こんにちは。
私は「(英語圏の国への)長期留学」という夢を持っています。
いつか「海外生活をし、そこで英語を使って勉強したい」と、強く願っています。
でも、自分がなぜそこまで海外に行きたいのか、自分でもよく分からないのです。

そこで海外に留学したことのある方、
(1)行く前の動機
(どういうことを学びたかったのか、なぜ海外で勉強しようと思ったのか、などなど・・・)
(2)実際にその中で得たもの
(留学中に学んだこと、帰国後の今の生活の中で役に立っていること、現在の仕事に生かせていること、・・・)
など、参考にさせていただきたいので、ぜひお話を聞かせてください。
留学未体験の方でも、何かご意見があれば、ぜひお願いします。

ちなみに、私はイギリスとカナダにそれぞれ1ヶ月ほど、短期語学留学の経験があります。それがすごく楽しかったので、「また行きたい、楽しい生活がしたい」と甘い考えを持っているのでは?と心の中で、葛藤があります・・・。

皆さんの体験談やご意見を聞き、本当に私は留学をして何を学びたいのか、考え直してみたいのです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私は英語圏に約1年留学しました。

そこそこしゃべれるほうだったので、ネイティブが通うアートスクールで勉強してきました。

(1)行く前の動機
 自分が学びたいことを学べるのが、期間、コース、
 授業内容等を加味したところ、
 そこしかなかったから。

(2)実際にその中で得たもの
 もちろん専門的な知識。日本人とはまた違った
 交流、考え方、生活スタイル。友人。
 生活することの厳しいさ。

皆さんと同じく、海外で一度生活をした者としては、
『いい経験ができるよ、行っておいで』
といいたいのはもちろんです。
貴重な経験をしましたから。
でもあえて厳しい意見を言わせていただきたいと
思います。いろんな人を見て、いろんなことを
聞いてきました。
何となく留学したいと思ってきた人は(もちろんみんながみんなそうではないというのが前提ですよ。)親の仕送りだけで、遊んで、ろくに英語も覚えずに、日本人で集まっているという人が多かったですね。何かと心細いこともあるだろうから、日本人と交流して、情報交換をして、というのは必要だと思いますが、日本人とばっかり一緒にいたら海外で生活なくてもいいでしょ、といいたいですよね。

>「また行きたい、楽しい生活がしたい」と甘い考えを持っているのでは?

楽しいだけの生活、というのは甘いですよね。
3ヶ月までは、お客さん状態です。生活をするには、部屋を借りたり、銀行口座を開いたり、理不尽なことも、つらいこともいっぱい経験します。
でも、私はそれもいい経験だったと思えるし、それがあるからこそ楽しいと思える経験があると思います。
eriko393さんは、ご自分で、そういう葛藤に気がついているのですから、きっと充実した留学ができるのではないでしょうか。

留学する前に私も両親から本当にそれは海外じゃないとだめなのか、どうして今なのか、何度も聞かれました。その度に私も自問自答してきました。だから留学して何を学びたいのか、を見つけてください。楽しい留学をしていただきたいと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。
vermilionさんもおっしゃるとおり、留学は楽しい事だけでなく、想像もできないくらいつらい事もたくさんあると思います。だからこそ、目的意識をしっかり持っていないと、楽な方に流されてしまうのですね。
もう一度、「目的」を考え直してみたいと思います。

お礼日時:2002/01/28 17:15

英語圏じゃない国(北欧)の留学経験者です。

(が、なぜか現在は
外資で英国人の上司と仕事をしています。)

簡潔に述べると、
動機はその国や社会、分野は環境に興味があったからでした。
得たものは、自分を知ること、自国を知り、良悪を誇りと共に
好きになったこと、世界を知れたこと、英語ばかりが外国語でない事、
欧米以外のアジア地域などに視野が広がったこと、そして何よりも
掛け替えのない友人たちを得たことです。(おまけで多少の英語力。)

中学くらいから海外に興味を持ち始め、もちろん最初は英語から入りました。
でも急に英語を勉強する事がつまらなく思い始め、別の語学を選びました。
でも実際に留学してみて、もちろん英語なんか使う必要もそして能力も
なかったけれど、その国で学んだことによりコミュニケーションツールとして
他国の友達と英語で話すようになり、いつの間にか困らない程度の力がついて
いました。

世界中の人とコミュニケーションがとりたい、という程度ならネイティブの
国に行かなくても身に付けることは可能です。(専門の学術でもレポート
程度ならこなせます)。要は、何語であっても、留学し現地の人と交流し、
実際にその社会に生きてでなければ身に付けられない、貴重なものが
eriko393さんにとって何か、ということに尽きるのではないでしょうか?

それが例えば特有の文化や音楽、料理、はたまた自然の風景、動物?その国の
人々の人となり、気候、ただ単純に恋人であっても、友人であっても、
それは何でもよくて、他の人にとって意味のないことでもいいんだと思います。

楽しい生活、ということが理由でもいいと思います。楽しいと思うからには、
気付かずともそこには何かしらeriko393さんを、上記のような何かで
惹きつけるものがあったのではありませんか?
それに、留学にはまだ色々と金銭面や様々な面でこなすべきことが結構
あるものですよね。「楽しい」がなくては続きませんよ!!基本ですね。
逆にいえば、そういう楽しい気持ちにさせるものが原動力でもあるのでしょう。

英語を使ってはいますが、もちろん留学先で得た、専門分野での経験は
仕事やいろんなところで活かされていると思っています。

(でもこう感じるのは、言葉は社会を理解する重要なものではあるけれど、
一方で私にとってより重要なのはコミュニケーション、という風に
割り切っているところがあるからなのかもしれませんね。)

つらつらと書きましたが、何かの参考になれば
幸いです。
素晴らしい留学経験となりますように・・・
    • good
    • 4
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
私自身にとって、何を学ぶ事が最も大切な事か、考え直してみたいと思います。

お礼日時:2002/01/28 17:00

1) 行く前の動機


短大が英語科だったにもかかわらず、本当に英語ができなかったので、日本人がいないところで勉強しようと思いました。
2)得たもの
英語の能力ももちろんですが、勉強の楽しさ(日本の勉強とは180度違う!)、色々な(国、人、地域)考え方、対応方法、あきらめること、反論する為の論理的な思考力と会話力…
海外への憧れを持って、楽しく生活することを夢見ていくっていうのも私はいいと思います。その中で実力をつけていくと、楽しく生活すること以上の目標、充実感を持って生きることができる、ということを学びます。私も「行って英語を話せて、友達を色々作れていーなぁ」的に考えていましたが、それだけではもったいないくらいたくさんの可能性が留学には秘められています。それを見つけられなくても貴重な体験ですし、見つけられた時には大きく人生に影響するんではないかな、と思います。
eriko393さんは今漠然とした夢を持っているようですが、長期留学を経て、人生に影響を与えるような何かをつかめたらいいな、と思います。

ちなみに大学4年間中、最後の1年間はアメリカ人のルームメートとすごく親しくなり、発音がだいぶ良くなったのは良かったです。ずっとコンプレックスでしたが、仕事で評価されるようになって自信になりました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も、「英語を身につけるため」に留学したいと考えているのですが、それを将来の職業に結びつけて考えることが、まだできていません。
何か、うまく結びつける事ができれば・・・と思っていますが。

お礼日時:2002/01/28 17:05

僕は現在アメリカに留学中の高校生です。

小学校時代はずっとシカゴで過ごし、高校になった今単身留学しています。留学の動機は自分の英語力が目に見えて落ちていったからです。日本の普通の学校よりも英語に力を入れていた私立中学に通っていたのですが、舌も回らなくなってきて、いちいち考えなきゃ英語になおせなくなりつつあった自分が嫌だったのです。それで学校の交換留学という形で一年、留学しています。
最初はやっぱり心細かったです。いきなり知らないホストファミリーの家に泊まり、全く異なった環境で長期間勉強するのですから。しかし、やはり学ぶことは多いと思います。(まだ具体的に何を学んだとはいえない状態ですが)日本では到底できないような体験もたくさんできますし。特に、来て1ヶ月もたたないうちにテロがあったのはかなり印象的でした。
やはり留学と言うのは皆できることではないし、できるのであればやったほうが後の自分にとって大きなプラスになると思います。なんか具体的じゃなくてすいません。それに最近あんまり日本語使ってないもので、、、
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アメリカからの、直々の回答ありがとうございます!
きっと、英語すごく話せるんでしょうね!ほんっと、羨ましいです。私も頑張らなくては・・・。
ちなみに、例のテロ事件は、私も北アメリカ(カナダだけど・・・)に滞在中の出来事で、びっくりしました。飛行機は飛ばなくなるし・・・。

お礼日時:2002/01/28 17:10

語学留学も専門留学もした事が有りますが、語学留学は楽しかったけど、専門の方は大変でした。

でも知識が増えるのは楽しいですけどね。

行きたくて、行ける環境ならドンドンいかれる事が良いと思います。

それが、良い結果を出すか、悪い結果になるかは、やってみないと「普通」は分りません。(^o^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今は簡単に行ける環境ではありませんので(←お金の面などで・・)、現在は交換留学生などに応募したりして頑張っています。
だから、応募動機をはっきりさせなくてはならないので、自分の中で色々と考えている途中なのです。頑張ります。

お礼日時:2002/01/28 17:21

私はオーストラリアに子供を連れて留学していました(5ヶ月)。



(1)行く前の動機
中学生の頃からの夢・・・でしょうか。
中学の頃から英語が好きで、もっと英語が上達したい、そのためには英語で生活す
れば
いいのかな、というふうに「簡単に」考えていました。

(2)実際にその中で得たもの
夢と現実は違うことが多いですが、確かにすばらしい面と考えさせられた面とがありました。
フレンドリーな人々からは、シャイな私はたくさんのことを学びました。
文化の違いはあるのでしょうが、困った人にはとことん丁寧に接してくれるなど、
学ぶところはたくさんありましたね。
考えさせられた面・・・これは、私たちがお世話になったホストマザーに、言いたいことが
全然伝えられなかった、ということです。
彼女はかなりお金にがめつい人だったのですが、それに関して反論が出来ませんでした。
その当時は英語力もあまりなく、また、自分の意見がはっきりと言えるような自分では
なかったためです。
当時はとても悔しい思いをしました、でも、この経験は今大変役に立っています。
もちろん、自分の性格をすぐに変えられるわけではないですが、言葉が通じる、通じないは
関係なく、自分の考えていることははっきりと相手に伝えなくてはいけないな、と
考えるようになりました。
自分自身が少し成長したかなと思っています。

私は今までにも海外旅行に何度も行っていますが、その都度、いろいろと学ぶことがあります。
留学に対してはっきりと目標が定まっていないのは抵抗があるかもしれないけれど、
きっと多くのことを学んでこられるのではないかと思います。
行かれる時に行ってこないと、この先いついけるか分かりませんよね?
私はあの時だから全てを捨てて行けたけど、今ならとても5ヶ月も留学出来ません。
行けたとしても3週間程度・・・
だから、チャンスがある時にそれを生かしておいた方がいいのではないかなぁ・・・と思います。
とっても羨ましいです!!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
親子での留学、素敵ですね!お子さんも羨ましい!!
私も今がチャンスだと思って、頑張って夢を実現させていろんな事を学びたいです。

お礼日時:2002/01/28 17:25

(1)行く前の動機


   ハワイで雑貨屋を開業したかったため、語学留学。
(2)実際にその中で得たもの
   授業そのものも会話のスキルアップとなったが、どちらかと言うと
   同じクラスのFriendsとの会話でヒアリングが特に上達した。

合計3年。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
夢を持って、留学をされたとは素晴らしいですね。私もぜひ、将来の夢へむけてのステップとして「留学」をしたいです。

お礼日時:2002/01/28 17:28

こんにちは。


アメリカの大学に行っていた者です。

(1)行く前の動機
将来的に海外で、もしくは海外との仕事をしたいという夢があったので、必須の英語の習得、そして日本以外を見てくるという夢がありました。

(2)実際にその中で得たもの
英語は言うに及ばず、外国人の考え方(アメリカ以外も多数含む)、生活習慣、コンピューターの技術、そして何よりも世界中にたくさんの知り合いができました。

現在の生活に活きていることは、仕事の上ではもちろん英語、海外の知識、コンピューターです。それ以外にも性格的な面での変化が私の場合は大きかったです。

海外に出て、世界は広い。日本だけ見てるんじゃなくて、いろいろ見ないと!もっともっと動かないと!と考えるようになりました。あとアメリカ人的なさっぱりした考え方、何事にも積極的に向かう考え方が身につきました。

>「また行きたい、楽しい生活がしたい」と甘い考えを>持っているのでは?と心の中で、葛藤がありす・・・。

↑はこれはこれで留学したい条件の1つではないでしょうか?学ぶ上での楽しい生活条件ってのはすばらしいことだと思いますが?


私はやっぱり留学してよかったと思います。そりゃ日本でも英語勉強しようと思えばいくらでもできるし、コンピューター習おうと思えば習える。でも最終的には違う文化、広い世界を見てきたという意味では大正解だったと信じています。でもいってからちゃんと学ぶべきことを学ばないとただ英語を覚えるためにブラブラしにいった・・・なんてことになりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たしかに今は国内でも、英語やその他の勉強も学ぼうと思えば、いくらでもその環境は整っていますよね。
だからこそ、それ以外のこと(日本以外の国を見てくるetc・・・)を目的としても、いいのかなとは思います。もう一度、しっかり考え直してみたいと思います。

お礼日時:2002/01/28 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGWにお勧め プチ語学留学先

GWに1週間程度のプチ語学留学をしたいと考えています。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス。この時期どこの国がお勧めでしょうか。ちなみに英語力はごく簡単な日常会話程度。海外旅行経験はたった一度イタリアに行っことがあるだけ。ホームステイをしたいのですが、今まで一度も経験なしです。

Aベストアンサー

留学のことなら「ISS国際交流センター」ってとこで調べられるよ!!あとどこに行きたいかは自分しだいだね☆

俺はオーストラリアへ行ったことあるけど、自然が多くてとても綺麗なとこだった。時差も1時間ぐらいだったし、いいとこだよ!!

Q留学して学んだこと

こんにちは。英語を習得するのに留学は必要ないという人もおりますが、これは安易に留学したかたといって、必ずしも英語が身に付くわけではないことを戒めている部分もあると思います。しかし、留学しないで英語を習得するのは更に難しいし、かなりの実力がある人でも
セオリーだけでプラクティスが不足していて、井の中の蛙のような傾向が感じられます。
さて、このカテには海外に留学したとか滞在ししている人が少なくありませんが、そういう人たちに質問です。
海外に留学、滞在したからこそ学んだことってありますか?

Aベストアンサー

海外が長いものです。

スキルの面でいくと先ずリスニングが良くなります。成績の良し悪し関係無しに
最初は聞いてもわかりづらい、又はわからないというのがドンドン良くなります。
クラス内の会話は数ヶ月でわかってしまします。(その後、同年代のネイティブ
と話してすごく聞きづらく、先生の話し方がわかりやすいんだと気づく壁が1つ
ありますが・・)

後は他の皆さんがおっしゃっている海外の考え方、現地の人又は他の国から
来ている留学生との交流による見聞の広がりですかね。私は個人的に大きな
視点ではこちらの方が重要だと思います。

最後に友達、ですね。10年以上経っていますがまだ交流があります。自分が
死ぬときまでこの人はあたまの中にあるんだろうなと思うとすごく価値があると
思います。

Q長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか?

先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘いも色々学ばせてもらいました。
そこで考えたのが、「長期留学(1年~)の前に短期留学をして、留学の具体的なイメージを掴む」というものです。

正直、大学の留学センターに聞け、というような質問なのですが、留学経験者の方の生きた意見を聞いてみたいです。

ちなみに、長期留学は勿論TOEFLスコアなどが必要なもの、短期留学は初心者の語学留学的なものをイメージして頂くと助かります。

Aベストアンサー

長期留学の前の語学留学は、短期でも、有効でしょう。

大学2年の夏から、留学(転学)した人で、春休みに大学付属?のESL(英語学校)で英語を学び、異文化や学校の雰囲気に慣れて来て、長期留学で成功した人が居ますよ。

また、イギリスの大学で、交換留学を受入れている教授の話では、
・英語が流暢にコミュニケーション出来る。
・異文化に適応出来て、早く地元の生活に慣れる。
等の事が出来る学生は、留学に成功して帰ると言っていました。

短期でも、事前の語学留学は、長期留学への予行演習になると思います。
唯、費用と時間が掛かりますから、目的を良く弁えて、行かれると良いでしょう。

Q海外留学とその後の就職について

 友人の実家付近では、ここ10年ほど学生の留学が流行っています。

一つのステータスとしてなのか、思ったような就職がなかったため、英語を身に着けて再チャレンジということなのか、実際の所はわかりませんが、そんな話をしていた所、甥が留学したいような事を言い出しました。

人に寄ってまちまちだし、実力次第だと思いますが、その後の就職なんかどんな感じなんでしょうか?

Aベストアンサー

一言で就職、とはいっても、お住まいの地域や、希望する業種によっても異なると思います。
私自身も帰国後の就職には苦労しなかったことにはなりますが、運とタイミングがよかっただけだと思っています。一般的には留学の経験は、ほとんどの業種の就職には全く影響しないのが現実のようです。
留学、というか日本から出て世界を見て、日本のことも客観的に見られるようになると、広い視野を持つことができたり、日本を出たことがない人とは違った視点で物事を考えられるようにはなるため、人生にプラスにはなるとは思いますが、就職に限定して考えると、それほど大きな違いは出ないと思います。
留学の経験がなくてもあっても、就職できる人はできるし、外国の大学院まで出たのに日本では就職先がなくて、仕方なく誰にでもできそうな仕事に就いている娘がいる、と嘆いている親御さんも以前ここでお見かけしましたよ。
留学の経験を生かせる業種は、ほんの少しです。その業種に限定して就職先を探してしまうと、可能性を狭めるうえ競争率も高くなり、就職できなくなるかもしれないです。
業種にこだわらず、留学経験にもこだわらなければ、普通に就職はできると思います。

一言で就職、とはいっても、お住まいの地域や、希望する業種によっても異なると思います。
私自身も帰国後の就職には苦労しなかったことにはなりますが、運とタイミングがよかっただけだと思っています。一般的には留学の経験は、ほとんどの業種の就職には全く影響しないのが現実のようです。
留学、というか日本から出て世界を見て、日本のことも客観的に見られるようになると、広い視野を持つことができたり、日本を出たことがない人とは違った視点で物事を考えられるようにはなるため、人生にプラスにはなると...続きを読む

Q国公立大学での交換留学

こんにちわ。
海外留学をしたいのですが、日本の国公立大学でも
学校間、及び学部内での留学提携校というのがありますよね?

実際に交換留学された方、いかがでしたか?

私費留学(数年に渡る長期留学)と
交換留学(1年間といった短期留学)の違いがあれば
教えてください。

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。
一昨年、フランスの大学間提携校に1年間留学していたものです。(某国公立大学です)
カリキュラムは、大学学部間での留学生ということで前期に語学を集中的に、後期に専門分野を、という流れで構成されていました。専攻はもちろん語学ではないので、フランス語なんて全くといっていいほどの初心者で渡仏してしまったわけですが、周りの友達のおかげで約半年で適当に喋れるようにはなりました(言葉はコミュニケーションの道具!がモットーだったのですが、今思えばそれどころじゃないくらい支離滅裂な使い方をしていたかも)。もちろん後期の授業を受けるのにあたり、聞き取ったりノートを取ったりすることにもさほど差し支えはなかったですよ。科目によっては知らない単語だらけで泣きたくなるときもありましたが・・・。
確かに英語圏の提携校に留学希望の人は、TOEFL、TOEICに英検なんていろいろ課されていたみたいでしたが、結局はやる気ということで、そこまで英語力に長けなくてもばんばん留学していましたね。慶応なんかじゃ留学先国の語学力をすごく問われるとかなんとかで、それに比べりゃなんてお気楽に行けてしまうんだ、って思いましたね。でも上に述べたようなプログラムがあり、それに則ることに不満がなければ本当におすすめです。英語圏に留学した人なら、すでに約10年の下地があるわけで、言葉の問題に関しては私よりも楽だったかもしれません。
私は当時3年生でしたが、講義は非フランス語圏の学生向けで、且つ院に入るための者を対象としたものでした。ヨーロッパ圏の大学とはいえすごくお金がかかるみたいでしたよ。ただ、同じキャンパスにある語学コースに個人的に通う日本人の友達曰く、そちらの授業料は相当安いということでした。

