車両総重量(kg)、タイヤ有効半径(m)、7600rpmのときのエンジン出力(kW)、6800rpmのときの最大トルク(Nm/rpm)が分かっている
6速トランスミッション。
また、1速、6速の変速比、終減速比も分かっています。

上のような条件のとき、
(1)1速、エンジン回転数6800rpmでのタイヤ駆動力
(2)6速180km走行時のエンジン回転数
を求める式を教えてください。

初心者で何も分かりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あわわわ!!間違えました!すみません。



speed = rpm / G1 / G2 * 2πr * 60 / 1000 [km/h]

こっちです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お陰で回転数、ちゃんと求めることができました。

お礼日時:2002/01/15 14:42

ちなみに、



speed = rpm * G1 * G2 * 2πr * 60 / 1000 [km/h]
G1 = ギア比 , G2 = ファイナルギア比 , r = タイヤ半径 [m]

で出ますから、ギア比が分かれば逆算で(2)は出ますね。
    • good
    • 0

車重などは関係ないのですが、ギア比が分からなければ計算できませんよ。


エンジン-ギア-ギア(ファイナル)-タイヤですから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランスミッションの故障?

シフトをRに入れても空ぶかし状態で後退しません。Dで前進はします。当方走行距離3万2千KMの三菱シャリオ(94年2.4L)。3ヶ月前に車検済み。車検に出した所にみてもらったところ再生品のトランスミッション待ちで25万円くらいかかるとの事。車検後3ヶ月間保証をうたっているが対象になるか否か微妙との事。
そこで質問です。32000KMでのトランスミッションの故障ってよくあることですか。トランスミッションは車検時の検査の対象外なのですか。ディーラーまたは、メーカーに交渉できる内容でしょうか。

Aベストアンサー

>ATオイル交換の際の問題にはどのようなものがありますか。

ATの構造は基本的にメーカーや車種により異なります
構造が違えば当然オイルに求められる性質が違い、
また規定量を入れ替えするに当たって
量の測定方法も違います
これらにその辺のカーショップのオニイチャンが
適切対応できるとは言えず 少なからずトラブルに
つながることがあります
実際問題 ワタシのメカニック時代の経験で
これらのトラブルを何度か修理したことがあります


>また、このような運転はしていませんが、ディーラでそれがわかるのでしょうか。


分解したところで実際問題わかりません
ディーラーへ持ち込む事を薦めた理由は
比較的多い修理内容であれば
メーカーからディーラーへ無償修理するよう
指示または対策が講じられている事があります
これはリコールとは違うため
公開していない事があるのです
もしかしたらこれに該当する可能性があるため
持込を薦めたのです

Q5速と6速の違い…ギアが細かいほうが回転が落ちない?

知人が乗っている車はギアが6まであるのですが、ほとんどの車は
5であると思います。
なぜ6まであるのか聞いてみたところ、ギアが細かくわかれていた
ほうが、回転を落とさない?というようなことを言っていたの
ですが(スイマセン、聞き流してました)、これはどういう
理屈でしょうか?
私は車は持っていないのですが、バイクを所持しており、それも
6速まであります。
あまり回転数を意識していなかったのですが、正しくギアについて
理解すれば、よりスムーズな走りができるのかと思いまして…。

あまりメカニズムについては詳しくないので、ぜんぜん車を知らない
人に教える感覚でご説明いただければありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スムーズに走れるようになるかどうかは???
ミッションを多段化するメリット・・・
バイクに乗ってるらしいので、エンジンの回転により「力の出る回転数」と言うのは解かりますね。なら「タンディムで登り坂」としましょう。
ギアを4速で登っていてエンジンが吹け上がりきった場合、5速に上げますね!?5速に上げた途端、エンジン回転が下がって登坂力が無くなってしまった、そのような勾配の続く坂では次第に速度も下がり出す、仕方なくまた4速に下げて回転を上げる。こういった場合には「4.5速?」が欲しくなるでしょ?
だから、加速力や速度を維持する為にも「エンジン回転数でおいしい所」を上手く使える様にする訳です。その為にはギアの数を増やして、どんなシチェーションにも「ギアを選ぶ事」が出来るように多段化する訳です。

