今のデフレを止めるために、インフレターゲットを決め、インフレにしたらいい、
という説がありますが、このインフレターゲット論では、何%のインフレがいいと
いっているんでしょう?

1%、、、2%、、、3%、、、どのくらいでしょう?

で、具体的に、その数字にするためには、いくらくらいのお金が必要なんでしょう?
何億?何兆?何百兆?

これって、日銀のお金ですか?
それなら、100兆円、銀行に「不良債権処理に使ってくれ!」と
あげたほうが効き目があるような気がするんですが、、、?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>このインフレターゲット論では、何%のインフレがいいと



人によって色々なことをおっしゃる方がいらっしゃいますが、デフレ阻止という面から言えば、インフレ率0%をターゲットとすることが妥当だと考えます。

>その数字にするためには、いくらくらいのお金が必要なんでしょう?

物価上昇率は、物の生産量と通貨供給量の増減で決定されます。
物の生産量の指標として、GDP(実質、7-9月)121.964兆円
通貨供給量の増減として、マネーサプライ(M2+CD)の前年同月比があります。
マネーサプライの10月の残高1304.5兆円、10月が前年同月比2.1%だったことから、1304.5×2.1÷102.1=25.6811兆円
マネーサプライの数値は1年分なので、4半期ベースに置きかえるために4で割ると、6.42兆円となります。
現在、この状況で卸売物価(消費者物価で見るべきかもしれません)で前年比▲1.1%です。
ここからは想像に過ぎません。実質GDPが1%ダウン+物価が1%ダウンするとすると、上記GDPの2%の通貨供給があれば通貨が目減りするはずでありますが、この水準を大きく上回る6.42兆円を供給していても物価が上昇していません。理論的な水準は既に逸脱していることから、この水準を2倍、3倍するということを行って行くしかないと思います。

>これって、日銀のお金ですか?

通貨供給量を増やすことで、損をするのは預金者です。従って、このお金を負担するのは預金者(預貯金または現金に類するものから借金を引きプラスの人間)であると言っても良いと思います。既に低金利で負担をかけているこれらの人に更なる負担をかけても良いかどうかは疑問です。
また、インフレターゲット論が成功するとも思えません。かつて、日本政府はこれら実物経済よりも遥かに限定された株式市場に介入して、株価を引き上げることを試みたことがあります(年金資金を使用したプライス・キーピング・オペレーションPKO)。しかし、結果は大失敗で傷口を大きく広げました。このことを考えると、今度も失敗するのではと考えることの方が自然だと思います。従って、私はインフレターゲット論の導入には反対の意見を支持しています。

私なりにアレンジして回答いたしましたが、この回答には正解はないと思われます。ご自身がご納得される手助けとなりましたら、幸いだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「目標値は0%」という人が多い、ということですね。

どのくらいのお金が必要かは、0%になるまで、○兆円単位でどんどん出していく、
ということでしょうか。

インフレターゲット論が果たしてうまくいくのか
については、ほんとやってみなければわからないということなんでしょうか。

12/9(日曜)の討論番組のリチャード・クーさんの意見を聞いていると
財政でもなんでも、とにかく総量といいますかマクロで見ると
お金をもっと出さないと、日本経済はひどいことになるというのは、
正しいような気もしてきました。(?)

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 06:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脱デフレ策としてのインフレターゲット

デフレからの脱却のためにインフレターゲットを設定する、
これに対してかなり違和感を感じています。
好景気の末期には確かに物価高(インフレ)になりますが、
それはあくまで結果だと思います。
インフレにすれば景気が良くなるということではないですよね?
そもそもインフレターゲットって、
インフレを抑えるためのものではないのでしょうか?
どうも古い経済学(ケインズ)を、
序論的にしか学んでいない人間にとってはよく分かりません。
価格(物価)は需要と供給によって決まる。
デフレから脱却するためには、有効需要を増大させればよい。
しかしその有効需要の増大とインフレターゲットが、
どう結び付くのか分からないということなのです。
どなたか分かりやすくご教示願えませんでしょうか?

