親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

どなたかウチワヤシの具体的な育て方をご存知なかたいらっしゃいませんか?わたくしは熊本市に住んでおりますが室内であれば越冬可能なんでしょうか?ちなみに冬場の室内は夜間のみ最低5度くらいになると思います。また、光量はどのくらい必要なんでしょうか?
いろいろインターネットで調べたのですが、情報が少なく、内容もまちまちなので現に育てておられる方がいらっしゃらないかと思い質問いたします。

A 回答 (1件)

ヤシ類の育て方です。

日光を十分当ててください。
http://www.makimo-plant.com/maintenance/palm.html

参考URL:http://www.makimo-plant.com/products/details/lic …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなって申し訳ありません。参考になりました。

お礼日時:2006/05/21 11:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qココヤシを植え替えたいのですが、、、

ココヤシを買ったのですが、お洒落な鉢に植え替えたいと思っています。

ヤシノ実から1メートルほど木が出ている状態で、室内で育てたいと思っています。

やしの実と植木鉢の直径が同じくらいなのですが、植え替える時も大きな鉢に植えない方がよいですか?
あと、鉢から抜くには、やしの実の部分をひっぱっても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

ココヤシはヤシ科ココヤシ属の熱帯および亜熱帯植物です。
熱帯植物ですから、暑さには強いのですが寒さには極端に弱いのが特徴
です。置き場所は室内を希望されていますが、環境に適応しないと状態
を悪くさせて枯れる事もあるので、次に書く事を守られる事です。

まず置き場所ですが、春から秋までは屋外の直射日光が十分に当たる場
所が良く、明るい日陰(室内の比較的に明るい場所)や光線が全く当た
らない場所では上手く育ちません。室内でインテリアとして置くのであ
れば、それは止められた方が無難です。
冬場は必ず室内に取り込み、他の観葉植物が5~7℃以上で越冬するの
に対し、ココヤシは最低でも15℃以上は必要です。日中は15℃以上
をキープ出来ても、就寝時には15℃以下になりますから、室内であっ
ても防寒対策は必ず必要です。状態を良くして生育させるなら、室温は
20℃前後にするようにします。
住んでいる地域は分かりませんが、冬場に暖房器具で加温している部屋
も、就寝時に暖房を止めてしまうと室温は急激に下がり、朝方には0℃
近くまで下がっている事もあります。ココヤシの場合は寒さに弱いです
から、冬場をどう乗り切るのかが最大の焦点となります。

水遣りは年間を通して鉢土の表面が乾いたら与えます。夏場と冬場には
どうしても空気が乾燥し湿度不足になりますから。このような時は葉水
(葉の裏表に霧吹きで水を噴霧する作業)をして湿度を高めます。

肥料は4~11月までは1ヶ月に1回で、緩効性化成肥料(マグァンプ
K等)を鉢土の上に置き肥します。

植替えは5~9月の間なら行えます。土は市販の観葉植物の土か、又は
市販の培養土を購入時のまま何も混ぜないで使います。どうしても土が
軽過ぎてココヤシが倒れそうな時は、観葉植物の土か培養土に園芸用の
川砂を2割程混ぜて下さい。自分でブレンドをする方法もありますが、
素人では上手く適応しない事があるので、当面は市販の既製品を使用す
る方が無難で確実だと思います。
植替えは必ず2年毎に行い、長くても3年までです。それ以上になると
鉢内で根が一杯になり、根詰まりを起こしたり鉢から抜けなくなる事も
あります。状態を維持するなら、2年毎の植替えがベストです。
植替え時の抜き方ですが、鉢を横倒しにして拳で鉢の回りを叩けば外れ
ます。それでも外れない時は、鉢を鉢底の方向に棒で叩けば抜けます。
間違っても実や茎を持って無理に引き抜く事は厳禁です。茎を持ち引く
と実から茎が抜けたり、実を持って引くと根が切れてしまいます。
あなたの髪の毛を無理に引っ張ると同じと考えて下さい。

病害虫ですが、湿度不足の室内ではハダニが発生します。アブラムシや
コナカイガラムシも発生しますので、年間を通して風通しを良くして、
湿度不足にならないように環境改善が必要です。
発生したら薬剤散布をし、早めに駆除しないと手遅れになります。

鉢のサイズですが、実の部分と鉢との隙間が、約3cmは必要ですね。
鉢は必ず深鉢(鉢には底の深い深鉢と、深鉢より浅い平鉢がある)を使
用します。デザイン的ならテラコッタ鉢がいいと思います。
それと必ず鉢底穴が開いている事を確認して下さい。底穴が開いていな
いと根腐れを起こし枯れます。

ココヤシはヤシ科ココヤシ属の熱帯および亜熱帯植物です。
熱帯植物ですから、暑さには強いのですが寒さには極端に弱いのが特徴
です。置き場所は室内を希望されていますが、環境に適応しないと状態
を悪くさせて枯れる事もあるので、次に書く事を守られる事です。

まず置き場所ですが、春から秋までは屋外の直射日光が十分に当たる場
所が良く、明るい日陰(室内の比較的に明るい場所)や光線が全く当た
らない場所では上手く育ちません。室内でインテリアとして置くのであ
れば、それは止められた方が無難です...続きを読む

Q直射日光がガンガン当たっても平気な植物は?

引っ越す事になったのですが
そこのベランダが、夕方前から4時間ほど、
強烈な西日が当たります。
だけど「日当たりがいい」のは確かだし
せっかく道路に面しているので、お花でも育てたいのですが
これからの時期とこの環境。何が適しているでしょう?

★なるべく手がかからないものがいい
★実用も兼ねて食べられるものならなお嬉しい
★住宅地とはいえ道路側なので空気はあんまりよくないかも

わがままな質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 冬が零下にならなければ、トケイソウなんていかがでしょうか?
 1年草扱いで、春にタネを蒔き、秋に実を収穫して終わりのものもあります。

 トケイソウは根がつくとそれほど手がかからないし、2品種植えると
実が出来やすくなり、パッションフルーツを楽しめるうえ、つる性なので
夏の西日を防ぐカーテンの役割を果たしてくれます。

 トケイソウは空気が悪くても、持ち前の生長力でぐんぐん育ってくれます。

Q蘇鉄の剪定について

蘇鉄の剪定について
我が家にある蘇鉄の幹が伸びすぎてしまったので、切り詰めたいと思っています。伸びた葉は根元から切ると聞いていますが、幹の場合はどこで切っても構わないのでしょうか?通常の木の幹と違って下手に切ると枯れてしまうような気もするのですが。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

ソテツは株の天辺にしか生長点が存在しないので他の木の様に途中で切ったり、剪定のようなことは不可能ですね。ですのでこれ以上大きくしたくないなどの理由で生長点を取り除いてしまうと弱って枯れてしまう可能性も大きいです

株元に小株が出来ているならそれを残して大きい方は切り倒すくらいしか対処の仕様がないかと思いますが、そもそも小株が出ていなければそれも無理ですよね・・・

ソテツはもともと大きくなる植物ですので地面に直接植えてしまったのが悔やまれますね。本来は植える時にどのくらい大きくなるものかを把握して納得してから植えるのが植物のためにも良いのですが・・・

>蘇鉄の剪定について
伸びた葉は根元から切ると聞いていますが、幹の場合はどこで切っても構わないのでしょうか?
通常の木の幹と違って下手に切ると枯れてしまうような気もするのですが。ご存知の方教えてください。

           ↓
通常は、増やし方は瘤のような塊(地表の出た幹の下部に出来る塊)を利用して株分けをします。
また、今回の質問のような植え付けからの年月の経過で、大きく成り過ぎたら、樹形や樹姿を整理するには、他の樹木のように強剪定で幹を切り行う訳には行きません。
どうしても、小さくするには、世代交代で「大きくなったソテツは切り倒し&新たに株分け」育てるしか出来ません。
尚、葉は幹に接する部分から刈り取る事も可能ですが、幹そのものを無理に切れば、切り口から腐朽が進み枯れます。

ソテツは株の天辺にしか生長点が存在しないので他の木の様に途中で切ったり、剪定のようなことは不可能ですね。ですのでこれ以上大きくしたくないなどの理由で生長点を取り除いてしまうと弱って枯れてしまう可能性も大きいです

株元に小株が出来ているならそれを残して大きい方は切り倒すくらいしか対処の仕様がないかと思いますが、そもそも小株が出ていなければそれも無理ですよね・・・

ソテツはもともと大きくなる植物ですので地面に直接植えてしまったのが悔やまれますね。本来は植える時にどのくらい大き...続きを読む


人気Q&Aランキング