0.1mmのポリエステルフィラメント織物を筒状に加工したいと思っております。布を裁断したあと、端を1cmほど合わせて布同士を接着し、筒にしたいと思っています。加工したものは野外で使いますで、接着力は強いことが必要です。この布の特徴は、織目が非常に細かく、かつ透水性です。溶融温度は265度で240度で軟化するとのことです。接着剤で接着できれば簡単でいいのですが、接着剤がなければ加熱接着も仕方がないかと思っています。
どなたか良い知恵を授けてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ポリエステルフィラメント編み組が筒状になっているもの売ってますよ。


ただし繊維は0.1mmのではなく0.5mmぐらいですが
直径は6ミリぐらいから60mmぐらいまでで、電気関係で扱いあります
大手メーカーはデンカエレクトロンです。
価格はRSコンポーネンツとかで見れます。
    • good
    • 0

ホットメルト系の接着剤は使えないのですか。

例えば、ポリエステル繊維と同じポリエステル系のホットメルト系接着剤とかナイロン系のポリエステル系接着剤などです。アイロンで簡単にズボンの裾を直す「すそ上げテープ」にはナイロン系のホットメルト系接着剤が細い筋状に塗られていると思います。すそ上げテープのメーカーに問い合わせてみては如何ですか。

この回答への補足

psa29 様
回答有難う御座いました。
ポリエステル系接着剤で試したことがあるのですが、簡単に剥れてしまいました。ホットメルト系接着剤は試していませんので、試してみたいと思います。

補足日時:2002/01/23 12:29
    • good
    • 1

こん**わ。

はじめまして。
屋外で使用とのことなので耐熱はそれほど必要ないのですよね?
接着力は強いことが条件です、といわれるとどの程度必要なのかが
はっきりとわかりません。
無理矢理引っ張ると織物自体が破れるほど強接着ということになると
接着剤では無理なのではないでしょうか。
そのあたり補足していただけるとありがたいです。

方法としては接着か溶着か縫製か、そのあたりかと思います。
それでは失礼します。

この回答への補足

縫製はミシンの針穴があくので避けたい方法です。
接着の強度については実際に接着してみて調べてみたいと思っています。
溶着についてはビニールを溶着しているところを見たことがあるくらいで、知識がまったくありませんので、詳しく知りたいと思っています。
ただ、接着が一番簡単かと思っています。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2002/01/18 10:14
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簡単に剥がせる接着剤を教えて下さい。

シリコーン樹脂みたいな材質ででこぼこのある材質にも密着し、一度固まった後でも簡単に剥がせる接着剤ってありますでしょうか?
要は気密性を高めるために使用したいのですが、後からでも剥がせる接着剤を探しています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あとから剥がせるという条件なら強力な接着力は無理ですからいっそのことシリコーンコーキングをお使いになったら如何ですか。

機密性があり弾力もあり削れば比較的簡単に剥がれ落ちますし。
DIY用にバスコークなどと言う物も有ります。

http://www.diy-yuda.com/d-base/silicon/

Q骨灰に適する接着剤を教えてください。

 骨灰に吸着する水中の物質を調べたいと思っています。
骨灰表面(リン酸カルシウム面)を包まず,2週間ほどの
水中使用に耐える整形剤をお教えください。

 水中でなければ伝統的な,鉛に吸わせた金の吹き出し
に使う骨灰坩堝があるようですが,水中ではもろくも
崩れそうです。

Aベストアンサー

整形せず、不織布(ティーバッグの様な)に包むのが適切です。

Q塑性加工(しごき加工)について

現在、大学で塑性加工について勉強している者です。
実験を行うのに参考にしたいことがありましたので質問させていただきました。
実際の現場ではしごき加工はどのくらいのリダクション(圧下率)で加工を行うのでしょうか。
つまらない質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

鋼材の場合、材質や厚み、温度、加工履歴、ロール面でのすべり速度などにより数値は異なります。

鉄鋼便覧が大学図書館にあると思います。圧延の分冊を見ると圧延機の設定値の例が載っていると思います。
他の金属の場合は知りませんが、鈴木弘先生の圧延の教科書、金属学会のハンドブックにあるのでは?

Qせん断加工の加工荷重

せん断加工の加工荷重は

P=板厚×加工長さ×0.8×引張強度

ということですが、
0.8はどういう原理、意味で掛けられるのですか??

どなたか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

せん断加工力P[kgf]=加工周長L[mm]×板厚t[mm]×せん断抵抗S[kgf/mm2]
です。

せん断抵抗(S)が分かっていない時には、材料の引張強さTsの80%値で代用します。通常、金属材料ではせん断抵抗は概ね引っ張り強度の60~80%に相当するので、最大域である80%値を代用値として使ってもとりあえず問題ないということ。

ただし、例えばパンチ加工の場合はパンチとダイの形状の工夫で加工力はもっと小さくもできます。先端角やクリアランスなどのパラメータの違いで、加工力や仕上がりのカエリの大きさが変化するんですね。

Qアルミの共晶溶融と高温酸化

実験でアルミ-銅合金の熱処理を行っています。
アルミ-銅合金の溶体化処理を行ったときに発生する恐れのある『共晶溶融』、『高温酸化』について教えてください。
どういうメカニズムでおき、金属組織としてはどういう特徴があるのでしょうか。
組織写真などを探しているのですが、なかなか見つかりません。良いサイトがあれば合わせて教えてください。また、溶融と共晶溶融の違いはいったい何なのでしょうか。

Aベストアンサー

こんなのは?↓
http://www.jstage.jst.go.jp/article/qjjws/25/1/24/_pdf/-char/ja/
「共晶熔融」はEutecticと言うらしいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報