QATトランスミッションの故障? Golf1.6L

数ヶ月前に中古の2003Golf1.6Lを購入しました。

購入後1ヶ月ぐらいは順調に走ってくれていました。
問題は、時々ギアの回転数はあがるのですがスピードがあがらなくなってしまいます。

起こるのは、毎日高速道路を使うのですが、高速を降りた後に坂を下りて一時停車し、そして坂を上がる時。
又は高速走行中の信号機などで停車してから加速した時。
高速走行後、一旦停車してからの発進時に起こります。いつも起こる分けではなく時々です。
そしてだいたい同じ場所で起こります。

Emission Problem等の字がスクリーンに何度か現れて、その度に修理してくれる場所にもって行きました。 最初はサーモスタット全体の交換をしました。その後警告はでなくなりましたが、時々ギアチェンジの不具合(?)は起こります。修理所の人がコンピューターを通してデータを収集してもどこがおかしいのかわからないようでした…。

勝手な想像ですがトランスミッションオイルの交換とかしたら治ったりしないのかなぁとちょっと考えました。インターネットで調べたりしましたが、適切な用語を思いつかずか適当な回答がみあたりませんでした。

車について全然知識がないため、何がどうなってるのかさっぱりわかりません。
同じような境遇があった方、知識がある方助けていただけないでしょうか。

返信して頂けると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

数ヶ月前に中古の2003Golf1.6Lを購入しました。

購入後1ヶ月ぐらいは順調に走ってくれていました。
問題は、時々ギアの回転数はあがるのですがスピードがあがらなくなってしまいます。

起こるのは、毎日高速道路を使うのですが、高速を降りた後に坂を下りて一時停車し、そして坂を上がる時。
又は高速走行中の信号機などで停車してから加速した時。
高速走行後、一旦停車してからの発進時に起こります。いつも起こる分けではなく時々です。
そしてだいたい同じ場所で起こります。

Emission Problem等の字が...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、#2です。

来た!まさかの海外在住。。。それならそうとコソッと言ってくれれば。沖縄とか、伊豆諸島とかの、海外じゃないよね?

それならね、一般的にはELM327っつーのがある程度使えるっす。けど日本仕様車を持っていったならVAG-COMっつーVAG(フォルクスワーゲン・アウディ)専用のスキャンツールがebayとかで売ってるっすから。出来ればfrom Chinaやfrom Hong Kongは絶対に避けて、ね。アメリカのebayなのに急に中華やホングコングがしゃしゃり出てトロイの木馬付のソフト送ってきたりするっすから。5000円程度かな、日本円に換算して。
日本仕様だとね、一般的なOBD2スキャナーを拒否する場合があるんっすよ。OBD2搭載車なのに。だから専用の読み取り機を買っとくといろんな事が出来るっす。
でね、VAG-COMはPCインストールタイプとハンディスキャナタイプがあるっすけど、両方持っておくとイイっすね。ハンディタイプは液晶がチャイチー(ちいちゃい)の。大昔のたまごっち的な安っすい液晶で読み辛いの。PCだとノート型にインストールすれば画面が大きくて見やすいし分かりやすいけど持ち歩きに少々難が。。。だからダッシュボードにハンディスキャナタイプ、家で腰を据えて出来る時はPCって使い分けると楽勝っす。両方買っても10000円っすから。その辺海外在住者が羨ましいっす。

それにね、ATFは日本国内でも賛否両論分かれてて、替えて調子が悪くなった、っつー話もあるっすね。

ココから先は個人的な意見なのでそれなりに話半分くらいで聞いてくだされ。。。
ATにもね、エンジンオイルと同じでフィルターがあるんっすよ。国産車やOPELなんかの一部欧州車はミッション下ろさないと交換できないタイプっすけど、BMWやVAGはオイルパンを外すとすぐ出て来るんっすよ。コイツを新品に替えないと故障が起きるみたいっす。つまりね、今まで散々ろ過してくれたフィルターに詰まったゴミやカス的なモノが新しいATFが入ったおかげで、新しいATFは古い奴より明らかに洗浄能力高いっすから、フィルターに詰まったゴミやカス的なモノを剥離しちゃう。それが巡り巡ってギヤとかに噛んじゃって故障が起きる。。。っつー流れなんじゃねえのかなぁ。
だからね、やるならケチらずにフィルターの新品交換も込でやったほうがイイっすよ。今海外のどちらにいるのかにもよるっすけど。

北アメリカ大陸やヨーロッパなら、ディーラーの他にBILSTEINやBARDAHLの看板で信頼度がある程度知れる(ワンメイクレース用のクルマも作れちゃうプロショップ)っすけど、中国や韓国や東南アジアやインドとかとなると。。。ディーラーに持ってけば?って感じっすよ、お国柄的に。

蛇足ながらね、OBD2コードはこんな感じ(http://www.quadrimoteur.jp/service/001/001a.html)っすよ。

どうも、#2です。

来た!まさかの海外在住。。。それならそうとコソッと言ってくれれば。沖縄とか、伊豆諸島とかの、海外じゃないよね?

それならね、一般的にはELM327っつーのがある程度使えるっす。けど日本仕様車を持っていったならVAG-COMっつーVAG(フォルクスワーゲン・アウディ)専用のスキャンツールがebayとかで売ってるっすから。出来ればfrom Chinaやfrom Hong Kongは絶対に避けて、ね。アメリカのebayなのに急に中華やホングコングがしゃしゃり出てトロイの木馬付のソフト送ってきたりするっすから...続きを読む

Q○速MTと○速ATの速の英語

5速MTや6速MTの速って英語にするとどうなるのですか?
MTの部分はManual Transmissionだと分かるのですが。
そして、4速ATや5速ATの速を英語にした時、
5速MTや6速MTの速の英語と同じなのでしょうか?
以前に、ATとMTの速は英語に直すと異なる英語になると
聞いた事があったので、ふと疑問に思いまして。

Aベストアンサー

そうですね、一般的に英語では車でもバイクでも自転車でも変速数はSpeedで表すのが普通ですね。
アメリカの中古車雑誌などでは、ミッションを5Sp.MTとか3Sp.ATなどと省略しているのを見たことがあります。
日本では、だいたい5MTとか4ATなどと書かれていますね。
オフロード4WDや大型トラックなどで副変速機がついていたり、自転車のように前後に変速機がある場合などは、6X2Speedのように書く場合もあれば、12Speedと書く場合もあるようです。

Qトランスミッション

ドイツ語でマニュアル・トランスミッションとオートマチック・トランスミッションはなんというのですか?
カテ違いかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

マニュアルトランスミッション Manuelles Schaltgetriebe
オートマチックトランスミッション Automatikgetriebe

Qクラッチの摩耗テスト 3速、4速、5速???

車のクラッチの摩耗を調べる方法として、サイドブレーキを引いた状態でいきなりクラッチをつなぎ、エンストすればOK、というやり方がよく紹介されていますが、人によってその時のギアが3速だったり4速だったり5速だったりします。どれが一番いいのですか?

中古のマニュアル車なので、クラッチの摩耗には気を使わなければならず、やり方を知っておきたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのチェック方法でエンストしない車って、既に公道をまともに走れないレベルにまでいっちゃってますよね。

クラッチが滑る症状が出ている車でも、そのチェック方法では難なくクリアしています。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa6384344.html)の No.1


ところで、これからマニュアル車お乗りなら、ぜひこちらをお読み下さい。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa7375561.html)の No.9




>中古のマニュアル車なので、クラッチの摩耗には気を使わなければならず、やり方を知っておきたいと思っています。

わざわざチェックなどしなくても、乗っていれば分かると思います。
クラッチが滑り始めますと、クラッチを完全に繋いでいても、加速時のスピードメーターとタコメーター(タコメーターが無い車の場合はエンジン音で)の動きが正比例ではなくなります。
まるで半クラッチを踏んだままのような、アクセル踏むと車速は変わらないのにエンジン回転数だけブイ~ンと上がったり、アクセル戻すと回転数も戻ったり。
例えば坂道発進の時にこのような症状が出てきたら、つまり発進後にクラッチを完全に繋いでいるにもかかわらずエンジン回転数が高いままであったり、そのまま少しアクセル緩めてやると車速は変わらないのにエンジン回転数だけスッと落ちたり、こういったことが気になってきたらクラッチが滑ってきたと思うことになります。

(音で判断する場合は、エンジン回転数が上がると音も甲高くなります。回転数は変わらずもアクセル踏めば排気音が大きくなる事は普通の事です。)

そのチェック方法でエンストしない車って、既に公道をまともに走れないレベルにまでいっちゃってますよね。

クラッチが滑る症状が出ている車でも、そのチェック方法では難なくクリアしています。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa6384344.html)の No.1


ところで、これからマニュアル車お乗りなら、ぜひこちらをお読み下さい。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa7375561.html)の No.9




>中古のマニュアル車なので、クラッチの摩耗には気を使わなければならず、やり方を知っておきたいと思っています。

わざ...続きを読む

Qトランスミッションオイルの交換

カナダ在住の者です。GMCの2000年式のサファリーを乗っています。230万キロになりますが、エンジンオイルとフィルターは6000キロごとに行なっていますがトランスミッションオイルを交換したことがありません。トランスミッションフラッシュなどと書かれた広告をみることがありますが、トランスミッションオイルは交換する必要があるのでしょうか。

Aベストアンサー

230万kmも走って何ともないなら、それでいいような気がしますが。

トランスミッションオイル、通常はMT(マニュアルトランスミッション)オイルのことですね。

マニュアルトランスミッションの中には、シンクロ機構とギヤあり、オイルによる潤滑作用が不可欠です。で、オイルが入ってるものの周りには、オイル漏れを防ぐシールやパッキンがあるのが普通です。無い場合は、共通潤滑タイプのものが多いです。デフとトランスミッション兼用など

エンジンオイルほど早期には汚れませんが、使っていれば汚れますし、オイル自体も劣化してきます。そして、汚れたオイルでは、シール&パッキンを痛め、オイルにじみ漏れを起し、オイル漏れを起します。

オイルがなくなる、過小になるとと、変速しづらい、ミッション損傷により通常走行不能になります。

なお、トランスミッションフラッシュについては知らないので何ともいえません。

Q5速のみギヤ比変更

こんちには。お世話になってます。
マツダ・ロードスター(H13NB6)に乗っています。まだまだ車のことを勉強中です。

ところで、このロードスターは5MTなのですが、高速などでトップ(5速)のギヤ比が低くて、エンジン回転数が結構高いです(そしてうるさいです)。加速は4速まで行うので、1~4速のギヤ比はそのままで、5速のみギヤ比を下げて、高速道路巡航用のオーバードライブのように変えてしまうことは可能なのでしょうか?
たとえば、現在120キロ@3000回転/5速を 120キロ@2000~2200回転位が理想です。

もし、可能の場合、部品と工賃はそれぞれいくらになるでしょう?

Aベストアンサー

純正状態からさらに「5速のみ」ギア比を離すということを希望する人は、ロードスター乗りにはなかなかいないようで、市販のパーツはないと思います。あったとしてもコストのことを考えると現実的ではありません。

まずは希望の回転数になるようにファイナルを替えてみてはどうでしょう?いっそのことNB8の6速に乗せ替えした方が話が早いかもしれませんね!

Q車のトランスミッション

 この間、車の雑誌を読んでいて、トランスミッションについて書かれていました。そこに「2ペダルMT」という物が書かれていたんです。「普通MTのペダルは3つだよな」と思ってしまいました。
 そう言えば近頃は技術の進歩や様々なニーズに対応して何か色々なトランスミッションが登場していますね。良ければトランスミッションの種類やそのシステムについて教えて下さい。

Aベストアンサー

私の知識の範囲ですが・・・
大きく分けて
1、MT:マニュアルトランスミッション
2、セミAT:クラッチ操作のない"2ペダルMT"にあたるもの
3、AT:フルオートマティックトランスミッション
に分かれます。
その中でも2のセミATが
(1)MTのクラッチ操作をアクチュエーターで自動化したもの
(2)中身はATで変速を任意でおこなえるもの(トルコンが付いていてクラッチがないもの)
に分かれます。
また、3のATも
(1)遊星ギヤを使った従来からの自動変速機
(2)CVT(無段階変速機)
に分かれます。
そしてCVTにも現在市販されている物で
ⅰベルト式
ⅱトロイダル式
に分かれます。
MTはシフトの方法で
・一般のHパターン
・シーケンシャル
があります。シーケンシャルシフトは1段ずつしかUp・Downできません。

実際の例では、MTは特に説明の必要はないので省きますが、
(1)にあたるのが:NAVI5(いすず)セレスピード(アルファロメオ)F1システム(フェラーリ)カンビオコルサ(マセラティ)
(2)が:Qシステム(アルファロメオ:(1)にあたります)スバルプレオの6速ミッション((2)にあたります)スカイライン350GT-8の8速ミッション((2)にあたります)
というのがあります。
セミATでも、大概はフルオートモードとマニュアルモードの切り替えになっているようです。

ちなみに#1の方の言われるF1のギヤボックスはマニュアルベースのセミATになります。

私の知識の範囲ですが・・・
大きく分けて
1、MT:マニュアルトランスミッション
2、セミAT:クラッチ操作のない"2ペダルMT"にあたるもの
3、AT:フルオートマティックトランスミッション
に分かれます。
その中でも2のセミATが
(1)MTのクラッチ操作をアクチュエーターで自動化したもの
(2)中身はATで変速を任意でおこなえるもの(トルコンが付いていてクラッチがないもの)
に分かれます。
また、3のATも
(1)遊星ギヤを使った従来からの自動変速機
(2)CVT(無段階変速機)
...続きを読む

Qレシプロエンジンの圧縮比について

ガソリンエンジンはいつも理論空燃比(14.7:1)で混合気を作ってシリンダに吹き込んでいるのでしょうか?

フルスロットルだとシリンダに混合気を満タンに入れますが、いつもフルスロットルで走っているわけではない。するとハーフスロットルではフルスロットルの半分の混合気がシリンダに入っているという事?
正確には体積ではなくて分子数でみてハーフスロットルではフルスロットルの半分の混合気がシリンダに入っているという事?

もしそうなら、ハーフスロットルのときの本当の圧縮比はフルスロットルのときの半分ですよね。
そういう理解でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ロス(抵抗損失)に着目した場合、2番の回答の御礼欄部分のアイドリング時には無負荷・・・スロットル全閉ですので圧縮抵抗は最小で燃焼圧力も最小で相殺、吸入抵抗は最大のためかなりの高不可になります。
吸入抵抗軽減のためEGR還流により吸入空気が高温になりますので空燃費比はリッチに制御します。
つまりは4番の御礼欄での考え方は正しいです。
ちなみにスロットル全開では圧縮抵抗最大で燃焼圧力も最大で相殺(相殺の言葉は均衡ではなく、あくまで抵抗部分に着目した場合の意味)、吸入抵抗最小のため効率は最大になります。
エンジン出力と車両重量比にもよりますが小排気量車やディーゼルエンジン車が燃費が良い理由の一つにポンピングロスが小さいことがあげられますと同時にアイドリングストップ機構がさいようされる理由でもあります。

9番御礼欄、理論空燃比での燃焼にこだわる理由はそれが理論値だからこそと、三元触媒での排気ガス浄化ロスを最小にするためです。
エンジン内部の摩擦抵抗は変化しませんし以上摩耗も発生しません。ディーゼルエンジンはスロットルバタフライが存在せず燃料噴射量のみで出力を制御していますが異常な摩耗はおこりませんよね。
高圧縮比化による燃焼圧力向上による高効率化は仰る通りです。

10番でのGDI技術は三元触媒での排気ガス浄化に限界があるため超希薄燃焼できず、インジェクションされたガソリン粒子の周囲に燃焼するための空気が 相対的に不足し、結果カーボンが発生することによりシリンダー&ヘッドの気流や噴射燃料の蓄積&放出が起こるために不具合が多発しました。

取り留めもなく書き連ねましたが参考になれば幸いです。

ロス(抵抗損失)に着目した場合、2番の回答の御礼欄部分のアイドリング時には無負荷・・・スロットル全閉ですので圧縮抵抗は最小で燃焼圧力も最小で相殺、吸入抵抗は最大のためかなりの高不可になります。
吸入抵抗軽減のためEGR還流により吸入空気が高温になりますので空燃費比はリッチに制御します。
つまりは4番の御礼欄での考え方は正しいです。
ちなみにスロットル全開では圧縮抵抗最大で燃焼圧力も最大で相殺(相殺の言葉は均衡ではなく、あくまで抵抗部分に着目した場合の意味)、吸入抵抗最小のため効率...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報