私は,人事の初心者管理職です。
弊社では,盆や年末に一部の社員(全員ではない)に次のものを配布していますが,
現物所得と言う観点から各社員の所得に含めるべきか否か困っています。

1.取引先からもらった商品券,ボンド券,ビール券など
2.取引先からもらったその会社の商品割引券,宿泊優待券・招待券,食事優待券・無料券
3.株主優待券(入手先不明もあり)
4.寄付された上記(1,2,3)のもの

所得に含めるか否かの判断基準なども教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足の対する回答です。



>・ 2,3については,利益を勤務先から受けるわけではないので,現物給与にならない
とのことですが,1,2,3ともに事業主が従業員に与えるわけですから,同じく現物給与では ありませんか?

1については、会社が貰い、それを従業員に与えるわけですから、会社から従業員に直接、利益を与えることになります。
一方、2/3については、それを使用したときに、その優待券などの発行者が、それを使用した人に利益を与えることになり、勤務先の会社から利益を受けたことにはならないのです。
この点は、以前、税務署で確認しています。

>・ 受取金額が20万円を超えると確定申告するとのことですが,確定申告は本人がすることですので,弊社から与えた現物が20万円を超えても,事業主は放置していて,
大丈夫ということでしょうか?

本人の問題であり、会社は申告の必要が有ることを伝えるだけで、後は本人が申告するかどうかで、会社としての責任はありません。

>・ 余程高額とは,20万円を目途にすれば,大丈夫と考えられるでしょうか?

20万円はどうでしょうか。
通常は、このような場合に配布するのは、一人当たり多くても2万円程度ではないでしょうか。
もう一つ、書き忘れましたが、社員全員ではなくて、一部の社員に配布ということですから、この場合は全員に配付するよりも、厳密な処理が必要だと思います。

いずれにしても、税法上は、全て課税が原則ですから。
歯切れの悪い回答で申し訳有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になりました。ありがとうございました。
現物給与の基本的な考え方が分ってきました。

お礼日時:2001/12/12 17:06

 事業主が従業員に与えているのであれば、最初にもらった会社なり事業主としての処理は、どのようにしているのでしょうか? 会社の収入として、処理をしているのでしょうか。



 また、事業主として従業員に与えているのであれば、年末調整時に従業員個々に与えた金券の額を事業主が把握して、処理する必要があります。

 また、そのような処理をするのであれば、従業員が個人的に自宅でもらった金券も、同様に処理をしなければならなくなるでしょう。

 例えば、職員の福利厚生の一環として、事業主が従業員に配布したのではなくて、親睦会のような組織が金券を扱っているというような処理は、いかがなものでしようか。

 いずれにしても、ご質問のような処理をしている事業所は、極めて少ないと思われますが。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。補足,追加質問させてください。
1 それらのもらいものを会社の収入として処理をしているか否かで,やり方は変わってくるのでしょうか?
2 金券の範囲を教えて下さい。

補足日時:2001/12/13 12:01
    • good
    • 0

現物給与として、明らかに課税の対象になるものには、金券」が該当します。


従って、ご質問の場合は、1の商品券,ボンド券,ビール券などと、4の中の商品券,ボンド券,ビール券など が該当します。
更に、お歳暮などの商品については、小売価格の6掛けで評価します。
いずれの場合も、金額の大小には関係ありません。

2.3については、優待や招待の経済的利益を勤務先から受けるわけではないので、現物給与にはなりません。
ただし、これらの金額が一人20万円を超えると、個人が所得として確定申告する必要が有ります。

ただ、税法上はこのような規定になっていますが、現実問題として、余程高額でない限り、このように厳密な処理をしている会社は少ないと思います。

この回答への補足

早速,ご回答ありがとうございます。補足させて下さい。
・ 2,3については,利益を勤務先から受けるわけではないので,現物給与にならない
とのことですが,1,2,3ともに事業主が従業員に与えるわけですから,同じく現物給与では ありませんか?
・ 受取金額が20万円を超えると確定申告するとのことですが,確定申告は本人がすることですので,弊社から与えた現物が20万円を超えても,事業主は放置していて,
大丈夫ということでしょうか?
・ 余程高額とは,20万円を目途にすれば,大丈夫と考えられるでしょうか?

補足日時:2001/12/11 15:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q取引先が弊社登録印をなくした場合の対応

取引先の企業が、弊社へ届け出ている登録印を紛失し、
取引先から弊社へ提出を依頼している必要な書類に捺印できない場合、
以下の観点で、どのような対応が望ましいでしょうか。
※弊社へ届け出ている印は、取引先企業の実印です。

(1)法人間での紛失に伴う処理はどのようなものが必要でしょうか。
(2)イレギュラー対応として、捺印なしで処理したいのですが、
 捺印の代わりとなるものや方法はありますでしょうか。

何かいい案があればと模索しております。
 

Aベストアンサー

取引先が 登録印鑑を取引先の責任で紛失したのならば

取り引き先が 印鑑登録の変更手続きを行い 新登録印鑑で処理すればよろしいだけのことでしょう

登録印鑑の捺印省略は可能ですが、その書類の性質によっては後日のトラブルの元です

なお、契約書でも印鑑証明を添付されるのは、かなり特殊な場合に限定されます

Q相手先の取引先、取引銀行を調べたい

未払いのあるクライアントに支払い督促申立てをし、強制執行ができることになりました。被告は法人のため個人の財産は差し押さえられません。なので、そのクライアントと取引のある別の会社の売掛金を差し押さえるか、そのクライアントの取引銀行の口座を差し押さえるかにしようと思っています。前者は信用会社に頼まないと無理そうですよね。なるべく自分の力で調べたいので後者ならなんとかなるかなー?と思うのですがなにか方法はありますか?
因みにそのクライアントの経理担当に聞くとかいう手段はしたくないです。(多分聞いても教えてくれないと思いますが)そのクライアントで知っている人は担当者(代表取締役社長)1人です。

Aベストアンサー

会社の商業登記簿謄本を取得します。
 設立か増資の登記から5年以内であれば、そのときの申請書と添付書類を閲覧可能なのですが、そのひとつとして「払込金保管証明書」というのがついています。この書類を出している銀行の支店には、口座がある公算は高い。
 役員欄を見れば、社長の住所が出ています。自宅には、会社の取引銀行が(根)抵当権を設定しているものです。あるいは、社長個人で住宅ローンを借りていても、その取扱銀行=会社の取引銀行というのが普通です。
 債務名義はとられているということなので、詳細は、弁護士といわず、司法書士にでも相談すれば充分です。口座のある銀行を特定できたら、後は、差押の手続きについては、裁判所書記官と相談してください。
 ただ、口座はあっても残高がない、というのが普通なのですが・・・

Q取引先の取引銀行支店を知りたい

 少額訴訟裁判の原告ですが、勝訴になった時、被告の預貯金口座を差し押さえる必要があります。しかし現在、ホームページなどではその取引銀行などは公開しておりません。

 どのようにしたらそれを知ることができるか、どなたかお教え願いたいと思います。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1:探偵に依頼する(合法違法を問わず報酬額と探偵の実力次第で依頼を達成してくれます)
2:弁護士に依頼する(合法の範囲内で職権を利用して調査。不得手な人もいる)
3:御自身で聞きまわったり、顧客になりすましたり、調べたり・・・(責任は全て自身に振り返ってくるので違法なことはやめておきましょう)

法人なのに、裁判判決に逆らう者がいるのかとも思いますが、差し押さえたり強制執行しなければ払わないような相手ならば、多少の費用負担は覚悟の上で、弁護士か探偵に依頼が良いと思います。

Q取引先の役員になった場合の取引について

私はコンピュータのソフトウェアを開発する有限会社Aの経営者です。
創業から7年たちましたが、不況下の中で今まで得意先であった株式会社C社と協業して互いの強みを生かし、この不況を乗り越えようとしております。
そこで請われてC社の役員となった訳ですが、資本を入れた訳ではありません。
新規分野の営業担当役員として新規顧客・案件を獲得する役目を請けた訳です。

C社とは取引の継続があり、自分が役員となった以降もC社へ納品・請求をしております。
尚、役員になって以降の新規の仕事についてもA社が開発に関わりましたので、C社への納品・請求が生じました。
この場合、株式会社Cの役員が有限会社Aを経営することで、問題となることは無いでしょうか。

問題となる場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?
資産隠し等の疑いが生じたりする場合があるのでしょうか?

どなたかご教示を戴けませんか、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

#2の追加です。

>株式会社間の取引であれば問題はないが、有限会社の場合は問題となるというものです。

株式会社との取引でも有限会社との取引でも、税務署の見方は同じで、税務署がその様な疑いを持つことは有りません。
従って、(3)案は、全く意味がありません。

(1)と(2)についても、その必要は有りません。
ただし、C社との関係で、どうしてもどちらかを選ぶ必要がある場合は、A社の利益を優先する場合は(2)案を、C社の役員になることが重要でしたら(1)案を選択することになります。

Q個人取引先が死亡した場合の取引の是非について

様々な取引先の中で、個人事業者との取引がありますが、その個人と売買契約(連帯保証人あり)を締結しておりますが、先日、その個人取引先が死亡しました。
この状況の中で、その死亡した取引先の関係者と引続き売買を継続することはどうでしょうか。
契約書には個人名義「東京花子」(仮称)の自然人との契約となっております。

Aベストアンサー

「継続することはどうでしょうか。」と言いますが、継続するかどうかは、makoteruさん自身の考えることです。
もっとも「死亡すれば契約解除することができる。」と言う契約がない限り一方的には契約解除できないです。
死亡すれは、法律上、従前の契約内容を、そのまま、その相続人が承継しているので、「新たな契約」でも「継続」でも、相続人と任意な話し合いは可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報