出産前後の痔にはご注意!

初歩的な質問ですみません。
法律の本で、税務六法とか、自治小六法とか「六法」ってついてるのはなぜ?
詳しい方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 「六法」にはふたつの意味があります。

ひとつ目の意味は、ご存知だと思いますが、「憲法」「民法」「商法」「民事訴訟法」「刑法」「刑事訴訟法」の六大法典のことを言います。もっとも、いわゆる「六法書」でも、六法以外の法律も数多く収録しています。これらは、六法に準ずる法律ですから、「六法」と言っても、「6つの法律」ではなく、実際は「附属法令およびその他の法令を収録してある法令集」ということになります。

 もうひとつの意味は、ご質問にあります、「税務六法」や「自治六法」など、特定の法分野だけを対象とした単なる「法令集」としての「六法」です。これらの六法書には先の「六大法典」は収録されておらず、それぞれの分野での重要法令が収められています。これは特に定められた「六法」が存在するわけではなく、六法書を編集する人たちが、その分野やおいて重要であると思われるさまざまな法令を収録します。

 「六法」とはもともと、文字通り、憲法等の「6つの法」を指していましたが、今日では「重要な法」という意味で使われているということになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

分かりやすい回答ありがとうございました。
納得しました。

お礼日時:2001/12/17 00:27

 


  「六法」というのは、元々、「憲法」「刑法」「民法」「商法」「刑事訴訟法」「民事訴訟法」のことで、この六つの基本的な法を軸に、他の重要な法律の一部などを取り入れ編集した法律参考書というか、法規集・条文集の通称で、ここから、或る分野での法律について、その分野での軸となる法規を中心に、関連法規を編集して一冊の書物にしたものが、「……六法」という名が付いているのです。
 
  「税務六法」なら、税務に関する軸となる法規・法律と、関連する重要な法規の条文、判例などを編集して本としたものです。
 
  最初の意味の「六法」は、以下のURLのように現在では、電子六法もできています。
  

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/myroom/sanseido/roppou/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
URL参考にします。

お礼日時:2001/12/17 00:29

 ただの「六法」は、


 (1)憲法
 (2)商法
 (3)刑法
 (4)刑事訴訟法
 (5)民法
 (6)民事訴訟法

 の六種類の法律を指していて、国内にある多くの法律の内で基本であり頻繁に使う法律が6種類であることから、「六法」と呼ぶようになりました。

 この応用で、税務関係の基本であり頻繁に使う法律を「税務六法」、地方自治関係の基本であり頻繁に使う法律を「自治六法」あいは「自治小六法」と呼んでいるようです。しかし、これらは6種類の法律が収録されているわけでは無く、もっと多い数の関係法律が収録されていますが、基本であり頻繁に使用すると言う点で、「***六法」と呼んでいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/17 00:28

法律のなかで憲法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法の六法が基本的な法律になりますから、法律を集めたものを六法と呼んでいるのではないでしょうか。

たぶん法律集のような意味だと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/17 00:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自治六法とはどの法律をさすのですか

題名のとおりですが、自治六法の六法とはどの法律6つをさすのでしょうか。

憲法、民法、地方自治法、地方公務員法、公職選挙法、地方財政法でしょうか。
それとも、六法というものの、6つの法律に限っていないのでしょうか。

Aベストアンサー

日本の主要な6つの法典をまとめたものを「六法全集」と呼んでいますが、
これが転じて、その分野の主要な法の全集を「○○六法」と呼ぶようになっています。
この「自治六法」とは「6つの法律」ではなく、「主要な法律」の代名詞です。
下記の「自治六法」には広範囲が収録されています。
https://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/100015.html

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q施行令と施行規則

法律は専門外なのですが、仕事の関係上、法令要覧等を読んでいると、法律に合わせて施行令、施行規則なるものが記載されています。施行令、施行規則とは何なんでしょうか。何となくは解るのですが、はっきり定義できません。識者の方々、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 法律は、国会で制定されるものですが、法律をうまく機能させるためや、法律で規定しきれなかった細かい事柄を明らかにするために、内閣(政府)が出す命令を政令といい、この政令のことを、施行令といいます。
 また、同様に、各省庁の大臣が出す命令(省令)が施行規則です。
 法律は、国会で制定されるものですから、たとえほんの少しでも改正するためには、国会の審議を経て、可決される必要があります。そこで、しょっちゅう変更することが必要な毎年かわる数値などや、非常に細かい事柄は、施行令や施行規則にしてしまうことによって、内閣や大臣の判断で改正できますから、煩雑な手続きが不要となるという利点があります。
 しかし、勝手に施行令や施行規則が作られては困りますから、これらは必ず、法に基づいて制定されなければならないことになっています。

Q以降、以前はその値を含む?含まない?

以降、以前というのはその値そのものをふくむのでしょうか?
より後、より前は含まないと言うのはわかります。
たとえば
「4月13日以降の最初の日曜日」
とあったときに、4月13日が日曜日だった場合は4月13日が該当の日となるのでしょうか?それとも4月20日が該当の日でしょうか?

Aベストアンサー

「4月13日以降の最初の日曜日」
4月13日が日曜であった時、4月13日が「4月13日以降の最初の日曜日」となります。

「以降」、「以前」という言葉は「~を以って」と言うように、
前の言葉を条件に含みます。

Q日商簿記1級取得は相当難関ですか?

