父が高血圧で治療を受けております。お医者さんから塩分の摂取を控えるように言われておりますが、なぜ、控えなければならないのか、本人がよくわかっていないため、家族の者が言ってもききません。どうして何だと言い返されてしまい、返答に窮してしまいます。高血圧は、血管に負担をかけ、硬化を招くことまではわかっているのですが、なぜ、塩分が高血圧と関係しているのかはわかりません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

参考URLによると、大きく三つの理由があるようです。



(1) 喉が渇くことで、水分を多めに取り、血液も増えるから血圧が上がる
(2) ナトリウムは交感神経を刺激し、血管が収縮するので血圧が上がる
(3) ナトリウムは血管にある収縮蛋白に作用し、血管が収縮するので血圧が上がる

参考URL:http://www07.u-page.so-net.ne.jp/ga2/dr-okmt/ht3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/18 18:20

塩分をとりすぎると、血液中のナトリウムが高くなります。

血液中の適正な濃度を超えると、適正に戻そうという作用が働き、早い話、水を足して、ナトリウムの濃度を戻そうとします。その結果、血管を流れる血液量が増え、血管にかかる圧力も高まる、つまり血圧が上がります。ただ、急に薄味にすると、長年慣れ親しんだ味と違ってくるため、食欲が落ちて、栄養不足になることも、懸念されます。そうすると抵抗力が落ちるので、まあ減塩もほどほどに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/18 18:21

やはり血圧を上げる『ナトリウム』が含まれているからでしょうね。


http://www.pfizer.co.jp/contents/special/9709/02 …

しかし、高血圧症でも塩分を控えなくても良い人もいるようです。(参考URLをご覧ください)
http://www.tokyokogyo.co.jp/health/index_2_4.htm

ご参考までに。

参考URL:http://www.tokyokogyo.co.jp/health/index_2_4.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/18 18:20

 塩分には、血圧を上げる作用のある「ナトリウム」が含まれていますので、塩分を取りすぎると、血圧が上がってしまうことになります。



参考URL:http://www.pfizer.co.jp/contents/special/9709/02 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/18 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩分摂取量の計算

日本人の塩分摂取量は一日14グラムで10グラム以下にするように言われています。計量器で10グラムを計ると料理用大さじに山盛りして9グラム。毎日料理を作っていますが、これほど摂取しているとは考えられません。感覚的には5-7グラムのように思われます。
そこで日本人の塩分摂取量14グラムというのは誰がどのように調査や計算をされてはじきだしたのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3の者です。
11.2gと言うのはやはり減塩意識の浸透によるものだと思います。
それと毎年調査する家庭は同じではありません。
調査する家庭は毎年無作為に選ばれますので当然変わります。
ですので、国民健康栄養調査の結果は国民全体の結果とずれはない、と私は思いますよ。
調査があると言うのも前々から分かっているわけではないですしね。
まだご質問があればおっしゃってください☆

Q血圧について。今日のお昼頃血圧を測ったら、最高血圧100、最低血圧68でした。普段は最高血圧97〜

血圧について。
今日のお昼頃血圧を測ったら、最高血圧100、最低血圧68でした。普段は最高血圧97〜98で最低血圧58〜65位なので、高めだと感じました。私の血圧の数値は普通ですか?

Aベストアンサー

血圧は一定では無く常に変化しています。
普段の血圧が97~98であって、昼に測ったなら100と言うのは変化の範囲内ですので何も問題有りません。
朝起きた時と昼と就寝前と測ってみますと違いがわかりますよ。
また、測定後1分後にまた測ってみて下さい。
10前後は軽く変化しますから。
質問主さんの血圧は正常値内です。
自宅で測ったのでしょうか?
病院で測ると自宅で測った値の10~20高く出る事も有りますが、それも問題有りません。
病院行くとドキドキしますから、血圧は普通に上がりますので。

Q塩分摂取量と発汗

 私は血圧が高めなので、塩分の摂取量を押さえるようにと言われております。
 ところで塩分は1日当り10g以下とか、高血圧の場合は6g以下と言う基準をよく聞ききますが、これは労働やスポーツで沢山汗をかく人にも一様に適用される基準でしょうか?
 なかなか塩分の摂取量を抑える事は難しいと感じておりますが、その分スポーツで発汗すれば良いのではと考えますが、間違いでしょうか。
 教えて下さい。

Aベストアンサー

汗3リットルで最低でも塩2.7gだそうですからもう少し塩分の排泄が多いかもしれませんが3リットル汗をかく運動って相当大変だと思いますが。

Q高血圧 最高血圧と最低血圧どちらが重要?

現在本態性高血圧と診断され降圧剤を服用しています。
当初150/90あった血圧が現在130/80以下にコントロールされ満足しています。正常血圧内に収まるまでに内科、循環器科を含めいろいろな専門分野の先生とお話をしてきました。そしてとある先生から従来血圧は最高血圧が重要視されていたが最近米国では最低血圧が重要視されるようになっていると言われました。これはどういう意味でしょうか?
最低時血圧は最高時血圧より軽視しており最高時血圧が正常値ないにあればまず安心と考えておりましたが違うのでしょうか?(最高/最低どちらも重要なのは承知しています)
当方現在46歳で血管年齢は実年齢以下。動脈硬化は始まっていないという条件です。

Aベストアンサー

下の血圧が高くなる原因の多くは自分で血圧をあげているという事です。
高齢になって血圧が上がる原因は血管も硬くなるため圧力を高くしないと血液を充分流す事が出来なくなる事で、特別に細動脈を収縮させて、圧力を自分であげてなくても自然に上がってしまう事が原因です。
 しかし若い人は血圧は上げようと思ってもなかなか上がりません。弾力性のある太い血管が圧力を吸収して、上の血圧は上がりにくいわけです。
 なんらかの原因によって若い人の高血圧は細動脈を収縮して、自分で高血圧をつくり出しているタイプです。その場合風船のように太い血管に圧迫がかかり、出口の細動脈が収縮しますので、上と下の血圧の差が少なくなります。
 体のなかでは昇圧系のホルモンが増えているということで、一番心配なのは、異常に腎臓内の血圧が上がり、重篤な合併症を起こす可能性のある事ではないかと思います。

Q外国人の塩分摂取量

こんにちは。
日本人は、もともと塩分を多く取る食生活だと聞きましたが、外国の方はどれくらい取っておられるのでしょうか?
日本人の塩分摂取量のデータは、検索で見つけられたのですが、外国の方のデータを見かけたことがないのですが…。
どなたか、詳しい方おられたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

WHOに2001年の報告がありますが摂取量ではなく各国の上限量です。
WHOは6g/日以下です。
日本も、男性10g、女性8g未満ですが17年の国民栄養調査でも摂取平均値は、
11.5g(男性12.4g,女性10.7g)で超えています。
高血圧の予防や治療目的は6g以下です。

外国のデータは、その国の関係機関が発表しています。
英国は食品基準庁
http://www.food.gov.uk/news/pressreleases/2007/mar/saltconsumptioncampaign
英国の新しいデータでは、1日の塩分摂取量は平均9.5gから9gまで落ちています。
男性が10.2g/日で女性7.6g/日。2010年までに6g/日が目標。

欧州は食品安全庁
http://www.efsa.eu.int/science/nda/nda_opinions/974_en.html
ヨーロッパは、平均1 日の塩分摂取量8~11g、成人で1 日1.5g超過。

米国は栄養士会
http://www.eatright.org/cps/rde/xchg/ada/hs.xsl/media_3174_ENU_HTML.htm
アメリカは、高血圧予防のため1日につきナトリウム2,300mg(食塩相当量約6g)を上回ってはならない。
アメリカの成人は現在1日平均5,000mgナトリウム(食塩相当量13g)を摂取しています。

古くなりましたが、現在も引用されるナトリウムと高血圧の研究である
インターソルトスタディの解説があります。
http://www.geocities.jp/t_hashimotoodawara/salt7/salt7-health-93-11.html

WHOに2001年の報告がありますが摂取量ではなく各国の上限量です。
WHOは6g/日以下です。
日本も、男性10g、女性8g未満ですが17年の国民栄養調査でも摂取平均値は、
11.5g(男性12.4g,女性10.7g)で超えています。
高血圧の予防や治療目的は6g以下です。

外国のデータは、その国の関係機関が発表しています。
英国は食品基準庁
http://www.food.gov.uk/news/pressreleases/2007/mar/saltconsumptioncampaign
英国の新しいデータでは、1日の塩分摂取量は平均9.5gから9gまで落ちています。
男性...続きを読む

Q塩分と水分と高血圧について

塩分を摂りすぎると水分が欲しくなり、高血圧の原因になります。
しかし、塩分は摂りすぎでない場合に水分を多く摂った場合も
血圧が上がるのか、あるいは余計な水分は排出されて血圧に
は関係ないのかどちらでしょうか。

Aベストアンサー

塩分をとることで、血圧が上がるということは浸透圧の関係で、血液の量が増えることが原因と思っているかもしれませんが、実は慢性的な塩分摂取による細胞のむくみ、もしくは細胞内にナトリウムが蓄積することで、細胞膜電位のバランスが崩れることで、カルシウムイオンの蓄積が関係しています。
 水分だけをとっても何も関係ないということです。またそういうことからすると、一過性に塩分をとってもいずれ、外に出されますので、それほど影響ないということです。あくまで、日常的に塩分摂取が多いと血圧に影響します。

Q運動をした日の糖分の一日の摂取量

よく糖分の一日の摂取量の目安は20gあたりと聞きますが、それは激しい運動を行っている人にもあてはまるのでしょうか?すごく激しい運動をしたあとでも20gは守らなくてはいけないのでしょうか。普通の一日の糖分の摂取量上限と激しい運動をした日の糖分の摂取上限が知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉は、普段は脂肪を燃やしていますが、運動でパワーを出すときにだけ、
筋肉内に貯蔵してるグリコーゲンを燃やしてパワーを出します。

添付のグラフは、ウオーキング、ジョギング、マラソンのときの
筋肉が使用するエネルギーの割合いを示します。

たたえば、身長160cm、体重55Kg、20歳の女性が
1時間のウオーキングをすると140Kcalを消費しますが、

筋肉がグリコーゲンと脂肪を半分ずつ消費したとすると、
120Kcal / 4 = 30gのブドウ糖を消費したことになります。

ここでのウオーキングは、散歩と早足の中間で計算しましたが、
もっと速く歩けば30gよりも多い糖質が必要ですし、
ジョギングを1時間すれば、この3倍の糖質が必要になります。

しかし、運動後の糖質の目安は、運動量の半分と覚えておけば
だいたい大丈夫です。

なお、スピードを上げれば上げるほど加速度的にグリコーゲン
消費が多くなるので、ダイエットではあまりスピードをあげないことが
たいせつです。

Q高血圧の原因は塩分かどうか

高血圧(150~160/85~95)でブロプレス4を服用しています。
服用後血圧は(120~130/70~75)に安定しています。

先生から、
「塩分摂り過ぎ」「運動不足」「油物」
を気をつけるように言われました。

自分は、昔から味の濃いもの、塩辛いもの、油が苦手で
塩分過多と言えばインスタントラーメン、牛丼くらいなものです。
(まぁNGといえばそうですが‥)


塩分摂取が原因で高血圧なら、血液検査で「ある項目」を調べれば
わかるものなのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

47♂、BMI約20、CAVI検査で動脈は年相応でした。

Aベストアンサー

塩分だけが原因ならば、尿検査でもある程度は判ると思います。
高血圧の原因は塩分だけではないでしょうね。
血中コレステロールの量が多ければ、血管に影響を与えますので動脈硬化や血管が詰まって血液の通り道が狭くなるとか。
その辺りは血液検査やエコー等で判りますし。
しかし血液検査で判るのは限定的ですので、複数種の検査を受けないと原因や要因が表に出てこないでしょう。
また、血液の水分量が低ければ所謂ドロドロ血液で流れが悪いので圧を上げて送り出さないと為らないでしょうし。
要因は調べれば色々出てくるかと思います。
年齢も決して若いとは言えませんので、健康診断の他数年毎に人間ドックを受診された方が良いかとも思います。

Q体力強化と疲労回復に有用な栄養素とその一日の摂取量と摂取タイミング。それと過剰摂取について。

二つにわけて考えてます。

(1)体力強化
(2)疲労回復


この二つについて必要な栄養素とその一日の大体の摂取量を教えてください。
聞くところによると、(1)にはアミノ酸、(2)クエン酸・ビタミンB1
のようです。
合ってますでしょうか?
これ以外にありましたら教えてください。
なければ、これらの成人男性の一日の目安必要摂取量
を教えてください。
大体で結構です。
摂取するタイミングもお願いします。
運動前なのか後なのか、それとも食事前後なのか?
ちなみにアスリートではありませんので、ハード
トレーニングはしてません。


それとも過剰摂取した場合どうなるのでしょうか?
特にビタミンは頭痛吐き気とよくないと聞きますが、
どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

体力強化と疲労回復は切り離せませんが、体力を基礎的な部分を作る事で達成し、疲労回復はエネルギー供給をよくすると言う程度で考えるならば、  

体力強化にはサプリでなら、プロティンが使いやすいです。アミノ酸とは各種あり一種類ではないので素人の人は使いにくいですし、体内でプロティンが分解されたA.A.が十分量無いと、高価なアミノ酸がほかへ使われてしまいます。 又、A.A.は摂取量の制限もあります。多すぎるとかなり内臓への負担があります。

ビタミン・ミネラル類はたんぱく質の同化にも使われますから体力強化にも使われるし、TCAサイクルにも使われる基礎的なものですから疲労回復にも効果はあります。

必要量は人によりかなり違いますし、生理的要求量を公には出ていますが、薬理学的要求量と成ると単位も違ってくるほどの量に成るものもあります。
其のデーターで沢山ありますが、見やすいのは下記がよいでしょう。
http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/H16-2-13.pdf

摂取タイミング;水溶性なら朝晩。12時間間隔程度でよいでしょう。

過剰摂取:書かれている頭痛や吐き気はビタミンAを大量に長期間(三ヶ月から半年)で現れてくる症状です。  もちろん白熊の肝臓を食べて急性で死亡したとのレポートはありますが、普通は上記の慢性的なものです。

で、医療用ではなく、市販のサプリならほとんどがV-A前駆体として売られているので、体内で必要量だけがV-Aと成るため、其の心配もまず無いでしょう。

私が推薦しているほかのビタミン類なら(V-Dなど油溶性を除く)すべて水溶性なので過剰摂取では排泄されます。
そのため、多く・短時間毎に摂取する必要があるのです。

Citricacid[枸櫞酸]は50歳以上ですと、10グラムから15グラム程度が疲労回復や運動量増加などの効果が出てくるようです(これも人により違いますがほとんどがこの程度で効果があります)。

体力強化と疲労回復は切り離せませんが、体力を基礎的な部分を作る事で達成し、疲労回復はエネルギー供給をよくすると言う程度で考えるならば、  

体力強化にはサプリでなら、プロティンが使いやすいです。アミノ酸とは各種あり一種類ではないので素人の人は使いにくいですし、体内でプロティンが分解されたA.A.が十分量無いと、高価なアミノ酸がほかへ使われてしまいます。 又、A.A.は摂取量の制限もあります。多すぎるとかなり内臓への負担があります。

ビタミン・ミネラル類はたんぱく質の同化にも使...続きを読む

Q高血圧と塩分 根拠を持って教えてください

学生です。高血圧の患者がなぜ、塩分制限をするのか、根拠をもって教えてください。
教科書を見ても、根拠が書いてないんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

塩辛いものを食べた後は、水が飲みたくなるのと同じで、食塩のナ
  トリウムが体内(血液)に入ると、ナトリウムの濃度が必要以上に高
  まります。すると、体液のバランスが崩れます。それを防ぐために血
  管内に水分が呼び込まれます。
   その分だけ血液量が増え、血管を圧迫するということです。
   つまり血圧が上がるということになります。一方、血管の壁には、
  血管を収縮、拡張させる神経が走っています。これにはホルモンが
  かかわり、その分泌が多いと血管は収縮します。ナトリウムが血管
  内に余分にあると、神経はいっそう敏感になり、収縮しやすくなりま
  す。その結果、血圧が上がるわけです。


人気Q&Aランキング