先日受け取ったメールに、このような文章がありました。

この度はお買い物の際、不快な思いをさせてしまいました事を深くお詫び致します。

私が、不快な思いを「させられた」訳ですから、先方からすれば、「させてしまいました」となるのでしょうが、どうも受け取る側としては違和感があるように思ってしまいました。

果たしてこれは適切な表現なのか、どうもスッキリしません。
どなたかお答えを頂けませんか?

A 回答 (5件)

不快な思いをさせてしまったーこれは、相手側の仲間内で話す言葉ですね、敬語にはなっていません。


お詫びの言葉として納得できて、解り易いのは
この度は、大変ご迷惑をお掛けいたしました。深くお詫び申し上げます。
この文章なら、違和感もなく納得できると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>相手側の仲間内で話す言葉
これです!これです!私が妙に思ったのは。「させてしまいました」は、たとえば上司などへ報告する場合に通用する表現で、やはり謝罪する相手には適当でないと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/02 00:29

#3の方が上手な説明をなさっていますね。



「この度は、ご不快な思いをお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。」
ならいいと思います。

「させる」という言葉使いはこの場合、おっしゃる通り不適切ですね。
また#2の方の「おさせしました」という表現もおかしいと思いますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

より丁寧な言葉を選んだつもりが、むしろ不自然になってしまう事も気をつけないといけませんね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/03 23:38

「させる」という言葉の意味が、様々に受け止めることができるからだと思います。



・第三者(謝罪者とは関係のない)を介しているという意味。
・謝罪者が、第三者を介して影響を与える。
・(謝罪者が)直接影響を与える。

うまくすれば言い逃れができる、『魔法』のような言葉ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>『魔法』のような言葉ですね。

なるほど、言われてみればそんな気がしました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/12/03 23:34

違和感、ありますね。


敬語になっていません。
「不快な思いをおさせしましたことをお詫び申し上げます。」
または、
「さぞご不快のことと存じます。深くお詫び申し上げます。」
と書くべきですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、敬語になっていない点があるのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/02 00:19

その表現に間違いはないと思います。



貴女は不快な思いをさせられたのでしょうが、先方は不快な思いをさせたと言う立場なので、その表現は間違っていません。

先方が不快な思いをさせられてしまったといったら、あなたが先方に不快な思いをさせた事になってしまうと思いませんか。

たぶん間違っていないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りかも知れません。しかし実際の会話でそのように言われると、ナニか引っ掛かる感じがしております。ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/02 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学習指導案について

大学のレポートで新学習指導案と、旧学習指導案の違いを述べよと、学習指導案の作成(具体例をあげて説明せよ)というものが出ました。参考資料はあるのですが、なかなかうまくかけません。締め切りもせまってちょっとやばいです。なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要領では繰り返し同じ内容が出てきたものを、新指導要領では一度きりサラっと教える程度になることが大きいと思います。
例えば、二次方程式の解の公式は中学で習わずに高校に入学してから習い、それを使って二次方程式・不等式さらに三次方程式などへと発展させていきます。使いこなすまでの練習が足りないままで、応用へと進んでしまうのは無茶ではないかと私は思います。現在の旧指導要領では中学で習い、高校1年でも数学Aで習いますから、解の公式があいまいだった生徒も確認できるのですが…。結局のところ、少ない時間数で同じようなことをやらざるを得ないのではないかと心配しています。

参考URLの他に、下記のとあるメールマガジンの記事も興味深いです。
http://www.crt.or.jp/~mmdnosr/Gakuryokuhoukai.html

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/newcurriculum.html,http://skk.math.hc.keio.ac.jp/edu/usa.htm

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要...続きを読む

Q【日本語】電話の受け答えで「はい、どうも〜」の「どうも」って何の略ですか? 「どうも」ってどういう

【日本語】電話の受け答えで「はい、どうも〜」の「どうも」って何の略ですか?

「どうも」ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

日本人じゃないのでしょうね。何でも聞いて下さいね。
「どうもありがとうございます。」
 の略です。目上の人には絶対に使ってはいけないです。

Q単元指導計画と学習指導案の違い

導入・展開・まとめがあるのは学習指導案でしょうか?
単元指導と学習指導の違いがそもそも分かりません。
教育実習にたくさん書くには学習指導案でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにするということも多々あります。

このようなコンパクトな指導案を「略案(りゃくあん)」と言います。

略案の学習過程を「導入・展開・まとめ」と区切る学校も多いと思いますが、その形にこだわらない学校もあります。

教育実習は、指導の基本を一通り勉強する必要がありますから、「単元指導計画」を含む「細案」を書かされることが多いと思います。

通常は、実習の初日に教務主任や研修主任または指導教官からその学校の形式が示されると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%B0%8E%E6%A1%88

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにすると...続きを読む

Qさせて下さい 対 させて頂きます

はじめまして、
日本語は母語でない為、件名に記載した「させて下さいとさせて頂きます」は具体的にどこが違っているかよく分かりません。
私の理解では、相手側から依頼された時やアクションが相手側からの場合は、させて下さい。例えば、仕事終わりましたか-確認させてください。
また、自ら何かをやりたい場合は、させて頂きます。
例えば、プレゼンで商品を「ご紹介させていただきます」
の違いでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして、
私は日本語が母語ですが、「させて下さい」と「させて頂きます」には大した違いはないように感じます。
あえていえば、「させて下さい」とは、行いたいことに対して、相手の了解を求めている言い方で「させてほしいのですが、よいでしょうか」という感じです。
これに対して「させて頂きます」というと、すでにその行為を行うことは自分の中で決まっているので相手の了解は求めていないです。ただ、これから行います、と宣言しているだけのように思います。

Q教育実習で、研究授業の指導案を間違えてしまったとき

明日、研究授業があります。昨日指導案を作成し、全員の先生の机に配布しました。昨日の時点で指導教諭と何度も見直しをしたのですが、今日、指導案に間違いを発見してしまいました。

研究授業の指導案を既に先生方に配布した後に間違いが見つかった場合、どうすればよいのでしょうか?もう一度回収し、修正すべきですか?ただ、明日の1時間目に研究授業なので、回収し修正するとしたら明日の朝になります。それに、回収できない先生もいるかもしれません。

どなたか経験のある方お願いいたします。

Aベストアンサー

 間違いの種類にもよると思うのですが、以下のように考えてはどうでしょうか。
(1)展開上の問題ならば、あくまでも「指導案」は「案=プラン」ですから、授業中に変更してはいけないということはありません。授業の展開はむしろ、児童・生徒の応答に応じて変更し、臨機応変に対応することが望ましいと考えます。指導案通り授業が進めば、それはそれで素晴らしい授業ですが、指導案を金科玉条の如く固定的に捉えるのは如何なものかと思います。
(2)誤植、明らかな誤りの場合は、できれば訂正版を配布した方がよいと思います。その場合、回収するのが困難であればせず、破棄してもらうよう依頼し、新しいものを「訂正版」として全職員に配布すればよいと考えます。明日は指導教官にお願いして早めに出勤して、印刷をする位の態度は必要だと思います。そのくらいのことは、指導教諭ならばOKしてくれると思いますよ。
とにかく、明日の研究授業自信をもって頑張ってください。

Q「させてください」、「させていただきます」

 いつもお世話になっております。
 
 「させてください」と「させていただきます」は普通自分の行為に対して使う謙譲語のような表現ですね。話す時に普通「私」を省略しますね。今まで、この二つの文型の「私」の後ろにつける助詞は一度も考えませんでした。でも、今日「私にも協力させてください」のような言葉を聞きました。どうして「私」の後ろの助詞は「に」なんでしょうか。「私も協力させてください」はおかしいのしょうか。もし「協力させていただきます」という文型を使うと、「私」の後ろにどんな助詞を使うのでしょうか。「が」なんでしょうか。困っております。