日商簿記1級は努力だけじゃ合格は難しいですか?2級まで1回でとったのですが、簿記の勉強が面白く1級取得も考えているのですが、2級までは暗記、1級はセンスと聞きました
確かに1発合格なんかは難しいかもと思いますが、1級は努力の範疇を超えた試験なんでしょうか?

たとえるなら数学や国語の偏差値65までは努力だけど、それ以上はセンスっていう感じと同じですか?

Aベストアンサー

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者以外ではあまり役に立たないように思いますね。もちろん大企業などの経理・総務・財務などの担当役員などとして監査対応などをするのであれば、必要だと思いますがね。

税理士事務所などの求人で1級を求めることがありますが、私の前職の税理士事務所なんて3級や2級の人も担当を持ち、顧客に指導したりしていましたからね。
ですので、あなたが税理士などを目指したり、経理関係の職で上を目指すのであればよいですが、そうでなければ他の資格などへ力を入れた方が良いと思いますね。
簿記検定を取得したからといって、経理士のすべてを知るわけではなく、基礎にしかなりませんからね。実務と机上では大きな差がありますからね。

私は、簿記検定の他に税務会計検定を取得しました。あるサイトで登録したのですが、税理士事務所での実務経験・簿記検定・税務会計検定を記載しただけで、年俸1000万円以上の条件の求人へ応募を求められたこともありますね。

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者...続きを読む

Q財務諸表を読むにはどんな勉強が必要でしょうか?

仕事でも経理、財務などの仕事はしたことがなく、学校でも簿記の勉強をしたことはありません。
経営企画の仕事に携わることになりましたが、企業分析や、新規ビジネス企画での損益分岐点など全く分かりません。
同僚が言うには、予実を担当する訳ではないので、「簿記はできなくてもいい、会計の知識は必要だけど」と言われました。
しかし、全く会計の知識がない状態で、「決算書が読めるようになる本」などの本を読んでも、基礎的な言葉が理解できる程度で、フォーマットが変わるとまるでわからなくなってしまうほどのレベルです。
どんな方法で独学で会計知識を学ぶことができるでしょうか?
仕事をしながらでも簿記であればスクールへ通う手がありますが...会計知識となると教えてくれるところなどありますか?
独学の場合、ベストな勉強方法はありますか?

Aベストアンサー

簿記を知らずに企業会計の勉強することももちろんできると思いますが、
解説の節々に簿記の用語が出てきたり、財務諸表自体が簿記の仕訳を経て構成されているということを考えると、スムーズに理解するにはやはり簿記の知識は必要でしょう。
数学を学ぶ上での算数みたいなものです。


一般に日商簿記が有名ではありますが、2級までは簡単なので独学でも十分合格できますので、まずはこれからはじめるのがいいと思います。書店にも教材はたくさんあります。


ただ2級では企業分析や財務諸表から企業の正確な情報をつかむというレベルにはとうてい及びません。でもこの後の会計を勉強する上では理解が飛躍的に早くなると思いますよ。結果的に近道になると思います。


資格取得目的ではないビジネススクールは探せば結構あると思いますが、会計知識をスクールで学ぶのであれば、1級まで目指してみるのはいかがですか?
1級の勉強で会計の勉強をある程度カバーできます。ご自身のスキルとしてもプラスになりますしね。自分は1回落ちましたが、半年ちょい頑張れば合格できますよ。

Q法定耐用年数

ガソリンスタンドの建物の耐用年数は?
地下に埋めてあるタンクの耐用年数は?
知ってる方教えて下さい。
法定耐用年数が載っているHPアドレスを
ご存知の方もよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガソリンスタンドの機械および設備が8年のようです。
地下のガソリンタンクは国税庁の通達で
「ガソリンスタンドの設備」になりますので8年ですね。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/sonota/1000/02/02_20.htm

ガソリンスタンドの建物はこの中の建物にありますか?
http://www.jfast1.net/~nzeiri/genkasyokyakuMENU.htm

参考URL:http://www.jfast1.net/~nzeiri/genkasyokyakuMENU.htm

Q国債と公債の違い

今高1で経済を勉強しているのですが、国債と公債の違いがよく分からないので、教えていただけないでしょか。

歳入と歳出での国債費と公債費の使い分けもよく分からないのでお願いします。

Aベストアンサー

 公債とは、国や地方公共団体が、財政収入の不足を補うために行うもので、発行する主体によって、国債・地方債などに分けられます。ですから、公債の中に国債が含まれることになります。

 歳入と歳出での国債費と公債費の使い分けについてですが、歳入の不足分を公債で賄いますが、公債とは国民からお金を借りているので、当然返さなければなりません。

 歳出の中に借金返済のための費用が盛り込まれているわけで、歳出での公債費というのは、借金返済のための費用ということです。

QExcelでの割合の求め方

例えば、セルA1~A10までにランダムな数字が記入されているとします。A1~A10の合計を100%とし、それぞれの%をセルB1~B10に入れたいのですが、まったくやり方がわかりません。関数で簡単に出来る方法は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

補足です。
=A1/sum($A$1:$A$10)

にすべきでした。
手元にエクセルが無いので、失礼いたしました。

Q国民の三大義務と三大権利について

むかしむかし中学で習ったのですが忘れてしまいました。三大義務と三大権利教えて下さい。ちなみに選挙権が入っているのはどちらでしたか?

Aベストアンサー

三大義務は勤労、納税、子供に教育を受けさせることで、三大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。
選挙権は「権利」になります。(義務だったら、投票率があそこまで低くなることはないかと…)。

参考アドレスも掲載しておきます。

参考URL:http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/007385;000001.pdf


人気Q&Aランキング