ご質問なのですが、最近中古住宅を購入しました。スイッチとスライドバー(調光器?)の制御がかかっているコンセントがあります。スイッチとスライドバー(調光器?)は部屋の入り口、コンセントは部屋の奥です。気になるのでテスターで計測してみると、
1・スイッチOFFで約50V
2・スイッチOFFでスライドバー(調光器?)をスライドさせても50V
3・スイッチONで約100V
4・スイッチONでスライドバー(調光器?)をスライドさせても約100V

こんな状態です。恐いので何もつないでいません。
これってもともと照明器具か何かをこのコンセントにつないで明るさを調整するものなのでしょうか?
それにしても・スイッチOFFで約50Vというのがどうもふにおちません。

どなたか電気にお詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

実際に自分の目で見るまでは結論っぽい事は言えません。

(それが電気という世界です。何が隠れているかわかりません)
わかる範囲で書きます。

調光器は、壁に埋め込めるくらい小型にしなければならないとか、故障しにくい等の理由から、サイリスタで電圧を変化させています。

サイリスタを交流で使った場合、スライドバーが零でもコンセント側に少しだけですが、電圧が出ます。(ご質問の50Vの事)
これは、サイリスタの電極間の静電容量による誘導電圧です。容量がすごく少ないので、テスターで50V出ていても、コンセントに何か差し込むとほとんど0Vに下がります。

試しに・・・
1、テーブルタップなど、2口以上のコンセントが付いている物を、そのコンセントに差し込みます。
2、テーブルタップのコンセントにテスターを差し込んで電圧を測ります。(50Vを指す筈です)
テーブルタップに、壊れても良い電球等を差し込んでみてください。点灯しないはずです。(蛍光灯、テレビはダメ。携帯等の充電アダプターは良いが、携帯を繋いで充電させる事)
3、その時のテスターの電圧は、ほとんど0Vを指していると思います。
4、スイッチONで、スライドバーをスライドさせると、
電球が明るくなり、テスターの電圧も明るさ(スライド量)と同じように上下すると思います。

このようにならなければ・・・壊れています。
すぐに電気工事店に電話して下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

tanpopotanpopoさんも含め、いろんな方からご回答を頂きました。しかし、皆様お詳しいですね。感心します。私も何か人に教えてあげられる様なとりえを持ちたいものです。ご回答にて、非常に分かりやすいテスト方法を教えて頂き、感謝しております。早速、電球とテーブルタップで試して見たいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2006/01/17 22:53

プロではありませんが電気工事士です。



ご質問の件ですが、状況を見る限りスイッチは調光器経由か直接接続の切り替えになっているように見受けられます。100Vの電球型(蛍光灯は不可)スタンドなどを接続してみるとわかります。
電圧をテスターで当たっただけでは調光器の動作をしているかどうかはわかりません。
というのも制御方法としてサイリスタ制御をするのが普通であり、その場合単純に直流電圧制御とは異なるからです。

電球スタンドを接続してみて調光器がうまく動作していないようであれば、壊れている可能性もあるので使用は差し控えた方がよいでしょう。

では。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。一度、電球スタンドを接続してみて調光器がうまく動作するかどうか、試してみたいと思います。ご親切にありがとうございます。

お礼日時:2006/01/17 22:45

交流電圧計は実効値(平均値)で表示されます


2本の電線間の電圧値で囲まれた面積の平均値です
(電圧はそれぞれプラスになったりマイナスになったりしますから)
電源オフの時は一方が電圧がかかっていて
一方が0ボルトのままの状況になっている型の配線だと思うので
電力の面積は約半分の値となります
(オフ側がプラス値やマイナイ値に変動しないため)
従って、電圧値は半分の表示です
電源オンにするとそれぞれの電圧がプラス値やマイナイ値に変動
していき、それぞれ相手方と反対の値となるため(位相差がある)、
電圧でかこまれる面積は大きくなり平均100ボルトの値となります
(変化しているので瞬間の最大値は142ボルトぐらいの値です)

結論から言えば「正常な回路」だとはいえると思います
しかしながらおそらくは照明専用の回路だと思いますので
その点では容量のおおきさや、
あらゆる電気製品を使えるかという観点からは
あまりあてにはできませんが・・・
ちなみに2極ともにオフとなるような型のスイッチを使用している
回路ならばオフの時は0ボルトとなります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ご回答頂きました内容の主旨に沿うかどうか分かりませんが、確かにテスターをさすと、一度140v前後を示してから、50v前後を示します。ご丁寧に回答頂き、ありがとうございます。勉強になりましたし、安心しました。

お礼日時:2006/01/17 22:41

調光器は電流を制御するものなので,


負荷(電気を消費する器具)をつないで初めて機能します.

> こんな状態です。恐いので何もつないでいません。

元々の 100V より電圧があがることはないので,
電球を繋いでみればその機能がわかると思います.

> 照明器具か何かをこのコンセントにつないで明るさを調整するものなのでしょうか

その通りです. 負荷に達する電流を制御するもので,
主に電球の明るさを調整するものです.
なので「調光」という言葉を使います.

負荷の種類,例えば蛍光灯, 電球型蛍光灯,モータなどは
思うような制御ができません.

中古とはいえ代金を払って購入したのですから,
その購入元に説明を求めればいいと思います.
売主が内容も知らずに売るのは問題あるでしょうから.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます。安心しました。おしゃられる通り、売主に確認したいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2006/01/17 22:33

スライダックス型電源か。

入力100Vで出力を0-130(200)V程度に可変できます。白熱電球つなげば電圧で色変えられます(^^)>電圧調光器(蛍光灯型電球はダメです)
他にもモーター(送風機)やヒーター、照明(明るいのと落ち着いたもの)に使う。
白熱電球に使うこと多いのは、電球は高価、電圧下げると長持ちするからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます。そんなことが出来るんですね。(^。^)ありがとうございます。

お礼日時:2006/01/17 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q照明のスイッチを切ってもまだ50V流れてる

我が家のトイレの照明のスイッチをオフにしても、電球のソケットにまだ50V流れてるみたいなのです。
訳あってトイレの照明を増設したくて、ソケット裏の配線から分岐線を出そうと思ったのですが、その前に
ソケットの端子にテスターを繋げて計ってみたところ、オンで100Vはいいのですが、オフにしても50Vと表示されます。
他も計ってみたところ、風呂場はオフでも30V、洗面所は3Vと表示されます。

これって、これでいいのでしょうか?
トイレ・風呂は白熱電球をつけているので、スイッチをオフにしても、常時通電して電気代が掛かってるのでしょうか?

Aベストアンサー

そのトイレのスイッチがほたるスイッチだからです。

簡単に判りやすく言えば、電灯回路はプラス回路、スイッチ回路はマイナス回路です。
スイッチが切ってあれば通電しないので、通常は電球のソケットで電圧を測定しても電圧は出ません。
しかしスイッチがほたるスイッチだったりパイロットランプが付いていたりするとそのように電圧が発生します。
その際の電圧は照明灯灯具の種類で違います。
その小さな電球分の電気代は常にかかっています。

屋内配線に手をかけるには電気工事士の資格と知識が必要です。

Qスイッチを切っても電圧がある

屋内配線で ブレーカー → 片切スイッチ → 蛍光灯器具 → ブレーカー という回路なのですが、スイッチを切った状態で蛍光灯器具を外し、その部分の電圧をテスターで調べてみると50Vの数値がでました。スイッチを切った状態で電気が流れているというのはどのようなことが考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

屋内配線については、内線規定など

誘起が起こるため配線時に基本は2線ペアで配線するようになっています。(負荷をはさんで行って戻る)

テスターの内部抵抗が高いと電線が束になっている場合、誘起してしまい、電圧が表示されている可能性もあります。(必要な電流が流れるかは、不明)(スイッチ回路は電圧側が行って戻る)
スイッチを入れて100V+出ていれば問題ないと思いますが漏電が心配であれば、
クランプ電流計であれば、2線をクランプし最小スケールで漏れ電流をチェック。
MΩ抵抗測定(メガの方が良いですが)ブレーカ断、配線側電圧側電線とアース線との抵抗測定。
配線側接地側電線とアース線との抵抗測定。
テスターにて配線側線間の抵抗測定。

Qコンセントの電圧が低下したときの対策

最近、自宅の自作PCのなかで一台の調子が良くなく、再起動を繰り返したりするので原因を調べていたところ、電圧が低いのでは?と思いまして質問しました。

私も組み立てPC歴が短いわけではないので、いろいろと調べた結果、原因はPC自体にはないと思ってはいます。

あいにく安価なアナログテスタしか持っていないのですが、家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~91Vほどでした。
もちろん部屋や時間帯によって若干変化するのですが、シロウト目にも80V台は低すぎるのではないでしょうか。

