トルコの歴史上有名な女性だと思うのですが、イスタンブールを指さして、「あの街が欲しい」(たぶんこんなセリフだったと・・・)と言った人は誰でしょうか?
また、どのような背景があって、その言葉を言ったのかも知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

女性ではないのですが・・・


「マホメット2世」がそう言ったせりふを言ったようです。
下記 URL にそう言った内容が書いてありました。
参考になさってください。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/Woodnote/books/histor …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

女性ではなかったんですか・・・(汗)
ちょっと恥ずかしいです(笑)
でも、人名がわかってすっきりしましたっ!!
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 21:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"人類が歴史から学んだ唯一のことは、人類は歴史から何も学んでいないと言うことだ。"と最初に言ったのは誰?

「人類が歴史から学んだ唯一のことは、人類は歴史から何も学んでいないと言うことだ。」名言だと思います。これを最初に言ったのは誰ですか? うろ覚えですが、有名な歴史学者だったような気が・・・

Aベストアンサー

ドイツの哲学者:ヘーゲル
の言葉だと思います。

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www6.plala.or.jp/yhayashi/jmeigen03.htm

Q【横浜と神戸の街づくりがそっくりな理由を教えてください】 横浜港に横浜中華街。 神戸港に神戸中華街。

【横浜と神戸の街づくりがそっくりな理由を教えてください】

横浜港に横浜中華街。

神戸港に神戸中華街。

観覧車やホテルやルミナリエまでそっくりです。

Aベストアンサー

どちらも欧米との条約によって開港した都市であることはご存知でしょう。

この時に「開港する場所」については以下のような条件がありました。
・江戸または大坂から30キロ程度離れた場所にすること
・港として良い地形であり、近くの集落からほどよくはなれていること
・埋め立てがしやすいこと
などです。

横浜も神戸もこういう具合に選ばれた場所なのです。
横浜も神戸も元々が狭い湾であり、その後ろに丘があるのが特徴で、このような場所には日本人はほとんど住んでいませんでした。広い土地がないので農業には適していなかったからです。

開港するためには、港を整備する必要がありました。そのためどちらも埋め立てをして大きな異国船が接岸できる桟橋を作りました。
 異国人がやってくると、港の近くには商館が並ぶようになりましたが、西洋人は日本の湿度の高さを嫌って、風の抜ける丘の上に自宅を建てるようになりました。これが横浜の洋館や神戸の異人館の始まりです。同様に欧米人に交じって中国人もやってきて住み着きましたが、彼らは食べ物屋や床屋などの商売を営みましたので、港に近い場所に集まって住み着きました。これが中華街・南京町の始まりになったのです。


戦後の高度成長期になると、元々土地の狭い、横浜も神戸も埋め立てをして土地を広げました。最初は工業地帯として高度成長を支えたのですが、そのうちに工業が海外移転し始め、埋立地が余るようになりました。この土地を転用して作ったのがみなとみらいやメリケンパーク付近の商業地区です。

実はこの地区のモデルは、千葉県の船橋周辺にあり、商業施設と遊戯施設さらにはビジネス施設を同じ場所に作るアイディアだったのです。

このアイディアは神戸や横浜だけでなく、お台場や幕張メッセなどにも使われています。

しかし、横浜と神戸は「文明開化」というブランドがあるため、それに沿った戦略をしているわけです。
もっとも横浜はルミナリエはやっていませんね。ただ、花火大会とかプロジェクションマッピングなどの流行りものはかなり取り入れて、客引きをしていますが、それも古い造船所などの遺構があるからです。

ということで、横浜と神戸は都市てしての歴史や性格、周辺の大都市との関係性などいろいろ似ているため、お互いを参考にしながら、発展してきたのでしょう。

どちらも欧米との条約によって開港した都市であることはご存知でしょう。

この時に「開港する場所」については以下のような条件がありました。
・江戸または大坂から30キロ程度離れた場所にすること
・港として良い地形であり、近くの集落からほどよくはなれていること
・埋め立てがしやすいこと
などです。