Aベストアンサー

”インフレにすれば景気が良くなるということではないですよね?”
     ↑
良くなる、という論法も可能です。
インフレになれば、待てば待つほど値上がりしますから
今のうちに買っておけ、ということで需要が増すだろう
という予測が成り立つからです。
もっとも、経済は、人間心理に負うところが大きいですから
実際にどうなるかは定かではありません。

”そもそもインフレターゲットって、
インフレを抑えるためのものではないのでしょうか?”
     ↑
過去の例では、その通りですね。
今回は、デフレ脱却の為のインタゲです。
おそらく、世界初ではないでしょうか。
一歩間違えるとスタグになりそうで心配です。

Q【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?日本はデ

【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?

日本はデフレって言いますけど、インフレ??

Aベストアンサー

円安というより、ドル高。対米貿易の一部のみ、影響がありますが、日本国内のデフレ、インフレと連動してるわけではありません。

値段が上がってる品もあれば、下がってる品もあります。
完全なインフレやデフレではなく、あえていえば、物価が不安定、でしょう。

Qインフレとデフレ お金の価値の上下が?です。

インフレになると、物価は上がり、相対的にお金の価値は下がります。
逆にデフレになると、物価は下落し、お金の価値は相対的に上がります。
と、食生活アドバイザーのテキストにあります。
物価が上がるとか下落するは理解できます。
しかし、お金の価値が下がるとか相対的に上がるとか、どういうことか分かりません。
物価が上がれば、お金の価値も上がるのでは?
物価が下がるとお金の価値も下がるのではと思いました。
どういうことか、教えてください。

Aベストアンサー

物価が上がった場合
例えば100円の物がある。
物価が上がってそれが200円になった。
今までそれは100円で買えていたのに、200円払わないと買えなくなっちゃった。
100円の価値が半分になったってことと一緒だよね?

物価が下がった場合
やはり100円の物がある。
物価が下がって50円になった。
今までそれは100円で1個買えていたのに、100円で2個買えるようになった。
100円の価値が2倍になったよね。

Qインフレターゲット2%

2点教えて頂きたいと思います。

・インフレターゲット2%=マネタリーベース60~70兆円はどのような計算、根拠より算出されているのでしょうか?

・インフレターゲットと経済成長率が連動することが理解できません。
日本は、世界的に価値のある産業があり、その価値の分、マネタリーベース(量)を増やすことは当然であると思いますが、それをインフレに繋げる必然性があるのでしょうか?
100円のジュースは100円のままで、新たな産業のリニア新幹線:東京~大阪を例えば20000円(現在13000円程)を創出することが、望ましい経済社会と思います。100円のジュースもインフレに繋げることの有用性があるのでしょうか?

どうか御教示の程宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

> 100円のジュースは100円のままで、新たな産業のリニア
> 新幹線:東京~大阪を例えば20000円(現在13000
> 円程)を創出することが、望ましい経済社会と思います。1
> 00円のジュースもインフレに繋げることの有用性があるの
> でしょうか?

ないです。本来は。
単純に物価が上昇するだけだと経済は良くなりません。
また物価上昇+給料上昇だったとしても、質問者さんが言うように国民を豊かにする意味合いでの経済成長には繋がりません。
つまりは新しい産業の創出なくして国民を豊かにする経済成長はないということです。(それは自動走行車かもしれないし、ナノテクを使った省エネ機器かもしれないし、新しいエネルギーかもしれません。こういった新産業を後押しするような成長戦略であれば意味がありますが、現在の成長戦略は一部の御用学者によるレント・シーキングのための規制緩和が議題になることが多く、成長に繋がることのない成長戦略議論が行われていたりします。)

しかし日本はデフレですので、デフレ退治だけでもデフレの悪循環が取り除かれる分経済は良くなります。
日本はデフレに陥ってしまっていることでの投資縮小や事業縮小分がかなりあり、安倍政権ではデフレ退治を最優先にしています。
日本の主要資産はピークから1/6にもなっており、このことがデフレを助長し企業の借金問題を深刻なものにしました。そのため企業はこの20年投資を縮小し、事業を縮小し、= 借金の返済に尽力しました。その結果として景気低迷が長らく続く事態となったのです。おまけに構造改革によって大企業は内部留保を大量に抱え込みお金を貯め込むばかりとなってしまいました。

現在、安倍政権が行なっているのはデフレ退治であり、「中央銀行の金融緩和と政府の財政政策のパッケージ」政策です。
これまでは、いつかは底打ちし民間が自律的に事業拡大や投資拡大を行うであろうという誤った有識者の合意の下、多くの経済政策が行われて失敗を繰り返して来ました。中央銀行も民間の資金需要に合わせて金融緩和を行なっていたため、デフレの悪循環が取り巻く経済情勢下では資金需要が拡大せず停滞が長らく続く事態となっていました。
安倍政権が行なっている中央銀行とのパッケージ政策では、まずは中央銀行が金融緩和をして政府がお金を使って投資減税、投資助成、公共事業などを行い市場にお金を流し経済活性化に繋げる政策を行なっています。またこの政策では雇用が増え、税金を払える人も増えるためトータルとしてマイナスになることはありません。

現在は1ドル100円前後です。少し前の状態と比べてみるとわかりますが、それほど大きく円安になっている訳ではありません。現在の物価高騰は円安というよりも米国のバイオエタノール政策などによって補助金目的に多くの農地が食料生産からエタノール生産に切り替わり、穀物価格が高騰し飼料代が高騰し食料価格が高騰していることによっての物価高騰です。これは日本にとってはマイナスですが、日本は食料資源を海外に依存している為、避ける手立てがありません。多くの国々ではこのような問題を回避するため食料自給率を高める政策を行なっていますが、日本はそれも行わずに来たためその問題が円安という形で表面化している訳です。またエネルギーに関しても96%を海外に依存しており、これまた為替変動が家計を直撃する仕組みになってしまっています。こういった問題に政治的に取り組まずに来たため今その手の問題が噴出しているという状態です。

> 100円のジュースは100円のままで、新たな産業のリニア
> 新幹線:東京~大阪を例えば20000円(現在13000
> 円程)を創出することが、望ましい経済社会と思います。1
> 00円のジュースもインフレに繋げることの有用性があるの
> でしょうか?

ないです。本来は。
単純に物価が上昇するだけだと経済は良くなりません。
また物価上昇+給料上昇だったとしても、質問者さんが言うように国民を豊かにする意味合いでの経済成長には繋がりません。
つまりは新しい産業の創出なくして国民を豊かにす...続きを読む

Qインフレ率0.7% 絶体絶命 日銀首脳部

生鮮食品を除く総合で消費者物価指数が2014年11月、2.7%となりました。
http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.htm

消費税の影響は日銀試算で2%なので、消費税の影響を除くと 2.7-2=0.7% となり、2015年中のインフレ率2%(消費税の影響除く)の日銀の公約は非常に難しい状況になってきました。この0.7%は追加緩和の後の数字です。

黒田総裁は「何が何でも目標を達成する」といい続けてきていますので、当然、さらなる追加緩和が予想されますが、どう思いますか?

岩田副総裁はインフレ2%が達成できなかった場合、辞任するといっていましたが、これでは辞任まぬがれないと思いませんか? 

実際には、2014年3月では1.3%インフレで日銀は絶好調だったのですが、日銀は消費税増税の影響を完全に見誤ったのではないでしょうか?

Aベストアンサー

"さらなる追加緩和が予想されますが、どう思いますか?"
   ↑
やるでしょうね。そしてやるべきだと思います。
このチャンスを逃したら、失われた30年、50年に
なるやもしれません。
その先は途上国です。
是非とも、ここで何とかして欲しいです。

ワタシ的には、消費税減税をすべきだ、と思って
いますが、現実には無理でしょう。


”これでは辞任まぬがれないと思いませんか?”
     ↑
辞任するかもしれませんね。
実務家、というよりは学者です。あの人は。


”日銀は消費税増税の影響を完全に見誤ったのではないでしょうか?”
    ↑
世紀の大ミスです。
そもそも失われた20年は、少し景気が上向くや利率を
上げてきた日銀の愚策が原因です。
それと同じことをやってしまった訳です。
ああいうエリートは、生活の苦労など経験していない
でしょう。
だから、たかが3%ぐらい、と判断を誤るのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報