『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

こんにちは。
会社で、4月から自分と周りの人間の、スキルアップを考えています。
特に、通信のサービス系で、印象の良い綺麗なパワーポイントを作成できるようになりたいです。
それにあたり、応用研修を受けたいと考えております。
google/gooで検索したのですが、今ひとつ完全にマッチするのが見つかっておりません。
もちろん最後は経験値だと思っていますが、何かアドバイスがあります方、ご教授いただけますと幸いです。
ベーススキルはあります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プレゼンテーションスキルとして、綺麗なパワーポイントの作成がテーマになっているとのこと。



ちょっと気になるのは、「印象が良い」=「綺麗」と考えておられる節があることです。プレゼンテーションの質は総合的に捉えられるべきで、「綺麗なスライド」はそのごく一部を構成するものに過ぎない、ということをご確認ください。

プレゼンテーションにおいて何よりも重要なのはロジックであり、「わかりやすく、筋の通った話」がプレゼンテーションの質を決定づけます。

したがって、スキルアップのためには、パワーポイントの作成にとらわれるよりは、説得を主眼に置いたプレゼンの総合的な講座で、その中で説得の手段としてパワーポイントの図表について触れているものを受講されるのが良いかと思います。それが私の最大のアドバイスです。

参考として、次のようなものがあります。(ただし、私はこの講座の受講経験がありません)
http://www.marken.co.jp/seminar/0171.html?ppc=g& …

なお、説得の技術に優れ、明快で印象に残るチャートを利用したプレゼンテーションのお手本として、スティーブ・ジョブスの数々のプレゼンテーションがあります。彼の話のタイミングに、プレゼンチャートがシンクロしてとても効果的です。しかも、ごちゃごちゃしておらず、シンプルでわかりやすい、図としても優れたものです。

彼のプレゼンは、参考URLで見ることができます。英語ですが、話の調子、聴衆の反応、スライド提示のタイミング、ユーモアなどとても参考になります。是非一度ご覧ください。

参考URL:http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,20000476 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

lioilioilさん、
コメントありがとうございます。
綺麗路線よりも、以下ご指摘いただきましたとおり、

>プレゼンテーションにおいて何よりも重要なのは
>ロジックであり、「わかりやすく、筋の通った話」
>がプレゼンテーションの質を決定づけます。

の方向性で、目線の追わせ方、1枚のスライドを見れば趣旨・主張・ポイントが相手の腹に落ちるといったことが重要かと思い始めています。
教えていただきました講座も参考になりました。早速問い合わせてみます。
今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2006/04/02 19:54

ベーススキルがあるのなら・・・・



回答者さんのように、まず、プレゼン内容を整理しロジックをわかりやすくすることが一番です。

まわりの人のスキルもあげたいのなら・・・
ドキュメントの質の高いドキュメントサンプルを多く収集すること。といっても、セミナーはあたりはずれが多いので、まずはWEBで事例収集をすると良いです。

また、複雑なテーマで長めの内容のドキュメントを一度自分で作った後に、デザインを外注してその違いを思い知ることも勉強になります。そのデザインが気に入れば、そのスタイルを標準テンプレート化していくと製作が早くなると思います。

参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

favarite_chocoさん、
コメントありがとうございます。
確かに「これ」と言った正解をすぐ見つけることができず、作って・うまい第三者に見てもらって直して、、、というのをグルグル続けるのが良いかとも思いました。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2006/04/02 19:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング