こんばんは。

じつは私の車はボンネットがアルミ製なのですが、いつの間にか無数の凹みが出来ていました。
普段はほとんど気が付かない程度なのですが、日陰に駐車したときなどに光の加減で見ることができます。
その数は30前後でしょうか。

思い当たる節といえば、「ヒョウ」が降ったことがあるので、そのせいかと考えられるんですが、やっぱりそうなのでしょうか?
そうだとすると屋外駐車をしている為に、防ぎようがありませんでした。

ちなみにボンネット以外の、ルーフ部やトランク部には凹みはありません。アルミ製の外板はボンネットだけです。

また、アルミの板金は出来ないと友人が言っていたのですが、その通りなのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

こんにちは。


恐らく「ヒョウ」ですね。

1円玉はアルミですが、10円や100円などに較べてキズがついてますよね。
それだけ、キズつきやすいってことなんです。(その代わり加工がしやすい)

板金は、へこんだ部分を裏から叩いて直すわけですが、
アルミの場合は叩くと凹みが直るどころか、叩いた部分が伸びてしまします。
つまり、板金したとすればその部分が薄くなってしまいいます。
しかも凹みは直らないというわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
板金ができないことがわかりました。

お礼日時:2002/02/02 20:10

おそらく「ヒョウ」だと思われます。


私も以前アルミのボンネットの車に乗っていましたが、まったく同じように
無数の凹みが出来ていました。鉄板の場合は簡単に凹まないようです。

又、砂利を積んだダンプの後ろを走っている時も注意した方が良いです。
とにかくアルミのボンネットはすぐ凹むようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
以後気を付けます。

お礼日時:2002/02/02 20:09

鉄とアルミを比べるとアルミのほうが軽量です。

しかし強度は鉄が勝ります。
アルミは軽さを引き換えに強度が落ちているので、ひょうが降ったらへこむ可能性はあると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
アルミは凹みやすいんですね。

お礼日時:2002/02/02 20:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミ材 熱伝導率について

A1200Pの熱伝導率(kcal/(m・h・℃))が知りたいのですが、
WEBでは見つかりませんでした。ご存知の方ご教授願います。

Aベストアンサー

A1200Pは、純度99%以上のアルミなので、純アルミの

熱伝導率 : 0.566cal/(cm・s・deg) {237W/(m・K)}

より若干(数%程度)低いと考えてよいでしょう。

ちなみにA1200Pは、強度は比較的低いが、成形性、溶接性及び耐食性がよく、一般器物、建築用材、電気器具、各種容器、印刷板などによく使用されます。

Qガソリンスタンドはエネオスで入れようが、出光で入れようが、エッソで入れようが近くのガソリンスタンドだ

ガソリンスタンドはエネオスで入れようが、出光で入れようが、エッソで入れようが近くのガソリンスタンドだと製油所は同じなので同じガソリンだと言われたんですが、エネオスのガソリンってサラサラしているイメージで、出光のガソリンはドロドロしているイメージで、出光のガソリンはバイクやトラックに入れるとトルクが出ます。

エネオスのガソリンをバイクに入れると空回転しているようなスカスカ感を感じます。

本当に中身は同じガソリンなんでしょうか?

私はどう考えても同じガソリンじゃない気がします。

エネオスはエネオスブランドでエンジンを綺麗にするって昔CMで言っていましたよね。

同じガソリンならエンジンを綺麗にするのはエネオスだけでなくエッソで入れても同じガソリンなのでCMで違いを宣伝する意味がない気がします。

本当に中身は同じガソリンですか?

ハイオクは添加剤が覚者で違うから同じガソリンメーカーのスタンドで入れた方が良い。

ガソリンに各社独自の添加剤を入れたらハイオクになるんですか?

ハイオクの元は同じガソリン?

Aベストアンサー

現在御石油元売りは4グループです。
(1)新日本石油+ジャパンエナジー→JXエネルギー
(2)昭和シェル石油
(3)エクソンモービル - 東燃ゼネラル石油 - キグナス石油
(4)出光興産
ですから、エッソとキグナスは完全に同じですが、エネオス(JXエネルギー)とエッソ(エクソン)と出光はわずかな違いがあります。ただし、99%は同じなので、おっしゃっているような違いは大きく感じられないはずです。

>ガソリンに各社独自の添加剤を入れたらハイオクになるんですか?
ハイオクとレギュラーの違いは添加剤ではありません。
ガソリン分子の分子構造の違いです。
ハイオクの方が枝分かれが多い分子で、燃焼速度がわずかに遅く、
高い圧縮比でもノッキングが起きにくいようになっています。

>エネオスはエネオスブランドでエンジンを綺麗にするって昔CMで言っていました
これは添加剤の違いです。
界面活性効果でシリンダーやプラグの汚れを軽減するはたらきがあります。
しかし、これもエネオスだけで無く各社がやっていることで、大きな違いはありません。

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Qアルミボンネットの下地はメタルプライマー or サフェーサー?

GT-Rのアルミボンネットを剥離剤で塗装を剥がす予定です。
そうなると、塗装前の下地処理が必要だと思うのですが、この場合

1.サフェーサーを吹く→乾燥後表面整え
2.メタルプライマーを吹く→乾燥後表面整え

のどちらになるのでしょうか?

Aベストアンサー

それらしいですが、効果が分かりませんので、なんとも言えません

業務用の2液式で、プロ用でも 密着があまく、剥がれやすいですので・・・・

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Qアルミ製エンジンは耐久性はどうなのでしょうか?

スズキなんかでよく使われる、オールアルミ製エンジンですが、
これはシリンダーも鉄のスリーブを入れずピストンもシリンダーもアルミニウム製ということですよね?
イメージでですが、アルミニウムは柔らかいのでシリンダーがあっというまに摩耗してしまうような感じがしてしまいます。もちろんメーカーはエンジンとして使えるようなアルミ合金や設計などをしているとは思いますが、鋳鉄ブロックのエンジンと比べて長い目での耐久性はどうなのでしょうか?
スリーブレスというエンジンでは、20年ほど前のホンダのNS250/400RのNSシリンダーというのもかつてありましたが、あれはスリーブの代わりに直接鉄の表面に特殊なメッキをしたものだったと思います。あれもメッキ部が無くなってきたら一気に摩耗してしまうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミシリンダーはニカジルメッキをして使います。
アルミそのままで使うことはありません。
耐久性は鋳鉄スリーブよりもはるかに高いです。
鋳鉄の数倍長持ちします。
ピストンと同系金属と言うことで熱膨張のクリアランスを最小限にできるので、フリクションロスや異音、磨耗も減ります。
メッキが磨耗して無くなるということはまず考えられません。
その前にクランクがいかれるでしょう。

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Q車のタイヤのアルミと台所で使うアルミホイルの違い?

友達から質問ですが、「車のタイヤにアルミが取り付けてありますよね。それぞれ、微妙に違った色、生地具合(?)なのですが、これらのアルミと、台所で使うアルミホイルは、同じものからできているんですか?違いは何ですか?調べてー」とのこと。回答に困っているので、だれか教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは

厳密に言うと違いますが 同じアルミで出来ています
外観の違いは用途の違い、製法の違いから外観の差ができます

自動車のホイルは材質がアルミニュウム合金で例えば5052-O、6061-T6、AC4CH-T6等で製造方法が 鋳造(鯛焼きのように溶かして型に流し込みます)、鍛造(ハンマ-で叩いて作るイメ-ジ)、半溶融鍛造(熱して柔らかいうちに叩きます) 等です これに耐蝕性を付けるためにアルマイト処理をしたり塗装したり ルックスが重要ですので 例えばショットブラスト(砂等を吹き付けザラつかせます)地の上にクリア-塗装などをして商品価値を付ける場合が多いです 
アルミ泊(ホイル)はロ-ラ-でのばして パスタマシ-ンの様なカンジで 伸延により製造します 用途上自動車のホイルのような強度、耐食性、ルックスは必要有りませんので そのままで製品となり アルミ素材そのもの外観となります

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Qアルミホイールの15インチ、出来れば軽いアルミホイール探しています。

新型ストリームの
1.8リッターのXスタイリッシュパッケージに乗っています。
アルミホイールを新規で買って、
今ある15インチのタイヤを履かせたいと思っています。
タイヤは、205/65R15 94Sです。
出来るだけ軽いアルミを探しています。
知っている方は教えてください。
http://www.honda.co.jp/STREAM/grade-data/

Aベストアンサー

エンケイなどどうでしょうか。
TYPE-Rにも使用されていたと思います。
軽く、値段も手頃だと思います。

参考URL:http://www.enkei.co.jp/jp/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報