あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

昔の人はどれくらい臭かったのでしょうか?
臭いに対する感覚が現代の日本人とどれくらい違うのか気になります

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

宮本武蔵は生涯で産湯以外、一度も風呂に入らなかったので、100m先から匂いで分かったそうです。



風呂に入って清潔にしていたのは、上流階級の人だけで、一般庶民も良く風呂に入るようになったのは、江戸時代からでしょう。

なお、昔の西欧人が風呂に入らなかったのは、不潔が気にならなかったからではなく、風呂に入ると病気になりやすいと信じられていたからです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
宮本武蔵はそんな臭くてどうやって殿様に会ったのか興味が湧きます

お礼日時:2005/07/31 10:30

私の伯父が言うに、1930年頃の東京渋谷駅裏の道路は未舗装で馬糞や小便の臭いが酷かったそうです。


そんな当時でもやはり「臭い」とは思ったものの全国どこの都市も田舎も似たようなもので取り立てて話題にならぬといった事情であったのだろうと思います。
欧米に比べ日本では臭いが湿度で増幅されるという違いがあったことが日本で風呂が早くから発達した理由の一つではないかと思います。
庶民レベルでのアメリカの入浴習慣の普及はベンジャミン・フランクリンの努力に負うと米国の教科書に書いてありましたから250~200年の歴史でしょうか。
ヨーロッパはこれよりやや遅いだろうと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ションベン横丁ですね
今でも新宿や池袋に臭い路地がありますね

湿度(大量の水の供給)が環境要因としてありそうですね
東南アジアでは1日5回くらい沐浴するといいますし
西洋は比較的乾燥してるので臭いも気にならないのかも

お礼日時:2005/07/31 10:33

明治の初めに、日本や朝鮮、アメリカ、ハワイなどを旅行した、イサベラ・バードというイギリス人がいます。

「日本奥地紀行」という本が翻訳されていますが、他の国と比較して、日本人の清潔さに驚いていますよね。
読んだことはありませんが、戦国時代の宣教師も、日本人は清潔だと、書いているようです。
室町時代以降は、外国人の証言で、清潔だったと言えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本は同時代の他の国と比べたら、比較的清潔な生活をおくっていたが、現在と比べるとそう清潔でもない
といった感じでしょうかねぇ

お礼日時:2005/07/31 10:29

外国の人に言われましたが、日本人は綺麗すきだとか。


銭湯の文化がありますし。

イギリスあたりでは、あまり風呂に入らず、入っても水でシャバシャバだったとか。
寒い地方ほどあまり風呂に入らなかったようです。
日本は湿気が多いので、昔からよく入ったようです。

しかしあの髪の毛は・・・油つけてましたが、ベトベトだったんじゃないかと。

日本人は肉はあまり食べていなかったので、昔の人は臭くなかったようです。

前聞いた話では、日本人は西洋人のような臭さは無いが生魚臭いって言われたことあります。
生魚・・・・日本人は刺身食うってイメージがあるからじゃないかと。

西洋では体臭を誤魔化すために香水文化が発達しました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
肉を食べなくても臭いものは臭いと思うんですが・・・

お礼日時:2005/07/31 10:27

臭いに関しては現在と同様だったと思いますよ。


ただ、僕たちが今現在では嗅ぐ事のない臭いが
多くありました。
例えば、死体の腐臭。近代と呼ばれるまで埋葬
は土葬でした。江戸期でも埋葬されるのはまだ
良い方で貧民は自分の家の墓も無いので、埋葬
できなければ、堀に捨てたり、水路に流したり
しました。ですからそこここに死体が転がって
いる事がままあったそうです。
男も女も清潔な人は現代ほどでは無いものの、
湯浴みや水浴びをしていました。
炭や塩で歯を磨くし、既婚女性は貞節の証と
して皆お歯黒をつけていました。
まあでも、村と街では文化差もあったでしょうし
村の方が幾分「臭い」というものには寛容で
あったように思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

