彼女の昔からの友人がベルリンで彼女のことを待っている。
Ihre altem Freunde warten auf sie in Berlin.

アンナと彼女のボーイフレンドは空いた飛行機に乗ります。
Anna und ihr Freuend steigen in eine leeren Maschine.

気になったのが「彼女の~」ってのが二つの文で違うことです。(ihreとihr)
それ以外にもどっか違ってそうですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ドイツ語は格や単数複数での語尾変化の規則がやかましく作文すると疲れますね。

読む時にはあいまいさを排除できるので有り難いのですが・・・

ihr「彼女の」ですが、その後に付く名詞の性、格、単数複数で変化します。
最初の文章では、Freundeは複数であり主語ですから1格です。複数の1格に付く場合、ihrには"e"の形を付けます。
あとの文章では、Freundと単数男性名詞であり、主語ですか1格です。ihrは単数の男性1格に付く時は語尾はありません。
これが"ihre""ihr"の違いの原因です。
(ドイツ語の教科書には必ずこの変化の表が載ってますから、詳しくはそちらを参照して下さい)

また冠詞、不定冠詞、およびそれらと同じ変化をする語の後に形容詞が付く時は、その形容詞の語尾変化にはちょっと注意しなくてはなりません。ihrは不定冠詞型の変化をする語に分類されます。
最初の文章で、"Ihre altem Freunde"は"Ihre alten Freunde"だと思います。ihrが先行していますからその後のaltの語尾は混合変化の"---en"になります。("---em"の語尾は3格と関係します)
あとの文章の"in eine leeren Maschine"も同じです。不定冠詞einが先行していますから後から来るleerは混合変化で、4格単数女性名詞のそれで"---e"の語尾になります。従って"in eine leere Maschine"のはずです。飛行機"Flugzeug"を使うなら中性名詞ですから"in ein leeres Flugzeug"になると思います。

すみません、何年かぶりに文法書を引張り出してきたので自信なしですが、活用に注意しなくてはならないということだけは間違いありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
ドイツ語ってなんでこうルールがいっぱいあるんでしょうね~。
ドイツ人はすごい。尊敬しちゃいますね~。
ほんとありがとうございました。

お礼日時:2002/01/13 18:35

 


  両方の文章が、日本語の意味の通りで合っています。ただ、Maschine は、機械・機械装置で、無論、航空機の意味もありますが、文脈を知らないと、これだけでは、飛行機と特定できません。「空いた機械に乗る」とは何のことだろうか、多分、飛行機かです。
 
  二つ目の文章の Freuend は、Freund です。Ihre と Ihr の違いは、前の文章は、友人が複数なのです。後の文章の「男の友人」は「一人のボーイフレンド」で単数なので、所有形容詞の変化形が違っているのです(前は、Freunde と e が付いているでしょう。また、warten は主語複数の場合です)。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

かぶり 意味」に関するQ&A: 以内とは

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の翻訳についてです

「輝きをアレンジする」
をドイツ語で
「Glanz Anordnung」
で合ってますか?

エキサイト翻訳サイトで
単語ずつ翻訳したのですが
日本語⇒英語
英語⇒ドイツ語
で翻訳したときと

日本語⇒ドイツ語
で翻訳したときと

翻訳結果が違って
本当に合っているのか
不安なので
よければ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのやり方でいくなら Glanzanordnung(輝きの整理・配列)となります。英語や日本語のように単語を並べて新語を造ることは、他の言語ではほぼ、できません。ドイツ語では一つの概念を表す語は一続きに書く習慣で、そのため辞書にないような合成語がたくさんあります。

しかし、#1で言われているようにこれは何を表現したいのか分かりません。ただ、造語法に従っただけです。斬新な表現に対する許容は日本語にかないません。

また「…する」のような動詞形はかなり厄介なもので、活用形がたくさんある言葉では同じ「する」でもどういう使い方をするのかで形を変えなければなりません。語形変化の比較的単純な英語でも、主語なしで動詞から始めると命令文になってしまいます。

たとえば「輝きをアレンジする」でも、Glanz anordnen は不定詞で「~すること」、Ordne Glanz an! は命令文、「~する…」のように形容詞的に使うなら関係節でつなぐ、「私たちが…する」なら Wir ordnen Glanz an、「しましょう」なら Ordnen wir Glanz an など、日本語の「する」で表現しうる意味に応じてさまざまになります。

そのやり方でいくなら Glanzanordnung(輝きの整理・配列)となります。英語や日本語のように単語を並べて新語を造ることは、他の言語ではほぼ、できません。ドイツ語では一つの概念を表す語は一続きに書く習慣で、そのため辞書にないような合成語がたくさんあります。

しかし、#1で言われているようにこれは何を表現したいのか分かりません。ただ、造語法に従っただけです。斬新な表現に対する許容は日本語にかないません。

また「…する」のような動詞形はかなり厄介なもので、活用形がたくさんある言葉では...続きを読む

Qsieが2つあり、使い分けが分かりません、、 それと、ihr(君たち)とSie(あなたたち)の使い分

sieが2つあり、使い分けが分かりません、、
それと、ihr(君たち)とSie(あなたたち)の使い分けも分かりません、、
どなたか教えて下さい。。
お願いします

Aベストアンサー

>2つのsieの使い方は分かりました、、(笑)

小文字で書き始めるsieは、「彼女」もしくは女性名詞の代名詞(単数)の意味か、
「彼ら、彼女ら、それら」など、複数の人や物を指す代名詞の意味かのどちらかです。

>でも、ihrとSieの使い分けが分かりません。理由はある問題で
>Wir kommen aus japanというのがあり、これの質問文を考えるもので、回答がWoher kommt ihrになってたからです。この場合、ihrじゃなくてSieでも大丈夫なのでしょうか?

敬称と親称の区別はついていますか?
目上の人やあまりよく知らない人に対しては敬称「あなた」、「あなたたち」に当たるドイツ語を使い、
親しい人(家族、友人)に対しては「きみ」「きみたち」に当たるドイツ語を使います。

Sie あなた(単数)
Sie あなたたち(複数)
du きみ(単数)
ihr きみたち(複数)

「あなた」「あなたたち」の場合は、どちらもSieで見かけの区別はありません。
相手が複数いる場合、特に親しくない人には丁寧な呼びかけをするのでSieです。
親しい人ならihrです。

Wir kommen aus Japan.という答えに対応する質問の文は、
Wirが複数なので、それに対応して複数の呼びかけになりますが、
Woher kommen Sie?/Woher kommt ihr?のどちらもあり得ます。
出題文に「敬称を使って答えよ」「親称を使って答えよ」と断り書きがあるのが普通ですが、
もしないのならば、親称ihrを学ぶ章に出ている練習題問題かもしれません。
もしどちらでもなく、答えがwoher kommt ihr?だけでSieを使ったものがないならば、
出題のしかたとしては少し手抜きかもしれません。

>2つのsieの使い方は分かりました、、(笑)

小文字で書き始めるsieは、「彼女」もしくは女性名詞の代名詞(単数)の意味か、
「彼ら、彼女ら、それら」など、複数の人や物を指す代名詞の意味かのどちらかです。

>でも、ihrとSieの使い分けが分かりません。理由はある問題で
>Wir kommen aus japanというのがあり、これの質問文を考えるもので、回答がWoher kommt ihrになってたからです。この場合、ihrじゃなくてSieでも大丈夫なのでしょうか?

敬称と親称の区別はついていますか?
目上の人やあまりよく知...続きを読む

Qgooglechrome 翻訳ツールバー ドイツ語

教えて下さい。 現在MacのデスクトップでGoogleChromeを使っています。
インストールしてからずっと、日本語以外のページでは翻訳ツールーバーが自動的に出てきていました。 ところが最近になり、ドイツ語ページのみツールバーが出なくなりました。 
英語、フランス語スペイン語など、ドイツ語以外の言語だとツールバーで翻訳するかを聞かれます。 なぜドイツ語だけツールバーが出なくなったのか全く解りません。。。
設定ページから母国語以外、、、というボックスも確認してチェックがありました。 それでもドイツ語だけが翻訳で来ません。 現在ドイツに住んでいるので、ドイツ語のみ出来ないというのが、とても困っています。 どうかご存知の方は教えて頂けないでしょうか。。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

解決法を3つご提案します。
簡単なものから順に並べています。
お試し下さい!


(1) 設定を変更する方法
Chromeの「設定ページから母国語以外、、、」というボックスの上に
「言語と入力の設定...」というボタンがあります。これを押すと添付画像のような表示が出ます。
ここでドイツ語の設定を削除すれば、再び翻訳バーが現れると思います。


(2) Chromeの翻訳用のプラグインを入れる方法
一例として、Google Translateというプラグインをインストールすると
ツールバーにいつも翻訳ボタンが表示され、1クリックで翻訳バーを呼び出すことができます。
https://chrome.google.com/webstore/detail/google-translate/aapbdbdomjkkjkaonfhkkikfgjllcleb


(3) 設定を変更する方法(上級編。多分必要ないです)
~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default/Preferencesというファイルを編集。
"translate_language_blacklist"
という項目から"de"を削除し保存。

参考になれば幸いです^-^

解決法を3つご提案します。
簡単なものから順に並べています。
お試し下さい!


(1) 設定を変更する方法
Chromeの「設定ページから母国語以外、、、」というボックスの上に
「言語と入力の設定...」というボタンがあります。これを押すと添付画像のような表示が出ます。
ここでドイツ語の設定を削除すれば、再び翻訳バーが現れると思います。


(2) Chromeの翻訳用のプラグインを入れる方法
一例として、Google Translateというプラグインをインストールすると
ツールバーにいつも翻訳ボタンが表示され、1クリ...続きを読む

Qwann ____ Kerstin und Peter in Deutchland? ↓ Morge

wann ____ Kerstin und Peter in Deutchland?

Morgen.Sie ___ heute in Osterreich.

この文の訳と空欄に入るsein動詞の形を教えて下さい。(上の文と下の文は会話文です)

二つ目の空欄はおそらくsindだと思うのですが他のことは全然わかりません、、

クリスティーンとペーターはいつドイツにいるの?

明日だよ。あなた方は今日オーストリアにいるよ。

ですか?(笑)めちゃめちゃな文になっててわからないです。
説明もつけてくれると嬉しいです。お願いします。

Aベストアンサー

sein動詞の現在形の変化は文法書に載っていると思います。

一人称単数 ich [bin](私)
二人称単数 Sie [sind](敬称:あなた)/ du [bist](親称:君)
三人称単数 er/sie [ist](彼・彼女)
一人称複数 wir [sind](私たち)
二人称複数 Sie [sind](敬称:あなたたち)/ ihr [seid](親称:君たち)
三人称複数 sie [sind](彼ら)

単数の名詞がundで並べられているときも、
その全部を合わせて主語とするので、動詞は複数形になります。


Karl ist groß. カールは背が高い。(単数)
Peter ist groß. ペーターは背が高い。(単数)

Karl und Peter sind groß. カールとペーターは背が高い。(複数)

会話の質問の文の主語は「Kerstin und Peter」、二人なので動詞は複数形。
答えの文の「Sie」は「あなた方」ではなく「彼ら」、
つまりケルスティンとペーターのことです。
文の頭だから「Sie」と大文字で書き始めているだけで、
文の途中なら小文字で「sie」と書きます。
文頭の「Sie」は、それだけでは「あなた」なのか「あなたたち」なのか「彼ら」なのかわからないので、
前後の関係で判断します。

質問文冒頭の「wann」は大文字で書き始めましょう。
「Osterreich」の「O」はウムラウトで「Ö」です。打ち方わかりますか?

Wann sind Kerstin und Peter in Deutschland?
ケルスティンとペーターはいつドイツにいるの?
Morgen. Sie sind heute in Österreich.
明日だよ。彼らは今日オーストリアにいるよ。

日本語の会話としてはこれでも少し変に聞こえると思いますが、
初級の練習問題なので直訳にしてあります。
答えの文から考えると、質問の文の実質的なニュアンスは、
「ケルスティンとペーターはいつドイツに着くの・戻るの?」
ということでしょうね。

sein動詞の現在形の変化は文法書に載っていると思います。

一人称単数 ich [bin](私)
二人称単数 Sie [sind](敬称:あなた)/ du [bist](親称:君)
三人称単数 er/sie [ist](彼・彼女)
一人称複数 wir [sind](私たち)
二人称複数 Sie [sind](敬称:あなたたち)/ ihr [seid](親称:君たち)
三人称複数 sie [sind](彼ら)

単数の名詞がundで並べられているときも、
その全部を合わせて主語とするので、動詞は複数形になります。


Karl ist groß. カールは背が高い。(単数)
Peter ist gro...続きを読む

Qドイツ語への翻訳

ドイツ語への翻訳

ドイツ語で書かれたある製品のカタログを日本語に翻訳したいのですが

専門的な内容が含まれているため単純な翻訳では、文章が繋がりません。

なので翻訳専門家に依頼するしかないと思うのですが、何か別の方法はありますか?

また依頼した場合、値段はどのくらいなのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

問題を翻訳者の語学力と専門知識に分けて考えましょう。
専門知識については、発注者が補完するという方法があります。
と云うこともあり、あなたの考えておられる分野をお知らせ下さい。
思いつきで書けば、IT、コンピュータ、法律、経済、芸術、重工業、ect.

私が取る一つの方法は、専門辞書、資料を発注者が手配し貸し出すことです。
翻訳の量にもよりますが、専門辞書の価格など、大した割合にもなりません。

ドイツ語に限って云えば、学生用の安い辞書が何処の本屋(ドイツ国内)でも売られています。
日本でも、Amazonなどから入手可能です。例えば、Schueler Duden です。
Schueler Duden Mathematik, Musik, Informatik 色々あります。
独英辞書もよいですよ。

http://www.linguee.de/uebersetzung/deutsch/
というサイトもとても役立ちます。ドイツ語の単語を入れると、この単語を使った
例文が沢山現れ、英訳が表示されます。

と云うことで、質問者様が分野と翻訳のページ数を明示して下さることをお待ちします。
もっと具体的な回答が出来るかも知れません。

問題を翻訳者の語学力と専門知識に分けて考えましょう。
専門知識については、発注者が補完するという方法があります。
と云うこともあり、あなたの考えておられる分野をお知らせ下さい。
思いつきで書けば、IT、コンピュータ、法律、経済、芸術、重工業、ect.

私が取る一つの方法は、専門辞書、資料を発注者が手配し貸し出すことです。
翻訳の量にもよりますが、専門辞書の価格など、大した割合にもなりません。

ドイツ語に限って云えば、学生用の安い辞書が何処の本屋(ドイツ国内)でも売られています。
日本...続きを読む

Qドイツ語の前置詞 auf,zu,in+gehen (kommen)の使い分け

auf die Schule gehen, auf die Uni gehenだと「学校へ通っている」、「大学へ通っている」という意味になると記されています。普通に大学などへ授業を受けに行くという場合は、in になりますか?

ins Konzert gehen, in die Stadt gehenのようにinを使う場合はその場所に入って何かをする場合という説明がありました。それでは、zum Bahnhof fahrenなら単に駅という場所に行くということになりますか?

auf,in, zuという前置詞の使い分けが今一つわかりませんので教えてください。







s

Aベストアンサー

いつも言葉の一番微妙なところをお尋ねになりますね。文法知識や経験があっても簡単には答えられない御質問が多いです。

今回も、乱暴に言うとauf、in、zu、どれも同じように使っている現実があります。もちろん、全く同じというわけでもなく、それぞれの前置詞の本来の意味が関わってくる場合もありますが、個人によって、また地方によって傾向が異なることもありますし、慣用的に決まった言い方もあります。
私自身は、学校や大学へ通う場合も授業を受けに行く場合もinを使うことに慣れていました。ins Konzert gehen、in die Stadt gehenもそれぞれ決まった言い方として覚えていましたし、役所や駅ならzum Amt、zum Bahnhof、郵便局や銀行ならauf die Post、auf die Bankと覚えていました。周りの人がそう話しているので、単に慣用的に定着したものと考えてそのまま使っていたのですが、もう少し複雑な事情があるようです。

in die Schuleかzur Schuleかという質問は、日本のQ&Aサイトにもよく出ます。一応ある程度の回答はつくのですが、この質問はドイツ語圏のQ&Aサイトにもよく出ていて、ネイティヴスピーカーたちの意見は実に様々で、それを見ていると混乱してきます。

私が普段使っている古い郁文堂の独和辞典のSchuleの項には3つの例文が出ていますが、これはドイツのDudenの辞書の例文に倣ったもののようです。

1. er geht in (od. auf) die höhere Schule  彼は高等学校へ行っている
2. noch in die (od. zur) Schule gehen まだ学校へ行っている(その学校の生徒だ)
3. das Kind kommt dieses Jahr in die (od. zur) Schule この子は今年学校に入る

括弧の中に書いてある通り、1番目の例文ではinでもaufでもよく、2、3番目の例文ではinでもzuでもよいことになっています。これらの例文を見る限り、「通っている」という意味ではinもaufもzuも使うということになります。ただ、文法書に細かい説明がありませんし、1番目の例文に使われているのがdie höhere Schuleであることが少し引っかかっています。私自身は、auf die Schule gehen という言い方にはあまりなじみがないのですが、この場合のaufは、高等学校という「上の」ランクの学校に進学することと関係があるかもしれません。オーストリアのあるサイトにも、Schuleの場合はin die Schule gehenと言い、Uniの場合はauf die Uni gehenというんじゃないかという書き込みがあり、次の回答者も同意していました。とはいうものの、Schule以外のところへ行く場合もaufを使うことがあるので、そう簡単には片付きません。aufの使い方に関しては、ほかにもいろいろな情報があるので後述することにして、ひとまず脇に置きます。
2、3番目の例文も「通う」という意味で使っていますが、in die Schule gehenよりもzur Schule gehenの方が、その学校の生徒であるという「所属」の意味が強いという説明があちこちで見受けられます。しかし、基本的にはどちらでもよいようです。ただ、これもオーストリアのサイトには、ドイツではzur Schule gehenと言うがオーストリアではin die Schule gehen としか言わない、と言う書き込みが複数ありました。私がin die Schule gehenにしかなじみがないのは、オーストリアにいたせいかもしれません。国によっても違いそうです。
inとzuの使い分けにはもう一つ問題があって、それは各前置詞の本来の意味に関係します。inは中へ入ることで、zuは場所の移動です。つまり、学校という「場所」へ行く場合はzuであり、学校の中へ入るのはinであるという説明です。道を歩いている途中で、これからどこへ行くの、と聞かれ、学校、と答える場合はzur Schuleだと言う人が(少なくともドイツのサイトでは)多いです。チャイムが鳴って生徒が学校へ入いる、と言う場合は当然in die Schule gehenで、zur Schule gehenではありません。これははっきりしています。ほかにも、授業があって学校へ行かなければならない、と言う場合はinではなくzuという説明も見受けられますが、そんなにはっきり区別しているかどうかは疑問です。「教会へ行く」という場合も、in die Kirche gehenとzur Kirche gehenの両方が辞書には出ています。

これまでにも何度か書名を挙げていると思いますが、白水社の「ドイツ語不変化詞辞典」というのがあり、aufの項にはこう書いてあります。

公共の施設,建造物,たとえばRathaus「市役所」,Post「郵便局」、Bank「銀行」,Schule「学校」,Platz「広場」などには好んでaufが用いられる.その他の用例は多く慣習的に固定したもので,またin,an,zuなどと交換できるものも少なくない.

しかし、私になじみがあるのは、auf die Post gehenとauf die Bank gehenで、ほかはzum Rathaus、zum Platzの方が普通に感じます。Amtに関してもドイツ語のQ&Aサイトのスレッドがあり、zum Amtが普通だと思うが、地方によって違うんじゃないか、とか、どちらも同じのようだがよくわからない、などの書き込みがありました。その一方、別のサイトでは、北ドイツではzum Rathaus gehenと、南ドイツではauf das Rathaus gehenと言うという情報、aufは古くさいという意見、また、お金を引き出しに銀行へ行くのならzur Bank gehenで、歩いている途中で雨が降ってきて、雨宿りに銀行の建物の中に入るのならin die Bank gehenだという人、「仕事に行く」というのはzur Arbeit gehenで、in die Arbeitという言い方は聞いたことがないというドイツ人に対して、オーストリアではin die Arbeit gehenと言うという書き込み、スイスドイツ語ではRathaus、Bahnhof、Post、Bankいずれもaufを使うという人、かと思うとaufは文法的に間違いと決めつけるひと、いろいろです。
このような回答では混乱するばかりかもしれませんが、一つ言えることは、場所の移動はzuであり、この場合は必ずしも建物の中に入ることを意味しない、と言うことです。たとえば、zur Bäckerei gehenもin die Bäckerei gehenも「パン屋へ行く」という意味で同じように使えますが、もし、「パン屋まで行ってそこを右に曲がって」と言う場合はパン屋には入らないので、zur Bäckerei gehen, dann nach rechtsとなります。駅も同様で、zum Bahnhof gehenは駅のあるところへ行くという意味でしかないので、駅の前でも横でも構わないわけです。インターネットに、Zum Lachen in den Bahnhof gehenという見出しがありました。これは、駅の構内でお笑いの催し物があって、その宣伝のようです。駅という場所へ行くのではなく、ステージのある駅の中へ行くということでin den Bahnhof gehenとなっているのでしょう。あるいは、駅と直接つながっている建物から駅構内へ入る場合もin den Bahnhof gehenになります。
ins Konzert gehenはかなり決まった言い方ですが、これもドイツのQ&Aを見ていると、コンサートホールの中で行われるコンサートならins Konzert、ロックなどの野外コンサートならaufs Konzertという人がいました(笑)。中には、自分はaufは使うけれどinは使わない、などと言う人も・・・
Stadtの場合はin die Stadt gehenが標準で、zur Stadt gehen、auf die Stadt gehenはあまり言わないようです。

何とも回りくどい回答ですが、どちらでもよい場合、地方によって違う場合、意味によって使い分けがはっきりしている場合など、多少でもヒントになれば幸いです。

いつも言葉の一番微妙なところをお尋ねになりますね。文法知識や経験があっても簡単には答えられない御質問が多いです。

今回も、乱暴に言うとauf、in、zu、どれも同じように使っている現実があります。もちろん、全く同じというわけでもなく、それぞれの前置詞の本来の意味が関わってくる場合もありますが、個人によって、また地方によって傾向が異なることもありますし、慣用的に決まった言い方もあります。
私自身は、学校や大学へ通う場合も授業を受けに行く場合もinを使うことに慣れていました。ins Konzert...続きを読む

Qドイツ語に翻訳してくれるサイトありますか?

ドイツ語に文章を訳したいのでが、よく英語を日本語になどという大手のサイトを見かけますが、日本語をドイツ語に翻訳したりするサイトをご存知ないですか?

Aベストアンサー

 ドイツ語だけでなく 世界8ヶ国語の翻訳ができます。

 詳細は下記の参考URLへ

参考URL:http://www.logovista.co.jp/trans/index.html

Qドイツ語Sieについて

先日ドイツ語を学習している高校生の方から、「敬称のSieを大文字で始める理由は何か」と聞かれました。”彼女”や”彼ら”と区別するためであれば他の単語でもよかったわけですし…どなたかご存知であれば教えて下さい。

Aベストアンサー

>区別するためであれば他の単語でもよかった
ドイツ語の敬称は三人称複数の代名詞をそのまま使ったので、表記上区別する
ようになったのです。
デンマーク語も同じで 親称 du / 敬称 De [三人称複数 de ] です。

直接二人称単数で話す形よりも、距離を置いた三人称複数形が敬称に使われ
るヨーロッパ言語は多いです。
もちろん、固有の敬称を持つ言語や二人称複数を単数敬称に使う言語では、
大文字表記はあまりされないようです。
(そんなに多くの言語を知っているわけではないですが)

Qドイツ語の翻訳

車や文化が好きでドイツ人とメール交換したり品物の購入をしています。但し全て英語で行っています。大抵ある程度の英語が出来る人ばかりなのですが、品物のやり取りではやはり細かい部分になると母国語の方が良いようです。そこで、ドイツ語の自動翻訳を無料・有料いろいろ試してみましたが、どうも独日・日独だと英語と比べると怪しい訳文になっているようで、やはり自動翻訳ではダメかな、と思っています。簡単なドイツ語翻訳をメールで受けてくれる個人・会社をご存知の方、情報いただければ幸いです。また、ドイツ語が出来る方で、この翻訳サイトまたはソフトならほぼ問題ないというのをご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

ここで探してみてはいかがでしょう?

参考URL:http://trans.kato.gr.jp/translators/index.cgi

Qドイツ語 undかoderか?

日本語の助詞の「や」は ドイツ語の undとoderの中間のようなニュアンスがありますが、
「ロンドンや東京のような大都会」は ドイツ語で何と言うでしょうか?

Großstädte wie London ( ) Tokio

この場合、括弧には undとoderの どちらが適切ですか?

Aベストアンサー

oderの基本的な意味は”いずれか一つ”、”あるいは”だと思います。例文の場合、”Londonと東京ような大都市”
の意味だと思います。しかも”Großstädte”と複数です。したがって、私は”und"だと思いますが。

私が持っている独独辞典では:drueckt aus, dass von zwei oder von mehreren Moeklichkeiten nur eine
in Frage kommt/:er liest ein BUch oder er schreibt. という例が挙げられています。

一度ドイツ文法書で確認されることをお勧め致します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報