個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

久しぶりに(3週間)振りに車のエンジンをかけました。
車屋さんには乗らなくても1週間に1回はなるべくエンジンをかける様に!と言われていたんですが中々かけなくて今日エンジンを20分程かけました。
そしたら車の後ろの排気口から何のオイルかがぞりんかは不明なのですがポタポタと凄い勢いで垂れ始めました。道はオイルかガソリンだらけです。
これはヤバイと思い近くを1周したりしたのですが全くポタポタと垂れて全然直りません。
これは何の現象なんでしょう?
これは修理が必要なんでしょうか?
教えてくださ~~~~~い!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ガソリンと空気を混ぜて燃やすと水が出来ます。

(水蒸気)
コレが排気管を通って出てきたときにまた冷えて集まって水となって出てきます。
この時期は普通のことです。

この回答への補足

普通のことで安心しました☆
この現象は毎日エンジンをかけてる人もなっているのですか?
たまにかけるとこう言う症状になるんですか???

補足日時:2005/12/19 19:44
    • good
    • 0

偶におしっこぐらいジョンジョロ出しているのも有るので、水かな?と。


毎日通勤で使っていても出ますよ。 時間や、速度や、距離によって、車種によって量や出方も変わりますが、ガソリン車なら普通に出ます。

オイルである場合は、これほど(道が濡れるほど)出れば、エンジンは回っていないでしょうし、ガソリンも同様です。

エンジンは普通に回っているんでしょう?
書いていないって事は。ならば大丈夫
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わ~~~~い☆
凄く安心しました。
20分エンジンかけてたけど車の中の暖房は中々温まらなかったのもあるんですね~~~。
良かったです♪
エンジンは普通に回っていたと思います。
どうもありがとう!!

お礼日時:2005/12/19 20:41

#3です。

少し訂正します。

前記の場合は排気口から「ポタポタ」ではなくてガソリンの臭いが漂う位です。

#1さんの回答とエンジンが始動しない事によるガソリン臭で不安になったのかと思います。
    • good
    • 0

 #1さんに基本的には同意なのですが、



>ポタポタと凄い勢いで垂れ始めました。
>道はオイルかガソリンだらけです。

という記述が気になります。

 確かに炭化水素を酸化する過程で水は発生するものですが、道一杯が水だらけというほど極端に出るとも思えません。
 ただの過剰表現なら、#1さんのご回答でOKです。

 ちなみに、それがガソリンであるならば、独特のにおいを発しているはずです。チョットだけ嗅いでみてください(あんまり嗅ぐと中毒症状になりますので、注意。)。
 また、オイルなら、粘性が強いですから、さわればわかると思います。

 なお、万が一(いくらなんでもそれはないとは思いますが、)それがガソリンであった場合は、こんなところにご質問なさっている場合ではありません。爆発する前に業者を呼びましょう。
    • good
    • 0

中々エンジンが始動しなくてもガソリンはシリンダー内に噴射しています。



プラグが点火すればそれが燃焼しますが、始動しない場合はガソリンはそのまま排気管に伝わり流れて来ます。

よくある事です。その後問題がなければとりあえず大丈夫でしょう。
    • good
    • 0

#1さんの通りと思います。


その液体の臭いを確認してください。
また、青い粒のシリカゲルの乾燥剤が手元にあれば、青い粒にその液体をたらして見てください。
しばらくしてピンク色に変われば水です。
油なら変色しません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマフラーから液体が飛び散る

平成3年車のトヨタカムリです。自宅の駐車場でアイドリングしていたら、車後部のマフラーから黒い油?のような液体が飛び散った跡が地面にありました。マフラーの口にも、黒い油の様な水滴が垂れています。数日前にはオイル交換はしました。走行中(徐行でも)に、ちょっとした段差を通っただけで、トランクの方からカタンカタン、コンココン、と異音がするのも気になります。詳しい方、合わせてアドバイスをお願いします。古い車なので、何かと心配です。

Aベストアンサー

黒い油とのことですが、おそらく水+カーボンだと思います。冬は寒いので、マフラーから出る水蒸気が水になりやすいです。 

これにマフラー内部のカーボンが混ざっただけでしょう。ススが出るということはプラグが汚れている(燃調の狂いも)可能性があります。正常な燃焼をしていれば、カーボンはほとんど気になりません。

対策としては、ディーラーでエンジン基本調整を受けて下さい。おそらく改善するでしょう。もっと簡単に済ますにはカー用品店などでプラグを交換してみてください。これだけで良くなる可能性もあると思います。

段差を通った時の「カタンコトン」は、特定が難しいですが、普通なら足回りの劣化だと思います。あとはマフラーの吊りゴムが劣化してマフラーが無駄に動いている可能性もあります。このあたりもディーラーでみてもらったほうがいいでしょう。

Q燃料漏れの修繕にかかる費用はどのくらいでしょうか?

