一応タイヤ交換とパッドの交換はしておいたんですがね、駆動系までは考えてなかったです。かなり考えが甘かったです..................(オーバーホールしとけばよかった´ε`)。なので場所が場所だったのでレッカーを頼みました(原付ごときで.......................)。まだ家に着いてません。10時ごろ業者が回収しに来てくれるそうです。原因はベルトだと思うんですが、ベルトはいくらくらいするものなんでしょうか?

Aベストアンサー

リード50であれば2000円以下(最新の金額はわかりませんが、第二版のパーツリストでは1300円でした。約10年前ですが、、)私も以前経験があり、その場に置いて1W後に交換に行きました。1万以上走ったバイクは定期メンテが常にひつようです。スピード出しているのであればそろそろピストン関係も要注意です。


人気Q&Aランキング