ステップアップトランスなどを買うことも考えましたが、それよりも先に電力会社に連絡しようと思いまして、その時こういう場合、工事などで料金がかかったりするのでしょうか。

ここ2年くらいで近くの空き地が宅地開発のため、周囲にかなりたくさんの家が建ちました。
その影響なのか、私の家の配線が古いのかわからないので、何かしらアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

家は木造、築25年、東京都内在住です。
詳しい方からのご返答お待ちしております。

Aベストアンサー

このサイトで電気に関する相談や質問には、必ず「電力会社によって違いますが・・・」という枕詞を付けて回答しているのですが、本件は違います。
『電気事業法』をはじめとする諸規則によって、所定の電圧を維持することが義務づけられています。
これは全国共通で、責任分界点での話です。「責任分界点」とは、引き込み線が建物に取り付いたところをいいます。
それより屋内側は、お客様の設備であり、お客様の費用と責任で電圧を維持しなければなりません。

>家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~91Vほどでした…

前述のとおり、電力会社から来る電気が 90Vしかないということは、事故や災害などのとき以外は考えられません。
一般の方が責任分界点の電圧を測ることは無理ですが、分電盤ではどうでしょうか。
いちばん大きなブレーカの下側の端子に、テスターを充ててみてください。
100V または 200Vありませんか。あまり正確でないテスターなら、95V、190Vぐらいでもよしとしましょう。
もし、ここでも 90V、180Vなどというなら、電力会社に電話してください。

>2年くらいで近くの空き地が宅地開発のため、周囲にかなりたくさんの…

これは、電力会社がそれなりに設備を増強していますので、関係ないと思われます。

>私の家の配線が古いのかわからないので…

責任分界点から分電盤までの間の電線はお客様のものですが、電線が古くて電圧が落ちるなどということはありません。
この間には、引込線との接続部ならびにメーターとリミッタがあります。これらの接続点が経年劣化でゆるむと、電圧が落ちる可能性はあります。
リミッタまでの間に原因があれば、電力会社で直してくれるでしょう。
分電盤内でも、リミッタよりあとのブレーカで接触不良を起こしていたら、それはお客様の費用で直すことになります。

それよりももっと大きな原因が考えられます。
コンセント数が少ないので、テーブルタップや延長コードをいくつも使ったたこ足配線をしていませんか。
たこのつま先にあるコンセントでは、90Vぐらいまで落ちても不思議ではありません。

このサイトで電気に関する相談や質問には、必ず「電力会社によって違いますが・・・」という枕詞を付けて回答しているのですが、本件は違います。
『電気事業法』をはじめとする諸規則によって、所定の電圧を維持することが義務づけられています。
これは全国共通で、責任分界点での話です。「責任分界点」とは、引き込み線が建物に取り付いたところをいいます。
それより屋内側は、お客様の設備であり、お客様の費用と責任で電圧を維持しなければなりません。

>家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~...続きを読む

Qコンセントの電圧が低い(20Vぐらい)

電灯が急に点かなくなり、いろいろ調べた結果、コンセントの電圧が、20Vぐらいしかないことがわかりました。他の場所のコンセントも測りましたが、この1ヶ所だけ電圧が低く、他は100Vありました。この原因として考えられることを教えてもらえないでしょうか?最初は、スイッチが壊れたと思いましたが、コンセントのに接続されているケーブル自体にテスターを当てて測定しても、20Vぐらいしかないです。壁や天井を配線しているケーブルが切れかかっているのでしょうか?でも、太くて丈夫なケーブルが、切れるとは考えにくいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ケーブルが切れることはまずありません。
系統の接触不良と思われます。

図を見てください。
このように正常なコンセントを基本として
不具合のコンセントの電圧を確認します。
Aの測定で電圧がおかしかったら不具合のコンセントの
左端子(接地側)の系統に何かのトラブルがあります。

>コンセントのに接続されているケーブル自体にテスターを当てて測定しても・・
実際のケーブルは直接テスタの棒が入らないので(当てられない)ので
ちょっと疑問ですが、コンセントの差し込みでの確認でしょうか。