最近は死臭や肥だめの臭いはなくなりましたね

お礼日時:2005/07/31 10:25

TVで原住民とか見てると水浴びしてる光景をよく見るんですよね。


チンパンジーだったかな?動物奇想天外かなんかのTVで猿っぽいのが水をとても怖がっているのも見たので、そこまで水がキライな動物が進化しても水はやっぱりキライだと思うんですよ。

なので、水浴びは人間の本能じゃないかと思います
とすると、あんまり臭くないんじゃないかと思います。

もし、水浴びが本能じゃないのであれば、動物園並に臭いんじゃないかと思います。

匂いの感覚ですが、体臭って感じる臭くないらしいです。
自分の家の匂いは感じないけど知り合いの家に行くと独特の匂いがしますよね。
なので、多分群れで暮らしていると自分たちの匂いには気が付かないんじゃないかと思います。

むしろ、犬や猫は小や大で自分のなわばりを示しているので、おそらく昔の人が臭くても、自分たちの匂いは臭いという感覚ではなく、安心する匂い何じゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、そこまで水浴びなどを頻繁にしてたのか疑問です

お礼日時:2005/07/31 10:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q昔のお風呂はよほど不衛生だったのでは?

みなさんこんにちは。私は歴史好き人間です。江戸や明治頃の日常生活などを調べています。最近その頃の入浴について調べたのですが、江戸時代の書物浮世風呂に描かれている一場面で、銭湯でお風呂の中に、てぬぐいとか、ふんどしまでいれているのです。ましてや当時はお湯も浄水などしていなかったわけですから、想像すると、よほど不衛生きわまりなかったのではないでしょうか?子供がお湯につけたてぬぐいを口に入れているのをみて、「ポンポン(おなか)が痛くなるよ」と注意している場面もあります。現代人とはちがって、当時の人びとは体も相当汚れていただろうし、そんな庶民が湯船に寿司詰め状態でつかっているのです。今の私の視点でみると、そんなお風呂に入っても、はたしてきれいになれたのだろうか?と思います。当時の人びとは汚く感じなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>昔のお風呂はよほど不衛生だったのでは?

確かに、現代人の考え方からすれば、「不衛生」でした。

(1)石榴口(ざくろぐち)から奥の浴槽では、手拭を入れて身体を洗う者さえいました。
(2)浴槽は、あくまでも、身体を温める場所でしたので、汚れていようと「お構いなし」の状態でした。
(3)そして、浴槽は薄暗く、1尺(約30cm)四方の明り取りの窓があるだけでしたし、夜になれば明り取りの窓は役には立ちません。したがって、浴槽で人が何をしようと、例えば、褌を洗おうと、垢を擦ろうと、子どもが小便をしようと、何も見えない状態でした。
(4)そこで考え出されたのが「揚がり湯」というものでした。
(5)基本的には、洗い場で、まず、垢を擦り、石榴口から湯船に、そして、揚がり湯で、もう一度、身体を清めてから出ました。

銭湯の図(絵)をアップロードしてみます。

(1)四角の水溜め箱の水を桶に汲んで、まず、身体を洗います。
(2)その後に、石榴口から湯船へ。
(3)絵の左手の桶が並んだ奥の方に小窓が開いており、湯汲男が柄杓(ひしゃく)で洗い場の外で沸かした湯を一人一人の桶へ汲んでやり、客は、もう一度、そこで身体を清めて出て行きました。(揚がり湯です)。
(4)右手の水を浴びている客もいます。湯汲男の桶への汲み入れが遅くて、多分、「待ってられねえや」とばかり、水を浴びているのだと思います。

(よもやま話)
(1)江戸の街は、何度も大火に見舞われましたので、各家庭で風呂を持つことは禁止されており、湯屋の開業には「幕府の許可」が必要でした。かの有名な「三井越後屋(現:三越)」の店員でさえ、湯屋通いをしました。また、各家庭で使用できるほどの水の便も良くなかった。さらには、薪は近郷の農家から買いましたので、非常に高かった。

