『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

小学校高学年の子どもの母です。
アメリカの現地校に通い始めて、約2年半なのですが
思っていたよりも英語力がついていないのでは?と心配になったため
どういった勉強を家庭でさせたらいいのか、おしえて欲しいのです。

今子ども達が学校で読むことになっている本は
学年より1つ下の子の本が読めるような感じです。
文章もなんとなくは書けますが、文法はあまり理解していないようですし、
学校でも重視していないようです。

今まで、日本の中学英語の問題集で勉強をさせていましたが、
どうも理解ができないようで、
間違いが目立ちます。

そのため、

英語は英語のまま勉強した方をする
日本語で英語の教材を使って勉強をする
日本語で日本の中学校の英語の勉強をする

これのどれが良いのか、ものすごく悩んでいます。

2つめは

来年度からは中学生になるため、今よりも一層勉強が難しくなることが予想されます。
私自身、英語が苦手なため、
今現在、既に子ども達の方が私より英語を理解しています。
こんな私でも、子どものために何か出来ることがあるでしょうか?

教えていただけると助かります。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

自分が小6のときにアメリカから帰国しました。

現在は中学生のいる母親です。

(1)まず、ご質問は英語についてではありますが、帰国子女で一番心配なのは精神面だと私は思っています。ですから、まずはお母さんがドーンと構えて、あまりお子さんに不安が伝わらないようにしたほうが、帰国後、お子さんが社会面でも勉強面でもスムーズに順応するような気がします。そんな例をいくつも見てきました。

(2)つきましては安心材料を申します。どんなレベルの学校に通っていらっしゃるかはわかりませんが、学年より1つ下の本もろくに読めないアメリカ人はザラにいます。思うに、お子さんは、今のところ、その語学力で事足りているのではないでしょうか。というか、私が在住していた頃は、2年半で1学年下の英語力は当たり前でしたが。今後、勉強が高度になれば、それ相応に頑張るでしょう。信じてあげてください。

そして、英語が正しく「話せて」いれば、文法はわからなくても平気です。勘で文法問題は解けますし、文法問題の占める割合は少ないですから。ちなみに、私は文法問題がてんでダメなのですが、今、英語で稼いでいます。

(3)では、英語を正しく話せるようになるにはどうしたらいいか。私は日系の家庭教師の指導のもと、ひたすら現地のReader(現地でいう国語)の教科書を読まされていました。中身は物語や詩ですし、もともと小学校のReaderの先生でいらした家庭教師が楽しい読み聞かせふうに見本をみせてくださっていたので、成りきって楽しく読んでいました。帰国後の英語の授業などでも、たびたび「教科書を読むのが一番」という説を聞きましたが、これが「勉強らしい勉強方法」としては一番てっとりばやいと思います。

(4)日本では残念ながらあまりやらないようですが、もしも、読み方や発音の基礎ができていないなら、Aから順に「エイ、ア、ant」というふうに、「文字、発音、単語例」という練習を繰り返しやると効果的です。九九が身につくようにして発音が身につきます。また、新しい単語を使って、短文ではなく、物語を作ると、意味と綴りと文章力がつきます。アメリカの低学年児童は、だいたいそのようにして読み書きを覚えてきたはずです。

(5)でも、一番、効果的かつラクチンなのは、英語にどっぷりと浸かることです。日本語の通じないお友達に囲まれるのが一番ですが、それが難しいなら英語のテレビをたくさん見るといいでしょう。特に、繰り返し再放送をしているドラマなどを見ると、セリフとともに英語を覚えます。また、学校でお友達が増えないのなら、習い事やYMCAのようなレクリエイション施設に通ってみるのもいいかもしれません。

(6)尚、日本語を外国語に訳す能力と、外国語を外国語のままに話す能力は全然違います。後者のほうが遥かにラクです。

(7)海外子女教育振興財団はご存知でしょうか。さまざまな情報提供や悩み相談も行なっているようです。URLを書きに記します。

(8)「私自身、英語が苦手なため、今現在、既に子ども達の方が私より英語を理解しています。こんな私でも、子どものために何か出来ることがあるでしょうか?」とのことですが、お子さんに通訳をじゃんじゃん頼んではどうですか? 役に立てれば、それだけお子さんも励みになるでしょう。

参考URL:http://www.joes.or.jp/
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
経験者の回答はとても参考になりました。

子ども達が通っている現地校のレベルは高い方のようです。
だから、多分標準的な遅れではないのかな?と思っています。
私はどちらかというとESLの時間が少ないため、
きちんと教えてもらっているのかが心配なのと

日本人のチューターに文法文法とうるさく言われているのが
とても気になっていたので
今回、文法に関するご意見を聞かせてもらえて、とてもほっとしました。

今教えてくれている英語の先生のやり方に少し疑問もあったので、
これからの方向性が見えてきました。

正しく話せているかどうかは、私にはちょっとわかりませんが、
学校の先生の話によると、問題はないようです。

フォニックスは最初にしっかり教えてもらったので、
大分助かっていると思います。

海外子女教育振興財団はちょっと知りませんでした。
後でゆっくりと見てみたいと思います。

通訳は最近はよくお願いするようにしています。
いつも助かるわ~♪というのは忘れずに…(^^ゞ

ご丁寧に答えてくださって、本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/02/22 06:44

あまり悩むこともないと思います。

日本の中学の英語の教科書ならスラスラ読めますよね。ですから、中学に入学しても英語では普通の日本の生徒よりも大きなアドバンテージがありますよね。ですから、文法も飲み込みやすいとは思うんですが。#6さんの仰るように
中学に入ってからでも遅くはないと思うんですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。確かにそうかもしれません。
ただ高校受験や中学受験のことを考えて、ちょっと心配していました。

お礼日時:2006/02/21 12:56

Gです。

 補足質問を読ませてもらいました。

>日本へ帰国したあと、できると思っている英語が、実は文法知識のめんであまり理解できていないのではないか?というのが心配なんです。 現地校ではあまり細かく文法の勉強はしていないようですし…。

はい、やはり、日本へ帰って行くわけですね。 そして、日本の学校での「英語文法」と呼ばれているものへの知識が必要だと懸念されているのですね。

今住んでおられる地域に日本語学校(週末だけでも開校している)がありませんか。 駐在員グループなどはどうでしょうか。 

私の言いたいのは、この問題を抱えている駐在中の親御さんはpinklemonさんだけではないのです。 日本の英語教育のために、英語が分かり使えるだけじゃダメだと言う英語教育のために、もうひとつ勉強をしなくてはならないのは他にもたくさんの「帰国子女」の子供たちが経験してきたことであり、しかもところによってはいじめの対象となり学校は何もしてくれない、と言うようなこともやはり心配な親御さんもたくさんいると思います。

しかし、大手会社の駐在員の方々には「先輩駐在員」がたくさんおりその人たちからのいろいろなアドバイスがされていますね。 会社の型で同じような状況にいた人や今近くにいる駐在員の人たちが知っている可能性を求めても良いのではないかと思われます。

残念ながら私にはこの問題について十分語れる立場ではないし知識もありません。 でもお手伝いできたらと思う気持ちは変わりありません。
 
>JuniorHighに行くと、リポートとかが急に増えるそうなので、その辺の対応にも不安を感じています。

これはさほど問題はないでしょう。 今の時点で問題なく英語をこなしているのであれば、JuniorHighに行っても問題は無いと思いますよ。 中学のレベルでのリーポートはそれほど問題視しなくてはならないと言うレベルではありません。 大学での学習であれば話は違ってきますが、今は中学なのです。 あと6ヶ月以上ありますし、レベルについても心配なさることは無いと思います。

しかし、Teacher Parent Conferenceが必ずあるはずですね。 そのときに問題が存在しているのであれば先生もそれを指摘してくれでしょうし、こちらからそれを聞くことは別に悪いことでもありません。 私はお勧めします。 それだけ親としての関心があるということを学校に伝えることになるわけですから「すばらしい」ことでもあるのです。

また何かありましたら書いてください。 十分な回答が出来る心苦しいです。

この回答への補足

たびたびのご回答ありがとうございます。そのとおりなんです。
残念なことに、最近の駐在員は若い人が増えて、お子さんが小さい人やお子さんのいない人が増えてきました。
そのため、私のような子どもを連れてきている人が少ないこともあり、情報が不足している次第です。
そして、夫の会社は駐在員の人数が少なく、相談できる人がいないのです。カンファレンスでは、特に問題はないですよと言われました。
補習校はありますが、そこでは国語と算数のみしか授業が行われていません。英語はありません。
とりあえず、Junior-Highは大丈夫かも…と言っていただけただけで、少しほっとしました。

補足日時:2006/02/20 14:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々のご回答ありがとうございました。
次回のConferenceの時にまた聞いてみたいと思います。

お礼日時:2006/02/21 12:52

>各家庭での対策…という面で、今ひとつノウハウがわかりません。



将来的なことがよく分かりません。近いうちに帰国され、日本国内の高校へ進学されるという前提で書きます。そのままアメリカに残り、アメリカで進学ということでしたら、まったく事情が異なります。

対策として、かなりの方がやられているのが、Z会などの通信教育ですね。日本国内でやっているのと同じものを海外でやるわけです。自分が一時やっていた時(もうすでに30年以上前ですが、)も、すでにかなり定評のあるもので、最近は、更によく普及している様子です。

家庭教師をつけられているようですが、多分、日本人の方なのですよね。
家庭教師の是非はともかくとして、小学生ぐらいのお子さんなら、やはりまず本人の心構えが勉強にはどうしても必要です。
政治家の子供が政治家になる、医者や弁護士もそう言う傾向が多くありますが、これは、一つには、小さい時から、そう言う世界を体験しているからです。
小学生に将来つきたい職業を聞くと、男子ならプロスポーツ選手や大工さん、女子なら看護婦さんや保母さんが多く出ますが、これはその内容を身近に知る機会が多くあるからです。
勉強の重要性を言うよりも、世の中にはそういう色々な世界が多くあり、色々な意味で準備が必要な場合があることを、体験的に分かるようにしてあげることが、結果的には、早道であることが多いと思います。

具体的には、ホワイトハウスの見学コースに参加するとか、近くの裁判所や病院を見学する、または、大学や研究所、工場でも、ともかく、色々な世界があることを見せてあげることが、動機付けには必要だと思います。おちかくのコミュニティカレッジで、さまざまな専門家のお話を聞く会みたいなものが開催されていませんか。

話題が変わって、英語について。
下の参考URLに、taked4700の投稿した記事があります。英語のいわゆる暗記物でない基礎を述べたものです。役に立つはずですから、読んで見てください。


参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1945498
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
通信教育は以前やっていましたが、今は塾に通わせています。
参考HPは拝見させていただきました。
プリントアウトをして、子供にも読んでもらいました。
やる気は大切ですよね。本当に。

お礼日時:2006/02/22 06:46

再びNO.1です。

本のタイトルを思い出したので、おせっかいです。

中公新書ラクレの「子供に英語を教えるな」です。(ベストセラーになったはずなので、既にお持ちかもしれませんね)
もしご存じないなら、タイトルで驚いてしまうかもしれませんが、これは日本在住の日本人に、加熱する英語教育に警鐘を鳴らすための内容だからだと想像します。

20年にわたって現地の塾講師をしていた著者が直面した駐在員の子供達が英語を習得していくときの問題点を書いたものでした。確か日本で会を立ち上げて英語の指導にあたっていらっしゃると思いましたが。

第1章 在米日本人子女と過ごした一三年
第2章 セミリンガル化する子どもたち母語喪失の危機
第3章 バイリンガル幻想を検証する
第4章 日本で進む早期英語教育の実態
第5章 外国人との「対決」が育む国際感覚
終章 親が留意すべき10のポイント
    • good
    • 1
この回答へのお礼

度々のご回答ありがとうございました。
早速、本を注文してみました。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/02/22 06:47

一つのケースとしてですが。


同学年(来年度から中学)の子を持つ親です。うちの子は小1からアメリカ現地校に通ってますが、最初の1,2年くらいは現地校のESLクラス(フォニックス利用)を受けてました。同じように最初の頃は少し下の学年向けの本を読んでました。ESLクラスを受けさせておられるかは分かりませんが、英語力が心配であればリーディングやライティングなどの各分野について担任の先生と話し合ってみてはどうでしょうか。うちも最初の頃はかなり心配していたので、できるだけ定期的に学校の先生方と話をし、ESLの期間や課題を変えてもらったりしてました。家では宿題以外に特に英語の勉強はさせませんでした(むしろ、日本語を教えることで苦労しています)。心配する気持ちもよく分かりますが、もっと学校のプログラムなどを利用してもよいのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり低学年からアメリカに来た子と比べると、英語の方が厳しいです。日本語はわりと大丈夫ですが。
うちの子が通っている学校では、リーディングやライティングの先生が特別にいませんし、ESL自体あまり学校側が力をいれてくれていなくて…。宿題を補習してくれる場という感じです。
現在のアメリカでの成績は、学校側の一斉テストの結果ではそんなに悪くなく、平均以上の成績はとれているのですが、
日本での受験を考えると、これでは不十分なのかな?と不安に思ってしまったのです。
もう少し地域の情報を調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/19 10:40

昭和の50年代から、帰国子女が多くなり、語学教育をどうするかと言う問題提議がなされてきました。



ただ、あまりそれに対して、これがベストというような解決策は考えられてきていないようです。

問題は、基本的に、個人的なものであるということだと思います。

「個人的」と言う意味は、つまり、次の二つのことです。

1.社会構造的な問題と言えるほど規模が大きくないこと。例えば、義務教育の制度変更などは、社会全体の問題ですから、色々な対策が考えられ、それなりに何がベストかの選択がそれなりの機関によってされます。しかし、帰国子女の問題は、そこまで大きな規模の問題ではないので、対策がきちんと考えられていない。

2.帰国子女の各個人、または、各家庭で対策が考えられ、それなりの成果があげられている場合が多い。これは、それなりに経済的な裏づけのある家庭が多く、各家庭で、解決してきたということでしょう。


さて、具体策ですが、次の二つのことをやられたらどうでしょうか。

1.お子さん本人に、文法に注意する必要があることを話す。きれいな英語、自然な英語と、日常話される英語は必ずしも同じではないことを言って、本人の注意を促す。この際、SATの問題や、日本の入試問題などをやってもらうのもいいかもしれませんね。高校入試やセンター試験などがいいかも知れません。SATの語彙部門の問題集は米国内の本屋さんに普通に売っているはずです。

2.近所の高校生に、英作文の添削をアルバイトで頼む。結構、アメリカには、エッセイの直しをアルバイトでやっている高校生や大学生が多くいます。なるべく良いといわれている高校に連絡を入れ、そこの先生に紹介をお願いすれば、良い生徒を紹介してくれると思います。月に数回づつでもエッセイを書き、それをちゃんと添削してもらっていれば、かなり上達しますよ。もっとも、一年は継続する必要があると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
各家庭での対策…という面で、今ひとつノウハウがわかりません。
どの程度のことをさせているのか?
何をしてあげたらいいのか?よくわからないのです。
英作文の添削アルバイトは真剣に検討してみます。
これから1年でどこまで上達するか…。頑張ってみます。

お礼日時:2006/02/19 10:34

それほど心配することもないと思いますが。


中学生向けの教科書は問題集はあまり感心しませんね。国語力が追いつかないし、意外とハードル高いですよ。
皆さん、結構気づかない人が多いんですが、英語の文法を理解し和訳するというのは実は普段使っているよりも高い国語力が要求されるのです。pinklemonさんが英語が苦手なら、今は英語は放っておいていいですよ。それよりも 国語をみっちり教えてください。これを怠ると日本語も英語も中途半端になりかねません。ここで注意しなければいけないのは、純粋に学校の国語だけでなく、漫画やアニメもたくさん見せるなどしてて、日本に帰った時に、なるべくスムーズに環境に順応できるように準備しておくことも重要です。
あとはお子さんが中学に入学してから考えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ちょっとここで気持ちに踏ん切りが付きました。
家庭教師に英語の勉強が理解できないこと(中学の文法書で勉強)をしつこく言われて
どうしたらいいか、途方にくれていたので…。
実際、うちの子供たちは英語を英語のまま勉強する方が楽なようです。
私も何かできることはないか?と思っていたので、
私が教えることが出来る、国語や算数など、頑張って教えてみたいとおもいます。

お礼日時:2006/02/19 10:26

アメリカに37年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

こちらの現地の学校へ2年半も行っていて「文法ができていない」ということは問題集ができないということなのでしょうか、それとも作文に文法的間違いがあるということでしょうか。

それにしても、もしお子さんを普通の近所のお子さんと同じような生活(家で日本語を使うのは別として)をしていれば、もうとっくに近所の子供たちと同じようにしゃべり理解しまた書けると思います。

確かに書くほうはしゃべったり聞いたりするより時間はかかると思いますが、2年半ちゃんと宿題などをやっていれば問題ないはずです。

また、2年半もいて、それなりに上達していないということであれば学校の方でも何か気が付くはずです。

もしかしたら、文法、文法とあまりうるさすぎるのではありませんか? ちゃんと近所の子供たちと子供としての生活をさせているのでしょうか。 発音はどうですか? もうほとんど同じくらいなはずです。 まだ12歳にもなっていないのですから言葉を自然に耳から、体で覚えていけるはずです。 

しかし、近所の子供たちと同じような生活をしていなくて家では日本語の勉強、英語の文法の問題集をやり友達たちとふざけ遊んだりする機会を作ってあげていないのでしたら、英語の上達は著しく減るでしょう。

もし普通の子供たちとちゃんと遊んでいるようでしたら、学校の先生と相談した方がいいと思います。 少なくとも彼らがお子さんの英語力をどのように判断しているかを知る必要はあると思います。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
学校のテストの結果は、平均以上の成績をもらってきていますが
日本へ帰国したあと、できると思っている英語が、実は文法知識のめんであまり理解できていないのではないか?というのが心配なんです。
現地校ではあまり細かく文法の勉強はしていないようですし…。
しかし、JuniorHighに行くと、リポートとかが急に増えるそうなので、その辺の対応にも不安を感じています。
あいまいな表現で申し訳ありませんが、そのあたりを念頭にアドバイスを頂けると、とても助かります。

お礼日時:2006/02/19 10:23

アメリカで産まれた子なので少し状況は違いますが、


KIDDERGARDEN に行き始めるまで 英語がわかっているのかどうか不安だったことを覚えています。

家でもなるべく英語で会話するようにしていました。 が、学校へ行くようになると 家で日本語でなるべく話すようにしていました。

まだ 小学生なのですから ご心配なさらなくても 学校で友達ができ、お互いの家にお泊りしあうようになれば 英語のほうが勝手に出てくるようになってしまいます。

特別何かをする必要はないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
アメリカ人の子と同じようにプレスクールからアメリカで暮らしている子は日本語があやしくなるケースの方が多いみたいですが、
うちは、高学年からきたものですから、英語が厳しいのです。
アメリカ人のお友達をつくるのも、保守的な地域に住んでいるせいか、はたまた私の英語力のせいか、思った以上に難しいです。

お礼日時:2006/02/19 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英検の級ごとのアメリカ人からした難易度

英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

これらの級ごとの難易度はアメリカの人からしたらどれくらいなんでしょうか?


英検3級
アメリカの小学校1年レベル

こんな感じで教えてくださらないでしょうか?

Aベストアンサー

    僕は英検を受けたことがないのですが、まあ○国の日本語検n級を、日本人からした難易度は、みたいなものだと思います。

    で、日常語彙の話し言葉は日本人の3歳以下、書き言葉はできて小学生上級程度、専門語彙は、大学1年ぐらいかと思います。日本語検1級でも出勤まえに日本語新聞23種に目を通せる人は少ないかもしれません。

    日本人で、○国の日本語検n級に通ったとか落ちたかは、「どうでもいい」と思う日本人が多いかもしれないと同様、アメリカ人から見れば、意味の無い試験群だと思います。

Q海外赴任に馴染めなかった人は多いの?

私は昨年の10月にドイツの赴任になりましたが、今月に本帰国してしまいました。赴任当初は喜び一杯だったのが、最後の頃は憂うつでした。

理由としては「食べ物」「日照時間が短い・薄暗い天気」「言葉」「孤独」といったものが克服出来ずに、軽くノイローゼになってしまいましたからです。
現在は上司の恩情で日本の事業部に戻ってくることが出来ました。

しかし、これまで関東を10ヶ所異動した経験があり、未知の環境に身を置くことにさほど苦労しなかったのですが今回ばかりは違いました。

私の様に、外国での環境に馴染めずに戻ってくる人って多いのでしょうか?とても悔しくてなりません。敗北者という気持ちで一杯です。

Aベストアンサー

こんにちは。
外国人の子どもに日本語を教える仕事をしています。
私自身も、夫は外国人です。

仕事の研修で学んだことです。
人は、異文化に触れたとき、

未知の世界への期待・興奮

違いに気づき、苦しみ、葛藤

怒り(周囲の人間の理解のなさや、異文化に対する憎悪)

喪失感・諦め

受容・慣れ

と、なるそうです。#1の回答者さんのおっしゃる「適応障害」が、この「喪失感」の段階でしょうね。
これが、もっと時間がたつと、「慣れる」んですね。
相手と自分との違いを受け入れられるようになるんです。

私自身も国際結婚ですから、同じような気持ちに随分なりました。今は大分「慣れた」と思います。
初めの1、2年はけんかばかりでした。

質問者さんは、昨年の10月から、ということですから、まだ<苦しい>段階で当然なのです。

>私の様に、外国での環境に馴染めずに戻ってくる人って多いのでしょうか?
非常に多いです。というより、いたって普通です。日本に来る外国人の子どもたちも、その親も、なれることができずに帰国する人たちを山というほど見てきました。別に日本人だけじゃありません。

日本国内の異動なんて、私からしたら、屁でもないです。
日本人同士の「違い」なんて、たいしたことじゃないことばかりです。
それくらい、私の感覚はマヒしています。

苦しくて苦しくて、でもどうしても必要で(国際結婚で相手をものすごく愛していたり、生きていくために日本という外国で仕事を得ることがどうしても必要な場合など)、耐え抜いた人だけが、「慣れる」のだと思います。

あなたは決して敗北者ではありません。繰り返しますが、むしろ普通です。
仕事上の赴任ですし、別にドイツに行かなきゃ人生が終わってしまうわけじゃないんでしょう?
無理してストレスためるより、日本でゆったり生きるほうを大切にしていただきたいと思います。

こんにちは。
外国人の子どもに日本語を教える仕事をしています。
私自身も、夫は外国人です。

仕事の研修で学んだことです。
人は、異文化に触れたとき、

未知の世界への期待・興奮

違いに気づき、苦しみ、葛藤

怒り(周囲の人間の理解のなさや、異文化に対する憎悪)

喪失感・諦め

受容・慣れ

と、なるそうです。#1の回答者さんのおっしゃる「適応障害」が、この「喪失感」の段階でしょうね。
これが、もっと時間がたつと、「慣れる」んですね。
相手と自分との違いを受け入れ...続きを読む

Q駐在妻さんたちに嫌気が差します。

当方アメリカ在住です。当方、主人ともに欧州系ですので、日本人グループには入っていません。しかし、土地で新しいほうなので、現地人と仲良くしていることで、「あの子、アメリカで新人のくせにアメリカ人と仲良くしたり、英語しゃべったり調子に乗ってる。」といちいちあら捜しをしたり、宗教勧誘をしつこくしてきたり、自分の利益だけを考えて近づいてきたり、自分の誕生日のプレゼントや出産祝い郵送の催促をしてくる女性が多いです。また頼んでもいないママ友会の写真等をチェーンメールで送ってきたり、勝手にメールアドレスや携帯番号を他の人に教えたりされた事もあります。駐在妻さん達は日本に住んでいる日本人の方々とかなり感覚がずれているようで、とてもねちねちしていて人を平気で傷つける人が多いです。

この人たちはいちいち他人様の生活に入りたがったり、知りたがったり、そんなに暇なのでしょうか?なぜその土地で新人だったら英語を話せてはいけない、現地人と仲良くして調子に乗っている、などと言うのでしょう?

正直言ってとても嫌な気持ちになります。こちらは日本人グループに入るつもりはないですし、ほうっておいて欲しいです。

常識のある日本人の方にアドバイスを頂きたいと思います。
宜しくお願いいたします。

当方アメリカ在住です。当方、主人ともに欧州系ですので、日本人グループには入っていません。しかし、土地で新しいほうなので、現地人と仲良くしていることで、「あの子、アメリカで新人のくせにアメリカ人と仲良くしたり、英語しゃべったり調子に乗ってる。」といちいちあら捜しをしたり、宗教勧誘をしつこくしてきたり、自分の利益だけを考えて近づいてきたり、自分の誕生日のプレゼントや出産祝い郵送の催促をしてくる女性が多いです。また頼んでもいないママ友会の写真等をチェーンメールで送ってきたり、勝...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカ在住の駐在員の妻です。(笑) こちらに住んで10年以上になりますが、私は「日本人グループの奥さんたち」とはつかずはなれずでやっています。 仕事をしていますので、皆さんと遊んだりネチネチする時間がありません。 私はこちらに来たときからある程度英語ができましたので、やはり「来たばかりなのに英語で話している。」と反感をかったようです。 それにも負けず、ESL で週に9時間 必死で勉強しました。 そして、仕事にもつきました。 ですから、私は日本人同士でほぼ毎日 ランチしたり買い物をしたり・・・・挙句の果てに「私、5年も住んでいるのに、英語、全然だめなの。」という人には「はぁ?」という気持ちしかもてません。 何年たっても英語ができないのは本人の努力が足りないから、の一点につきます。 そういう人にかぎって、ネチネチ・・・ですよね。
でも、異国の土地で生活していくには 何かがあったときにはやはり日本人同士は頼りになります。 私も頼っていただきたいし・・・・。

ですから、全く切り離すのではなくうまく付き合っっていったほうがいいですよ。「忙しいので・・・」とかいって何度かことわればそのうちに誘ってこなくなります。(経験から) そのかわり、また、何か言われますけれどね。それは、無視・・・・。

ところで、「主人ともに欧州系」ということは、どいうことでしょうか? 
失礼ですが、「ヨーロッパ(以前の赴任地)ではこうだった。」とかいうと、また、色々いわれますからお気をつけあそばせ・・・・。

アメリカ在住の駐在員の妻です。(笑) こちらに住んで10年以上になりますが、私は「日本人グループの奥さんたち」とはつかずはなれずでやっています。 仕事をしていますので、皆さんと遊んだりネチネチする時間がありません。 私はこちらに来たときからある程度英語ができましたので、やはり「来たばかりなのに英語で話している。」と反感をかったようです。 それにも負けず、ESL で週に9時間 必死で勉強しました。 そして、仕事にもつきました。 ですから、私は日本人同士でほぼ毎日 ランチしたり買...続きを読む

Q中学生の英語文法

塾のアルバイト講師をしています。
中学生で習う英語の文法が
だいたい網羅されていて分かりやすい表などが
どこかのHPに載っていたのを昔見たのですが、
探せません・・・・

どなたかご存知の方、
どこか参考にしたほうがいいHPをご存知の方
教えてください!!!

Aベストアンサー

サイトではありませんが、自分がまとめたものです。他の方への回答として書いたもののコピーです。

ご参考になれば。

まずは、単語の読み方、書き方から。

(1).つづりと発音の関係:
つづりを覚えるのは、次のような法則を知っておくととても楽になります。これは、以前、定時制に勤めていた時に作ったものです。

1.文字は2種類ある。一つは母音を表す母音字でA, I, U, E, Oの5文字しかない。もう一つは子音字でアルファベットから(母音字)を除いた残り全部を言う。

2.母音とは、口を自然に開いて、唇とか舌とかのぞを使わずに、自然に出せる音のことを言う。「ア、イ、ウ、エ、オ」のような短い母音と「エィ、アィ、ユゥ、イー、オゥ」のような長い母音の2種類がある。つまり、基本的に、母音字は、それぞれ、これらの短い音と長い音の二通りの発音を、持っている。ここが、ローマ字と英語の文字の読み方の違う点です。

なお、u は、短い読み方は「ウ」よりも「ア」のほうが多い。cut:「カット」, bus「バス」 など。それから、aとuでは、口の開きの大きさが異なる。aのほうが口が大きく開き、「エア」のような音で、Japan:「ジャパーン」のpanのような音。uは、日本語の「ア」とほぼ同じ。

3.子音とは、口の色々な機関、例えば、舌、唇、歯、喉などを使わないと発音できない音のこと。基本的に、子音字が表す子音は、そのアルファベット読みから母音を取り去った残りの子音になる。例えば、f、l、m、n、s、xのアルファベット読みはどれも、「エ」という母音が共通していて、それぞれの文字のアルファベット読みから「エ」を取り去り、残った子音がそれぞれの子音字の表す子音となる。だから、基本的に、子音字は一通りの読み方しかない。

なお、2と3が、ローマ字が「か」ka のように、二文字になる理由。

4.母音字が二通り、子音字が一通りの発音の仕方があるので、英単語の読み方で困るのは、母音字を短く読むのか長く読むのかの判断である。

5.dog, cat, pet の様に、子音字+母音字+子音字 の並びの時は、母音字を短く発音する。これは、二つの子音字に挟まれて、母音字が圧縮されているとイメージすればいい。母音字1個に対し子音字2個で、1対2で、母音字が負けて圧縮されていると思えばいい。

6.cake, five, codeのように、子音字+母音字+子音字+eの時は、母音字を長く発音する。これは、eが母音字であるため、子音字2個、母音字2個の同数なので、数の上で勝ち負けなしとなり、母音字は圧縮されない。これは、e が自分は発音しなくていいからもうひとつの母音字を長く発音してくれと言っているようなもの。

7.desk, test, pass の様に、子音字+母音字+子音字+子音字のパターンの時は、母音字を短く発音する。これは、子音字が3個に対し、母音字がたったの1個であるので、母音字が子音字に圧縮されて短くなるとイメージする。

8.boat, read, coat の様な子音字+母音字+母音字+子音字のパターンの時は、母音字の一方だけを長く読む。もう一方のほうは読まない。これは、次のように考える。つまり、母音字と子音字の数が同じなので、互いに勢力が等しい。よって、母音字は圧縮されないということ。


(2).単語を分類してみよう。
なぜ分類が必要かと言うと、名詞しか、主語や目的語になれないからです。そして、名詞を説明するものが形容詞、動詞を説明するものが副詞です。

このことは、例えば、自転車で、タイヤ、リム、サドルなど部品があり、それと、原材料との関係はどうか、と言うようなこと。つまり、ゴムでなければ、タイヤになれないし、金属でないとリムには、なれない、と言う感じです。
さて、名詞、動詞、形容詞、副詞の説明。

世の中を表現するのが、言葉だが、世の中は基本的にものでできている。だから、物をあらわす名詞がある。(名詞はものの名前)
しかし、世界は動く。犬は歩くし、魚は泳ぐ。つまり、ものの動きを表すものが動詞。
ものは、ものでも、姿かたちが異なる。大きい机もあれば、小さい机もある。つまり、ものの形の違いをあらわすのが形容詞。(ものの「形」と言う語がある。)
動くのもいろいろある。早く歩いたり、きれいに泳いだり。動きの説明をするのが副詞。(いつも「動け」とか号令をかける司令官の横にいる「副」司令官みたいなものか。)

上でも言っていますが、主語になれるのは、名詞だけと言うことを注意しましょう。

(3)進行形や受身、完了形の話

これは、ある意味、とても簡単です。

まず、進行形とは日本語でどんなことですか。「~している」ですよね。それを表すのが英語ではing形なのです。

たとえば、「彼はテニスをしている。」は、
He is playing tennis. となります。
「彼はテニスをしていた。」は、
He was playing tennis. です。
つまり、「テニスをして」の部分が、playing tennis で、「いる」とか「いた」になる部分が is,was になるのです。

次に受身、これは日本語では「される」ですよね。それに当たるのが英語では edがついた形や過去分詞といわれる形です。ed形は過去形でもありますが、なぜ、過去形が受身になるかと言うと、たとえば、誰かが窓を壊します。誰かが壊した後になってはじめて、「窓が壊された。」と言えるからです。つまり、「する」と言う動作があってから「される」と言う言い方が出来るからです。
「彼は彼女に好かれている。」は、
He is liked by her. です。
「彼は彼女に好かれていた。」は、
He was liked by her. となり、進行形と同じでis, was で、現在、過去を表しています。

完了形、これは単に過去のことを今持っていると言うだけです。
「彼はバックをなくしてしまった。」
He has lost his bag. つまり、lost(無くしたと言う状態)を, has(今、持っている)ということです。
今、持っていると言う意味は、上の文では、「まだバックはなくなったままで見つかっていない。」ということです。
He lost his bag. 「彼はバックをなくした。」なら、今はもう見つかっている可能性もあります。

(4)動詞は形容詞にもなる。これは、進行形や受身の応用です。

He is happy.(彼は幸せだ。)  a happy boy(幸せな少年)

He is swimming.(彼は泳いでいる。)  a swimming boy(泳いでいる少年)

The window was broken.(その窓は壊された。)  the broken window(壊れた窓)

上の例で、happy と swimming,broken は同じように形容詞として働いています。つまり、名詞の説明をしています。

これをもう少し応用してみましょう。

(5)文から句を作る方法です。

これ、便利ですよ。関係代名詞を使わなくても、ほぼ同様なことが表現できます。

The book is on the desk.(その本は、机の上にある。) から the book on the desk(机の上のその本) はbe動詞が省略されただけです。

この応用形として、

The boy is playing tennis.(その少年はテニスをしている。)から、
the boy playing tennis(テニスをしている少年)

The boy is liked by her.(その少年は彼女に好かれている。)から、
the boy liked by her(彼女に好かれている少年)

The boy is good at playing tennis.(その少年はテニスをするのが得意だ。)から 
the boy good at playing tennis(テニスが得意な少年) が作れます。


(6).文型。
特に、日本語と英語の語順の違いに注意です。
 英語の5文型、例を示します。
まずは、5文型
  第一文型:SV(主語+動詞)
  第二文型:SVC(主語+動詞+補語)
  第三文型:SVO(主語+動詞+目的語)
  第四文型:SVOO(主語+動詞+目的語+目的語)
  第五文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語)
    まず、すべての文型に共通する形として、主語+動詞の組み合わせがある。多分、英語だけに限らない。物理や数学でも、この考え方は重要だと思う。つまり、ある動作をするには、動作の前に、何か物、物体が必要だということ。言い換えれば、何か主語があって初めて、その動作が出来るという事だ。たとえば、誰もいない空間に向かって、「立て」とか「座れ」と言っても何も意味がない。だから、必ず、まず最初に主語が来て、その次に動詞が来る。反対に考えれば、何か動詞が出てきたら、その主語は何かということをいつも意識しなければいけない。そうすることによって、「読む」ことがかなり正確にできるはずだ。このことの具体的な応用はいくらでもある。例をあげよう。
例1:It is important for me to pass the exam.(試験に受かることは僕にとって重要だ。):この文章で「受かる」のは「僕」だ。日本語では「受かる」という動詞が「僕」よりも前に来ている。もう少し、しつこく言うと、日本語で「僕が試験に受かることは僕にとって重要だ。」とはあまり言わないという意味。このように、日本文では動詞が主語よりも前に来る文がかなり多くある。ところが、英語では、かなりきちんとこの原則(主語が先で動詞が後)が守られる。
例2:I want you to go shopping.(僕は君に買い物へ行ってもらいたい。):「君」という主語がまず示され、その次に「買い物へ行く」という動詞が来る。一般的な第五文型の文はみんなこの例と同じだ。
例3:She is angry at my breaking the window.(彼女は僕が窓を壊したことに怒っている。):my breaking の部分は「僕」を示すmyが「壊す」の前に来ている。つまり、「僕が壊す」の主語+動詞の語順が保たれている。
 二番目に重要なことは、5文型の中で、基礎は第一文型と第二文型、第三文型の三つのみ。第四文型と第五文型はこの基礎の三つの文型の組み合わせとして理解できるということ。
つまり、第四文型は、たとえば He gave me the book.(彼は僕にその本をくれた。)のような文。これは、He gave ( I have the book).のように考えられる。重要な点は語順の問題だ。「私」が先に来て、その次に「本」が来ている。一般に、第四文型の”OO”の部分は、「人」+「物」の順になると言われているが、その理由はここにあるのではないだろうか。つまり、「人」と「物」の二つの要素があったとき、それを組み合わせて文を作ると普通は「人」が主語になる。「ケン」と「りんご」を組み合わせれば、普通は「ケンがりんごをたべる。」のような文になる。英語は語順の言語だといわれるように、この語順の意識が残ってSVOOの文型は主語+動詞+目的語(主語)+目的語(目的語)となっているように思える。
第五文型は、たとえば、He asked me to go shopping.(彼は僕に買い物へ行くように頼んだ。)のような文。もう気がつかれると思うが、me go shopping の部分は、meつまり「僕が」という主語がまず来て、その次にto go shoppingつまり「買い物へ行く」という動詞部分が来ている。 だから、簡単に考えれば、第五文型はSVOCのOCの部分がまた主語と動詞になっていて、主語+動詞+(主語)+(動詞)のような形だと思えばいい。
このことは次ことを導き出す。
つまり、主語+動詞+補語の形や主語+動詞+目的語の形などがこの第五文型に組み込まれることがあるということ。
まず、第三文型が組み込まれた形を見よう。たとえば、I asked him to play tennis.(僕は彼にテニスをやってくれと頼んだ。)がそうだ。I asked ( he plays tennis).のようになっていると思えば良い。重要な点は、主語+動詞+(主語+動詞+目的語)という語順だ。
次に第四文型が組み込まれている例だ。He had Tom give Alice the book.(彼はトムがアリスへその本をあげるようにした。)だ。He had (Tom gives Alice the book).という形がもとにある。
次は第五文型が組み込まれている形。I hope you to ask Tom to come to my party.(僕は貴方がトムに僕のパーティに来るよう頼んでくれたらと思う。)これも I hope ( You ask Tom to come to my party).となる。
最後に第二文型が組み込まれる形を見よう。これはちょっと複雑だ。She made me happy.(彼女は僕を幸せにした。)これは有名な歌の一節だ。この元の形は She made ( I am happy ).ということになる。ここでは、be動詞が省略されている。be動詞は基本的にほとんど意味を持たないから、時制を表すとかの積極的な意味を持たなければ、省略されてしまうのだ。


(7) 語と語の並びは、意味関係を表す。
ちょっとある風景を紙に書いてください。大きな湖があります。(実際は多少大きめの丸を書くだけです。)その横に、背の高い木が生えています。(実際は、クリスマスツリーのようなぎざぎざのある木を書きます。)木の下に椅子があります。その椅子に人が腰掛けています。さて、この情景をどう説明するでしょうか。要素は「湖」、「木」、「椅子」、「人」の四つです。普通は、「湖の横の木の下の椅子に腰掛けている人」の順番です。英語でも、a man sitting on the chair under the tree by the lake となり、隣り合う語の順番は同じです。これは、現実の認識が「湖の横の木」のように、実際にある様子の捉え方として、誰でも同じになるようになっていると言うことです。決して、「木、人、湖、椅子」の順番にはなりません。日本語は助詞があるため、かなり語順は自由度が高いのですが、英語はまさに、語順により意味関係が示されます。

サイトではありませんが、自分がまとめたものです。他の方への回答として書いたもののコピーです。

ご参考になれば。

まずは、単語の読み方、書き方から。

(1).つづりと発音の関係:
つづりを覚えるのは、次のような法則を知っておくととても楽になります。これは、以前、定時制に勤めていた時に作ったものです。

1.文字は2種類ある。一つは母音を表す母音字でA, I, U, E, Oの5文字しかない。もう一つは子音字でアルファベットから(母音字)を除いた残り全部を言う。

2.母音とは、口を...続きを読む

Q北米に赴任する際の子どもの予防接種について

夫がアメリカ、カルフォルニア州に赴任することになり、私(妻)と2人の子ども(小2、小4)も来年4月に帯同します。
アメリカの小学校では転入時に決められた予防接種の記録提示を求められると聞いています。
カルフォルニア州で必要な予防接種(Vaccine Requirement)はネットで調べたのですが、追加で何を接種すればよいか正確にわかりません。

ポリオと3種混合は回数的にあと1回足りないのようですが、ポリオの過去2回の接種は生ワクチンだけどあと1回不活化を打てばよいのかとか、3種混合は1~4回目がリストに書かれている時期と違うけど、あと1回接種して回数さえ合っていればよいのかとか・・・
B型肝炎は、子どもが乳幼児期に中国に赴任していて3回接種しているので、もう打たなくてよいのかとか、MMR2回接種は、上の子はM・M・Rそれぞれ単独で1回ずつ接種しているが、これでよいのか・・・
など細かい疑問がいろいろ湧いてきます。

渡航後はスムーズに学校に入れるようにしてあげたいので、できれば必要なものは日本で接種していきたいと考えています。
このようなことはどこに聞けばよいのでしょうか。
海外渡航の人向けに予防接種などを行っている医療機関でないとわからないのでしょうか。
普段の定期接種などは近所の内科クリニックでしていますが、そこに聞いても分かりませんか?

私としては、カルフォルニアのVacccine Requirements と、子どもたちの予防接種記録から、「あとこの予防接種が必要です」と教えていただけるところを知りたいです。
また、上に挙げた細かい疑問について、同じような経験がある方がいらしたらどのようにしたか教えてください。

夫がアメリカ、カルフォルニア州に赴任することになり、私(妻)と2人の子ども(小2、小4)も来年4月に帯同します。
アメリカの小学校では転入時に決められた予防接種の記録提示を求められると聞いています。
カルフォルニア州で必要な予防接種(Vaccine Requirement)はネットで調べたのですが、追加で何を接種すればよいか正確にわかりません。

ポリオと3種混合は回数的にあと1回足りないのようですが、ポリオの過去2回の接種は生ワクチンだけどあと1回不活化を打てばよいのかとか、3種混合は1~4回目がリ...続きを読む

Aベストアンサー

現在カリフォルニア在住です。

予防接種ではないですが、お子様の年齢から私が心配なのはTB-test(ツベルクリン反応)です。
もし乳幼児期などにBCG接種をされている場合は陽性となるかもしれません。
こちらではBCGをやらないのでツ反は陰性となるのが基本です。陽性の場合は胸部X線をとり、その後に結核予防薬のようなものを半年くらい飲まされるらしいです。

うちはツ判のテストをBCGの効果が薄まりそうな10歳以降にうけたのでセーフでした。11歳くらいにうけた子は、判定期間にはりそうな48時間後に即効で病院にいって陰性判定をもらいました。すこーし発赤しはじめていて、その数時間後には蚊にさされたようにぷっくりとしていたので危なかったです・・

もしTB-testをされる場合は、日系のドクターなどBCGを理解しているところでうけてください。
理解のないドクターにあたって大変な思いをされた方をしっているので・・


我が家の場合、渡米時のビザ手続き中にある程度の予防接種を大使館指定のクリニック&かかりつけ小児科でうけていきました。ですが、渡米後の入学手続き(これはカリフォルニアではなく別の州)時に足りない、ということで保健所的なところにいって追加接種をしました。同時接種で、全部で5本うちました。
まさに、日本で接種した回数や時期の違いで『規定をみてしていない』と解釈され追加接種されたものもあります。
(たぶんポリオとか三種混合だったかと。。)
細かいところの違いは現地での判断になると思います。


確実なのは、入学予定の学校もしくはSchool DistrictのOfficeに連絡して、必要なリストをもらうことです。
日本の医療機関などで確認しても、判断するのは現地なので・・。
で、現地はどうかというとたぶん「こっちきたらRecordを確認しますから足りないものはそのときに接種しましょう」って流される可能性は大です。そういうお国柄です。まだ来てもいない人のために労力を削ってくれる人はめったにいないと思っておくといいです。。

赴任でカリフォルニアということですので、おそらく日本人ないし外国人の多いエリアかと思います。であれば学校も勝手が分かってると思いますよ。

California Immunization Requirementsなどのキーワードでも検索してみてください。
http://eziz.org/assets/docs/IMM-231.pdf


4月に移動されるとのこと。
地域差がありますが、我が子が通っている学校では5月中旬~末に夏休みがはじまります。もしかすると手続きしてもすぐに夏休みに入る、ということもあるかもしれません。
またその時期は年度末の州統一テストが行われるため、学校はピリピリしているかもしれません。

手続きなど、色々と「イラッ」とすることが多いとは思いますが、日本と比較せず「そういう国なのね、ふぅっ」と違ったものさしでみておくと精神衛生上いいですよ。

参考URL:http://eziz.org/assets/docs/IMM-231.pdf

現在カリフォルニア在住です。

予防接種ではないですが、お子様の年齢から私が心配なのはTB-test(ツベルクリン反応)です。
もし乳幼児期などにBCG接種をされている場合は陽性となるかもしれません。
こちらではBCGをやらないのでツ反は陰性となるのが基本です。陽性の場合は胸部X線をとり、その後に結核予防薬のようなものを半年くらい飲まされるらしいです。

うちはツ判のテストをBCGの効果が薄まりそうな10歳以降にうけたのでセーフでした。11歳くらいにうけた子は、判定期間にはりそうな48時間後に即効で病...続きを読む

Q現地校か日本人学校か迷っています。

現地校か日本人学校か迷っています。
今度、小5の娘を連れて、5月に米LAに赴任します。任期は5年の予定です。
帰国したときには高校受験、帰国子女としてできるだけメリットを生かした受験をさせたいと思っています。(青学レベルを目標としています)
そこで、現地校+補習校か日本人学校(西大和学園)か、迷っています。
米では習い事(バレエ)もさせたいと考えているので、現地校では当たり前の山のような宿題+補習校では、そのような時間を捻出することすら難しいのではと懸念もしています。それであれば、日本に居るときのように日本人学校と受験勉強+英語の個人レッスンで、5年後の高校入試に備えるべきかと思います。しかし、現地駐在員家族の大多数の方が現地校を選ばれているとのことで、通学圏よりも、われわれには見えない現地の実情があるのでは。例えば、帰国子女入試の情報は補習校に多く流れていると、あるQ&Aで拝見しました。
米在住、元在住の方で、同じようなご経験がある方、ぜひアドバイスをお願いいたします。
尚、かつてフランスで6年の駐在経験があり、娘も幼稚園から小1まで、4年間現地校に通い、現地の友人たちに馴染み、また完璧なバイリンガルでした(今も仏語の音やニュアンスは憶えているようです)。性格はオープンで社交性ですが、要領が良い方ではありません。

現地校か日本人学校か迷っています。
今度、小5の娘を連れて、5月に米LAに赴任します。任期は5年の予定です。
帰国したときには高校受験、帰国子女としてできるだけメリットを生かした受験をさせたいと思っています。(青学レベルを目標としています)
そこで、現地校+補習校か日本人学校(西大和学園)か、迷っています。
米では習い事(バレエ)もさせたいと考えているので、現地校では当たり前の山のような宿題+補習校では、そのような時間を捻出することすら難しいのではと懸念もしています。それであれば、...続きを読む

Aベストアンサー

LA近郊のアーバイン在住です。
今年の5月に渡米予定とのこと、もう既に新生活を始められているのですね。
そろそろ落ち着かれた頃でしょうか。

最近になってこの質問を見たので、回答がこの時期になり申し訳ございませんが、
私の知っていることを記入させていただきます。

あくまで私の私見ですが。現地駐在員の大多数が現地校を選ぶ理由ですが、大きく3つあるように思います。
1)お金の問題。
2)文化や英語習得を期待して。
3)近年の駐在の傾向、ロサンゼルス特有の問題
です。

1)お金の問題
駐在の場合、教育費が会社から補助される会社が多いのですが
アメリカであれば日本人学校の授業料全額が補助の対象になるのは、稀です。
アメリカは全日制日本人学校が少ない(小・中だと全米で4校か5校です)ので、
補習校しか補助が出ない、全米で(都市や日本人学校か否かを問わず)統一の補助額であるとか、
日本人学校は一般的に授業料他で年間100万円程度必要だ、と聞いたことがあります。
(西大和はいくらなのか知りませんが)
それに比べて、補習校だと月間200ドルなので年間20万円程度です。
年間80万円、持ち出し、となると考える家庭も多いです。
日本よりも生活費が高いですし。

2)文化や英語の習得
アメリカと言う世界をリードする国の中でも移民系アメリカ人の多いLAという地区で、
数年しか滞在しないのであれば、せっかくだから
多文化、英語、を学んで欲しい、だから現地校に行かせる、という家族も多いです。

3)近年の傾向
ロサンゼルスの駐在では、近年の傾向として、西大和のあるトーランスから遠い地域に
勤務地がある場合が多いです。
アーバインはトーランスと同じように駐在の多い街ですが、トーランスまで高速で40分~1時間。
スクールバスもありません。
その他、ウエストLAなど、アーバイン以外にも日本人が多い地区がありますが、
トーランスまで同様に遠いです。
そして、駐在員の平均年齢が下がっている、というのも近年の傾向です。
晩婚化ともあいまって、小学校低学年~未就学児のお子さんを持つ方が駐在になられることが多く、
それ以外の駐在員のヤマ世代が大学生~高校生くらいのお子さんを持つ方です。
逆に、小学校高学年、中学生のお子さんをお持ちの方が駐在になるのは今は珍しいですね。
そうなると、子どもが低年齢だと子ども自身に柔軟力がありますし、日本に帰る予定の学年から言っても
まだ受験に余裕があるので、現地校を選んで文化や英語を体験して欲しい、と思う方が多いようです。

小学校高学年で駐在になった方も皆無ではないですし、お知り合いの方でいますが、
諸事情から(立地、お金の問題等)現地校に行かれてますが、
小学校4年生をすぎると、どこの国でも抽象的な概念が学習対象になってくるので、
現地校の勉強するレベルがそもそも難しい(特に学術用語などの英単語が)
友達のほうが大事になってくる時期なのに、英語が全然わからなくてなかなか友達ができない(日本人の少ない学区であれば)
問題の文化が違うので親が宿題を見ても意味がわからない、
などあり、チューター(家庭教師)をお願いしている家庭がほとんどです。

西大和に通学圏内で授業料も問題ないのであれば、お子さんと話し合って
お子さんの希望なども聞きながら決められるほうがいいと思いますよ。
その他にも、日本人が多いと言ってもその学年は駐在が少ない年代なので、
現地校にいる日本人がすでにグループになっててなじめないこともあったり、
駐在と言っても一年生からずっとアメリカ育ちだったり、永住予定の方だったり、
またはアジア系アメリカ人とのハーフちゃんだったり(名前や見た目は日本人でも)、
逆にココロの底から親友と言える一生の友人に出会えることもありますし、
と子どもの個性も含めて一概には言い切れませんので、
とりあえず現地校の様子を見て、というのが一般的かと存じます。

では、駐在は子どもの教育で思い悩むことも多いですが、ご家族の健康が一番大事ですので、
健やかに暮らされることをお祈りしております。
あ、ちなみに私のところは一番上が小学一年生で、一番下は生まれたばかり、
立地がアーバインなので駐在ですが現地校+補習校です。

LA近郊のアーバイン在住です。
今年の5月に渡米予定とのこと、もう既に新生活を始められているのですね。
そろそろ落ち着かれた頃でしょうか。

最近になってこの質問を見たので、回答がこの時期になり申し訳ございませんが、
私の知っていることを記入させていただきます。

あくまで私の私見ですが。現地駐在員の大多数が現地校を選ぶ理由ですが、大きく3つあるように思います。
1)お金の問題。
2)文化や英語習得を期待して。
3)近年の駐在の傾向、ロサンゼルス特有の問題
です。

1)お金の問題
駐在の場合...続きを読む

Qアメリカから日本に電話する時の国番号は?

アメリカから日本へ電話をかける時、日本の番号は何番でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

No1です。
国番号は81ですが、国際電話識別番号011を忘れていました。

011-81-3-1234-5678
という具合です。

Q帰国子女の英語維持について

 帰国子女の親です。
 3年間のアメリカ生活を終えて、2年半前に子供が年長/小学3年生/小学5年生で帰国しました。上の2人は、帰国後、早々に英検2級に合格しました。(残念ですが、年長の子供は殆ど英語が身に付きませんでした。)英語維持の為に、海外子女教育振興財団が主催する『外国語保持教室』90分/週の授業と、ジャパンタイムズの『週刊ST』のクロスワード/英作文の投稿、アメリカで購入してきた英語の本を毎日30分読ませています。(帰国直前に購入した本なので、今では内容が少し物足りないと思っています。)
 現在、小学6年生/中学2年生になりましたが、やはり少しずつ英語力が落ちてきたと思います。
 英語維持の為に、皆さんはどのようにされているのかを教えて頂ければと思います。宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

私は4年半のアメリカ生活を経て、6年生で帰国しました。維持らしい維持といえば、中学から始まった英語の授業くらいですね。それまでは日本の算数や生活に追いつくので、やっとでした。中学以降でも、英語の勉強といえば学校の宿題しかやりませんでしたが、高校卒業までテストで90点以下をとったことはありませんでしたし、大学受験も英語では苦労しませんでした。

ただ、「維持」はしても、結局は英語圏の成人と同様の英語力が新たに身に付くわけでもなければ、英語圏の友人たちをつなぎとめられるわけでもないので、どこかの時点ではそれなりに、本人が「こんなはずじゃなかった」感にさいなまれるものだと思います。例えば英検2級は容易でも1級はとれないとか、アメリカ人と思ったほど気が合わなくなったが、かといって日本人とも違うとか。

で、言葉というものは使えば磨かれ、使わなければ錆びつきます。もうダメかと思った日本語も、いつの間にか人並み以上に使えるようになりましたし、英語も、英語圏に旅行に行けばスラスラと出るようになり、帰国すればパッとは、しゃべれなくなります。そして、30も過ぎて、職業として本格的に英語を使いたくなって初めて、大人の英語が身に付き、TOEICで900点台をとりましたね。英語で話せる気の合う友達も、40を過ぎた今、徐々に培いつつあります。でも、普段は日本語でばかりしゃべっているので、半日会ったくらいでは、すらすらとは言葉が出ません。だけど楽しいです。

お子さんたちが楽しく勉強しているなら、それでいいのではないでしょうか。私も自分が、無理な英語教育を施されなくて幸せだったと思っています。両方一度に操るなんて、頭が変になりそうですしね。たまに仕事で通訳をしますが、私には向きません。ご不明な点などあれば、何でもどうぞ。

私は4年半のアメリカ生活を経て、6年生で帰国しました。維持らしい維持といえば、中学から始まった英語の授業くらいですね。それまでは日本の算数や生活に追いつくので、やっとでした。中学以降でも、英語の勉強といえば学校の宿題しかやりませんでしたが、高校卒業までテストで90点以下をとったことはありませんでしたし、大学受験も英語では苦労しませんでした。

ただ、「維持」はしても、結局は英語圏の成人と同様の英語力が新たに身に付くわけでもなければ、英語圏の友人たちをつなぎとめられるわけで...続きを読む

Q海外赴任での小学生向け通信教育のオススメは?