同じ部屋にコンセントがあれば確認してみてください。
そのコンセントも異常ならば、ブレーカがあると思うので一旦切ってみて
再投入してみてください。
これで正常になればブレーカが原因と思われます。

今のコンセントだけ異常ならばブレーカから別のコンセントを経由(渡り)して
行っている可能性がありますから、その渡りの箇所が原因かもしれません。
また、ブレーカから分岐(天井裏)しているのならそこに分岐端子がありますから
それが原因と思われます。

接触不良となると一度復帰して見かけ上の抵抗値は下がりますが
電流が流れると加熱、燃焼の可能性がありますから使用しないで下さい。

いずれにしても、専門知識の他に、工事は電気工事士の免許が必要ですので
原因追求までとし、工事店で見てもらって下さい。

ケーブルが切れることはまずありません。
系統の接触不良と思われます。

図を見てください。
このように正常なコンセントを基本として
不具合のコンセントの電圧を確認します。
Aの測定で電圧がおかしかったら不具合のコンセントの
左端子(接地側)の系統に何かのトラブルがあります。

>コンセントのに接続されているケーブル自体にテスターを当てて測定しても・・
実際のケーブルは直接テスタの棒が入らないので(当てられない)ので
ちょっと疑問ですが、コンセントの差し込みでの確認でしょうか。

同じ部屋にコ...続きを読む

Q照明がつかなくて

賃貸の3階だて3階部分の1部屋ですが、入居時に照明を取り付けた所、電気はつくのですが壁に取り付けられたスイッチから電源オンオフが出来なく、管理会社の担当電気屋さんに来ていただき、スイッチの取り替えと、天井を開けて配線をやり直して頂きました。その時は問題なく壁スイッチからオンオフできてたんですが、数日まえから証明器具が点滅したり、つかなくなったりになってしまい、現在は点灯もしない状況です。壁スイッチのホタルついてます。電気屋さんに急遽来ていただき調べて頂きましたが、電気屋さんが原因が不明だとおっしゃり困っています。
電気屋さんが言うには、

1:同じ照明器具で違う部屋で問題無く使用できている照明器具と取り替えても点灯しない、たまに常夜灯だけが点滅するときある。

2:照明取付金具を別のに入れ替え、白熱球をつけても点灯しない。

3:2に小さなLEDライトをつけたら点滅はするときもある。

4:テスターで計測しても、102-103vきて、壁スイッチオフで50v来てるので問題無く電気は来ている。

5:天井内で断線している可能性は低い。

6:天井の照明取付器具取り外し、直接ドライヤーを繋げても動かない。

という説明を受け、「原因不明」と言われました。「20年電気屋をやっているが、こういう状況ははじめてだ」との見解なんですが、困っています。

電気は裸配線で違うコンセントから証明器具に臨時でつけて頂いて点灯はしていますが。

こういう事ってあるんでしょうか?

賃貸の3階だて3階部分の1部屋ですが、入居時に照明を取り付けた所、電気はつくのですが壁に取り付けられたスイッチから電源オンオフが出来なく、管理会社の担当電気屋さんに来ていただき、スイッチの取り替えと、天井を開けて配線をやり直して頂きました。その時は問題なく壁スイッチからオンオフできてたんですが、数日まえから証明器具が点滅したり、つかなくなったりになってしまい、現在は点灯もしない状況です。壁スイッチのホタルついてます。電気屋さんに急遽来ていただき調べて頂きましたが、電気屋さんが...続きを読む

Aベストアンサー

ありますよ
質問文全てが「接触不良による電圧降下」を示しています。

20年やっておられるという「電気」屋さんに 4の状態で負荷(白熱球など100Vの負荷)かけて両端の電圧を計測するよう指導してください。きっと半端な電圧が示されます。
テスターはハイインピーダンスなので単体だと100Vを指示してしまうもんなんです。

100Vのものは動作せずLEDとかホタルとか電圧落としているものは動作するのだから計測するまでも無いのですが。

問題はどこで落ちているか・・・です。
電気工事屋さん呼ぶのが早いですが賃貸なら貸主に連絡してからですね。

当方の経験ではVA線をよじっているだけの接続部が湿度で錆びて・・・元々賃貸は手抜き工事が多いのです。

Q対地間電圧について

機器を接地していない状態で筐体~対地間にAC50V(単相100Vにて)の電圧があるのは異常では無いとあるサイトで読んだ事があるのですが、そのメカニズムがよく解りません。

1)なぜ筐体~対地間に電圧があるんですか?

2)なぜ50Vになるんですか?(機器又は条件によって変わるのでしょうか?)

初歩的な質問で申し訳ありませんが、以上の2点を素人にもわかりやすく説明して頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>それ以下の漏れ電流でも感電することってあるんでしょうか?
ちょうど感電による人体反応を記載しているHPがあったので貼っておきます。多少の個人差はありますが、最小感知
電流以下であれば感電しているとは認識できないので、感電とは言わないでしょう。
http://www.nttfe-thk.co.jp/mame/denki/denki.html

>正常な機器でも接地せずに使用したら感電する場合があるんでしょうか?
>>3で書かれている通り水雰囲気状態にあれば感電はあり得ます。「水で濡れた手でスイッチを操作しない」などと注意
書きされているのは典型例です。

そもそも接地には感電防止、漏電検出、機器の安定動作などいくつかの目的がありますが、筐体の接地は感電防止
のためです。どんな機器でも最初は正常ですが、漏電が起きた場合に人が感電しないように筐体接地をとる訳です。
一般の方はあまり知らないかと思いますが、電動工具による感電死傷事故も時々起きているので出来るだけ接地は
取った方が良いし、100Vの工具などでも接地付きのものを使用した方が良いです。

>>2のお礼欄ですっきりとはいかないと書いておられますが、こんな感じでイメージできないですかね?
・筐体が接地されていないということは宙に浮いているのと同じで電圧が確定していない。
・その浮いた筐体は0V(接地側)と100V(電圧側)の間にあって両方から同程度の影響を受けている。
 (電磁的な結合が分からなければ、鉄に磁石を近づけた場合を想像してもらえば良いです)
・電源線と直接つながっているわけではないので、人が触っても感電するほどの電流を流す能力はない。

>それ以下の漏れ電流でも感電することってあるんでしょうか?
ちょうど感電による人体反応を記載しているHPがあったので貼っておきます。多少の個人差はありますが、最小感知
電流以下であれば感電しているとは認識できないので、感電とは言わないでしょう。
http://www.nttfe-thk.co.jp/mame/denki/denki.html

>正常な機器でも接地せずに使用したら感電する場合があるんでしょうか?
>>3で書かれている通り水雰囲気状態にあれば感電はあり得ます。「水で濡れた手でスイッチを操作しない」などと注意
書...続きを読む

Q3Pコンセントの電圧測定について

デスクトップPC等で使われる電源ケーブルを、アース線を宙ぶらりんの状態でコンセントに接続しアナログテスターでA、B、Cの間の電圧を測定してみると、A-C間は予想通り102V程度になったのですが、A-B間、およびB-C間で10Vほどの電圧が観測されました。(テスターはACレンジ)

Bは宙ぶらりんになっていて回路としては開放状態にあるのに、何故電圧が計測できたのでしょうか?念のため、ケーブル単体でコンセントに接続せずに抵抗測定モードでA-B、B-C間をはかってみましたが当然絶縁状態でした。手持ちのケーブル5本ほど全てで起こったので、一般的な現象だと思うのですが、何が起こっているのでしょうか。

Aベストアンサー

A-B間、B-C間、A-C間にはコンデンサーが形成されます。
A-B間,B-C間の二つのインピーダンスはかなり近い値になるでしょうから同じとみなしこれをZ1とします。

A-C間に交流電圧Vを与えるとA-B間には二つのZ1で分圧された
V*Z1/(Z1+Z1)=V/2
の大きさの電圧が現れます。今回の場合は51V程度かかることになるでしょう。

でも、実際に測定すると10V程度しかないと出てきます。
これは、測定する行為そのものがこの分圧に影響を与えてしまいA-B間の電圧を大きく下げてしまったのです。

通常、電圧を測定する場合は測定する2点にプローブを当てて測定します。その際、プローブを通じて測定器に大きな電流が流れると、実際の電圧が変わってしまうため、計測器の入力インピーダンスは十分に大きくする必要があります。
実際に電圧計の入力インピーダンスはそれなりに大きくなっています。

ですが、今回の場合、電圧に関与する二つのインピーダンスZ1はかなり大きく(でないと常にケーブルに大きなリーク電流が流れてしまうことになるでしょう)、アナログ電圧計の入力インピーダンスZ2すら超えてしまいます。

そのため、分圧比はZ1:(Z1+Z1)ではなくほぼZ2:(Z1+Z2)になってしまい、元の1/2よりもかなり小さくなってしまいます。
そのため、本来V/2の電圧が得られるはずがもっと小さい電圧になってしまうのです。

入力インピーダンスが大きいDMMを使ったり、同じ入力インピーダンスを持つ電圧計をB-C間に取り付けるとV/2に近い出力が得られるでしょう。

A-B間、B-C間、A-C間にはコンデンサーが形成されます。
A-B間,B-C間の二つのインピーダンスはかなり近い値になるでしょうから同じとみなしこれをZ1とします。

A-C間に交流電圧Vを与えるとA-B間には二つのZ1で分圧された
V*Z1/(Z1+Z1)=V/2
の大きさの電圧が現れます。今回の場合は51V程度かかることになるでしょう。

でも、実際に測定すると10V程度しかないと出てきます。
これは、測定する行為そのものがこの分圧に影響を与えてしまいA-B間の電圧を大きく下げてしまったのです。

通常、電圧を測定する場合は測...続きを読む

Q電圧低下の原因

職場でコンセントから電気をとっていたのですが、
使えなくなったため、コンセントから電圧を測ると
80~90Vでした。
隣のコンセントも電圧が低下していたため、
コンセントを抜き分電盤のブレーカの2次側で電圧を
測ると、105Vありました。
ブレーカはトリップしていませんでした。
とりあえず、その回路は使用禁止としましたが、
電圧低下の原因として考えられるのは何があるのか
教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
もう一度確認しますが、
「すべてのプラグを抜いた状態で、コンセントは80~90Vしかなく、分岐ブレーカの2次側では105Vある。」
ということですね。

これは分電盤からコンセントに至る道中での、接続部の施工不良か、コンセントの刃受け部が甘くなっていることによる接触不良などです。
案外、分岐ブレーカに電線を挿してある、端子ねじがゆるんでいることなどもあります。増し締めしてみて治りませんか。

もし、負荷をつないだときのみ電圧が落ち、負荷を外せば正常に戻るなら、電源側の中性線欠相が考えられます。分電盤の3本の線のうち、白線の接続がゆるんでいたりすると、一方で電圧が落ち、他方で上がるという現象が起こります。これは電流を流している状態でないと現れません。つまり、プラグを全部抜いた状態では正常に見えます。

いずれにしても、電気工事業者に診てもらうことをお薦めします。

Qフレームに50Vの電圧がかかっています。

ある機器室の中の設置されていないフレームにやく50Vの電圧がかかっていました。コンセントによる電源供給でしたので、プラグの抜き差しでフレームと隣のフレームにある設置端子間で電圧を測定しながら原因をたどっていくとN社製の電源供給装置だということが分かりました。
しかし切替日が決まっており対策が出来なかったので、隣のフレームの接地端子へアース線を接続しフレームが0Vとなったのを確認して切替を終わらせました。
この方法で良かったのかどうか教えて下さい。
私としては原因を取り除かずに、エイヤで接地線を接続しただけで本当に良かったのか疑問に思っています。
結果オーライでよいのでしょうか?。
詳しい方がおられましたらご回答下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電源回路(通常は100V)にはノイズフィルター用コンデンサーが接続してある機器があります。 その際、fg(フレームグランド)を設置していないと丁度半分の電圧がフレームにかかる場合があります。
しかし、一般にこのコンデンサーの容量は数千PFのため感電死には至らない様になっています。
 フレームをグランドに落とす仕様の機器はアースをお勧めします。

 なお、米国仕様の機器でアンテナ端子のある機器は2.2MΩの抵抗でAC電源に接続している物もあります。この場合、測定方法により100V近い電圧がかかる場合もあります。

Qコンセントの電圧が、100V出ない

築二十数年の中古住宅を購入しました。
数部屋あるうちの一部屋について、蛍光灯がつかないのでいろいろ調べてみたら、なぜかその蛍光灯の供給電源のみ、100v出ておらず、40V弱の電圧値でした。

これってなぜなのでしょうか?

漏電??

お詳しい方がいらっしゃったら、ご助言くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは
 おそらく壁等にスイッチがあるハズです。よく、タンスの裏などに隠れてしまっている事が多いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報