(2)湯屋の相場は8文(約100円)で蕎麦の16文の半分でしたので、長屋のご隠居風情になると、朝晩と1日2回湯屋通いをしたくらいです。それ位、江戸っ子は風呂が好きでした。そして、おおむね各町内に1軒は湯屋がありました。

(3)神田上水ができてから、庶民の長屋などにも井戸ができ、飲み水や調理に使いましたが、もともとは、石神井池の水を引いたもので、現代のように「塩酸」で消毒などはしていない自然の水でした。不衛生といえば不衛生。

(4)湯屋で洗髪をすることは「ご法度」で、頭を洗えたのは、髪を剃った座頭(あんま)だけでした。

(5)髪を洗う・・・については、次のサイトで、私が答えています。ご参考までに。
http://okwave.jp/qa4139899.html

(6)火災防止の観点から、大風の日は湯屋は休みでした。

まあ、まだまだ面白い話もありますが、これ位で・・・。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>昔のお風呂はよほど不衛生だったのでは?

確かに、現代人の考え方からすれば、「不衛生」でした。

(1)石榴口(ざくろぐち)から奥の浴槽では、手拭を入れて身体を洗う者さえいました。
(2)浴槽は、あくまでも、身体を温める場所でしたので、汚れていようと「お構いなし」の状態でした。
(3)そして、浴槽は薄暗く、1尺(約30cm)四方の明り取りの窓があるだけでしたし、夜になれば明り取りの窓は役には立ちません。したがって、浴槽で人が...続きを読む

Qいわゆる江戸時代の娼婦はどうやって避妊してたんでしょうか

コンドームのない時代にどうやってたのかな?
とよく思うんです。

事のあとで洗浄するとか、外出しですか?
(あの時代にはピンと来ない方法ですが…)
それとも妊娠の都度、堕胎したんでしょうか?

ご存知の方いらっしゃったら、教えてください。

Aベストアンサー

吉原細見というHP(http://yosiwarasaiken.net/)に「遊女と避妊(http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html)」というサイトページがあります。それによりますと…

遊女(吉原の花魁などの幕府公認遊興場の売春婦=女郎;深川・辰巳などの岡場所の売春婦は売女と言った)の世界では妊娠は恥とされていた。当時は絶頂を迎えると妊娠しやすいと言われていたため「男に負けた」的な捉え方をしていたようです。
避妊の方法は「洗浄」「薬」「灸」それに「道具」。道具は男性用として大人のおもちゃのようなものと、女性用として御簾紙という薄い髪を丸めたタンポンのようなものとがあったそうです。いずれも紙製の頼りないもので避妊率は極めて低い、ほんの気持ち程度のものでしかなかったようです。
それでも妊娠すると堕胎する場合がほとんどだったそうで、場合によっては遣り手(遊女を取り仕切る年寄り女…「遣り手ババア」は吉原のこの役職の女性が語源)に強引に堕胎させられていたとか。当然ダメージを負った女性の中には性病や容姿の悪さなどで追いやられた遊女達と一緒に羅生門河岸という最下級の場所に送られたとか。