横浜も神戸もこういう具合に選ばれた場所なのです。
横浜も神戸も元々が狭い湾であり、その後ろに丘があるのが特徴で、このような場所には日本人はほとんど住んでいませんでした。広い土地がないので農業...続きを読む

Qよく、歴史漫画だけで成績が上がると言われてますが、歴史漫画を読むだけでホントに覚えられるのでしょうか

よく、歴史漫画だけで成績が上がると言われてますが、歴史漫画を読むだけでホントに覚えられるのでしょうか?
漢字とか覚えられる気がしません。

Aベストアンサー

私は幼い頃(小学校一年生くらい)、古代史~現代史まで、日本史の歴史漫画を買ってもらい、
歴史好きになりました。成績も良く、高校では学年一位でした(国語と日本史だけ)。
歴史漫画を読むなら「絵」が大事だと思います。
買ってもらった漫画がたまたま好みの絵だったので、暗記するくらい繰り返し読みました。
今でも、私の中の坂上田村麻呂は、髭の生えたイケメンです(^^)
敵対するアテルイも、聡明な好青年です。幼いながらに歴史の矛盾を感じました。

Qゲルマン(ドイツ)の成長の歴史的背景

ゲルマンがローマ帝国より力をつけ、帝位を受けるほどに強力になることができたのは何故でしょうか?どのような歴史的背景がありますか?

Aベストアンサー

帝位を受けるというのは、シャルルマーニュやオットーのことでいいんですか。

ゲルマンが力をつけたという言い方も出来ますが、ローマが弱体化したというのがより正確な言い方かもしれません。

まず、ローマが強大な力を持つことで平和になりました。そこで困ったのが労働力です。労働力は戦争によって得た奴隷が担っていたのですが、戦争そのものが減り、労働力としての奴隷が減ったのです。

変わりにコロナートゥスが発達しました。移動の自由があった農民を土地に縛ったのです。移動の自由が無くなり都市ごとの自立性が高くなりました。

またディオクレティアヌス帝の政策(主に宗教政策)は、ローマの共同体としての性格を失わせるものであったとされます。また、彼のころでは軍隊やその他の維持にお金がかかり、財政上も厳しい状態で市民に重税が貸されたのです。
その後帝国は4分統治され、力を弱めます。またこの当時主に軍事を担っていたのは、ゲルマン人の傭兵です。

このように弱体化していたローマ帝国(西ローマ帝国)に追い討ちをかけるように、ゲルマン人が侵入してきます。とはいえ彼らも東から来た“フン人(hun、hungaryの語源です)”に押し出されるように、ローマ帝国に入ってきたのです。
そして、ローマ帝国内でゲルマン人傭兵隊隊長オドアケルが反乱を起こし帝国は滅亡しました。

大雑把の経緯はこのようなものです。

帝位を受けるというのは、シャルルマーニュやオットーのことでいいんですか。

ゲルマンが力をつけたという言い方も出来ますが、ローマが弱体化したというのがより正確な言い方かもしれません。

まず、ローマが強大な力を持つことで平和になりました。そこで困ったのが労働力です。労働力は戦争によって得た奴隷が担っていたのですが、戦争そのものが減り、労働力としての奴隷が減ったのです。

変わりにコロナートゥスが発達しました。移動の自由があった農民を土地に縛ったのです。移動の自由が無くなり...続きを読む

Q韓国併合~満州事変の歴史的背景

無知なため簡単な歴史的流れを教えていただければ助かります。
まず、韓国を日本が植民地化していた時期が韓国併合にあたるのですね。日本と韓国は戦争はしていませんよね。どうやって支配下におけたのですか?そして何のために?

