最近有機合成をはじめたのですが、分液操作のとき、有機層を最後に乾燥させるのに硫酸マグネシウムを用いています。その後、硫マグをセライトを用い吸引ろ過しています。この硫マグとセライトは、どのように廃棄したらよいのでしょうか?おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 セライトで濾過ですか……。


 別に綿栓濾過でも充分だと思いますが。

 それはとにかく。
 溶媒が、環境基準に引っ掛かるようなものではない場合は、硫酸マグネシウムは流しに捨ててしまって構わないと思います。
 セライトは、どこかにためておいて、後で固形スラッジとして廃棄。

 ただし、ハロゲン系溶媒やベンゼンなどを使っている場合は、このかぎりではありません。
 溶媒が充分に揮発したのを確認して廃棄するか、水溶液にして含ハロゲン水溶液として分別する、と言う方法を取っています。

 某国立大学の有機化学研究室では、ですけどね。
 所属している実験機関の方に聞くのが一番確実だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうがざいました。非常に参考になりました。セライトは普通のろ過には必要ないのですね。ろ過をするときにセライトを用いるというのを聞いたことがあって使っていました。多分それは別の目的だったようですね。

お礼日時:2002/02/06 00:35

私が某国立大で有機合成をしていたときは、硫マグはひだ折り濾紙で濾過していました。

そのあとは濾紙に包んでごみ箱行きです。ごみはすべて産廃処理されてましたから問題なかったのでしょうね。
合成をしている機関に居られるなら、おそらく産廃処理されるごみがあるはずです。そこに捨てればいいのではないでしょうか?

*rei00さんの余談部分、身に覚えがあります。一週間かけて合成した生成物が、ごみ箱行き~!慌てて拾って回収しましたが予定収率の1/10ほどでした。硫マグやゲルへの吸着はお互い気を付けましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。これからはひだ折ろ紙でろ過をしようと思います。それにしても目的のものが硫マグに吸着することがあるとは知りませんでした。悲しいことになる前に教えていただき非常に感謝します。

お礼日時:2002/02/06 00:32

> その後、硫マグをセライトを用い吸引ろ過しています。


 Myrddin さんは「綿栓濾過でも充分」と書かれていますが,硫酸マグネシウムは結構細かかったりしますので,慣れていない方はひだ付きろ紙を使った方が良いと思います。いづれにしてもセライトは必要ないような気が・・・・。

> この硫マグとセライトは、どのように廃棄したら
> よいのでしょうか?
 硫酸マグネシウムだけであれば,私も流しに流していました(そのためにも,セライトは使わない方が良い)。ただ,セライトが一緒となるとそうもいきませんから,カラムに使ったシリカゲル等に混ぜて廃シリカゲルとして処分するのが良いかと思います。
 ただし,この辺りは所属機関によって規則があると思いますので,他の有機系の研究室にお尋ねになるのが一番だと思います。

 以下余談みたいなものですが,乾燥に使った後の硫酸マグネシウムやセライトは直ぐに捨てないようにしてください。時々目的化合物が硫酸マグネシウムに吸着される事があります。目的物の回収が充分なのを確認してからお捨て下さい。この確認をしている間に通常の有機溶媒は飛んでしまいますので,ろ紙で濾過している場合は硫酸マグネシウムを流す事が出きるようになります(これもろ紙を使うメリット)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。セライトはシリカと一緒に廃棄するのですね。あと硫マグはものの測定が終わるまでは残しておこうと思います。大事な忠告ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸カルシウム と硫酸マグネシウムについて

なんで硫酸カルシウムは沈殿して硫酸マグネシウムはよく溶けるのかがわかりません。よろしくお願いします

Aベストアンサー

格子エネルギーとは0 K、常圧において無限に離れた気体状のイオンから1モルの固体がつくられるときの内部エネルギーの変化量のことです。
ただ、この説明では分かりにくいので例を。
Na+ (g) + Cl- (g) → NaCl(s)
上の式のように、始め気体状のNa+とCl-があります。これらは無限に(とても遠く)離れています。で、この両イオンがだんだん近づいていきNaClという固体をつくります。このときの熱量の変化が格子エネルギーなのです。
ちなみにNaClの格子エネルギーは約-770 kJ/molだそうです。(つまり上の反応式では約770 kJ/molの発熱反応ということ)

水和エンタルピーとはその名のとおり、水和するときの熱量変化です。
例えばNaClを水に溶かします。
NaCl → Na+ + Cl-
となりますよね。Na+とCl-はそれぞれ水に囲まれた状態にあります。これが水和です。(おそらくもう知っているかと思いますが。)
つまり、水に溶かしたときの熱量の変化のことを水和エンタルピーと呼びます。

Q硫酸マグネシウム7水和物からマグネシウム1ppm溶液をつくるには

はじめまして
上記のつくりかたについて悩んでいます
以下の様な文章から作成手順を学ぶのですが
よくわかりません。
まず100ppm・100ml溶液をつくってそこから1ml取り
更に100mlにメスアップすればよいということがわかります…
でもその中間がgとmgとppmという単位で頭が
混乱して、どななたか教えてくださると嬉しいですTT

MgSO4・7H20(分子量246.48)を用いて、
Mg(24.3)の1ppm溶液を100ml作成する方法について
( )に当てはまる数字を記入しなさい。

Mgの100mg/L溶液を1L作成するには(A)mgのMgが必要である。
(A)mgのMgをために必要なMgSO4・7H20は(B)である。
したがって、Mgの100ppm溶液を作成するためにはMgSO4・7H20の量は(C)mg量り取ればよい。
この溶液からMgの1ppm溶液100mlを作成するには、(D)mlを
脱イオン水で100mlに薄めれば良い。

自己計算では

A=100
B=1014
C=1.014
D=1 


1ppmは、1/1000000と考えると計算が合わないのです…
100ppmは0.1/LではないのでしょうかTmT
先生はC=101.4mg(0.1g)と言いいました
私のと合わないので、どう間違っているのか
考えても考えてもXXXです。

ある方はMg、1ppm 100ml溶液は、100ml中にMgが0.1mgだと
言ってましたがTT

単位に弱い自分が悲しい…(しかも分子量はgで回答単位はmg!)
大嫌いなんですが、頑張ります
痛いところたくさん突いて下さい(泣)
よろしくお願い致します

はじめまして
上記のつくりかたについて悩んでいます
以下の様な文章から作成手順を学ぶのですが
よくわかりません。
まず100ppm・100ml溶液をつくってそこから1ml取り
更に100mlにメスアップすればよいということがわかります…
でもその中間がgとmgとppmという単位で頭が
混乱して、どななたか教えてくださると嬉しいですTT

MgSO4・7H20(分子量246.48)を用いて、
Mg(24.3)の1ppm溶液を100ml作成する方法について
( )に当てはまる数字を記入しなさい。

Mgの100mg/L...続きを読む

Aベストアンサー

あなたが、Bの解答で、答えを 1014mgとして、Cの解答でそのまま、1.014g としたのは、勘違いでしょう。

たぶん、次に示す、下の方の問題文の、「1OOml」を忘れていたからだと思います。問題文も不親切ですね。

>でしたがって、Mgの100ppm溶液を「100ml」作成するためにはMgSO4・7H20の量は(C)mg量り取ればよい・・・

答えは、有効数字3桁で答えるべきだと思います。
1ppm=1/百万 =1.0 -6
    =10 -6+3-(-3)(mg/kg)です。
    =1(mg/kg)です。
答えは、A=100=1.00×10 2 (mg)
    B=1.01×10 3(mg)=1.O1(g)
    C=1.01×10 2(mg)=1.O1×10-1(g)
    D=1.00(ml)

 

Q明礬、硫酸マグネシウムって水に溶けますか?

明礬、硫酸マグネシウムって水に溶けますか?
どれくらい溶けますか?
両者とも凝析剤としての用途があるかと思いますが、
他に凝析剤としてどんな物質がありますか?

Aベストアンサー

両者とも溶けます。

どれくらい? 溶解度の数値は手元にありませんが、それ程苦労せずに再結晶が出来る程度に溶けます。特に、明礬は子供(小学生)でも、家庭で、コップを使って、温度差を利用して綺麗な結晶を得られるぐらいの、程良い溶解性を有しています。

塩化マグネシウムも「にがり」の成分ですね。

Qセライトろ過について

 セライトろ過をすると抽出効率があがる。エマルジョンが解消される。また、清濁なろ液が得られるという原理がよく分かりません。
 1点目はあらかじめ試料にセライトを練りこむことで水分を保持し、分散されやすくなるためと言われているらしいのですが良く分かりません。
 3点目は固形物(汚物)をセライト粒子が多い尽くすため(ボディフード?)、ろ紙を通過しにくいということで清濁な液が得られるのでしょうか?
 wikipediaや本を参照にしてもよく分かりません。詳しい方ご教授をお願いします。また、ろ過について分かりやすい本があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

セライト(珪藻土)の特徴を wikipedia でもう一度読み返してみてください。文が述べている事そのものではなく、自分が関心を持っている現象との関連を読み取ることが必要です。

端的に言えば、「吸着力は低く、溶液中に溶解している成分はそのまま通し、不溶物だけを捕捉する性質がある。」という部分がポイントになります。つまり、弱い吸着を生じるが不溶物を捕捉することは出来るということです。

実際に様々な実験系を経験すれば分かってくるかと思いますが、天然物を扱っていたり、反応がきれいに進行していない場合には、水にも有機溶媒にも溶け切らない成分が液中に混在することが珍しくありません。これをろ紙などで強引にろ過しようとすると、ろ紙が目詰まりして大変な時間が掛かったりします。このような場合にセライトろ過をすると、セライトが微細な不溶成分を捕らえ、この不溶成分による抽出不良を解消できます。

余談ですが、適度な吸着力を持たせるというのは、昔は化学の実験現場で当たり前に行なわれていました。たとえば、ジョーンズ酸化でクロム酸の後処理を容易にするために、セライトとフロリジルを等量混合して反応系に加えるなんていうことを学生時代に教わったこともあります。

セライト(珪藻土)の特徴を wikipedia でもう一度読み返してみてください。文が述べている事そのものではなく、自分が関心を持っている現象との関連を読み取ることが必要です。

端的に言えば、「吸着力は低く、溶液中に溶解している成分はそのまま通し、不溶物だけを捕捉する性質がある。」という部分がポイントになります。つまり、弱い吸着を生じるが不溶物を捕捉することは出来るということです。

実際に様々な実験系を経験すれば分かってくるかと思いますが、天然物を扱っていたり、反応がきれいに進行...続きを読む

Q硫酸マグネシウム

最近有機合成をはじめたのですが、分液操作のとき、有機層を最後に乾燥させるのに硫酸マグネシウムを用いています。その後、硫マグをセライトを用い吸引ろ過しています。この硫マグとセライトは、どのように廃棄したらよいのでしょうか?おしえてください。

Aベストアンサー

 セライトで濾過ですか……。
 別に綿栓濾過でも充分だと思いますが。

 それはとにかく。
 溶媒が、環境基準に引っ掛かるようなものではない場合は、硫酸マグネシウムは流しに捨ててしまって構わないと思います。
 セライトは、どこかにためておいて、後で固形スラッジとして廃棄。

 ただし、ハロゲン系溶媒やベンゼンなどを使っている場合は、このかぎりではありません。
 溶媒が充分に揮発したのを確認して廃棄するか、水溶液にして含ハロゲン水溶液として分別する、と言う方法を取っています。

 某国立大学の有機化学研究室では、ですけどね。
 所属している実験機関の方に聞くのが一番確実だと思いますよ。

Q硫酸ナトリウム十水和物と硫酸マグネシウム十二水和物の製法

いま2種類の試料を欲しいのですが、その製法がわかりません。
なのでみなさんに助けを請います。


硫酸ナトリウム十水和物と硫酸マグネシウム十二水和物の
実験室レベルでの製法をどなたかご存じないでしょうか??

具体的な製法がわからず非常に困っています。

製法はもちろん、製法検索についてのアドバイスなんかでも結構です。
ささいな情報にもすがりたい気持ちです。

硫酸ナトリウム十水和物は購入することも可能なのですが、自分で作るほうがベターなので是非とも自分で作りたいのです。

どんな情報でも構いません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

両者とも、ありふれた化合物ですので、合成と言うより、精製と言うことだと思いますが…。

手元にある文献から:
新実験化学講座8 無機化合物の合成(III) 
  日本化学会 編、 丸善 版、 昭和52年
1.硫酸ナトリウム10水塩  479ページ。
2.硫酸マグネシュウム12水塩 596ページ。

かなり古い本ですが、学校や公立図書館にはあるとおもいます。

QBDF精製時に硫酸マグネシウムで洗う理由

BDF精製工程についての質問です。
http://www.tokyonanohana.jp/nanohana/c-project02bdf.html
洗浄1で希塩酸を使っているのは、水酸化ナトリウムを中和しているのだろうと思います。
では、洗浄2は硫酸マグネシウムを使って何をしているのでしょうか?
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この製造手法の燃料を使用したことがあります。
答えになっていないかも知れませんが下記のように整理してみます。

BDF生成時、一定量の触媒を加える為、酸価の低い(良い)油で生成した際、触媒成分が、僅か残留するグリセリンやBDF中に多く残存します。
手順として、これに希塩酸又は、水を混入してから濃塩酸を入れるとすると、脂肪酸メチルエステル⇒石鹸⇒遊離脂肪酸の形になり、BDF中に溶融されると推測されます。
参照:http://kankyou-system-p.sblo.jp/archives/200604.htmlBDF製造法=序章2=
この脂肪酸を固定分離する物かも知れません。

短時間反応ですので、モノ・ジグリセリドが数%残留します。
希塩酸洗浄時これらが界面活性剤のような作用をし、乳化を助長している様に見えます。
これら、モノ・ジグリセリドを除去する為のものかもしれません。

燃料を低温(0~8℃)保存時、固化物の沈殿が観られ、その量が不安定なのが、この手法のBDFの特徴のようです。
この固化物が多いとき、燃費が軽油と比較して劇的に改善される傾向がありました。
もしかしたら、脂肪酸硫酸Mgとして、BDF内に残存溶融し、燃焼助長剤になっている可能性もないでしょうか?

この製造手法の燃料を使用したことがあります。
答えになっていないかも知れませんが下記のように整理してみます。

BDF生成時、一定量の触媒を加える為、酸価の低い(良い)油で生成した際、触媒成分が、僅か残留するグリセリンやBDF中に多く残存します。
手順として、これに希塩酸又は、水を混入してから濃塩酸を入れるとすると、脂肪酸メチルエステル⇒石鹸⇒遊離脂肪酸の形になり、BDF中に溶融されると推測されます。
参照:http://kankyou-system-p.sblo.jp/archives/200604.htmlBDF製造法=序章2=
こ...続きを読む

Q化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成について。

化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成についてなのですが、

この分野で社会的ニーズや就職が良いと思われる分野はどれでしょうか?また、伸びると思われるのはどれでしょうか?化学工学がプラント関連で実践的で企業でも求められるというのはよく耳にするのですが、他がいまいち良く分かりません。

どなたか、詳しい方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

機能性プラスチック関連の研究を行うためには、高分子合成・高分子工学が必ず必要になります。ご存知の通り機能性プラスチックは様々なところにたくさん使われてますので、需要がなくなるという事はまずありません。

一方有機化学は機能性プラスチックだけでなく、医農薬の分野でも必要とされる学問です。プラスチックの原料を作るために有機化学の力が必要とされる場面も多数ありますし、医薬品やその原料を探したり作ったりするのにも有機化学が必要です。就職が悪いなんてことはありませんし、需要もあります。

この中で選ぶとするなら、将来自分がやりたいと思うものを選ぶのが一番だと思います。もちろんどれを選んでも勉強は必須ですが。

Q硝酸カルシウム四水和物と硫酸マグネシウムを混ぜると?

硝酸カルシウム四水和物 Ca(NO3)2・4H2O
硫酸マグネシウム MgSO4

これらを混ぜ合わせると何という物質になるのか教えていただけませんか?また、その物質の性質などがあれば教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

#1です。すみません間違えました。(汗、恥)
4水和物ですので、余った水で硝酸マグネシウム水溶液ができます。

Ca(NO3)2・4H2O + MgSO4 → CaSO4・2H2O↓ + Mg(NO3)2 + 2H2O

Q硫ナトによる有機層の脱水について

硫ナトによる有機層の脱水について

こんばんは。皆様にお聞きしたいことがあります。
分液後の有機層を硫ナトによって脱水することはしばしばあると思うのですが、このような脱水剤はどの程度加えれば良いのでしょうか。色々な人に聞くと「適当量」と言われます。たしかにそうだというのはわかるのですが、量が少ないとうまく脱水されないし、多いと収量低下に繋がってしまうので、困っています。何か目安のようなものはないでしょうか。青本なども調べましたが、量についての記載はありませんでした。また、某国立大学の実験書(ネット検索)には、「大さし? 1 杯/溶媒 10 mL 程度」と書いてあったのですが、これは多すぎる気がして…。
どうかご意見をお寄せください。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そもそもの話として溶媒の種類によって含まれる水分は全く違いますし、最後に飽和食塩水で洗うかどうかによってもかなり違います。
なのでこれまでの回答にありますように、硫酸ナトリウムの状態で判断します。
硫酸ナトリウムにしろ硫酸マグネシウム(個人的にはこちらが好みですが)にしろ、水を吸えば固まります。なのですべてが固まっているようなら不足しています。さらさらと動く部分が残るように加えるということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報