はじめまして。
今月末、ポーランドに転居の予定の者です。
現在、小学校に通う1年生の娘がおります。
あちらでは、インターナショナル(2年生)に通う予定ですが、
通信教育を何にすればいいかで悩んでおります。

1年間、こどもチャレンジをしておりましたが、
ほんとうにこれでいいのか・・と。
時間がないのもありましたが、
あまり付録も手をつけたことがなく、、
ドリルもまとめてやる感じでした。

他に、Z会、どらゼミ、サピックスのぴぐまりおん、日能研の知の翼
、それと、海外子女教育財団の通信教育も気にかかっています。

ポーランドでは、日本語の勉強が不十分になることも
気にかかっていますが、
英語の勉強でそれどころではないという話も聞いたりしていますし・・。

もし、どなたかアドバイスがございましたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

海外子女教育振興財団の通信教育の小・中コースがお勧めです。

http://www.joes.or.jp/tsushin/syocyu/index.html

お勤めの会社が財団の維持会員になっている場合、受講料が1割お安くなっておりますので、
人事部か海外部門の担当部署にお尋ねになると良い思います。維持会員でない場合でも個人で
申し込めますので問題ありません。

Q海外在住15年。なぜ英語が上達しないのでしょう・・

海外在住15年にもなって、まだ「英語上達法」を探している者です。

ワーキングホリデーがきっかけで、オーストラリアに7年滞在。
その後、4年ほど日本で生活し、主人(日本人)の仕事で5歳と生後6ヶ月の子供二人を連れて家族4人で、アメリカの常夏の島に在住中(8年目)です。

オーストラリアで知り合った女性が、すでに13年も海外生活をしているのにほとんど英語が話せないのを知り、「海外に住んでいるからと言って話せるわけではないんだ・・。こうはなりたくないなぁ。」と正直思いました。・・・しかし、今の私は彼女と同じです。あの時の気付きはなんだったのだろう・・。

現在、子供は中学生と小学2年生。特に発音に関して下の子に「ママの発音違うよ。」と言われ、キンダーで習うように、一つ一つ発音の仕方を教えてくれます。完璧に口真似をしても合格をくれません。

15年間、ホテルや免税店の受付で働いてきました。英語ができるからではなく、観光客がたくさん来るので「日本語」ができたからです。スパの受付の時は、私以外は英語圏の人でしたが、結局はほかの仕事同様、「お客様とは日本語で会話。スタッフやボスとは英語で会話をするが、話す内容はほぼ決まっているし、長く勤めればツーカーでわかりあえる」といった状態でした。
銀行や買い物など、生活するには問題がない程度に話せるようになりましたが、
いまだに困るのは、子供達の学校の懇談会(先生と1対1)、電話での会話や問い合わせ、主人の会社のスタッフや奥様との会話、子供の習い事のお世話役になった時の電話やメールでの連絡事項・・・・などです。親しい友達や日常生活最低限の会話以外はまだまだできないレベルです。

中学の頃から今に至るまで、あらゆる英語教材(本、CD、DVD、英会話教室、インターネット)で上達法を試してきました。
数年前には、日本の公立小学校で英語が教えられる「児童英語教師」の資格もとりました。
数ヶ月前に仕事を辞めてから、ロゼッタストーンで学習してきましたが、レベル2の途中で「発音以外は簡単すぎる・・・。自分の弱いところは発音だ。あと、ボキャブラリーがなさすぎる。」と痛感しました。
英字新聞で勉強をしたこともありますが、3行前に辞書で調べた単語を忘れてしまい、再び同じ単語を調べて・・・というのを繰り返していました。でも、また忘れてしまいます。
昔から記憶力はレベルがかなり低いと実感しておりましたが、まさかここまでとは・・。

もうすぐ主人の会社のクリスマスパーティー。今年は、妻としてのスピーチ1~3分をしなくてはいけないのですが、英文が思いつかない事に加え、かしこまった席では異常に緊張する性格なので、苦痛で仕方がありませんでした。本やインターネットで例文を探しましたがなかなか上手く組み合わせることができず、数日前に初めてこちらの質問欄に投稿させていただきました。
その時に、ユーモアのある英文を教えていただき感動しました。

海外でお仕事をされている方だけではなく、日本在住の方の中にも老若男女問わず英語が完璧な方がたくさんいらっしゃると思います。
英文科を出て、海外在住歴15年、英語教師の資格を持っているにも関わらず、いまだに英語上達法を探すジプシーのような私にアドバイスをいただければ幸いです。
考えが甘すぎるのか、努力が足りないのか、勉強法を間違っているのか・・・と悩む毎日です。
息子も数年後には高校生で、日常や進学相談も担任の先生とのやりとりが必須になってきます。もし、日本へ帰国になった場合でも、児童英語教師になるにはキチンとした英語を教えないと、今のままでは未来ある子供達を相手に中途半端な英語(特に発音)を教えてしまうことになります。
そんな迷惑な教師にはなれません。

長文になってしまいましたが、
このような状態の私に何かよい方法はございますでしょうか?
よきアドバイスを、どうぞ宜しくお願いいたします。

海外在住15年にもなって、まだ「英語上達法」を探している者です。

ワーキングホリデーがきっかけで、オーストラリアに7年滞在。
その後、4年ほど日本で生活し、主人(日本人)の仕事で5歳と生後6ヶ月の子供二人を連れて家族4人で、アメリカの常夏の島に在住中(8年目)です。

オーストラリアで知り合った女性が、すでに13年も海外生活をしているのにほとんど英語が話せないのを知り、「海外に住んでいるからと言って話せるわけではないんだ・・。こうはなりたくないなぁ。」と正直思いました。・・・...続きを読む

Aベストアンサー

皆さんがお書きになっているように、そんなもんだと思います。特に、発音は悪いほうが、相手が贔屓目に見てくれるのでラッキーです。

ただ、せっかく質問なさっているので敢えて申しますと、上級者の語学の上達に欠かせないのは(1)場数と、(2)立ち止まって自分の弱点を分析することだと私は思います。

で、ツーカーの仲とはいえ職場で集団で会話できる人が、小学校の先生との個人面談でつまづくはずがありません。お礼欄にお書きになっているとおり、緊張してしまって、できる会話もできなくなっているのでしょう。

苦手な場だとしておられるものを見ると、すべて「慣れない相手」ですよね。慣れなければ、相手の会話のリズムがつかめませんので、わかりにくくて当然です。

では、どうするか。こういうのは「慣れない相手と話す」という“場数”が増えないことには、なかなか上達しません。思いきってボランティア活動などをして、慣れない相手と接することに慣れるのが一番です。

次に、慣れない場で自分がどうしてしまっているか、分析することが大事です。例えば、緊張してしまうのが問題なら、対面する直前に、まずは深呼吸をしてみるとか。むしろ、相手を目の前にして(あるいは受話器を握りながら)深呼吸をすれば、相手が『この人は慣れない外国人なのだな』と察してくれるので、会話のレベルを合わせてくれると思います。

逆に、変に堂々とまくしたててしまうと、相手もあなたのペースに巻き込まれてまくしたてます。ご回答に「ゆっくりしゃべることで理解してもらう」というアドバイスがありますが、ゆっくりしゃべれば、自分が理解してもらえるだけではなく、相手も同じペースでしゃべってくれるのです。とかく人は相手に引きずられますから、ゆっくりと、簡単な英語表現を選んでしゃべれば、相手も同じようにしてくれるはずです。

その他、何かあなたならではの弱点があるのかもしれません。誰にでもそういうものがありますので。それを、漠然と振り返るのではなく、うまくできなかったと感じたら、その都度、その都度、具体的に反省点をご自分で並べてみるといいと思いますよ。そして、それをやみくもにまとめて改善しようとせずに、ひとつのことが改善できるまで、その一点に集中して取り組むといいでしょう。

相手を待たせてもいいくらいに思って、じっくりとご自分を振り返れば、ひいては相手のためにもなる改善をはかれるでしょう。

皆さんがお書きになっているように、そんなもんだと思います。特に、発音は悪いほうが、相手が贔屓目に見てくれるのでラッキーです。

ただ、せっかく質問なさっているので敢えて申しますと、上級者の語学の上達に欠かせないのは(1)場数と、(2)立ち止まって自分の弱点を分析することだと私は思います。

で、ツーカーの仲とはいえ職場で集団で会話できる人が、小学校の先生との個人面談でつまづくはずがありません。お礼欄にお書きになっているとおり、緊張してしまって、できる会話もできなくなっているの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング