カブコム証券のニュースを見ていたら、12/21の13時59分に第三者割当増資が決定予定と言う報道に少し株価が反応したが小幅高で終わって。本日に実施を発表して、急騰しました。 昨日のザラ場、又は少し前なら急騰するのはわかりますが、、、既に織り込み済みだとおもったのですが、、、、、、
 この銘柄に投資するより、もっと将来性のある優秀な株はたくさんあると思いますけど、将来性を考えての投資とも考えてのことでしょうが、やっぱり仕手要因なのでしょうか? うーーーーん200円でも高いような気がしますけど・・・・・電池がパンチきいてるのかなぁー。。。。。

 まだ新人で勉強中ですが、どなたか私見でかまいませんので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今回の増資そのものが明るみに出たのは21日朝ですので、本来なら織り込まれているのが普通ですね。



しかし、理由をいくつか調べましたが・・・

1.正式発表は21日引け後だった
2.チャートが煮詰まってテクニカルで上にいきやすかった
3.信用倍率が拮抗しており、しかも売り超だった
4.アルプス電気とTDKを売って、三洋を買う「裁定買い」が広くおこなわれた

このような理由だったようですね。ファンダメンタルズでは、あなたの考えどおりです。会社の実態とはかけ離れた全く異常な高値ですよ。その点は三菱自動車と全く同じですね。こういう株は5年、10年先を期待されて割高まで買われていると思ったほうが良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました

お礼日時:2005/12/25 21:58

材料が出ても株価に反応しないこともありますし、発表前から反応することもあります。

今回は正式発表後マスコミが報道してから上げました。私は前日のソニーの急騰に注目して電気株があげるなあと思っていました。そのとうりになりました。
三洋電機については、先月、先先月と株価が下げた時、評価の高い技術がいくつもありますので、2-3年持っていれば2-3倍にはなるだろうと思って280円-250円で買いました。
その後知ったのですが、この株は信用取引きで売りが多く必ず急騰する時が来る思いました。今回の急騰が何時まで続くか判りませんが、更に上げたところで一旦売り、業績の回復は未だ先のことでしょうから、下げたところで、じっくりと大量に仕込む積もりです。雑誌等では三洋電機解体かとの報道がありますが、証券会社に問合わせわせますと,そう言う事は聞いていないそうです。
ハイテク株の中の信用倍率が1以下で今期来期業績向上予想の株を今は仕入れています(会社名は秘密)。
株は過去ではなく、将来を買うのです。勉強してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2005/12/25 21:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報