年式10年以上のスズキのエスクードに乗っているのですが、突然燃費が悪くなってしまいました。
ある時期からいきなり燃費が3分の2くらいになってしまったのです。

ディーラーと行き付けの車屋双方に出向きましたが原因はわからず、時間をかけて調べれば修理も可能だろうが、それにかかる手間や費用を考えると、年式から言っても買い換えた方が得だというような事を両方から言われました。

そうしようかと思っていたところに、急に燃費が悪くなったなら燃料パイプが劣化して漏れている可能性が高いという指摘を受け、エンジンを止めた後車体の下を窺ってみると、助手席の下辺りから確かに液体がしたたる音が聞こえました。

ただ、地面には落ちてきません。
金属板に当たっているような感じです。
そして暫くしてそれは止みました。

自分の思い込みでしかないですが、エンジンを止めた事で燃料の供給も止まり、ホースに残っていた僅かな量がしたたっていたのだと考えると辻褄が合うので、ほぼ間違いないのではと自分では思います。

助手席の下辺りで燃料が漏れているというのがその程度の度合いの故障なのか、私にはわかりません。
もし修繕したら、交換するパーツや工賃はどのくらいかかるのでしょうか?
それとも初めに言われたように、買い換えた方が得なのでしょうか?

年式10年以上のスズキのエスクードに乗っているのですが、突然燃費が悪くなってしまいました。
ある時期からいきなり燃費が3分の2くらいになってしまったのです。

ディーラーと行き付けの車屋双方に出向きましたが原因はわからず、時間をかけて調べれば修理も可能だろうが、それにかかる手間や費用を考えると、年式から言っても買い換えた方が得だというような事を両方から言われました。

そうしようかと思っていたところに、急に燃費が悪くなったなら燃料パイプが劣化して漏れている可能性が高いという指摘...続きを読む

Aベストアンサー

エスクードは知りませんがジムニーなどはその年式だと車体右側にリヤのタンクから配管が車体に沿わせていますし外から確認できる’車体したから見える位置に有ります(漏れたら簡単に目視できる)又インジェクションは加圧していますからエンジン止めても漏れていれば噴水みたいに飛びますよ(あなに寄るけど)微量なら空気中にガスとして拡散も考えられるけど加圧されている物が抜けていれば再始動時に圧力が無いので始動に手間取ると思います。

リヤのタンクの部分から配管を点検してエンジンまでの間に漏れていれば多少の時間は掛かっても簡単に見つかると思いますよ、私としてはその他にも原因は無いのか良く見た方が良い気がします、もちろん確定してない配管の交換なんてどぶにお金を捨てるようなもの(クロカンでもしていたならともかくそうでなければ配管を止めている場所など漏れそうな原因になるところは少ないです)

考えられる場所としてタンク部分の継ぎ手、燃料フィルターの継ぎ手、配管の車体に固定している部分、エンジン周りの継ぎ手部分(ホースの部分も有るはず)私ならついでにインジェクターがきちんと噴射しているかテストしてみます(大抵は痛んでいると思いますよ)其所まで確認して異常なしならエンジン本体や車体各部の劣化で抵抗が増えている可能性があります(タイヤの空気圧一つでも燃費には影響します)私は古い車は燃費を知ることでも調子が狂って来れば解ると考えています(もちろんハブのベアリングなども異音がするけどしなくても劣化している場合がある)

もし私が質問者の立場なら自分で出来る範囲は確認します(インジェクターの点検だけは専用の機器が必要ですが)又その車が好きでしたら買い換えなんて販売店の言葉に引っかからない(実際に過去に元年のジムニー所有してました、友人に売却依頼されて今は無いけど)もちろんその後7年のパジェロミニ手に入れてます(この頃の車にしか魅力がないので)もっとも電子系パーツ以外はほとんど自分で整備できますからしていることです(大がかりな物はスペースや工具の関係で無理)

後は質問者が気が付かない程度にガソリンの抜き取りをされていませんか、ガソリンを当時の車は意外に簡単に抜き取り出来ますから注意は必要です(実際にジムニー当たりは簡単に出来ました、元々車体は共通のはずですから可能性はゼロでは無いですよ)もちろん一切キャップにも傷を付けずに可能です(これ以上は泥棒に情報を与えるので書けません)

過去にあまりにも燃費が悪いと言われて良く調べたら泥棒が気が付かないように少しづつ抜いていたと言うのが一度だけ有ります(工場時代の事ですが)最近の物は(メーカーや車種にも寄るけど)簡単に出来ない構造に成っています。
従って一度この辺りも疑ってみるのも必要かもしれません(自宅で試す場合監視カメラしか思いつかないが)私なら出入りの工場に依頼して数日乗って貰います(其所も近所で泥棒に把握されていたら難しいかもしれません)一度抜き取りの可能性を聞いてみてください。

エスクードは知りませんがジムニーなどはその年式だと車体右側にリヤのタンクから配管が車体に沿わせていますし外から確認できる’車体したから見える位置に有ります(漏れたら簡単に目視できる)又インジェクションは加圧していますからエンジン止めても漏れていれば噴水みたいに飛びますよ(あなに寄るけど)微量なら空気中にガスとして拡散も考えられるけど加圧されている物が抜けていれば再始動時に圧力が無いので始動に手間取ると思います。

リヤのタンクの部分から配管を点検してエンジンまでの間に漏れてい...続きを読む


人気Q&Aランキング