今年の年末調整での還付金が去年より大幅に少なくなっています。
去年は20万位あったのですが、今年は5万位でした。
去年と今年の所得合計はほとんど変わりません。
源泉徴収表に記載されていたもので大体ですが、
控除金額としては、配偶者38万、社会保険38万、生命保険5万、住宅控除17万。
支払い金額が360万、控除後の金額が230万、控除額の合計が190万です。
源泉徴収税額は0円です。
また、去年転職しましたが関係あるのでしょうか?
税金に関しては全く解らないので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3の追加です。



一昨年の途中で扶養家族が増えた場合、その月までは、少ない扶養家族で源泉税が控除されてます。
その分が、年末調整で清算されて還付されたので、還付金が多かったのです。

翌年は、1月から増えた扶養家族の人数で源泉徴収されていたので、還付にはならなかったのです。
    • good
    • 3

 No1です。

詳細の説明、ありがとうございます。去年の20万円還付金は、一昨年の分になるかと思います。一昨年は、お子さんが出生している分がありますので還付が多くなりますし、去年は1月から4月分の所得税が引かれていませんでしたので、それらの差額が20万円と5万円の差になったと思われます。

 なお、所得税の控除に関するURLを、下記に紹介しますので時間がありましたら見てみてください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1100.HTM
    • good
    • 0

転職した場合、全勤務先の源泉徴収票を、新勤務先に提出していれば関係ありません。



一昨年の場合、年の途中で結婚したりしませんでしたか。
その場合は、それまでは配偶者控除がないので、源泉税を多く引かれていて、年末調整で戻っています。

もう一つは、年収が同じでも、両方の会社で賞与と毎月の給料の比率は変わっていませんか。
賞与の源泉税は、毎月の源泉税と違いますから、この比率が違うと、源泉で控除される金額が違い、その差額が年末調整で清算されますから、このようなことが起こります。

それから、住宅ローンの残高が減ったんだけ、わずかでも住宅ローン減税が減り、還付額も少なくなります。

それから、一つ気になるのは、次の点です。
>控除金額としては、配偶者38万、社会保険38万、生命保険5万、住宅控除17万。
支払い金額が360万、控除後の金額が230万、控除額の合計が190万です。

控除額の合計190万の内訳はなんでしょうか。
基礎控除38万・配偶者38万・社会保険38万・生命保険5万
の他に何があるのでしょうか。
住宅控除17万は所得控除ではなく、税額控除ですから別です。

どうしても、納得がいかない場合は、前々年と前年の源泉徴収票のすべての金額を書き込んでください。

この回答への補足

素早い回答ありがとうございます。
>一昨年の場合、年の途中で結婚したりしませんでしたか。
一昨年9月に子どもが生まれました。

>両方の会社で賞与と毎月の給料の比率は変わっていませんか。
給与の比率は今分からないので、調べてみます。

>控除額の合計190万の内訳はなんでしょうか。
申し訳ありません。言葉が足りなかったようです。
所得控除の額の合計額が190万です。

しかし、税金に関する事は難しすぎて分からないですね。
今後の為にも一度自分で計算し確認してみて、分からないことがあったらまたアドバイスお願いします。

補足日時:2002/01/25 12:44
    • good
    • 1

 基本的には#1の方がおっしゃる通りで、預かった税額と本来の税額の差を年末に過不足を調整するだけのことですので、年によって還付額に大きな差が発生することは考えられないことではありません。



 しかし、雇用側が計算を間違えている場合もあります。私も以前つとめていたところで担当した時には、他の人の間違いをたまに見かけました。もしお手元に給与明細が残っているなら、ご自分で計算するとよりはっきりすると思いますし、今後何かの役に立つこともあるでしょう。全くむずかしい計算ではありません。

 計算の仕方ですが、下記のサイトなどが参考になるかと思います。また、「年末調整」という言葉で検索をかければこのサイトを含めて参考になるところがいくつか見つかると思います。その過程で分からないことがあれば何なりとご質問下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。
今後の為にも、一度自分で計算をしてみたいと思います。
分からないことがあったら、この掲示板で再度質問するかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/25 12:43

 年末調整による所得税の還付金は、その年の1月から12月までの収入を合計して所得を確定し、その所得からご質問にある各種控除額を差し引いて、残った課税対象所得に対して所得税が課税され、その確定した所得税の額と給料から毎月差し引かれていた所得税の合計を比較して、納めすぎの場合は還付となり、不足の場合には追加で納めるものです。

この調整を、年末調整といいますし、年末調整が出来ない事業所得などの人は、翌年に確定申告によって所得と、所得税を確定し納めることになります。

 前年と今年の所得がほぼ同じなのであれば、昨年途中で控除する額が増える原因があった場合、例えばご結婚された場合には、昨年末の年末調整で奥様の扶養控除や配偶者特別控除が最大78万円控除されることになり、還付が多くなったのですが、今年はそのような要因がないことから、還付額が昨年より少なくなったことが想定されます。

 転職されても、1月から12月までの収入で年末調整をしますので、関係はありません。ただ、年の途中で転職し、転職前の会社の給料から所得税が引かれていなかった場合には、その分も含めて年末調整をしますので、所得税が増えて還付が少なくなる場合はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。
>昨年途中で控除する額が増える原因があった場合・・・
昨年は結婚、出産等の控除額が増える原因はありません。
一昨年の8月に妻が退社し、9月に子どもが生まれました。

>転職前の会社の給料から所得税が引かれていなかった場合には・・・
確かに、転職前の会社で年末調整還付金の支払いを所得税で返すと言われ、1月から4月は所得税が引かれませんでした。転職は5月にしたため、残りの還付金を5月以降に一括で払ってもらいました。それで、還付が少ないのですね。

勉強がてら、参考になるHPを探して一度自分で計算してみます。

お礼日時:2002/01/25 12:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整と確定申告について

お恥ずかしいのですが年末調整と確定申告がよくわかっていません…。


今年、医療費が10万円を越えるので確定申告したかったのですが、時期的に年末調整って先にきますよね?
年末調整は今まで通り会社に行ってもらい、その後、医療費控除の確定申告申告は2月に別途行えばいいのでしょうか?
それとも年末調整はせずに確定申告でまとめて行えばいいのでしょうか?

給与所得も1か所なので、できれば年末調整は会社、確定申告は医療費だけにできると楽なのですが…。


また、根本的な質問で恐縮なのですが、なぜ年末調整は12月で確定申告は3月なのですか?

同じ税金の還付のような気がするのですが何が違って時期が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>年末調整は今まで通り会社に行ってもらい、その後、医療費控除の確定申告申告は2月に別途行えばいいのでしょうか?

OKです。(医療費控除などの)所得税還付のための確定申告は、2月を待たずに、正月明けから税務署で受付が始まりますよ。

>それとも年末調整はせずに確定申告でまとめて行えばいいのでしょうか?

それは出来ません。会社は社員全員の年末調整をしなければならないと所得税法に書いてありますので。

>給与所得も1か所なので、できれば年末調整は会社、確定申告は医療費だけにできると楽なのですが…。

と言うよりも、会社で年末調整をしてもらわなくてはなりません。そして、医療費控除を受けたいのであれば、税務署へ確定申告するほかありません。

>なぜ年末調整は12月で確定申告は3月なのですか?

世の中、あなたのような会社員ばかりではなく、事業主もいます。事業主の確定申告は、書類や帳簿の整理が大変なのです。3月でも早過ぎるくらいです。

Q源泉徴収票の源泉徴収税額について

夫が会社から源泉徴収票をもらってきました。
ですが、源泉徴収票の源泉徴収税額とはなんでしょうか?

インターネットで検索して計算方法なども調べてやってみたのですが、
どうしても計算が合いません。

(計算方法)

■給与所得控除後の金額-所得控除の額の合計額×10%

摘要欄にはなにも書いて無く、「定率減税」の文字もありません。

補足として、妻の私は配偶者特別控除として「配偶者特別控除の額」が「110.000円」となってました。
配偶者の合計所得は690.000円でした。(関係なかったらすいません。)


源泉徴収税額の計算方法はあっているんでしょうか?
そして納付、還付する金額はいったいどこの金額のことなのでしょうか?

関係ないのですが、妻の私はまた別に確定申告をするべきなのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>源泉徴収票の源泉徴収税額とはなんでしょうか?
 ・昨年1/1から12/31の収入に対して確定した(年末調整をしたことによります)所得税の徴収金額
>そして納付、還付する金額はいったいどこの金額のことなのでしょうか?
 ・源泉徴収票には記載はありません、一緒に(またはその前後に)貰った給与明細(12月支給分)の所得税の所に-が付いていればその分が還付金額、-が付いていなければその金額が追加徴収金額
>給与所得控除後の金額-所得控除の額の合計額×10%
 ・給与所得控除後の金額-所得控除の額の合計額・・・この金額に税率を掛けます(課税所得)
  掛ける税率はこの金額に依り違います(5%~40%まであり)・・下記を参照
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
 ・かりに10%の場合は、10%の金額から控除額の97500円を引いた金額が税額です
>妻の私はまた別に確定申告をするべきなのでしょうか?
 ・奥さんが勤め先で年末調整をされているのなら不用です
 ・されていない場合は確定申告をして下さい

Q年末調整をして確定申告?

年末調整をして確定申告?

年末調整の書類を書くように会社から言われています。
今年、いくらか寄付をおこなったため、寄付控除(?)を受けるために確定申告を考えています。
年末調整を受けずに確定申告後に還付という形だと認識していますが、年末調整を受けても確定申告してさらに還付ということも可能なんでしょうか?

年末調整しないように会社には言おうと思いますが、いまいち担当者が頼りなく、うっかり普通に年末調整されてしまったらと心配しています。
12月に還付を一部受けるか、来年の2,3月に全額還付受けるかの違いでしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

>年末調整を受けずに確定申告後に還付という形だと認識していますが、

誤りです。年末調整は会社の法的義務ですから、会社は社員の意向に関係なく年末調整をしなければならないのです。
【根拠法令等】所得税法第百九十条

>年末調整を受けても確定申告してさらに還付ということも可能なんでしょうか?

可能です。

>年末調整しないように会社には言おうと思いますが、

言うことはできません。前述のように、年末調整は会社の法的義務ですから、会社は社員の意向に関係なく年末調整をします。

>12月に還付を一部受けるか、来年の2,3月に全額還付受けるかの違いでしかないのでしょうか?

12月に一部の税額の還付を受け、さらに来年の2,3月に残りの税額の還付を受けることになりますね。

Q政令月収の算出の仕方がわかりませんので教えて下さい 源泉徴収票には 支払金額419万8978円 給料

政令月収の算出の仕方がわかりませんので教えて下さい
源泉徴収票には
支払金額419万8978円
給料所得控除後の金額
281万6800円
所得控除の額の合計額
92万1680円
源泉徴収税額
9万6700円
となっていました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

貴方には扶養親族はいないでしょう。
また、障害者でもないですよね。

2816800円÷12=234733円
が「政令月収」です。
よって、313000円を超えてはいません。

Q配当と確定申告と年末調整について

最近株を始めたばかりです。
配当は少額の予定ですが、源泉徴収分を取り返す為に確定申告をしたいと考えています。
その場合、年末調整との関係はどうなるのでしょうか。
確定申告をする場合年末調整をしてはいけないのでしょうか、また年末調整と確定申告の両方をすると何か問題があるのでしょうか。
無知な質問かもしれませんが、今まで確定申告をしたことが無いので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

配当金の源泉税を取り戻すには、年末調整ではなく、翌年の1月上旬から3月15日までに、税務署に確定申告をする必要が有ります。
又、配当金控除という控除も受けられます。

>確定申告をする場合年末調整をしてはいけないのでしょうか、また年末調整と確定申告の両方をすると何か問題があるのでしょうか。

会社で年末調整をしてもらって大丈夫です。
その後で、確定申告をすることになります。
従って、年末調整と確定申告の両方をして問題はありません。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.mfi.or.jp/kumiya/stock216.html

Qカードローンの返済金額の合計を教えてください 定額返済

分かる方教えてください。

以下の借入れ額及び返済方法で支払った場合
支払いの合計金額はいくらになるでしょうか?

借入れ額:50万円
利率:年4.5%
ご返済方法:毎月10日に利用限度額に応じて定額返済。
        毎月15,000円ずつの定額返済

分かる方ご教授願います。

Aベストアンサー

総額¥534,589円です。
計算方法は「利息=元金×30/365×4.5/100」
※一ヶ月を30日固定とする。
最初の利息は元金50万なので、計算すると1850円。
返済は15000円定額なので、元金は13150円返済。
なので、最初の支払い後の元金は残り¥486,850円。
あとはその計算の繰り返し。

Q確定申告と年末調整とは?

(確定申告について)
1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
2・確定申告を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
3・医療費の確定申告があるように他の確定申告も存在するのですか?
「年末調整について」
A・年末調整は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
B・年末調整を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?

質問が似ておりますがとても知りたいです。お願いします。

Aベストアンサー

>1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
確定申告には2種類あります。
自営業者など事業所得がある人や給与所得者でほかに所得がある人など納税が必要になる人の申告は、2月16日~3月15日です。(土・日がその日になる場合はずれます)
給与所得者で年末調整をされた人が、医療費控除などを受ける場合、年末調整のとき扶養控除、生命保険料控除などの申告をするのを忘れた場合など所得税が還付になる申告は、翌年1月になればいつでもできます。
期限はありません。

>2・確定申告を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
居住地を管轄する税務署です。
通常なら一番近くの税務署でしょう。
また、2月16日~3月15日なら市町村の役所で受付してくれることも多いですね。

>3・医療費の確定申告があるように他の確定申告も存在するのですか?
あります。
1で書いたとおりです。

>A・年末調整は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
>B・年末調整を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
11月~12月初めに必要な書類を会社に提出し、会社はそれをもとに所得税の計算をし直し、今まで給料から天引きした所得税の合計と比べ天引きした額が多かったなら12月(1月のこともある)の給料などで還付、少なければその分徴収します。

>1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
確定申告には2種類あります。
自営業者など事業所得がある人や給与所得者でほかに所得がある人など納税が必要になる人の申告は、2月16日~3月15日です。(土・日がその日になる場合はずれます)
給与所得者で年末調整をされた人が、医療費控除などを受ける場合、年末調整のとき扶養控除、生命保険料控除などの申告をするのを忘れた場合など所得税が還付になる申告は、翌年1月になればいつでもできます。
期限はありません。

>2・確定申...続きを読む

Q贈与は合計所得金額に含めますか?

3月で会社を退職し4月から主人の扶養に入る予定です。3ヶ月間の給与は約90万円で、今年9月に養老保険の満期保険金が入ります。
ただ,その契約者・被保険者・保険受取人は私ですが、支払い口座が母の名義なので、母から私の贈与になると聞きました。(ただ、実際払っているのは私です。私が母に現金を手渡ししています。)ちなみに満期保険金は100万円で支払金額はそれよりも多いです。もし贈与になるとしたら、配偶者控除の合計所得金額に給与所得90万以外に、100万円を含めるのでしょうか?

Aベストアンサー

>4月から主人の扶養に入る予定…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>ただ、実際払っているのは私です。私が母に現金を手渡ししています…

それを家計簿等で証明できれば、あなた自身が支払っていると認められます。
家計簿もお小遣い帳も付けていないとなれば、母が支払ったと解釈されてもやむを得ません。

>満期保険金は100万円で支払金額はそれよりも多いです…

(1) あなた自身が支払ったと認められれば、「一時所得」として配偶者控除に影響します。
ただし、100万円を単純に加算するのではありません。
受け取った保険金の総額から既に払い込んだ保険料を差し引き、更に一時所得の特別控除50万円を差し引いた金額です。
課税の対象になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。

この金額に給与所得25万を足して 38万あるいは 76万を超えるか超えないかをお調べください。
ただし、今年はもう大晦日まで絶対に働かないのなら、という前提ですよ、

(2) 母からの贈与となれば、「合計所得金額」の定義は、
----------------------------------------
純損失、雑損失、居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失及び特定居住用財産の譲渡損失の繰越控除を適用する前の総所得金額、
特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、
株式等に係る譲渡所得等の金額、
先物取引に係る雑所得等の金額、
山林所得金額、
退職所得金額の合計額
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm#aa1
----------------------------------------
ですから、相続や贈与で得た金品は含まれないことになります。

>給与所得90万以外に…

もらった額が 90万なら、「給与所得」は 25万円です。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>4月から主人の扶養に入る予定…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控...続きを読む

Q年末調整と確定申告についてご教授下さい。

年末調整と確定申告についてご教授下さい。

サラリーマンで会社で年末調整をしました。
しかし、FXで100万円ほど儲けたのですが、それを会社に知られたくないので年末調整には書きませんでした。

確定申告はどうすればいいのでしょうか?
基本的には初めから全て申告し直し、ただし、年末調整などでの源泉徴収分・還付分を調整すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>それを会社に知られたくないので年末調整には書きませんでした…

知られて良いとしても、年末調整の対象ではありません。

>確定申告はどうすればいいのでしょうか…

普通の FX なら雑所得として「総合課税」。
クリック35とか言われるものなら「申告分離課税」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

>基本的には初めから全て申告し直し、ただし、年末調整などでの源泉徴収分・還付分を調整すればいいのでしょうか…

おおむねその解釈でけっこうです。
確定申告とは、年末調整をいったんご破算にし、合計所得から税金を計算し直し、前払いした税金を引き算した残りを新たに納めることです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q去年の確定申告を今年するとどうなりますか

去年、忙しく平成20年分の確定申告をしませんでした。
今年、去年しなかった分の確定申告もしてしまおうと思いますが、何か罰金みたいにお金がとられたりしますか?とられるならどれくらいでしょうか?
平成20年、私は派遣看護師で、4か所くらいの派遣会社から働いて、合計207万ほど給与があり、所得は126万くらいです。
還付金はまだもらえるのでしょうか?
罰金が科せられようとも、去年確定申告しなかった私が悪いので、払うつもりでいますが、いくらくらいとられるのかなあと。。どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

毎月天引きで源泉徴収されているなら還付申告ということでしょうから、5年前まで遡って普通に確定申告出来ます。なので、2/16~3/15の事業者の申告期限も関係ありません。あなたの場合は先に納めているので、所得税を払うのが遅れているわけではありませんので。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q04
年明けから出来ますので、2/16まで待つ必要もありません。これからは混んでない早い時期に申告すれば、還付金の振り込みも早いですよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q02
国税庁のHPからも作成出来ますので、税務署まで行くこともありません。
https://www.keisan.nta.go.jp/h21/ta_top.htm
↑一番下に“平成20年分”があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報