私が思っているのは、ロシアから日本にせめてくるのをストップするために位置的に朝鮮に軍隊をおきたかった。朝鮮には日本がくることにより仕事が増え、国が発展するといいきかせ、実際は侵略であった。
韓国人が日本語を強要されたり、虐待をうけたりして日本をきらっているとききますが、この時代におけることですよね?靖国問題なども批判するのはその時代の軍人がまつられているから。

その後満州国設立する必要があったのはなぜですか?
ロシアが朝鮮に攻め入るのを防ぐためですか?
関東軍が満州事変で自身の鉄道を爆破し、一方的に攻め入り占領して満州国をつくったのですね。
この鉄道は南満州鉄道で日露戦争で勝った際に譲渡されたものですね。

韓国併合と満州事変のつながりや歴史的背景がよくわかりません。
その時代の戦争は特に名前はついてないのですか?日露戦争~日中戦争~第二次世界大戦までの時代ですね。

意味不明なことを書いていたらすみません。知識のあるかた、簡単でいいので侵略理由や背景、流れを教えてください。
よろしくお願いします。

無知なため簡単な歴史的流れを教えていただければ助かります。
まず、韓国を日本が植民地化していた時期が韓国併合にあたるのですね。日本と韓国は戦争はしていませんよね。どうやって支配下におけたのですか?そして何のために?

私が思っているのは、ロシアから日本にせめてくるのをストップするために位置的に朝鮮に軍隊をおきたかった。朝鮮には日本がくることにより仕事が増え、国が発展するといいきかせ、実際は侵略であった。
韓国人が日本語を強要されたり、虐待をうけたりして日本をきらっていると...続きを読む

Aベストアンサー

朝鮮半島を支配下におきたかった明治政府の目的は、仰るとおり対ロシアです。ウラジオストックから睨まれてる上、満州・朝鮮半島までロシアに抑えられると、日本を守りきれないという危機意識があったので、せめて朝鮮半島へのロシア進出を食い止めたかった。

どうやって、かというと、まず当時の李朝朝鮮は清の属国でしたから、日清戦争を行い、国際政治的にどこにも属さない独立国とさせました。もちろん、日本の支配下に置ければ安心だったのでしょうが、ロシアを含む欧米列国の手前そこまではできなかったのでしょうし、貧乏国日本が朝鮮半島を抱えても投資を回す経済的余裕もなかった・・・という判断が働いて、まずは独立国とさせたのだと思います。

しかし、本音では日本は朝鮮半島をロシアにとられる前に自分のものにしたかったし、清・ロシアも狙っていた。李朝も各国と結びついた派閥争いが激化して不安定な状態でしたので、李朝と信頼関係でつながるよりも、ロシアと雌雄を決することに決めておきたのが日露戦争です。

満州事変は、先の回答にある通り、石原完爾主導によるものです。ただ、石原完爾の思想を理解してないのに軍や国民の多くが満州国建設を支持したのは、当時のブロック経済化の影響だと思います。

第1次世界大戦後から大恐慌に至る世界的な経済不況の中で、列国は自国経済を支えるために、植民地の囲い込みをはじめました。自国製品だけが売れるように、他国製品の締め出しを行いだしたのです。これで、植民地を多く抱える英仏、もともと移民が多く国内植民地(とでもいうべきフロンティア)を持つアメリカ、ロシア革命により孤立していたことが幸いしたロシアは希望がありましたが、遅れて列国入りしたドイツ・イタリア・日本は自国製品を売るべき植民地が小さく、新たな植民地の開拓を目指しました。その意識が満州国建設を支えましたが、逆に英米ロシア中華民国との対立を決定的にしてしまいました。

朝鮮半島を支配下におきたかった明治政府の目的は、仰るとおり対ロシアです。ウラジオストックから睨まれてる上、満州・朝鮮半島までロシアに抑えられると、日本を守りきれないという危機意識があったので、せめて朝鮮半島へのロシア進出を食い止めたかった。

どうやって、かというと、まず当時の李朝朝鮮は清の属国でしたから、日清戦争を行い、国際政治的にどこにも属さない独立国とさせました。もちろん、日本の支配下に置ければ安心だったのでしょうが、ロシアを含む欧米列国の手前そこまではできなかった...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報