…というと江戸時代=昔=封建社会という背景も助長して「女性がとても虐げられている」というイメージが強いですが、実は江戸市中でも最も女性が強かった地域でもあるのです。特に花魁ともなると容姿はもちろん最高級の教育を受けた教養の高い女性であり、「源氏物語は、全部読んでありんす」というスーパーウーマンであり、それぞれの廓屋の看板であり、身分の高い武家階級や大金持ちの大店の主人を相手にするにふさわしい女性であったのです。
廓屋が大枚を叩いて徹底的な教育を仕込む所なんざ映画「プリティ・ウーマン」を思い起こさせますが、あの程度の金の掛け方では花魁の簪ひとつ分くらいじゃない?というくらい破格のものでした。今風に言えば伊東美咲に叶姉妹やマリエやデヴィ夫人や西川先生の持っているそれぞれ10倍くらいのものを与えちゃった、って感じです。
おまけにこれだけのスーパーウーマンだから、誰でも床入りできるような「安い女じゃない」のです。なんと花魁が気に入らなかったら床入りを拒否出来ちゃったんです。「いっくら金積んだって、あちきはあんたみたいな下衆とは、お断りでありんす」だったんですな。それだけに花魁目的で廓屋に通う男達は身だしなみに気を使いセンス良く知的におしゃれして花魁に気に入られようと必死だったのです。事実一生処女のまま生涯を閉じた花魁もいたのです。

それなりに格のある身分の遊女はおいそれと抱く事はできなかった、というわけですが…今の時代もそうですね。銀座の高級クラブはもちろん六本木の超有名キャバクラ嬢だって、気に入らなきゃ「おめえとなんか寝ないよ、バーカ」です。故杉浦日向子さんは「江戸時代の江戸市中は女性主導の社会だった」と指摘している通り、実は花のお江戸は女性によって成り立っていたようです。それが男尊女卑に一変したのは明治維新以後…長州と薩摩の習慣が入ってきたせいかなぁ、と個人的には考えています。
もちろん廓屋という特異な世界では劇になるような悲惨な面もありますが、実は現代とさほど変わらない面もたくさんあるんですね。

吉原細見というHP(http://yosiwarasaiken.net/)に「遊女と避妊(http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html)」というサイトページがあります。それによりますと…

遊女(吉原の花魁などの幕府公認遊興場の売春婦=女郎;深川・辰巳などの岡場所の売春婦は売女と言った)の世界では妊娠は恥とされていた。当時は絶頂を迎えると妊娠しやすいと言われていたため「男に負けた」的な捉え方をしていたようです。
避妊の方法は「洗浄」「薬」「灸」それに「道具」。道具は男性用として大人のおもちゃのようなもの...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q昔の性交の実態

現代社会では、モラル的な圧力で、第2次性徴が来てもまだ性交適齢期でないとか社会的に未成熟とか言う理由で抑圧しますが、昔はもっと自然に、子供が生める体になったら交わり始める、と言う感じだったのですよね?
でも、女が12歳くらいで子供を産むって言うのも大変だと思います。そのへんの規制的なものはあったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>女が12歳くらいで子供を産むって言うのも大変だと思います。そのへんの規制的なものはあったのでしょうか?

まず、回答から先に述べますと、
結婚や出産の年齢の「上限」はありましたが、「下限」はありませんでした。
まあ、12歳前後になると、現代で考えると確かに未成熟ではありますが、その時代の風潮として、それ位の歳になれば、もう、周囲からは立派な大人扱いをされましたので、女性も、もう、そうした心づもりで嫁に行ったりしました。
まあ、お産については、大変な苦労があったと思います。出産の最中に死亡したり、産後の日だちが悪くて死亡したり、また、生まれて来る子どもも未熟児ですぐに死亡したり、と、苦労?も多かったのが実際でしょうね。