 また、自分と同じ立場に立っている人の行為に対して、「させてください」と「させていただきます」も使えるのでしょうか。たとえば、三人がいるとします。Aは母親で、BはAの息子で、CはBの先生です。三人で歩きながら話をしています。Aは重い荷物を持っているCの様子を見て、Cに一言を言います。下記の三文は文法的に全部正しいのでしょうか。

田中先生、そんな重い荷物を息子がお持ちしましょうか。(お持ちいたしましょうか。)
田中先生、そんな重い荷物を息子に持たせてください。
田中先生、そんな重い荷物を息子が持たせていただきます。

 これは文法を勉強するためにわざと作った言葉なので、文法的に合っているといっても、変に聞えるかもしれません。ネーティブな喋り方も教えていただければ非常にありがたく存じます。

 日本語を何年間も勉強していますが、まだまだ文章がうまく書けません。質問文の中で不自然な表現がありましたら、それも併せて指摘していただければ助かります。宜しくお願いいたします。

 いつもお世話になっております。
 
 「させてください」と「させていただきます」は普通自分の行為に対して使う謙譲語のような表現ですね。話す時に普通「私」を省略しますね。今まで、この二つの文型の「私」の後ろにつける助詞は一度も考えませんでした。でも、今日「私にも協力させてください」のような言葉を聞きました。どうして「私」の後ろの助詞は「に」なんでしょうか。「私も協力させてください」はおかしいのしょうか。もし「協力させていただきます」という文型を使うと、「私」の後ろにどんな...続きを読む

Aベストアンサー

初めにかなり長文の回答を書いたのですが、#2さんの回答を見て、「そうなんだよな」と、しばし躊躇した末、クリアしました。
まだ締め切られていないので、この回答を書いてみました。
まずは語法・文法に限定して述べてみます。

「私にも協力させてください」という命令文(ください<くださいませ<くださりませ; cf. いらっしゃい)、の場合、「てください」の前全体がひとまとまりになって、「『私にも協力させる』ということをして下さい」と頼んでいるわけです。つまり使役表現ですので、格助詞の「に」がつくのがオーソドックスな形と言えます。
では、「私も協力させてください」は100%誤りかというと、そうでもありません。
副助詞の「も」があるときとないときの違いは、#6さんの解説に譲ります。

ここで、ちょっと本題からずれるようですが、必要なことなので、述べさせて下さい。
「は」「も」「さえ」「こそ」などの副助詞が連用格(広い意味で主格・目的格も含みます)に続くとき、「に」「と」「へ」「から」などはそれぞれ「にも」「とも」「へも」「からも」のようになりますが、「が」「を」に続くときは、「も」「(を)も」となり、格助詞が脱落します(「を」は硬い表現や強調したいときには残されます。「何物をもおそれず」)。
(これについては、述べるべきことがあるのですが、長くなるのではぶきます。)
「林檎を食べる」に「も」を加えると、「林檎も食べる」となります。
従って、間に格助詞を挟まず名詞に直接「も」が続いているときは、「も」を取り去ったときに「が」が復活する主格と、「を」が復活する目的格の二つのケースがあるのです。

本題に戻ります。
「私も協力させてください」は、「も」を取り去ったときに「を」が復活する目的格なのです。
本来使役表現は「…に…させる」というのがオーソドックスなのですが、「私の代わりに息子を行かせます」のように「に」ではなく「を」を使う言い方が普通に行われるようになりました。これは「行かせる」を動詞「行く」に使役の助動詞「せる」がついたものというより、「行かせる」を一つの他動詞として扱っていると解釈されます。
結論として、私(回答者)なら「私にも」と言いますが、「私も」と言うのが正しくない、とまでは言いません。

「私も協力させていただきます」の方は、「も」を取り去ると「が」が復活する主格なので、「私にも」と言うことはできません。
最初の例との比較で言えば、「私にも協力させること」をひとまとまりとして、(「私が」=省略=)「私にも協力させること」を(あなたに)「してもらう」というふうに考えることは無理だと思います。

#1さんのご訂正に関して補足すれば、息子本人でない者が「お持ちする」とか「持たせていただく」というべきではない、という趣旨だろうと思います。

最後に、#2さんのご指摘について、補足させてください。
「お荷物はここでお預かりさせていただきます」
「お荷物はここでお預かりさせてください」
前者は、相手の意向いかんにかかわらず、「そういうきまりなので、いやとは言わせません」といったニュアンスとなり、失礼だということですね。(極端な例は「死んでもらいます」)
後者は、「これはあくまでもお願いなのですが」というニュアンスになりますね。
ただ、最近は謙譲のつもりで「これでお開きにさせていただきます」のように言うのを耳にすることが多くなりました。聞きようによっては、「自分の方で勝手にきめておきながら」ということになりますが、忖度すれば、「寛大なあなたならきっと……させてくださるはずだと思いますので」という前提があるのでしょう。

結局、長文になってしまいました。

初めにかなり長文の回答を書いたのですが、#2さんの回答を見て、「そうなんだよな」と、しばし躊躇した末、クリアしました。
まだ締め切られていないので、この回答を書いてみました。
まずは語法・文法に限定して述べてみます。

「私にも協力させてください」という命令文(ください<くださいませ<くださりませ; cf. いらっしゃい)、の場合、「てください」の前全体がひとまとまりになって、「『私にも協力させる』ということをして下さい」と頼んでいるわけです。つまり使役表現ですので、格助詞の「...続きを読む

Q新任の先生も指導案を全部作るのですか?

ご回答者さま こんばんわ。

タイトルの件について、質問をさせてください。

現在、小学校教員を目指しております。

試験に合格し教壇に立った場合、
いきなり全教科、全コマ数の指導案を作成するのでしょうか。

それとも、指導案は予め用意されており、
数年の経験を経て自作の指導案を作成するのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。

Aベストアンサー

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

これは、通常週末に管理職に提出します。その時、新卒の人はそれなりに細かく見られ、「指導」が入るものです。

指導案は、人に公開する授業の場合に書きます。通常ですと、研究授業ですとか公開授業(学校公開=授業参観も含む)くらいしか書く機会はありませんが、新卒の場合ですと、初任研がありますから、人に授業を公開する機会は年に数回あります。その都度授業案は必要となりますから、ベテランよりは書く機会は多くなるでしょう。

日常の授業自体は、通常、教科書の他に教師用指導書、赤本(教科書に赤字でポイントが書いてある本)を使って「教材研究」をした上でノートや先ほどの週案簿にメモ書きをする程度の場合が多いですね。

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

こ...続きを読む

Qさせてあげる、させてもらうの区別は?

授受動詞「させてあげる」、「させてくれる」、「させてもらう」はいつも見つかれます、でも、この三つの区別は困っています。使う場合を詳細にご説明お願いします。
ありがとうございます。

Aベストアンサー

No.2の回答者です。お礼のお言葉をありがとうございました。

>>>
この質問について、再質問いたします。
これは2000年能力試験の過去問題です:
A:誰かポスターを書いてくれる人を知りませんか。来月、会社オーケストラのコンサートを開くんです。
B:ああ、それなら弟に書かせてやってくださいませんか。美術学校の学生なんです。
ここで「させてやる」と「くださる」がすべてありそうです。これはパターン1(させてやる)ですか、パターン2(させてくれる)ですか。
ちょっと分析していただけませんか。



「誰かポスターを書いてくれる人を知りませんか」
から
「ポスターを書いてくれる人」
の部分だけ取り出します。
これを、「人」を「鈴木さん」に取り替えて、「佐藤さんは」を主語とした文に書き換えると、
「鈴木さんはポスターを書いてくれる」(2のパターン)
となります。



まず、
・「~せてやって」は、「~せてあげて」と同じ意味・用法です。
・「くださいませんか」は「くれないか」の丁寧語です。

ですから、
「弟に(ポスターを)書かせてやってくださいませんか。」
  = 「弟に(ポスターを)書かせてあげてくれないか。」
となります。
肯定文にすれば、
「弟に(ポスターを)書かせてあげてくれる。」
です。

話す相手の名前が佐藤さんだとすれば、
「佐藤さんが弟にポスターを書かせてあげてくれる。」
となります。

ここで注意しなくてはいけないのが、
文末にある「くれる」は、「~せてくれる」の用法ではないということです。
「~せてくれる」の用法ならば、「書かせてあげさせてくれる」になります(かなり不自然な日本語ですが)。
(たぶん、このことについては、日本人でも、ちゃんと分析できる人は少ないと思います。)

書くことを許可する人は佐藤さんです。
書くことを許可される人は弟です。

そういうわけで、
「佐藤さんが弟にポスターを書かせてあげてくれる。」
から「くれる」を取り去って、
「佐藤さんが弟にポスターを書かせてあげる。」
という文として考えることができます。

ですから、
「弟に書かせてやってくださいませんか。」
は、1のパターンです。


なお、
>>>「~せてやって」は、「~せてあげて」と同じ意味・用法です。
と書きましたが、
「やる」は「あげる」よりもぞんざいな表現です。

「金はやるから、秘密はばらすな。」 ・・・ぞんざい
「お金はあげるから、秘密は守ってくれ。」 ・・・普通
「お金は差し上げますから、秘密は守ってください。」 ・・・丁寧

「今年は自由にやらせてやるから、来年はちゃんと勉強しろ。」 ・・・ぞんざい
「今年は自由にさせてあげるから、来年はちゃんと勉強してね。」 ・・・普通
「今年は自由にさせてあげますから、来年はちゃんと勉強してください。」 ・・・丁寧


以上、ご参考になりましたら。

No.2の回答者です。お礼のお言葉をありがとうございました。

>>>
この質問について、再質問いたします。
これは2000年能力試験の過去問題です:
A:誰かポスターを書いてくれる人を知りませんか。来月、会社オーケストラのコンサートを開くんです。
B:ああ、それなら弟に書かせてやってくださいませんか。美術学校の学生なんです。
ここで「させてやる」と「くださる」がすべてありそうです。これはパターン1(させてやる)ですか、パターン2(させてくれる)ですか。
ちょっと分析していただけ...続きを読む

Q学習指導案の書き方

私は来月、英語科の教育実習にいくのですが、学習指導案の書き方、何を、どう書けばよいのかが、よくわからなくて困っています。大学では指導案の書き方の指導がなく、本や参考書を読んでもいまいちわかりません。実際に自分で書いてみましたが、独善的な気がします。例えば、単元の目標等はあらかじめ設定されているのでしょうか。それとも、自分で設定して決めるものなのでしょうか?わからないことが多くて困っています。

Aベストアンサー

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生徒は』とはつけなくていいです。

それから『学習過程』。ここでは1時間の授業で実際なにをするか、時間のわりふりも含め、表で書きます。
表の項目は、『学習内容(先週までの復習・Lesson5・等小タイトルを書く)』、『学習活動(生徒が具体的に何をするか、生徒主語で書く)』、そして『支援と評価』ここでは考えられる支援と評価を具体的に書きます。たとえば英語だったら『朗読させ、よく読めた生徒をほめる』『文法が飲み込めていない生徒には、このようにアドバイスする』などです。これを授業の『導入』『展開』『まとめ』に区切って、わりふっていきます。

長くなってしまいましたね。さらに、分かりにくいかも・・・。この指導案はあらかじめ作っていかなくてはならないものなのでしょうか? 研修をしてから作っていいものであれば、教習先の担任の先生に相談してもいいかと思います。

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生...続きを読む

Qどっちの読み方がいいですか、「出(で)させて」と「出(だ)させて」

どっちの読み方がいいですか、「出(で)させて」と「出(だ)させて」

A.先生のご厚意で懇親会に出(で)させていただきました。
B.先生のご厚意で懇親会に出(だ)させていただきました。

(で)か(だ)かです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#12です。

使役の助動詞「させる」の働きを考えましょう。
「(私が)懇親会に出る」・・・これを先生が「させる」のです。
だから「出(で)させる」がよろしい(*^^*)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング