グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

種まきを始めた初心者です。
発芽し、本葉(双葉)が出てきて、ポット上げをするということなのですが、
やり方について教えてください。

1。ポットに土を入れ、指などで穴を空け、
  そこに苗を入れて上の部分を押さえる
2。鉢に苗を植えるときのようにポットの中程にまで土を入れ
  苗を置き回りから土を入れ上部を軽く押さえる
どちらの方法が良いのでしょうか。

また、このときポットの土は湿らせておいた方が良いですか?
植えた後に水をあげた方が良いですか?
根が短い物などは植えた後に水をあげたら浮いてしまったことがあります。

土は培養土と赤玉土を半々に混ぜた物を使っています。
それで良いでしょうか。
ポット上げをすると半分以上ダメにしてしまいます。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ポット上げをすると半分以上ダメ?と聴いては捨て置けません。



 私は野菜と樹木で発芽ー移植1ー移植2ー定植をします。考えてみるとまだ移植ではひどい失敗経験がありませんが、やってみていろいろ得心したことがあります。定植ではナメクジや鳥、黴にやられが経験がありますが。長文ですが、お読みくださいますと幸甚です。

 植物の種類や時期にもよりますが、どんな移植でも必ず根を傷めます。
 上手にそっとやらないと、あちこちの細かな根切れが起こったり、また、根の表面が傷つきまです。
 移植1の時に、根の性質のひとつががわかりますね。引っ張りに強いの弱いの。脆いのしなやかなの。野菜などのポット撒きで作ってできた苗の太い巻きひげ根っこなどは脆いですね。
 傷はそこから病原体に侵されるので、移植1、2は無菌(かそれに近い)用土にいたします。市販のものは、雑菌の少ないものですが、自家土は定植と同じで菌や黴があります。自家土の場合はそれなりの薬剤を処理をご考慮ください(銅水和剤や抗生物質:ベンレートなど)。

 1.の”ポットに土を入れ、指などで穴を空け、そこに苗を入れて上の部分を押さえる”方法は根が弱いと痛みます。発芽したて小さな双葉で根が小さければこれでもOKです。私は、マニアックかもしれませんが、スプーンのようなもの(お好み焼きの”起こし”の真ん中の少しへこんだような形など)で発芽床から(床ごと)そろりと掬い上げて、湿潤させた低雑菌用土をポットに用意しておいて根(床材つき)を寝かせ、その上から、根が覆われるように、用土をかぶせます。土いじりでなく清潔な実験室作業的といったほうがいいかもしれません。手洗いと器具荒いしてから作業します。赤玉土は使いませんが酸が好きな植物(ブルーベリーなど)によっては妙案かもしれません。なお古新聞などは使ってはなりません。低雑菌用土にはいくつかの種まき培土を愛用しています。肥料成分なしの用土は、傷ついた根にやさしいのが長所なのですが、上のスプーンの方法なら、傷も少ないので、手間を省いて最初から肥料成分入りでやっています。(発芽では失敗しても)移植では失敗がありません。スペースが助かりますね。

 2.根が結構出ているときは、先の方の説明のように、さらにやさしくしないと、結構でた根が、傷だらけになります。黴菌や黴にさらに弱いわけですが、傷つけないように移植すると、当然、こっちのほうが、養分を吸い取る力が強いので、ぐんぐん大きくなります。
 
 発芽床や移植用土は、結局、ピートモス入りのものが、割安ですね。もちらん細かなペレット粒状のゴールデンなんとかも非常に扱いやすく、ピートモスに比べると、吸湿は抜群で、最初の湿潤作業は楽チンでしたが、根はりしたあとのピートモス用土は根によく掴まっているのに対して、ペレット粒状用土からの移植は根が傷みやすいです。ペレット粒状用土は最終の地ですかね。

 植物は人間のように白血球や免疫細胞がありません。殺菌力のある成分は、普通には、わずかの銅(クロロフィルの核)ぐらいです。虫にも弱くポット苗の植物ごときにphytoncidなんてありません。(ところで野菜にphytoncidの遺伝子を導入すれば農薬いらなくなりますね)

肥料・潅水・温度・日光
 ポット苗植物の肥料はきれいなものをお使いください(ボカシなど禁)。化成肥料を最初から混和しておく、あるいは成長を見ながら液体(窒素燐酸カリの)の毎週散布がよいです。ポットは乾きに弱いので水遣りが必要ですが、水をあげたら浮くような苗は、根も浅く、日陰か遮光覆いで、過度の乾燥にあわないように、また、室温はあがっても平気なのが多いですが、干からびると困りますので、大きな角トレイを敷いてポットを上に並べて、水を保つ・肥料を逃がさなど、工夫など適宜追加してください。強い日光は普通不要です。インパチェンスなど、水が命の奴に、去年は大変苦労しました。葉っぱの強くない種類は、シャワーでも機嫌損ねますので噴霧散水器をつけましたョ(これはトホホ)。

長文お読みくださりありがとうございました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

パスワードを忘れてしまい、ログインできず、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
詳しい説明を頂きありがとうございます。
じっくり読ませて頂きました。
用具の有効な使い方、土、灌水、日光
知りたいことがすべて書かれていたので、
本当に勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/28 09:47

私は両方の方法をとっています。



私の場合(素人ですがこの方法で結構成功しています)
1の方法は、根が短い時に。
2は根が結構出ているときに。

ポットの土は、赤玉土と腐葉土で最初は無肥料にします。4~5日おいて落ち着いてから液肥を与えます。
土は(手が汚れるけど)湿らせてから植えます。理由は、以前培養土(ピートモスが入っている)を使った時、完全に乾いていると水が浸透しにくく土の表面にたまってしまい、植え替えた小苗が埋まってしまったり傾いてしまったりしたからです。濡れていると、最後に水をかけたときスーっと浸透していきます。

あと、苗には、根を少しいじめたほうがいいもの(植えかえして強くなるもの)と根を動かさないほうが良いもの(移植を嫌うもの)があるので、その植物にあった方法が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

根の長さで植え方を変えるというのはとても参考になりました。
小さな穴を空けて根の張っている物もギューギューに入れていて
これで良いのかな?と疑問に思って質問させて頂いたので。

肥料の与え方のアドバイスも頂きありがとうございました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/15 15:12

まず最初の鉢上げ(最初の移植)は1の方法で移植してください。

2の方法は一回り大きい鉢に移植するときに使いますから両方とも正解です移植時には鉢いれした用土には前日に充分潅水しておきます。移植した後にも根と土をなじませるため少量の潅水をします。土は培養土と赤玉土を混ぜて使っているようですが培養土だけの方がいいと思います赤玉土は酸性が強いため培用土と混ぜると酸性になり野菜の苗の育苗には適しません。酸性のために苗がかけることも充分考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方からのご意見とても参考になり心強いです。
ありがとうございました。
どちらのやり方も間違いではないと教えて頂きホッとしました。
野菜は作っておらず主にお花の種まきです。
赤玉でと書いてある物やバーミキュライトなど書いてある物があり
土の酸性、アルカリ性など良く分かりません。
種まきに適した土、ポット上げに適した土とは
どういう基準で選んだらよいのでしょうか。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/15 15:10

(1)ビニルポットに土を入れて


(2)湿らせて少し水が切れたところに、
(3)箸などで深く穴を開けて、
(4)そこに植えます
(5)苗の周りの空間に、周囲の湿った土をチョイチョイと寄せて完了です。

園芸の本によって色々と流派があるようです。
また、植替えを嫌う種類がありますので、種によっても違います。

最近は『趣味の園芸』で憶えた方法が、手軽で気に入っています。
(1)発砲スチロールなどの大きな容器に、土を入れたビニルポットをズラーと並べて
(2)このポットに、直接種を蒔き
(3)発砲スチロールに水を張って、下から冠水させます
(4)芽が出るまで、新聞紙をかけて、土が乾くのを防ぎます
(5)発砲スチロールの水が無くならないよう、注意していると、10日~2週間で芽がでます。
(6)芽が出たら、新聞を外して排水し、通常通りの管理をします
(7)ポット1つに沢山芽が出た時は、間引いて、その苗を新しいポットに植えます。
(8)10日に1回程度、薄い液肥を水遣り代わりにかけます

試行錯誤しながら、色々試すのも園芸の醍醐味ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発泡スチロールを使った種の撒き方を教えて頂きありがとうございました。
早速ジニアなどの種まきをやってみました。
発芽が楽しみです。

新聞史を書けるのは土が乾かないようにとのことですが、
土をかぶせない好光性の物の場合はどのようにしたらよいでしょうか。
アドバイス頂けるとうれしいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/15 15:08

普通はポットに種まきし、それを定植するのですけどね。



発芽したばかりのものは上部より、根の方がうんと長いです。
そこらを考えると分ると思いますが。

今日もキャベツを定植してきましたが本葉一枚のもので根は10Cm位ありましたよ。
深く掘り出した苗をポットの中心で軽く手にぶら下げて、
湿らせた培養度を入れていきます、後でまた水をしっかりあげた方がいいです。
でも水浸しというより静かに如雨露などでゆっくり与えます。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本などで箱蒔きすると書かれている物の
ポット上げで質問させて頂きました。

野菜は直接ポットに種まきするんですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/15 15:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q種蒔き→発芽→ポット上げ

またよろしくお願いいたします。

普通、花の種をセルトレー等に蒔き発芽し、ある程度の大きさになった時点でポット上げをすると思います。

私は、発芽率が良くてもこのポット上げをしたあとの生存率がすごく悪いんです。
(成長が遅いのもあり、過去に質問しましたが明確な理由は解りません:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4878161.html)
草花の種類の関係なく、ポット上げしたあと半分は殆ど成長することなく枯れてしまいます。ポットからプランター等への移植はある程度成長しているからか、大体うまくいくのですが。

ポットは新品を使用しています。
虫などに食べられるのではなく枯れていくのですが何が原因なのか全然解らない状態です。
ポット上げの方法を、使用用土・移植方法・その後の置き場所など、詳しく教えてください。
またポット上げに関する事を詳しく説明したサイトなど、御存知の方教えて頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

私は今春もセルトレーに20種類の花を播種後、3号ポットへ1000本以上植替えてますが、うまく育たないのは1%以下です。セルポットの苗は本葉が4枚になった元気な苗(発育が遅れてる苗はポット上げしてもうまく育たないです)を、又表面土が乾いた状態でピンセットを使用して行うと用土が崩れず、根を切ることが少ないようです。ポット上げする際の用土は市販の花の土を使用しています。ポット上げ後2日間は直射日光を避けています。徒長を防ぐ為、水遣りは朝だけにしています

Qポットでの育苗で使う培養土

ポットで種から育苗する場合、使用する培養土によって成長の大差はありますか?やはり高級なもののほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

タネからの苗作りなら「プラグトレイ」というものをつかっての育苗がもっとも効率的で失敗が少ないとおもいます。いきなりポットでは発芽しなかった場合に用土もムダになります。
これはポット苗を生産している現場で使われている方法です。

まずタネの大きさでトレイのマス目の大きさを選びます。
2,4センチサイズと4センチサイズの2種類くらい用意しておけばほぼどんなタネにでも使い回すことができます。この方法の難点は苗がたくさんできてしまうというところでしょうか。あとから元気がなさそうな苗は間引けばいいということもありますから挑戦してみてください。

用土も専用のものを売ってはいますがこれも業務用がほとんどで一般家庭では多過ぎますから、次に挙げる基本用土を2ミリ目のふるいでふるって下に落ちた細かいもの全て等量で配合し使ってください。
川砂、ピートモス、クン炭、バーミキュライト、パーライト、バーク堆肥です。
上に残った粗い用土は鉢上げの時の用土としてとっておけば良いでしょう。

次に、種まきですが、配合した用土をトレイ全体のマス目に手のひらで広げて行きます。
ワシ箸などの先を尖らせたものでタネが2~3粒分(大きさにもよりますが)入る程度の穴を突いて作ります。
ここからがちょっと面倒ですが、この穴に2~3粒くらいずつ先ほどの割り箸をつかい落としていきます。
タネが全てのトレイに蒔けたら(品種は違ってもいいですが札を付けてわかるように)あとはできるだけやさしいシャワーで水やりをします。
このときシャワーの勢いが強いとタネが底や上から流れ出てしまいます。優しくシャワーをかけるとタネは自然に覆土されます。
あとは表土を乾燥させないように管理し、発芽が揃い本葉が出始めたあたりで通常の2~3倍程度に薄めた液肥を施し、その後は表土が乾いてからの水やりに変えます。
あとは2~3週間に一回くらいの割合で同じ濃度の液肥を施します。
間引きは本葉が4枚以上になってからします。
最終的にはマス目ひとつにひと苗にしますが、同じくらいの大きさのものなら発芽しなかったマス目に植え替えてもいいでしょう。
本葉が10枚前後になったら2~3号ポットへ鉢上げします。このとき先ほどのふるいに残ったものを使います。
この鉢上げの時点で根鉢が十分に形成されていれば大成功です。
このままでもハンギングバスケットやコンテナーなどに使えます。

また大きめのプラグトレイは挿し芽の苗床としても使えます。用土は同じです。

蛇足ですが、ヨーロッパでの育苗は冬寒いこともありタッパのようなものにスポンジを敷き水分を切らさないようにもやしを育てるような感じで育苗すると聞いた事があります。
種まきから発芽にかけては水やりや用土も当然ですが、日光が一番の重要な要素です。
陽に当てないと発芽しなかったり、逆に陽に当てると発芽しないものもあると聞きます。
発芽してからは水やりと施肥が重要になります。発芽までは液肥など速効性の肥料は必要ありませんが、発芽してからの施肥時期を逃すと生育がよくありません。

用土(培養土)はよほど劣悪なものでもないかぎりそれほどこだわらなくても水やりと施肥、日当りの条件さえ整えば元気に生育します。
ホームセンターなどの特売品の中には鉄くずや木くずなどの破片が入っているようなものまであります。このようなものは論外でケガの恐れもありますからよくないのは当然ですが、用土の一番の条件はよく聞かれることだとおもいますが、「水はけが良い事と水保ちが良い事」です。この二律背反する条件を高度にみたしていることが良い土となります。そのためにあらゆる基本用土を用途に見合った配合にするため試行錯誤するのです。

培養土の値段は高いのがいいとかではなく、上記した条件が整えばあとは水やり、施肥、日光という諸条件も欠かせない要素となるのです。

タネからの苗作りなら「プラグトレイ」というものをつかっての育苗がもっとも効率的で失敗が少ないとおもいます。いきなりポットでは発芽しなかった場合に用土もムダになります。
これはポット苗を生産している現場で使われている方法です。

まずタネの大きさでトレイのマス目の大きさを選びます。
2,4センチサイズと4センチサイズの2種類くらい用意しておけばほぼどんなタネにでも使い回すことができます。この方法の難点は苗がたくさんできてしまうというところでしょうか。あとから元気がなさそうな苗は...続きを読む

Qプラグトレーから苗を取り出す方法は?

プラグトレーに種まきした苗を植え付ける時にうまく取り出せません。
ポリポットに種まきした時はポリポットを両側からはさんで歪ませ、逆さにして苗についている土ごと取り出せるのですが、プラグトレーの素材が硬い場合はどうすればよいのでしょうか。無理に苗を取り出そうと引っ張ると根が切れてしまいます。プラグトレーの底も固い素材なので底を押して土が飛び出るようにはできないのです。
どうしてもうまく取り出せないならポリポットごと水につけて根についている土を洗い流して取り出そうかと思っています。
プラグトレーの使い方に慣れていないので実際に使っている方はどのようにしていますか?土は種まき用の土を使っています。

Aベストアンサー

#2です。

資材のご紹介を!
この空中ポットレストレー(128穴)
http://www.sakanaka.co.jp/syouhinnsyoukai/pottoresu/kikaku/index.html#128

このタキイたねまき培土
http://item.rakuten.co.jp/fm-floral/10000147/

を使うといい苗が出来ます。
(実家がブロッコリーの生産,出荷をしていて毎年この組み合わせで苗作りをしています)
この空中ポットなら確実と言っていいほど根が下に伸びないので、取り出しがスムーズだし、根巻きがないので(普通のプラグトレーに比べ)活着も早いです。
※ただ、乾燥が早いので、水やりはプラグトレー+1回ぐらいを目安にお願いします。

ちなみに、定植時期は播種後25日前後,本葉3~4枚ぐらいの時が目安です。
若苗定植の方が活着がいいので、根鉢が少し崩れるぐらいの方がいいです。が、根が切れるようではダメですよ。

ちなみに、この空中ポットとたねまき培土を使用すると、白菜,キャベツ,レタスなども作れます。

#2です。

資材のご紹介を!
この空中ポットレストレー(128穴)
http://www.sakanaka.co.jp/syouhinnsyoukai/pottoresu/kikaku/index.html#128

このタキイたねまき培土
http://item.rakuten.co.jp/fm-floral/10000147/

を使うといい苗が出来ます。
(実家がブロッコリーの生産,出荷をしていて毎年この組み合わせで苗作りをしています)
この空中ポットなら確実と言っていいほど根が下に伸びないので、取り出しがスムーズだし、根巻きがないので(普通のプラグトレーに比べ)活着も早いです...続きを読む

Q【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?
あのポットのまま庭に飾ってる人なんていないんですか?

●花屋でポリポット入りの花?を買ったら、家に持ち帰ってズボッと中身を抜いてテラコッタへ移せば完了ですか?
そもそも花屋で買った物は必ず鉢やポットに移し変えるのが常識なんですか?

●栄養のある土(培養土?)ってよく売ってますが、アレってポットやテラコッタを使う人には必要ないですかね?
それとも土をポットなどに敷き詰めてそこへ買ってきた花?を植えるんですか?

以上、宜しくお願いします。

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?...続きを読む

Aベストアンサー

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入れるより、最初からポットに土を入れた方
が作業がはかどり、人件費も少なくなり価格を上乗せする必要も無くな
ります。家庭でも農家でも、最近ではポットに種蒔きをする人が増えて
いるようです。

ポットに入っている物ですが、花の苗であったり野菜の苗だったりしま
す。ほとんどのポットにはラベルが付けられているので、この苗が何の
植物なのかはラベルを見れば分かります。
樹木の苗に使用されている時は、ラベルは幹に付けられています。

先程に説明しましたが、ポットは一時的に使用する仮の鉢なので、この
まま鉢として使うのは出来ません。素材が黒いため太陽光線で得た熱で
鉢内が蒸れて根を痛めてしまうからです。また植物は生長と共に根を張
らせますから、ポットが破けたりして栽培が出来なくなります。

移植する時にはポットを外し、花壇や土が入った鉢に植えれば作業完了
になります。植物の種類によっては土を少し崩してから植え付ける物も
ありますが、普通はポットを外した状態で移植をします。

培養土とは栄養がある土ではありません。培養土の中に最初から肥料が
混ぜられてあれば、その培養土には養分が含まれている事になります。
そうでなければ、培養土に含まれている栄養は微量ですから、肥料を与
える時期には新たに肥料を施さなければいけません。植物を栽培する時
に、栽培する植物に適応するように作られた土と思って下さい。

テラコッタとはイタリア語で、素焼きの土器と言う意味があります。
1000℃から1300℃の温度で焼かれた焼き物の鉢ですから、通常
は培養土を入れて植物を栽培します。ポットに使用されている土の量と
テラコッタの空間を見比べて下さい。ポットの土の量だけで足りると思
いますか。足りませんよね。

ガーデニングには色んな作業があります。超初心者の方に全てを説明す
るのは難しいので、書店に売られている「はじめての」と書いてある本
を購入して、少しづつ勉強されて下さい。始めは難しいかも知れません
が、慣れてくれば楽しくなります。

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入...続きを読む

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!

Qパンジーの種まき方法

今年は、パンジーを種から育ててみたいと思っています。
今が、蒔き時期のようですので、さっそく種を購入しました。

質問は、パンジーの種はとても小さいのですが、この種を一つずつ蒔いたら芽はでませんか?

前に、小さな種は、一つずつ蒔くと芽がでない。という
のを聞いたことがあります。
どうなのでしょうか?
レスどうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

毎年、たくさんの花のタネマキをしているものです。
パンジーのタネは、どちらかというと、小さい部類には入りません。(^^)
本当に小さいタネは、ケシ粒よりも小さいので。。。(^^ゞ
小さいタネは萌芽力が弱く、土を持ち上げられないため、密に蒔くと良いと言われますが、
小さいタネは、覆土をしないことも多いので、一概にはいえないと思います。

さて、本題のパンジーのタネマキ方法ですが、
少ししか蒔かない場合なら、豆腐の空きパックや卵パックなどに、タネマキ用土を入れます。
(無肥料・無菌のものがいいです。市販の花の土などは、発芽率が悪くなります。)
たくさん蒔くとか、完璧にしたい場合は、ピートバンやジフィーセブンなどの、タネマキ専用の製品を使います。(参考URL参照)

そこに、タネを1粒ずつ蒔きます。
卵パックのときは1穴に1粒、豆腐パックやピートバンの場合なら、パンジーだと、1粒1粒を3cm四方間隔くらいで蒔くのが根がらみしなくていと思います。
パンジーは、発芽適温が低く、高温では休眠状態に入り発芽しませんので、半袖を着ているような残暑厳しいときは、注意が必要です。
タネは、蒔く直前まで1週間程度冷蔵庫で冷やしておき、タネマキ用土も冷たい水で湿らせます。
蒔いた直後、気温(土温)が25℃以下で4~5時間を守ることが大事なので、夕方涼しくなってから~夜に蒔くのが安全です。
9月下旬以降に蒔く場合は、普通に蒔いてもOKですが、遅く蒔くと開花が3月以降になります。

参考URL:http://www.sakataseed.co.jp/cgi-local/shop/list.cgi?lcat_id=9&scat_id=14

毎年、たくさんの花のタネマキをしているものです。
パンジーのタネは、どちらかというと、小さい部類には入りません。(^^)
本当に小さいタネは、ケシ粒よりも小さいので。。。(^^ゞ
小さいタネは萌芽力が弱く、土を持ち上げられないため、密に蒔くと良いと言われますが、
小さいタネは、覆土をしないことも多いので、一概にはいえないと思います。

さて、本題のパンジーのタネマキ方法ですが、
少ししか蒔かない場合なら、豆腐の空きパックや卵パックなどに、タネマキ用土を入れます。
(無肥料・無菌の...続きを読む

Q苗を植えたらすぐ枯れます

2週間ほど前に野菜の苗を買って植えたら1週間で枯れてしまいました。
(トマトだけは元気に育っています)
植えたものはトマト・キュウリ・ナス・シシトウ・ピーマン・大葉です。

畑は20m2ほどありまして、今年の畑作りとして
昨年植えた物や雑草(特にスギナ)の根を起し取り
苦土石灰を15kgほどと1週間後に堆肥(牛糞・鶏糞合わせて)30kg
を混ぜたところに植えました。
植え方は畝(高さ15cm幅40cm)を作り苗を囲むよう透明ビニールの
風よけを各々付けました。

しかし、植えてから1週間もしないで茎が萎れ葉が枯れてしまいました。
(ものによっては茎は伸びているが葉だけが枯れるものもある)

原因がわからず困っています。教えてください。よろしくお願いします。

一昨年の冬に引っ越して去年の春から野菜作りを初めて
去年はミニトマト・ナス・ジャガイモ(その時は初めてだったので
畑の半分ほどを使用)ができました。

去年にくらべ平均的に畑が乾燥しやすい気がします。

Aベストアンサー

まず苦土石灰を入れる意味を勘違いされていますね。
作物を作る前には土壌作りが必要で、苦土石灰を入れる事は間違いでは
ありませんが、入れ過ぎると土壌が強アルカリ性になってしまい、育つ
物も育たなくなります。
ほとんどの作物は強アルカリ性やアルカリ性土壌では育ちません。
土壌を作る前は酸性土壌になっていますので、これを中和させる目的で
苦土石灰を入れるので、入れ過ぎると作物が育たないアルカリ性土壌に
なってしまうので、1週間で枯れたのは苦土石灰の入れ過ぎが原因だと
言う事です。

今年に植えられた作物ですが、基本的には植付け2週間前に苦土石灰を
1m2当たり100gを入れ良く耕して地均しをして寝かせます。
植付け1週間前に1m2当たり2kgの堆肥と、1m2当たり100gの化成
肥料を入れて良く耕し、地均しをして寝かせます。
1週間後に苗を植え付けるのが基本です。

あなたの畑は20m2ですから、苦土石灰は2kgで十分でした。

苦土石灰は土壌の酸度を調整するために入れる物で、入れ過ぎは作物の
生育を悪くさせるだけです。

堆肥は肥料では無く、通気性や保肥性、排水性、保水性を高めるために
入れる物で、一般的に土壌改良材と言われています。
土壌が乾き易いのは、牛糞堆肥の量が少な過ぎたのだろうと思います。
化成肥料は1m2当たり100gですから、鶏糞の量が多過ぎたかも知れ
ません。化成肥料と鶏糞では成分的には違いますが、半々としても15
kgですから、鶏糞の量が多過ぎて肥料負けを起こして苗が枯れてしまっ
たとも考えられます。

水遣りは雨以外の日には朝夕に与えましたか。1日1回では水不足です
よ。昼間は根が蒸れるので与えませんが、朝日が昇る前と夕日が沈む前
の涼しい時間帯に、十分な散水をする事が必要です。

まず苦土石灰を入れる意味を勘違いされていますね。
作物を作る前には土壌作りが必要で、苦土石灰を入れる事は間違いでは
ありませんが、入れ過ぎると土壌が強アルカリ性になってしまい、育つ
物も育たなくなります。
ほとんどの作物は強アルカリ性やアルカリ性土壌では育ちません。
土壌を作る前は酸性土壌になっていますので、これを中和させる目的で
苦土石灰を入れるので、入れ過ぎると作物が育たないアルカリ性土壌に
なってしまうので、1週間で枯れたのは苦土石灰の入れ過ぎが原因だと
言う事です。

今年...続きを読む

Q育苗ポットが全滅します。

育苗ポットが全滅します。
園芸初心者です。苗から買ってきて育てるのは上手くいくのですが、
育苗ポットでの苗作りが失敗してばかりなので質問させてください。

育苗ポットのメリットととして、育成環境のコントロールしやすさが言われますが、
確かに何処にでも移動できるのですが、どういう場所に置けば良いか分かりません。
発芽後、日を当てないとモヤシになると聞いたので外に出しておいたら
天気の良い日にカラカラに干上がって一日で全滅しました。
やはり日向に置くのに小さいポットでは(水を張ったトレーに置いてはいますが)
無理があるようにも思います。(枯らさないまでもストレスが大きいように思います)
かと言って日陰に置いて育ちが悪いのでは本末転倒な気がします。
また、青ジソ、スティックセニョールを播いた時は、水を切らさず日にも当てていたのですが、
遅々として成長せず、定植できるサイズにならないまま最後は真夏になって枯れました。
ポットでなく大きいプランターに植えていればそのまま生長したのでは?とも思います。

このように失敗ばかりで、私は育苗ポットを生かせていないと思います。
土は育苗ポット専用のものを使っていますので、問題は環境面だと思います。
今はTVの園芸番組を見てエダマメをポットに播いたところなのですが、
育苗ポットの環境面でどのような事に注意して育てていけばいいでしょうか?

育苗ポットが全滅します。
園芸初心者です。苗から買ってきて育てるのは上手くいくのですが、
育苗ポットでの苗作りが失敗してばかりなので質問させてください。

育苗ポットのメリットととして、育成環境のコントロールしやすさが言われますが、
確かに何処にでも移動できるのですが、どういう場所に置けば良いか分かりません。
発芽後、日を当てないとモヤシになると聞いたので外に出しておいたら
天気の良い日にカラカラに干上がって一日で全滅しました。
やはり日向に置くのに小さいポットでは(水を張ったト...続きを読む

Aベストアンサー

教育TV
野菜の時間のファンです

セルポットのお話が出ていますが、確かに途中の肝心な事は抜けていますね

変な栽培の方法だけが印象に残ります・・・
セルポットから取り出すのにお箸を使うアイデアとか・・・

園芸高校を出ていますが
本来は直播で、本葉が2-3枚見え始めた頃に7-8cm角のポットに移植、その後定植が基本パターンですが・・・

小さいセルポットでは管理は難しい筈です。
ご質問の日に当てる際の注意事項など目にしたことも無いですね・・・云われてみれば・・・

さて、
植物の生育も基本だけ覚えていて下さい。
直射日光に当てる必要は当然その時期には出来てきます。
ただ、直に太陽の元に置けばその瞬間に根も葉も今までの光合成、栄養の吸収のパターンは崩れてしまいます。

先ず、葉からの水分の蒸散作用によって得られる根からの栄養分を含む水分の吸収(ストローで吸い上げているような状況)が 
蒸散作用が急激に多くなるので、葉っぱの萎れが先に現れ 
葉の乾燥に変わり
カラカラに乾いた葉はもう根からの水分の吸収作用は出来ません。

根にしても、急変して行くポットの受け皿の水の温度に対応できません。
葉の蒸散に対して、根からの吸収が極端に追いつかなくなる訳です。
今まではその循環で成長もしていますが、成長どころではなく自身の維持すらできなくなってくる訳です。
その内に 根も傷み 葉もカラカラの乾燥して 枯渇 と云う現象になります。

結論として
「いきなり」は何に於いても良くありません。
屋外に出せばせめて2-30分おきに様子を見守る必要が出来ます。

直射日光を和らげる方法 寒冷紗なども必要になって来ます。

また初日は30分とか2日目は1時間とか 環境に慣らしていく作業も必要です。

春先の蒸散作用と今の蒸散は全く違います。

そういえば我が家の「枝豆くん」
プランターに直播はしたものの、直射日光の時間が足らずモヤシの状態です。
一日三時間のお日さまの力では、やっぱり無理なんだ(反省)

教育TV
野菜の時間のファンです

セルポットのお話が出ていますが、確かに途中の肝心な事は抜けていますね

変な栽培の方法だけが印象に残ります・・・
セルポットから取り出すのにお箸を使うアイデアとか・・・

園芸高校を出ていますが
本来は直播で、本葉が2-3枚見え始めた頃に7-8cm角のポットに移植、その後定植が基本パターンですが・・・

小さいセルポットでは管理は難しい筈です。
ご質問の日に当てる際の注意事項など目にしたことも無いですね・・・云われてみれば・・・

さて、
植物の生育も基...続きを読む

Q種まき用土でいつまで育てていいのでしょうか?

9cmのポリポットにホームセンターで売っている「種まき用土」を入れて
野菜類の苗を育てていますが、発芽はするその後の成長がよくありません。
(双葉は出るが本葉が小さいままいつまでも定植できそうにならない)
去年から何種類かやってきましたがだいたいいつもこの調子なので、
もしかして「種まき用土」というのはセルトレーで芽出しするまでの土で、
その後(ポットに植え替える際)は通常の培養土で育てるものなのでしょうか?
「種まき用土」には肥料が入っていないと聞いてますので、本葉が育たないのは
それが原因だとしたら私はバカなことをやっていたのではないかと
急に不安になりました。
種まき用土でどこまで育ててよいものでしょうか?
9cmポット苗を作るのに(定植前まで)使うと問題ありますか?

Aベストアンサー

種まき用の培養土には 腐葉土や堆肥など 肥料は混ぜられていません
発芽は種子内の栄養で進みますが 小さな種子ですと子葉が開ききった後数日くらいで使い切ってしまうだろうと思います
その後は土の肥料分と光合成に養分とで体を大きくしていきます

蒔き土は 堆肥などが含まれて居ないほうが 病気にかかるリスクが少ないのでそうした物が売られている
1センチ程度のつながり育苗トレー セルポットなどに 蒔き土を使って蒔く 本葉2~3枚で 植え替え

9センチポットに蒔く場合は  土は表面から3センチほどは蒔き土 下は通常の培養土という風に層状にする
蒔き土だけではせいぜい二週間くらいで 後は追肥をしないと大きくは成りません

Q種をパーっと蒔くだけで育つ花

花を育ててみたいなと思っているのですが、
一つ一つ種を植えていくような方法ではなく、
種をパーっと蒔くだけで育つものはありますか?
(矢車草は、その方法で育つと聞きましたが、本当でしょうか?)

Aベストアンサー

好光性種子の話でしたら、
トルコキョウやバジル、プリムラビアリーミラクルなどなど。


矢車草って、丈夫で作りやすい早春の花!花径4~5cm、草丈80~100cmで、
花色は青が主体で、紫、赤、桃、白などの花色があり、非常に丈夫で、
やせ地でも作れる草花です。切花は水あげがよく、蕾でもよく開花するあれですか?
直まきOKです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング