アッベの原理について簡単に教えてください。

A 回答 (2件)

うーんと簡単にすると、


物を精密に測定するには、品物と基準尺を一直線に配置したほうが正確に測れますよ。
ということです。

これと違う計測法をすると、色々な誤差が入ってくるので、精密計測をするときは守ったほうがいいですよ。ってことで。
でも、これに準じないエッペンシュタインの原理とかもあります。
    • good
    • 0

いや、回答じゃないんですが。


アッベって、あの100年ぐらい前の、光学の先生(Abbe)のことでしょうか?
アッベの屈折計とかアッベ数とかは聞いたことがありますが、アッベの原理は存じ上げません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアッペの原理について教えて下さい。

教えて下さい。
測定原理にアッペの原理という言葉を聞きますが、これは、どのような原理なのですか?
知っている人がいましたら教えて下さい。
また、参考URLなどがありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アッベ( Abbe )の原理

長さを測定する際に起こる ”誤差 ” に関する原理で

「 測微顕微鏡を用いて 標準尺と比較して長さを測定する場合に、測定物と標準尺とを同一直線上に置けば、誤差がいちばん少なくなる。」

というのが、その内容です。

長さの測定法に関する技術図書には、記載されていると思います。
アッベの原理で検索すれば、URL見られるかも知れません。

Qサイホンの原理について教えてください。

煙突から煙を出すときには、煙突の高さは高ければ高いほど煙はでやすい。 サイホンの原理で説明できると言われているのですが、理解できません。
サイホンの原理を細かく理解できていないためと思います。わかりやすく教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

空気の重さを1立方メートル当たり1kgとすると、空気を1メートル積み上げると1平方メートル当たり1kgの圧力がかかっていることになります。 煙は多くの場合、二酸化炭素や煤が入っていて空気より重いのですが、温度が高いので軽くなっています。 煙の重さを1立方メートル当たり800gとすると、煙を1メートル積み上げると1平方メートル当たり800gの圧力になり、周りの空気から1平方メートル当たり200gの圧力で押し上げられます。(煙の浮力)
すると断面積1平方メートルの煙突ならば、煙突が1メートル高くなるごとに煙を押し上げる力は200g増加し、高さ10メートルの煙突ならば2kgになります。(昔の蒸気機関車は煙突が長かったのですが、大きなトンネルが必要になるため煙突を短くし、蒸気圧による強制排気をおこなっています)
サイホンの原理との対応は、サイホンが管の中の水が流れ落ちる力で水を吸い上げるのに対し、煙突の中の煙の浮力で水平部の煙を吸い出すということです。

Q全身麻酔の原理を教えて下さい。

全身麻酔の原理を教えて下さい。

Aベストアンサー

一口に全身麻酔といっても、使われる薬によってどの部位に作用するかが違いますし、副作用の有無も含めてまだまだ研究中の部分が多いです。
なので短く説明するのは難しいのですが、今のところ解明している部分だけ申し上げますと
1.静脈麻酔薬は抑制性シナプス(シグナル伝達などの神経活動に関わる接合部位とその構造)伝達に選択的に作用。特にニューロトランスミッター(シナプスで情報伝達を介在する物質)に作用して、その抑制作用を促進する。
と言われています。つまり細胞体そのものに作用するのではなく、細胞体に刺激を伝達する部分を抑制することにより、電気シグナルを送らせないようにするということです。

2.吸入麻酔薬は、興奮性シナプス伝達の抑制と抑制性シナプス伝達の促進の両方の作用がある。
と言われています。つまり、静脈麻酔と吸入麻酔では中枢神経作用に違いがあるということです。

Q暗記の仕方を教えて下さい。 会社理念を丸暗記しなければいけなくなりました。簡単に覚えれる方法は無いで

暗記の仕方を教えて下さい。
会社理念を丸暗記しなければいけなくなりました。簡単に覚えれる方法は無いでしょうか?10行程なんですが、なかなか頭に入らなくて…どなたか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1行ずつ覚えていくのがいいと思います。例えば最初は1行目のみを頭に入れようと思いながら何回か音読し、入ったかなと思ったところで熟語(やカタカナ)のみを指で隠したまま音読します。思い出せないところは見て、できるまで1行目のみを繰り返します。それができたら最後に、何も見ずに1行目を声に出します。それができたら同じことを10行目まで繰り返すのですが、1行完成するごとに 1番始めから取り敢えずできたところまで声に出す(何も見ず)と覚えが早いと思います。
ぜひ試してみてください^ ^

Q部活内のふざけについて。

部活内のふざけについて。
私の弟は中学三年で吹奏楽部に所属しております。昨日予定よりも早く帰ってきたので理由を聞いたところ、顧問から帰るように言われたとのことでした。
母親が顧問の方から聞いた話によると昼休みに弟が一年の女子部員をうちわで叩き、同じく一年の男子部員の腕を持って引き摺ったらしいという話です。
その後母親が弟からも話を聞いたのですが、その前段階で昼食を食べ終わった後三人(弟と女子部員、男子部員)で話をしていて、盛り上がった結果思わずうちわで彼女の膝(腿?)の辺りを叩き話の途中で一度はなれた彼が音楽室から出るときに転んだので腕を持って引き摺ったそうです。
女子部員についてはその場で謝り、男子部員はあくまでじゃれた(と弟は思っている)のですが、弟は今日は自宅謹慎で今月末のコンクールに出させてもらえなくなってしまいました。

極端すぎると思うのは私だけでしょうか?私と弟は通っていて中学が違うため私の方が少々ずれた感覚を持っていますが、私にしてみれば話が盛り上がって相手の膝等をうちわで叩いてしまうのはありがちなことだし、男子同士で相手の腕を持って引き摺るようなことはふざけたりじゃれているだけだと思うのですが、それで謹慎、コンクールの出場禁止は極端じゃないかと。
私だって弟と同じような事を中学時代にやった事がありますし、三年のときにふざけて一年の男子にスリッパを投げつけた事もあります。しかし、怒られはしたものの謹慎などは有りませんでした。

そう思うのはやはり身内だからでしょうか?
出来ればご意見を聞かせていただきたいです。

部活内のふざけについて。
私の弟は中学三年で吹奏楽部に所属しております。昨日予定よりも早く帰ってきたので理由を聞いたところ、顧問から帰るように言われたとのことでした。
母親が顧問の方から聞いた話によると昼休みに弟が一年の女子部員をうちわで叩き、同じく一年の男子部員の腕を持って引き摺ったらしいという話です。
その後母親が弟からも話を聞いたのですが、その前段階で昼食を食べ終わった後三人(弟と女子部員、男子部員)で話をしていて、盛り上がった結果思わずうちわで彼女の膝(腿?)の辺りを...続きを読む

Aベストアンサー

大変ですね。
ご家族はもちろん弟さんが一番、お力をお落としだと思います。

先生の措置が極端かどうかは、詳しい状況を見ていないからなんとも言えません。
具体的な状況というのは、問題のふざけ事件の度合いもありますが「被害者」の部員の精神状態やコンクール前の大事な時期における部全体の空気、弟さんや「被害者」の部員のそれぞれの部活における技術や精神的指導者としての役割、関係者全員の普段からの態度、部長の意見などや、もちろん顧問の先生や他の先生の方針や部活に対する姿勢などです。

こういう場合、「処分は当然、弟は自業自得」というものから「まったく問題ありません、先生に顧問の資格なし!」というものまで、さまざまな意見が寄せられるかもしれませんが
(また、失礼ながら質問者さんは「弟さんは悪くない!」という意見を聞いて慰めを得たいところかもしれませんが)状況をくわしく見ないと、どちらとも言えないというのが正直なところだと思います。

この場合の自宅謹慎というのは学校としての謹慎処分というものではない(夏休み期間中なので部活への参加を禁じられただけ)ですよね?

部活動であれば、学校の授業と違って、練習中の綱紀粛正や技術重視、大会への意気込みについて、顧問の先生に大きく裁量権が与えられていると考えるのが自然です。
今回の顧問の先生の態度について、相当厳しいとぼくも思いますが、「まったくナシ」とは思えません。
相当厳しい先生ならそれぐらいするんじゃないかなあと思います。

先生に裁量権があり、その裁量が「まったくナシ」ではない以上、今回の処分は仕方ないものとしてあきらめるしかないと思います・・・。

もし抗議や指導の撤回を考えておられるならやめたほうがいいと思います。
抗議してモメたりしたら、一番かわいそうなのは、「ふざけ」にまったく関与せず、普段から真面目に練習に取り組んでいるほかの子たちです。
仮に抗議が認められたら「先生にしかられて謹慎を認められても、家族が抗議すればひっくり返る」という前例を作ることになり、先生のメンツや指導力が傷つくことになるので、先生はそれを認めないと思います。
モメるだけ損です。

弟さんは本当にかわいそうですが、今はとてもこんな気持ちにはなれないとは思いますが「怒られるのも学校生活のうち」です。
これを機に反省してメチャクチャ自主練習に励んでリベンジに励むもよし、もっとユルい部活に行こうと思うもよし、少なくとも先生の前では要領よくしていこうと思うのも大事だと思います。
ひとつの人生経験として捉えればいいと思いますがどうでしょうか。

大変ですね。
ご家族はもちろん弟さんが一番、お力をお落としだと思います。

先生の措置が極端かどうかは、詳しい状況を見ていないからなんとも言えません。
具体的な状況というのは、問題のふざけ事件の度合いもありますが「被害者」の部員の精神状態やコンクール前の大事な時期における部全体の空気、弟さんや「被害者」の部員のそれぞれの部活における技術や精神的指導者としての役割、関係者全員の普段からの態度、部長の意見などや、もちろん顧問の先生や他の先生の方針や部活に対する姿勢などです。

こう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報