(よもやま話)
(1)ある大名家(判ってはいますが、ここではあえて伏せます)の嫡男15歳に政略結婚で7歳の少女が嫁ぎました。初夜の時に、乳母や女中連中が少女の股を無理やり、押さえつけて、開かせ、姦通させた、という話が残っています。(明らかに「幼女姦」)。
(2)また、男女が共に7~8歳前後で結婚した場合は、夫婦とは名ばかりで、10歳位になるまでは、遊び友だちでした。
(3)江戸の商家の娘になると、自由恋愛は全くと言って良いほどできませんでした。また、商家の娘は「箱入り娘」と呼ばれたように、自由に街中を歩くことさえできませんでした。
(4)現代のようにウインドショッピングを楽しむ場所もありませんでしたから、たまに、小物が欲しいと、街へ出ても、乳母や女中がお供をして出歩きましたので、自由にどこでも行くことは許されませんでした。
(5)では、着物や櫛(くし)、簪(かんざし)などが欲しいというと、大店の丁稚がそうした店へ使いに走り、店からの出張販売でした。
(6)江戸時代を例にとると、儒教の精神が上は将軍家から、下は町人まで、
「男女7歳にして席を同じゅうせず」
でしたので、武家はもちろん商家でも、双方の家柄や財産などを基に、親同士が決めた「許婚(いいなずけ)制度」で、特に、父親の権限が強く、父親の許可なしには結婚できませんでした。
(6)江戸の街には「分一(ぶいち)」と呼ばれる「仲人専門」の職業の人がいました。これは、結納金の十分の一が謝礼として貰えることから、そう呼ばれました。
(7)適齢期の男女を物色し、商家へ縁談を持ち込む。ただし、男は40歳前後まで、女は20歳まででした。となると裏をかえせば、10歳前後の結婚もあった、と言うことでしょう。
(8)「十分一(じゅうぶいち)取るにおろかな舌はなし」
と、狂歌にもよまれたように、「口先三寸」のやり手でした。
(9)また、逆に、将軍家や大名家の大奥では30歳になると「おしとね御免」と言って、夜の相手ができなくなる話はご存じだと思いますが、30歳位で妊娠すると、今度は、医療技術がお粗末だったため、高齢出産となり、母体の安全から子どもを作ることはできませんでした。ただし、町人などは、側室などいませんから、子どもを生むこともありました。
現代でも40歳以上になると、やはり、高齢出産と位置づけられますよね。江戸時代から400年余り過ぎても、医療技術が進歩したとはいえ10歳しか「上限」が上がっていない。
(10)ここには、主に、江戸時代で江戸の街を中心に述べていますが、地方(田舎)も似たり寄ったりでしょう。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>女が12歳くらいで子供を産むって言うのも大変だと思います。そのへんの規制的なものはあったのでしょうか?

まず、回答から先に述べますと、
結婚や出産の年齢の「上限」はありましたが、「下限」はありませんでした。
まあ、12歳前後になると、現代で考えると確かに未成熟ではありますが、その時代の風潮として、それ位の歳になれば、もう、周囲からは立派な大人扱いをされましたので、女性も、もう、そうした心づもりで嫁に行ったりしました。
まあ...続きを読む

Q障害者は昔どんな生き方をしていたのでしょうか?

学校では教えない事もあると思いますが、障害者の友人がいるので
差別意識はありませんが・・・。
知っている方はお願いします。
外国のもOKです。

Aベストアンサー

縄文時代の遺跡から、先天性の障害を持った骨が出てきたことがあり話題になったことがあります。骨が癒着した状態で成人して、おそらく生涯寝たきりだったのでは無いかとのことでした。食糧の確保が難しい時代に、その様な例が発見されたことに驚いた覚えがあります。
それ以降の時代では、やはり成人するのは難しかったのでは無いでしょうか。弥生以降の遺跡では、けが等で障害者になった者は見捨てられていたようです。
ただ盲目の場合は、芸などをして生活することが可能だったようです。
一休さんと晩年を過ごした「森女・シン」は盲目でした。また、江戸時代、貸金業は盲目の者にのみ認められていましたし、按摩(マッサージ)もそうですね。
聴力障害については判りませんが、盲目でも成人になれた事を考えれば成長には問題なかったと考えて良いと思います。
双子の場合は、獣腹と言われ忌み嫌われていたようです。そのため生まれるとすぐに養子に出されたりしていました。武士の場合、世継ぎ問題に発展するため特にいやがられていたようです。

Q肉、1人何g食べるのか。

幹事です。

来週の火曜、参加者のお宅にて男女10人程で焼肉を決行することになりました。素直に焼肉屋、飲食店に行けよ!って話ですが、その幹事という重責を背負わされてしまいました。

個人差もありますが、だいたい一人頭何グラムと計算し、食材を購入すれば参加者全員のお腹が膨れ上がるのか、実際自分が焼肉屋に行ってどれだけ食べているのかなんて考えたこともなかったのでわかりません。年齢は20~24歳くらいの若い人ばかりの焼肉パーティーです。たくさん買いすぎて残ったり、その逆もまた困ってしまうので、博識な皆さんに教えて頂ければと思い投稿させて頂きます。

一人何g、『目安』というものを教えて頂ければなあと思います。あと、やはり幹事として、みんなが満足できるホームパーティーにしたいと思ってます。肉の種類も豊富に揃えたりしたいのですが、あいにく肉の種類がロース、カルビ、ミノ、レバー、ハラミくらしかわかりません。絶対入れといた方がいい!っていう肉(肉以外でも)お勧めがあったら是非教えてください。(ちょっとした解説もつけてくれたらありがたいです)

こんなくだらない質問投稿してもいいのかと、また質問が増えてしまいましたが、宜しくお願い致します!

幹事です。

来週の火曜、参加者のお宅にて男女10人程で焼肉を決行することになりました。素直に焼肉屋、飲食店に行けよ!って話ですが、その幹事という重責を背負わされてしまいました。

個人差もありますが、だいたい一人頭何グラムと計算し、食材を購入すれば参加者全員のお腹が膨れ上がるのか、実際自分が焼肉屋に行ってどれだけ食べているのかなんて考えたこともなかったのでわかりません。年齢は20~24歳くらいの若い人ばかりの焼肉パーティーです。たくさん買いすぎて残ったり、その逆もまた困ってし...続きを読む

Aベストアンサー

40代になった男性意見です。
「残る」のと「足りない」のではどちらが困るかを考えると、自分が幹事なら「足りない方」がイヤだな、と考えます。

肉というのは同じ肉でもステーキ肉なら200gでボリュームを感じますが、焼肉だと300gは普通という感覚があります(もちろん男性基準の考え方です)。私が20歳代のころは400g食べるのにも全然抵抗なくペロリでしたから、お酒中心で考えて(主食付なら、より少なめに設定可)、女性1人を250g、男性1人を350gの計算で考えられてはいかがでしょうか? 中には10g刻みの計算をされている方もおいでのようですが、栄養士さんかな?体型とカロリーを気にされている方なら、そこまで必要かも知れませんね(笑)

なお、野菜や魚介類を加えられても変化があって楽しいと思いますし、男性を300g程度に抑えてソーセージやフランクフルトなどを量に応じて加えても良いと思います(加工肉は残しても使える食品ですから(後述))。

肉の種類ですが、意外と豚が好きな人がいますし、私はレバーも好きです。ミノはかみ切るのが苦手という人もいそうですね。カルビとはバラ肉の事ですので念のため。

余ったときの発想ですが、せっかくですからご自宅を提供してくださるお家に差し上げてはいかがですか?焼肉は油が飛び散りますから、お手入れや掃除を考えるとそのくらいの気遣いはあってもいいと思います。それにイイ肉や加工肉が残れば、それはそれで家計の足しになるような気もしますし(笑)。

40代になった男性意見です。
「残る」のと「足りない」のではどちらが困るかを考えると、自分が幹事なら「足りない方」がイヤだな、と考えます。

肉というのは同じ肉でもステーキ肉なら200gでボリュームを感じますが、焼肉だと300gは普通という感覚があります(もちろん男性基準の考え方です)。私が20歳代のころは400g食べるのにも全然抵抗なくペロリでしたから、お酒中心で考えて(主食付なら、より少なめに設定可)、女性1人を250g、男性1人を350gの計算で考えられてはいかがでしょうか? 中には10g刻みの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング