人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

いつも冬になると思うのですが,三日月(三日月に限らないのですが,三日月の時によく不思議に思うので)の光っている部分というのは,夏と冬では違うのでしょうか?
冬の三日月は,いつも船のように球の下の方が光っているように感じるのですが,どうしてでしょうか?

A 回答 (2件)

その通り、三日月が沈むときは冬にはやや下側が、夏はやや右側が光っているのです(日本では)。



三日月で光っている側というのは、太陽のある側ですよね。ということは月と太陽(三日月が地平線に近いときはもう沈んでいる)の位置関係を考えれば、月のどちら側が光るか分かります。

ところで「黄道」ってご存知でしょうか?地球から見た、天球上の太陽の通り道のことで、太陽はこの線に沿って1日に約1°動き、1年で1周します。月や、惑星はだいたいこの黄道付近にいます。見方を変えれば地球の公転面です。

この黄道は、天の赤道(春分・秋分に太陽が1日で1周する大円)と23.4°ずれており、天球上で春分の太陽の位置(春分点)と秋分の太陽の位置(秋分点)で交わります。この場所で、天の赤道との角度が最大の23.4°になりますが、春分点では天の赤道よりも垂直に近く、秋分点では水平に近い傾きになります。

話が長くなりましたが、月はほぼ黄道上にいて、月の光る側とはその黄道の延長上にいる太陽の方向と考えれば、月が春分点近くでは下側が光り、秋分点近くでは右側が光るということが分かると思います。三日月と太陽は角度にして40°ほど離れているので、季節として最も下側が光るのは春分の40日ほど前、つまり2月前半、最も右側が光るのは秋分の40日ほど前なので8月前半ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに詳しくありがとうございました!!
どうして見え方が違ってくるのか,すごくよく分かりました♪今夜も月が綺麗なので,よく眺めたいと思います♪

お礼日時:2006/03/05 18:36

光っている部分はほぼ同じです。


厳密には、上下左右にすこしずつずれています。

太陽でも月でも、観測者から見て真南を通る時を南中といいます。
南中時の高さは、太陽の場合、観測地点の北緯と日付で定まります。夏至のとき、北緯35度では、地平線から78度の高さになります。(90-(35-北回帰線の緯度)で求まります)
逆に冬至の時は32度(90-(35-(-23)))くらいです。
まとめると、太陽は赤道から最大±23度くらい傾いた軌道を持っています。
太陽暦はまさに、この太陽の動きを元に作られた暦ですので、太陽の位置は年が変わっても同じ月日ならば同じ高さに見えます。

一方、月も軌道の高さが低くなったり高くなったりします。その触れ幅は、赤道から見て最大29度、最小18度です。
太陽と反対側にある満月の場合、太陽が一番低い(日本の)冬には、月は天高くのぼり、夏はその逆になります。三日月でも同じ軌道を通ります。

(このへんから、少しあやしくなってきます)

高い軌道を通れば、地平線に沈むときは太陽のある方向すなわち、西の空の地平線の下にある太陽に顔を向けるのですから、下が光っているように見えます。
夏は、月の軌道が低くなります。まだ南西の空にあるときでも低いままですから、太陽がある西~北西の方角に顔を向けなくてはならず、おのずと光っている部分は横に向きます。

質問の回答にはちょっと違うかもしれませんが、興味深いサイトだと思いますので、ご覧ください。
http://www.moonsystem.to/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんなに早くありがとうございます♪♪
教えていただいたサイト,早速行って参りました。とっても素敵なサイトですね♪

お礼日時:2006/03/05 18:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三日月は夜中に見えない?

月の満ち欠けの説明のサイトを見ていると、
決まって地球の周りにいろんな形の月が描いてあって、
新月が太陽の方向にあるのですが、
(http://www.so-net.ne.jp/kagaku/naze/hon/cat_b_1_07.htmlのような)
この図だと三日月や新月は夜中に観測できない気がするんです。
たとえ観測できたとしても、
西の地平線にかろうじて見える程度な気がするんですが、
そうなんでしょうか?
三日月が頭上に見えるのは夕方だけなんですか?

Aベストアンサー

大体予想される通りです。

ごくおおざっぱに言ってしまえば、満月は太陽が西に沈むと同時に東から昇ってきて、一晩かけて天を横切り、翌朝太陽が昇ると同時に西に沈むことになります。

半月は、太陽が沈んだときにちょうど南に現れるか、夜半過ぎに東から昇ってきてちょうど南に来たときに太陽が昇って来る(=見えなくなる)2つのパターンがあり、同じく三日月も、太陽が沈んだ直後の西の空か太陽が昇る直前の東の空に現れるパターンがあります。(なので三日月は夕方か朝方のわずかな時間しか見えません)

新月は、昼間に太陽と一緒に空にあることになるのでもちろん見えません。
ただ、その時は月からすると地球がちょうど満月のように見えるので、その照り返しで明るくなった月が昼間の空に白く見えることはあります。
あと見ることができるとすれば、日食の時に太陽にかぶさる黒い影が新月です。

ものすごくおおざっぱですみません!
お分かりになりにくかったら、ご指摘下さい。


人気Q&Aランキング