期間を限定しない留学の場合(1年以上とか、漠然としている場合)、やはり費用のことに気をとられがちですが、最も重要なこと、モチベーションの維持という点は忘れてはいけないと思います。「1年しかない」という人と「まだ時間はある」という人の心構えは、全く異なった結果を生み出す場合が多々あるからです。もちろん、研究したい!という情熱を常に保てていれば問題はないのですが、例えば何か日常生活での些細な悩み等で努力が中断されてしまう場合や、現地での暮らしにかまけてしまうことで学習がおろそかになったり、それに加えて「まだ時間がある」といって安易に何事も先延ばしにしてしまうという悪循環に陥ってしまうケースは実際によくあることです。結果的に漫然と長期滞在することに投資してしまう場合もある、ということです。

なんだかすごーく長くなってしまいましたが、大学院に進学したいというお考えをお持ちならば最後にもうひとつ!
学校にもよると思いますが、例えば4年次に卒論のみを残して交換留学した場合、現地で論文を作成・日本の大学に提出&卒業、そのまま大学院にすすめることもあるそうです。履修登録や論文の提出は日本の友達に頼ることになりますが・・・。
私も留学中にそれを考えたのですが、専門分野へのモチベーションが保たれなかったので、(フランス語・文化に魅了されてしまった)1年という限られた期間に、日本でできない勉強や人間関係に全力投球!!という選択をしました。現地でよい友達ができ、帰国後もすんなり就職、ということもあり、フランスの大学院に進学しなかったことに後悔はしていませんが・・・。

こんにちわ。
一昨年、フランスの大学間提携校に1年間留学していたものです。(某国公立大学です)
カリキュラムは、大学学部間での留学生ということで前期に語学を集中的に、後期に専門分野を、という流れで構成されていました。専攻はもちろん語学ではないので、フランス語なんて全くといっていいほどの初心者で渡仏してしまったわけですが、周りの友達のおかげで約半年で適当に喋れるようにはなりました(言葉はコミュニケーションの道具!がモットーだったのですが、今思えばそれどころじゃないくらい支離滅...続きを読む

Q留学生活が辛い

今、カナダに留学している高校生です。1年留学する予定なのですが、2週間経ちました。まだ2週間ということもあると思うのですが、なかなかいつも一緒にいる友だちが出来ません。中学生の時にいじめられていたこともあり、友だちをつくるのが怖いです。2学期から来たので、友だちのグループが出来上がっていて入りにくいです。クラブに入ろうと思っても、家まで帰るのに手段がないとホストファミリーに言われ入れません。
日本に帰りたくて仕方がないです。もうどうしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

語学って難しいですよね。何言っているのか、ちょっと聞けたと思っても、わからなくなったら、もう何も耳に入らなくて。
聴いているだけで疲れて、何だか情けなくて、鳴きたくなりますよね。
こんなで2週間も経ってると思うと、この先どうなるのか不安でたまらない気持ちなのでしょう。
誰でもそうした時期があるようです。
その内、何とか脱することができれば、大きく成長していけるのだけれども。
そのきっかけが欲しいですよね。

カナダは、バンクーバーですか?
バンクーバーに、留学生を日本語で支援してくれるところがあります。
連絡をしてみたら如何でしょうか? 料金は無料。但し、通信費は自分持ちになります。先ずは日本語で相談してみたら?
http://www.jpcanada.com/agent/index.html

後、とにかく、わからなくても、クラスの誰か、優しそうな人に話しかけてみる。なるべく決まった同じ人に。
学校を休むと日本に帰国させられるそうだから、学校は休まないようにしましょう。
また、一生懸命やっていれば、きっと先生も、お友達も、何か教えてくれると思いますよ。
今は、とにかく、できることを見つけましょう。
語学に拘らず、体育とか音楽とか美術とか数学とか、あまり英語やフランス語などの言葉を必要としないものがありますね。そういう科目から克服してみたら?

語学って難しいですよね。何言っているのか、ちょっと聞けたと思っても、わからなくなったら、もう何も耳に入らなくて。
聴いているだけで疲れて、何だか情けなくて、鳴きたくなりますよね。
こんなで2週間も経ってると思うと、この先どうなるのか不安でたまらない気持ちなのでしょう。
誰でもそうした時期があるようです。
その内、何とか脱することができれば、大きく成長していけるのだけれども。
そのきっかけが欲しいですよね。

カナダは、バンクーバーですか?
バンクーバーに、留学生を日本語で支援してく...続きを読む

Q海外留学

海外留学には語学留学や高校留学、ホームステイなど様々なものがあると聞いたのですが何がどう違うのでしょうか。具体的に回答して頂くと有難いです。高校留学というのは日本の高校ではなく滞在先の高校に入学するということなのでしょうか。
日本の高校に入学したあとにも語学留学や高校留学などはできるのでしょうか。
またあまり関係がないかもしれませんが私はアイルランドへの留学を希望しています。

Aベストアンサー

私はカナダでの語学留学の経験があるのですが、国や学校によっても入学条件等や授業内容等は違ってきます。
基本的に年齢制限はなく、留学する期間も1週間から年単位で様々です。
社会人が夏休みなど1週間の休みを利用してホームステイしながら語学留学することも可能です。
レベルテストを受け、レベル別にクラス分けされます。
細かいレベル分けがされていて、クラス数の多い学校もあればその逆もあります。
定期的に個人のレベルの見直しはされるので上のレベルのクラスに移ったり、逆にレベルが高く授業についていけないようであれば自分から申し出ることによって下のレベルのクラスに移ることもできます。
学校によってシステムや授業内容・時間も違うので一概に言えないので具体的な内容の説明ができなくてごめんなさい!

留学するとして、一人暮らしをしながら学校へ通うのか、ルームシェア(何人かで部屋を借りて一人当たりの家賃の負担を軽くします)するのか、寮に入るのか(語学学校は寮はない場合がほとんどです)、ホームステイするのかのいずれかだと思います。
ホームステイ先は学校から紹介される場合が主で、留学生を受け入れている家族(ホームステイ先)をホストファミリーといいます。
ホストファミリーと生活を共にしながら学校に通うわけですね。
ホームステイ事情も国により、その家族によって大きく異なります。
子供のいる家庭がいい、喫煙者のいない家庭がいい等こちらからある程度の希望を出すこともできます。
食事はどうするのか?自分一人の部屋があるのか?他の留学生と相部屋なのか?シャワーなど好きな時間に使えるのか?などなど、ホームステイ先によって生活スタイルやルールは全く違ってきます。

日本の高校・大学を卒業していても語学留学はできますよ。
全く関係ありません、安心してください♪
語学学校は通う期間を予算と時間で決める方も少なくないと思います。
長く滞在したくても予算や時間の都合で短期間になる方もいると思います。
もしかしたら語学学校は、感覚的に学校というよりも英語専門の塾のような感じかもしれません。
色々書きましたが、私自身がカナダに語学留学をした経験を元に書いています。国が変われば事情も変わるはずです。
アイルランドの情報が色々集まるといいですね!!

私はカナダでの語学留学の経験があるのですが、国や学校によっても入学条件等や授業内容等は違ってきます。
基本的に年齢制限はなく、留学する期間も1週間から年単位で様々です。
社会人が夏休みなど1週間の休みを利用してホームステイしながら語学留学することも可能です。
レベルテストを受け、レベル別にクラス分けされます。
細かいレベル分けがされていて、クラス数の多い学校もあればその逆もあります。
定期的に個人のレベルの見直しはされるので上のレベルのクラスに移ったり、逆にレベルが高く授...続きを読む

Q海外に留学中に、日本の音楽

海外に留学中に、日本の音楽を聴くことは、どうですか?英語は上達しませんか?

Aベストアンサー

全く問題ないと思いますよ☆
音楽ですから、好きなときに好きなように聞けばいいと思います。
確かに、留学中に日本語を喋るとそれだけ上達が少し遅れてしまうというのは言われますけど、
電話もするでしょうし、
全く日本語から離れるのも不可能ですよね。
ただ、周りに日本語がバリバリ話せる人があまりいないほうがいいというだけで・・・
要は本人の頑張り次第じゃないですか?
とりあえず、日本の音楽を聴くことは上達には影響しないと思います。

Q留学したい

私は将来留学したいと考えています。

現在高校生なのですが、
大学生のうちに留学するか
大人になって就職してその貯めたお金で留学するか
大学の夏休みを利用して留学するか
どれが一番いいのでしょうか?

大学は看護学部を志望しているので
おそらく大学を休学したりして留学することは難しいです。
あと、上記にある夏休みを利用して留学も
看護の勉強を優先しないといけないので難しいと思います。

やはり看護学生の留学はできないのでしょうか?
できないとなると大人になってからの選択しかありません。。

大人になってから留学するのと
大学生で留学するのとは違いなどあるのでしょうか?

知らないことがいっぱいですので
アドバイスいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

カナダの大学生です。(日本人ですが留学生ではありません)

大学にいるうちにいった方がいいと思います。「大人」になってからだと忙しくてなかなかいけないと思いますよ。私の父は大学院を後回しにして、50過ぎてからやっと行く決意をしたくらいです。それでも仕事が忙しくて断念してました。

夏の間に行こうと思っても時期が合うか微妙ですね。アメリカ、カナダの夏休みは4、5月~8月の約3、4ヶ月なので4、5月頃は日本の大学ではまだクラスがあるんじゃないですか。私の大学だと4月下旬に試験は全て終わり夏の授業は5月上旬から始まります。しかし夏の間ではありませんが、三ヶ月だけの短期留学生を見かけることもあるので、調べてみる価値はあると思います。

余談ですが、留学するにはTOEFLという英語のテストでいい点を取る必要があります。各大学または学部によって必要な点数が違うので英語の勉強はしっかりやっておくのがいいと思います。TOEFLは何回も受けれるので、英語力がついてきたと思ったら、そのうち一回受けてみるのもいいかもしれませんよ。

Q海外留学について悩んでいます。

僕は今大学2年です。
前々から大学在籍中に留学をしたいなと考えていました。
今考えているのは僕の通っている大学の提携校への長期休暇中の1か月ほどの語学留学のようなものです。行きたいのはやまやまなんですが、なんせ英語力に自信がありません。特にスピーキングです。
TOEICのスコアも700弱と少し頼りない感じのするスコアです。
どれくらい英語ができれば留学にふさわしいかもわからないですし困っています。
何かアドバイスなどいただければ助かります。

Aベストアンサー

初めまして、
現在、国際語が”英語”ですね。
多くの日本人の方がTOEICのスコアを気にしすぎている傾向があります。
私のアドバイスとしては、
1)留学する事(体験が非常に今後の人生に関わって来ます)
2)英会話とは、恥ずかしがらないでドンドン海外の方と話す事が自然に会話出来る事に結びつきます。
日本で暮らしている外国人達は、可笑しい又は笑われる?日本語でも頑張って話すでしょう?
3)英語はリズム、簡単に言うとPops風、日本語のリズムは?考えて下さい。意味は体も使って
会話する事が、英語の表現にはマッチします。
他にも色々?ありますが、留学して楽しんで素晴らしい思い出を作って下さい。人生は一度です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報